日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


映画ハートキャッチプリキュア!花の都でファッションショー・・・ですか!?【特装版】 [Blu-ray]今頃ですが、ようやく「映画ハートキャッチプリキュア!花の都でファッションショー・・・ですか!?」を見ることができました。

テレビ版のハートキャッチプリキュアも、今までのプリキュアシリーズとはひと味違った仕上がりでしたが、劇場版のハートキャッチプリキュアも今までの映画とは違った方向性の作品で、とても楽しむことができました!(^^)

つぼみたちは、えりかのお母さんのファッションショーに参加するためにパリにやって来ていました。その街でつぼみは、何者かに追われている少年を助けたのでした。少年は追っていたサラマンダー男爵からルー・ガルーと呼ばれていましたが、つぼみは彼にオリヴィエという名前を与えて可愛がるのでした。

しかしサラマンダー男爵は、自分の野望を達成するために、あくまでもオリヴィエを利用しようとします。そんなオリヴィエを守るために、つぼみたちはプリキュアに変身して戦うのでした。

これまでの映画との最大の違いは、サラマンダー男爵が単なる悪役ではないということです。両親を知らずに生きてきたオリヴィエにとって、サラマンダー男爵は父親代わりのような人でした。サラマンダー男爵もオリヴィエに対して愛情を感じていたのですが、キュアアンジェに封印され、砂漠の使徒の王・デューンにも憎しみを感じています。それが足かせとなって、サラマンダー男爵は世界を破滅させるという野望を捨てきれないのでした。

映画のメインは、オリヴィエを可愛がるつぼみでした。つぼみの異常なまでのオリヴィエのかわいがりかたは、ショタだ~^^;と思いましたが、物語のクライマックスではマリンとオリヴィエの戦いを止めたり、オリヴィエを攻撃から守るために盾になったりと、オリヴィエのお母さんのような包容力を見せたのが印象的でした。
これまでのプリキュアの常識を打ち破ってきた、ハートキャッチプリキュアもとうとう最終回です。(;_;)

ハートキャッチオーケストラが炸裂して、デューンもこれで最期かと思いきや、さすがにラスボス、気合いでハートキャッチオーケストラを跳ね返しました。デューンの心に積もった憎しみ。それは予想外に深かったのです。
そしてデューンは、そのパワーで巨大化しました。そして何をするのかと思いきや、地球を殴り始めたのには笑ってしまいました。(^^;

そんなデューンの攻撃を止めるため、マリンを筆頭にプリキュアは最後の戦いに向かいます。巨大化したデューンに、どう対抗するのかと思ったら、ハートキャッチミラージュの力を借りて新たな変身をしました。
それは4人の力を1つに集めて巨大化する、ハートキャッチプリキュア・無限シルエットでした!!!

巨大化したプリキュアにデューンは襲いかかってきますが、その攻撃はプリキュアに届きません。そしてプリキュアが軽くいれたパンチで、デューンの心は浄化されて消えていったのでした。
こうしてプリキュアと砂漠の使徒の長い戦いは、終わりを迎えたのでした。

後半はそれからのつぼみたちが描かれました。妊娠していたつぼみのお母さんですが、無事に女の子を出産しました。名前は双葉ちゃん。えりかが、双葉のほっぺをつんつんしているのが微笑ましかったです。

そしてプリキュアと戦ったクモジャキーたちですが、なんと明堂院流の武術を学ぶ弟子の中にクモジャキーの姿が・・・。名前はクモじゃなくて熊本さんらしいです。(^^;
サソリーナの時と同じく、クモジャキーも病気でずっと眠っていて記憶がないのだそうです。

サソリーナは、いつの間にか保育園の先生になっているようです。そしてコブラージャは、ファッションデザイナーとして活躍しているみたいです。
何はともあれ、3幹部の無事が確認できて本当によかったです。(^^)

そして、つぼみたちはちょっとだけ調子に乗っていました。なにしろ、14歳という若さで地球の危機を救ってしまったのですから・・・。(笑)
調子に乗っているのはえりかだけかと思いきや、地球に帰ってきた直後はつぼみやいつきも調子に乗っていたのは笑えました。

そんな3人にゆりは、過去ではなく未来をみろと諭しました。えりかは、プロのファッションデザイナーを目指します。いつきは、明堂院流の武術を続けながら、いろいろなことにチャレンジしてみたいようです。
そして、なんとつぼみは宇宙にもう一度行きたいと言い出しました。今度はプリキュアの力ではなく、自分の力で宇宙飛行士を目指すのです!

ゆりの夢が聞けなかったのはちょっと残念でしたが、完璧超人のゆりのことですから、何をやっても成功しそうですね。

こうしてプリキュアの戦いは終わりました。今までは心の大樹に見守られてきましたが、これからは新たに生まれた心の大樹を、みんなで見守ってゆくことになるのでした。

そして・・・顔の見えない女の子が、ココロパフュームをしっかりと抱えています。これは未来のプリキュアでしょうか。次のプリキュアは貴女だよという、スタッフからのメッセージなのかもしれませんね。

ということで、ハートキャッチプリキュアもとうとう終了です。
最初から、これまでのプリキュアとは違ったクオリティに驚かされましたが、最後の最後まで楽しい作品でした。
つぼみ、えりか、いつき、ゆり、4人がそれぞれに輝いていましたが、個人的に一押ししたいのは、やはりギャグ担当のえりかでした。最初はちょっとうざいキャラだな~と思いましたが、だんだんとその前向きさに惹かれていきました。

次回からは、ナージャの中の人がこの時間枠に復活して、スイートプリキュアがスタートします。
ハートキャッチが終わった途端に、新たなプリキュアの玩具のCMが流れたのには苦笑いしてしまいしたが、今度はナージャの時のように、玩具の販売不振でシリーズ終了とならなければいいのですが・・・。(^^;

最後に素晴らしい作品で毎週楽しませてくれたスタッフとキャストのみなさん、本当にお疲れ様でした。
ついに砂漠の王・デューンとの対決です!
今回は、これ本当に女の子向けのアニメなの!?と思えるような燃え展開でした!!!

アバンは、地球に残った番君とななみ。荒れ果ててしまった世界で、この先どうなるかと心配するななみを、番君が励まします。この2人、なんだかいい雰囲気ですね。最終話ではカップルになってたりして・・・。(^^;

その頃、惑星城ではムーンライトとダークプリキュアの戦いが終わっていました。そして、サバーク博士から月影博士に戻ったゆりの父。そんな父に、ゆりは駆け寄りました。しっかりと父を抱きしめるゆりに対して、月影博士はゆりを抱きかえせませんでした。彼は自分の心の弱さゆえに、砂漠の使徒の一員となってしまったことを恥じていたのです。
そして、心の大樹の研究で得た技術とゆりの体の一部を使って作られたもう1人の娘ダークプリキュアとゆりを戦わせてしまったことを恥じていたのでした。

父に抱きつくゆりに、最後の力を振り絞ってダークプリキュアが絶叫します。サバーク博士に触るな!
そんなダークプリキュアを、月影博士は優しく抱きしめたのでした。ゆりと戦わせるだけに生み出してしまったダークプリキュア。しかし、それでもダークプリキュアはまぎれもなく月影博士の娘だったのでした。
それを知って満足したかのように、ダークプリキュアは光の粒になって消えていきました。(;_;)

それをあざ笑って現れたのが、デューンでした。そんなデューン、月影博士は戦いを挑みます。仮面が壊れて、博士は一般人に戻ったと思うのですが、これがなかなか強かった。ゆりもそうですが、月影博士も何か武道のたしなみがあるんでしょうかね!?
そして、そんな月影博士をムーンライトとブロッサムが援護します。しかし、デューンの力は圧倒的でした。3人がかりの攻撃さえ、デューンは笑みを浮かべながら受け流す余裕がありました。

そしてデューンの放った攻撃に、3人は吹き飛ばされ、つぼみとゆりの変身は解除されてしまいました。
そんな3人にとどめを刺すべく、デューンはさらに攻撃を放ちます。それを身を挺して防いだのは、月影博士でした。娘を守るため、月影博士はゆりの目の前で爆死したのでした。

父の死を目の当たりにして、ゆりは怒ります。そして憎しみの力でデューンに立ち向かおうとします。それを止めたのは、つぼみでした。憎しみのままに戦ってはいけない。それは、自分が憧れたキュアムーンライトではない。
そして、いきなりつぼみは先輩を呼び捨て! 「月影ゆりっ!」、その声にようやくゆりは自分を取り戻したのでした。

そして、つぼみとゆりの最後の変身です。再びプリキュアになった2人は、愛の力でデューンに立ち向かいます。
それでも、デューンとの力の差は埋まりません。再びデューンの攻撃が2人に炸裂と思いきや、それを防いだのはサンシャインの盾でした。(この時のマリンとサンシャインの登場の仕方がかっこよかった~!!!)
デューンとの最終対決を前に、ようやく4人のプリキュアがそろったのです!

そしてマリンとサンシャイン、ブロッサムとムーンライトでのフローラルパワー・フォルテッシモ。その攻撃がデューンを貫きました。そして、そのままハートキャッチミラージュを使って、4人はスーパーシルエットに変身しました。そしてとどめのハートキャッチオーケストラがデューンに炸裂しました。

ラスボスにしては脆いような気がしますが、デューンはこれで倒されてしまうのでしょうか!?
それとも、次回まだ激しい戦いが待っているのでしょうか!?
ついにサバーク博士の正体が明らかになりました。そして、ムーンライトとダークプリキュアの因縁の戦いも、ついに決着です!!!

みんなに助けられて、なんとか薫子さんを救い出したブロッサム。ムーンライトが危機に陥っていることを知り、ムーンライトの元へと向かいます。そんなブロッサムに、薫子さんはムーンライトとサバーク博士を戦わせないでと頼むのでした。

その頃、ムーンライトとダークプリキュアが激しく激突していました。ムーンライトが優位に立ちそうになった時、サバーク博士が戦いに割り込んできました。それを見たブロッサムは、サバーク博士との戦いに向かいます。
もう最終回も近いというのに、ここへきてブロッサムは再び史上最弱のプリキュアとサバーク博士から言われてしまいました。

しかし、最初の頃とは違い、今のブロッサムには支えてくれるものがありました。仲間との絆、家族との絆、そして友人たちとの絆。そしてブロッサムは、シプレを使ったちょっと卑怯じゃないかとも思える攻撃でサバーク博士を圧倒します。(^^;

その時、ムーンライトの攻撃がダークプリキュアに! それをサバーク博士は、身を挺して守ったのでした。
そして博士のかぶっていた仮面が割れました。その下から顔を出したのは、なんとキュアムーンライト=月影ゆりの父・月影博士だったのでした!!!

それを見たゆりは、一気に戦意を失ってしまいました。信じていたお父さん、それがいつの間にか外に愛人を作って、ダークプリキュアという子供まで生まれていたなんて・・・。(違っ^^;)
そんなゆりにダークプリキュアは情け容赦なく襲いかかります。それを守ったのは、史上最弱のプリキュア、ブロッサムでした。ゆりの盾となりながら、ブロッサムはゆりに語りかけます。その言葉に、ゆりは再び戦う気力を取り戻したのでした。

そして、ムーンライトとダークプリキュアは再び激しく激突。以前はたった1人で戦っていたムーンライトですが、今では多くの人たちに支えられています。それを力にかえて、ついにムーンライトはダークプリキュアを倒したのでした。
残念ながら、今回はここで時間切れ。来週は月影博士の真意(もしくは言い訳^^;)が明かされるのでしょうか!?

