日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


4期に渡って続いた「アイカツ!」も、いよいよ今回で最終回です!(T^T)

念願のスターライトクイーンになったあかりは、今日も元気に大空お天気のコーナーに出演しています。あかりがクイーンに選ばれたことで、スタッフさんやおおぞらっこ君があかりを祝福してくれました。仕事を終えたあかりに、いちごから連絡が入りました。何かと思えば、あかりのスターライトクイーン就任を祝って、ごちそうをしてくれたのでした。

とはいえ、会場がいちごの自宅のお弁当屋さんなので、いちご特製ののり弁でのお祝いとなりました。(^^; いちごは、最初から最後までお弁当屋の娘という設定からぶれなかったのも凄いですね。さらに、あおいと蘭も駆けつけて、一緒にあかりを祝福してくれました。

そしてあかりは、クイーン就任のお祝いとして、いちごと一緒にライブを開催することになりました。そして急遽、ルミナスとソレイユの合同ライブ開催が決定したのでした。業界の裏事情に通じているあおいは、ちゃっかりライブ会場も確保しました。スターライト学園にはプロデューサー部門がありませんが、あおいはアイドルとしてだけでなく、プロデューサーとしても活躍できそうですね。

そしてルミナスとソレイユの合同ライブが開催されました。その会場には、これまでの仲間が大勢駆けつけてくれました。ステージを終えたあかりに、いちごはプレゼントがあると言い出しました。しかし、今ではあかりのことを後輩ではなくライバルとして認めているので、追いかけっこで勝負していちごを捕まえることができたらプレゼントをもらえることになりました。

こうしてあかりといちごの追いかけっこが始まりました。途中のチェックポイントでは、ぽわプリやドリアカ、美月とみくるのダブルエム、世界の中心なここね+みやび+ニーナなど、これまでアイカツを盛り上げてくれたアイドルたちが勢揃いです!

斧で木を切り倒したり、崖を登ったり、懐かしのトレーニングメニューを思い出させる内容でした。そしてついに、あかりはいちごを追い抜きました。でも、いちごは実はあかりへのプレゼントを何にするのか決めていませんでした。そんないちごに、あかりが何やら耳打ちします。

ここでいきなり終わりかと思ったら、最後の最後であかりといちごの合同ライブが開催されていました。あかりのお願いが今ひとつわかりませんでしたが、いちごとあかりがお互いに名前で呼び合うことがお願いだったみたいですね。

というわけで、ついにアイカツの完結です!
その第1話は、なんと2012年の10月からの放送でした。最初の放映を見た時は、まさかこんなに続く番組になるとは思いませんでした。全話の感想を書くのは、時にはたいへんな時もありましたが、それでも書きたいと思わせる魅力を持った作品でした。(^^)

基本的にこの世界のアイドルは、ドロドロしたところがなかったのがよかったです。それだけに、毎回のお話を考えるスタッフの方々はたいへんなご苦労をされたと思いますが、そのおかげでこの作品が明るく楽しく、落ち込んでいる時には元気をもらえる素敵な作品になりました。
作品に関わられたスタッフ&キャストの皆様、本当に長い間ありがとうございました&お疲れ様でした!(^^)
ついに新たなスターライトクイーンの決定です!!!

アバンは、前回のスミレのSAランクのフィーバーアピール失敗から・・・。(;_;)
今までの誰よりも会場を盛り上げたスミレでしたが、フィーバーアピールの失敗が響いて、順位は7位でした。
楽屋に戻る前に、ちょっとだけ涙をみせたスミレの姿が印象的でした。でもアピールに失敗しても、今持てる全てを出し尽くしました。そんなスミレの思いも抱えて、あかりはステージに向かいます。

なんと今回は、OPなしでいきなり本編という気合いの入り方でした!
ステージに立つ前に、あかりは昔の自分を思い出していました。その時からいろいろなことがありましたが、今あかりはスターライトクイーンを目指す場所にいます。

そんなあかりのステージは、今までで一番力が入ったものでした。大いに観客を沸かせたあかりは、審査の結果を待ちます。そして発表された順位は、あかりが1位でした!!!
最後の最後でひなきを抜いて、あかりがスターライトクイーンに選ばれたのです!

そんなあかりは、SAランクのフィーバーアピールを出していました。正直、どの辺りがSAだったのか今ひとつわかりませんでしたが^^;、ついにあかりは夢だったスターライトクイーンになったのです!

ステージの後は、上位8名の言葉が語られました。果敢にSAランクに挑んだスミレは、8位に終わりました。しかし、これでスミレのアイドル活動が終わったわけではありません。今回スターライトクイーンになれなかったことで、それを糧に、これからのスミレがどんな風に成長してゆくのか、ますます楽しみになりました。

そしてリサ、凜、のの、まどか、珠璃、ひなきと、それぞれの言葉が語られます。もちろん最後は、あかりの言葉です。
でも思わずほろっとしてしまったのは、学園長の言葉でした。かってあかりは、スターライト学園を不合格になったことがありました。それでも諦めずに、努力を続けた結果、今スターライトクイーンに選ばれたあかりがいるのです。

そして新たなクイーンに選ばれたあかりに、クイーンのティアラを贈るのは、いちごでした!
思い返せば、いちごがあかりを見いだしてくれたからこそ、今のあかりがあるのです。そんなあかりが目指してきたのは、誰かを笑顔にしてあげられるアイドルでした。

授賞式の後に、瀬名さんがあかりの前に現れました。あかりを祝福すると共に、そのドレスをデザインした自分を祝福して欲しくてやって来たのでした。(^^;
そんなあかりと瀬名さんは、本当にいい雰囲気です。そしてあかりがスターライトクイーンに選ばれたことで、瀬名さんはますますドレスを作りたくなりました。

全てが終わり、夜中になって、ようやくあかりは寮へと帰ってきました。それはいつもの部屋ではなく、スターライトクイーンのために特別に用意された場所でした。そこで思わぬサプライズが、あかりを待っていました。なんとクローゼットの中に、スミレとひなきが隠れていたのでした。

スターライトクイーンズカップでは、ライバルとして争った3人ですが、それが終われば仲良しです。その夜は、3人で一緒のベッドで寝ることになりました。そして翌朝の早朝、あかりはいつもの仕事へと向かいます。

というわけで、一瞬今回が最終回かと思うような怒濤の展開でした。
フィーバーアピールの失敗がなければ、クイーンに選ばれていたのはスミレだったかもしれませんね。でも、アピールに失敗して悲しむスミレさえも笑顔にしたあかりこそが、やはり現時点でのクイーンにふさわしかったんだと思います。

そんなアイカツも、いよいよ次回で最終回です。あかりたちの挑戦は続き、またそれに続くアイドルが登場してくるのでしょうが、どんな形で4年間にわたって続いた物語が締めくくられるのか楽しみです!

