日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


魅惑のキラキラタイムも、今回で最終回です。(^^;

アーミンに助けられたリディアとエドガーでしたが、2人がポールのところに戻るとバンシーの姿がありません。バンシーは、琥珀を塗り込めた絵と一緒にユリシスに連れ去られてしまったのでした。
リディアを危険に巻き込まないために、エドガーはたった1人でユリシスの元へと向かいます。

バンシーと琥珀を手に入れたことで、ユリシスは勝利を確信しています。しかし、バンシーに乱暴な振る舞いをするユリシスに、エドガーは彼が青騎士伯爵にふさわしくないと断言するのでした。
そんなエドガーに、黒妖犬の群れが襲いかかります。それを救ったのは、ニコと一緒にやって来たレイヴンでした。

しかし、レイヴンの力でも黒妖犬を一時的に動けなくすることはできても、完全に倒すことはできません。
周囲を黒妖犬に取り囲まれて、エドガーとレイヴンは大ピンチです。そんな2人を救おうと、アーミンがバンシーを人質にして、ユリシスにエドガーを解放するように迫ります。アーミンはユリシスに従ったふりをして、影ながらエドガーを助けようとしていたのでした。

そこへさらに、ケルピーが乱入。次々と黒妖犬を倒していったのでした。しかし、エドガーに襲いかかった黒妖犬を阻止しようとして、バンシーが傷ついてしまいました。そこへリディアも駆けつけてきました。リディアは、ユリシスが作り出した妖精界の継ぎ目に気がついたのでした。
エドガーから託された拳銃で、リディアが偽りの月を撃ち抜くと、ずっと夜が続いていた世界に日の光が差し込んできたのでした。

エドガーたちの活躍で、ユリシスは立ち去りましたが、重傷を負ったバンシーの命が尽きようとしていました。しかし、その前にバンシーはエドガーこそが真の青騎士伯爵だと認めて、その証である鍵をエドガーに託したのでした。

こうしてリディアたちは、何とか人間界へと帰ってきました。無事に人間界に帰ったら、今度こそリディアにエドガーがキスするかと思いましたが、意外にもエドガーはリディアがその気になってくれるまで我慢すると言い出しました。
そして、口にではなく、リディアのおでこに優しくエドガーはキスするのでした。

結局、最後の最後まで基本的なお話はよくわかりませんでしたが^^;、毎回エドガーのキラキラには楽しませてもらったし、これはこれでいいかなと。(笑)
とはいえ、結局プリンスって何!?とか、エドガーの呪いを解くためにバンシーが犠牲になったのにわ~ん!(涙)とか、いろいろと言いたいこともあったりしますが。(^^;

全体を通して振り返ると、お話が詰め込みすぎだったのが気になりました。エドガーとユリシスの対決を描きたかったのかもしれませんが、思い切ってメロウの宝剣探しだけに絞り込んでもよかったんじゃないでしょうか!?
このまま放置されるのもイヤなので、エドガーとプリンスが対決する第2期を見せて欲しいです。
エドガーを追って、リディアとポールも妖精界のユリシスの元へとやって来ました。

そこでリディアたちは、バンシーと再会することができました。リディアはバンシーを何とか連れ出そうとしますが、その時ジミーがバンシーを迎えに来てしまいました。そこでリディアはバンシーに変装して、ユリシスの元へと向かうのでした。

そこにはユリシスだけでなく、エドガーもいました。エドガーはユリシスの一瞬の隙を突いて、ユリシスの拳銃を奪いました。しかし、ユリシスにとどめを刺す前に、黒妖犬の牙で負傷してしまいました。
リディアは、そんなエドガーを連れてユリシスの前から逃げ出しました。黒妖犬の魔力に犯されて、エドガーはどんどん弱ってゆきます。そんな2人を黒妖犬が取り囲みました。

絶体絶命のリディアとエドガーを救ったのは、ケルピーでした。リディアを巻き込むまいとするエドガーは、リディアにケルピーと逃げるように言います。しかし、リディアにそんなことができるはずがありません。結局、ケルピーに黒妖犬を任せて、リディアとエドガーは無事に逃げのびたのでした。

