日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


小学生を掠った王子は、彼らに変身能力のあるブレスレットを与えて、カラーレンジャーに変身できるようにしてしまったのでした。

今回の王子のターゲットは、小学生でした。いきなり小学生の男の子5人を掠った王子は、彼らに無理矢理変身能力を持たせてくれるブレスレットを与えたのでした。しかし、いきなりこんなものを与えられて、異星人から世界の平和を守れと言われても困りますよね。(^^;

子供たちの中の1人、委員長だけは無邪気に変身できるようになったことを喜んでいましたが、戦隊ヒーローのコスチュームって冷静に見るとかなり恥ずかしい格好ですね。そんな時、彼らは自分たちの担任の立花先生が異星人であることを知ってしまいました。王子の解説によれば、先生は暗殺者として追われているようです。

自分が異星人だと見抜かれたと知って、立花先生は男の子たちを放課後呼び出しました。これでいきなり対決することになるのかと思いきや、バカ王子の話は先生も知っていて、彼らは戦うことなくその場を乗り切ったのでした。しかし、変身するためのブレスレットの鍵は、山形にいるクラフトが何も知らずに持っています。
彼らは、クラフトから鍵を奪って、無事に元の普通の小学生に戻ることができるのでしょうか!?

このお話、1話完結かと思ったら次回にも続くんですね。(^^;
今回は、前回までとはがらりと作風が変わりました。

授業をふけていた不良少年たちは、そこでとんでもないものを目撃してしまいました。なんと同学年の女子生徒が、男子生徒に食べられるところを目撃したのです。彼らはその事件のことを忘れようとしましたが、誰が犯人なのかわからなければ安心して暮らすことができません。

そこで独自に調査を始めたものの行き詰まり、知り合いを介して怪しげなドクターを紹介してもらいました。
そのドクターは調査に高額な代金を要求しました。おじけづく不良学生たちでしたが、メンバーが1人また1人と姿を消し、ついに恐怖に耐えきれなくなってドクターに調査を依頼することになりました。

消えたメンバーは異星人に食べられてしまったのかと思いきや、単に先にドクターのところに匿われていただけでした。そしてドクターの調査で、衝撃の事実が明かされました。女子生徒を食べた異星人は、好きになった女性を食べずにはいられなくなる性質を持った異星人だったのでした。

そしている間にも、新たな犠牲者が発生して・・・と思ったら全ては異星人に対する警戒感を持ってもらおうと考えた王子の企画したドラマでした。(^^;
というか、王子たち結局いまだに雪隆の部屋に居座っているんですね。(笑)
王子が殺したチンピラは、なんとディクスン星人でした。それを他のディクスン星人に知られて、クラフトたちは大ピンチです。

王子が殺したチンピラは、本当に死んでいたわけではありませんでした。死んだふりをして、その場をしのいでいたのでした。しかし、ディクスン星人にとって、死んだふりを見られるということは、とんでもない恥辱でした。ディクスン星人の長は、犯人である王子を自分たちに引き渡すように要求したのでした。

状況を切り抜ける唯一の方法は、王子が持っているディクスン星人についての知識です。王子の記憶を取り戻すため、クラフトはやむなく(笑)王子を殴り倒すのでした。しかし、王子は記憶を取り戻しません。そんな時、王子の持っていた機械の中にならデータが入っているのではないかとクラフトたちは気がつきました。

クラフトたちは必死でデータを調べますが、ディクスン星人が指定したタイムリミットは刻一刻と迫ります。そして、とうとうディクスン星人が雪隆たちの部屋に乗り込んできました。
この絶体絶命の大ピンチに、雪隆は体を張って王子のことを守ろうとするのでした。

その時、データの解析が終わり、全ての真相が明かされました。なんと、今回の事件は全て王子の自作自演だったのでした。今回の事件は、王子がクラフトたちの忠誠心を試すために、ディクスン星人と共謀して仕組んだものだったのです!