そうそう。新しいスターライトクイーンの寮の名前ですが、前に珠璃が言っていた「あかりちゃんち」に決まりました!
確かにこれが一番あかりらしい、いいネーミングですね。(^^)
ついにスターライトクイーンズカップも最終日。今回は、スミレとひなきのステージが描かれました!

2日目のメンバーも健闘しましたがトップの珠璃には届かず、スターライトクイーンズカップはついに最終日を迎えようとしています。最終日に向けて、あかりたちは万全の体制で翌日に備えます。アイカツの定番である、トランポリンを使ったスペシャルアピールの練習にも気合いが入ります。

それを終えた後も、スミレはダンスの練習を重ねます。そこへ凜が現れました。ダンシングディーヴァのパートナーとして、スミレの応援に来てくれたのでした。そしてスミレは、凜と一緒にダンスの最終チェックです。

あかりのところには、スキップスのパートナー・まどかがやって来ていました。特に何かしたわけではありませんが、まどかから応援されたことで、あかりはいい感じで肩の力が抜けたようです。

そして、ひなきのところには情熱ハラペーニョでパートナーを組んだ、珠璃が顔を出しました。いつも積極的な珠璃ですが、今回は現時点でのトップに自分が立っていることで、ちょっとモジモジした珍しい珠璃の姿が見られました。
さらに、みくるから花束がひなきの元へと届きました。これでひなきも、ますます気合いが入りました。

そして翌日、スターライトクイーンズカップの最終日。あかりは、大空お天気のコーナーに出演していました。こんな時でも、大空お天気の仕事はお休みにならないんですね。(^^;
番組の中で、おおぞらっこ君やスタッフさんたちからあかりは応援してもらいました。それに応えるためにも、あかりは最高のステージを見せようと決意したのでした。

そしてステージが始まりました。多くのアイドルが、スターライトクイーンを目指してステージに上がりましたが、珠璃には届きませんでした。そしてついに、残るのはあかりたち3人だけとなりました。

最初にステージに立ったのは、ひなきでした。ステージに向かう前に、スミレがひなきの髪型を直してあげる描写がよかったです。そしてひなきは、いつも以上に元気なステージを繰り広げました。そして惜しくもSAには届きませんでしたが、限りなくSAに近いAランクの表かを出して、ついにひなきが珠璃を抜いてトップに立ちました!

続いては、スミレのステージです。スミレも、いつも以上に気合いを入れてステージに挑みます。
スミレのモチーフは、いばらの女王を思わせるクールな雰囲気です。スミレの歌も踊りも、いつも以上の出来で観客は大いに盛り上がりました。そしてついに、SAに挑むチャンスがやって来ました。

前日にスミレは、もしチャンスがあればSAに挑戦すると断言していました。そのチャンスが、本当にやって来たのです。スミレは果敢にSAランクのスペシャルアピールに挑みます。・・・ところが、回転ジャンプした後でバランスを崩して転んでしまいました!(;_;)

スミレが果敢にSAに挑んだことは、学園長や美月にも評価されました。しかし、SAに失敗したことでスミレがスターライトクイーンになれる可能性は消えました。そんなスミレを見守る、あかりやひなきの沈痛な表情。今までのアイカツでは見られなかった、思いがけない展開のまま次回へと続きます。

残るは、あかりのステージだけです。あかりは、ひなきを抜いてスターライトクイーンになることができるのでしょうか。そしてスミレの失敗した、SAランクのスペシャルアピールにあかりも挑むのでしょうか!?

今回のスミレの、アピール失敗には驚きました。あかりたち3人の中では最も実力があるように見えたスミレですが、この失敗は痛いですね。・・・というか、こういう流れでなければ、もしあかりがスターライトクイーンを獲得したとしても、説得力がなくなるでしょうね。この展開を考えた制作スタッフさん、凄いです!(^^)
スターライトクイーンズカップ、第2日目です。今回はのの、凜、まどかがクイーンを目指します!
そして、世界の中心なここねと^^;、みやびも応援に駆けつけました!

スターライトクイーンズカップで全力を尽くしたリサでしたが、残念ながら珠璃の得点には届きませんでした。そんなリサを、ののが待っていました。なんとリサのために、北海道から送られてきた食材で料理を作ってくれたのでした。
編入して間もないのに、いきなりスターライトクイーンに挑戦して、初日の第2位だから凄い結果なのですが、それでもリサは悔しそうです。

この場面で、リサが泣いちゃうかなと思ったのですが、リサは既に次のアイカツのことを考えていたのでした。その代わりに、ののがちょっぴり涙目だったのが印象的でした。そんなリサの思いも胸に、今度はののがスターライトクイーンに挑みます。

そして2日目は、凜とまどかもステージに立ちます。翌日への緊張をほぐすために、2人でアイカツしりとりをしていたのが微笑ましかったです。そしてスターライトクイーンズカップは、第2日目を迎えました。それを応援するために、ここねとみやびが駆けつけてくれました。本当は初日から来たかったそうですが、仕事の都合で2日目からになったのだそうです。

ここねとみやびの姿を見た時、4期に渡って続いたアイカツもいよいよ終わるんだな〜と感慨深い気持ちになりました。
この作品には、たくさんのアイドルが登場しましたが、ゲストキャラのインパクトでは、ここねが一番でした。
ここね役を演じた、伊藤かな恵さんはこういううざ可愛いキャラを演じるのが本当に上手いですね!(^^;

そして2日目のステージが始まりました。まずは、ののがステージに立ちました。のののソロステージって、本当に貴重なレア映像ですね。ののは善戦しましたが、惜しくも珠璃には及ばず暫定2位という結果に終わりました。次にステージに立つのは、凜です。凜はクールでかっこいいステージで、観客を魅了しました。しかし、やはり珠璃には届きませんでした。

最後は、まどかがステージに上がります。凜とは対照的に、こちらは可愛い系のステージです。まどかもがんばりましたが、やはり珠璃には及ばずクイーンの座はつかめませんでした。しかし凜とまどかは、まだ来年があります。次も2人で仲良く、ライバルとして張り合ってくれることでしょう。

こうしてスターライトクイーンズカップの2日目が終わりました。トップは初日から変わらず、珠璃が守り通しています。しかし最終日には、あかり、スミレ、ひなきの3人が登場します。最終的に誰がクイーンになるのでしょうか。その結果が楽しみです!