その頃、バンシーと一緒にいたポールにも危機が迫っていました。ユリシスはポールを殺すと脅してバンシーを従わせようとしますが、バンシーは絵画に隠された琥珀の秘密を打ち明けませんでした。
しかし、ユリシスがその絵を暖炉にはなっても燃えなかったことから、その絵にバンシーの記憶が封印されていることを知られてしまいました。

エドガーはバンシーの魔力どおり、死ぬしかない運命なのでしょうか!? そして、バンシーの封印された記憶はユリシスによって取り戻されることになるのでしょうか!?
次回で最終回ですが、いったいどんな結末が待っているのか気になります。

今回も例によってエドガーがリディアを口説く、口説く。(^^;
バンシーさえも口説いてみせると豪語するエドガーの自信には笑ってしまいました。そんなエドガーに、バンシーにはポールがいるとたしなめるリディアもちょっと焼きもち!?
さらに危機が迫っているというのに、リディアとキスできるかもと思ったら負傷して弱っているはずのエドガーが若干復活したのも笑えたかも。(笑)
エドガーの手元にあったバンシーの琥珀が、全て燃え尽きなかったことをリディアが知るお話でした。

アバンは、いきなりリディアから捨てられる夢を見ているエドガーから。泥酔して眠り込んでしまったエドガーには、昨晩の記憶がありません。レイヴンがエドガーの部屋にリディアを入れたことを知ったエドガーは、てっきりリディアとなにしてしまったのだと思い込むのでした。(^^;

早速、花束を持ってリディアに結婚を申し込むエドガーでしたが、リディアの口から昨晩何もなかったと聞かされました。しかし、エドガーが酔った勢いで別の女性の名前を口にしたことで、リディアは傷ついています。エドガーには酔って名前を言いそうな女性が、レイヴンがアルファベット順にリストを作るくらいはいるようですね。(笑)

ポールやスレイドと残された絵を調べていたエドガーは、絵の中に先代の青騎士伯爵からのメッセージが書かれていることに気がつきました。そのメッセージには、革命を生き延びた王族の末裔であるプリンスの血を絶つようにとありました。
これまでプリンスは単なる悪人かと思ってきましたが、そうではなくて大昔の青騎士伯爵の時代から生き延びている者なのでしょうか!? それとも青騎士伯爵と同じように、プリンスの末裔が脈々と続いているのでしょうか!?

そんなエドガーの前に、アーミンが姿を現しました。アーミンはエドガーをユリシスの元へと連れて行ったのでした。

その頃リディアの夢の中には、ケルピーが現れていました。エドガーからもらった指輪をはめてないリディアを、ケルピーは妖精界へ連れて行こうとしますが、夢の中にコブラナイが現れたことでそれは阻止されました。
そこでケルピーは口を滑らせて、エドガーが持っていたバンシーの琥珀が全ては燃え尽きなかったことをリディアにしゃべってしまいました。自分を巻き込まないためにエドガーが自分と距離を置いていたことに気づいたリディアは、エドガーを助けるためにエドガーの屋敷へと向かうのでした。

しかし、エドガーはアーミンに連れ去られた後で、屋敷にはいません。ポールと一緒にメッセージが書き込まれていた絵を見ていたリディアは、コブラナイの助けを得て、絵の琥珀色の髪の着色にバンシーの記憶を封じ込めた琥珀が使われていることに気がつきました。
リディアはエドガーを救うために、コブラナイに妖精界への道を開いてもらい、ポールと共に妖精界へと向かうのでした。

そしてエドガーが消えたことを不審に思っているレイヴンの前に、アーミンが現れました。レイヴンとアーミンもニコの力を借りて、妖精界へと向かいました。ニコはフェアリードクターであるリディア以外の頼みで妖精界への通路を開くことはできないと言っていましたが、アーミンの願いに応えて通路を開いたのはなぜでしょうか!? アーミンは人間ではなくて、妖精として蘇ったのでしょうか!?

