日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ナメック星でのドラゴンボールを巡る戦いが白熱化してきました。

ブルマたちがナメック星へやって来たことは、既にフリーザに知られていました。フリーザは偵察のために、部下をブルマたちの元へと差し向けたのでした。クリリンと悟飯の活躍で2人の戦闘員を撃退したものの、地球に帰るための宇宙船を破壊されてしまったのでした。

その頃、ナメック星へやって来たベジータには、フリーザから抹殺指令が下っていました。ベジータと相性の悪かったキュイが、ベジータとの戦いに向かいます。スカウターの数値を見て、最初は余裕の表情だったキュイでしたが、気をコントロールできるようになったベジータの圧倒的なパワーアップに驚いたのでした。

勝ち目がないと見たキュイは、自分もフリーザを裏切るからと、ベジータを説得にかかります。そして隙を突いてベジータを攻撃しましたが、逆にベジータに返り討ちにあってしまうのでした。
急激に戦闘力をアップさせたベジータですが、そのベジータの力を持ってしても、フリーザはあまりに強大な敵でした。そこでベジータは、全てのドラゴンボールを回収することは諦めて、とりあえず1個だけドラゴンボールを手に入れて、隙を見てフリーザの集めているドラゴンボールを横取りしようと考えるのでした。

地球では、ヤジロベエの持ってきてくれた仙豆で、ようやく悟空が復活していました。ブルマたちの危機を知った悟空は、ブルマの父親に頼んであった宇宙船を使ってナメック星を目指します。
ベジータを越える敵がいると知って、悟空はこれまで以上にワクワクしてしまっています。そんな悟空がナメック星へ到着するのはいつなのでしょうか!?
ついにナメック星を舞台に、ドラゴンボール争奪戦が始まりました。そして、最凶の敵・フリーザもついに登場です!

ナメック星へと向かったブルマ、クリリン、悟飯。彼らは順調に旅を続けて、ナメック星へとたどり着いたのでした。その頃、傷ついたベジータは、彼らの本拠地へと向かっていました。そこで治療を受けたベジータは、あっという間に傷を回復させました。ところが、フリーザがドラゴンボールを狙ってナメック星へと向かったことを知ったベジータは、フリーザを追ってナメック星へと向かうのでした。

ブルマたちがナメック星へ到着したところへ、ベジータがやって来ました。さらに、そんなベジータの後を追うように、もう1台の宇宙船がやって来ました。平和なはずのナメック星が、急に慌ただしく危険な場所へと変わってゆきます。

先にナメック星へ到着していたフリーザたちは、既に4つのドラゴンボールを手に入れています。なんと彼らはナメック星人たちを虐殺して、ドラゴンボールを奪っていたのです。
ブルマたちはこの危機を切り抜けて、ドラゴンボールを手に入れることができるのでしょうか!?
そして、地球でケガの治療を続ける悟空が復活するのはいつなのでしょうか!?
いよいよナメック星へ向けて出発です。

戦いは終わり、悟空たちは病院に入院しました。そんな中、ベジータたちに殺された者を蘇らせるために、ナメック星のドラゴンボールを手に入れる冒険が始まろうとしていました。
最初はナッパの乗ってきた宇宙船を利用する予定でしたが、ブルマがリモコンをいじったことが原因で、宇宙船は自爆してしまいました。

これで望みが消えたかと思いきや、みんなの前にミスター・ポポが現れました。ミスター・ポポの案内で人里離れた辺境へと赴いたブルマは、そこに神様が地球に来た時に乗ってきた宇宙船を発見したのでした。なんとかその宇宙船を操れるめどが付いたブルマたちは、それに乗ってナメック星へと向かいます。ナメック星へ向かったブルマ、クリリン、悟飯に、どんな運命が待っているのでしょうか!?

