日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


なんとなく見始めて、いつの間にかはまっていたこの作品も、いよいよ最終回です。

イチカを連れ戻すため、大量の救助ポッドが地球に投入されました。それからイチカを逃がすために、檸檬先輩や哲朗、美桜、柑菜はイチカの生体パターン発信器を身につけてポッドを欺こうとするのでした。そんなみんなに助けられて、ついにイチカと海人はイチカの記憶に残された場所へとやって来ました。その時、そこに残されていた祖先の記憶が蘇りました。

イチカのご先祖も、宇宙船の事故で地球にやって来ていました。救助ポッドの助けを待つ間に、ご先祖様も地球人の男性と愛し合うようになったのでした。しかし、地球はFランクの惑星です。現住生物との接触は許されていません。ご先祖様は、記憶を消されてポッドに救出されたのでした。しかし、ただ記憶を消されることに耐えられなかったご先祖は、大好きな人と愛し合った記録を木に刻み込んだのでした。

その木があれば、地球はすでに異星人と接触があったという証拠になります。しかし、無残にもその木は折れてしまっていたのでした。証拠を失ったイチカの前に、ポッドが殺到します。そしてイチカは、強引に母星へと連れ戻されてしまったのでした。

こうして海人たちの生活から、イチカがいなくなりました。そして新学期が始まりました。そこで海人たちは、檸檬先輩が突然転校することなったことを知らされたのでした。海人たちの手元には、檸檬先輩が撮影したフィルムが残されました。海人の自宅に集まって、海人たちはそのフィルムの鑑賞会を開きました。そこには、今はいないイチカの姿が確かに残っていました。

そして時は流れて、海人たちは高校を卒業していきました。映画研究会には、1本のフィルムが残されました。そこには再び帰ってきたイチカの元気な姿があったのでした。

宇宙から女の子がやって来てというありきたりな物語なのに、登場人物の感情がていねいに描かれていて、とても好感の持てる作品でした。そんな中でぶっ飛んでいたのは、檸檬先輩の存在でした。檸檬先輩、MIBの人だったんですね。(^^;
登場人物では、やはり柑菜が一番よかったです。そして、主役なのに今ひとつ盛り上がりに欠けたイチカと海人は、最終話近くになってようやく存在感が出てきましたね。
突然現れたイチカのお姉さんは、イチカを故郷へと連れ帰りに来たのでした。

救助ポッドを壊したことで、イチカが危険な状況にあるのではないかと心配したお姉さんは、イチカを探して地球までやって来ました。お姉さんはイチカを元の星に連れ戻しに来たのです。現在の地球は、銀河連盟の定めたレベルではFランクに位置する星で、本当は現住生命との接触は禁止されていたのでした。それだけでも大問題なのに、イチカと海人は今やラブラブです。お互いに離ればなれになりたくない2人はどうるのでしょうか!?

お姉さんは、今の状況を収束させるにはイチカが帰るしかないと言います。しかし、今のイチカに海人と離れて暮らすことなど考えられません。それならと、海人は自分がイチカの星へ行くことを申し出ます。しかし、今の地球の文明レベルでは、海人をイチカの星に連れて行くわけにはいかなかったのでした。

どうしても海人と別れたくないイチカは、とうとうお姉さんの前から逃げ出してしまいました。そこで出会ったのは、映画の撮影にやってこない海人たちを心配した柑菜でした。イチカから帰らなければならなくなったと聞かされた柑菜は怒ります。イチカの海人に対する気持ちは、それだけのものだったのかと・・・。

そんな時、檸檬先輩がイチカのお姉さんに接触していました。そして檸檬先輩は、イチカと海人が一緒にいられるかもしれない、わずかな可能性を見つけてくれたのでした。イチカがこの星にやってくることになった記憶、それはイチカだけでなくお姉さんのDNAにも記録されていたものでした。イチカたちの先祖が、何らかの意思を持ってその記憶を子孫に残したらしいです。