その頃エドガーは、ユリシスの元にいました。ユリシスの話では、プリンスはエドガーの体をプリンスの母体として利用しようとしていたようです。ということは、今はプリンスには実体がないのでしょうか!?
ユリシスは、エドガーがプリンスの母体に選ばれたことや、青騎士伯爵の名を継いでいることが許せないようです。バンシーの琥珀で残りの命が長くなさそうなエドガーですが、そんなエドガーをユリシスはどうしようというのでしょうか!?
アーミンに連れ出されたバンシーを、ポールとニコが後を追いました。そして2人は、水車小屋の中でユリシスと出会うのでした。

バンシーは、ユリシスから青騎士伯爵の血に繋がる者の気配を感じました。ユリシスは本当に青騎士伯爵の末裔なのでしょうか!?
さらにユリシスは、リディアと同じように妖精の知識を持っているフェアリードクターでもあるようです。プリンスの腹心であるらしいユリシスの目的は何なのでしょうか!?

一度はユリシスの手に落ちたポールとニコでしたが、バンシーの封印された記憶を解く琥珀を探すために解放されました。しかし、その時にニコは大切なヒゲを切られてしまって、とてもショックを受けています。
バンシーがポールから懐かしい気配を感じたことで、どうやら琥珀はポールの身近にあるらしいのですが、それはいったいどこに隠されているのでしょうか!?

ポールからアーミンのことを聞かされたエドガーは、複雑な心境のようです。エドガーとレイヴンのやり取りからすると、間違いなくアーミンは命を落としているようです。それでは今いるアーミンは、いったい何者なのでしょうか!?

バンシーの燃え残った琥珀があるために、エドガーはリディアと距離を置こうとしているようです。エドガーの側にいてはリディアが危険だと知ったケルピーは、エドガーにリディアを諦めるように申し入れに来ましたが、エドガーは聞き入れようとしません。そこでケルピーは何やら妖術を使いかけましたが、レイヴンに邪魔されて目的を果たせませんでした。
あのままケルピーが妖術を使っていたら、エドガーはどうなっていたんでしょうね。

自分の部屋に戻ってきたリディアですが、ニコからアーミンに似た女性を見かけたという話を聞いて、急にエドガーのことが気になりました。そこで思い切ってエドガーの屋敷を訪れると、エドガーはすっかり酔っぱらっていました。
エドガーは酔った勢いでリディアをベッドに運びましたが、泥酔していてそのまま眠り込んでしまいました。しかも、エドガーはリディアをアーミンだと勘違いしていたようです。

わざわざエドガーの屋敷を訪れたために、リディアはエドガーの心の中にアーミンへの想いが根を下ろしているという残酷な事実に気がついてしまったのでした。

Cパートの描写がよくわからなかったのですが、スカーレットムーンとエドガーの伝達役をしているジミーは、ユリシスが連れている黒妖犬が姿を変えたものなのでしょうか!?
月の指輪を巡る騒動が一段落したと思ったら、今度はポールがバンシーと関わる騒動に巻き込まれてしまいました。

アバンは、酔った勢いでバンシーと一夜を共にしてしまったポールから。(^^;
どうやら道ばたにいたのを、ポールが連れてきちゃったらしいです。しかし、ポールには昨晩の記憶がありません。そんなポールに、バンシーは琥珀の涙を流すのでした。

エドガーのプロポーズを受け入れて、妖精界から帰ってきたリディア。そんなリディアの前に、月の指輪を管理するコブラナイが現れました。人間界に帰って来るためにエドガーから指輪を預かっただけのつもりのリディアでしたが、お節介にもコブラナイは指輪に細工して、エドガー以外の人間がリディアの指から指輪を抜くことができなくしてしまいました。

そして、エドガーはスカーレットムーンや妖精たちにリディアを婚約者としたことを発表するために舞踏会を開きました。今回のポイントは、うっかりリディアの着替えを覗いてしまったレイヴンが、罰として女装させられたことです!(^^;
なんかリディアよりもレイヴンの方が、色っぽくて魅力的なのは気のせい!?(笑)

そこへポールが、バンシーを連れて現れました。エドガーに事情を話したポールは、とりあえずバンシーをエドガーに保護してもらうことになりました。エドガーと顔を合わせたバンシーは、エドガーからは青騎士伯爵としての力を感じないと言います。やはりエドガーは本当の青騎士伯爵ではないのでしょうか!?

さらに、バンシーの流した琥珀の涙には、不吉な意味がありました。その中に妖精の力を秘めた琥珀があると、一族の者に死者が出るというのです。リディアに勧められて、琥珀を燃やしてしまうように言われたエドガーでしたが、その中の1粒の琥珀が燃え残りました。
これはエドガーの身内で、誰かが死ぬという暗示なのでしょうか!?