今回は、何だかブルマが主役みたいなお話でしたね。(^^;
ナメック星への旅が始まる中、これまでチチの言いなりだった悟飯が、初めて自分の意思で旅に出ることを決めました。サイヤ人との激闘を通して、悟飯は精神的にも成長したようですね。
1週休んでのドラゴンボールでした。激闘は終わり、いよいよナメック星へ向けての冒険が始まろうとしています。

仲間を殺された恨みを晴らすために、ベジータに刀を向けたクリリン。しかし、そんなクリリンを悟空が止めました。自分を遙かに超える強さを持ったベジータを、悟空は自分自身の手で倒してみたくなってしまったのでした。そんな悟空の願いを入れて、クリリンはベジータを殺すことを思いとどまるのでした。

そして、ベジータが地球から去り、ついに戦いは完全に終了しました。しかし、ドラゴンボールがない今、殺された仲間たちが生き返ることはありません。そんな時、クリリンがかすかな希望について話し始めました。ピッコロの生まれ故郷、ナメック星まで行けば、そこにはドラゴンボールがあるかもしれないのです。

界王様の協力でナメック星の位置を知ったクリリンたちでしたが、それでもナメック星は地球の技術ではあまりに遠すぎる星です。ところが、現在地球にはナッパやラディッツが乗ってきた宇宙船が残っています。その技術を解析すれば、もっと早く星を渡る宇宙船を造れそうです。
ようやくかすかな希望が、大きな望みとなりました。それを知った時のブルマのゆるみきった笑顔が印象的でした。(^^;
長かったベジータとの激闘も、ついに決着です。

悟空から元気玉を託されたクリリン。その間にも、悟飯とベジータの戦いは続いています。2人の素早い動きに、クリリンはなかなか元気玉を放つ機会がつかめません。ようやくチャンスが来たと思ったら、ヤジロベエが声を出したために、ベジータに元気玉の存在を気づかれてしまいました。
ベジータにかわされた元気玉は、悟飯のもとへと向かいます。しかし、悟飯はそれを見事にはね返して、ベジータに命中させたのでした。

この攻撃でさすがのベジータも最期かと思いきや、なんとベジータはまだ力を残していました。
ベジータの気合いで全員吹き飛ばされて、本当に絶体絶命のピンチです。その時、ベジータは悟飯の尻尾が再生していることに気がつきました。このままでは、悟飯が大猿として覚醒してしまいます。
焦るベジータでしたが、ふいをついて襲いかかってきたヤジロベエに気を取られて、悟飯に自らが作り出した月を見る時間を与えてしまいました。

大猿と化した悟飯は、完全に理性を失うことなく、わずかに理性を残していたようです。そんな悟飯に襲われて、さすがのベジータも大ピンチです。しかし、ベジータはわずかな隙を突いて、ついに悟飯の尻尾を切ることに成功したのでした。
ところが、それで力を使い果たしたベジータは、そのまま大猿から元に戻る途中の悟飯に押しつぶされてしまったのでした。

それに大きなダメージを受けて、さすがのベジータも宇宙船を呼んで地球から撤退しようとします。
しかし、その背後にはヤジロベエの落とした刀を手にしたクリリンが迫ります。ついにベジータは最期の時を迎えるのでしょうか!?
大猿と化したベジータと悟空の死闘が続いています。

大猿に姿を変えたベジータは、恐るべき戦闘能力を発揮して悟空を翻弄します。そんな中悟空は、天津飯の技・太陽拳を使って、元気玉を作り上げる時間を稼ぎ出しました。しかし、完全に元気玉が完成する前に、悟空はベジータの攻撃を受けて吹き飛ばされてしまいました。

そんな悟空のピンチを察知して、悟飯とクリリンは戦いの場へと赴きます。そこにはヤジロベエもいましたが、あまりのベジータの凄さに顔を出すことさえできません。
大猿になったベジータをとめるため、クリリンたちは連係攻撃でベジータの尻尾を狙います。しかし、こんな激闘の中でもベジータは冷静でした。きちんとクリリンたちの存在に気がついて、隙を見せなかったのです。

もはやこれまでと思いきや、伏兵ヤジロベエの攻撃がベジータの尻尾を切り落としました。これでベジータは人間サイズに戻りました。しかし、かなり弱ったとはいえ、まだベジータはクリリンたちを寄せ付けないだけの強さを持っていました。

そんな中、悟空を守るために悟飯は決死の戦いをベジータと繰り広げるのでした。その隙を突いて、悟空は集めた元気玉をクリリンに託しました。果たして、この元気玉がベジータを倒す切り札となってくれるのでしょうか!?