そのことから檸檬先輩は、かってイチカの星の住人が地球を訪れたことがあり、地球人と接触したことがあるかもしれない可能性に気がつきました。もしそれが事実なら、地球はFランクの星ではなくなり、連盟の定めた規則も変わってきます。海人たちは、そのわずかな可能性に賭けて、かってイチカの先祖がやって来た場所を必死で探すのでした。

その間にも、救助活動は進行しています。海人たちがようやく目的の場所を見つけた時、救助ポッドが再びやって来てしまったのです。その力でりのんのテレポート能力も封じられて、イチカたちは簡単に目的地に行くことができなくなってしまいました。
その危機を救ったのは、またしても檸檬先輩でした。どこから調達してきたのか、車を用意して海人たちを乗り込ませると、目的地へと向けて疾走したのでした。

それでも、救助ポッドは容赦なく襲ってきます。その追跡をかわすために、哲朗や美桜、柑菜はイチカのパーソナルデータを発信する機器を持ってポッドの注意を引きつけます。みんなの協力を得て、ようやく海人たちは目的地まであと少しに迫りました。しかし、その時目に見えないフィールドにぶつかって、車は横転してしまいました。
海人とイチカは、無事に目的地に到達することができるのでしょうか!?

今回は一気に物語が動きましたね。柑菜の健気さにほろりとさせられたり、哲朗と美桜の関係がさりげなく進展していたり、最後はカーアクションまで見られて、とても盛りだくさんな内容でした。(^^)
イチカと海人は互いの思いを確認しあってラブラブです。そんな中、哲朗と柑菜は足踏みを続けています。

まるで夢かと思うほど唐突に、海人はイチカと相思相愛になりました。今でもそれを本当のこととは思えない時があるようです。その一方で失恋した柑菜は、自宅に引きこもっています。泣きすぎてしまって、顔が腫れてしまったので外に出られなくなってしまったのです。

哲朗の配慮で、対外的には柑菜は夏風邪を引いたことになっていました。そんな柑菜のもとを訪れつつ、哲朗の心は揺れるのでした。そんな哲朗の前に、美桜がやって来ました。美桜は自分の思いは伝えたものの、いまだに哲朗は柑菜が好きだと知っています。それでも美桜は、哲朗を嫌いになることはできないのでした。

そんな中、美桜から背中を押された哲朗は、ついに自分の思いを柑菜に告げました。その気持ちに柑菜が応えられないことはよくわかっています。それでも、哲朗は自分の思いを胸に秘めたままでいることができなかったのでした。こうして哲朗の恋も破れてしまいました。そこに再び美桜が顔を出しました。美桜の哲朗への思いは届くのでしょうか!?

哲朗から告白された柑菜は、何かが吹っ切れたようです。海人の家に駆けつけた柑菜は、自分が海人を好きだと告げたのでした。それに海人は、イチカが好きだから応えられません。しかし、自分の気持ちを告げたことで、柑菜はちょっとだけ元気になることができたようです。

今回は、恋のもやもやを描写して終わりかと思えば、EDが終わった後に新キャラが登場しました。なんとイチカのお姉さんが、イチカのことを心配して地球までやって来たのです。また何か騒動が起こりそうですね。

今回は哲朗と柑菜が青春していましたね。自分の好きな人が、自分ではなく他の人が好き。それはとってもつらいことです。でも、それを承知で自分の思いを相手に伝えた2人は、どこか爽やかだな~と思いました。
ついにイチカは、自分が宇宙人だということを海人たちに明かしました。

救助ロボットからイチカを守ろうとして、海人は傷ついてしまいました。そんな海人を救うために、イチカは再び宇宙人のテクノロジーを使ったのでした。海人を傷つけてしまったことで、イチカはみんなに正体を明かす決意を固めました。そして自分が乗ってきた宇宙船に、海人たちを招いたのでした。

自分の正体を明かして以来、イチカは海人と距離を取っています。いつか再び救助がやって来る日のために、海人と別れなければならない日のために、イチカは場所探しを口実に心を閉ざしてしまったのでした。そんなイチカに海人は協力したいと思いますが、イチカはそれを拒絶するのでした。

