日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


先行する地域ではとっくに放送が終わっていますが、家の地域ではようやく最終回です。(^^;

最終回は、まさかの展開でした。叔父さんからもらった高級万年筆を、知らずに改造して虫眼鏡をつけてしまった歩鳥。紺先輩からそれが高級品だと聞かされて、打ちのめされます。落ち込んで帰った歩鳥に追い打ちをかけるように、叔父さんから電話がかかってきました。
この状況を打破するために、歩鳥は推理小説の新人賞に応募して、大賞の500万円を手に入れようとするのでした。

そして1週間の苦労の末、歩鳥が書き上げたのが「ゼリー島殺人事件」でした。このバカバカしさは今までにないものだと思うのですが、残念ながら小説は一次選考を通過することもなく落選してしまったのでした。
それを知ってさらに打ちのめされる歩鳥。思わず玄関先でがっくり崩れ落ちてしまいました。

そこへ運悪くトラックが・・・。哀れ歩鳥の一生は、こうして終わりを迎えたのでした。(;_;)

・・・と思ったら、歩鳥は霊界へとやって来ていました。そこでなにやら事務手続きを完了して、無事に天国へ行くことになりました。そんな歩鳥は案内人さんに連れられて、ゲームセンターへとやって来ました。そこからは、いろいろと下界を覗いたり、干渉したりすることができるようです。

最初は紺先輩に心霊写真を作ったりして遊んでいた歩鳥でしたが、下界を覗いていたら嘆き悲しむ家族の姿を目にしてしまいました。それを見た歩鳥は、初めて死んでしまったことを後悔するのでした。
まさか、この作品で泣けることがあるとは思いませんでしたので、この展開には本当に驚かされました。

霊界で生きてゆくことを決意した歩鳥でしたが、その時呼び出しが入りました。なんと歩鳥は生き返ることができるのだそうです。こうして歩鳥は、無事生還しました。でも、霊界での出来事は覚えてないようで、自分で作った心霊写真にびびってましたが・・・。(^^;

ということで、この作品もとうとう終わってしまいました。肩肘張らずに気軽に楽しめる一方、作画のクオリティはなかなか高くて、とても楽しめる作品でした。
作品で印象に残っているのは、やはり小見川千明さんの声ですね。歩鳥のアホさ加減と本当によく合っていた声だったと思います。
今回は、歩鳥と紺先輩のなれ合いぶりが楽しかったです。

冒頭では、歩鳥は紺先輩と一緒に海に来ています。せっかく水着と浮き輪を新調したのに、転んだ拍子に浮き輪は破れ、突然の高波に水着がさらわれてしまいました。この始まり方からしてそうでしたが、今回はなんだか歩鳥の裸シーンが多かったような・・・。

歩鳥のお父さんの日課は、ジョセフィーヌの散歩からです。早朝の散歩で、ちょっと小説家気取りのお父さんですが、なかなか周囲の状況は自己陶酔を許しません。おまけに、散歩に連れて行ってもらっているのに、ジョセフィーヌからは家の中で一番格下だと思われているとは・・・。(涙)

夏休みだというのに、歩鳥は学校へ補講に出かけます。森秋先生は、なんとか歩鳥に数学に興味を持ってもらおうと、数学を探偵にたとえました。それに乗せられて、問題に取り組んだ歩鳥でしたが、推理小説と数学ではやはり勝手が違ったらしく、事件はあえなく迷宮入りとなりました。

学校から帰った歩鳥は、ジョセフィーヌの散歩。その途中で紺先輩たちと出会いました。この時の歩鳥と紺先輩のやり取り、「あ、歩鳥」と「双葉か」には笑ってしまいました。(^^;
そんな歩鳥は、なんと勝手に紺先輩の家に上がり込んで、勝手放題やってます。シャワーを浴びて、エアコンで部屋を冷やしまくり、冷蔵庫の飲料水は勝手に飲んでます。
紺先輩って、いちおう歩鳥の"先輩"なのに、ここまで傍若無人な歩鳥は凄いですね。

そんな歩鳥と紺先輩は2人で海に行くことに。そして、それは冒頭の悲劇につながっていたのでした。
なぜそんな悲劇が起きたのか、それは2人で海に行ったことを恨んだ真田と辰野の呪いだったのかもしれません。
今回は、あなたの知らない世界な物語でした。