今回は、徹底的に痛めつけられる悟空が痛々しかったです。しかし、そんな中にあってなお、悟空は勝利を目指して最後の望みをクリリンに託しました。全身ボロボロなのに、この精神力は凄いですね。
3倍の界王拳を使うことにした悟空。しかし、それは悟空の体に大きな負担をかけるものでした。

2倍の界王拳ではベジータにかなわなかった悟空は、体に負担がかかることを承知で、ついに3倍の界王拳を発動するのでした。その力の前には、さすがのベジータも完全に翻弄されています。あっという間に、戦いの形勢はベジータ有利から悟空の優位へと変わったのでした。

どうしても悟空に勝てないベジータは、とうとう地球ごと悟空を消滅させることを決意。悟空のかめはめ波と同じような、ギャリック砲を発動させるのでした。しかし、悟空はそれをかめはめ波で迎え撃ちます。
その戦いは、全くの互角。このままでは埒が明かないと、悟空はついに4倍界王拳のかめはめ波を放ち、ようやくベジータを吹き飛ばすことに成功したのでした。

しかし、これで倒されてくれるほどベジータも甘い相手ではありません。人型で悟空に勝てなかったベジータは、ついに大猿になることを決意したのでした。地球到着を満月の時に合わせるなど、ベジータは最初から意外なくらい考え抜いた作戦で戦いに挑んでいたのでした。
しかし、大猿の危険を知ったピッコロの手で、地球の月は破壊されてしまっています。これでベジータは切り札を失ったかと思いきや、なんと上級サイヤ人は自らの手で月の光と同じ波長を持った光球を作り出すことができたのでした!

大猿になったベジータの戦闘力は、なんと通常の10倍です。既に体がボロボロの悟空は、そんなベジータの攻撃に手も足も出ません。唯一の望みは、地球全体から気を集めた元気玉を放つことですが、精神集中に時間がかかるため、そのための時間を稼ぐことができません。
そんな悟空のピンチを知って、避難していた悟飯とクリリンは再び戦いの場へと向かうのでした。

今回もとにかく燃える展開でした。悟空とベジータの超ハイレベルな戦いも見応えがありましたし、かめはめ波とギャリック砲の撃ち合いも迫力がありました。(^^)
ついに悟空とベジータの決戦の時がやって来ました!

悟空とナッパの戦いぶりを見守っていたベジータでしたが、とうとう自らが戦う決意をしました。ナッパはベジータの指示に従って引き下がろうとしますが、このままでは怒りがおさまりません。そこでクリリンと悟飯をナッパは狙ったのです。それを知った悟空は、2人を救おうとしますが、ナッパに先行されて大ピンチです。

そこで、ついに2倍の界王拳が発動です。瞬間的にスピードもパワーも防御も2倍となった悟空は、あっという間にナッパを叩き伏せたのでした。助けを求めるナッパを、非情にもベジータは自らの手でトドメを刺しました。サイヤ人にとっては、強さだけが全てのようです。

そして、みんなを巻き込まないために場所を変えて、ついに悟空とベジータが激突しました。全ての力を解放したベジータは、なんと2倍の界王拳を使った悟空でも太刀打ちできない強さを持っていました。ベジータに対抗するため、悟空は限界を超えた3倍の界王拳を使うことを決意するのでした。

ジャンプの連載を読んでいた時もそうでしたが、この悟空とベジータの初対決には本当に燃えるものがありますね。その後のフリーザとの戦いでは、界王拳もインフレ気味でしたが^^;、この初披露の時は本当に格好良かったです。
天才的なエリート戦士ベジータと、努力して強くなってきた悟空。オチこぼれのサイヤ人だった悟空が、ベジータを越えることができるかも見所ですね。(^^)
ナッパの攻撃から、悟飯をかばってピッコロも倒れました。絶体絶命のその時、ようやく悟空が到着しました!

悟飯に対して、いろいろと憎まれ口を叩いていたピッコロでしたが、悟飯の危機を見過ごすことはできませんでした。ナッパの攻撃の前に自らの体を晒して、悟飯を守り抜いたのでした。
そんなにもピッコロが悟飯のことを気に入っていたのは、悟飯が初めてピッコロのことを恐れず、普通に会話をしてくれたからでした。強がっているピッコロの寂しさが垣間見えた、とてもいい場面でした。(/_;)

ピッコロも倒れて、悟飯は絶体絶命です。そんな悟飯の危機に、なんとか悟空は間に合いました。
ついに悟空が到着してくれたのです。戦場に到着した悟空は、クリリンと悟飯以外の仲間が倒されたことを知って怒りをあらわにします。そしてついに、悟空とナッパの戦いが開始されたのでした。