メインの戦いの裏側では、今週もマリンとサンシャインががんばっていました。クモジャキーとコブラージャは倒したものの、雪崩のように襲いかかってくるスナッキーに2人は苦労していました。
そこで、まさかの戦闘中にタイム。(笑) そこでちゃんと待ってあげるスナッキーたち、やっぱりいい人です。(^^;

そこでマリンが練り上げた作戦は、スナッキーに変装してごまかそうでした。(笑)
いくらなんでも、これでうまくいくはずがないと思いきや、何とかなってしまいました。(^^;
そうして時間を稼いだ2人は、無事に薫子さんと合流。コッペ様が持っていたココロポッドの力を借りて、失われた体力を回復することに成功したのでした。そして追ってきたスナッキーを容赦なくたたきつぶすマリンとサンシャイン。(^^;

スナッキーたちも片付けて、いよいよ残るはデューンですね!
さよならクモジャキー・・・。さよならコブラージャ・・・。(;_;)

惑星城へと乗り込んだプリキュア。その前に立ちはだかったのは、砂漠の使徒の幹部、クモジャキーとコブラージャでした。全員で戦って切り抜けるのかと思いきや、マリンとサンシャインが2人に立ち向かい、ブロッサムとムーンライトを先に行かせたのでした。

その頃、囚われの薫子さんの前には、サバーク博士がやって来ていました。なぜムーンライトとダークプリキュアとの戦いの時にムーンライトにとどめを刺さなかったのかと薫子さんは尋ねました。そして薫子さんは、サバーク博士の正体に気がついたようです。

先を急ぐブロッサムとムーンライト。その前に現れたのは、パワーアップしたダークプリキュアでした。過去の自分に決着をつけるため、ムーンライトはブロッサムを先に行かせてダークプリキュアに立ち向かうのでした。
そのおかげで、ブロッサムは薫子さんを助け出すことができました。そしてムーンライトの援護に向かおうとするブロッサムでしたが、薫子さんはそれを止めたのでした。
ムーンライトとサバーク博士&ダークプリキュアにどんな関わりがあるというのでしょうか!?

一方、マリンとサンシャインはクモジャキーとコブラージャと激闘を繰り広げていました。クモジャキーは最後の最後まで強さにこだわり、コブラージャは美しさにこだわっています。
そしてマリンのピンチにコフレが飛び出しました。それはクモジャキーにとって、取るに足らない小さな小さな力でした。しかし、そんなコフレのがんばりはマリンに力を与えたのでした。そして苦戦するサンシャインにも、ポプリが力を貸しました。その必死の戦いは、コブラージャの求める美しさとかけ離れたものでした。しかし、大切なものを守るため、サンシャインとポプリはなりふり構わず戦っていたのでした。

そんなマリンとサンシャインに、クモジャキーとコブラージャは敗れました。戦いを追い求めたクモジャキー、美しさを追い求めたコブラージャでしたが、最後の最後でプリキュアとの戦いに何かを感じ取ってくれたようです。
サソリーナの時のように、クモジャキーとコブラージャもどこかに心の花を抜き取られた本体があるのでしょうが、残念ながらそれは登場しませんでした。今地球は砂漠状態ですから、2人の真の姿が明らかになるのは、プリキュアがデューンを倒して、世界に平和がもどった時なのでしょうか。

次回は、いよいよムーンライトとダークプリキュアの激突。そしてサバーク博士の正体が明らかになるようです。
そして次回予告の後には、次回作「スイートプリキュア♪」の予告が流れました。ナージャの時には可愛い感じの声だった小清水さんですが、プリキュアでは男前な声でがんばるようです。(^^)
いきなり最終決戦。ここからが正念場ですね!

いきなりプリキュアたちの前に現れた砂漠の王・デューン。見た目は少年ですが、その力は圧倒的でした。
デューンは、キュアフラワーに奪われた力を返せと迫ります。それを拒否したキュアフラワーを守るために、ブロッサムたちは戦います。しかし、かっての力を失っているはずなのに、デューンの力はすさまじいものがありました。

4人の中では最強のキュアムーンライトの攻撃さえ、デューンはあっさりとかわしてしまいました。そして、次々に襲いかかるプリキュアを、簡単にデューンは倒してしまいました。つぼみたちは、次々と下着姿に・・・。そして、とうとうキュアフラワーも倒されてしまいました。・・・でも、薫子さんは下着姿にならないんですね。(^^;

そしてデューンは、つぼみたちの前から薫子さんを連れ去ってしまったのでした。そしてデューンは、薫子の持っていたペンダントに封じ込められていた力を解き放ちました。その最初のターゲットは、心の大樹でした。
本来の姿を取り戻し、少年から青年へと変わったデューン。その力の前に、心の大樹さえも倒されてしまいました。そして世界には、唐突に砂漠が広がったのでした。

目を覚ましたつぼみたちは、植物園の外に広がっている光景に驚きます。家族を心配して、つぼみたちはそれぞれの家に戻りますが、そこにはただ砂があるだけでした。そして、そこに住んでいる人たちは、クリスタルに変えられてしまっていたのでした。

絶望のどん底にたたき落とされるつぼみたち。そんな彼女たちを救ったのは、生き延びていたもも姉たちでした!
かってデザトリアンにされて、プリキュアに助けられた人々。彼らは心の大樹が枯れても、プリキュアを信じて希望を失わなかったのです。そんな彼らに励まされて、つぼみたちは元気を取り戻しました。

そこにデザートデビルが襲いかかってきました。デューンにはあっさり敗れましたが、プリキュアの強さは健在!
強敵デザートデビルもスーパーシルエットに変身したプリキュアのハートキャッチオーケストラを受けて倒されました。そして、薫子さんを救い、デューンを倒し、心の大樹を復活させるために、プリキュアは砂漠の使徒の本拠、惑星城へと向かいます。

次回はいよいよ復活したダークプリキュアとの戦いかと思いきや、その前にクモジャキーとコブラージャが立ちはだかるようです。今までの流れからみて、彼らではプリキュアの相手にならないことは明白なのですが^^;、何事も順番がありますので仕方ないですね。(笑)
歴代最高齢プリキュア、ついに登場です!

植物園には大きなクリスマスツリーが飾られていました。その中に、なぜか七夕の短冊が飾られていました。何かと思ってえりかが短冊を見ると、そこには「プリキュアに会いたい」と書かれていました。それは植物園の職員、立花さんの娘さん・まゆかが書いたものでした。

まゆかは、友達にプリキュアと友達だと嘘をついていたのです。そして、それを信じようとしない友達に、とうとうプリキュアと会わせると約束してしまったのでした。それを見ていたつぼみは、まゆかのお父さんに相談します。どうやらまゆかは、友達と仲良くなりたくて、そんな嘘をついてしまったのでした。引っ込み思案のまゆかは、友達ができなくて悩んでいました。まゆかの嘘は、少しでも友達に関心を持ってもらいたい気持ちからだったのでした。

そんなまゆかのために、つぼみは約束の日にプリキュアに会わせると約束しました。その代わり、これからはもう嘘をつかないと約束させたのでした。

そして、約束のクリスマス当日。クモジャキーとコブラージャは、恋人もなくプリキュアが心の支えという大きなお友達をターゲットに選びました。(笑えない^^;)
そんな寂しい青年から、デザトリアンを生み出したのです。まゆかと会う時間が迫っているのに、プリキュアはデザトリアンを退治するために戦わなければなりません。

クモジャキーとコブラージャがダークブレスレットを使ってデザトリアンと合体して、デザトリアンはこれまでになく強力な敵に変わりました。その攻撃を受けて、プリキュアは氷の中に閉じ込められてしまいました。
ここでさっさととどめを刺せばいいのに^^;、クモジャキーとコブラージャは人間界に混乱を起こそうと考えました。そうして目をつけたのが、植物園のクリスマスツリーでした。

約束の時間を過ぎてもプリキュアが現れず、まゆかは友達から嘘つきと言われていました。そんなまゆかたちの前に現れたのは、伝説のプリキュア・キュアフラワーだったのでした!!!
運悪くクリスマスツリーを狙ったクモジャキーたちは、キュアフラワーと対面することになりました。かっての力は失われたものの、キュアフラワーは圧倒的な力を持っていました。

クモジャキーとコブラージャの合体したデザトリアンを蹴散らすと、キュアフラワーは氷の中に閉じ込められたブロッサムたちを助け出したのでした。最後はスーパーシルエットのハートキャッチオーケストラで決めて、デザトリアンは無事に浄化されました。デザトリアンにされた青年には、プリキュアのサイン入りのカードが残されました。・・・うらやましい。(笑)

そして、まゆかは約束通り友達をプリキュアと会わせました。しかし、そこでまゆかは正直に、プリキュアと友達だと言ったのは嘘だったと謝りました。そして、そんな嘘をついたのは、みんなと友達になりたかったからだと伝えたのでした。そんなまゆかに、友達は最初からもう友達だったと微笑んでくれたのでした。

無事ハッピーエンドで終了かと思いきや、そこへ砂漠の使徒のボス・デューンが現れました。ハートキャッチプリキュアも、いよいよ最終決戦ですね。

今回は、なんといってもキュアフラワーの勇姿が見られたのが最高のクリスマスプレゼントでした!
高校生のプリキュア、ゆりが登場したのも驚きでしたが、それを遥かに超えるお祖母さんプリキュアの登場です。
でも、変身するとちゃんと若返るんですね。(^^; 血のつながりがあるせいか、キュアフラワーの衣装はブロッサムと似ていましたね。

こうなると気になるのには、来年のプリキュアオールスターズDXにはキュアフラワーも登場するんでしょうかね!?
つぼみのお母さんに赤ちゃんができました!

