日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


いよいよ「大正野球娘。 」も最終回です。

宿敵・朝香中学を相手に、優位に立った桜花会でしたが、晶子が魔球を投げる時の癖を見抜かれてピンチに陥ります。そんな中、試合中に雪がケガをして試合放棄の危機が訪れました。しかし、雪はあくまで試合を捨てません。ケガをおして、あくまで試合を続行するのでした。

そんな雪のがんばりに、合唱部の女の子たちは自分たちの練習を止めて応援に駆けつけました。これまで野球部の活動をよく思っていなかった大口先生ですが、窮地に陥った野球部を応援するように合唱部の生徒たちを励ます場面がよかったです。

そして、記子の活躍で晶子が魔球を投げる時の癖にも気がつきました。こんな短時間の試合で、晶子の投球の癖を見抜いた朝香中学もたいしたものですね。そして、これまでのお返しとばかりに、今度は晶子が癖を逆手にとってアウトを取ったのでした。

しかし桜花会を相手に、朝香中学も一歩も引きません。最後の最後まで、全力で小梅たちに立ち向かってくるのでした。そんな中、小梅は打席に入りましたが、2ストライクと追い込まれてしまいました。
そんな小梅を叱咤したのは、なんと応援に駆けつけてくれたお父さんでした。その声援に応えて、小梅はヒットを放ったのでした。

続く晶子も小梅に続きますが、相手の隙を突いてホームに突入した小梅は、あと一歩及ばずホームでアウトになってしまいました。桜花会は試合には負けてしまいましたが、ようやく晶子は婚約者と仲直りをすることができたのでした。
そして、小梅も婚約者である三郎といい雰囲気です。この2人の間にも、この先いろいろとありそうですが、小梅ならきっと明るく元気に切り抜けてゆくんだろうなあと思えました。

作品全体を振り返ってみると、ストーリー展開は王道的な感じでしたが、とにかく丁寧な作りなのが好印象でした。最初は可愛い女の子が野球をするだけのアニメかと思いましたが、予想外に野球の場面が細かく描かれていて驚きました。小梅たちが上達したあとは、守備に入った時もきちんとバックアップの選手の動きまで描かれていたのには感動しました。(^^)
ついに朝香中学との試合がやって来ました。しかし、小梅が野球をしていることが両親にバレてしまい、そして晶子は試合当日に姿を見せません。

いよいよ朝香中学との試合です。小梅たちは、最後の練習に気合いが入っています。そんな中、高原が小梅の店を訪れました。それが原因で、小梅が野球をやっていたことが両親にバレてしまったのでした。
小梅が嘘をついて練習をしていたことで、父親はかなり怒っています。それでも小梅は、試合に出場することをやめません。父親に勘当すると言われながらも、小梅は試合へ向かうのでした。

その頃、晶子の家でも騒動が起きていました。晶子が野球の試合をすることを母親に知られて、部屋に閉じこめられてしまったのでした。試合当日になってもやって来ない晶子を心配して、小梅が晶子を迎えに行きました。しかし、召使いの女性は冷たく小梅を追い返すのでした。

そんな時、晶子のお抱え運転手が小梅たちに力を貸してくれました。そのおかげで、晶子は部屋から抜け出して試合へと向かうことができたのでした。
試合会場では、審判の判断で晶子たちが試合に現れなかった時は、棄権とみなされることが決定していました。そんな中、なんとか小梅と晶子はギリギリで試合時間に間に合ったのでした。

そして、いよいよ朝香中学との試合が始まりました。乃枝のアイディアで、晶子は投球練習の時にコントロールがいいところを見せつけました。そのおかげで、微妙なコースは全てストライクの判定をもらうことができました。このあたりの駆け引きも、以前の試合からは考えられない進歩ですね。

絶好調の晶子は、魔球をおりまぜつつ、次々と朝香中学のバッターを打ち取りました。そして、相手をなめている朝香中学の油断を利用して、桜花会は3点を先制することに成功したのでした。
しかし、朝香中学もいつまでも負けてはいません。晶子が決め球として魔球を投げていることを知り、何らかの対策をしてくるようです。