リディアも騒動が落ち着くまでは、エドガーの屋敷に滞在することになりました。リディアはあくまでエドガーに対しては、婚約者ではなくフェアリードクターとして雇われているだけだと主張します。
それを聞いてエドガーは、リディアの指から月の指輪を外してしまいました。言い寄ってくる時は不安を感じるものの、逆に突き放されるのも悲しいリディアなのでした。

そんなリディアの寂しさを見抜いたかのように、ケルピーが現れます。ケルピーはエドガーと別れて、自分と結婚しろとリディアを誘惑します。それを止めたのは、レイヴンでした。レイヴンはエドガーの大切な人だからという理由で、リディアを守ってくれているようです。しかし、そんなレイヴンにエドガーは、エドガー抜きでもリディアも友人として守って欲しいと頼むのでした。

そして、屋敷に匿われているバンシーの前に、アーミンが現れました。彼女はバンシーを屋敷から連れ出そうとします。アーミンは、エドガーの言うプリンスの手先なのでしょうか!?
伯爵と妖精 4毒に侵されたエドガーを救うために、リディアはケルピーと一緒に妖精界へ行くことを承諾するのでした。

1人でポールの部屋を訪ねたエドガーは、刺客にナイフで斬りつけられて負傷してしまいました。そのナイフには毒が塗られていて、エドガーは毒のために命を落とそうとしていました。
そんなエドガーを救うために、リディアはケルピーを呼び出しました。水棲馬であるケルピーには、毒を浄化する力があるのです。

エドガーのために力を貸して欲しいと頼むリディアに、ケルピーはリディアが一緒に妖精界で暮らしてくれるならという条件を出しました。リディアがその条件をのみ、ケルピーはリディアに毒を浄化する力を授けてくれたのでした。ニコは、そこまでしてエドガーを助けることはないと反対しますが、リディアの決意は変わりません。さすがに唇にキスすることはできませんでしたが、リディアのキスでエドガーは救われたのでした。

元気を取り戻したエドガーは、カールトン教授からリディアが妖精界へ行ってしまったことを聞かされました。リディアを諦められないエドガーは、ちょっとした計略を使って自ら妖精界にリディアを取り戻しに行くのでした。

ここからが急展開すぎて今ひとつついて行けなかったのですが^^;、マリーゴールドとスイートピーに妖精女王と結婚するとエドガーが言い出しました。そしてエドガーはレイヴンを従えて、自分を狙ったスカーレットムーンが集まっているところへ現れました。
スカーレットムーンは本来はエドガーに敵対する者ではなく、青騎士伯爵を助ける存在のようですね。しかし、彼らはエドガーを偽物でプリンスの手先と決めつけて抹殺しようとしていたのです。

スカーレットムーンの元へ訪れたエドガーは、そこでポールから月の指輪を取り返しました。そして自分を信じないスカーレットムーンの人々に、青騎士伯爵としての力を見せつけたのでした。
そしてエドガーは、妖精界にいるリディアの前に現れました。エドガーは月の指輪をリディアに渡して、自分と結婚して欲しいと申し込みました。最初はそれに抵抗したリディアでしたが、最後はエドガーに説得されて表面的にその申し出を受け入れました。

そのおかげで、リディアとケルピーの契約はなかったことになり、リディアは無事に人間界に帰って来ることができたのでした。少しだけリディアとエドガーの心の距離が近づいたような気がしますが、この2人が本当に結ばれるのはまだまだ先になりそうですね。

今回もエドガー、ケルピーによるドキドキシーン満載でした。中でも笑ったのは、ケルピーが妖精界にリディアを連れて行き、いきなり"交尾"しようとしたことです。(^^; 妖精でも交尾するんですねえ。(笑)
今回は、リディア×ポール、リディア×エドガー、リディア×ケルピーと、様々なシチュエーションを楽しむことができたお話でした。(^^;

妖精女王の使いのマリーゴールドが帰ってこないので、さらにスイートピーがエドガーの屋敷へとやって来ました。スイートピーは、指輪が抜けなくなってしまったポールを女王の婿として連れ帰ろうとしますが、それはエドガーに拒否されました。結局、指輪が抜けるまでポールはエドガーの屋敷に滞在することになりました。

