日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


咲-Saki- 全国編も最終回です。

試合の翌日、和は中学時代の先輩である花田煌の試合を観戦していました。そこで和は、小学生の時の知り合いである穏乃たちが大会に出場していることを知ったのでした。和は咲たちと共に、大会会場へと足を運びます。しかし、咲は途中で足が止まってしまいました。照とのことが気になっているようなのですが、いったい咲と照の間に何があったのでしょうか!?
そして大会会場でついに和は、穏乃たちと再会したのでした。そして決勝戦で一緒に戦おうと誓ったのでした。

そして準決勝が始まろうとしています。準決勝は咲たちの清澄高校、そして姫松高校、東京代表の臨海女子高校、北海道代表の有珠山高校です。臨海女子高校は、チームの4人が留学生というインターナショナルな学校です。有珠山高校の方はまだ未知数ですが、どんな戦い方を見せてくれるのか楽しみです。

でも残念ながら、今回はここまでの放送で終了でした。続きはいつ見られるのかなあ。(^^;

第1期、阿知賀編、全国編と続いてきたシリーズですが、シリーズが進む間にずいぶんキャラが増えましたね。でも他のキャラの描写が増えた分、主人公である咲の描写が減ったのが残念でした。
ついに大将戦、決着です!

大将戦の後半も終盤に入りました。そこで咲は、謎のカン。その目的がわからないまま、状況は進みます。結果的に、姫松の末原があがりました。そして最終局。永水女子の石戸も、宮守女子の姉帯もその特殊能力を生かして巻き返しを図ります。しかし、その局で最終的にあがったのは咲でした。

こうして大将戦は終了しました。1位は、清澄。2位は姫松でした。永水女子と宮守女子は、惜しくもここで敗退となりました。戦いに敗れた永水女子は、次の個人戦まですることがありません。そこでみんなで海水浴に行くことにしました。それを知った宮守女子も誘って、2校合同で海水浴に行くことになったのでした。

1位で勝ち進んだ清澄ですが、咲はこの試合で幼い頃からやっていたプラマイゼロの戦いをしてしまったようです。部長の久は、これに不安を感じているようです。さらなる強敵が出現しそうなこれからの戦い、清澄はどう戦っていくのでしょうか。

今回も咲のモンスターっぷりが際立っていましたね。他の能力者がなんかやるぞオーラを放出する中、沈黙を守っている咲が本当に不気味でした。(^^;
魔王・咲さんが降臨するお話でした。(^^;

大将戦後半。永水女子の石戸が、ついにその力を解放しました。石戸は神様を降ろすと攻撃モードにチェンジします。そうなると、なぜか石戸のところには特定の色の牌が集まってくるようです。この力で、永水女子はあっという間に1位へと浮上しました。

それでも、4人の中では唯一の一般人・姫松の末原は3人麻雀をヒントに、なんとかこの苦境を切り抜けようとしています。しかし、そんな末原の行動さえも操作する恐るべき怪物がいたのです。今回ものすごく久しぶりに主人公らしかった咲さんです!

そして、眠れる魔王がついに目を覚まします。やっていることは、いつものカンからの嶺上開花ですが、それが単にあがりになるだけでなく、牌を自分の好みに操作する力もあるみたいです。・・・こんな怪物とは絶対一緒に麻雀したくないですね。(^^;

後半戦も残りわずかになりました。この戦いを勝ち抜いて、次の戦いへと進むのはどのチームなのでしょうか!?

ここまで見てきてふと思ったのですが、咲ってなんかプロレスみたいなアニメですね。特殊技能を持った選手には、ちゃんとその技をかけさせてあげて、その上でそれを破って勝利するみたいな!?
姉帯がさらなる力を発揮するお話でした。

大将戦前半は、姉帯の追っかけリーチをした場合必ずあがれる力で、1位の姫松から得点を奪い3位へと上がりました。そして、いよいよ後半戦が始まります。でも、その前に宮守女子の過去話です。

もともと宮守女子の麻雀部は部員数が少なく、団体戦には参加できませんでした。そこへ顧問の熊倉先生が、姉帯を連れてきたのでした。姉帯はテレビくらいしか楽しみがない山奥で育ったようです。麻雀もテレビを見ていて、自分で牌を並べて覚えたらしいです。同年代の女の子たちと麻雀を打つことができて、姉帯はとっても楽しそうです。

そして宮守女子に転校した姉帯は、麻雀部の一員として活躍するようになったのでした。このころはまだエイスリンは、麻雀のルールを覚えていませんでした。でも同じクラスの白望に懐いていたことから、そのまま麻雀部に入部したのでした。

そして後半戦、姉帯はさらなる力を発揮しました。なんと追っかけリーチだけでなく、次々に鳴いて裸単騎になると必ずあがることができる力を発揮したのです。その力に各校は得点を削られて、気がつけばいつの間にか宮守女子が1位、姫松は2位に転落、清澄は3位、永水女子は4位になってしまったのです。

しかし勝負はこのままでは終わりそうにありません。いよいよ永水女子の石戸がその力を解放するようです。咲も完全に実力を発揮していない感じですし、ここからの後半戦で勝負がどう動くのか楽しみです。
副将戦終了。そして、ついに大将戦です!

副将戦も後半です。4位の宮守女子の塞は、ここで能力を使わないことを決断します。薄墨を全く警戒していない和に振り込ませて、2位との差を詰める作戦に出ました。しかし1巡目は失敗。そして2巡目に突入です。薄墨が北家の時に、和がリーチ。和が振り込む確率が高くなったところで、塞は再び能力を封じました。その結果は、薄墨の役満ツモ。親だった和には、大きな損失となりましたが、他家の支払いもあるので結局は宮守は4位のままという結果になりました。

そして、ついに大将戦の開始です。このところ出番はおろかセリフさえもほとんどなかった咲がいよいよ登場です!
姫松からは末原が出てきました。永水女子からは石戸が登場です。そして宮守からは姉帯が出てきました。1位の姫松は、早上がりで首位をキープしたまま終了しようとしています。そんな中、久々に咲の嶺上開花が炸裂。主人公なのに、ものすごい久しぶりに咲が活躍するのを見た気がします。(^^;