つぼみのお母さんが、具合が悪くなって病院に運ばれました。心配してつぼみとお父さんが駆けつけると、なんと病気ではなく、お母さんに赤ちゃんができていたのでした。
その日から大事を取って、お母さんは実家で静養することになりました。その間、お花屋さんはつぼみがお手伝いすることになりました。

そんなつぼみを応援するために、えりかたちもお店の手伝いに来てくれました。そんな時、お店に結婚式のブーケを作って欲しいという依頼が入りました。ブーケはいつもお母さんが作っていました。しかし、今回はお母さんに代わって、つぼみがブーケを作ることになったのでした。

ブーケを作るために、家族に聞き取りをするつぼみでしたが、両親が結婚式を挙げるというのに、娘のカスミちゃんは面白くなさそうです。その理由が気になったつぼみは、カスミちゃんに会いに出かけました。
カスミちゃんは、このところ両親が妹にばかりかまって、自分と遊んでくれないのが不満だったのでした。

そんなカスミちゃんの心をクモジャキーが利用しました。カスミちゃんの心の花から、デザトリアンを生み出したのです。今回のクモジャキーは、滝に打たれて修行をして、今までになく気合いが入っています。プリキュアに変身したつぼみは、1人で苦戦します。そこへ他のプリキュアも駆けつけてきました。

スーパーシルエットに変身したプリキュアは、ハートキャッチオーケストラを放ちます。クモジャキーは修行の成果を見せてがんばるかと思ったら、意外とあっさりやられてしまいました。
パワーアップしたプリキュアに対抗できそうなのは、やはりダークプリキュアでしょうかね。

前回の予告ではあっという間に赤ちゃんが生まれたように見えましたが、さすがにそれはありませんでしたね。
弟か妹が生まれることになって、はりきるつぼみが印象的なお話でした。特によかったのは、つぼみが朝食の準備をする場面でした。エプロン姿でお料理して、料理は失敗してしまいましたが、それでもお父さんはおいしいと喜んでくれました。この時のつぼみの様子が、なんだか新妻みたいでした。(^^;
ゆりの知り合いの小学生・ハヤトが、ゆりにラブレターを渡そうとするお話でした。

つぼみたちと同じ、中学の制服を着たゆりがメチャメチャ可愛いですね! そして、自分にラブレターが来たかと思い込み、ちょっと乙女モードに入って気取ったえりかもとっても可愛かったです!!!(^^)

アバンは砂漠の使徒の本拠から。クモジャキーとコブラージャは、それぞれに戦うことを決めたようです。そして、いよいよダークプリキュアが復活しようとしています。

植物園にいるつぼみたちは、大人びた雰囲気のゆりに憧れて、いろいろと真似をしています。そんな時、いつきが誰かに覗かれていることに気がつきました。外へ出ると人影はありませんでしたが、そこにはラブレターが落ちていたのでした。宛先が書いてないため、つぼみたちはそれが誰へのラブレターかで盛り上がります。

そんな時、ポプリが手紙を開いて中身を読んでしまいました。それはなんと、ゆりへのラブレターだったのでした。差出人は、ゆりと同じ団地に住むハヤト君でした。彼は元気がなかったゆりが、最近明るくなったことを安心すると共に、自分がゆりに笑顔を取り戻せなかったことを悔しがっていたのでした。

そんなハヤトの思いを知ったつぼみたちは、ハヤトの思いを成就させるために、ゆりへの告白の機会をセッティングすることにしました。ところが、せっかく告白しようとしたら、ゆりはハヤトのことを弟のように思っていることが判明。ハヤトは落ち込むことになってしまいました。

そんなハヤトの心を、コブラージャが利用してデザトリアンを生み出しました。ここからはいつもの展開でしたが、ブロッサムの問いかけにコブラージャが答えたのが新鮮でした。美しいものが好きなコブラージャですが、人の心の醜さが嫌いで砂漠の使徒に協力していたのでした。しかし、そんなコブラージャの心は、ブロッサムに美しいと感じるのは人の心だと言われてぐらつきます。

スーパーシルエットに変身したプリキュアの、ハートキャッチオーケストラを受けてコブラージャは浄化されそうになりましたが、すんでのところで逃げ出しました。それをプリキュアはさらに追い詰めようとしますが、それを阻んだのは復活したダークプリキュアでした。
なんとダークプリキュアは、今まで以上にパワーアップしていました。その力は、スーパーシルエットに変身したプリキュアを吹き飛ばすほどの威力がありました。

この先、プリキュアとダークプリキュアの激突があるでしょうが、その戦いは激しいものになりそうですね。
幼女・・・もとい幼児祭りなお話でした。(^^;

保育園で予定されていた人形劇が中止になってしまいました。その代わりに、シプレやコフレを使って人形劇ができないかと志久さんが相談に来ました。妖精たちもノリノリで、早速保育園で人形劇が開かれることになりました。
劇はシプレたちがプリキュア役ですが、なんとOPにEDつきという豪華さです。プリキュア、幼児に大人気です!

そんな保育園に、ノリコ先生がいました。先生はとても子供たちに慕われているものの、子供たちに振り回されてしまうのが悩みでした。そんな時、ゆりが的確に子供たちに言うことを聞かせているのを見て、ノリコ先生はますます自信を失ってしまうのでした。そんなノリコ先生の悩みを、バケツからあふれ出す水で表現した演出がうまかったです。

ノリコ先生の弱った心を利用して、クモジャキーはデザトリアンを生み出しました。今回は、ブロッサムとマリン、サンシャインがとりあえず出動。ゆりは子供たちのガードにまわります。しかし、表でプリキュアとデザトリアンが大騒動をしているのですから、さすがに子供たちも目を覚ましてしまいました。

デザトリアンが現れたことに驚く子供たち。泣き叫びますが、優しいノリコ先生の姿はどこにもありません。
大好きな先生をデザトリアンがどうにかしたと思って、子供たちがみんなでデザトリアンに立ち向かってゆく場面がよかったです。

子供たちの声を聞いて、デザトリアンは苦しみ始めます。それを見たクモジャキーは、ダークブレスレットを使ってデザトリアンを強化しました。子供たちに被害が出ないように、プリキュアは戦いの場所を移します。
強風を吹き出すデザトリアンにプリキュアは苦戦しますが、合流したムーンライトの指示で、風を吹き出している時は無防備になることに気づきました。

最後はハートキャッチミラージュを使って、スーパーシルエットに変身。ハートキャッチオーケストラで、デザトリアンにとどめを刺したのでした。
そして、ノリコ先生は無事に子供たちのところに戻ることができました。まだ指導力には問題があるノリコ先生ですが、その優しさには子供たちもちゃんと気がついて慕っていました。

これで終わりかと思いきや、砂漠の使徒の本拠ではダークプリキュアがなにやら強化処置を受けているようです。プリキュアとダークプリキュアの戦いは、激しいものになりそうですね。
プリキュアとサソリーナの最後の戦いが描かれました!

アバンから、プリキュアとサソリーナが戦っています。サソリーナはあっさりと敗れましたが、その体はじょじょにプリキュアの聖なる光に浄化されていたのでした。クモジャキーやコブラージャは、そんなサソリーナをもう戦えないと見ています。しかし、サソリーナは意地になって、プリキュアに最後の決戦を挑んできたのでした。

学園では、いつきが生徒会長の辞任を考えていました。これからますます砂漠の使徒との戦いが激しくなる中、生徒会長とプリキュアの両立は難しいと判断したようです。いつきが生徒会長になって以来、学園がよくなったことを知っているつぼみやえりかは、それを残念に思いますが、戦いの激しさを思えばとめることはできませんでした。

次の生徒会長候補としていつきが推しているのが、現在副会長の佐藤君でした。ところが、佐藤君は念願の生徒会長の地位が手に入ることに喜び、みんなに慕われる生徒会長という恥ずかしい妄想をしてしまったのでした。おまけに、それをいつきたちに知られて、さらに恥ずかしい思いをすることに・・・。(^^;
そんな佐藤君の心を、最期の決戦に挑むサソリーナが利用しました。サソリーナは、学校の校舎をデザトリアンにしたのでした。

クモジャキーとコブラージャからダークブレスレットを渡され、今回のサソリーナはこれまでの3倍の力を持ったデザトリアンを生み出しました。その力は、プリキュアのフォルテウェーブさえも跳ね返す力を持っていました。
それでも、プリキュアはあきらめません。サソリーナの心を浄化するために、ハートキャッチミラージュを使って、プリキュアスーパーシルエットへと変身したのでした。

そして、ハートキャッチオーケストラでサソリーナとデザトリアンを浄化したのでした。
今回の見所は、ここからでした。サソリーナを救おうとするコブラージャを、クモジャキーがとめました。もしサソリーナを助け出しても、もうサソリーナは戦えないとわかっていたからです。
そしてサソリーナは、最後の最後にクモジャキーとコブラージャに感謝の涙を流して昇天しました。(;_;)

これではあまりにサソリーナが可哀想すぎると思ったら、思いがけない展開が待っていました。なんとサソリーナの心は、山奥の診療所へと戻りました。サソリーナは、そこで寝たきりの病人だったのを、砂漠の使徒に利用されていただけだったようです。
本来の体にもどって、これからのサソリーナは平和に穏やかに生きてゆくことができそうですね。(^^)

浄化されたサソリーナを見たつぼみとえりかは、砂漠の使徒にも心があることを確信しました。この先、クモジャキーやコブラージャの心を、どんな風にプリキュアが救うのか楽しみになりました。

今回は、サソリーナの最期ということで、プリキュアよりも砂漠の使徒の描写に力が入っていましたね。これまで対立することが多かった3幹部ですが、最終決戦に向かうサソリーナにクモジャキーとコブラージャがダークブレスレットを差し出したりと、思わぬ友情も見せてくれました。
サソリーナの最期にはちょっと泣かされましたが、その後できっちりフォローもしてあったので、とてもよかったです。
久しぶりのマリン・メイン回は、なんとマリンタクトがスナッキーに奪われてしまいました!

ハートキャッチミラージュも得て、パワーアップしたプリキュア。そんなプリキュアたちに、妖精たちは何かお礼がしたいと考えます。ところが、コフレが帰宅するとえりかはいきなり変身したいと言います。何かと思ったら、マリンタクトの浄化能力を使って、部屋の掃除をしようとしていたのでした。(^^;

おまけにえりかは、部屋の掃除を手伝えと言います。堪忍袋の緒が切れたコフレは、とうとうマリンタクトを持って家出してしまうのでした。シプレのところに駆け込もうとすると、シプレはつぼみと仲良くやっていました。つぼみとシプレは、お互いに敬意を持ち合う仲良しさんなのでした。
そして、いつきとポプリはいつも一緒で仲良しです。今日は武道大会の応援に、ポプリもつきあうのだそうです。

植物園に行ったコフレは、そこでココロポットを見つめているゆりを見つけました。ゆりは今でもコロンのことを大切に思っていて、時々ココロポットを見てはコロンのことを思い出しているようです。
そんな自分以外の妖精が、ちょっとうらやましいと思うコフレだったのでした。

コフレが公園に行くと、そこではるみとはるかがシャボン玉で遊んでいました。コフレはマリンタクトを2人に貸して、みんなでプリキュアごっこをして遊ぶのでした。

その頃、砂漠の使徒の本拠地では、スナッキーがやる気になっていました。ところが、サソリーナは全くやる気がありません。怒ったスナッキーは、自分たちだけでプリキュアを倒そうと出撃したのでした。
スナッキーたちは、コフレたちがいる公園へと現れました。そして大事なマリンタクトを奪ってしまったのでした。

さらにスナッキーたちは、コフレたちに襲いかかります。それを救ったのは、えりかでした!
この時のえりかのスライディングキックがとっても格好良かったです。そして、久しぶりにえりか単独でのマリンへの変身シーンです。このところ端折った変身シーンが多かったので、懐かしくて新鮮な不思議な気分でした。

マリンはスナッキーと戦いますが、なんと戦いの途中でコフレとケンカを始めてしまいました。おまけにマリンタクトを奪われているので、必殺技も使うことができません。マリン大ピンチです!!!
調子に乗ったスナッキーは、マリンに対してマリンタクトを使おうとします。・・・しかし、マリンタクトを仕えるのはプリキュアだけだったのでした。(^^;

一気に形勢逆転したマリンでしたが、スナッキーはるみとはるかを人質に取りました。今度こそ大ピンチと思いきや、ブロッサムが乱入してきて、るみとはるかは救い出されたのでした。コフレのおかげでタクトを取り戻したマリンは、ブルーフォルテウェーブを使ってスナッキーを倒しました。それでもスナッキーは色が白くなっただけで逃げ帰っていきましたから、かなり丈夫なようですね。

そうそう。丈夫といえば、スナッキーの治療シーンには笑ってしまいました。スナッキーには、血ではなく砂が体の中に詰まっているんですね。体が破れて砂がもれても、テープで補修すれば大丈夫というお手軽な構造が笑えました。(^^;

そして、ようやくえりかとコフレはなかなおりすることができました。妖精使いが荒いえりかですが、コフレがいなくなった時はちゃんと心配していたようです。そして、普段口に出すことはありませんが、えりかはコフレのことを、とても大切なパートナーだと思っていたのでした。
そんなツンデレなえりかが、とっても可愛いお話でした。(^^)

次回は、いきなりサソリーナの最期!? とうとうプリキュアに浄化されてしまうのでしょうか!?
ハートキャッチミラージュを狙って、デザートデビルが放たれました。えりかたちは試練を乗り越えましたが、つぼみだけは手間取っています。果たしてつぼみは、試練を乗り越えることができるのでしょうか!?