エドガーはポールに命じて、リディアをモデルにして絵を描くように言いました。ポールと一緒の時のリディアは寛いだ雰囲気で、この2人のカップリングもいい感じですね。ポールは昔は詩人を目指していたようですが、幼い頃のエドガーに出会って絵の才能を認められたことから、画家になることを決意したのでした。

レイヴンに追い払われた退散したかと思ったケルピーですが、当然のような顔をしてエドガーの屋敷に居着いていたのには笑ってしまいました。いつでもエドガーを殺してしまえる力のあるケルピーですが、なんとフォアグラが苦手だったのでした。(^^;
それを知っていながら、にこやかにパテを勧めるエドガーが黒いなあ。(笑)

そして、その日調べ物をしていて遅くなったリディアに、エドガーが迫ります!(^^;
リディアはエドガーから逃げ出そうとしますが、エドガーはそれを許してくれません。リディアの過去に何があったかは知らないものの、リディアが恋することを怖がっていることをエドガーは見抜いているようです。
エドガーの顔が迫ってきたので、キスがあるかなと思ったら、唇にではなく手首にでした。恋愛恐怖症のリディアには、今はこれくらいのキスが限界かもしれませんね。

エドガーに言い寄られて、動揺しているリディアの前にケルピーが現れました。リディアの心を和ませるために、どこかでヒヨコを捕まえてきたようです。エドガーのこともあって心が揺れるリディアを、ケルピーが優しく頭をなでてあげる場面はよかったです。

エドガーはレイヴンに命じて、先日襲ってきたダンス教師の正体や脅迫状の送り主を調べていました。そしてプリンスの手先としてエドガーの命を狙っているのが、スカーレットムーンという秘密結社だと突き止めました。

意外なことに、ポールはそのスカーレットムーンの手先だったのでした。ポールのお父さんを殺したことにエドガーが関わっていたと言われて、ポールはスカーレットムーンに協力していたようです。
その一味から毒薬を渡されたポールは、それをエドガーに飲ませようとします。しかし、エドガーこそが昔ポールを励まして画家への道を勧めてくれた少年だと知ると、ポールにはエドガーを殺すことはできませんでした。

しかし、突然ポールの部屋に侵入してきたスカーレットムーンの一味に、エドガーはナイフで刺されてしまいました。そのナイフには、毒薬が塗られていたようです。傷を受け毒に侵されたエドガーを、リディアは助けることができるのでしょうか!?
伯爵と妖精 3今週もキラキラ&にやにやタイムがやって来ました!(^^;

アバンでは、リディアと親しい妖精ケルピーが登場しました。声はなんと子安さんでした!
ケルピーは、野原の妖精マリーゴールドから、妖精の女王から託された指輪を騙し取ってしまいました。マリーゴールドが持っていた指輪、それは青騎士伯爵を妖精女王の婿に迎えるためのものだったのです。

リディアは伯爵家専属のフェアリードクターとしての毎日を送っていました。そんな時、伯爵家で舞踏会が開かれることになり、リディアもそれに参加することになってしまいました。ダンスの踊れないリディアのために、エドガーはダンスの教師をつけてくれました。
しかし、そのダンス教師はエドガーに対して憎しみを持っているようです。レイヴンの働きで、その目論見は失敗しましたが、去り際に彼が残した"プリンスの犬"とはどういう意味なのでしょうか!?

そこへマリーゴールドがやって来ました。彼女は、妖精女王の使いとして、青騎士伯爵が女王に結婚の条件として出した月のように満ち欠けする指輪を届けるはずでした。しかし、その指輪は途中でケルピーに奪われてしまいました。

そんな中、舞踏会が開催されました。その会場でリディアは、妖精ティタニアの絵を描いた画家のポールと知り合いました。ポールは不器用だけれど正直で、エドガーとは正反対の性格のようですね。
そこへケルピーが現れました。ケルピーとリディアは、スコットランドにいる時からの知り合いだったのでした。どこまで本気なのかわかりませんが、ケルピーはリディアに結婚を迫っているようです。
リディアは青騎士伯爵と同じように、月のように満ち欠けするものを条件として、それを拒否してきました。