そして、宮守の姉帯の能力が発動しました。姉帯は、誰かがリーチすると、それを追っかけリーチして必ずあがることができる力を持っていたのでした。姫松の末原は、この能力のために何度も振り込んでしまうことになりました。
今はまだ沈黙を守っていますが、永水女子の石戸も能力を秘めていそうです。大将戦を勝ち抜くのは、いったい誰なのでしょうか!?
今回の主役は、宮守女子の臼沢塞でした。

副将戦が続いています。そして永水女子の薄墨初美が北家になりました。薄墨には北家の時に北と東の牌が集まってくるという能力がありました。そこから、四喜和を狙うことができるというとんでもない能力です。しかし今回の対局には、塞がいました。塞は見つめた相手の能力を塞ぐ力を持っているのでした。そのせいで薄墨は得意の北家がやって来てもあがることができず、苦しい展開です。薄墨を押さえた塞ですが、この力を使うには塞もかなり体力を消耗するようです。

そんな塞が所属する宮守女子は、昔は麻雀部員が3人しかいませんでした。そんな部に、新任の顧問として熊倉トシがやって来ました。それをきっかけに部員が増えて、今ではインターハイに出場できるまでになりました。塞が使っているモノクルは、どうやらトシからもらったものみたいです。

こうして前半戦は、塞が薄墨の力を押さえて終了しました。そして後半戦の開始です。後半は、和が親で薄墨がいきなり北家という展開です。オカルトなんて信じない和は、マイペースに自分の麻雀をうっています。そのおかげで薄墨の北家が続いてしまい、塞は体力的にかなり辛い展開です。一応、和も久から薄墨の能力については聞いているようですが、それを知ったからといって自分の打ち方を変えるつもりはないようです。副将戦・後半、どんな展開が待っているのでしょうか!?
中堅戦が終わり、いよいよ副将戦です!

前半戦の緊張がとれて、本来の調子を取り戻した久でしたが、それで簡単に勝てるほど今戦っている相手は容易な相手ではありませんでした。それでも最後の最後であがりを決めて、なんとか2位に浮上して副将戦へとつなぐことができたのでした。苦しい戦いでしたが、それ以上に久はこの戦いが楽しかったようです。他の対戦者もその気持ちは同じだったのか、みんな対局が終わっても帰ろうとはしません。

そして、いよいよ副将戦が始まります。清澄からは、もちろん和の登場です。昨年の個人戦優勝者ということもあり、和はマスコミの注目の的です。姫松からは、愛宕洋榎の妹・愛宕絹恵の登場です。絹恵は登場したと思ったら、いきなり和が落としたペンギンのぬいぐるみをキック!(^^; 元はサッカー部でキーパーをしていたらしいです。

宮守女子からは、臼沢塞が出てきました。モノクルをしていましたが、なんか参謀みたいな感じですね。そして永水女子からは、薄墨初美が出てきました。なんかアフリカの部族が儀式とかで使いそうな衣装をまとって、試合会場までテレポートしてきたように見えたんですが・・・。(^^;

対局が始まって早々、いきなり和はエンジン全開です!
のどっちが降臨しました。しかし、薄墨も何か神が降臨したみたいですし、この勝負どうなるのでしょうか!?
試合は中堅戦へと進みます。清澄からは部長の久が登場しましたが・・・。

中堅戦の前に、お昼休みです。なんだか懐かしいキャラがいろいろと出てきましたね。そしてお昼休みも終わって、いよいよ中堅戦が始まります。しかし、久の様子がなんだか変です。どうしたのかと思ったら、これまでお世話になった人たちのことなどを考えて、ガチガチに緊張してしまっていたのでした。そのせいでトップだった清澄は、一気に最下位まで転落してしまったのでした。

前半戦も残り少なくなったところで、ようやく久は自分の誤りに気がつきました。確かに、お世話になった人たちへの感謝は必要です。しかし、それと自分が麻雀を楽しむことはまた別です。どんなに感謝しても、自分が楽しくない麻雀を打っては意味がないのです。それに気づいた久は、一気に復活しました。

そして、1期以来久しぶりに、上がりの麻雀牌を引いたときに高々と天井に打ち上げました。マナーはよくないかもしれませんが、やっぱりこれがなくちゃ久じゃないですよね。こうして前半戦は姫松高校の愛宕がトップで終了したのでした。

後半戦の開始までの間に、久は永水女子の滝見と和んでいます。後半戦では、どんな戦いが繰り広げられることになるのでしょうか。そして、勝敗の行方はどうなるのでしょうか!?
先鋒戦、次鋒戦の終了です!

調子を崩された優希でしたが、トップを保ったまま先鋒戦を終えようとしていました。ところが、オーラスで再び神代小蒔が眠りました。神様を降臨させた小蒔は、いきなりとんでもない強さを発揮。リーチをかけた優希から、大量得点を奪い取ったのでした。最後の最後で振り込んでしまい、優希は涙目です。

そして次鋒戦の開始です。次鋒は、清澄からはまこ。姫松からは真瀬由子。永水女子からは狩宿巴。宮守からは、なんと留学生のエイスリン・ウィッシュアート。中でも注意しなければいけないのは、エイスリン・ウィッシュアートです。彼女は、自分の思い描いた牌譜であがることができるようです。

そして、次鋒戦が開始されました。エイリスンは、みんなの手を思い描いて勝利を確信します。ところが、それをまこがあっさりと崩したのでした。次々と安い手であがっては、まこはエイリスンの描いた牌譜を破壊します。こうして気がつけば、再び清澄はトップに立っていたのでした。

まこは咲とかとは違って派手さはないですが、地味に強いですね。この後は、お昼休みを挟んで中堅の戦いが待っています。この先どんな戦いが繰り広げられることになるのでしょうか!?
第1試合、東場ということもあり優希は絶好調です。

第1試合は、清澄からは優希、姫松からは上重漫、永水女子からは神代小蒔、宮守からは小瀬川白望の登場です。その戦いで、いきなり優希は先行しました。立て続けにあがって、他のチームとのリードを広げます。一度、永水の小蒔にポンされて流れが狂いましたが、それでもあがってみせる強さを今の優希は持っていました。これも合宿の成果のようです。

