日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


この作品の最終回は、これまで作品の語り部であった藤原定家自身の物語でした。

藤原俊成という名門歌人の息子に産まれた定家でしたが、才能はあるのに歌には関心を示しませんでした。そんな時、ようやく歌に関心を持ったと思ったら、西行に影響されて出家して各地を放浪するとか言い出しそうでした。
困った俊成は、歌の指導に行っていた式子内親王に相談しました。すると式子内親王は、定家と会ってみたいと言い出したのでした。

式子と出会った定家は、たちまちその魅力に取り憑かれました。そして、ようやく父親の後を継いで歌人になると言ってくれたのでした。しかし定家の歌には、まだ経験が不足していました。そこで定家と式子は、お互いに恋しているという設定で歌を詠み合うことにしたのでした。最初はごっこだったはずなのに、次第に定家は本気に式子を愛するようになっていました。しかし、どうしても式子は一線を越えることを許しません。

そんな時、定家に結婚話が出ました。それを聞いた式子は、歌人の家系を絶やさぬように結婚しなさいと言うのでした。愛する人からこのようなつれないセリフを言われて、定家もさすがに激情しました。そしてごっこ遊びではなく、本当に愛していることを式子に伝えたのでした。

実は式子も定家のことを憎からず思っていました。しかし、内親王の式子には自由な恋愛は許されません。せめて歌の世界だけでもと、式子は定家との歌のやり取りを楽しんでいたのでした。そんな式子の心の内を知った定家は、それからも歌の世界に生きるのでした。

やがて式子は亡くなりました。その時、心の支えを失った定家は歌をやめようかと思いました。しかし、その時式子の言葉が定家に蘇りました。歌の世界では、どんなことでも自由。その言葉に励まされて、定家はその後も歌を読み続けたのでした。

ということで、とうとうこの作品も終わりです。最初はあまりにぶっとんだ宮廷の描写や登場人物に驚きましたが、よりわかりやすく作品の世界を伝えようとするためだとわかってからは気にならなくなりました。
個人的には日本の古典にはあまり触れてきませんでしたが、これをきっかけにもう少し古典を読んでみようと思いました。
今回は、道雅と当子の悲恋が描かれました。

アバンは斎宮の説明から。天皇家の姫から選ばれた女性が、伊勢神宮の斎宮として仕えるという習慣がありました。斎宮となった姫は、そのまま独身を貫くか、天皇家の者とだけ結婚することができるのでした。

道雅の家は、かっては勢力を誇りましたが、今では没落してしまっています。今の道雅には、お酒を飲んで昔の輝かしい時代を思い出すことくらいしかできません。そんな時、道雅は当子と出会ったのでした。当子は斎宮として伊勢に赴く前の日、都をよく見ておきたいと内裏から抜け出してきたのでした。しかし、女だけではぶっそうです。そこで当子は、偶然出会った道雅に護衛役を命じるのでした。

都から離れることを、当子は悲しみます。そんな当子を励ましてくれたのは、道雅でした。そして、いつかまた2人で今日のように都を眺めようと誓って2人は別れたのでした。そして3年の年月が流れました。帝の退位に伴って、当子もまた斎宮としての役割を終えて都へ帰ってきました。そんな当子に、道雅は手紙を書きました。すると、ちゃんと当子は道雅のことを覚えていたのでした。そればかりか、当子は道雅を恋慕うようになりました。

しかし、斎宮となった当子は、このままでは道雅と結婚することはできません。そこで当子は、道雅に自分を連れて駆け落ちして欲しいと頼みました。既成事実を作ってしまえば、周囲も2人の結婚を認めないわけにはいかないと考えたのです。しかし、道雅はこれを断りました。それではまるで自分が、当子によって引き立てられることを狙って結婚したみたいだと考えたのです。道雅は周囲からそのような目で見られることは、プライドが許さなかったのでした。

そうこうするうちに、2人の中は当子の父親に知られてしまいました。それ以来、当子は厳しく監視されて、2人は会うことさえできなくなってしまいました。こうしてお互いに思い合っていた2人でしたが、それ以来会うことができなくなってしまったのでした。