ケルピーは強引にリディアに指輪を渡そうとしますが、それを止めようとしたポールの指に指輪がはまってしまいました。(^^; これでポールはケルピーと結婚することになるのでしょうか!? それとも、元々の持ち主の妖精女王と結婚することになるのかなあ。(笑)

ケルピーを追い払い、今度はエドガーがリディアを口説きます。しかし、リディアは幼い頃に男の子からイタズラのラブレターを渡されて悲しい思いをしたことがあるようですね。リディアが簡単にエドガーの口車に乗らないのは、そういう悲しい思い出があるからなのかもしれませんね。

そしてエドガーの元へは、月の紋章の入った脅迫状が届けられました。何者かがエドガーの命を狙い、メロウの宝剣を手に入れようとしているようです。
ようやく伯爵になれたと思ったら、再びエドガーとリディアはゴタゴタに巻き込まれることになりそうです。

今回初登場のケルピーは、なかなかワイルドな感じでいいですね。エドガーかケルピー、どちらかを選べと言われたら決めかねる人も多いのではないでしょうか!?(^^;
謎の黒い獣に襲われたリディア。そんな彼女を助けに現れたのは、レイヴンでした。

黒い獣を前にした途端に、ニコはトンズラしてしまいました。(^^; リディアと仲がよさそうなのに、意外と冷たいやつだったんですね。(笑)
ピンチのリディアを救いに現れたのは、レイヴンでした。そして、そのまま黒い獣と戦うレイヴンがOP。
このお話から見た人がいたら、レイヴンが主役だと思うかも。(^^;

レイヴンが戦っている間に、リディアはハクスリーに捕らわれてしまいました。そのおかげで、父親のカールトン教授と再会することはできましたが、2人は牢に入れられてしまいました。
牢の中のリディアに、エドガーからの伝言を持ってレイヴンが現れました。必ず助けるというエドガーからのメッセージの他に、レイヴンはエドガーがまだリディアに伝えていないことがあることを教えるのでした。それは宝剣にたどり着くための鍵があることと、宝剣を手に入れるためには生け贄が必要だということでした。

とりあえず、リディアはハクスリーに従うふりをして宝剣を目指します。そんなリディアを救ってくれたのは、いつの間にかハクスリーの手下を全滅させていたレイヴンでした。
リディアは、今度はエドガーと一緒に宝剣の隠し場所を目指します。ようやく宝剣への道が開いたところに、またしてもハクスリーがカールトン教授を人質に現れました。

しかし、エドガーは構わず鍵を使って、宝剣への道を開くのでした。洞窟の奥へと進むと、そこには妖精メロウが待ち構えていました。エドガーは宝剣を手にしようとしますが、それは幻影で本物の宝剣はリディアが手にしました。ニコは、その宝剣でエドガーを倒せと言いますが、リディアには彼を手にかけることはできません。
このままリディアが生け贄になるしかないのかと思ったら、エドガーは自らの血をメロウに捧げました。手に入れた宝剣には、星の輝きがなかったのです。

ニコはそのまま逃げることを勧めますが、リディアは直接メロウと会って話をつけることにしました。
メロウは星の輝きの代償となるものを要求しますが、それに対してエドガーは自らの舌に刻まれた星形の刻印を差しだしたのでした。
こうしてエドガーとリディアは無事に宝剣を手に入れることができました。

これで全ての事件は解決かと思ったら、爵位を復活したエドガーは、あらためてリディアを伯爵家の正式なフェアリードクターへと任命したのでした。リディアとエドガーの関係は、まだしばらく続きそうですね。(^^;

宝剣探しにはもっと時間がかかるかと思いましたが、意外とあっさり見つかって驚きました。そのせいか、前回と今回は全体にお話を詰め込みすぎているような気がしました。
伯爵と妖精 2 [DVD]レイヴンと合流したエドガーとリディアは、メロウの島へとやって来ました。

アバンは、エドガーとレイヴンの再会から。レイヴンはハクスリーの手下たちを倒して、エドガーと合流しました。レイヴンの顔についた血に、リディアは思わず顔を背けてしまうのでした。
その頃ニコは、リディアの姿を見かけて喜んでいる妖精たちを見つけました。彼らの手助けもあって、リディアたちはようやくメロウの島へと向かうことができたのでした。