このまま順調に優希が勝ち続けるかと思いましたが、永水の小蒔が振り込んで優希の親番が終わってしまいました。それでも東場が続く限り、優希は力を発揮できるはずです。ところが、宮守の白望は悩めば悩むほど高い手であがることができる力を持っているようです。その白望に行く手を阻まれて、優希は点数を伸ばすことができません。

ということで、序盤から緊張感に満ちた戦いでした。今回は、姫松の上重が中心となって物語が進んでいました。上重の実力はそれほどではないようですが、永水女子の神代小蒔はかなり怖い存在みたいですね。もっとも小蒔は、寝ている時に凄い力を発揮するタイプみたいで、目が覚めてしまうと普通以下の実力しかないみたいですが・・・。(^^;
前半は和の回想、後半はいよいよ試合スタートです!!!

お話は和の中学時代に戻ります。穏乃とうまくいかなくなったこともあり、高遠原中学では友人をつくらないと思っていた和でしたが、ぶつかってきた優希と知り合って、友達になりました。そして2人は麻雀部に入ることになったのですが、そこにはなんと「すばら」がいました。(^^;

高校は九州に進学した「すばら」じゃなくて煌でしたが、和とは知り合いだったのです。これは意外な人間関係でした。そんな和の後輩として入学してきたのが、夢乃マホでした。マホは、対局している人の特殊能力を1回だけコピーできる力を持っているみたいです。とはいえ、いきなり咲の得意とする嶺上開花を模倣して見せたのは凄いです。自分の得意技を真似されて、咲は大いに動揺したようです。

今回の合宿のメンバーは、各メンバーの強化を目的に、久があれこれ考え抜いた人選だったようです。そして、いろいろな人たちの協力を得て、ついに咲たちはインターハイでの対局に挑みます。

第3試合まで勝ち抜いた咲たちの次の相手は、大阪の強豪・姫松高校、鹿児島の永水女子高校、岩手の宮守女子高校です。どの高校もかなり凄いメンバーばかりのようですが、咲たちはここでどう戦うのでしょうか!? 次回以降が楽しみです!
いよいよ全国大会の始まりかと思ったら、裸となれ合いの連発で全然面白くないです。(;_;)

全国大会を前に、清澄高校から久に動画メールが届きました。学校の仲間や知り合いが、清澄高校を応援するために応援団を作ってくれたのでした。もとはといえば、久がたった1人だけだった麻雀部ですが、こんなに大勢の人たちから応援されるところまできました。

で、全国大会かと思ったら、ここでまた回想です。(^^;
近隣の強豪を集めて、清澄高校の合宿が行われたのでした。ここでは龍門渕の透華が妙な能力を発揮していましたが、この状態になるとプロとも互角に張り合えるスーパー透華になるみたいです。でも本人は、この状態になって勝つことには嫌悪感を持っているみたいです。

ということで、次回はそろそろ全国大会を始めて欲しいものです。
いよいよ咲の全国大会編が始まりました!

「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」の頃から、爆発的に登場人物が増えましたけど、全国大会編になってさらに登場人物が増えそうですね。(^^; 第1話なのに、次々と新キャラが登場して、もう誰が誰なのやら・・・。(笑)

そんな中、「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」で描かれた咲と穏乃たちとの軽い接触があったりして、いよいよ本格的に日本一を決める戦いがスタートするんだなあという感じました。そして、咲たちの学校の抽選会が始まりました。咲たちと対戦するのは、なんと南大阪の強豪・姫松高校です。そんな強豪を相手に、どんなスーパー麻雀をみせてくれるのか^^;、今から楽しみです。

なんといっても期待してしまうのは、咲たちと阿知賀編での主役を務めた穏乃たちとの対局です。穏乃たちもかなり苦労して決勝まで進出しましたが、咲たちもこれからかなり苦戦することになるんでしょうね。全何話なのかわかりませんが、決勝まで描く時間があるのか心配です。
準決勝の大将戦もついに決着です。決勝に進出したのは、どのチームなのでしょうか!?

後半戦になっても、白糸台の大星淡の快進撃が続いています。とてつもない力で場を支配して、序盤から自らに有利な展開を続けます。そんな中、千里山の清水谷竜華は病床の怜の力も借りてがんばります。さらに竜華自身にも、選手の体温をサーモグラフィーのように見ることで、相手の状態がわかる力があるようです。
新道寺の鶴田姫子は、部長の白水とのコンビで生み出したリザベーションで点数を削り取ります。

そんな中、阿知賀の高鴨穏乃だけが不気味な静けさをみせていました。静けさのその理由、それがついに解き明かされます。なんと幼い頃から修験者の使う山道で遊び歩いていた穏乃は、牌山の深いところにある牌を支配することができる力を持っていたのでした。なので、牌山の浅いところでは穏乃の力が及びません。しかし、戦いが牌山の深いところまでもつれると、穏乃の独擅場になるのでした。

この穏乃の力で、阿知賀女子は一気にトップへと躍り出ました。そして、それ後の凡手とも思える穏乃の手が、先の勝負の行方を左右していたのでした。王者のプライドにかけて、白糸台の淡は最下位からトップであがることを目指します。その目論見は、果たされたかに見えました。ところが、そこにも穏乃の支配力が及んでいたのでした。最後に白糸台は巻き返したものの、阿知賀女子に届かず2位に終わりました。

こうして決勝に進出したのは、阿知賀女子と白糸台の2校決定したのでした!
次は、いよいよ決勝戦で穏乃たちと咲たちとの激突が見られるようです。咲の姉・照が率いる白糸台も黙ってはいないでしょうし、どんな激闘が行われるのか楽しみです!
ついに準決勝も大将戦になりました!