界王のところで修行した悟空に、ナッパは手も足も出ませんでした。仲間の恨みを込めた攻撃を、悟空は次々にナッパにたたき込むのでした。下級戦士のはずの悟空に叩きのめされて、ナッパは激怒します。そんなナッパをベジータが一喝します。それでようやくナッパは本来の自分を取り戻したようです。

冷静になったナッパは、それなりにいい戦いぶりを見せましたが、それでもその力は悟空に及びません。その戦いを見ていたベジータは、ついに自分自身が悟空と戦うことを決意したのでした。
次回は、いよいよ悟空とベジータの激突です。いよいよ界王拳も登場するようですし、どんなバトルが待っているのか楽しみです。
ピッコロたちに与えられた時間は3時間。果たして悟空は、それまでに間に合うのか!?

ベジータが3時間の猶予を与えたのは、サイヤ人の裏切り者である悟空に制裁を与えるためでした。悟空の目の前で悟飯を殺して、見せしめとするためだったのでした。しかし、予定した3時間が過ぎても悟空は現れませんでした。そして、とうとうナッパとピッコロたちの戦いが始まってしまったのでした。

ラディッツの時と同じように、ピッコロはナッパの隙を突いて尻尾を握り、ナッパの動きを封じ込める作戦を思いつきました。クリリンと悟飯が協力して、うまくピッコロがナッパの尻尾を掴みましたが、思いがけない事態が待っていました。なんとナッパたちは、尻尾をつかまれると動けなくなるという弱点を克服していたのでした。

ナッパの攻撃でピッコロは気絶してしまい、後にはクリリンと悟飯が残されました。クリリンは初披露の気円斬を放って、ナッパにわずかな傷を負わせることに成功しました。しかし、その攻撃はかえってナッパを怒らせることになってしまったのでした。
ナッパの攻撃を受けて、クリリンは瀕死の重傷を負ってしまいました。さらにトドメを刺そうとするナッパに、ピッコロの攻撃が炸裂しました。

しかし、ナッパの狙いは悟飯でした。泣き虫の悟飯ですが、追い詰められてついにその実力を垣間見せました。なんと、ナッパに強力な蹴りを放ったのです。激怒したナッパは、悟飯を吹き飛ばそうとします。その前に盾となったのは、ピッコロでした。口ではいろいろ悟飯を悪く言いながら、いざという時は悟飯を助けてしまうピッコロの優しさがいいですね。

そして、悟空もいよいよ決戦の場へと近づいています。ベジータのスカウターによれば、何もしていない状態でも悟空の戦闘力は5,000あるようです。そんな悟空が、ナッパたちとどんな戦いを見せてくれるのか楽しみです。

そうそう。今回笑ったのは、悟飯の「お前のかあちゃん、でべそ!」でした。(^^;
それを言われたナッパのお母さんが、本当にでべそで、ナッパがなぜそれを知っているとうろたえるのには笑ってしまいました。(笑)
栽培マンとの戦いでヤムチャが倒れ、怒ったクリリンは必殺技を放って一気に残りの栽培マンを倒しました。そして、ついにナッパとの戦いが開始されました。

ナッパの力は、クリリンたちの予想を遙かに超えたものでした。あっという間に天津飯は、左腕を叩き折られて窮地に陥ります。そんな天津飯を助けようと、餃子は自爆してナッパとの相打ちを狙います。しかし、それでもナッパは何のダメージも受けていないのでした。

ナッパが攻撃に移るとき、一瞬の隙ができることに気がついたピッコロでしたが、ピッコロ、クリリン、悟飯の連係攻撃は、いざという時になって悟飯が怖じ気づいてしまい失敗に終わりました。
そして天津飯は、餃子の仇を取ろうと命を賭けた気功砲を放ちました。しかし、その攻撃を受けても、なんとナッパはたいしたダメージを受けていないのでした。

残されたピッコロ、クリリン、悟飯は絶体絶命ですが、ここでベジータが気まぐれを起こしました。クリリンたちが到着を待ちわびている悟飯を3時間だけ待ってやるというのです。この3時間の間に、悟空は決戦の場へ到着することができるのでしょうか!?
ついにサイヤ人が地球へとやって来ました。