そんな海人の背中を押してくれたのは、檸檬先輩でした。ずっと一緒に暮らしてきた2人ですが、海人はまだそんなにイチカのことを知っているわけではないと気づきました。そして頑なになっているイチカには、柑菜が自分の海人への気持ちを伝えてイチカの背中を押しました。

今回は、この柑菜の行動がとっても印象に残りました。自分だって海人のことが好きでたまらない。でも、海人の目に映っているのは、イチカだけです。そしてイチカも海人のことが好きだとわかっている。それなのに、2人はギクシャクして、いつまでたっても答えを出そうとしない。ある意味、これは柑菜にとってとても残酷な状況でしたね。だって、好きな人がいつまでも告白しなれば、自分にもまだチャンスがあるかと期待してしまうじゃないですか。(;_;)

そんな柑菜の言葉を聞いて、ようやくイチカは自分の気持ちに素直になることができました。いつか海人と別れる日がやって来るかもしれない。それでも、海人を好きだという気持ちは抑えられません。
こうして海人とイチカは、ようやく結ばれたのでした。

この物語のメインは、イチカと海人です。でもそれ以上に輝いているのが、柑菜ですね。好きな人に振り向いてもらえない青春の切なさ。柑菜のそんな気持ちが物語に奥行きを与えてくれているような気がしました。
海人たちは夏祭りに出かけました。そこで、ある事件が待っていたのでした。

沖縄ではイチカとキス直前までいった海人。でも、帰宅してからは再びギクシャクした関係に戻ってしまったのでした。そんな中、りおんに何かが起きていました。しかしイチカはそれに気づかないまま、みんなで夏祭りに行くことになってしまったのでした。

このメンバーで行く夏祭りが普通のもので終わるはずがありません。檸檬先輩の提案で、唐突に肝試し大会が始まってしまったのでした。哲朗は美桜と、海人は柑菜と、イチカは檸檬とペアを組んでお札を置きに行きました。その途中には、檸檬の差し金でオバケ役として真奈美が隠れていました。真奈美の姿に驚いた哲朗と美桜は、思わずキスしてしまったようです。(単にぶつかったはずみでキスしちゃっただけ!?)

一方、哲朗たちの叫び声を聞いて柑菜も不安になります。いい雰囲気になったところで、柑菜は海人に告白しようとしました。しかしイチカの叫び声が聞こえた時、海人は柑菜をその場に残してイチカの元へと駆けつけたのでした。1人残された柑菜は、どんな表情をしていたのでしょうか。表情が見えなかっただけに、よけに柑菜の気持ちが伝わってきました。(;_;)

イチカの前には、謎の物体が現れていました。それはイチカの宇宙船があやまって救難信号を発信してしまい、それに応じて現れた無人救助ロボだったのでした。無人ロボはイチカを無理矢理連れ帰ろうとします。それを見た海人は、必死でイチカを守ろうとするのでした。

結果的に、海人はイチカを守り抜くことができました。しかし第1話でイチカが地球にやって来た時のように、海人は再び重傷を負ってしまったようです。そんな海人を救ったのは、イチカの不思議な力でした。
いよいよイチカが宇宙人だということが、海人たちに明かされるのでしょうか!?

今回笑ったのは、檸檬と真奈美のやり取りでした。真奈美のセリフによると、檸檬はけっこう昔から高校生をやっているようです。檸檬の怪しさをみると、イチカが宇宙人であることはくらいはたいしたことではないと思えてきますね。(^^;
イチカの気持ち、海人の気持ち。美桜の気持ち、哲朗の気持ち。

佳織と海人が2人きりでいたところを目撃してしまい、イチカはもやもやしています。また美桜は、千春に襲われそうになっていた哲朗を助け出しました。しかし、その時に美桜は下着をはいてなかったことを哲朗に知られてしまいました。そんなもやもやを抱えたまま、午後からも撮影は続きます。