こうして迷惑な王子は、なんとかクラフトたちが連れ帰りました。・・・と思ったら、王子の星が地球の管理をすることになり、王子は再び地球に戻ってきたのでした。(^^;

前回までの緊迫した展開は何だったんだ~と言いたくなるような、とんでもない結末でしたね。(笑)
こんな悪意の塊のような王子に使えているクラフトたちが不憫でなりません。(;_;)
雪隆が助けた宇宙人の青年。彼はとんでもないトラブルメーカーだったのでした。

第1話はかなり地味な感じでしたが、2話になったらいろいろと壊れてきて面白くなってきました。
雪隆の前でついに正体をばらしたのかと思った青年。てっきり青年の正体は流体生物なのかと思いきや、それは彼のペットなんだとか。そんな雪隆と青年の騒動を隣の美歩にも知られてしまいました。

父親の強引な異星人調査に反感を持っていた美歩は、雪隆たちに協力してくれることになったのでした。いっけん、単なる可愛い女の子に見えた美歩でしたが、父親の影響なのか、いきなり部屋に盗聴器がないか探し始めたり、変装した調査員たちの正体を見抜いたり、かなりすっ飛んだところのある女の子でした。(^^;

その頃、青年を捜して青年の星から男たちがやって来ていました。クラフトというリーダーの言葉を信じるなら、青年はとある星の王子様らしいです。しかし、王子とはいえかなりすっ飛んだ性格のようで、いつもクラフトたちを困らせていたようです。

そんな中、町中で無理矢理女の子をナンパしようとしていたチンピラとトラブルになった王子は、勢い余って相手を殺してしまいました。単なる殺人でも大問題ですが、なんとその殺された相手も宇宙人で、とっても好戦的な種族なのだそうです。王子たちは、このピンチをどう切り抜けるつもりなのでしょうか!?

王子はトラブルメーカーだし、雪隆は元チンピラみたいですし、クラフトもなかなかハイテンションな人みたいですし、この作品にはまともな人は1人もいないような・・・。(^^;
こんな面々が集まったら、トラブルが起きない方が不思議ですね。(笑)
新番組のお試し視聴、第6弾です。昔原作を少しだけ読んだことがあるような気もしますが、全く内容を思い出せませんでした。(^^; 地球にやって来た宇宙人の物語みたいですね。

中学時代の野球の実績を買われて、筒井雪隆は山形の如月高校へと東京からやって来ました。彼にとって、この野球留学は一人暮らしを始める絶好の機会だったようです。そんな憧れの一人暮らし生活の初日から、彼はトラブルに巻き込まれたのでした。

彼が部屋に入ると、そこには金髪の青年がいました。なんと5階にある彼の部屋に勝手に入り込み、コーヒーを飲んでいたのでした。その青年は、自分を地球外からやって来た宇宙人だと言うのでした。もちろん、雪隆はそんな青年の言葉は信じません。しかし、テレビでは青年が地球に来た時に乗ってきたという脱出艇の調査が行われていたのです。
ところが、青年が取り出したリモコンのようなものを雪隆がいじっていたら、突然その脱出艇が爆発してしまいました。

雪隆はそれをネタに青年から脅迫されて、青年を部屋に泊めてあげることになってしまったのでした。
いきなり悲惨な雪隆の生活ですが、悪いことばかりでもありません。隣の部屋には、江戸川美歩という可愛い女の子が引っ越してきたのでした。美歩のお父さんは工学博士で、青年が乗ってきた物体を調べているのでした。

最初は青年が宇宙人であることを疑っていた雪隆でしたが、彼が5階から飛び降りても平気だったり、事故にあった傷があっという間に治ったりするのを目にして、それを信じないわけにはいかなくなりました。
そんな時、雪隆の部屋に警察を名乗る男たちが現れました。なんと、雪隆の部屋にいる青年が人を殺したというのです。果たして真相は!?

地球には既にたくさんの宇宙人がやって来ているという、SFちっくな設定なのですが、どこまでが本気でどこからが冗談なのかわからないような雰囲気が印象的でした。
雪隆はこの先、否応なしに宇宙人と関わることになりそうですが、どんなトラブルに巻き込まれることになるんでしょうね。