というわけで、いよいよラストが見えてきた感じのアイカツです。今回印象的だったのは、トップに立っている珠璃をはじめとして、クイーンになれなかったリサも、常に前に進もうとしていたところでした。スターライトクイーンズカップは凄いイベントですが、アイドルとしての活動はそこで終わりではなく、通過点でしかないことを理解している感じが、とってもよかったです。(^^)
スターライトクイーンズカップ、第1日目は珠璃とリサの登場です!

いよいよスターライトクイーンズカップが始まりました。そのステージで、リサは憧れの美月の持ち歌である move on now を歌おうと決めました。それはリサにとって、思い入れのある曲だったのでした。まだ北海道にいた頃、ののと一緒にステージに立ったリサは、ソロで何か歌うように頼まれました。そこで歌ったのが、大好きな move on now だったのです。
その歌は大いに観客を沸かせたのでした。その時のみんなの笑顔が、リサには大切な思い出となっていたのです。

そんな中、クイーンズカップの出場順序が決まりました。リサは、珠璃と一緒に第1日目のラストです。ののと凜とまどかは2日目、そしてあかり、スミレ、ひなきの3人は最終日のステージになります。いきなり第1日目のラストで歌うことになり、リサはプレッシャーを感じます。その上、その時にはゲストとして美月がやって来ることを知りました。憧れの美月の前で move on now を歌うことに、リサは強いプレッシャーを感じることになりました。

それを和らげてくれたのは、珠璃でした。リサは珠璃の主演するドラマに出演させてもらっているのですが、そこで珠璃は有名な女優であるお母さんと一緒に演技をしています。しかし、珠璃はお母さんに負けない演技をしていました。
そんな珠璃も、昔は周囲が自分とお母さんを比べているのではないかとプレッシャーを感じていました。しかし、自分らしい演技をすることが一番大切だと気づいた珠璃は、そのプレッシャーを克服することができたのでした。

珠璃の話を聞いたリサは、ようやく心が決まりました。そして、ついに1日目のステージが始まりました。
リサの前にステージに立った珠璃は、シェヘラザードをモチーフにしたドレスで大いに観客を盛り上げました。今回のステージでポイントとなるのは、新しく導入されたフィーバーアピールです。これは観客の盛り上がりに連動してランクが決まるシステムでした。最高難度はSAですが、珠璃はAランクのアピールを出して、この日のトップに立ちました。

そして次はリサの番です。ののと一緒のステージが多いので、単独でのリサのステージはちょっと新鮮でした。
ののと一緒の時は、楽しく元気な雰囲気ですが、単独だとクールな色気を感じさせるステージでした。このステージも多くの観客の心をつかみ、Aランクのアピールを出しました。しかし総合では珠璃には及ばず、2位という結果になりました。

ステージを終えたリサは、全てを出し尽くして放心状態です。そんなリサの前に、みんながやって来ました。そして美月も、リサのところを訪れました。美月はリサが自分らしく move on now を歌ったことを、とても評価してくれました。それはリサにとって、何よりの褒め言葉でした。

というわけで、第1日目の終了です。久々に珠璃にもスポットが当たってくれて、とてもうれしかったです。
リサは2位という結果でしたが、ついこの間アイドルになったばかりですし、大健闘ですね。
次回は2日目、予告にここねちゃんの姿があったのが、とっても気になります。
スターライトクイーンズカップの開幕を前に、ビッグなゲストが登場する開幕記念ステージが開かれるお話でした。

織姫学園長からの発表で、今年のスターライトクイーンズカップでは開催前に開幕記念ステージが開かれることになりました。しかし、そこに登場するビッグなゲストが誰なのか、あかりたちにはわかりません。あかりたちは、ぽわプリではないかと予想しましたが、それはぽわプリメンバーによって否定されました。それならソレイユかと、あかりたちの予想は続きます。

そこにジョニー先生がやって来ました。ジョニー先生なら、誰が来るのか知っているかと思いきや、秘密を黙っていられない性格なのを学園長に見抜かれて、ジョニー先生には誰が来るのか知らされていませんでした。
そこでジョニー先生は、自らが探偵となって調査を開始したのでした。

ジョニー先生は、いちごの実家にやって来ました。学園長と一緒に伝説のアイドル・マスカレードをやっていた、いちごのお母さんなら、誰が来るのか知っていると考えたのです。しかし残念ながら、いちごのお母さんは買い出し中でした。
でもその代わりに、ソレイユの3人が店番をしていました。ものすごい贅沢なお弁当屋さんですね。(^^;

いちごたちから話を聞いたジョニー先生は、マスカレードがステージに立つのではないかと目星をつけました。
しかし、それは完全にはずれていました。そして、ついにビッグなゲストの正体が明かされます。
それは美月とみくるの2人でした。みくるの夢の実現のために解散したダブルエムが、復活してステージに立つというのです!!!

サブタイトルでゲストの正体はほぼばれていましたが^^;、久々にステージに立ったダブルエムの貫禄は凄いです。
しかし、ダブルエムの復活はこの日限りになりそうです。みくるが、美月と同じ場所に立てるアイドルになると宣言したからです。アイカツ界のラスボス的な存在である美月に、正面きってそう言い切れるみくるがかっこよかったです。

というわけで、スターライトクイーンズカップはダブルエムの登場でいきなり盛り上がりました。これからステージに立つあかりたちにとっては、さらにハードルが高くなった感じですね。新たなスターライトクイーンに選ばれるのは、誰なのでしょうか!?
あかりたちが、ドリアカーニバルに出かけるお話しでした。

スターライト学園がスターライトクイーンズカップで盛り上がっているように、ドリアカもドリアカーニバルで盛り上がっていました。それを知ったあかりたちは、自分たちのステージの参考にしようと、ドリアカへと出かけるのでした。

というわけで、久しぶりにドリアカメンバーの登場です。セイラにきいちゃん、そら、マリアと次々とドリアカメンバーが登場しました。その会場には、ドリアカの取材にライチもやって来ていました。そんな中、ティアラ学園長はドリアカには期待の新人がいると思わせぶりな様子です。

ドリアカにも新入生として新キャラが登場なのかと思いきや、なんとセイラの妹のノエルがアイドルを目指すためにドリアカに編入していたのでした。ノエルはセイラへの憧れと、あかりたちの活動に勇気づけられてアイドルになりたいと思ったのでした。アイドルとしてステージに立つのは、まだ先のようですがセイラとノエルの2人が姉妹アイドルとして活躍する日が来るかもしれませんね。

今回のステージは、セイラ、きいちゃん、そら、マリアの単独ステージ+4人そろってのステージと盛りだくさんでした。そんなセイラたちに刺激されて、あかりたちもスターライトクイーンズカップをもっとがんばろうと決意するのでした。