今回は、そんな2人の物語を道雅と当子、それぞれの視点から描いていました。
今回は、「源氏物語」の作者・紫式部の登場です。

紫式部こと香子が書いた小説は宮中でも話題となっていました。しかし、話題になりすぎて、みんな顔を合わせれば続きは書けたかと聞いてきます。周囲の期待に応えようとした香子は、プレッシャーでますます書けなくなっていくのでした。プレッシャーに押しつぶされる紫式部が、まるで締め切り前のマンガ家みたいで笑えました。(^^;

そんな中、香子は自分が小説を書くきっかけとなった友のことを思い出していました。藤子というその女性は、とても勝ち気な女の子でした。腕っ節の強さは男の子にも負けないほどで、男のいいなりになって生きるのではなく、男と渡り合って生きていくと語っていたのでした。そんな藤子に励まされて、香子は物語を書くようになりました。そして香子には、物語を書くことで男と張り合っていくように勧めるのでした。

歳月が流れ、藤子も結婚することになりました。表面上は強気にふるまっている藤子でしたが、親のことを考えた結婚だったようです。それでも藤子は、男に負けないように生きようとお互いに励まし合って、香子と別れたのでした。こうして藤子は、夫が地方勤務となったために、一緒に地方へと赴くことになったのでした。

そして時間は再び現在へと戻ります。小説に行き詰まっていた香子は、藤子が都に帰ってきていること。そして間もなく、別の任地へと向かうことを知りました。久しぶりに藤子に会える喜びを胸に、香子は藤子の元へと駆けつけました。しかし、藤子は香子に少し目をやっただけで、言葉も交わさないまま立ち去ってしまったのでした。

昔、香子の前では強がってみせたけれど、今の藤子は昔の理想とはほど遠い生き方をしていました。そんな自分の姿を、藤子は香子に見られたくなかったのでした。藤子が変わってしまったことを香子は悲しみますが、しかしそれは同時に香子に創作の力を与えました。宮中で輝いている女性たちの姿を描くこと。それが香子の新たな目的になったのでした。

今でこそ、女性の作家さんは珍しくもありませんが、紫式部の生きた当時、女性が文章を書くことで周囲から認められるのは、とてもたいへんなことだったんですね。これを知った上では、「源氏物語」をまた違った視点から楽しめそうです。
藤原定家が作った百人一首の中には、中宮・定子の歌は含まれていません。それは、もしかしたら・・・。

実方は都を去ることになり、清少納言のことを公任に託しました。ところが、都から離れて間もなく実方は亡くなってしまったのでした。そんな中、公任は実方に言われたことを思い出しました。そこで下の句だけを書いた詩を清少納言の元に届けさせました。才女として名高い清少納言の実力を、試してやろうとしたのです。その挑戦に、清少納言は期待通りの答えを返して応えました。

道長が勢力を広げたことで、帝は道長の要求をのまなければならない立場へと追い込まれました。道長は彰子を入内させるように帝に迫りました。中宮・定子の立場が悪くなることを危ぶんだ帝は、これに抵抗しましたが、結局は行成の働きもあって、彰子は帝の元に入内することになりました。

そんな中、中宮・定子は帝の子を出産しました。しかし、そのまま定子は亡くなってしまったのでした。定子だけに仕えることを決めていた清少納言は、宮中から去りました。そんな清少納言の元を、行成が訪れました。仕事とはいえ、行成は定子の立場が悪くなることを承知で彰子の入内を進めてしまいました。そのことで行成も苦しんでいたのでした。

そんな行成に、清少納言は自らの思いを伝えたのでした。清少納言が書いた枕草子には、明るい定子の様子だけが書かれています。それを後生の定子のイメージとするために、清少納言はその後宮中にも出ず、距離を置いた生活をしていたのでした。人は楽しかった思い出があれば、それを心の糧に生きていくことができるのでしょうか。