小梅たちは、なんとか試合に勝利してリベンジを果たすことができるのでしょうか!?
次回がいよいよ最終回です。どんな結末が待っているのか楽しみです。
いよいよ夏合宿です。鏡子は、この機会を利用して、一気に巴との関係を深めようと気合いが入っています。

最初は晶子の別荘で行われるはずだった合宿ですが、小梅たちが別荘にたどり着いてみると、そこは嵐で崩壊していました。仕方なく桜花会の面々は、近所の集会所を拠点に合宿することになりました。
そんな中、鏡子は合宿の間に少しでも巴との距離を縮めようとがんばっています。

しかし、気持ちばかりが先行してしまい、野球をやってもフライは捕れず、枕投げでは障子を破壊、巴の背中を流そうとお風呂で待ち受けていればのぼせて倒れ、巴の勉強に協力しようとしても学力が足りません。それでも諦めずにがんばる鏡子でしたが、肝試し大会ではアンナ先生の姿に驚いて、巴に抱きつくどころか、巴を踏み越えて^^;逃げ出してしまう有様です。

落ち込む鏡子でしたが、そんな鏡子をアンナ先生が励まします。先生に言われるまま早朝の川辺へやって来た鏡子は、そこで小梅と晶子が人知れずランニングをしているのを目撃したのでした。
小梅も晶子も、他の優秀なメンバーと比べて才能に恵まれているわけではありません。しかし、彼女たちは努力でそれを少しでも埋めようとしていたのでした。
それを見た鏡子は、これまでの自分は同じところに留まっていて、積極的な努力をしていなかったことに気がつきました。

そして鏡子は、翌日から小梅たちのランニングに参加するようになりました。そして野球の練習も勉強も、これまで以上に力を入れてがんばるようになりました。その成果はなかなか現れません。
しかし、合宿が終わりに近づいたある日、ついに鏡子の努力が実を結びました。これまでどうしても捕ることができなかったフライを、キャッチすることができたのです。
気がつけば、そんな鏡子を巴もねぎらってくれていました。

今回は、単なる合宿の温泉回になるかと思いきや、鏡子を中心に据えてきっちりした物語を楽しませてくれたのがよかったです。(^^)
小梅が野球をしていることを家族に知られてしまったのかと思いきや、両親や三郎は小梅に別に好きな人がいると思い込んで大混乱なお話でした。

小梅はいずれ対戦するであろう朝香中学の研究に余念がありません。そんな時、小梅が持っていた朝香中学の選手の写真を両親に知られてしまいました。両親に呼ばれた小梅は、自分が野球をやっていることを知られてしまったのかと思いましたが、なんと両親は小梅が三郎ではなく高原のことが好きなのだと思い込んでしまったのでした。

そんな中、最近実力を上げてきた桜花会は、いよいよ宿敵である朝香中学に公式試合を申し込みました。しかし、その申し出は朝香中学の校長の判断で、あっさりと断られてしまったのでした。
納得のいかない晶子は、婚約者の岩崎に電話で文句を言います。それを知った岩崎は、あらためて校長に試合をさせて欲しいと申し出るのでした。

しかし、校長は桜花会の野球を女子のお遊びと相手にしてくれません。そんな状況を動かしたのは、以前の泥棒騒動の時に小梅たちが関わった老人でした。なんと彼は、朝香中学の後援会長をしていたのでした。老人に脅されて、校長は桜花会との試合を承諾することになったのでした。

そして、試合が決まった後、再び高原が小梅に近づいてきました。その様子を目撃した三郎は、すっかり元気をなくしてしまいました。お母さんからその話を聞いた小梅は、ようやく三郎が誤解していることを知ったのでした。相変わらず小梅が野球をしていることは両親に内緒ですが、三郎はそんな小梅を影ながら応援してくれることになりました。何気にラブラブな小梅と三郎がよかったです。(^^)