東の都へと到着したベジータとナッパでしたが、ナッパのちょっとした挨拶で東の都は壊滅してしまいました。そんな彼らが次に目指したのは、ドラゴンボールの情報を知っているピッコロを探し出すことでした。彼らはスカウターを使って、ピッコロと悟飯の元へとやって来たのでした。

ベジータとナッパがピッコロと出会ったことで、意外な事実が明らかになりました。なんとピッコロ(と神様は)は、地球人ではなくナメック星人だったのでした。神様のくせに、自分がナメック星人だと知らなかった神様がダメすぎるような気もしますが^^;、そのおかげでピッコロは自分の正体を知ることができたのでした。

いきなりベジータとナッパとの戦いになるかと思いきや、余裕の2人は6匹の栽培マンを生み出しました。栽培マンがピッコロたちに襲いかかった時、クリリンや天津飯、餃子、そしてヤムチャが集結したのでした。

それを見たベジータは、ゲームをしようと言い出しました。栽培マンと地球の戦士を1人ずつ戦わせようというのです。最初は、天津飯が栽培マンに挑みました。栽培マンは、戦闘力1200ということでラディッツに近い戦闘力を持っているようですが、それをあっさりと天津飯は倒してしまいました。

次はクリリンが戦おうとしましたが、それをヤムチャが止めました。ドラゴンボールで一度蘇っているクリリンは、もし戦いで命を落としても蘇ることができません。そこでヤムチャが先に戦うことにしたのです。

そんなヤムチャの悪い予感が当たってしまいました。栽培マンを倒したと思ったら、なんとその栽培マンは自爆してヤムチャもろとも吹き飛んだのでした。(;_;)
まだベジータやナッパが戦ってさえいないのに、もう1人の戦士が死んでしまいました。これから先の壮絶な展開を予想させる凄まじい展開でした。
ついにサイヤ人が地球へと到着するお話でした。

界王星で悟空は順調に修行を続けていました。そして、界王拳と元気玉という必殺技を身につけたのでした。あとはドラゴンボールで生き返るのを待つだけかと思ったら、界王様はたいへんなことを忘れていました。悟空が蛇の道を通って、地球まで帰る時間を計算に入れてなかったのです。

界王様の力で亀仙人と連絡を取った悟空は、神龍を呼び出してもらい生き返ります。そして、悟空は界王たちに別れを告げて、蛇の道を急ぐのでした。

その頃地上では、ピッコロや悟飯たちが神龍が呼び出されたことに気がついていました。いよいよ悟空が蘇る。それはサイヤ人が地球にやって来るということでもありました。
そして、ついにベジータとナッパの乗ったカプセルは地球へと到着しました。いよいよ次回からはサイヤ人との戦いが開始されますね。

以前アニメを見た時は、展開がもたもたしていましたが、今回はお話のテンポが早くていいですね。
そのせいで、途中で悟飯の衣装が替わっていたのはご愛敬でしたが。(^^;
サイヤ人との戦いに備えて、それぞれの修行が続いています。

界王のところで修行していた悟空は、ついに10倍の重力を克服しつつありました。最初はろくに動くこともできなかった悟空ですが、今では界王星を自由に駆け巡り、そしてついにバブルス君を捕まえることに成功したのでした。

その頃、悟飯とピッコロは荒野で相変わらず激しい修行を続けていました。悟飯もだいぶ強くはなっているようですが、ようやく瞬間的なパワーでピッコロをとらえることができるようになってきました。しかし、まだまだ強くならないと、サイヤ人に対抗することは難しそうですね。

バブルス君を捕まえた悟空を次の修行は、バッタのようなグレゴリーをハンマーで殴ることでした。
素早いグレゴリーの動きに翻弄される悟空でしたが、ついにグレゴリーを叩くことにも成功しました。
本気でグレゴリーを殴らず、ちゃんと手加減するあたりが悟空らしいですね。

そして、いよいよ悟空は界王自らの修行を受けることになりました。界王拳ともう1つの必殺技を悟空は身につけることができるのでしょうか!?