後年、枕草子を編纂したのは藤原定家だったそうです。枕草子を読んで、清少納言の定子に対する思いを知った定家は、楽しかった定子の思い出だけを残すために、あえて百人一首に定子の歌を加えなかったのかもしれませんね。
今回は、行成と清少納言のお話でした。

藤原行成は、生まれてから今まで笑ったことがない堅物として知られていました。そんな行成は、ある日斉信から清少納言を紹介されました。有名な歌人の子供として生まれながらも、親ほどの才能を持つことができなかった行成と清少納言は意気投合して親しくなったのでした。

そんな中、斉信にたきつけられた行成は、清少納言と恋人になるためにきわどい歌を詠みました。しかし、それは清少納言にかわされてしまいました。しかし、それでも行成は清少納言のことを思い続けると断言しました。誰も愛さない人生など、死んでいるのに等しい。それは清少納言の父、清原元輔が清少納言に言ったのと同じ言葉でした。

その言葉に清少納言は心を動かされました。清少納言の使えている定子が微妙な立場にある今、軽率な振る舞いをすることはできませんが、それでも2人の心はしっかりと通じ合っているようです。
今回は、諾子=清少納言の登場です。

前半は、諾子の兄・致信と末の松山の切ない恋が描かれました。致信と末の松山は将来を誓い合った中でした。しかし、致信は京へ戻ることになり、末の松山と別れなければならなくなってしまいました。それでも2人は、絶対に心変わりしないと誓い合います。

ところが、2年後致信の元に末の松山が結婚したという知らせが届きます。致信は泣き崩れますが、そんな致信を諾子は冷たい目でみています。そんな諾子に、父の清原元輔は信じるもののない人生などむなしいと教えるのでした。たとえ、信じていた人に裏切られることがあったとしても、人を信じたからこそ、喜びも悲しみも生まれる。清原元輔の教えは深いですね。

後半は、諾子と実方の出会いが描かれました。才気走った諾子は、殿方の前でもつい自分の才をひけらかすような行動をとってしまいます。そんな諾子の前に、実方が現れました。最初は諾子も、実方も他の男と同じだと考えていました。しかし実方は、才気走った諾子を心から愛おしんでくれたのでした。

2人は深く愛し合っていましたが、やがて諾子に宮中に出仕しないかという話が持ち上がりました。実方との愛を知った諾子はそれを断ろうとしますが、実方は諾子にもっと広い世界を知るべきだと背中を押すのでした。
そのおかげで諾子は、宮中でも知られた人物になることができました。女性をしばるのではなく、その才を輝かせるように愛する実方が魅力的でした。
今回は、藤原義孝と藤原道隆の恋が描かれました。

最初は義孝の方です。信心深くてイケメン、その上苦手なものはないという完璧超人の義孝は、宮中の女たちにも大人気です。そんな彼には、源保光の娘という将来の妻がいました。しかし義孝は、自分がもっと出世してから会いに行った方がいいと、文を出すだけで直接会いに行こうとはしません。

そんな時、義孝と道隆は叔父からある廃寺に住む幽霊の話を聞かされました。とある武士の魂が、成仏することなくこの世にとどまっているというのです。叔父は肝試しとして、2人をそこにいかせます。怖いことが苦手な道隆は、最初から逃げ腰です。しかし、義孝は平気な様子です。

2人が廃寺へ入ると、突然そこに置かれていた甲冑が動き始めました。刀を振りかざして襲ってくる甲冑は、義孝に斬りかかりました。義孝は悟りきった性格で、常々いつ死んでもこの世に未練はないと言っていました。しかしその瞬間、義孝の脳裏には1人の女性の姿が浮かびました。それは源保光の娘だったのです。

すぐさま義孝は、源保光の娘に会いに出かけました。文はくれるけれど、ちっとも顔を見せてくれない義孝を不安に思っていた源保光の娘は、ようやく安心することができたのでした。

後半は、前半にも登場した藤原道隆のお話です。
道隆は高内侍という女性に入れ込んでいました。しかし、とうの高内侍は男なんていつ気が変わるともしれないと、冷めた様子です。おまけに2人は身分違いで、身分の高い道隆が本気で自分を愛するはずがないと高内侍は思っていたのでした。