病院に運び込まれた千里山の怜でしたが、ようやく目を覚ましました。倒れた時はたいへんな感じでしたが、目を覚ましてみたら意外と大丈夫そうですね。そして怜が見守る中、いよいよ大将戦が始まろうとしていたのでした。

大将戦は、阿知賀女子からは穏乃です。いつもはジャージ姿の穏乃ですが、今回は決戦ということで憧に言われて制服姿で出場することになりました。白糸台からは1年生の大星淡の登場です。1年生ながら大将を任されているということで、底知れない実力を感じさせられる選手です。千里山からは竜華が登場です。怜のことは気になっているようですが、試合とあってはそんなことは言っていられません。そして新道寺からは、鶴田姫子の登場です。姫子は、先の副将戦で白水が使ったリザベーションをどう戦いに生かしてくるかが見物です。

この戦いで最初に優位に立ったのは、白糸台の淡でした。彼女は、自分に有利な牌がまわってきて、他の選手には不利な牌がまわるようにする特殊能力があったのでした。この力を使って淡は、序盤を優位に試合を進めます。次に実力を見せたのは、新道寺の姫子でした。彼女は白水とのコンビでたくわえた力を使って、次々と大きな点数を叩き出します。これによって、新道寺は最下位から一気にトップへとのぼったのでした。

その時、千里山の竜華には不思議な力が生まれていました。怜との絆から、怜の持っている一巡先を見る力が竜華にも備わったのです。この力を使って、竜華は巻き返しをはかることができたのでした。しかし、この力は無制限に使えるわけではなく、回数制限があるらしいです。

みんなが特殊能力を使う中、阿知賀女子の穏乃だけは地味な印象です。そんな中、さらに白糸台の淡は隠されていた本当の力を発揮したのでした。なんと1手目でいきなりリーチでダブリーをかけてきました。しかし穏乃は、赤土監督から言われて、淡のこの手の危険性を知らされていました。そのおかげで、振り込むピンチをかわすことができたのでした。

前半戦も終了間近となった時、ついに穏乃の力が発揮されました。今回はそれが何なのかよくわかりませんでしたが、どうやら特殊能力を持った選手の力を無効化する力があるみたいです。
そして、試合は大混戦になっています。この戦いを勝ち抜いて決勝へ駒を進めるのはどの学校なのでしょうか!?
咲-Saki- 阿知賀編、第14話です。今回は、憧と灼の戦いが描かれました。

憧は着実に戦いますが、それよりも千里山の江口セーラはさらに上手でした。そして恐ろしいのは、白糸台の渋谷の必殺技です。憧たちは、なんとかそれを回避しようとしますが、結局渋谷に必殺技を発動されてしまいました。大三元の役満を出されて、憧たちは点数を削り取られてしまうのでした。

そして、次に対局に向かったのは灼です。灼は赤土が超えられなかった壁を越えようと気合いが入っています。そんな灼は、麻雀部の部長でもあるのでした。年上の生徒がいるにもかかわらず、灼が部長をしているのは、しっかりしているように見えるからだそうです。そして部長になったことで灼は、かって赤土が背負っていたものと同じものを背負って戦うことになるのでした。

灼と戦うのは、白糸台からは亦野誠子。この選手は、ポンを3回すると、そのあと5巡以内にあがることができるという必殺技を持っていました。その打ち方は、白糸台のフィッシャーと呼ばれているようです。
そして千里山からは、船久保浩子の登場です。浩子は徹底した過去データを分析しての麻雀が持ち味のようです。
新道寺からは、白水哩が出てきました。白水は単独では特殊能力がありませんが、今回大将を勤めている姫子とペアを組むと特殊スキルが発動するのでした。白水が打った局でリザベーションという能力を発動させて縛りをかけてあがることができると、その次の同じ局で姫子が倍の役であがることができるのです。

対局は、白糸台の亦野が先行する形で戦端を開きました。それと共に、白水も積極的にリザベーションをかけてきます。そんな2人の合間を縫って、浩子と灼は着実に点数を奪い取るのでした。これまで灼の持ち味は、ピンの牌が集まりやすいことでした。しかし、今回の対局ではあえてそれを外してあがってみせました。さらに、亦野と白水の攻防の隙を突いて浩子が得点をあげました。準決勝を勝ち抜いて、決勝に進出するのはどのチームなのでしょうか!?

今回は、白水がリザベーションをかけた時に鎖で緊縛される描写があったり、それに反応した姫子が悶える描写があったりと、ちょっとエロ描写を思わせる見せ方が多かったですね。
途中までしか放映されなかった「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」の第13話を見ました。

宮永照が圧倒的な力を見せつけた先鋒戦が終わり。戦いは、次鋒戦に突入していました。阿知賀女子学院は、玄のお姉さん・宥が対局に挑みます。白糸台からは、弘世菫。千里山からは二条泉。新道寺からは安河内美子が出場しました。
千里山の泉は、1年生ですが、他はみんな3年生という組み合わせです。この戦いにおいて新道寺の美子は、これまでと戦法を変えてきました。さらに、白糸台の菫は、千里山の泉をターゲットに選びました。そのせいで、千里山は得点を削られて、3位に転落してしまったのでした。

そんな中、菫に対抗したのは、阿知賀女子学院の宥でした。宥は事前に、菫の癖を監督と共に見抜いていたのでした。菫がターゲットを狙う時、指を動かす癖があったのです。宥はそれを逆手にとって、逆に菫から得点を得ました。モニターで観戦していた白糸台のメンバーは、何か癖を見抜かれていることには気づきましたが、戦いの最中にそれが何なのかまで見抜くことはできませんでした。

さらに戦いは中堅戦に突入しました。阿知賀女子からは憧が出場です。白糸台からは、渋谷尭深が登場です。この選手は、すべての局の1打目に捨てた牌がオーラスに戻ってくるという必殺技を持っているようです。
千里山からは、普段は男子学生服を着ている江口セーラが登場です。かってのエースだっただけあり、セーラは3位に転落した千里山をあっという間に2位に復帰させたのでした。そして新道寺からは、江崎仁美の登場です。

戦いはセーラの優位に進みますが、白糸台の渋谷には最後で役満を出せるかもしれないという必殺技があります。
それを阻止しようと、憧はあれこれ画策しますが、どうもうまくいきません。果たして、この中堅戦で優位に立つのはどの学校なのでしょうか!?
全15話だと聞いていたのに、どうしてここで最終回!?と思ったら、これ以降は後日放映されるみたいです。