というわけで、久々にドリアカのお話でした。スターライトのように、ドリアカも新しいアイドルが登場するともう少し盛り上がりそうな気がしますが、忘れられそうになった頃にエピソードがはいる今の状況だと、それも難しそうですね。(^^;
まどかと凜が、一緒にライブをするお話でした。

このところ凜とまどかは、お互いに仕事が忙しくて、なかなか一緒にいることができません。朝と夜にだけ顔を合わすことも多いのですが、2人の絆は今まで以上に深まっていました。そんな中、まどかが忙しい合間を縫って、凜と一緒にライブをする企画をたてました。凜も久しぶりのまどかとのライブに、大いに乗り気になっています。

そしてライブに向けて、2人は時間をやりくりして一緒にアイカツする時間を増やしました。そんな2人を、あかりたちも見守っています。2人がスターライト学園に入学してきた時は、クール系の凜とかわいい系のまどかと方向性が違うように見えましたが、ルームメイトになって一緒に生活している間に2人の間には強い絆が生まれていたのでした。

まどかと凜は、久しぶりに一緒のステージに立てるということで、ライブ前の練習にも今まで以上に熱が入ります。
さらに練習だけでなく、凜はまどかを外へと連れ出しました。一応2人は変装して出かけましたが、2人の放つアイドル・オーラは一般人にはバレバレだったのでした。

凜はまどかの誕生日を覚えていました。それでまどかのために、ケーキを用意していたのでした。それだけでなく、きれいな夕日が見える場所まで用意して、まどかにサプライズを喜んでもらおうとしていたのでした。まどかと凜が一緒に出かける場面、ほとんどデート状態でしたね。(^^; というか、まどかのためにいろいろと用意した凜が男前すぎます。(笑)

そしてライブでは、2人は今まで以上に息の合ったところをみせて、観客を魅了したのでした。着実に実力をつけてきている2人が、スターライトクイーンズカップでどんな結果を残すかも楽しみです!(^^)

というわけで、久々の凜とまどかがメインのエピソードでした。2人がライブの曲を決めるために、過去のいちごたちのステージを見て研究しているのが印象的でした。いちごにあおい、おとめちゃんにユリカ様、それにドリアカのセイラといちごのユニット・ツウィングスまで登場したのが驚きでした。
次回は久しぶりにドリアカのメンバーが登場するようなので、その前振り的な意味合いもあったのかな。
あかりの笑顔で、ドリーミークラウンの新作ドレスが完成するお話でした。

スターライトクイーンズカップの開催も近づき、各アイドルはますます気合いが入っています。スミレとひなきは、既にスターライトクイーンズカップ用のドレスを用意していましたが、あかりのドレスはまだ完成していませんでした。そこであかりは、瀬名さんの様子を見るために出かけるのでした。

瀬名さんは、デザイナーとしては天才タイプらしいです。イメージが固まると、一気にそれを形にしてしまうのだそうです。しかし、そんな瀬名さんが今回は悩んでいました。一度はドレスを完成させたのですが、日々進化しているあかりに対応するには、将来のあかりの成長まで見込んだドレスにする必要があると気づいたのでした。その作業が、予想外に難航していたのでした。

そこにあかりがやって来ました。あかりは真剣に仕事に取り組む瀬名さんの姿に、感動しました。そして瀬名さんは、あかりの笑顔によって救われたのでした。アイドルとデザイナー、それぞれが精進し合ってより高いところを目指していく。あかりと瀬名さんの関係は理想的ですね。(^^)

瀬名さんのところから帰る途中、あかりは久しぶりに実家に立ち寄りました。あかりはそこで、お母さんと昔の話をしました。昔は泣き虫だったあかりは、ある時から無理にでも笑おうとするようになりました。そんなあかりの笑顔に、お母さんの心も和みました。そして今、あかりの笑顔は多くのファンを元気にしています。あかりの最大の武器は、この笑顔ですね。

そして久しぶりに、あかりの単独ステージが行われることになりました。そこへ瀬名さんが駆けつけてきました。
ようやく新しいプレミアムドレスが完成したのです。あかりは、その新しいドレスを着てステージに立ちました。そして最高の笑顔で、みんなを元気にしたのでした。

ますます盛り上がってきたスターライトクイーンズカップで、誰が新たなクイーンに選ばれるのか楽しみです!
ひなきが、みくるからアドバイスをもらうお話でした。

スターライトクイーンズカップにエントリーしたことで、最近のひなきはモデルの仕事にも今まで以上に気合いが入っています。しかし、ライバルにはあかりやスミレなど強敵がたくさんいます。そこでひなきは、ヴィヴィッドキスのデザイーなー・KAYOKOさんのところに訪れました。そしてKAYOKOさんに、スターライトクイーンを目指すためのプレミアムドレスを作って欲しいとお願いするのでした。KAYOKOさんは、それを快諾してくれました。

そんな時ひなきは、同じヴィヴィッドキスを愛用しているアイドル・みくるがステージに立っていることを知りました。
ガーディナーズカップで優勝するためにアイドルを引退したみくるでしたが、なんといつの間にかガーディナーズカップで1位を獲得して、再びアイドルとして活動を始めていたのでした!(^^;

みくるのステージを見たひなきは、KAYOKOさんと一緒にみくるの楽屋に訪れました。そこでみくるは、気さくにひなきを迎え入れてくれました。そして、新しいプレミアムドレスのアイディア探しに付き合ってくれることになりました。
3人で街をまわって楽しい時間があっという間に過ぎてしまいました。ひなきは、このままお別れするのが名残惜しそうです。

それはみくるも同じだったようで、このままKAYOKOさんの別荘で合宿しようということになりました。
ところがKAYOKOさんは、テレビの仕事が入っていることを忘れていました。しかし、ここでもみくるが機転を利かせて、3人で一緒にドレスを考えているところを収録したらどうかとスタッフさんに提案しました。それが採用されて、KAYOKOさんとみくる、ひなきが一緒にドレス作りをする様子が収録されたのでした。そのおかげで、いいアイディアが次々と生まれたのでした。

しかし、それでもまだひなきは不安を感じていました。あかりやスミレが出した、フィーバーアピールを自分も出すことができるのか悩んでいたのです。そんなひなきに、みくるがアドバイスしてくれました。みくるのアイドルとしてのスタートは、いきなり美月という大きな存在と一緒に活動することでした。それはみくるに大きなプレッシャーでしたが、ある時みくるは自分は美月ではなくて自分だと気づきました。そうして常に自分のベストを尽くし、自分が満足できることが何より大切だと気がついたのです。フィーバーアピールを出すことや、スターライトクイーンになることは、その結果として後からついてくることだと教えてくれたのでした。