そんな時、高内侍は藤原義孝から道隆に縁談が来ているという話を聞かされました。それ見たことかと思う高内侍でしたが、その一方で心が揺れ動きました。ところが、道隆はその縁談を断って、あくまで高内侍を正妻に迎えるつもりで準備していたのでした。そんな道隆の心情を知った高内侍は、ようやく素直に自分の心に従ったのでした。
今回は、「うた恋い。」ではなくて「うた変」でした。(^^;

いつもは軽いノリながら、ちょっと感動しちゃったりすることもあるのですが、今回はひたすら笑いを取りにきましたね。牛車のレースあり、徹子の部屋ならぬ定家の部屋あり、ホストクラブあり、カードバトルありと、これでもかというくらいネタを詰め込んできました。

そんな中、前回から続いていたのは業平や小町、康秀の聖地巡礼でした。業平が気を利かせてくれて、小町と2人きりになった康秀は勇気を振り絞って小町に告白しました。でも、あっさりスルーされちゃいましたね。(^^;

そうそう。新しいキャラとして、藤原公任が登場しました。これから平安中期の歌人を紹介してゆくらしいですが、その代表的なキャラとして今回お披露目されていました。
歌ヲタの聖地巡礼のお話でした。(^^;

小野小町、業平、康秀の3人は、三河の地にやって来ていました。過去に詠まれた歌の聖地に来たことで、小町はハイテンションです。どうして、この3人で聖地巡礼をすることになったのか。今回はそれが語られました。

小野小町は後宮で華やかな暮らしをしていましたが、それを長くは続きませんでした。そんな中、康秀から文が届きます。康秀は三河の地へ派遣されることになったので、別れを惜しんで文をしたためたのでした。それに対して小町は、男が誘ってくれたなら、誰とでもどこへでも行くような返事を書きました。これは小町の冗談だったのですが、たまたま康秀が文をもらった時に業平が側にいたため、業平は悪のりして小町のところに乗り込んできたのでした。

3人で話をするものの、でてくる話は3人とも年を取ったという少し切ないものばかりでした。思わず、今とは違い子を得るような人生を送ってみたかったと詠った小町に、康秀は今このように生きてきた小町だからこそそのような歌を詠むことができたのだと指摘するのでした。時は容赦なく、誰の元からも流れていってしまいます。そんな中で、今このようにあるのは今の自分だからこそと思うのは、ちょっと素敵なことだと思いました。

三河へ赴く康秀に、業平は同行すると言います。業平と2人だと絶対に珍道中になってしまうと確信していた康秀は、小町に頼み込んで一緒に東国へ行ってくれと懇願するのでした。こうして、3人は仲良く聖地巡礼の旅をすることになったのでした。

そんな3人の生きた時代から下り、貫之と喜撰法師の会話が続いています。今でこそ、宮中で歌を詠めるということは、宮中での地位を約束するものとなっていましたが、小町たちの生きた時代では歌の社会的な位置はそれほど高いものではありませんでした。彼らのような先人が、ただ自分の趣味として歌い続けたことが、後生に文化として花開いたのです。

これまで歌というのは、ずっと昔から宮中で嗜まれてきたものだと思っていましたので、そうなるまでの歴史があったとは知りませんでした。独特な味わいもありますし、勉強にもなるし、この作品いいですね。
今回は、康秀と業平のお話でした。

前回のお話に登場した吉子こと小野小町は、今では帝の寵姫として後宮に入っています。そんな小町の元に、しきりとアタックしていたのは業平でした。困った小町は、宗貞に相談します。すると宗貞は、業平には友達がいないから、友達と一緒だったらお月見に付き合ってもいいと返事するように助言してくれました。

そんな中、宗貞の屋敷では宴会が開かれていました。その場に招かれていた康秀は、技巧を凝らした歌を詠みました。しかし、さらにそれを上回る歌を業平は詠んでみせたのでした。妙に自分に敵意をみせる業平を不思議に思った康秀でしたが、なんと先日業平の悪口を言ったのが本人の耳に入っていたようです。