そして神様のもとで修行しているクリリンたちも、さらなるパワーアップに成功したようです。
次回はいよいよサイヤ人が地球に到着するようです。ついに激しい戦いが始まりそうですね。
それぞれの修行が開始されて、既に半年ほどが経過していました。

泣き虫だった悟飯ですが、荒野での生活にもすっかり慣れたようです。半年の間に、それまでの悟飯からは信じられない程の実力を身につけていました。そこへ、ようやくピッコロが顔を出しました。ついにピッコロが悟飯を修行する日がやって来たのです。

その頃、悟空は相変わらず蛇の道を走っていました。いつまでも果てしなく続くかに見えた道でしたが、それにもようやく終わりがやって来ました。ついに界王のいる星までやって来たのです。
しかし、なんとその星では重力が地球の10倍という高重力の星でした。ようやくたどり着いた悟空でしたが、その重力のせいでろくに動くこともできません。

そして、ようやく現れた界王は、とんでもなく寒いギャグを連発するのでした。武術の腕前はともかく、界王のギャグのセンスは最低のようですね。(^^;
そんな界王から悟空に与えられた最初の試練は、ペットのゴリラ・バブルス君を捕まえることでした。しかし、高重力で自由に動けない悟空は、なかなか苦労しています。

そしてまた、クリリン、ヤムチャ、天津飯、チャオズも神様の元で修行に励んでいました。サイヤ人が地球にやって来るまで、残された日はあとわずか158日です。その間に悟空は、界王よりも強いというサイヤ人を上回る強さを身につけることができるのでしょうか!?
悟空と悟飯、それぞれの修行が開始されました。

ピッコロに連れられて行った悟飯に与えられたのは、野獣のうろつく荒野で6ヶ月間生き抜くという厳しい試練でした。これまで甘やかされて育てられてきた悟飯は、荒野に置き去りにされて大泣きです。
その頃悟空も、蛇の道を界王様のところに向かって走っていました。親子別々、それぞれの場所での修行がスタートしたのでした。

神様はピッコロの様子を窺っていました。相変わらず凶悪さは感じるものの、ピッコロからは以前の邪悪さが抜け落ちていました。そんなピッコロの変化は、もしかしたら1年後に迫っている神様=ピッコロの死の予感に関係があるのかもしれないと神様は考えるのでした。

悟空の死や悟飯のことをチチに告げられずに、クリリンはカメハウスに戻ってきてしまいました。
そんなカメハウスに、ヤジロベエが顔を出しました。カリン様の伝言をみんなに伝えに来たのです。なんとクリリンたちを、カリン様が特訓してくれるらしいです。

そこへチチと牛魔王がエアカーで駆けつけました。朝になっても悟空と悟飯が帰ってこないので、チチは怒り狂っています。しかし、亀仙人から悟飯はピッコロに掠われて、悟空が死んでしまったと聞かされてチチは失神してしまうのでした。(^^;

悟飯の修行の様子を見守っていたピッコロでしたが、満月の夜にピッコロはサイヤ人の秘密を目撃することになりました。初めて満月を見た悟飯は、大猿へと姿を変えてしまったのです。暴れ回る悟飯を正気に戻すために、なんとピッコロは月を破壊してしまいました。(^^; 変身の秘密が月にあることに気がついて、あっさり月を破壊するピッコロが凄すぎです。(笑)
そして、元の姿に戻った悟飯の尻尾を、変身できないように切ってしまいました。

まだまだ悟空親子の修行は続きます。次回は、いよいよ悟空が界王のところに到着するようです。
1年後にやって来るサイヤ人に対抗するため、悟空たちの修行が開始されました。

悟空の遺体は、神様のところで保管されることになったようです。神様と共に閻魔大王のところに行った悟空は、蛇の道の先にあるという界王様のところで修行することになりました。界王様のところまでは、なんと100万kmもあります。悟空は死んで早々、長い旅をすることになりそうです。

一方、生き延びたピッコロは、なんと悟空の息子・悟飯を鍛え上げると言い出しました。先のラディッツとの戦いで、悟飯が高い戦闘力を示したことに目をつけ、来るべきサイヤ人との戦いに悟飯は欠かせぬ存在だとピッコロは見抜いたようです。

目を覚ましたら、いきなりピッコロと一緒で大泣きする悟飯。しかし、感情が高ぶった時に発揮するパワーは、ピッコロさえも驚かせるものがありました。甘やかされて育てられた悟飯ですが、この先ピッコロに鍛えられて、どれだけ成長することができるのでしょうか!?