そのおかげで、ひなきは自分らしく暴れる覚悟を決めました。その手始めに、みくると一緒に改装することになっていたKAYOKOさんの別荘をペインティングしたのでした。かなり芸術が爆発したペインティングでしたが^^;、KAYOKOさんはそれを気に入ってくれました。その上、それをヒントに新しいプレミアムを作り出したのでした。

こうしてひなきは、KAYOKOさんの新しいドレスを着てステージに立ちました。そのドレスはとてもカラフルというか、トロピカルというか、色彩があふれていて元気なひなきにぴったりでした。そのステージで、ひなきはフィーバーアピールを出すことに成功しました。ひなきがまた1つステップアップしたことで、スターライトクイーンを巡る争いがますます白熱してきましたね。(^^)

というわけで、久々のひなきがメインのお話でした。みくるにKAYOKOさん、2人とも自分は自分でしかないことをよく知っていました。その上でベストを尽くす姿勢は、ひなきだけでなく視聴者の心も動かすものだったと思います。
そうそう。今回EDのキャストを見ていて気がついたのですが、みくるのフェレットの声はいちご役の諸星すみれさんが演じられていたんですね。(^^; ものすごい贅沢なキャスティングですね。(笑)
スターライトクイーンズカップへの出場に向けて、リサの微妙な思いが描かれたお話でした。

スターライトクイーンを目指して、今日もあかりたちはアイカツを続けています。そんな中、無邪気にスターライトクイーンズカップへの出場を決めたののに対して、リサは複雑な思いを抱いていたのでした。スターライトクイーンズカップは、ユニットではなく個人でエントリーすることになります。生まれてからずっと仲良しだった2人ですが、スターライトクイーンズカップではライバルとなってしまいます。どちらかがクイーンに選ばれれば、もう一方は確実に選ばれません。そこがリサの心に引っかかっていたのでした。

そんな中、メイクイーンカップというジャガイモのイベントが開かれることになりました。ののとリサは、そこに一緒に出場することになりました。どこまでいってもジャガイモがついてまわる2人なんですね。(^^;
そこには、あかりたちもエントリーしていました。しかし、ジャガイモにかけてはリサとののはベテランです。あかりたちを押しのけて、ののとリサの2人が決勝戦で対決することになりました。

その審査員を務めていたのが、ドーリーデビルのデザイナー・ルーシーさんでした。リサは、ルーシーさんに自分の悩みを打ち明けました。そのおかげで、2人が離れたからこそ見えてくるものもあるとルーシーさんは教えてくれたのでした。しかし、その時点ではリサはルーシーさんの言葉が今ひとつわかりませんでした。

そしていよいよ、決勝戦です。ののとリサの2人は、ジャガイモ仕分け対決をすることになりました。ジャガイモの仕分けは、2人は北海道にいた時からやっているので手慣れています。これまでにも2人で勝負してきましたが、お互いに譲らず50勝50敗となっていました。2人は、今回の勝負でどちらが真の勝者となるかを決めようとします。でも結局、この勝負は引き分けに終わり、メイクイーンカップの優勝者は2人になったのでした。

最後はそんな2人が、ドーリーデビルの新作プレミアムドレスを着てのステージです!
ステージは大いに盛り上がりました。そしてリサは、スターライトクイーンズカップでののとライバルになっても、2人の関係はずっと変わらないことに気づいたのでした。

というわけで、このところ出番が減っていたリサとののがメインのお話でした。この2人のキャラ(特にリサ)は、今までのアイカツにはない微妙な心情が描かれることが多くて面白いですね。今回のエピソードも、丁寧にリサの気持ちが描かれていて引き込まれました。(^^)
あかりが風邪を引いた瀬名さんのお見舞いに行くお話でした。

スターライトクイーンズカップでの優勝に向けて、あかりはどんなステージにしたらいいか考え続けています。単に自分が優勝するだけでなく、見てくれたお客さんにどうしたら喜んでもらえるか悩むあかりの姿に、学園長たちはあかりの成長を感じるのでした。

その決め手となるのは、やはりドレスです。まどかから、アイドルとデザイナーはお互いに高め合う存在だと聞かされたあかりは、さっそく瀬名さんのところに電話しました。ところが瀬名さんは、風邪を引いて調子が悪いようです。それを知ったあかりは、瀬名さんのところにお見舞いに出かけるのでした。

そこであかりは、瀬名さんが描いたたくさんのスケッチを目にすることになるのでした。自分のために瀬名さんが、こんなにもたくさんのデザインを考えてくれていると知って、あかりはますます気合いが入りました。そして、あかりと噺をしたことで、瀬名さんにも得るものがあったようです。

今回は、久々にあかりの単独ステージでした。あかりの前にまどかのステージもあったようですが、残念ながらこちらは映像なしでした。(^^;

そして瀬名さんは、新しいドレスのアイディアを思いつきました。それがどんなドレスになるのかは、これからのお楽しみですね。

というわけで、今回はあかりと瀬名さんがラブラブなお話でした。(^^;
あかりがキッチンで料理しているところを瀬名さんが見守る場面は、なんだか夫婦になった将来の2人の姿を見ているようでした。
新年最初のアイカツでは、いよいよスターライトクイーンズカップがスタートです!

最初の挨拶は、いつものあかりに加えて、スミレとひなきも一緒でした。新年っていう感じでいいですね。
そして、物語本編ではいよいよスターライトクイーンズカップが始まりました。エントリーを前に、歴代のスターライトクイーンの3人が、それぞれにスターライトクイーンへの思いを語ってくれました。さらに、3人のステージもあったのですが、こちらはちょっと扱いが軽すぎて残念でした。(^^;

あかりとひなきは、スターライトクイーンを目指すことに迷いがありません。スミレもその思いは同じですが、何か心にわだかまりを感じていたのでした。自分のアイカツを通じて、みんなを笑顔にしたいというあかり。いっぱい仕事を増やして、みんなをもっと元気にしたいひなき。スミレは、自分の大切なことは何なのか考え続けていたのでした。

しかし、あかりたちと話をしたおかげで、その思いに気づくことができました。歌が大好きなスミレは、歌で一番になれるアイドルになりたいと気づいたのでした。テレビのインタビューでスミレの決意を見たロリゴシックのデザイナー・夢小路魔夜さんは、スミレのために新しい衣装を作ってくれました。それがイバラ姫をモチーフにした衣装でした。

その衣装を着て、スミレはステージに上がりました。ダンシングディーヴァとして活動していた時もそうでしたが、この新しい衣装のスミレは、よりクールビューティーぶりが引き立っていた感じでした。お天気お姉さんが定着して、ステージでは今ひとつ華やかさに欠けるあかりに対して、これは大きなアドバンテージですね。