次回は、部活系アニメの定番、合宿です。晶子の別荘で対朝香中学に向けて合宿をすることになりましたが、どんな出来事が小梅たちを待っているのでしょうか!?
桜花会は相変わらず小学生相手の試合ばかりです。そんな時、彼女たちの練習を見ていた助監督が、彼女たちの1人に映画に出演してくれないかという話を持ってきました。

みんなそれぞれに出演する気満々でしたが、女優の条件として泳げることが必要でした。ところが、桜花会のメンバーの中で泳ぐことができるのは小梅だけだったのでした。映画出演を嫌がる小梅でしたが、小梅の知らないところで乃枝が勝手に話を進めてしまいました。

結局、映画に出演することを承諾した小梅でしたが、家の近所にも乃枝が触れ歩いたために、近所中に小梅が映画に出ることが知れ渡って大騒ぎになってしまいました。
そして撮影当日。小梅は商店街の人々に見送られて、盛大に送り出されました。しかし、蓋を開けてみたら、小梅が担当するのは主演女優ではなく、泳げない主演女優に代わって川に落ちる場面を撮影することだけだったのでした。(^^;

結果的に大恥をかいてしまった小梅でしたが、今回の映画がきっかけで三郎との関係がちょっといい感じになってきましたね。そして、映画の助監督と乃枝がいい感じになったのもほのぼのしていてよかったです。

乃枝は小梅が出演する条件として、野球の映画フィルムを要求していました。これを研究することで、桜花会はさらに実力アップすることができるといいですね。
巷では、辻斬りならぬ、辻打ちなる者が現れて世間を騒がせていました。その正体は、密かにバッティング能力の向上を目指す、巴とそれに付き合わされている小梅でした。

そんな中、アンナ先生から小梅と晶子に新たな指令が下りました。今の晶子の力では朝香中学のバッターを打ち取ることができません。そこで、晶子にカーブなどの変化球を投げられるようになれと言うのです。てっきりアンナ先生が指導してくれるのかと思いきや、アンナ先生はストレートの投げ方しか知らないので、方法は自分たちで考えてくれといい加減です。(^^;

晶子と小梅は必死に練習を繰り返しますが、ボールはさっぱり曲がってくれません。その間にも、辻打ちは相変わらず世間を騒がせ続けていました。ところが、辻打ちの正体が巴と小梅であることを晶子に知られてしまいました。夜中にこっそり巴と小梅が練習していたことで、晶子は対抗意識をむき出しにしました。そして、辻打ちならぬ辻投げに付き合うように小梅に要求するのでした。

しかし、同じ野球部のメンバーが考えることは、みんな同じでした。巴や晶子だけでなく、他のメンバーも覆面を被って現れてしまい、現場は大混乱に陥るのでした。おまけに、警察官に追われている途中で本当の泥棒と遭遇してしまいました。
そんな泥棒を、巴の打撃力と晶子が偶然投げた魔球で見事に逮捕することに成功したのでした。

しかし、犯行現場に落としたバットから、辻打ちの実行犯が桜花会のメンバーであることが学院長先生に知られてしまいました。今回は泥棒の逮捕に協力したこともあり、院長先生は見逃してくれましたが、次はないと厳しく言い渡されてしまったのでした。

それでも、晶子が魔球を投げられるようになったのは喜ばしいことです。しかし、改めて魔球を投げようとしても、泥棒を捕まえた時のようにうまくゆきません。どうやら晶子の魔球は、まだまだ練習が必要なようですね。(^^;

泥棒を追跡している時の様子では、晶子はスタミナに問題があるようですが、もう少しランニングするなどして体力作りをした方がよくないですかね!?
魔球もいいですが、男子相手に1人で投げ続けるのは相当に体力を必要とすると思いますので。
基礎トレーニングも終わり、野球部はいよいよ実践練習に入ろうとしていました。しかし、そんな時アンナ先生が叔母さんの看病で不在になってしまったのでした。