そして、クリリンはチチのところに悟空が死んでしまったことを知らせに行きました。こういう仕事は、本当は年の功で亀仙人がやるべきのような気もしますが、嫌な役目は弟子に押しつけるのも亀仙人らしいですね。(^^;
いよいよ悟空&ピッコロとラディッツの戦いが始まりました。

ラディッツに対して、悟空とピッコロは2人がかりで戦いを挑みます。しかし、2人で協力してもラディッツの力の前には為す術がありませんでした。おまけに、戦いの中でピッコロは左腕を吹き飛ばされてしまいました。

追い詰められた悟空たちは、ピッコロが新たに開発した必殺技に望みを託します。しかし、その攻撃はラディッツにかわされてしまったのでした。その隙を突いて、ラディッツの尻尾を握ることに成功した悟空でしたが、改心するというラディッツの言葉に乗せられて尻尾から手を離してしまいました。

そんな悟空を、ラディッツは容赦なく攻撃します。悟空の絶体絶命のピンチに、カプセルに閉じこめられていた悟飯の怒りが爆発しました。まだ子供ながら、1000を越える戦闘力を発揮して、ラディッツに大きなダメージを与えました。しかし、悟飯の一撃もそこまででした。高い戦闘力を発揮したことで、かえってラディッツを凶暴にしてしまいました。

悟飯の命を奪おうとするラディッツに、必死に悟空が食い下がりました。その間に気を高めたピッコロの必殺技が、ラディッツと悟空を貫きました。悟空の犠牲で、ようやくラディッツは倒されたのでした。
しかし、別の星にいたベジータやナッパに、ドラゴンボールの存在を知られてしまいました。
次回からは、1年後にやって来るという新たな脅威のために、悟空たちの修行が始まります。
おおよそのストーリー展開は覚えているのに、やっぱりドラゴンボールは面白いですね。

悟空の前に現れたラディッツは、悟空の兄だと言い出しました。悟空は戦闘民族サイヤ人の先兵として、地球に送り込まれていたのでした。しかし、幼い頃に頭に重傷を負った悟空は、地球人を滅ぼすという命令を忘れて暮らしてきたのでした。

ラディッツが今頃悟空の前にやって来たのは、ベジータ星の崩壊によって生き残りのサイヤ人が4人だけになってしまったからです。彼らは惑星の住人を皆殺しにして、その星を別の住人に売ることを商売としてきました。そしてなんとラディッツは、それに悟空も加われと言うのです。

即座にそれを断った悟空でしたが、ラディッツは悟飯を人質にして悟空に考えを改めるように迫りました。ラディッツとの圧倒的な戦闘力の差に手も足も出ないかと思えた悟空ですが、サイヤ人はしっぽを握られると動けなくなることと、ピッコロが協力を申し出たことが唯一の望みでした。

そして、悟空&ピッコロとラディッツとの戦いが開始されようとしています。しかし、戦いを前にラディッツは、他の生き残りのサイヤ人はラディッツよりも強いという衝撃の事実を2人に知らせるのでした。
久しぶりのドラゴンボールです。今回はお話の最初からアニメ化するのではなく、サイヤ人との戦い、フリーザとの戦いあたりがメインになるみたいですね。

お話がはじまっていきなり、悟空が地球へと送り込まれて成長してゆく様子が総集編になっていたのは笑ってしまいました。そして、いよいよ本編のスタートです。チチと結婚して悟飯という息子ができた悟空は、平和な日々を過ごしていました。そんな時、宇宙の彼方から謎の飛行物体が地球へと向かっていたのです。

その飛行物体に乗ってやって来たのは、なんと悟空の実の兄・ラディッツだったのでした。ラディッツは、スカウターを使って悟空を探し回ります。その途中でピッコロと出会いましたが、あまりの実力の違いにピッコロは動くこともできませんでした。
そして、ついにラディッツは悟空の前に現れました。

悟空とラディッツと出会いにより、いよいよサイヤ人編がスタートです。個人的には、サイヤ人との戦いもいいけれど、多彩な技や相手が登場して楽しかった天下一武道会編がもう一度見たかったような気もします。

原作も既に読んでいますし、アニメも見ていましたので、この先感想を書き続けるかは微妙ですが、新しく作画もきれいになった悟空たちが見られたのはうれしかったです。
そうそう。初回から野沢雅子さんは、悟空と悟飯の親子だけでなく、悟空のお父さんも演じるという1人3役の活躍ぶりが凄かったです!