それを知った康秀は、公衆の面前で土下座して業平に詫びたのでした。身分の低い康秀は、上役に嫌われてはたいへんと、あえて人前で謝ったのでした。人目があれば、業平も許さないわけにはいかないという計算もあったのですが、なんとそれも業平に見抜かれていたのでした。

そんな業平は、許す代わりにとある捕り物に付き合ってくれと言い出しました。何もわからぬまま同行した康秀は、小町の屋敷への夜這いに付き合わされることになってしまったのでした。帝の寵姫の屋敷に入り込んだと知って、康秀は真っ青です。しかし業平との約束があった手前、友人と一緒にやって来た業平を小町は迎え入れてくれたのでした。

そんなことから、康秀と業平の不思議な関係が始まりました。技巧を凝らしただけの康秀の歌を、業平は馬鹿にします。腹を立てた康秀は、自由気ままに詩が詠めるのは、業平の恵まれた身分があるからだと返しました。それに腹を立てた業平は、康秀の前から立ち去ろうとします。そんな業平に、康秀はそれぞれの境遇でなければ詠めない詩があると、自らの境地を語るのでした。

身分の低い康秀にも、身分の高い業平や小町にもそれぞれに悩みがあります。しかし、歌だけはそんなこの世のしがらみを越えて自由です。昔から数多く詠まれてきた歌の数々。そんな歌の裏側には、自由を求めた人々の心の声があったと思うと、これからはまた違った気持ちで歌と接することができそうです。
今回は、宗貞と吉子の登場です。

いつもは藤原定家が語り役ですが、今回は紀貫之が登場です。勅撰和歌集を作ることになった貫之は、喜撰法師のもとを訪れました。そんな2人の出会いから、今回の主役・宗貞と吉子の物語が語られます。

吉子は、絶世の美女として男たちの間で噂になっていました。モーションをかける男は多数いましたが、そんな男たちに吉子は、本当に自分を愛しているなら百日間の間自分のもとへと通って欲しいと、百夜通いをお願いしたのでした。
しかし、誰1人として百日間もの間吉子のところへ通い続けられた者はいなかったのでした。

そんな吉子と幼い頃から兄妹同然に育ってきたのが、宗貞でした。友人たちに祭り上げられた宗貞は、吉子のもとへと通うことになりました。これまで宗貞は、吉子のことを妹のようにしか思ってきませんでした。しかし吉子が後宮へ上がるという話を聞いて、自分の本当の思いに気がついたのでした。

昔から憎からず思っていた宗貞にも、吉子はつれない態度です。吉子は幼い時から、好きな男に守られて生きるのではなく、自分の力で生きていきたいと思っていたのでした。この時代、女性は男性の庇護下にあるのが当然と考えられていましたが、吉子のように精神的に自立した女性がいたのは何だか感動的でした。

そして宗貞は、ついに吉子のもとへと100日通い続けます。しかし、その100日目は大雨でした。宗貞の乗った牛車が橋を渡ろうとすると、橋は増水した川に耐えきれずに崩れてしまったのでした。それでも宗貞はなんとか助かって、吉子のもとへと現れたのでした。約束を果たして欲しいという宗貞に、吉子は宮中に上がりたいという夢が捨てられないことを告げます。吉子の思いの深さを知った宗貞は、その日は吉子のもとへ通えなかったことにして、吉子の希望を受け入れるのでした。

こうして吉子は、宮中へと上がることになりました。こうして宮中へあがった吉子は、後の世で小野小町と呼ばれることになるのでした。
今回のお話、まさか小野小町のお話だとは思わなかったので、最後の説明には本当に驚きました。
今回の登場人物は、前回の藤原高子の息子・陽成院です。