朝のテレビニュースで、空き地に大穴が開いたことが報道されています。それを見ていた歩鳥の様子がなんだか変です。どうしたのかと思ったら、紺先輩に問い詰められて歩鳥は事情を話しました。
なんと昨晩、歩鳥は光線銃のようなものを拾ったのでした。それを空き地に向けたら、そこに大穴が開いてしまいました。おまけに、空から宇宙人が2人も降りてきて戦ったりしていました。

こんな突拍子もない話ですが、紺先輩は信じてくれました。なぜかと思ったら、紺先輩も不思議なアイテムを手に入れていたからでした。そのアイテムを使うと、壊れたものを元に戻すことができるのです。それを使って、歩鳥たちは空き地の大穴を修復しました。しかし、その時に一緒に白い宇宙人倒された黒い宇宙人も蘇ってしまいました。
歩鳥たちの運命やいかに!?(^^;

後半は、幽霊のお祖父さんが登場しました。公園で隣に座った人に突っ込みを入れていますが、もちろんそれは人には聞こえません。お祖父さんは、死んで天に召されるはずが、なぜか幽霊となって地上に取り残されてしまったのでした。それ以来、町の中をさまよい歩いているようです。

このお祖父さん、なんとウキさんの亡くなった旦那さんでした。最後、ウキには旦那さんの姿が見えたのかと思いきや、それは勘違いだとわかった時には笑ってしまいました。
今回は、亀井堂静が大活躍でした。べちこ焼、食べてみた~い!

アバンは、いきなり亀井堂から。とある女性が壺を売りに来ています。しかし、どうやらそれは旦那さんに内緒で売りに来たものらしく、その後で旦那さんが壺を買い戻しに来ました。そんなやり取りが何度も繰り返され、これは亀井堂にとっては、とってもおいしい商売ですね。

歩鳥たちは、体育の授業です。跳び箱をやっていますが、なぜか歩鳥はまっすぐに飛ぶことができず、真横に飛んでしまいました。・・・こういう風に飛ぶ方が、まっすぐ飛ぶより遥かに技術が必要なような・・・。(^^;
跳び箱のテストを終えた歩鳥は、辰野と卓球。しかし、元卓球部の辰野には、歩鳥では全く相手になりません。

そんな辰野に挑戦してきたのは、かって同じ中学で張り合っていた針原だったのでした。ちなみに、その中学では2人の先輩の紺双葉は、魔王のごとく恐れられていたようです。いったいどんなプレイをしたんだか。(^^;
辰野と針原は、それぞれに技巧を尽くして激しいラリーを繰り広げます。そんな2人の戦いを、辰野の憧れの真田が見ていました。しかし、力及ばず辰野は針原に敗れてしまったのでした。

でも、真田が見ていたのは、2人の試合の内容ではなく、試合中に揺れる辰野の乳だったのでした。(^^;
まあ健全な男子高校生なんて、こんなもんですよ。・・・きっと。(笑)

後半は再び亀井堂静が登場。お祖父さんが誰かにもらったべちこ焼というおいしいお菓子があることを知りました。それを知った静は、お菓子を買い占めようとコンビニをまわります。しかし、どこにもそのお菓子はありません。そしてとうとう、静はお菓子を製造しているお店を探し回ることになるのでした。しかし、そのお店は既に閉店してしまって、この世界にはありません。結局、静の探索は無駄足だったのでした。

ところが、それはなんと未来のお菓子でした。未来で絶滅しかけていたそのお菓子を守るため、タイムトラベラーが現代に紛れ込んでべちこ焼をばらまいたのでした。その甲斐あって、未来ではべちこ焼はメジャーなお菓子になっていたのでした。(^^;
今回は、歩鳥と辰野に加えて、紺先輩、針原が絡んでのお話でした。

いきなりの土砂降りの雨で、コインランドリーで雨宿りをしている歩鳥や辰野、紺先輩。雨はしばらくやみそうになく、濡れた服が冷たいです。そこで歩鳥がコインランドリーを使うことを思いつきました。しかし、もちろん着替えはなし・・・。(^^;

それでもずぶ濡れになってしまった歩鳥たちは、すっぽんぽんになってコインランドリーで乾燥機を使います。この場面、歩鳥たちのあられもない姿の描写は抑えめで、コインランドリーで乾かされている誰の物か不明な下着が描かれたことで、なんだかちょっとエロい場面になっていました。