島までの船旅で、リディアはすっかり船酔いしてしまったようです。でも、エドガーやレイヴンは平気な様子です。どこまでも徹底してイケメンな2人なのでした。(^^;
エドガーは悪人だとわかっているはずなのに、エドガーの何気ないセリフにリディアはドギマギしてしまいます。妖精が見えるというリディアの言葉を素直に信じてくれる人は、それまでにいなかったからではあるのですが、あんな間近で緑川ヴォイスで囁かれたら、クラクラしない方がどうかしてますね。(^^;

エドガーに心を許しかけていたリディアですが、ついエドガーとレイヴンの話を盗み聞きしてしまって恐い思いをすることになりました。どんな事情があるのかわかりませんが、エドガーは目的のためにはリディアを切り捨てることさえ辞さないようです。
そして、エドガーが大切に思っているアーミンの存在もリディアの心を揺らしました。アーミンはレイヴンの姉らしいですが、エドガーにとっては大事な人のようです。
その大事は、恋人という意味ではないようですが、リディアの心は揺れざるを得ないのでした。

そして島の探索が始まりました。エドガーとリディアは、次々とメロウの宝剣への手がかりを得ました。しかし、その途中でまたしてもハクスリーが現れたのです。風のように現れたレイヴンに手下たちを任せて、エドガーとリディアは逃げ出しましたが、そんな2人の前にリディアの父親・カールトン教授が現れたのでした。

ハクスリーからは強盗と聞いていたようですが、カールトン教授はエドガーがリディアを拐かした恋人だという演技にすっかり騙されてしまいました。そこへまたしてもハクスリーがやって来ました。
ハクスリーはエドガーとリディアに銃を向けました。しかし、それを見たカールトン教授は、ハクスリーの拳銃に飛びついたのでした。
そしてエドガーもハクスリーへと向かいます。その間にリディアは、ニコに案内されて森の中へと逃げ込みました。

その時、リディアとニコの前に無気味な真っ黒い犬が現れました。その犬とその主人は、リディアたちの敵なのでしょうか、それとも味方なのでしょうか!?
自称伯爵を名乗るエドガーの過去が、少しだけ明らかになるお話でした。

エドガーはメロウの宝剣を探すために、リディアの妖精についての知識を必要としていました。手始めに、その手がかりとなる文章をリディアに読ませようとするのでした。しかし、いきなり本物を読ませるわけではなく、偽物をリディアに見せてフェアリードクターであるリディアの力を試すあたり、エドガーも抜け目がないです。

そんな時、客室に船長たちがやって来ました。新聞で話題になっているアメリカの殺人鬼が、この船に乗り込んでいる可能性があるので調査したいというのです。その犯人の特徴は、金髪にアッシュモーヴの瞳とエドガーにそっくりです。
船長の追及を軽くかわしたエドガーでしたが、船員たちのやり取りを聞いたニコが、その犯人の決定的な特徴を聞き込んできました。

サー・ジョンと呼ばれるその男の舌には、十字架の入れ墨があるというのです。
エドガーの舌が気になってならないリディアですが、そう簡単に舌を確かめることなんてできません。
眠っているエドガーを見たリディアは、思わず口に指を入れて舌を確かめてみたくなってしまいますが、エドガーには寝込みを襲ってキスしようとしたのだと誤解されてしまいました。(^^;

そんなリディアに、エドガーは自分からキスしようとします。エドガーは、完全に世間知らずのリディアをからかって遊んでいますよね。(^^;
いつまでも離してくれないエドガーに腹を立てたリディアは、エドガーに平手打ちをおみまいしました。それだけで止めておけばよかったのに、熱湯をエドガーに浴びせようとして、それをかばったレイヴンにお湯を浴びせてしまいました。

レイヴンに謝りに行ったリディアは、レイヴンがエドガーに絶対的な忠誠を誓っていることを知って驚きました。それはエドガーのためなら、人を殺すことさえ厭わない激しいものだったのです。
リディアの妖精とは違いますが、レイヴンも精霊を見ることができる力があるようです。主人公のエドガーもいいですが、寡黙で忠実そして冷たい雰囲気を持ったレイヴンも魅力的なキャラですね。