新たなスターライトクイーンに選ばれるのは、果たして誰なのでしょうか!?
本命はあかりだと思いますが、スミレでもおかしくない感じです。大穴は、やはり珠璃ですね。(^^;
今年最後のアイカツは、ルミナス・ジャパンツアーの最終日が描かれました。

全国各地を回って行われた、ルミナスのツアーもいよいよクリスマスイブで最後です。ファイナル・ステージの会場は、スターライト学園です。このステージを見るために、沖縄から凜の友達・波照間みなみもやって来ます。雪を見たことがないみなみの話題から、ファイナル・ステージの日に雪が降るといいねという話に。でも、お天気お姉さんのあかりの情報では、クリスマスイブに雪が降る確率は奇跡的に少ないのだそうです。

そんな時あかりたちは、アイカツ中のいちごと出会いました。雪の話を聞いたいちごは、雪がなければ持ってきちゃえばと、相変わらず突き抜けた発言です。それを聞いたののとリサは、その話題をキラキラッターで配信しました。すると、2人の話題に反応してくれたファンが、全国に大勢現れました。こうしてファイナル・ステージにあわせて、全国から雪が運ばれるプロジェクトがスタートしたのでした!

あいにくの暖冬で、北海道から運ばれる雪は途中で解けてしまわないか心配でしたが、青森や秋田など運送途中の県でファンの人達が雪を補充してくれました。そして秋田のアイドル、なまはげのお面をつけて踊る花輪やよいちゃんが登場しました。なんか凄いインパクトのあるアイドルですね。(^^;

こうして全国からスターライト学園にたくさんの雪が集められました。そしていよいよ、ルミナスのツアー最終ステージです。最終ステージでは、サプライズとして美月、いちご、珠璃がルミナスと一緒にサンタコス風の衣装でステージに立ちました。アイカツ界の黒幕・美月まで引っ張り出すなんて凄いですね。(^^;
個人的にうれしかったのは、珠璃がステージに立ってくれたことです。あかりたちが発展途上の時、アイカツの楽しさを支えた重要なキャラですからね!(^^)

そして全てのステージが終わった時、空から雪が舞い落ちました。ルミナスのファイナル・ステージ終了を祝うかのように、天からの贈り物が届いたみたいでした。というわけで、今年のアイカツは終了です。来年はいよいよ、スターライト・クイーンを目指してのお話が始まるようです。来年のアイカツも楽しみです!
アイカツの世界も、年末進行で大忙しです!

新年番組の予定がたくさん入ったので、ののとリサは今年は北海道に帰省しない予定でした。でも、新年の番組は年が変わる前にまとめて収録しておくので、帰省しても大丈夫だとあかりから教えてもらったのでした。・・・仕事のオファーを受けた時点で、収録がいつ行われるか気づきそうな気もしますが^^;、小さな子供たちに芸能界の仕組みを教えるにはよかったかも。

そして、大忙しの年末進行が始まりました。ののとリサは、次から次へと仕事をこなして大忙しです。でも、ルミナスやソレイユは、それ以上にたくさんの仕事をこなしていたのでした。さらに、新年かくしまくり芸大会という番組では、アイドルが隠し芸を披露することになっています。今年はみんなでジャグリングをすることになりましたが、その練習も仕事の合間にしなければならないのでたいへんです。

そんな中、東西対決の番組に出演するために、大阪のお笑いアイドル・堂島ニーナも東京にやって来ていました。あかりたちに勧められて、ののとリサはニーナの仕事ぶりを見学させてもらうことができました。2人はニーナの見ている人に楽しんでもらいたいというパワーに圧倒されるのでした。

さらに、ののとリサはソレイユの3人とも出会いました。ここでも2人は、ソレイユの仕事ぶりを見学させてもらうことができたのでした。久しぶりに、いちご、あおい、蘭のやり取りを聞くことができて楽しかったです。

そうそう。ののとリサは、珠璃やまどか、凜と一緒にドラマにも出演していました。バニラチリペッパーの3人でも、一緒に仕事をすることがあるんですね。そうかと思えば、スミレ&凜のダンシングディーヴァのステージもありましたし、いろいろな組み合わせで様々な仕事をこなしているのが凄いですね。

今回のステージは、のの&リサとダンシングディーヴァでした。ののとリサの楽しい感じのステージもよかったですし、ダンシングディーヴァのクールでかっこいいステージもよかったです。特にダンシングディーヴァは、以前にも増してかっこよさに磨きがかかったような気がします。(^^)

ということで、アイカツも年末進行なお話でした。私も年が明けるまでに片付けなければいけない仕事が残っているので、がんばらなくっちゃ!
アイカツ! ドレスアップドール あかりあかりたちが、DANDAI(笑)から発売されるオモチャの企画に協力するお話でした。

あかり、スミレ、ひなき、珠璃、凜、まどか、のの&りさっぺに仕事のオファーが来ました。オモチャ・メーカーのDANDAIのCMに出演して欲しいというのです。早速あかりたちは、DANDAIの本社に顔を出しました。あかりたちが出演するのは、ハピネストイズという女の子向けの新しいブランドです。その責任者の中屋さんは、とっても熱い人でした。

CMに出演するだけかと思ったら、あかりたちは企画段階から関わることになりました。発売前のオモチャのテストのために集められていた子供たちは、本物のあかりたちに会えてとてもうれしそうです。それを見ていた中屋さんは、アイドルをモチーフにした人形を発売することを思いつきました。人形がアイドルに似ているのはもちろん、なんと衣装までも本物そっくりに作ることにしたのでした。

デザイナーさんの協力が得られるか心配でしたが、中屋さんからコンセプトを聞いたデザイナーさんはみんな喜んで協力してくれました。ただドリーミークラウンの瀬名さんは、試作したドールの衣装に少し手を加えたいようです。また、まどかの祖母である天羽先生は、この時期は仕事が忙しくて中屋さんは簡単には会うことができないでいたのでした。

天羽先生が忙しいのは、エンジェリーシュガーが発売している熊のぬいぐるみ、エンジェリーベアーの制作が忙しいからでした。なんと天羽先生は、1つ1つのエンジェリーベアーをチェックしてから販売していたのでした。(^^; 天羽先生自身の手縫いだから、量産は難しそうだけど大丈夫なのかな。(笑)

まどかに連れられて、天羽先生の仕事場に赴いた中屋さんは、そんな天羽先生の仕事ぶりに大感激しました。そして、今回のCMの中で、ぜひエンジェリーベアーを使わせて欲しいとお願いするのでした。それを天羽先生も快諾してくれ、瀬名さんの手によってパワーアップしたあかりドールの衣装も完成して、無事にCMは完成したのでした!