服が乾いた歩鳥たちは、そこに自動販売機が置かれていることに気がつきました。そこには、うどんやらハンバーガーやら、暖かくなれるものもありました。濡れて体が冷えた歩鳥は、試しにうどんを頼んでみます。これが、自動販売機とは思えないほど、凝った仕掛けのものだったのでした。
こんな自販機、うちの近所にもあったら使ってみたいです。

その間、ずっとコインランドリーで乾かされていた下着は誰の物かと思いきや、針原のものでした。下着を取りに行く針原の様子だけ見ていると、もっと凄い美人が乾燥機を使っているのかと思いました。(^^;

後半は、歩鳥たちが紺先輩に頼まれて、文化祭で楽器演奏をすることになるお話でした。しかし、キーボードを期待された歩鳥はアコーディオン、ギターを期待された辰野はバイオリンなあたりがこの作品らしいです。(^^;
そして、紺先輩にだまされた針原は、卓球が上達するためだと思い込んでドラムの練習に打ち込んでいるのでした。

こんなメンバーでどんな演奏になるか心配でしたが、意外にも演奏はノリノリでよかったかも。
今回は、歩鳥がさまよい歩く2本でした。

前半は、幼なじみの真田と歩鳥が学校をさぼって見知らぬ町をさまようお話でした。
このお話の時の歩鳥は、いつもに比べてなんだかエロかったです。歩鳥の一挙手一投足にドキドキしてしまう真田の初々しさも伝わってきて、単調なお話だったのに見応えがありました。

後半は、ドリンク剤を飲んで眠れなくなった弟の猛と歩鳥が深夜の町に出かけるお話でした。
小学生にとって、深夜の町は昼間とは全く別の姿を見せてくれて、なんだかドキドキするものですよね。家からの脱出から手慣れていた歩鳥は、時に夜中に町を出歩くことがあるようです。
この話で一番衝撃的だったのは、歩鳥と猛が一緒にお風呂に入っている場面でした。歩鳥ならあり得るような気もしましたが、年頃の女の子がたとえ小学生で弟とはいえ、男と一緒にお風呂に入るのは抵抗がないのかなあ。(^^;
アンティークショップ亀井堂の亀井堂静が初登場しました。

辰野の誕生日プレゼントを探していた歩鳥は、亀井堂へと足を運びました。微妙にやる気がなさそうで、なんだか混沌とした店ですが、経営は大丈夫なんでしょうかね!?(^^;
そこで歩鳥は、怪しげな仮面と鍵のない箱を手に入れました。そして、箱の方を辰野にプレゼントしようとしたのですが、鍵がないので拒否されました。その代わりに仮面をもらった辰野は、ほとんど罰ゲームですね。

後半は、歩鳥が真田の家にやって来るお話。唐突に歩鳥がやって来ることになり、部屋は散らかっているわエロ本はあるわで真田は慌てます。なんとか時間稼ぎをして、部屋を片付けましたが、歩鳥はあっさりその努力を無駄にしたのでした。

そしてその後、歩鳥と辰野は風邪を引いて寝込んでいる紺先輩のところへお見舞いに行きました。それをきっかけに、辰野もメイド長も風邪を引いたのに、歩鳥だけはいつも通り元気なのでした。やっぱり・・・は風邪を引かないんでしょうかね!?(^^;
今回は、あほの歩鳥が引っ込んで、辰野さんと歩鳥の弟・猛がメインのお話でした。

映画の試写会の招待券を当てた辰野は、これを口実に真田を映画に誘おうとします。しかし、いざとなると真田に声をかける勇気がありません。迷いに迷っているうちに、試写会の日はどんどん近づいてしまいます。勇気を振り絞って、真田を誘おうとするも、階段から飛び降りたところを口うるさい教師の足を踏んづけてしまいました。それを機知で乗り越えた辰野でしたが、やっぱり真田を誘うことはできなかったようです。

・・・で、どうしたのかと思えば、邪魔な歩鳥を映画に行かせて、その間にメイド喫茶にやって来た真田と一緒の時間を過ごすという後ろ向きな解決方法を選んだようです。

後半は、歩鳥の弟・猛のお話でした。
いつもクラスで対立している女子、エビちゃん。ところが、なぜかエビちゃんが猛の家に来たいと言い出しました。
他の男子にそれを知られたら、この先猛の学校生活は真っ暗です。猛はなんとか友達にばれないように、エビちゃんと過ごすことになるのでした。