アバンからいきなり黒ブロッサム登場です。ハートキャッチミラージュで作り出されたブロッサムなんで、キュアブロッサム・ミラージュというんですね。ちょっとダークな感じが昔のイース様を思い出させて、いつものブロッサムよりもこっちの方がいいかもと思ってしまいました。(^^;

マリンたちは、ブロッサムが試練を乗り越えるのを待ちますが、その間にもデューンが放った砂漠の種が地球へとやって来ます。その狙いは、ハートキャッチミラージュでした。
マリンたちは、ブロッサムが必ず合流してくれると信じて、先にデザートデビルとの戦いに向かうのでした。

その頃ブロッサムは、自分の弱い部分と向かい合っていました。変わりたいと願うブロッサムに、ブロッサム・ミラージュは変わらなくてもいいじゃない、と囁きます。しかし、その圧倒的な攻撃にもブロッサムは屈しませんでした。それは、自分を信じて待ってくれている仲間がいるからでした。

マリンたちは巨大なデザートデビルとの戦いに苦戦していました。今回笑ったのは、レーザービームでマリンのおでこが焼かれている場面でした。単に「あちち」で終わりかと思いきや、その後も焼かれたおでこから煙が出ていたり、焦げ後が残っていたりと、描写の細かさがよかったです。

そして、ついに試練を乗り越えたブロッサムがマリンたちに合流しました。いきなりスーパーシルエットかと思いきや、まずはサンシャインとムーンライトの合体フォルテウェーブ。それをマリンがいいな~と見ているのが、微笑ましかったです。そして続いてブロッサムとマリンもフォルテウェーブ。
これでデザートデビルは倒されたような気もしましたが、なぜかここでスーパーシルエットがお披露目。(^^; 鏡よ鏡のかけ声には笑ってしまいました。(笑)

ハートキャッチミラージュの力を借りて、ブロッサムたちは純白の衣装にチェンジ。ハートキャッチプリキュア・スーパーシルエットへとパワーアップしたのでした!!!
そしてすぐさま必殺技・プリキュア・ハートキャッチ・オーケストラを繰り出しました。これはキュアフラワーを思わせる巨大な女神(?)が敵を圧倒するという、なかなかインパクトのある技でした!

こうしてプリキュアは試練を乗り越え、デューンの放ったデザートデビルを倒したのでした。新たな力を手に入れて、プリキュアと砂漠の使徒との戦いもますます激しくなりそうですね。

今回、作画もきれいでけっこうよかったのですが、ブロッサムのパワーアップ話がぶつ切りになってしまったのが残念でした。ブロッサムが弱い自分も受け入れる場面は、お話のラストに持ってくるより、そのまま自然にお話の流れの中に入れた方がよかったような気がします。
砂漠の王・デューンは、地球に向けて砂漠の種を放ちました。そこから生まれるデザートデビルに対抗するため、プリキュアは再びプリキュアパレスへと向かい、試練を受けることになるのでした。

学園祭も終わり、つぼみたちは4人でお茶会を開いていました。ところが、そんな時空から巨大な隕石が降ってきました。それは砂漠の王・デューンが地球に向けて放ったものでした。
隕石の中から現れたのは、これまでのデザトリアンではなく、より強力なデザートデビルでした。プリキュア4人そろってのフォルテウェーブでなんとかデザートデビルを撃退したものの、本当の恐怖はその後にやって来たのでした。

今回のデザートデビルは、デューンの小手調べだったようです。デューンの城から放たれた砂漠の種が地球に到達すると、世界は砂漠に覆われて、人々の心の花も枯れ、心の大樹も力を失ってしまうのです。それを防ぐため、つぼみたちはハートキャッチミラージュの力を引き出して、パワーアップする決意をしたのでした。

その試練を受けるため、プリキュアは再びプリキュアパレスへと向かいました。そこで待っていたのは、それぞれが自分自身の影と戦うという試練でした。もう1人の自分、影の自分と戦うというのは、プリキュアでは定番のネタですが、黒ブロッサム、黒マリン、黒サンシャイン、黒ムーンライト、それぞれに味があってよかったです。

その中でも特に印象的だったのは、やはり黒ブロッサムと黒マリンでしょうか。いつものつぼみやえりかとは違って、ちょっと不良化してワイルドな感じになった黒キャラが、今までにない魅力がありました。

最初は自分自身の影と戦っていたマリンたちでしたが、最後にはその心の影も自分自身だと認めて受け入れました。そうして試練を一番最初に突破したのはマリンでした。最近ギャグキャラっぽくなってきたマリンですが、戦いのセンスというか潜在能力は一番高いのかもしれませんね。
そうして試練を突破したことで、プリキュアパレスにマリンの石像が生まれました。1/1サイズのこの石像、欲しいっ!と思った人も多かったのでは!?(^^;

そしてサンシャインとムーンライトも、自分たちの負の部分を受け入れて次々と試練を突破しました。ところが、ブロッサムだけはいまだに試練を突破することができません。さすがは史上最弱と呼ばれただけのことはあると思いつつ^^;、世界に危機が迫る今、ブロッサムは試練を突破することができるのでしょうか!?
・・・まあ、次回予告を見る限り無事に突破できるみたいですが。(笑)

ということで、いきなりのデューンの攻撃で物語に緊迫感が生まれました。砂漠の使徒とプリキュアの戦いは、この先どうなってゆくのでしょうか!?
いよいよ学園祭です。なんとファッション部は、演目の取りを務めることになってしまいました。

前回はこれまでに登場した様々なキャラが登場して楽しかったですが、今回は家族もやってきて前回よりもにぎやかなお話になりました。そんな中、ファッション部の出番が決まりました。いつもは軽音部が取りなのですが、今年は人気モデルのももかが出演するということもあって、なんとファッション部が取りを務めることになりました!

それを聞いて、緊張していたつぼみはさらに固まってしまうのでした。しかし、そんな時こそえりかの出番です。そのお気楽な性格で、あっという間につぼみの緊張を解きほぐしました。えりかのこういうところ、部長としてとっても頼もしいですね。(^^)

その頃、軽音部ではちょっとした問題が起こっていました。ボーカルを務める女の子2人、彩と真由が当日になってステージに立てないと言い出したのです。他の部員たちは、なんとか2人を説得しようとしますが、2人はそれを聞き入れてくれません。
それを知ったつぼみとえりかも、2人を説得しようとするのでした。

そして、とうとうステージが開演してしまいました。なんとかステージに立った彩と真由でしたが、大勢の観客にのまれてしまって歌うことができません。そこに乱入してきたのは、コブラージャでした。コブラージャは、弱った彩と真由の心の花に目をつけると、デザトリアンを生み出したのでした。

デザトリアンを浄化するため、つぼみたちはプリキュアに変身しました。いつの間にかゆりもやって来ているあたり、チームワークもできあがってきましたね。(^^;
今週もムーンライトの力は圧倒的でした。ムーンライトだけでデザトリアンを倒せそうでしたが、今週はブロッサムたちに花を持たせてくれました。サンシャインとブロッサム&マリンの必殺技で、無事にデザトリアンは浄化されたのでした。

この騒動で、軽音部のステージは中止になってしまいました。それを知ったえりかは、急遽企画を変更。ファッションショーに軽音部も参加してもらうことにしたのでした。いきなり決まった企画なのに、まるで最初から準備してあったかのように^^;ステージは素晴らしいものになりました。
そしてステージといえば、やはりメインはももかさん。人気モデルだけあって、会場の視線を一身に集めていました。こうしてファッション部と軽音部の合同ステージは、大成功に終わったのでした。

2回に渡った学園祭エピソードのクライマックスにふさわしく、ファッションショーのステージもとても盛り上がりました。彩と真由の声優さんは、OP主題歌とED主題歌を歌う池田彩さんと工藤真由さんが演じていました。歌が本業の2人だけあって、演技は今ひとつでしたが、メインの歌は大迫力でいい感じでした。(^^)
学園祭まで後わずか。つぼみやえりかは、その準備で大忙しです。

学園祭までの残り日数が少なくなりました。ファッション部のえりかは、もうパニックです!
そんな中、つぼみはまだ衣装合わせをしていないゆりを探して出かけました。ところが、ゆりはどこかへ行ってしまって見つかりません。学園の中をゆりを探して歩くつぼみでしたが、ゆりを探すどころかマンガを描いていた番君のモデルになったり、写真部のかなえに捕まったりして、なかなかゆりを見つけられません。

ただでさえ忙しいのに、そんな中クモジャキーがプリキュアを狙って学園に入り込みました。クモジャキーは、映画研究会の杉山君の心の花が弱っているのに目をつけると、デザトリアンを生み出したのでした。

突然のデザトリアンの出現に、学園はパニックです。みんなを誘導するために、いつきは生徒会長として生徒たちに校内放送で校舎に避難するように呼びかけます。そして、つぼみとえりかは避難する生徒たちの誘導です。隙を見てプリキュアに変身したいつぼみたちでしたが、番君やかなえが側にいて変身することができません。

そんな時現れたのは、キュアムーンライトでした!
ムーンライトは圧倒的なパワーと技の切れで、デザトリアンを寄せ付けません。それを見たクモジャキーは、ダークブレスレットの力でデザトリアンと融合しますが、パワーアップしたデザトリアンもムーンライトは簡単にあしらってしまったのでした。

・・・そんなわけで、今回はなんと他のプリキュアの出番はなし。(^^;
先週強烈な主役回でデビューしたムーンライトですが、それだけでは飽き足りずに、今回はたった1人プリキュアとして戦うという目立ちぶりです。これだけ強いと、もう本当に他のプリキュアはいりませんね。・・・というか、下手に他のプリキュアが登場しても足手まといなだけかも。(^^;

キュアムーンライトの活躍で、学園に平和は戻りました。そして、つぼみたちはようやくゆりに衣装を試着してもらうことができました。行方不明のゆりでしたが、彼女は衣装にあった靴を探していたようです。
次回は、いよいよ学園祭本番のようです。予告を見た限りでは、さすがに次回は他のプリキュアにも出番があるようです。(^^;
ついに復活したキュアムーンライト。その強さは、他のプリキュアを遥かに凌駕していました!