リディアの情報を得て、エドガーたちはとある島の調査に出かけることになりました。
しかし、そんな彼らをハクスリーたちが待ち構えていたのでした。ハクスリーがエドガーを傷つけようとした時、レイヴンが超人的な力を発揮して手下たちをなぎ倒しました。
その隙にエドガーとリディアは逃げ出しましたが、ハクスリーはしつこく2人を追ってきます。

途中で転んだリディアを守ろうとして、エドガーは腕に傷を負ってしまいました。
そんなエドガーの側からリディアは逃げ出そうとしますが、エドガーは切実にリディアの協力を必要としているようです。
エドガーが伯爵の子孫というのは本当のことらしいです。しかし、彼の家は反逆の疑いをかけられて、地位を奪われてしまったのでした。

その後、エドガーは奴隷として売られて、この世の地獄を見て生きてきたようです。そんな彼の唯一の希望がメロウの宝剣だったのでした。
ニコに言われて、最初は睡眠薬でエドガーを眠らせて逃げ出すつもりのリディアでしたが、それに気づいたエドガーに、目が覚めたときにリディアがいなかったら死ぬと言われて逃げ出すことができなくなってしまいました。

お人好しのリディアは、どうやらしばらくエドガーと行動を共にすることになりそうです。
その頃、リディアの奪還に失敗したハクスリーは、リディアの父・カールトン教授にリディアが強盗に掠われたと言って近づきました。追っ手に父親を確保されて、リディアはどうなってしまうのでしょうか!?
伯爵と妖精 1「スキップ・ビート!」に続いて、思いっきりストライクな新番組でした。

19世紀イギリス、フリヒラドレス、妖精、謎だらけのイケメン伯爵などなど、個人的なツボを押しまくってくれる設定にクラクラしてしまいました。(^^;
お話の方は、思いっきり少女マンガ展開になりそうですが、それもまたよし!(笑)
エドガー役の緑川光さんの声で誘惑されたら、数多くの女性が陥落しそうですね。リディア役の水樹奈々さんは、キャストを知った時は色っぽすぎるのではないかと思いましたが、放映されたものを見たらお色気抑えめな演技で安心しました。

自称・青騎士伯爵のエドガーは、メロウの宝剣を手に入れるために、手段を選ばず情報を集めているようです。そんな彼は、メロウの宝剣の手がかりがフェアリードクターにあることを突き止めました。

スコットランドで妖精猫(?)のニコと暮らしていたリディアは、父親に会うためにロンドンに出かけることになりました。ハクスリーなる男に言われるまま客船の豪華な部屋へと案内されたリディアでしたが、そんなリディアの前に助けてくれという青年が現れました。彼はハクスリーは、悪党の手先だと言います。

その青年を助けるのに協力したリディアでしたが、そのまま青年に誘拐されてしまいました。(^^;
青年はエドガー・アシェンバート伯爵だと名乗りました。エドガーは髪の色を変えてハクスリーにわざと捕まり、リディアを手に入れようとしていたのでした。
そんなエドガーの忠実な僕がレイヴンです。彼はエドガーに絶対的な忠誠心を持っているようです。エドガーのためなら、人を殺すことさえ厭わない危ない一面もありそうです。

結局リディアは、エドガーに乗せられた客船で、彼と行動を共にすることになってしまいました。
エドガーは貴族たちに、伝説の青騎士伯爵の末裔だと話しました。しかし、貴族たちは妖精の存在は信じていないようです。その言葉に、思わずリディアは青騎士伯爵は本当に妖精国の領主だったのだと反論してしまいました。

子供っぽいリディアの発言に、貴族たちの間に冷たい空気が流れますが、エドガーはそんなリディアの発言を巧みにフォローしてみせたのでした。そんなエドガーの優しさに動揺しながらも、誘拐同然にリディアを連れてきたエドガーを、リディアは完全に信じることができません。
そんな中、1隻の軍艦がリディアたちの乗った客船に近づいてきました。それはハクスリーがリディアたちを探すために差し向けた船なのでしょうか!?

突然、波瀾万丈な運命に巻き込まれてしまったリディアが、この先どんな冒険をすることになるのか楽しみです。(^^)