今回は珍しく、あかりたちのステージはなしです。大人目線で見ると、アニメのスタッフさんも、ここまでスポンサーに媚びなくてもと思ってしまいました。(^^;
アイカツの人形は本当に発売されているのかなと思ったら、メガハウスというところから発売されていました。知らない会社だったので調べたら、バンダイが100%出資している子会社でした。

今回、1つ気になったのは、あかりがエンジェリーベアーのCMを見た年齢です。
CMにはいちごが登場していましたが、あかりはまだ幼稚園くらいでした。現在いちごは高校生で、あかりは中学生ですから、年齢差は3〜4歳くらいのはずです。いちごがデビュー直後にエンジェリーベアーのCMに出演したとしても12歳ですから、その当時のあかりは8〜9歳くらいでないとおかしいですよね。(^^;
ルミナスとニーナが合同で、お笑い届けますツアーという番組に出演するお話でした。

ニーナのステージをルミナスの3人が見ていたことで、思わぬ仕事が舞い込みました。あかりたち3人とニーナが合同で、みんなに笑いを届ける企画が用意されたのでした。以前バラエティ番組に出演したことで、お笑いの厳しさを知っているルミナスでしたが、これも勉強だと挑戦することになりました。

4人が最初にやって来たのは、老人ホームでした。そこで笑いを届けようとしたのですが、あまりに若いあかりたちの姿に、笑うよりも感心されてしまいました。その上、大阪本場のお笑いパワーで、笑いを届けるというよりは、笑われてしまったのでした。(^^;

次は、女子高生が多く集まっている場所でのステージです。でも、ここでもあかりが着ぐるみを着て登場しただけで、もう笑いが起きてしまいました。何をしてもおかしい年頃の女子高生が相手とはいえ、計算されたお笑いで笑いをとりたいニーナにとっては屈辱でした。

そして最後にやって来たのが、幼稚園でした。しかし、この幼稚園はただの幼稚園ではありませんでした。お笑いに対して厳しい目を持つ伝説のお笑いマスターと呼ばれる幼稚園児・ケンちゃんがいたのでした。ケンちゃんを本気で笑わせたお笑い芸人は、その後みんなブレイクしています。お笑いアイドルのニーナとしては、なんとしてもケンちゃんに笑ってもらいたいところです。

事前に仕込んだネタを、次々とルミナスとニーナは披露します。園児たちは大爆笑ですが、ケンちゃんだけはオチを見抜いてしまいます。そして最後の浦島太郎ネタで勝負に挑みます。ここまでニーナは、勝負を意識して大切なことを忘れていました。それは勝敗よりも、相手に笑顔を届けたいという気持ちでした。

そんなニーナの気持ちが、ついにケンちゃんに届きました。最後のネタは、ケンちゃんの予想を超えたもので、ケンちゃんも大笑いしてくれたのでした。そして最後は、前回に続いてニーナのステージでした。

今回でルミナスの大阪でのツアーは終わりましたが、今度はニーナがスターライト学園にやって来ると楽しそうですね。
そうそう。ルミナスとニーナの裏で、4人の番組を見ながら珠璃が熱く語っていたのも印象的でした。(^^; やっぱり珠璃の存在感は凄いですね。
大阪のお笑いアイドル・堂島ニーナが登場するお話でした。

ルミナスの3人は、ツアーで大阪へとやって来ました。そこで3人は、お笑いアイドルの堂島ニーナと知り合ったのでした。ニーナは大阪にあるお笑い学校・なにわ天下一学園のアイドルコースに通っています。バラエティー番組にアイドルが登場することが増えたこともあり、お笑い学校にもアイドルコースができたのでした。

ニーナは徹底的に計算して笑いを取っていました。その姿に、あかりたちは驚かされるのでした。元々はニーナは、大阪の出身ではないので、関西弁はインチキです。でも、それすらも笑いに変えてしまうパワーをニーナは持っていたのでした。

以前は勉強好きな真面目な子供だったニーナですが、あるとき自分が笑顔になれるのはアイドルのステージを見ている時と、お笑い番組を見ている時だと気がつきました。自分も誰かを笑顔にできるような人になりたいと、ニーナはお笑いアイドルを目指すことになったのでした。

今回の出会いは、あかりたちにとってもニーナにとっても大きな収穫があったようです。次回も大阪のお話が続くようなので、ニーナのキャラがもっと掘り下げられるといいですね。
自称パーフェクト・レディなアイドル、西園寺つばきが登場するお話でした。

沖縄での仕事を終えたルミナスは、スターライト学園へと帰ってきていました。思った以上にハードなツアーに対応するために、今日もあかりたちはアイカツに余念がありません。そんなあかりの様子を、誰かがうかがっていました。それは隣のクラスの西園寺つばきでした。自称パーフェクト・レディなアイドル・つばきは、あかりと同じドリーミークラウンのドレスに魅せられていました。しかし、瀬名さんは忙しくて、なかなか会うことができません。

あかりの近くに、いつも瀬名さんが現れると聞いたつばきは、瀬名さんに会うためにあかりにつきまとっていたのでした。
同じブランドのドレスが好きということで、あかりはつばきを応援することにしました。仕事にもつばきが同行して、アイカツも一緒に行います。アクティブに活動するあかりと一緒にいたことで、つばきは自分がまだまだパーフェクト・レディにはほど遠いことを思い知りました。

瀬名さんは、あかりのステージを見るためにやって来ました。そこでつばきは、ようやく瀬名さんと会うことができました。しかし、つばきはそこで瀬名さんにドレスを作って欲しいとは頼みませんでした。ドリーミークラウンのドレスをつばきが着るのは、もっと成長してからだと気がついたのです。つばきが瀬名さんにドレスを作ってもらえる日も遠くなさそうですね。

唐突に現れた新アイドル・西園寺つばきですが、「ちゃお」に連載されているマンガ版「アイカツ」の主人公なんだそうです。個人的には、最初に見た時の印象はプリキュアのキュアエースを思い出しました。(^^;

次回は、ルミナスが大阪に出かけることになるようです。
今回は、あかりたちが出演するドラマ「アイドル戦記オオゾラッコーン」を視聴する番外編でした。

ののとリサは、ドラマが始まるのを待ち構えていました。2人もちょい役で出演したドラマ、「アイドル戦記オオゾラッコーン」が放映されるからです。

「アイドル戦記オオゾラッコーン」は、未来の宇宙を舞台にした作品でした。ギャラクシー・スターライトと呼ばれるアイドル船は、多くのアイドルがいろいろな星をまわってアイドル活動しているのでした。しかし、それを快く思わない者がいました。ジャージこそが最高の服だと信じる、ジョニー先生でした。