こうしてちょっとエビちゃんといい関係になったかと思いきや、なぜか翌日学校で声をかけると腹パンチをもらってしまいました。・・・女心はよくわかりませんね。(^^;
前回はなかなかの推理力を見せてくれた歩鳥でしたが、数学の成績は絶望的に悪いようです。(^^;

相変わらず歩鳥は、森秋先生ラブのようです。しかし、先生が教えてくれる数学の成績は、本試験・追試ともに0点という悲惨な結果でした。それが原因で、歩鳥はたった1人だけ数学の補習授業を受けることになってしまいました。
憧れの森秋先生と2人きりでいられてうれしいと歩鳥はあくまでポジティブですが、森秋先生にとっては本当に困った生徒です。

そんな森秋先生は、過去に1人の天敵がいました。それは算数の授業を教えてくれた先生でした。割り算の授業を受けていた時、余りがでる問題にあたりました。それをどうきれいに解決するのか、森秋少年は期待していたのですが、割り切れない分はあっさり余りとして処理されました。
それが許せなくて、先生に講義した森秋少年でしたが、あっさりと先生に言いくるめられてしまいました。それは今も森秋先生のトラウマになっているようです。

そして今、先生の前には新たな天敵・歩鳥がいます。そんな歩鳥は、先生に問題を出しました。どう考えてもドアからは入れられない鉄球。それを家の中に入れる方法を先生に問いました。答えは、鉄球の周りに家を建てるだったのですが、こんなとんちクイズのような答えは先生にはお気に召さないのでした。(^^;

そんな森秋先生は、過去に女生徒からラブレターをもらったこともあるようです。しかし、それに対する森秋先生の答えは、(男+女)÷モラル=0というものでした。それに対抗して歩鳥は、モラル<愛という式を考え出しましたが、あっさりと先生に却下されてしまったのでした。

ということで、今回は前半も後半も森秋先生が活躍するお話でした。杉田さんが声を演じているせいもあって、守明先生はなかなかいい味をだしていますね。
今回は、歩鳥が名推理を披露するお話と、猫少年と出会うお話でした。

なぜか再び森秋先生がシーサイドへやって来ていました。しかも、歩鳥に用があると・・・。例によって歩鳥は妄想が爆発しそうになるのでした。もちろん森秋先生は、歩鳥に恋心を持っているわけではありません。先生は叔父さんの遺品としてもらった絵の謎を、歩鳥に解決してもらおうとやって来たのでした。

その絵は正方形の絵でした。1枚は普通の自画像なのですが、なぜか2枚目には4つ目があるのです。
推理小説好きということで、森秋先生は歩鳥に解決を頼んだのですが、あほな歩鳥にこんなことを依頼してしまうほど、先生は追い詰められていたんですね。(^^;

辰野とウキは、叔父さんが乱視だったのではないか、宇宙人だったのではないかと、勝手な推理を並べますが、それを歩鳥は却下します。そして、そのやりとりから歩鳥は真実にたどり着いてしまったのでした。
絵はもともと6枚でワンセットだったのです。それを親戚で形見分けしたために、6枚がバラバラになって意味を持たなくなってしまったのです。6枚の絵、それは博打好きだった叔父さんが、自分の目の数で描いたサイコロだったのでした。

続いては、歩鳥が猫少年と出会うお話でした。
ウキと辰野に特訓されて、歩鳥は買い物に出かけることになりました。その途中で、歩鳥は不思議な光景に出会いました。金髪の少年が、細い路地の隙間に小判と呼びかけているのです。何かと思ったら、それは猫の名前でした。その猫は、路地の奥に入り込んだまま出てこないのです。そこで歩鳥も猫を呼び寄せる手伝いをすることに・・・。

いろいろやっても猫はちっとも出てきません。ところが、歩鳥が買ってきたタマネギを落としたことで、それにつられて猫が出てきました。こうして猫は無事に救出されましたが、歩鳥は少年の名前を聞かなかったことに気がついたのでした。しかし、振り返るとそこにはもう少年はいませんでした。

翌日、学校にやって来た歩鳥は、そこで少年と出会いました。なんと少年は、少年ではなく、歩鳥と同じ学校の先輩だったのでした。しかも、男の子ではなく女の子でした。(^^;
「それでも町は廻っている」、第2話を視聴しました。相変わらずシュールで笑えますね。(^^)