とにかく実戦練習が一番とアンナ先生に言われた小梅たちでしたが、めぼしい相手に声をかけてみても、相手チームからはOKがもらえません。このままでは練習にならないと思った時、小梅は狭い空き地で野球をして怒られている小学生を見つけました。

小学生相手ということで晶子は不満そうでしたが、いざ戦ってみると今の小梅たちにとっては小学生でも強敵でした。結局、前回の試合に引き続き、小梅たちは惨敗を喫してしまったのでした。
しかし、今回はそれで終わりません。早速、試合の敗因を乃枝が分析。その成果を取り入れて、新たな練習が行われました。

そうして行われた小学生との2回目の試合。前回よりは好結果が出たものの、結局またしても小梅たちは敗北してしまったのでした。その原因は、小梅と晶子のバッテリーの息が今ひとつあってないことにありました。それを改善するために、晶子は小梅の家に泊まり込んで夫婦のごとく息が合うようになることを目指すのでした。

そして小学生との3回目の試合。いつもは晶子に引きずられるように球を受けていた小梅に、晶子は投球の指示を出して欲しいとお願いしました。打者により近いところにいる小梅に、打者の弱点を見抜いてもらうことにしたのです。
この作戦が大当たりして、晶子&小梅のバッテリーは相手を見事に打ち取るのでした。おまけに、小梅の思いつきで、最後にはチェンジアップもどきも投げていましたし、晶子の投球のバリエーションが広がった感じですね。

そこへアンナ先生も戻ってきて、めでたしめでたしかと思いきや、思いもかけない提案が小梅を待っていました。小梅の家で働いている三郎を、小梅と婚約させると両親が言い出したのです。
確かに小梅と三郎は息が合っていて、いい感じの夫婦になるかもしれませんが、小梅はまだ14歳。結婚相手を決めるには早すぎませんかねえ。(^^;
記子が抜けてメンバーが足りなくなってしまった野球部は、新たなメンバーの獲得に向けて動き始めるのでした。

これまではセーラー服や袴で練習していましたが、本格的に野球をするにはやはり動きにくいです。
そこで呉服屋を営んでいる雪が、自宅に眠っていたモダンすぎて売れなかった運動着を持ってきてくれました。それを着て、野球部の練習にはますます熱が入ります。

しかし、メンバーが足りないので、毎日の練習は基礎トレーニングばかりです。その厳しさに音を上げた小梅たちは、早くメンバーを揃えて本格的な練習をしたいと動き出しました。
新しいメンバーとして乃枝が提案したのが、足の速い選手でした。そこで小梅たちは、足の速い選手を探すために、新聞部の記子のアドバイスを受けて、陸上部の見学に出かけました。

そこで乃枝が目をつけたのが、1年生の菊坂胡蝶でした。胡蝶は、陸上部の中では足の速い選手ではありませんでしたが、スタートダッシュの速さは抜きん出たものがありました。しかし、残念ながら胡蝶は野球部への入部を承知してくれませんでした。

仕方なく小梅たちは、別の方法を考えます。足の速い選手が見つからないなら、自分たちが足が速くなればいいと、車屋さんから人力車を借りてきました。しかし、この練習方法は他の部に迷惑をかけてしまって失敗。結局、お話は振り出しに戻ってしまいました。

野球部への入部を断った胡蝶は、なんと鏡子と寮で同室でした。運動が得意でもない鏡子が、なぜ野球をやっているのか不思議に思う胡蝶でしたが、それに鏡子は大好きな巴お姉様から必要とされているからと答えるのでした。

そんな中、再び乃枝が胡蝶に声をかけてきました。試しに野球部の練習に参加してみることになった胡蝶は、そこで圧倒的な足の速さを見せつけるのでした。スタートダッシュが早い胡蝶の足の速さは、陸上よりも塁間の短い野球に向いていたのでした。
みんなから絶賛されて、必要とされる胡蝶でしたが、まだ陸上部への思いは捨てられません。