撮影終了後、イチカは佳織を呼び出しました。そして哲朗は、撮影中から千春にまとわりつかれていたのでした。
佳織はイチカに、本当のことを話しました。海人と話をしていた時、涙を流したのは、海人のことが好きだからではなく、好きだった人に同じように振られたことを思い出したからでした。そこへ、佳織に呼ばれた海人がやって来ました。真相を明かした上で、イチカが海人と2人きりになれる時間を作ってくれるなんて、佳織もいい娘ですね。

一方、千春に追われて哲朗は苦労していました。そんな哲朗を助けてくれたのは、またしても美桜でした。しかし、簡単には千春も引き下がりません。強引に哲朗を連れ去ろうとする千春に、美桜は本当のことを話しました。なんと美桜は、裸族だったのでした。普段家では下着をつけないで過ごしています。それが習慣になっていて、今でもついぼーっとしていると下着をはかずにでかてしまうことがあるのでした。
そして、ついに美桜は自分の思いを哲朗に告げました。しかし哲朗が柑菜のことが好きなことはわかっています。この関係、最後はどう決着するのでしょうね。

今回完全に蚊帳の外に置かれていたのが、檸檬先輩と柑菜でした。なにやらお酒(?)を飲まされて、いろいろとコスプレした映像を柑菜は撮影されていましたが、後から恥ずかしい思いをすることにならなければいいのですが・・・。(^^;

ともあれ、今回の沖縄旅行で、イチカは海人に対する気持ちを、海人はイチカに対する思いを再確認しました。2人の関係は、これからどうなっていくんでしょうね。
海人たちは、哲郎のお姉さんからもらったチケットで沖縄に行くことになりました。

哲郎が海人に、柑菜の気持ちを伝えたことで、イチカはもやもやしています。そして、それは海人も同じでした。
そんな時、哲郎のお姉さん・真奈美が、哲郎たちに沖縄旅行のチケットをくれました。本当は友人と出かける予定だったらしいのですが、友人たちが都合が悪くなって行けなくなってしまったのだそうです。

そんなわけで海人たちは、撮影旅行もかねて沖縄へと出かけることになりました。沖縄での撮影を始めた海人たちに、女の子が声をかけてきました。それはなんと、海人の小学生の時の幼なじみの樹下佳織だったのでした。子供の頃の約束ですが、佳織は昔は海人の婚約者だったと行ってみたりして、イチカや柑菜は気が気ではありません。
さらに、佳織の友人・千春は猛烈に哲朗にアタックしてきます。こちらは、美桜をやきもきさせることになりました。

みんながみんなギクシャクした気持ちのまま、撮影は続きます。1人楽しそうなのは、檸檬先輩だけです。(^^;
そんな中、佳織と2人きりになった海人は、佳織に恋人はいないけれど好きな人がいることを告げるのでした。それを聞いた佳織は、泣き出してしまいました。佳織は今でも海人のことが本当に好きなのでしょうか!?
おまけに間が悪いことに、そこにイチカが顔を出してしまいました。

一方、哲朗も千春にまとわりつかれています。強引にキスを迫る千春を止めたのは、美桜でした。こちらもこれをきっかけに、美桜が自分の気持ちを哲朗に告げることができるのでしょうか!?
夏休みが始まりました。海人たちは、いよいよ映画の制作を開始しました。

檸檬先輩の脚本で、いよいよ映画作りがスタートしました。その映画のヒロインは、イチカです。そしてイチカの役所は、なんと宇宙からやって来た宇宙人でした。さりげなくこういう脚本を作ってくるあたり、檸檬先輩はいったいどこまで気がついているのかと思います。

最初にイチカと絡んだのは、哲郎でした。しかし、哲郎は宇宙人を狙っている役所を演じてしまい、結局イチカを受け入れる少年は海人が演じることになりました。その状況に、柑菜はやきもきしてしまいます。自分も柑菜のことを好きなのに、哲郎はそんな柑菜の背中を押してあげるのでした。

翌日は、雨で撮影が中止です。でも、野沢菜を持ってきたという口実で、柑菜が海人の家へやって来ました。でも、せっかく海人の家に来たのに、逆に柑菜はイチカと海人が仲良くしているところを見せつけられることになってしまいました。もやもやした気分の柑菜は、イチカにいつまで留学しているのかという、ちょっと意地悪な質問をしてしまうのでした。