ココロポットに集めた心の種のおかげで、砕けたキュアムーンライトのプリキュアの種が復活しました。そして、ついにキュアムーンライトが復活したのでした。その強さは、圧倒的でした!!!
これまでブロッサムやマリン、サンシャインが苦戦してきたダークプリキュアとも互角以上に渡り合っています。

ということで、今回の前半はムーンライトとダークプリキュアの戦いがメイン。もうなんだか別のアニメみたいでしたね。(^^; そして、ブロッサムたちは脇役というより、もう完全に背景でした。(笑)

スタッフさんもこれではまずいと思ったのか、ブロッサムたちの戦う相手として3幹部が登場しました。3幹部は、ダークブレスレットの力でパワーアップしています。ブロッサムやマリンが苦戦するのはいつものことですが、なんとあの最強の盾を持つサンシャインまでもが苦戦!
サンシャイン初登場の時の、あの圧倒的な強さはどこへいってしまったのでしょうか!?(^^;

その頃、ムーンライトはダークプリキュアと激突中。しかし、ムーンライトの力を持ってしても、ダークプリキュアは強敵でした。一度はその攻撃に吹き飛ばされて、意識が飛びそうになります。しかし、そんなムーンライトの心にコロンが語りかけました。
そんなコロンの心の声が、ムーンライトに届きました。倒れたムーンライトは、再び立ち上がり、そしてついにダークプリキュアを撃破したのでした。

ダークプリキュアの出番も今回までかと思いきや、サバーク博士が現れてダークプリキュアを回収していきました。ダークプリキュアが言い残した、お前は私という言葉も気になりますし、今後の戦いはさらに激しいものになりそうですね。

ダークプリキュアを倒したムーンライトは、苦戦するブロッサムたちを援護。ダークプリキュアさえ屈服させたムーンライトに、3幹部ごときは敵ではありません。あっという間に3幹部を叩きのめしたのでした。
ブロッサムたちもこれではまずいと思ったのか、一応サンシャインとの連携必殺技で締めくくりましたが、今回の戦いを見る限り、ムーンライトさえいれば他のプリキュアいらないんじゃ・・・という疑惑は捨てきれません。(^^;

戦いが終わり、復活したムーンライトはその姿をコロンに見せます。それを見て安心したコロンの魂は、再び心の大樹へと取り込まれていきました。今回も出番は少なかったものの、石田彰さんの声もあって、コロンの男前ぶりと存在感が光りました。

今回はこれで終わりかと思いきや、ゆりをファッション部のファッションショーに参加させるという伏線が残っていました。ここでえりかの特殊能力が発動! なんと、えりかはその人の姿を見ただけでスリーサイズがわかる力を持っていたのです!!!
今回はこの驚きに全て持って行かれたような気がします。(^^; でも、どうせならゆりのスリーサイズを全国放送でお知らせして欲しかったです。(笑)

ということで、ようやくキュアムーンライトとその仲間たちがそろいました。(^^;
次回からの戦いがどうなるのか、とても楽しみです。
ハートキャッチプリキュア! キュアドール! キュアムーンライトついにキュアムーンライトの復活です!!!

何とかハートキャッチミラージュを手に入れることができたつぼみたち。彼女たちは、あらためて協力してくれたゆりに感謝するのでした。しかし、ゆりはいまだにプリキュアになることができません。その原因は、ゆりの心の花がしおれてしまっていることにあるようです。

そして薫子さんから、ついになぜゆりの心の花がしおれてしまったのかが明かされました。ゆりは植物学者のお父さんが失踪してしまい、寂しい日々を送っていました。そんな時、妖精のコロンと出会いました!
コロンの声、なんと石田彰さんでした! これまでの可愛い系の妖精と違い、男前な感じがいいですっ!

コロンと出会ったゆりはキュアムーンライトとなって、たった1人で戦ってきたのでした。ところが、ダークプリキュアとの戦いの時、ムーンライトの前にサバーク博士が現れました。それでもムーンライトは1人で戦い続けようとします。
そんなムーンライトをサバーク博士が攻撃。その攻撃が直撃かと思った時、ムーンライトをかばったのはコロンでした。そのおかげでムーンライトは助かりましたが、コロンは命を落としてしまったのでした。

その話を聞いて、つぼみたちはすぐにゆりの後を追いかけました。こういう時、えりかの行動の素早さ、思ったことはきちんと口にする性格はいいですね。
そんなつぼみたちの素直さに触れて、ようやくゆりの心も少し和らいだようです。

そんな時、心の大樹に異変が起こりました。ハートキャッチミラージュで心の大樹を見てみると、なんとそこには死んだはずのコロンの姿がありました。それを知ったゆりは、ミラージュの力を使って心の大樹へと向かいました。ところが、ゆりに異変が起きていることを知ったダークプリキュアが、ゆりを狙ってやって来たのです。
ゆりをコロンに会わせるため、つぼみたちはプリキュアに変身して戦うのでした。

心の大樹でゆりは、ころんと再会することができました。しかし、それは残念ながらコロンの魂だけでした。心の大樹の力を持ってしても、失われた体を復活させることはできなかったようです。
ゆりはコロンに謝ります。しかし、コロンはゆりがあくまで1人で戦おうとした理由をちゃんと知っていました。
ゆりはプリキュアとして戦う辛さを、他の人に味わって欲しくなかったのです。

その頃、ダークプリキュアと戦うブロッサムたちは大苦戦していました。3人そろっての必殺技・シャイニングフォルテッシモを放つも、ダークプリキュアにはその攻撃は届きませんでした。心の大樹にいたゆりは、そんなブロッサムたちの苦境を知りました。そして、ゆりが心からもう一度プリキュアになりたいと願った時、奇跡が起きました!

ココロポットの心の種の力を借りて、壊れたゆりのプリキュアの種が復活したのです。ダークプリキュアの前に現れたゆりは、そしてついにキュアムーンライトとして復活したのでした!!!
ここで次回に続く流れは、サンシャインの時と同じだな~と思いつつ、華麗なキュアムーンライトと変身シーンには圧倒されてしまいました。次回、復活したムーンライトがどんな活躍を見せてくれるのか楽しみです!(^^)

今回は、とにかく涙、涙のお話でしたね。それまであまり感情を表にみせなかったゆりが、今までになくいろいろな表情を見せてくれたのが、とても印象的でした。これまではサンシャイン強化月間が続いていましたが、ここからはきっとムーンライト強化月間になるんでしょうね。(^^;
ハートキャッチプリキュア! ハートキャッチミラージュパワーアップした砂漠の使徒に対抗するため、つぼみたちがハートキャッチミラージュを手に入れるお話でした。

アバンはいきなり、プリキュアとデューンの最終決戦です。しかしデューンの攻撃の前に、プリキュアは敗れようとしていました。・・・と思ったら、それはつぼみのお祖母さん・薫子さんの見た夢でした。(^^;
薫子さんがこんな夢を見るほど、デューンは強敵のようですね。

前回の戦いで苦戦したつぼみたちは、パワーアップを考えていました。そんな時、昔キュアフラワーが使った無限の力を引き出すアイテム、ハートキャッチミラージュの存在を知ったのでした。薫子は、つぼみたちがそれを手にするのはまだ早いと引き留めようとします。しかし、つぼみたちの決意は固く、薫子はハートキャッチミラージュが置かれているプリキュアパレスへの道を示すのでした。

かって、キュアフラワーはデューンに勝つことはできなかったものの、ハートキャッチミラージュから限界を超えた力を引き出して、なんとか戦いを引き分けに持ち込むことができました。しかし、その時の戦いが原因で、薫子はキュアフラワーに変身することができなくなってしまったのでした。

プリキュアパレスに行っても、それだけでハートキャッチミラージュが手に入るわけではありません。それを手にする心の強さがあることを証明するために、厳しい試練を受けなければならないのです。このあたりの展開、なんとなく魔法騎士レイアースを思い出しました。(^^;
そこでプリキュアを待っていたのは、なんとかってのキュアフラワー・薫子でした。しかし、薫子はつぼみと戦うことできないからと、戦いを別の人物にゆだねました。

その人物こそ、これまでプリキュアの危機を救ってくれた謎のイケメンさんだったのでした。
戦いの前に、ブロッサムがイケメンさんを慕っていたことを告白してしまったのには大笑いしました。いつきに惚れてしまった時もそうですが、基本的につぼみはイケメンさんに弱いみたいですね。(^^;

そして激しい戦いが始まりました。プリキュアは必死に戦いますが、その攻撃はことごとくイケメンさんに防がれてしまいます。そして、これまで無敵の強さを誇ったサンシャインのサンフラワー・イージスの弱点さえイケメンさんは指摘してみせたのでした。この盾は、前方からの攻撃には無敵の強さを誇りますが、サイドのガードが甘くなるのでした。

しかし、それでもプリキュアは諦めません。何としてもハートキャッチミラージュを手に入れるために、シプレたちの応援を受けて再びイケメンさんに立ち向かうのでした。
そしてプリキュアが取った作戦は、防御力の甘さを指摘されたサンシャインのサンフラワー・イージスを囮にすることでした。サンシャインを攻撃するために、イケメンさんがサイドに回ってきたところを、待ち構えていたブロッサムとマリンが攻撃したのです!

それが決め手となって、ついにプリキュアはイケメンさんを倒すことに成功したのでした。倒された時に、それまで無口だったイケメンさんが「強くなったな・・・」と言葉をかけてくれるのもよかったですね。
そして、そのイケメンさんの正体が明かされました。予想されていた方も多かったですが、なんとイケメンさんの正体はコッペ様でした!!!

こうしてプリキュアは、新たな力・ハートキャッチミラージュを手に入れたのでした!
次回は、いよいよゆりがキュアムーンライトとして復活するようです。どんなお話になるのか、楽しみです!

今回は、砂漠の使徒やデザトリアンとの戦いはなく、お話がプリキュアのパワーアップに絞り込まれていたのがよかったです。これまで謎だった、イケメンさんの正体も明かされて、お話が盛り上がりました。(^^)
そうそう。プリキュアパレスには多くの像が飾られていましたが、あれが全て歴代のプリキュアなんですかね。フレッシュプリキュアのイース様ではありませんが、思わず「プリキュアは何人いるんだ!?」と言いたくなりました。(笑)
つぼみたちが、ゆりの妖精が失われたことを知るお話でした。

アバンは、いきなりサソリーナとの戦いから。でも、サソリーナさん、今ひとつやる気が感じられません。そんな時、サソリーナは砂漠の使徒の本拠に花が咲いているのを見つけるのでした。プリキュアが心の大樹を元気にしたことで、とうとう砂漠の使徒の本拠まで心の花が復活しようとしているのでしょうか!?