子供なのに帝になってしまった貞明は、わがまま放題に暮らしています。大人の事情で彼が帝に選ばれて、大人の事情でいいように使われていることに気がついていた貞明は、自分も好き勝手に生きてやろうと決めたのでした。
そんな貞明は、ある日宮中でいつもニコニコしている綏子と出会いました。そんな綏子が気になるものの、なぜか貞明は綏子を見ているとイライラしてしまうのでした。

そんな貞明が信頼できるのは、自分の母・高子と自分に仕えてくれている業平だけでした。ある夜、貞明は蛙の鳴き声がうるさくて眠れませんでした。ところが、綏子はそんな蛙の声を楽しそうに聞いていたのでした。それにイライラした貞明は、業平に聞いて宮中に大量の蛇を集めて蛙を食べさせてしまったのでした。
さらに綏子に蛙をけしかけた貞明は、とうとう綏子に嫌われてしまったのでした。・・・この場面、どうして蛇の顔にモザイクがかかっているのでしょうか。(^^; そのせいでなんだか卑猥な感じが。(笑)

そんな中、業平が亡くなってしまいました。信頼できる業平を失った貞明は、ますます荒れて好き放題に振る舞います。あまりに好き放題をやり過ぎて、とうとう帝の位から降ろされてしまったのでした。陽成院となった貞明の元へは、なんと綏子が妻としてやって来ました。そんな綏子に、貞明は他の者もやっているように、別に好きな男を作ってやりたい放題やれと言ってしまいました。

ところがいつもニコニコしている綏子が、この時ばかりは怒りました。今は貞明のことが好きではない綏子ですが、貞明だけを好きになろうと心に決めて嫁いできたのでした。そんな綏子に、貞明は歌を詠んで自分の本当の気持ちを届けます。いろいろと嫌がらせをしたりしましたが、貞明は綏子のことが好きだったのでした。

綏子が茶髪だったり、宮中の人たちのしゃべり方が現代風だったりしますが、淡々とした展開の中になぜか引き込まれるものを感じました。というわけで、視聴継続決定です!
新番組のお試し視聴です。藤原定家をナレーション役にして、百人一首で読まれている歌を紹介していくアニメみたいですね。

第1話では、在原業平と藤原高子。そして業平の兄の行平と弘子の歌が語られました。
当代きってのプレイボーイ業平は、高子に一目惚れしました。業平は早速、歌を届けたりして高子にモーションをかけます。ところが、高子は業平のことを相手にせず、すげない返歌で応じます。そんな高子のところへ、とうとう業平は直接押しかけてくるのでした。

自分は将来帝の后になるのだと、高子は業平を追い返そうとします。しかし、いつの間にか2人は引かれ合うようになってしまうのでした。思いあまった2人は、駆け落ちしようとしますが、追っ手をかけられて挫折します。
その後、予定通り帝の后となった高子は、息子と共に業平の参内を受けます。そんな高子に、業平は昔の恋の思い出を他の者にはわからないような歌にして聞かせるのでした。

後半は業平の兄、行平とその妻・弘子のお話です。プレイボーイの業平と違い、行平は妻である弘子を愛し抜いています。ある日、行平は病気と称して屋敷に引きこもっている業平のところへやって来ました。行平は業平に説教をしますが、業平はそれを聞き入れようとはしません。
2人が対照的な生き方をしている裏には、父親の苦労がありました。それを見た業平は、誠実に尽くしても無駄だと自分の生きたいように生きています。しかし行平は、誠実に生きる中にも道はあると我が道を歩いています。

そんな行平は、昇進して転勤が決まっていました。彼はそのことで妻の弘子に負担をかけているのではないかと気遣います。それでも弘子は、彼のことを気遣ってくれます。そんな弘子に、行平はそれでも何かあったら迷わず駆けつけると約束するのでした。

対照的な2人の兄弟の生き方が描かれたお話でした。業平と行平、2人のうちでは私は行平の方に心惹かれるものを感じました。常はまっとうな生き方をしつつ、それでも何かあったら何もかも投げ捨てて愛する人の元へと駆けつける。失うものが多いだけ、こちらの方が愛が深いように思えましたので。(^^;