柑菜は自己嫌悪を抱えて、海人の家を後にしました。そんな柑菜を待ち構えていたのは、哲郎でした。柑菜が海人を好きなことは哲郎も知っていますが、柑菜は哲郎の気持ちには全く気づいていません。それなのに哲郎は、柑菜の恋を応援するような行動をとってしまうのでした。

その夜、哲郎は海人のところにやって来ました。哲郎は柑菜が海人を好きなことを、本人に告げてしまうのでした。それぞれの気持ちを抱えての夏。それぞれの気持ちは、いったいどこに決着するのでしょうか。

物語の主人公は、イチカと海人なのですが、お話の中でどんどん柑菜の存在感が大きくなりますね。柑菜役の石原夏織さんは「輪廻のラグランジェ」で主役を演じていますが、どちらも不思議な存在感があっていい感じですね。
まだキャリアは短いようですが、これからが楽しみな声優さんの1人です。(^^)
軽井沢に行ったときイチカに告白したみたいになってしまい、それ以来イチカと海人の関係はギクシャクしています。

朝から海人とイチカはギクシャクしています。お互いに自然に振る舞おうとすればするほど、よけいにギクシャクしてしまうのでした。海人は哲郎に、イチカは檸檬に相談しますが、それぞれのたとえ話がストレートすぎてバレバレでしたね。そんな海人に声をかけてくれたのは、柑菜でした。柑菜は、イチカは外国人だから戸惑うこともあるとフォローしてくれます。柑菜だって本当は海人が好きなのに、イチカと海人の関係を後押ししてしまうあたりが柑菜もうっかりさんですね。

そして、それぞれに相手にはっきりと言おうと決意して学校から帰宅するのですが、途中で海人は哲郎のお姉さんの真奈美さんに拉致されてしまいました。それを見たイチカは、海人が自分に告白しておいてすぐに真奈美と付き合っていると焼き餅を焼くのでした。

誤解に誤解を重ねたイチカは、とうとう哲郎の家まで乗り込んできました。海人が真奈美といかがわしい関係になろうとしていると思い込んだイチカは、海人にお説教します。しかし、そこに哲郎が帰宅して、全てはイチカの誤解だったと判明するのでした。

そのお詫びにと、イチカは何でも海人のお願いを聞いてくれると言います。本当なら昨日の返事が聞きたい海人でしたが、勉強を教えて欲しいと当たり障りのないことを言ってしまうのでした。しかし、イチカはとっても真面目な人でした。海人が落第ギリギリの成績だと知ると、その夜からみっちり勉強させたのでした。そのおかげで、海人は期末試験でそれなりの成績を取ることができました。

そして終業式も終わり、いよいよ夏休みがやって来ました。この夏休みは、海人たちにとって忘れられないものになりそうですね。
それぞれに妄想が爆発してます。これもまた青春ですね。

前回のキスの後、海人はイチカ先輩に告白しました。しかし見事に玉砕して・・・と思ったら、それは妄想でした。
一方、イチカは翌日海人が学校をずる休みしたことに不信を持ちました。まさか自分が宇宙人だということがバレているのではないかと、イチカは心配するのでした。

さらに学校では、海人がいないことで檸檬が柑菜にいろいろと吹き込んでいます。海人とイチカがいい関係になっているのではないかと心配した柑菜は、海人のお見舞いにやって来たのでした。しかし、イチカに振られたと思っている海人は、柑菜を家の中に入れづらくなってしまいました。そこで2人で映画のロケハンをかねて、軽井沢まで出かけることにしたのでした。

ちょっとしたデートみたいな雰囲気で、柑菜はご機嫌です。しかし、それを察知した檸檬たちが、海人と柑菜の様子を盗撮していたのでした。せっかく海人と柑菜はいい雰囲気だったのに、檸檬が登場したことで雰囲気はぶち壊しです。