先鋒戦もいよいよ大詰めです。誰かが持ち点を0にされて試合終了となるか、それとも宮永照を誰かが止めるか!?
そんな中、千里山の怜はとうとう三巡先を見るという無茶を始めました。何が怜にそこまでさせるのか、アバンでその思いが語られました。

怜と竜華、セーラは中学の頃から仲のいい友達でした。麻雀が強かったセーラは、当然麻雀の強い学校を目指します。そんなセーラに付き合って、怜と竜華は同じ高校に入学したのでした。同じ麻雀部に入部したものの、セーラと怜の実力の差ははっきりしていました。セーラは入学早々、1軍の大会出場メンバーに選ばれるほどの実力者です。怜は3軍です。

このままセーラや竜華との関係が薄れていくのかと思いきや、2人は怜にとって変わらずいい友達であり続けてくれたのでした。そんな友人に少しでも貢献できる力を、今の怜は持っています。そして、ついに怜は三巡先を見ることに成功したのでした。

そんな中、これまで本当に影が薄かった玄にようやく見せ場がまわってきました。これまでの玄は、集まってきたドラを手放すことはありませんでした。しかし、今の相手に立ち向かうには、時にはドラを手放すことも必要だと気がついたのでした。玄がドラを切ったことで、照の相手の手の内を見透かす力も無効化されてしまいました。
玄の打ち手がわかっていたために、照はそれに対応した待ちを選択していたからです。

そして、最後の最後でようやく玄はあがることができました。そして、それは同時に照の快進撃を止めることでもありました。こうして長い長い戦いが、ようやく終了したのでした。しかし、力を使い果たした怜は、とうとう倒れてしまいました。救急車で搬送される怜は、次鋒の泉に後を託しました。

そして、次は次鋒戦というところで、思わぬ出会いが待っていました。大会を観戦しにやって来ていた和と、ついに穏乃たちは出会ったのでした。本当に久しぶりの再会で、穏乃たちの気力はさらに高まります。目標は、決勝戦で和たちと戦うことです。その目標に向かって、いよいよ次鋒戦が始まります!

という、いいところでひとまず終了となってしまいました。穏乃たちが、この先白糸台、千里山という強豪を相手にどう戦うのかが楽しみです。
宮永照を止めるため、怜は二巡先を見るという限界を超えた力を発動させるのでした。

一巡先を見ているだけでは、宮永照を止められないと知った怜は、竜華にとめられている二巡先を見る力を発動させるのでした。それは怜にとって、相当体に負担がかかることでしたが、そこまでやらないと照は止められないのです。そして、そのおかげで何とか東場での照の快進撃を止めることに成功したのでした。

限界を超えた力を使ったために、怜はもう麻雀牌を持つのも辛いほど消耗しています。しかし、ここで戦いをやめるわけにはいきません。怜の後ろには、病気の怜を何かと気遣ってくれた仲間がいるからです。

それは新道寺女子の花田煌も同じでした。大会で先鋒を任されている煌ですが、それはなんと捨て駒として選ばれたにすぎなかったのです。このところ全国大会でいい成績を残せていない新道寺は、その対策として後半にいくに従って強い選手が控えているというフォーメーションを採用しました。そんな中で、煌に期待されているのは、箱にされずに持ちこたえてくれることだけです。

そして試合はいよいよ南場に突入しました。照は南場になっても圧倒的な強さを見せつけます。そして白糸台の得点は、とうとう20万点を超えたのでした。それでも照は止まりません。そして南場の最終局、照が親を務めます。ここを乗り切れば先鋒戦は終わりですが、照の快進撃を止めることができなければ、どこかのチームが箱にされて試合が終了してしまいます。怜と煌は、なんとかそれを阻止しようと必死です。・・・玄も何とかしようとはしているみたいですが、ほとんど壊れちゃっているみたいで使えそうにないですね。(^^;

そして怜は、さらに限界を超えることを決意します。二巡先を越えた力、三巡先を見通そうというのです。果たして怜は、照を止めることができるのでしょうか!?

今回は怜が体調が悪い中がんばっているので、見ていて息苦しくなるような展開でした。怜が二巡先、三巡先を知ろうとするのはドラゴンボールで悟空が限界を超えた界王拳を使おうとする場面を思い出させて、胸が熱くなりました。
後半戦が始まっても、宮永照の快進撃は止まりません!

千里山の園城寺怜と新道寺女子の花田煌の連係プレイで、一度は照の連続和了は止まりました。しかし、戦いはこれで終わりではありません。結局、前半戦では他のチームは照にいいようにやられてしまったのでした。それでも戦いの中で、玄は照攻略の足がかりのようなものには気がつきました。

そして後半戦のスタートです。今回は、なんと照がラス親です。これは他のチームにとっては、恐るべき展開です。なぜなら、他のチームの親を潰して照が連続で和了して、点数が高くなったところで照の親を迎えるという最悪の展開になるからです。他のチームは、必死でその展開を止めようとします。しかし、勢いがついた照はどうしても止まりません。

そんな中、千里山の園城寺怜は一巡先を見るという能力を超えた力、二巡先を見るという力を発動させようとしていました。しかし、これは怜にとって恐ろしく体力を削られることでした。以前にその力を練習中に試した時には、途中で意識を失って倒れてしまったのです。それでも怜は、力を使うことを決めました。そこまでしなければ、チャンピオン照にはかなわないからです。

今回は、あまりの照の強さが怪獣映画みたいな感じでしたね。BGMもなんとなくそれっぽかったですし^^;、前回に続いてドリル描写もありましたし・・・。
一応、阿知賀編ということで、主人公は玄だと思いますが、前回・今回と全くいいところがないですね。照攻略の手がかりはつかんでいるのですから、次回はもう少しがんばって欲しいです!
準決勝第1試合、先鋒戦の開始です。この戦いで、ついに白糸台の宮永照の恐ろしさが明らかになりました!