そんな胡蝶の心を開いてくれたのは、アンナ先生の英語の授業でした。1つの扉が閉ざされていても、別の扉が開いている。その言葉に励まされた胡蝶は、ようやく野球部への入部を決意してくれたのでした。
これでいよいよ本格的な練習に入れると思いきや、基礎体力不足をアンナ先生に指摘されて、結局小梅たちは基礎トレーニング漬けの日々が続くのでした。(^^;

今回は、胡蝶が野球部に入部するまでの心の動きが細やかに描かれていてよかったです。
その一方で、野球部の練習でクタクタの小梅を見て、両親は心配しています。これが今後、小梅が野球を続ける障害となるかもしれませんね。

今回笑ったのは、人力車レースでした。無駄にハイテンションな巴と環も笑えましたが、人力車に乗っていた雪が、それ程自分の体重が重いわけではないと強調していたのがおかしかったです。
先日の試合以来、晶子は学校を休んでいます。おまけに雨が降り続いて、野球部は練習になりません。

そんな中、記子が退部したいと言い出しました。もともと新聞部をメインでやっていた記子には、野球部との掛け持ちは無理があったようです。さらに、先日の試合でエラーをしてしまった鏡子も、あれ以来寮の部屋に閉じこもって姿を見せてくれません。
小梅は晶子のお見舞いに出かけましたが、晶子は表面上は明るく振る舞っていますが、何やら深く悩んでいる様子です。

このまま野球部は自然消滅してしまうのかと思いきや、突然小梅の家に岩崎と高原が尋ねてきました。
岩崎は、晶子の様子がおかしいことを心配してやって来たのでした。しかし、その言葉の端々からは、女が野球をしても男に勝てるはずがないという傲慢な気持ちが漂っています。
それに腹を立てた小梅は、再び晶子の家へと乗り込みました。そして、落ち込む晶子に、悔しいのは自分だって同じだと諭したのでした。

この雪辱を晴らすには、もう一度岩崎たちと試合をして対等に戦えるところを見せるしかありません。
元気を取り戻した晶子は、いきなり部員たちを部室に集めて、もう一度本気で男の子たちと戦うことを誓ったのでした。
こうして桜花会は再スタートを切りましたが、記子が抜けたことで、またメンバーが足りなくなってしまいました。勝利への道は、まだまだ遠そうですね。

今回は小梅の行動力に驚かされました。普段はぽやんとした小梅ですが、やる時にはやるという感じなんですね。あっという間に落ち込む晶子を励まして、野球部復活を果たしてしまいました。
桜花会が、いきなり男の子の野球チーム・朝香中学と練習試合をすることになるお話でした。

ようやくメンバーが9人集まり、野球部は本格的に動き始めました。そこでチームの名前も桜花会と決めて、学校側に正式な部活として認めてもらおうとするのでした。しかし、今年のクラブ予算は既に決定済みということで、桜花会は同好会としてスタートすることになってしまったのです。

彼女たちに与えられたのは、廃墟のような建物だけ。しかし、それでも彼女たちはめげません。全員で建物を清掃、修理してきれいな部室を作り上げました。そして、練習にも力を入れた彼女たちは、ようやく野球らしくなってきました。

そんな時、乃枝がいきなり練習試合の話を持ってきました。対戦相手は、男の子たちが通う男子中学です。いきなりの提案にメンバーは驚きますが、そこに野球部設立の原因となった晶子の婚約者がいることを知って、メンバーは張り切るのでした。

しかし、彼女たちのがんばりもむなしく、桜花会は大敗を喫してしまいました。男の子と対等に野球をするには、まだまだ実力が足りなかったようです。そんな女子野球部が、これからどう成長して行くのか楽しみです。