Aパートは、セクハラ裁判のお話。日曜日、自宅で推理小説を読もうとしていた歩鳥でしたが、なぜか森秋先生のことが思い浮かんでしまいます。前回、ちょっとほめられたのが、勝手に脳内変換されて、恋愛へと変化しているようです。先生のことが気になって本が読めない歩鳥は、弟妹を泣かせてしまい、結局いつものメイド喫茶へと行くことになりました。

このお話で、一番うんうんと納得してしまったのは、推理もののアニメで犯人役を演じるのは一番ギャラが高い人という辰野のセリフでした。・・・劇場版の名探偵コナンとか、思いっきりこれが当てはまりますね。(^^;

そして歩鳥は、ウキに頼まれて買い物に行くことになりました。そこでちょっと怪しげな警官登場。この警官、千葉繁さんの声がいい味だしてます。
警官さんは、歩鳥が乗っていた原動機付きの乗り物にダメだしをしました。警官の言うことは正しいのですが、歩鳥は全く言うことを聞きません。まだ法律よりもお母さんが怖い年頃だったのでした。(^^;

そして八百屋のおじさんが、歩鳥に牛乳をくれてセクハラ。歩鳥、今でもけっこう胸が大きいと思うのですが、これ以上胸を大きくしてどうしようというのでしょう!?
さらに、追い打ちをかけるように、喫茶店に来ていた真田が牛乳を飲んでいることを冷やかすと、それを八百屋のおじさんと同じセクハラだと思い込んだ歩鳥は、真田をセクハラ裁判にかけようとするのでした。

Bパートは、歩鳥たちが流行らないメイド喫茶に何とか客寄せをしようとするお話でした。
まず笑ったのは、お店の特色を出すために歩鳥が考えた挨拶です。アルファベットのMに見立てた手の形にして、同時に「メイドっ!」と叫ぶのですが、このメイドは毎度とかかっているらしいです。(^^;

そんな歩鳥が考え出した客寄せは、なんと町中にお店までの矢印を貼り付けることでした。確かにそれにつられて、商店街のおじさんたちが店にやって来ましたが、勝手に張り紙をしたことで、矢印は警官さんにはがされてしまったのでした。

そして、歩鳥がなぜこのメイド喫茶で働くようになったかが明かされました。歩鳥は、幼稚園の頃から泣いて帰ってきては、この喫茶店でカレーを食べさせてもらっていたようです。それがある日、ウキがどこで聞いたかメイド喫茶が儲かるらしいと聞いて、過去に食べたカレー代をちゃらにする代わりに働けと言われたのでした。(^^;

歩鳥の考えはめちゃくちゃですが、それでもお店の宣伝は必要だとウキたちも考えました。そこで歩鳥と辰野が、大きな垂れ幕を作ることになりました。歩鳥と辰野の合作でようやく垂れ幕は完成しましたが、2Fから垂らすと、隣の歯医者が原因で「大人気」が「大人げない」と読まれてしまうのでした。(笑)
DOWN TOWN/やさしさにつつまれたなら(初回限定盤)(DVD付)先行する地域では既に3話が放映されているようですが、家の地域ではようやく放送がスタートしました。
放映が始まるのが遅かったので、放送開始前に真綾さんが歌う主題歌のCDが到着してしまいました。

原作は知らないので、どんな作品なのか期待してみました。下町の喫茶店を舞台にした、萌えないメイド喫茶アニメみたいですね。(^^;

印象的だったのは、お話の内容よりも声優陣でした。主人公の嵐山歩鳥を演じる小見川千明さんはソウルイーターのマカの印象が強いですが、相変わらずインパクトのある声ですね。そして驚いたのが、歩鳥の友人・辰野俊子を演じる悠木碧さんでした。可愛い系の声が多い悠木さんですが、こういった声も出せるんですね。途中の可愛いメイドの声を聞くまでは、誰だかわかりませんでした。いろいろな作品で活躍されている悠木さんですが、声のバリエーションも多いし、これから先の活躍も楽しみな声優さんですね。

それから男性陣では、磯端ウキ役の櫻井孝宏さんのキャスティングには笑ってしまいました。でも、それが妙にツボにはまっている声ですね。そして、森秋先生を演じる杉田智和さんは、相変わらずいい仕事をされてますね。今回はお堅い数学教師という役所ですが、きっちり笑わせてもらいました。