先鋒戦は、阿知賀女子からは松実玄、白糸台は宮永照、千里山は園城寺怜、新道寺女子は花田煌の4人で対局スタートです。その中でもやはり注目は、白糸台の宮永照です。照は最初の東一局では静かです。これはいつものことらしく、その一局で全てを見抜いてしまうのでした。

そんな照が本領を発揮したのは、南一局での親番でした。点数をどんどん上げながらの連続和了。他の高校はこれを止めることができません。この時に、照の右手がドリルになっていたのには笑ってしまいました。どういう理屈かはわかりませんが、なんだか強そう。最強という感じがしました。(^^;

千里山の園城寺怜には、一巡先を見抜く力があります。しかし、その力を持ってしても、照の快進撃を止めることはできなかったのでした。そんな照の強さに、怜は心が折れそうになります。しかし、そこで彼女を支えたのは、仲間の期待でした。特殊能力がなければ、絶対にレギュラーになれるはずもない実力の怜。そんな怜を仲間たちは温かく支えて育ててくれたのです。

照の快進撃を止めたのは、新道寺女子は花田煌の作戦に怜が乗ったからでした。どんなに安い手でもいいから、和了して照の快進撃を止めてしまえば、いくら照でも実力を発揮することはできません。これで何とか照の連続和了を止められたかと思いきや、再び照は和了。ここからまた照の快進撃が続くことになるのでしょうか!?
そして、こんな強敵を相手に玄は何もすることができないのでしょうか!?
準決勝での戦いに向けて、穏乃たちは個人戦の有力選手と練習試合をするのでした。

阿知賀女子の面々は鶴賀学園の宿泊所へやって来ていました。そこで穏乃たちは、強くなりたいという思いを打ち明けるのでした。準決勝までの残り時間はわずかですが、鶴賀学園の面々は練習相手を快く引き受けてくれたのでした。
さらに、鶴賀だけではなく、なんと風越女子の選手も登場。その対局で穏乃たちは、さらに自分の力に磨きをかけるのでした。

そして翌日、穏乃たちは大会の規定を利用して練習相手を探します。個人戦の選手同士が練習試合をすることはできませんが、阿知賀女子は個人戦には参加していません。そこで全国から集まった個人戦の出場選手に的を絞って、練習試合を申し込むのでした。巫女さん姿の娘がいたり、何やら怪しげな雰囲気でしたが、阿知賀女子にとってはいい練習相手になったようです。

ここで清澄がどうなったかが描かれるかと思いきや、清澄が準決勝に進出したかどうかは本編でのお楽しみになっていました。まあ、お話の都合上絶対に準決勝には進出しているでしょうが^^;、本編がどう描かれるのか今から楽しみですね。

宿に戻ってきた穏乃たちでしたが、赤土にプロ行きの話が出ていることでギクシャクした気持ちは続いています。
そんな時、穏乃は赤土に声をかけていた人をホテルの窓から見かけたのでした。その人の後を追った穏乃は、赤土がプロ行きの話を断ったことを知ったのでした。これを知った阿知賀女子の面々は、さらに気合いを入れて準決勝に挑むことができそうです!

しかし、阿知賀女子の対戦相手は2連覇を成し遂げている白糸台、第2回戦で圧倒的な力を見せつけられた千里山と強豪そろいです。そんな強豪を相手に、阿知賀女子がどう戦うのか楽しみです。
いよいよ第2回戦も決着です!

憧に続いて対局に向かったのは、灼です。灼も何か特殊能力があるのかと楽しみにしていましたが、今回それは明らかになりませんでした。灼の戦った副将戦では、阿知賀は劔谷にリードを許して3位へと後退してしまったのでした。
そして最後に残るのは、大将戦のみです。いよいよ穏乃の登場ですが、これもかなりお話が端折られてしまいました。

なんとか劔谷に追いつきたい阿知賀ですが、南局に入ってから穏乃がまさかの振り込み。劔谷との点差が開いて、阿知賀は追い詰められてしまったのでした。これでもうおしまいかと思いましたが、穏乃はまだまだ諦めていませんでした。しかし、対局者たちも穏乃の手を読んで、簡単には高得点で上がらせてはくれません。

もうギリギリの状況の阿知賀でしたが、2位の劔谷から直接点を奪って、なんとか2位に食い込むことができました。こうして決勝進出枠を勝ち取ったのは、圧倒的な得点で1位を獲得した千里山と、土壇場で逆転した阿知賀でした。

決勝枠進出を決めて浮かれる穏乃たちでしたが、そこに監督の赤土が冷水を浴びせかけます。決勝で待っているのは、今日大量得点を奪われた千里山以上の強豪なのです。果たして阿知賀は、この先も勝ち抜いていくことができるのでしょうか!? そして、この先に進むことは赤土の超えられなかった壁を越える戦いでもありました。

そんな中、ラーメンを食べに出かけた穏乃たちは、赤土にプロ進出の話が来ていることを知ってしまいました。決勝枠での戦いを前にショッキングな事実を知ってしまた阿知賀は、この先どう戦っていくのでしょうか!?

メインの物語が進行する裏側では、白糸台の宮永照がついに登場してきました。これまで化け物じみた強さを強調されてきた照ですが、意外にもマスコミのインタビューはにこやかで腰の低いものでした。でもインタビューが終わった後で、後輩たちが通路にずらっと並んでいるのは、なんだかスケバンみたいでしたね。(^^;

そして、第1期でお気に入りだったステルス桃も登場です!
相変わらずの影の薄さがいい感じですね。(^^;
千里山に手の内を見透かされて、大量得点を奪われてしまった玄。そんな妹の失敗を挽回するため、お姉ちゃんの宥が次鋒戦に挑みます。

幼い頃から、夏でもマフラーをしている宥はいじめられていました。そんな宥をずっとかばってきたのが、妹の玄だったのでした。しかし、今玄が敗れました。その失敗を取り返すために、お姉ちゃんの宥が対局に向かいます。
玄と同じく、宥も特定の牌が手元に集まってくる体質の持ち主でした。どんな体質なのかと思ったら、宥は暖かい色の牌が集まってくるのでした。

しかし、今回も千里山はそんな宥の体質を見抜いていました。千里山の次鋒・二条に手を見抜かれてピンチの宥ですが、ここで引くわけにはいきません。これまでの練習でも、宥はまわりのみんなに自分の体質を知られながらも勝ってきたのです。それを思い出した宥は、あらためて勝負に挑みます。

宥の体質は、赤系の色の牌に集中しています。しかし、それはどこかに赤い色が含まれていれば、その力が発動するようです。これは相手も簡単には見抜くことができず、宥は着々と得点を重ねます。そうして次鋒戦が終わってみれば、宥は大量得点差をつけられていたところから、2位、3位の学校と争えるところまで損失を挽回したのでした。

そんな宥に続くのは、中堅の憧です。憧は特にこれといった特殊能力があるわけではありません。しかし、着実な打ち手で勝ちを重ねます。そうして対局が終わってみれば、いつの間にか阿知賀女子は2位にまで浮上してきていたのでした。先の対戦に進めるのは、上位2校のみです。阿知賀女子は、このままの位置をキープすることができるのでしょうか!?