つぼみたちはファッション部のミーティング中。学園祭に向けて気合いを入れていますが、今ひとつ目玉がないことに気がついたえりかは、さらにイベントを盛り上げる企画を求めます。予想されたことではありましたが、現役の人気ファッションモデルであるももかと、その友人のゆりをゲストとして招くことを思いつきました。

早速つぼみとえりかは、ももかとゆりに出演交渉です。ももかは乗り気でしたが、ゆりは新しい自分というテーマを聞いて尻込みしてしまいました。この時の、ももかにかまわれているえりかが可愛かったですね!(^^)
そしてつぼみは、お祖母さんとゆりの会話から、ゆりの妖精が失われたことを知ってしまったのでした。

その頃、サバーク博士はデューンからプリキュアを倒せないことを責められていました。そこでサバーク博士は、デザトリアンの力を強化するために、3幹部にダークブレスレットを授けたのでした。
ちょっと変な感じだったサソリーナも、新アイテムを手に入れたことで復活。これまでのサソリーナは、サンシャインの攻撃を受けて浄化されそうになった影響が残っていたのでした。

今回のサソリーナのターゲットは、ゆりに勉強でどうしても勝つことができない才谷君でした。サソリーナは、そんな才谷君の弱った心の花から、デザトリアンを作り出したのでした。シプレたちの知らせでそれを知ったつぼみたちは、プリキュアに変身してゆりのところに駆けつけました。
今回一番格好良かったのは、デザトリアンを校舎から引き離しながら、遅れてきたプリキュアたちにゆりが「遅いわよ」とたしなめる場面でした。ゆりはいまだに心を閉ざしていますが、この行動を見るともはやプリキュアの仲間ですよね!

そして例によって、プリキュアとデザトリアンの戦いです。しかし今回は、ダークブレスレットの力を借りて、デザトリアンがパワーアップしています。目つきが変わったデザトリアンは、いつもより2割増しくらい悪そうです。そんなデザトリアンにプリキュアは苦戦しますが、プリキュアをかばったのは妖精たちでした。
再び妖精が失われるのではないかという恐怖にゆりはおびえますが、それでもシプレたちは引きません。彼らもプリキュアと一緒に戦っていたのです。

そして早朝からいつきの道場で特訓していた成果が出ました。これまでのブロッサムとマリンのフローラルパワー・フォルテッシモにサンシャインの力を加えてパワーアップ! その力でプリキュアは強化されたデザトリアンを浄化することに成功したのでした。

ゆりはまだ心を閉ざしています。しかし、今回の戦いを経てゆりも少しずつ変わろうとしているようです。
最初はファッションショーに参加することを拒否していたゆりでしたが、最後にはようやく出演することを受け入れてくれたのでした。

次回はプリキュアのパワーアップ話みたいですが、予告にいきなりキュアムーンライトが登場していました!
まさかとは思いますが、一気にキュアムーンライトが復活してしまうのでしょうか!?

今回から、ゆりにスポットが当たって物語が動き始めました。面白くはなってきたのですが、ゆりが妖精を失った悲しみが、つぼみのお祖母さんとの会話だけですまされてしまったのがちょっと残念でした。そのせいか、今ひとつゆりの悲しみに共感できませんでした。
わがままを聞いてもらえなかったポプリが、家出してしまうお話でした。

夏休みも終わり、いつきたちは学校があります。ところがポプリは、いつきと一緒に遊びたいといって聞きません。なんとかポプリを説得しようとしたいつきでしたが、怒ったポプリはいつきの前から飛び去ってしまったのでした。

ここでいつきがつぼみたちと一緒にポプリを探すのかと思いきや、学校を優先させてシプレとコフレがポプリ探しをすることになりました。学校を優先するあたり、教育的配慮が行き届いているなあと思いました。(^^;

公園へとやって来たポプリは、そこではるかちゃんという幼稚園児に見つかってしまいました。はるかちゃんも、お父さんとお母さんが遊んでくれないことに腹を立てて、家出してきていたのでした。
最初は楽しく公園で遊ぶポプリとはるかでしたが、やがて雨が降り出してしまいました。

雨の中、いつきは傘もささずに必死にポプリを探しています。そんなポプリを見つけたのは、ももかを送ってきたゆりでした。ゆりはポプリとはるかの話を聞いて、2人に家に帰るようにすすめたのでした。

そんな時、クモジャキーに化粧品を捨てられて怒り狂ったコブラージャが現れました。コブラージャは、はるかちゃんを心配するお母さんの心から、デザトリアンを生み出してしまったのでした。

その頃、ようやくいつきはポプリたちと合流していました。さんざん心配をかけたポプリを怒るかと思いきや、いつきはポプリの気持ちを考えなかった自分の至らなさを謝ったのでした。ずぶ濡れになって自分を探していたことに気づいたポプリは、泣きながらいつきに謝るのでした。(/_;)

そんな、いつきたちをデザトリアンが攻撃してきます。いつきはキュアサンシャインに変身して戦いますが、一瞬の隙を突かれてデザトリアンはポプリたちに襲いかかってしまいました。それを食い止めたのは、最近ますます影が薄くなってきたブロッサムとマリンでした。(^^;
3人のプリキュアが力を合わせて技を連発、デザトリアンは無事浄化されて、はるかちゃんのお母さんが帰ってきました。

お母さんが自分を心配していたことを知って、ようやくはるかちゃんもお母さんに謝ることができました。
はるかちゃんの声、どこかで聞いたことがあると思ったら皆口裕子さんでした。お母さん役を演じられることも多い皆口さんだけに、今回の子供役の声はちょっと苦しかったかも・・・。(^^;

今回は、ポプリが家出してしまうという、プリキュアでは定番的なお話でした。それにゆりが加わることで、今までとはちょっと違った味付けのお話になっていました。
いいお話だったのですが、はるかのバックグラウンドがやや説明不足だったせいか、はるかとお母さんが抱き合う場面の感動が今ひとつになってしまったのが惜しかったです。

いつきとゆり、というかサンシャインとムーンライトは今回が初顔合わせでした。ここでゆりの出番が来たということは、そろそろゆりの復活も近いのでしょうか!?
サンシャインの登場で脇に追いやられたブロッサムとマリンですが、ムーンライトが登場したらますます出番が減りそうですね。(^^; 今回は、つぼみとえりかも完全に脇役でしたし・・・。
夏休みの目標。つぼみの目標は、自分のデザインした服を自分の手で作り上げること。そして、同じクラスの林君の目標は、自転車で京都から東京までを走破することでした。

今日は、自転車で旅行している林君が帰ってくる日です。つぼみは、それを待ちながら学校で自作の服を作っています。しかし、なかなか難しくて自分1人で作り上げるのはたいへんです。それでも、つぼみは諦めずにがんばるのでした。そんな時、林君が帰ってきました。みんなに褒め称えられる林君でしたが、その表情は少し暗いです。そんな林君に、つぼみは自作の金メダルをプレゼントするのでした。

みんなに取り囲まれて、最初は楽しそうに旅行の思い出を話していた林君。でも、なんだか苦しそうです。
実は林君は、今回の旅行を自転車で完走できなかったのです。箱根の坂の途中で挫折して、バスを使ってしまったのです。しかし、それをみんなに正直に話すことができなくて、林君は苦しむのでした。
心の苦しみに耐えかねた林君は、つぼみからもらった金メダルを返して、学校から立ち去ったのでした。

そんな林君に目をつけたのが、今回も赤ふんで登場のクモジャキーです。(^^;
クモジャキーは、弱った林君の心の花からデザトリアンを生み出したのでした。それに気づいたつぼみたちは、プリキュアに変身して戦います。今回のデザトリアンもかなり強力で、ブロッサムとマリンは苦戦しますが、それをサンシャインがきちんとバックアップ。サンシャインの必殺技でデザトリアンが浄化かと思いきや、ブロッサムに活躍の余地を残す配慮をみせます。いろんな意味で、サンシャインはできた子ですね。

こうして林君の心の花は、無事に取り戻せました。そして林君は、つぼみたちに本当のことを打ち明けたのでした。さらに林君は、みんなに非難されることを承知で、本当のことを打ち明けました。
林君が途中で挫折していたことを知って、一部には非難の声もあがりましたが、そんな林君をつぼみはかばいました。そして、林君の本当のことを打ち明けられる勇気に、あらためて金メダルを送ったのでした。(^^)

そして林君は、再度箱根の坂に挑戦しています。つぼみからもらった金メダルに励まされて、今度は目的を達成できるといいですね。

今回は、つぼみの新作衣装が披露されました。お花畑をモチーフにした、明るいドレスですね。
林君にも指摘されていましたが、引っ込み思案なつぼみのイメージとちょっと違うと思ったら、つぼみはこの服を着ることで言いたいことをきちんと言えるようになりたかったようですね。
夏休みの宿題が気がかりで、心の花が弱った子供たちを利用して、コブラージャが大量のデザトリアンを生み出して攻撃してくるお話でした。

夏休みまっさりです。子供たちは、宿題を忘れて、遊びに夢中になっています。そしてお母さんから怒られる。全国どこでも見られる、よくある光景です。しかし、コブラージャはその瞬間を狙っていたのでした。夏休みの宿題が気がかりで心の花を弱らせた子供たちから、大量のデザトリアンを作り出したのでした。

夏休みでだれているのは、子供たちだけではありませんでした。なんと、えりかもすっかりだれきった生活を送っていたのでした。(^^;
夜は遅くまで夜更かしして、翌日目を覚ますのはお昼過ぎ。おまけに食欲がないからと、冷たいものばかり食べています。

そこへ、つぼみといつきがやって来ました。えりかは2人に言われて、生活を立て直そうとしますが、えりかの心の天使より、誘惑の悪魔が勝利したのでした。そして3人は、図書館へと出かけることになりました。その帰り道、3人は周囲の様子がおかしいことに気がつきました。
コブラージャにデザトリアンに変えられて、公園から子供の姿が消えていたのです!