一方、イチカは海人と柑菜が出かけていくのを知って、自分が宇宙人だということをばらされるのではないかと心配して、海人たちの後を追いました。そんなイチカと海人は、街でばったり出くわすのでした。イチカに振られたと思っている海人は、イチカの前から逃げ出します。そんな海人が、自分を宇宙人だと恐れているのではないかと心配してイチカは後を追います。

結局、海人がイチカに振られたと思ったことは誤解だったこと、イチカが宇宙人だと知られたと思ったのは誤解だったことは、お互いに理解しました。それをきっかけに、2人の距離がちょっとだけ近づいた感じですね。

今回は、それぞれに妄想が爆発して暴走するのが面白かったです。作品的には、イチカ×海人なのでしょうが、個人的に好きな組み合わせは柑菜×海人ですね。柑菜はその素朴さがとっても可愛いと思うのですが、どうして海人はその魅力に気がつかないのかなあ。
そして、メインの物語の脇で展開する美桜と哲郎の恋模様もなんだかいい感じですね。
海人の家に下宿することになったイチカ。海人のお姉さんも長期出張で、家には海人とイチカの2人きりです。

アバンでは、イチカの正体が明かされました。イチカは地球外からやって来た宇宙人でした。目的は今ひとつわかりませんが、どうやら見てみたい景色があって地球へやって来たようです。しかし、その途中で宇宙船が事故に巻き込まれて、地球に墜落してしまったのでした。その時に海人を事故に巻き込んでしまったようです。

いきなり海人とイチカが抱き合っているのを目撃して、七海は卒倒してしまいました。柑菜に介抱されて目を覚ました七海は、イチカの事情を知ると(というか、勝手に思い込むと^^;)、家に下宿してもいいと言ってくれたのです。
こうしてイチカは、海人の家で暮らすことになりました。でも海人のことが気になっている柑菜は、ちょっと複雑な気持ちです。

そして、海人の家で次に制作する映画の会議が行われることになりました。なぜかその場には、イチカの友人の檸檬までやって来ていました。檸檬は差し入れとして、何やら怪しげな飲み物を持ってきました。それを飲んだメンバーは、ぐでんぐでんに酔っぱらってしまったのでした。そんな中、じょじょにイチカと海人の距離は近づいています。この夏、海人たちはどんな経験をすることになるのでしょうか!?

この作品は、1話1話がとてもゆったりした展開ですね。内容に余裕がある分、登場人物のちょっとした表情が描写されていたりして、きめ細かな感じです。
新番組のお試し視聴、第2弾です。

霧島海人は映画好きの少年です。ある夜、高感度フィルムのテストに出かけた海人は、そこで謎の光る物体と遭遇したのでした。その時の衝撃で、海人は負傷して転落したはずでした。しかし翌日目を覚ますと、海人は自宅にいたのでした。

そんな時、海人の通う学校に転校生がやって来ました。1年生の海人には先輩にあたる、貴月イチカです。真っ赤な髪をしたイチカに、海人は引きつけられるものを感じたのでした。ちょうど哲朗たちと夏休みには映画を撮影しようと言っていた海人たちは、映画の主演女優としてイチカを選んだのでした。ダメもとでイチカに頼むと、あっさりイチカは出演を承諾してくれました。

その学校からの帰り道、海人は釣りをしているイチカと出会いました。なんでも下宿先とトラブルがあって、今夜は野宿かもしれないということです。姉と2人きりで大きな家に住んでいる海人は、イチカの自分の家に連れ込んだのでした。ところが、イチカがお風呂に入っている時に、突然海人の首筋の傷が発光し始めました。それを知ったイチカは、トランクの中にいた謎の生物を呼び出して対処しました。イチカの正体は、いったい何者なのでしょうか!?

そして海人は、イチカに抱きしめられているところを、お姉さんと同級生で海人のことが気になっているらしい柑菜に発見されてしまいました。イチカは、この事態をどう収拾するのでしょうか!?

第1話としては、主要なキャラの顔見せをしつつ事件が起こるという定番の展開だったのではないでしょうか。
登場人物の中では、ちょっと黒いところがあるイチカの同級生・檸檬が気になります。