そして次は、副将の灼の出番です。灼はいったいどんな麻雀をみせてくれるのでしょうか!?
第2回戦のスタートです。阿知賀女子はシード校の強豪・千里山と対戦することになります。

阿知賀女子の先鋒は玄。千里山女子校の先鋒は園城寺怜。その他の対戦相手は、埼玉代表の越谷女子、そして兵庫代表の劔谷高校です。第2回戦からは、1位になったチームだけではなく、1位と2位のチームが第3回戦に進むことができるというルールらしいです。

そして、いよいよ対局が始まりました。いつものように、玄の手元には異常にドラが集まってきます。しかし、千里山はそんな玄の体質を見抜いていました。その上、病弱な怜にはとんでもない能力がありました。なんと一巡先を見ることができるらしいです。その異常な能力を使って、怜は着々と持ち点を増やしていきます。対照的に、玄は他からも点を奪われて最下位に沈んでしまうのでした。

大量の点を奪われたことで、玄は落ち込んでいます。そんな玄をなぐさめたのは、お姉さんの宥でした。夏なのにマフラーをしているという宥ですが、今回はそんなマフラーを颯爽となびかせる場面が多くて、なんだか格好良かったです。そして次鋒戦がスタートします。宥の体質も千里山には見抜かれているようですが、宥は玄が奪われてしまった点を取り返すことができるのでしょうか!?

第2回戦になって、ようやく超能力麻雀アニメらしい展開になってきました。(^^;
千里山の怜の能力はとんでもないものでしたね。怜の名前の読みが「とき」なのは、「時」とかけてあるのかなあ。
いよいよ全国大会、第1回戦の開始です!

これまでは早送りで総集編を見ているような感じの展開でしたが、ようやく咲らしい展開になってきました。
第1回戦に挑む阿知賀女子の面々。先鋒をつとめるのは、玄です。ドラ使いの玄ですが、1局目ではいきなり振り込んでしまいました。しかし、ここからが玄の本領発揮です。普通では考えられないほど、玄の手元にはドラが集まってきます。そして、あっという間に玄は振り込んだ分を取り返したのでした。

全国大会まで進んだ穏乃たちですが、和と遊ぶためには決勝戦まで進出しなければなりません。そのためには、無敵の強豪・白糸台を倒さなければなりません。果たして、穏乃たちは人間離れした強さを持つ宮永照を倒すことができるのでしょうか!?

2回戦への進出を決めた阿知賀女子ですが、その前には他にも強豪校が待っています。その1つが、前回高速道路で出会った千里山女子高です。このチームは、強豪がひしめく大阪で毎年全国出場を果たしています。病弱な園城寺怜をはじめとして、なかなか個性的なメンバーがそろった学校ですが、阿知賀女子は彼女たちを倒して決勝へと駒を進めることができるのでしょうか!?
いよいよ全国大会出場をかけた戦いが始まります・・・と思ったら、あっという間に全国大会です。(^^;

穏乃たちが全国大会へ向けて戦う日がやって来ました。赤土に率いられて大会会場へ向かった穏乃たちでしたが、その最初の対戦相手はなんと、強豪・晩成高校でした。いきなりの強豪との戦いにひるむかと思いきや、穏乃たちはどうせ全国へ進むためにはいつか当たる相手と余裕です。

今回はその戦いが描かれるのかと思いきや、あっさりと穏乃たちは晩成をくだして全国大会へと出場してしまいました。全国へ向けての激しい戦いが描かれるのかと思っていたので、これはなんだか拍子抜けでした。

全国大会への出場を決めた穏乃たちでしたが、全国にはさまざまな強豪が揃っています。そこで赤土の提案で、穏乃たちは全国各地の強豪、ただし全国大会出場を決めたチームとは戦えないので、予選2位のチームと戦い実力をアップさせることにしたのでした。

そんな対戦相手として穏乃が選んだのは、和が全国大会出場を決めた長野の第2位・龍門渕高校だったのでした。
というわけで、久しぶりに龍門渕の天江衣をはじめとするメンバーの登場です。そこで穏乃たちは、衣の底知れない強さを初めて味わうのでした。しかし、ここでめげてはいられません。和と戦うには、全国大会を勝ち抜かなければなりません。穏乃たちは、衣たちと練習をして腕を磨くのでした。

こうして特訓を終えた穏乃たちは、いよいよ東京で開催される全国大会へと向かいました。途中で千里山高校の選手とも遭遇したりして、穏乃たちは東京へと到着しました。そして会場へと向かった穏乃たちの前に、清澄高校の怪物・咲が姿を現しました。(^^; なんで咲が会場を徘徊していたのかはわかりませんが、あんな表情でうろうろされたら怖いですね。(笑)
メンバーも揃い、顧問も決まり、いよいよ 阿知賀女子麻雀部の始動です!