つぼみたちがそれに気づいた時、大量のデザトリアンが襲いかかってきました。つぼみたちはプリキュアに変身してそれを迎え撃つのでした。・・・ところが、だらけた生活が原因で、今ひとつマリンの動きが悪いです。
おまけに、子供たちが抱える悩みは、マリンの悩みでもありました。コブラージャの学校を破壊すればいいという提案にも、思わずマリンも乗りかけてしまいます。(^^;

しかし、そこは正義のヒロイン。なんとかギリギリのところで踏みとどまりました。そしてパワー不足を、心の種で補って、巨大化したデザトリアンに必殺のおでこパンチを炸裂させました!(このおでこパンチ、マリンよりもおでこちゃんなブロッサムがやった方が効果的な気がしました^^;)

そしてマリンの必殺技がデザトリアンに炸裂します。しかし、巨大化したデザトリアンには、マリン1人の力ではパワー不足です。そこにブロッサムとサンシャインの援護が加わって、ようやくデザトリアンを浄化することに成功したのでした。

こうして子供たちの危機は去りましたが、去り際にコブラージャがだらけている子供はデザトリアンにしてしまうぞと脅していったのが、子供番組らしくてよかったです。
正気を取り戻した子供たちは、夏休みでも学校に先生がいることを知りました。そして、みんなで学校で宿題をすることにしたのでした。

そして、つぼみやいつきに教わって、えりかも宿題をこなします。だらけたえりかも可愛かったですが、やはりえりかは一生懸命がんばっている姿がより可愛いですね。(^^)

つぼみたちは、お祖母さんの薫子さんと一緒に、以前住んでいた鎌倉へとやって来ました。今回は、薫子さんと空さんの馴れ初め。つぼみに片思いするみつる君と、恋がいっぱいで楽しいお話でした。(^^)

つぼみは、えりかといつきを連れて鎌倉の実家へと帰ってきました。今回はお祖母さんの薫子さんも一緒です。
アバンからいきなり薫子さんの衝撃の過去が明らかになりました。なんと、若い頃の薫子さんは史上最年少で空手大会で優勝していたのでした!
てっきり花咲家は戦闘には不向きな家系かと思っていましたが、意外と潜在能力は凄いのかもしれませんね。(^^;

実家へ帰ってきて早々、つぼみの前に幼なじみの男の子・みつる君が現れました。花咲さんは全く気がついていませんが、このみつる君かなりつぼみのほの字のようです。一緒にいるいつきを男だと思い込んだみつる君は、ちょっと不機嫌です。えりかだけは、そのあたりの微妙な機微に気がついて、1人にやけているのが笑えました。

実家の掃除をしていたつぼみは、お祖父さんの空さんの写真を見つけました。それをきっかけに、つぼみたちは薫子さんと空さんの馴れ初めを聞くことになったのでした。
若い頃の薫子さんは、空手一直線の空手バカだったようです。試合に向けての特訓で、山ごもりまでしていました。でも、たった1人で山の中にいる寂しさに耐えきれずに、山から下りようとするのでした。

そんな時、薫子は暗闇の中から流れてくるチェロの音を耳にしました。音に誘われるように空の山小屋へやって来た薫子は、そこで空と運命的な出会いを果たすのでした。そこでチェロの演奏を聴かせてもらった薫子は、オルゴールをプレゼントとしてもらいました。そのオルゴールのおかげで、薫子は山ごもりの寂しさに耐え、空手大会で優勝することができたのでした。

その思いでのオルゴールは、薫子からつぼみに受け継がれたようです。しかし、引っ越しの時にその大切なオルゴールは、どこかに消えてしまったのでした。
そのオルゴールを持っていたのが、みつる君でした。みつる君は、引っ越しの時につぼみが落としていったオルゴールを拾ってくれていたのでした。

このみつる君、幼い頃からつぼみのことが大好きだったようです。いつもつぼみを影から見守っては、何かとつぼみのことを助けてくれていたのでした。しかし、鈍いつぼみはみつる君が自分に好意を持っているとは全く気がついていません。(^^;

空さんは山の中に、薫子さんとの約束でラベンダー畑を作っていました。しかし、その場所を薫子さんに教えることなく亡くなってしまったのでした。それを、なんとみつる君が見つけてくれました。それを知ったつぼみたちは、みんなでラベンダー畑を目指します。みつる君は、それをきっかけにつぼみにオルゴールを返したいと思っていました。しかし、いつきがつぼみを助けているのを見て、先に1人だけ駆け出してしまいました。

そんなみつる君を狙ったのは、サソリーナでした。前にサンシャインの攻撃を受けて浄化されそうになったサソリーナですが、なんとか自分を取り戻したようです。いつもは結っている髪を下ろして、今回は大人の女性の魅力もちょっぴり見せてくれました。(^^;

みつる君の心の花から生まれたデザトリアンを浄化するため、つぼみたちはプリキュアに変身して戦うのでした。
相変わらず変身シーンでは、ややサンシャインがプッシュされています。つぼみとえりかの変身シーンもけっこう好きなので、そろそろフルバージョンが見たいような気もします。
デザトリアンはオルゴールの音色を使って、プリキュアたちを眠り込ませようとしますが、サンシャインの攻撃でそれを跳ね返しました。最後はブロッサムの必殺技でデザトリアンを浄化して、みつる君の心の花を無事に取り返すことができたのでした。

みつる君が目を覚ますと、そこはつぼみの膝枕。サソリーナに襲われたのは不幸でしたが、その後にこんなラッキーが待っていてよかったですね。みつる君の思いは、まだつぼみに届きませんが、つぼみにオルゴールを返したみつる君の姿が、薫子さんと空さんの馴れ初めに重なって見えました。
もしかして、つぼみの将来のお相手はみつる君に確定ですか!?(^^;

今回は、つぼみたちのピンチに助けてくれる謎の青年について少し謎が解けました。あの謎の青年は、つぼみのお祖父さん・空さんの若き日の姿でした。しかし、もう亡くなっているはずの空さんが、なぜ若い頃の姿でつぼみたちを助けてくれるのでしょうか!? このあたりの謎がどう解き明かされるのか、それが楽しみです。

今回は薫子さんの過去に、つぼみの恋バナと盛りだくさんな内容でしたね。それぞれに楽しかったですが、盛りだくさんすぎて、薫子さんのエピソードもつぼみのエピソードもどちらもちょっと中途半端になってしまったのが残念でした。
ファッション部の合宿が続いています。いつきと仲良くしたいなおみですが、いつきの前へ出ると何も言えなくなってしまいます。そんなモジモジしたなおみが、ちょっと可愛かったです。(^^)

アバンは、海で水遊びするファッション部員たち。せっかく海があるのに、水着は持ってこなかったんですね。(^^;
お互いに水をかけあうつぼみとえりかが、ちょっと恋人同士に見えたり・・・。(笑)

ずっとデザインを考え続けたせいか、部員たちはアイディアに詰まってしまいました。早速えりかは、気分転換を主張しますが、副部長のつぼみは夜に花火をする予定だからと反対します。しかし、別荘の裏の池に珍しい花があると聞くと、つぼみはあっさりと気分転換に同意したのでした。(^^; 花好き娘を操るのは簡単ですね。(笑)

池までの道すがら、つぼみはなおみと話をしました。そこでなおみは、いつきと仲良くなりたいけれど、いつきの前に出ると硬直してしまうと悩みを打ち明けました。それを聞いたつぼみは、何とかしてあげたいと思いますが、えりかに相談したために大失敗。えりかの強引なやり方に、なおみは怒ってしまったのでした。

その頃、クモジャキーは先週に続いて海辺で特訓中です。そんなクモジャキーには付き合えないと、コブラージャはさっさと退散してしまいました。サソリーナさんは、先週サンシャインに浄化されそうになったこともあって、いまだにまったりしています。
新必殺技を編み出したクモジャキーは、1人でプリキュアと勝負しようとするのでした。

そんなクモジャキーに目をつけられたのが、いつきと友達になれずに悩むなおみでした。そして、なおみの心の花を奪い取り、デザトリアンを生み出したのでした。
それを最初に見つけたのは、なおみを追ってきたいつきでした。いつきはプリキュアに変身して、デザトリアンを迎え撃つのでした。

今回の変身シーンは、またしてもサンシャインのみ。もうブロッサムやマリンは、砂漠の使徒のスナッキーとたいして変わりがありません。(^^;
一応ブロッサムとマリンもサンシャインと一緒に戦ってはいますが、2人はもう単なる背景にしか見えません。(笑)

スタッフさんもこれではまずいと思ったのか、サンシャインがデザトリアンを浄化した後のクモジャキーとの戦いではブロッサムとマリンががんばります。クモジャキー渾身の新必殺パンチは、ブロッサムの攻撃であっさり受け止められました。続くマリンの攻撃に、クモジャキーはあっさり逃げ出してしまいました。
クモジャキーはブロッサムとマリンが強くなったようなことを言っていましたが、クモジャキーの相手はブロッサムとマリン程度で十分と印象づけられただけだったような・・・。(^^;

戦いが終わり、目を覚ましたなおみは、ようやくいつきに自分の気持ちを打ち明けることができました。そして、なおみはやっといつきのことを生徒会長ではなく、いつきさんと呼ぶことができたのでした。
そして夜は花火大会です。いつきがなおみが浴衣に着替えるのを手伝ってあげると言っていたので、着替えシーンがあるかと思ったら、さすがにありませんでした。(^^; けっこう百合展開がありそうだったのに、今ひとつ百合成分が少なくてちょっと残念でした。(笑)

次回は若き日のキュアフラワーが見られるようです。チェロを弾いていた青年って、これまでブロッサムたちを助けてくれたあの青年ですかね!?
つぼみとえりかに誘われて、いつきがファッション部の夏合宿に参加するお話でした。

さつきの手術の経過は順調なようです。そんな時、いつきの前につぼみとえりかが現れました。この2人、プリキュアになったとたん、いつきのことを生徒会長から「いつき」と呼び捨てです。(^^;
えりかが強引に誘って、いつきもファッション部の合宿に参加することになりました。

サンシャインが加わったことで、OPが微妙に変更されました。今のところメンバーに加わったのはサンシャインだけなのですが、なぜか当然のような顔をしてムーンライトも加わってます。(^^; 将来ムーンライトも加わるよ~という思いっきりのネタバレですね。(笑)

ということで、えりかのお母さんが知り合いから借りた別荘で、ファッション部の合宿が行われることになりました。いきなりいつきが参加することになって、ファッション部のメンバーはびっくりです。
久々登場のななみ。今回は妹は保育園のお泊まりということで不参加。そして、としこ、るみこ、なおみの3人娘も登場です。憧れの生徒会長が合宿に参加することになり、なおみは何か言いたいことがあるようですが、もじもじしていて何も言えません。これが今回の伏線かと思いきや、次回の伏線でした。

最初は生徒会長と一緒に合宿することになって、緊張しているメンバーでしたが、いつきが私服に着替えたことでみんなようやくリラックスすることができました。

その頃、砂漠の使徒の3幹部も合宿中でした。クモジャキーの赤ふんが長々と風にたなびいていたのが印象的でした。そんな3人が合宿していたのは、なんとつぼみたちと同じ海岸だったのでした。
夜中にコブラージャが単独で攻撃を仕掛けるかと思いきや、月がとってもきれいだからということで、何もせずに帰って行きました。

そして早朝、つぼみとえりか、いつきはプリキュア合宿です。変身前の基礎体力が向上することで、プリキュアに変身した時の戦闘力もあがるということでマラソンです。えりかはけっこう体力があるようですが、つぼみはバテバテ。そんな3人の前に、今回は砂漠の使徒の3幹部が現れました。

3人はプリキュアに変身して、それを迎え撃ちます。今回の変身シーンは、前回よりは3人バージョンといった感じになっていましたが、基本的にサンシャインがプッシュされているのは変わりないですね。もう少し3人が融合した形の変身シーンも見てみたいものです。・・・それとも、それはムーンライトが加わって4人バージョンになるまでお預けでしょうか!?