今回は、いきなり小梅に恋愛フラグが立ったのに驚きました。ちょっと鈍くさいかと思っていた小梅ですが、男の子とぶつかった時の運動神経はなかなかのものでした。

それから、今回気になったのは、小梅たちは野球をする時もユニフォームがないんですね。袴をはいている娘はともかくとして、セーラー服姿の娘はせめてズボンを履かないと、かなりはしたないことになっちゃいませんかねえ。(^^;
なかなか難航する野球のメンバー集めですが、ようやく道が開けそうです。

前回のラストで、なんとか道具は手に入ったものの、男性用の道具では小梅たちにはサイズが大きすぎます。そこで、小梅の知り合いの靴屋さんに頼んで、サイズを調整してもらうことになりました。
しかし、いまだメンバーは4人。練習と平行して、メンバー集めもしなければならないのでたいへんです。

そんな中、雪がチームの監督としてアンナ先生を連れて来ました。どうやらアンナ先生は、アメリカで野球をした経験があるようです。わからないことだらけの中で、これは強力な助っ人になりそうですね。
そんな小梅たちの様子を窺っていたのは、同じクラスの月映巴でした。巴は運動神経抜群で、武道もたしなむようです。野球部に入ってくれれば強力な戦力になりそうなのですが、いまさら自分から仲間に入れて下さいとは言いにくいようですね。

そんな双子の姉、巴の様子が妹の静は気になってなりません。2人は新聞部に入部しているので、巴に目をつけたアンナ先生から声がかかった時は、静は入部を断ってしまいました。しかし、挑戦を申し込まれて逃げられないと、巴はアンナ先生の投げるミカンを居合い切りで一刀両断にしてみせるのでした。

結局、それがきっかけで巴は野球部に入部することに・・・。おまけに、姉が心配な静まで一緒に入部することになりました。さらに巴に心酔している1年生の桜見鏡子と、新聞部員の尾張記子まで入部することになって、一気にメンバーが増えました。

残るメンバーは1人。どうするのかと思ったら、雪が幼なじみで作家志望の石垣環をチームに引っ張り込んだのでした。環は普段は他の生徒と距離を置いていて、ちょっと取っつきにくそうな感じですが、小学生の時に男の子たちと野球をしていたことがあり、野球レベルは高そうです。
おまけに、いきなりタマちゃんというあだ名まで決定してしまいました。(^^; 声が広橋涼さんだったので、思わずバンブーブレイドを思い出しました。(笑)

こうして、ようやく本格的なスタートを切った野球部ですが、小梅はろくにキャッチボールもできない腕前ですし、もし野球をやっていることをお父さんに知られたら一波乱ありそうですね。
大正野球娘。 第1巻(初回限定生産) [Blu-ray]新番組、お試し視聴です。時は大正時代。女学校に通う女の子たちが、男相手に野球をしようと決意するお話でした。

番組の冒頭から、小梅の歌だったのには驚きました。セーラー服姿で、当時の街をあちこち案内して何かと思ったら、夢オチだったとは。(^^;

東邦星華高等女学院に通う小梅は、突然友人の小笠原晶子から一緒に野球をして欲しいと言われてしまいました。しかし、テレビもないこの時代、野球がどんなものなのか小梅たちにはさっぱりわかりません。そこで、男の子たちが野球をやっている様子を、実際に観察に行くことになりました。

しかし、そのあまりの荒々しさに同行した生徒の大半は逃げ出してしまいました。それでも晶子は野球をすることを止めようとはしません。実は晶子は、知り合いの男性から女は家でおとなしくしていた方がいいと言われて、その腹いせに野球を始めようとしていたのでした。
いったんは引き受けたものの、やはり自信がなくなって、晶子に断ろうとする小梅でしたが、タイミングを逃して結局一緒に野球をすることになってしまいました。

とりあえず、今のところはメンバーが9人集まってもいませんが、これで本当に野球をすることができるのでしょうか!?

第1話を見終わった印象は、大正時代を舞台にしたマリア様がみてる+サクラ大戦というイメージでした。(^^; まだお話が序盤ということで、それほど面白いというわけでもありませんでしたが、この先どうなるのか気になりますので、しばらく視聴を続けたいと思います。