穏乃の提案で復活した麻雀部。しかし、まだ部員が揃わないため、部ではなく同好会としてしか認められません。部に昇格して、インターハイに出場するために、穏乃たちは部員集めを開始したのでした。
最初にターゲットになったのは、玄のお姉さん・宥でした。宥は、なぜか夏でもマフラーをしている、とっても寒がりな女の子でした。(^^; もはや寒がりというレベルではないような・・・。(笑)

そんな宥が麻雀部に入ることを承諾してくれて、残る部員はあと1人です。そんな時、玄が思い出したのは、子供の頃から麻雀を打っていた灼でした。しかし、灼は今ではすっかり麻雀をやめてしまっていました。灼は子供の頃から、赤土晴絵のファンだったのです。しかし、赤土が麻雀に対する情熱を失ってしまったために、灼も麻雀から遠ざかってしまったのです。しかし、玄から赤土が今はプロ麻雀の世界でがんばっていると聞かされた灼は、麻雀部に参加することを決めるのでした。

こうしてメンバーが揃い、麻雀部が正式にスタートしたのでした。そんな時、プロの世界で活躍している赤土の身にも変化が起きていました。なんと、会社が業績不振で麻雀部が廃部となってしまったのです。麻雀を失った赤土は、故郷へと帰ってきました。そこで学校へと立ち寄った赤土は、そこで穏乃たちが麻雀を打っているのを目撃したのでした。

インターハイに出場して準決勝で負けた時、赤土は何か大切なものを忘れてきてしまった気持ちでいました。それを取り返すために、赤土は穏乃たちと共に再びインターハイを目指すことを決めたのでした。こうして赤土が麻雀部の顧問に就任することになり、麻雀部はいよいよ本格的に稼働することになりました。
しかし、穏乃たちと同じ地域には麻雀の強豪として知られる晩成高校がいます。穏乃たちは、そんな強豪を破ってインターハイ出場を果たすことができるのでしょうか!?
今期一番楽しみにしていた「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」がいよいよ始まりました!

転校を繰り返していた小学生の和は、奈良県にいました。そこで和は、穏乃や憧と出会ったのでした。2人は近所の阿知賀女子学院で行われているこども麻雀クラブに和を連れて行きました。そこで和たちは、みんなで麻雀を楽しんでいたのでした。阿知賀女子学院には昔麻雀部があったのですが、今では部員がおらず休部状態でした。その部室を使って、大学生の赤土晴絵が子供たちに麻雀を教えていたのです。

実はこの阿知賀女子学院の麻雀部にも、過去に一度だけ栄光の時がありました。赤土晴絵が在籍していた当時、地元の強豪校を破って全国大会に出場したことがあるのです。ところが、全国大会で晴絵が大量得点を許して敗退してしまいました。それ以来、晴絵はスランプになってしまったのです。そのリハビリもかねて、晴絵は子供たちに麻雀を教えていたのでした。

こんな楽しいこども麻雀クラブですが、楽しい時は長く続きませんでした。憧は穏乃とは別の中学へ進学、そして和もまた親の都合で引っ越してしまいました。そんなある日、穏乃はテレビに和が出ているのを見ました。それは中学麻雀の個人戦で和が活躍している様子でした。それに触発された穏乃は、もう一度和と一緒に麻雀を打ちたいと考えました。そして穏乃は、休部状態だった阿知賀女子学院の麻雀部を復活させることを誓ったのでした。

そんな穏乃に惹かれて、友人の憧も阿知賀女子へと入学してきました。2人に加えて1つ年上の玄を含めて、今は3人しかいない麻雀部は、とりあえず同好会としてスタートしました。穏乃たちは5人のメンバーを集めて、同好会から部活に昇格、そして全国大会に出場してもう一度和と麻雀することができるのでしょうか!?

ということで、いよいよ始まりました。どんな内容かは事前に知らなかったのですが、咲は登場せずにその全国大会でのライバルとなる穏乃たちが活躍するお話で驚きました。最初はちょっと戸惑いましたが、和がうまく物語をつないでくれたので、なんとかお話についていくことができました。
百合萌え麻雀アニメ^^;「咲-Saki-」も、とうとう最終回です。

各校を集めて夏合宿に挑んだ清澄高校。今回は最後だけあって、サービス・シーンてんこ盛りでした。
合宿地に到着早々、久の提案でお風呂だったのは、前回の合宿と同じですね。(^^; 本当に部長は、いろんな意味でわかっている人だと思います。(笑)

そして、各校各キャラがそれぞれに入浴姿をさらしてくれました。その中でも印象的だったのは、やはり鶴賀学園のゆみと桃子の組み合わせでした。みんなと一緒にはお風呂に入らないで、自分の裸を見せるのはゆみだけって、どんだけ桃子はゆみラブなんでしょう。(^^;

そんな中、咲の姉・宮永照のことが話題になります。しかし、風越女子の美穂子が集めた情報では、宮永照は妹はいないと断言したそうです。結局最後まで明らかになりませんでしたが、過去に咲と照の間に何があったんでしょうね!?

それにショックを受けた咲を励ますために、和とのラブラブシーンが展開されたのにはにやにやしてしまいました。そして、これまでお互いを名字で呼び合っていた2人は、これからは名前で呼び合う関係へと進展したのでした。この場面、何だか夫婦の契りを結んだみたいで^^;、百合全開だったのがとってもよかったです。

そして、合宿に藤田プロも合流して、咲たちの全国に向けての合宿はスタートしたのでした。そして、ついに全国大会の火蓋が切られたところで、物語は一時終了となりました。どれくらい先になるのかわかりませんが、原作が完結したらぜひ全国大会編もアニメ化して欲しいですね。

今回のEDは、いつもとは違い「Glossy:MMM」をバックに、今後のストーリー展開が匂わせられました。
全国では、県予選の時以上に強豪が揃っていそうですね。その中でも気になったのは、巫女服のような制服(?)の一団でした。宗教系の学校なんでしょうかね!? 特殊能力は神の加護とかだったら、ある意味無敵なような気がしました。(^^;

これまで麻雀というと、何となくやさぐれたイメージがあって敬遠してきたのですが、百合と萌えで味付けされたこの作品のおかげで、麻雀というゲームの楽しさを知ることができたのは収穫でした。
まだ完全にルールがわかっていませんが^^;、オンライン麻雀を楽しむようにもなりましたし、この作品を見始める前の私には考えられないことです。

最後に作品の制作に関わったスタッフならびにキャストの皆さん、本当にお疲れ様でした。毎回クオリティが高くて、安心して見られる作品でした。第2期にも期待しています!