戦闘は、ブロッサムとコブラージャ、マリンとクモジャキー、サンシャインとサソリーナの戦いです。マリンとサンシャインは互角に渡り合っていますが、ブロッサムは押され気味です。そこでココロパフュームで素早さをアップさせて対抗します。そしてブロッサムの新必殺技・全部パンチが炸裂です。・・・といっても、単なる体当たりなんですけど。(^^;

戦闘力の高いサンシャインに、サソリーナは苦戦。髪の毛を触手のように使ってサンシャインを緊縛します。しかし、サンシャインはそれをあっさり引きちぎると、シャイニータンバリンでゴールドフォルテバーストを決めにかかります。このままサソリーナは浄化されて、今回で退場かと思いきや、すんでのところでコブラージャとクモジャキーに助けられました。
サンシャインが加わった今、ダークプリキュアならともかく3幹部ではプリキュアの敵ではない感じですね。

そしてEDは、なんとサンシャインだけでなくムーンライトも加わってのダンスに変更されました!
3人バージョンのダンスが見たかったような気もしますが、将来ムーンライトも加わることを考えるとやむを得ないですね。でも、相変わらずクオリティは高いです!(^^)

次回も合宿のお話が続くようです。今度はなおみの心の花が狙われそうですね。
ハートキャッチプリキュア! シャイニータンバリンキュアサンシャインの登場。そして、心の大樹がつぼみたちの前に現れました!

キュアサンシャインの登場でOPやEDが変わるかと思いきや、まだ変更はありませんでした。でも、いずれ変更されるでしょうから、どんな風に変わるか楽しみですね。

金色に輝くプリキュア、キュアサンシャインのパワーは圧倒的でした。卓越した戦闘能力でデザトリアンを圧倒、新アイテム・シャイニータンバリンの宣伝もそつなくこなして、見事にデザトリアンを浄化したのでした!
それをブロッサムとマリンは見ているだけ・・・。主役の座がかなり危なくなってきました。(^^;
そして、手術の恐怖に立ち向かう勇気を取り戻したさつきは、いつきのところに帰ってきたのでした。

3人目のプリキュアが現れたことで、心の大樹からつぼみたちに呼び出しがかかりました。どうやって心の大樹のところまで行くのかと思いきや、なんとシプレたちが空飛ぶマントに変身したのでした。あっさり適応して楽しく空を飛ぶえりかとは対照的に、史上最弱のプリキュアと呼ばれたつぼみは、マントの扱いも苦手のようです。おまけに高所恐怖症。せっかくの新アイテムが泣いてますね。(^^;

でも、新アイテムのマントを、変身前のつぼみたちが使う場面はちょっといい感じでした。プリキュアに変身しなくてもマントの力は使えるって便利ですよね。
そしてつぼみたちは、厚い雲に覆われたラピュタ^^;・・・もとい心の大樹の元へとたどり着いたのでした。心の大樹は、少しずつ蕾をよみがえらせていました。

しかし、そんなつぼみたちの後をダークプリキュアがつけていたのです。キュアサンシャインが登場したばかりだというのに、いきなりダークプリキュアとの戦いが始まってしまいました。
今回の変身シーンでは、キュアサンシャインがメイン! ブロッサムとマリンは完全に脇へ追いやられています。(笑)

情け容赦なく心の大樹を攻撃するダークプリキュアに、ブロッサムがきれますがその攻撃ピンクフォルテウェーブはダークプリキュアに傷1つつけることができないのでした。そして、使えるプリキュア、キュアサンシャインの登場です。しかし、サンシャインの能力を持ってしても、ダークプリキュアは強敵です。

そこで、サンシャインとブロッサム&マリンの連携技が炸裂!!!
これで決まりかと思ったら、その攻撃さえもダークプリキュアはしのいでみせました。ところが、この攻撃はサンシャインの時間稼ぎでした。心の大樹にバリアを張り巡らせて、逃げる時間を稼いだのでした!
ダークプリキュアを倒すことはできませんでしたが、サンシャインが加わったことで、初めてダークプリキュアを出し抜くことができました!!!

そして、さつきの手術は無事に成功。これで心配がなくなって、これからはいつきもプリキュア活動に専念することができそうですね。・・・ということで、次回はさっそくファッション部と行動を共にすることになるようです。

今回もキュアサンシャインのかっこよさが光っていました!
デザトリアンとの戦いで見せた華麗な戦いぶり、そしてブロッサムとマリンが変身解除まで追い込まれたダークプリキュアの攻撃を見事に防御してみせました。その一方で、先輩のブロッサムとマリンの見せ場を作るのも忘れない細かな配慮。本当にサンシャインは使える子ですね!(^^)
ハートキャッチプリキュア! キュアドール!キュアサンシャインいよいよキュアサンシャインの登場です!!!

いつきと出会ったポプリは、いつきに一目惚れです。いつきが新しいプリキュアだとポプリは言いますが、まだ証拠はありません。つぼみやえりかには、単にポプリが面食いでいつきが気に入っていると思われています。
そこで、本当にいつきが第3のプリキュアなのか確かめるために、つぼみたちはいつきのところに向かいました。

ところが、いつきは元気がありません。なぜかと思ったら、お兄さんのさつきが入院していたのでした。さつきが体調を崩したのかと思いきや、そうではなくて手術すれば元気になれるらしいです。
しかし、いつきが沈んでいたのは、さつきに元気がないからでした。

実はさつきは、手術への不安におびえていたのでした。しかし、手術を心待ちにしている家族に、手術を受けるのが怖いとは言い出せずに悩んでいたのでした。そんな心の隙間をサソリーナに狙われてしまいました。さつきの心の花から、デザトリアンが生まれてしまったのでした。

それを知ったつぼみとえりかは、プリキュアに変身して迎え撃ちます。しかし明堂院流武道の心得のあるさつきから生まれたデザトリアンは、これまでにない強敵だったのでした。その圧倒的な力の前に、ブロッサムとマリンは倒れてしまいました。
そんな2人を守ろうとしてくれたのは、なんと生身のいつきでした。そんないつきの心に反応したのがポプリでした。いつきのみんなを守りたいという気持ち、それはポプリの思いでもあったのです。

そして、ついにキュアサンシャインの誕生です!
つぼみとえりかの変身とは違って、可愛さの中にかっこよさもある変身シーンでした。変身するとツインテールになる、サンシャインという名前に合わせてかヘソ出しファッションになるなど、見所がいっぱいでした!(^^)

こうして生まれたキュアサンシャインは、武道の達人のいつきが変身しただけに、とんでもない戦闘力を持っているようです。次回はいきなりダークプリキュアと戦うことになるようですが、キュアサンシャインという強力な仲間を加えて、今度は互角の戦いができるのでしょうか!?

今回はキュアサンシャインの初登場ということもあって、作画と演出が格好良かったです!
特にいいな~と思ったのは、キュアサンシャインが登場するのと同時に、それまで曇っていた空が晴れ渡って太陽が顔を出す演出です。それから、デザトリアンとキュアサンシャインの戦いで、川の上に足を置いたキュアサンシャインが、水の上を滑るように移動する場面も格好良かったなあ!(^^)
3人目のプリキュア探しが続いています。そんな中、つぼみは久しぶりに・・・といっても1日ぶりですが^^;、園芸部に顔を出したのでした。

ファッション部と平行して、いつの間にかつぼみは園芸部にも入部していたんですね。園芸部につぼみを取られてしまわないかと、えりかは気が気ではありません。そこで園芸部に釘を刺すために、えりかも一緒に園芸部にやって来ました。・・・でも、園芸部に釘を差しに来たはずなのに、いつの間にかえりかも園芸部の活動に参加していましたね。(^^;

園芸部の部長は、水島アヤさん。人一倍やる気と植物に対する愛情は持っているのに、なぜか育てた植物が枯れてしまうという不思議な体質の持ち主です。そんなアヤに、つぼみのお祖母さんはグリーンハンドを持ってないことを気にするよりも、この世にあるたくさんの美しいものを楽しんで、じっくり時間をかけて植物を育てることが大切だとアドバイスするのでした。

やる気を出したアヤのところに、生徒会長のいつきがやって来ました。生徒会の発案で、来年から緑のカーテンを導入しようとしているので、事前にそれを園芸部で試して欲しいということでした。園芸部は一丸となって、なぜかえりかも協力して(ファッション部は大丈夫なのでしょうか!?^^;)、立派な緑のカーテンを作り上げたのでした。

しかし、そこに台風がやって来てしまいました。緑のカーテンが気になるつぼみは、台風の中学校へ向かいます。
それを知ったえりかも、つぼみにつきあいます。学校では園芸部の部員たちが、風から緑のカーテンを守ろうと奮闘していました。つぼみたちもそれに加わって、風よけの幌をはることに成功したのでした。

ところが、その時アヤは自分の育てた苗が枯れていることに気がついてしまいました。落ち込むアヤの心を狙って、クモジャキーが現れました。クモジャキーはアヤの心の花を奪い取り、ゴーヤのデザトリアンを生み出したのでした。ゴーヤのデザトリアンって、なんとなくSSのゴーヤーンを思い出しますね。(^^;

それを知ったつぼみたちは、プリキュアに変身して迎え撃ちます。今回は珍しく、デザトリアンとの対決はマリンにお任せです。そしてブロッサムは、クモジャキーとタイマンです。拳と拳で語り合う、ブロッサムとクモジャキー。その勝負は互角に終わりましたが、それであっさりとクモジャキーは去っていきました。なんだか、今ひとつやる気が感じられないクモジャキーでした。(^^;

アヤの心の花を取り返してやれやれと思いきや、いきなり3人目フラグが・・・。ポプリを見つけたいつきから、ポプリは何か感じるものがあったようです。果たして3人目はいつきなのか!?と思いきや、次回予告で思いっきりネタバレしていましたね。(^^;
せっかくの3人目登場なのですから、このあたりはもう少し引っ張って欲しかったなあ。

ということで、次回はキュアサンシャインの登場らしいです。それがわかったとたんに、CMでも豪快にキュアサンシャインのグッズが売り込みをかけてきました。ついでに映画の公開も宣伝されて、これからのハートキャッチプリキュアもますます盛り上がりそうですね!(^^)
ポプリたちが不審者に変装して^^;、つぼみたちの学校で第3のプリキュア探しをするお話でした。

前回の戦いで顔に傷をつけられて、コブラージャさんは腹を立てています。その勢いで、珍しく自分から出撃すると言い出しました。

その頃、つぼみたちの学校には不審な男が現れていました。その正体は、第3のプリキュアを探すポプリとそれにつきあうコフレとシプレでした。第3のプリキュアを探して、これまでに登場したキャラが次々に登場するのが楽しかったです。中でも一番笑ったのは、同じようにマンガの中で第3のプリキュアを登場させようとしていた番君でした。

今回、コブラージャに狙われたのは、お化けが怖いことに悩んでいる鶴崎先生でした。でも、今回の鶴崎先生からデザトリアンが生まれるのは、ちょっと設定的に無理があったような気がします。理想的な先生でいたいという鶴崎先生のような望みは、誰もが持っているもの。それがちょっと崩れたからといって、いちいち心の花がしおれていては誰もがデザトリアンになってしまいそうな気がします。

そんなデザトリアンも、つぼみとえりかがプリキュアに変身して、あっさりと浄化しました。このところ単独で必殺技を決めることが多かったので、久しぶりに2人そろって必殺技を決めていましたね。
しかし、残念ながら第3のプリキュアは見つかりませんでした。はたして、誰が第3のプリキュアになるんでしょうね。

今回を見ていてふと思ったのですが、つぼみのお祖母さんは今でもプリキュアに変身できるんでしょうかね!?(^^;
ポプリに声をかけられたところからみると、いまだに素質は満たしている感じですが、もしかしてこの先キュアフラワーが登場することもあるんでしょうかね!?