ジョニー先生は、宇宙中の服を全てジャージーに替えてしまおうとしていました。それに対抗するために、学園長はあかりに着ぐるみ型メカ・オオゾラッコーンで戦うように命じたのでした。これを開発したのは、ドリーミークラウンのデザイナー・瀬名さん・・・ではなく瀬名博士でした。

あかりがオオゾラッコーンとのシンクロに苦労する中、ジョニー先生が学園に放ったたスパイが暗躍します。それは、ダンスが大好きでジョニー先生を尊敬する凜でした。凜にジャージを着せられたスミレは、すっかりジャージの虜になってしまいました。しかし、スターライトにやって来てアイドルたちのドレスを見た凜には迷いが生まれていました。ジャージの機能性とは別に、アイドルたちのドレスも素敵だと思うようになったのです。

そんな凜を救ったのは、友人のまどかでした。ドレスも好きなことを認めた凜は、あかりたちに協力することになりました。凜の指導もあり、あかりは自由自在にオオゾラッコーンを操れるようになりました。そしてついに、あかりたちとジョニー先生たちとの戦いが始まりました。

あかりたちは不思議な光線で、ジャージ姿の女の子たちを次々にドレス姿に変えていきました。しかし、あまりにも敵の数が多すぎて、あかりたちは苦戦するのでした。それを助けたのは、あかりの先輩たちでした。いちごにあおい、蘭、おとめ、さくら、ユリカ様が加わって、形成は一気に逆転しました。

こうしてあかりたちは、ついにジョニー先生を改心させることに成功したのでした。そんなジョニー先生を、ダンスの指導者として学園長は迎え入れました。こうして宇宙に平和が戻ったのでした。

ののとリサの出番は、本当にちょっとだけでしたね。(^^;
ギャラクシー・スターライトのデザインがマクロスみたいだったり、オオゾラッコーンの発進シーンがガンダムみたいだったり、ジョニー先生を倒した兵器がイデオンのイデオン・ガンみたいだったり、スタッフが楽しんで作っている気持ちが伝わってきました。

ただこの内容で、本来の視聴ターゲットであるはずの、小さな女の子たちは楽しむことができたのでしょうか!?
それだけが視聴後に気になりました。
沖縄のアイドル・波照間みなみの登場です!

寄り道したので時間がかかりましたが、ルミナスはようやく沖縄までやって来ました。そこでルミナスの3人は、沖縄のアイドル・波照間みなみと出会ったのでした。みなみは美ら海ビートアカデミーに通うアイドルでした。そしてスターライト学園の凜と友達だったのでした。

みなみと凜が出会ったのは、まだ小学生の時でした。その時からダンスが大好きだった2人は、東京で行われたダンス大会に出場しました。ステージを前に、凜は緊張でガチガチでした。それをリラックスさせてくれたのが、みなみだったのです。そして、その大会で凜が優勝、みなみは準優勝でした。2人はそれ以来の仲良しで、いつか沖縄で一緒に踊ろうと約束していたのでした。

今回、沖縄で行われるダンスフェスティバルの前座として、ダンシングディーヴァに声がかかっていました。しかし、その日は凜は別の仕事が入っていて、ギリギリで参加できるかどうか微妙なところです。そこでダンシングディーヴァは、サプライズゲストという扱いで当日を迎えたのでした。

みなみと会いたい、そして昔交わした、一緒に沖縄で踊るという約束を果たしたい。そんな気持ちで凜は、いつも以上にモデル撮影の仕事に気合いが入っています。学園長とジョニー先生のフォローもあって、ギリギリで凜はフェスティバルに間に合いました。そして凜は、まずはスミレと一緒にダンシングディーヴァとしてステージに立ちました。ダンシングディーヴァのステージは、相変わらずクールでかっこいいです。欲を言えば、もう少し凜のダンスシーンがあるとよかったかも。

そしてステージを終えた凜は、みなみをステージへと誘いました。そこで2人は、長年の約束を果たして、2人でダンスを繰り広げたのでした。2人は久しぶりの一緒にステージなのに、それを感じさせないくらい息がぴったり合っていました。

というわけで、ルミナスの沖縄ツアーがメインかと思いきや、みなみが凜の友達だったことで、いきなり凜にスポットが当たりました。スターライト学園では、あかりたちが留守の間にリサとののががんばっていますし、久しぶりにダンシングディーヴァのステージも見られて楽しかったです。

そうそう。そういえば、リサはみんなにリサっぺと呼ばれることを公認したんですね。(^^; まあ、下級生のまどかからもリサっぺさんと呼ばれてましたから、こうなるのは時間の問題だったんでしょうが。(笑)
TVアニメ/データカードダス「アイカツ!」4thシーズンOP/ED主題歌「START DASH SENSATION/lucky train!」ののとリサが、ドーリーデビルのデザイナーさんにプレミアムドレスを作ってもらうお話でした。

ルミナスは沖縄を目指して進んでいます。その間に、スターライト学園では新しい動きがありました。先日放映されたトキメキカラットのCMがきっかけで、ののとリサに仕事のオファーが来たのです!
それはなんと、アーバンガールズコレクションのお仕事でした。アーバンガールズコレクションは、ファッションに関心がある女の子たちに絶大な人気があるのでした。北海道にいた頃から、リサとののはアーバンガールズコレクションに注目していたのでした。

そんな憧れの舞台での仕事ということで、ののとリサはますます気合いが入ります。そして、そのステージに立つためには、最初のステージで2人をより輝かせてくれたドーリーデビルのプレミアムドレスが欲しいと思ったのでした。
まどかたちにデザイナーさんのことを聞いた2人は、プレミアムドレスを作ってもらえるようにお願いしに出かけたのでした。

とはいえ、これまで北海道の田舎暮らしをしていた2人にとって、大都会の雑踏は想像を絶するものでした。人混みではぐれないように注意していたのに、ののとリサは離ればなれになってしまったのでした。しかし、これが思わぬ出会いにつながりました。

ドーリーデビルのデザイナー・如月ルーシーさんは、ちょっとしたハプニングから得られるインスピレーションを大切にしているデザイナーでした。リサとはぐれたことで、ののはお忍び中のルーシーさんと偶然出会ったのでした。ルーシーさんの服をクレープで汚してしまったののは、公園を見つけてシミが残らないように服を拭き取ります。そんなののと、ようやくリサは合流できたのでした。

2人に関心を持ったルーシーさんに、ののとリサは自分たちはアイドルだと話しました。そして、今日はドーリーデビルのデザイナーさんに会うためにやって来たのだと告げたのでした。その場ではルーシーさんは、自分の正体を明かしませんでした。しかし、ののとリサとの出会いが、ルーシーに新しいデザインのインスピレーションを与えたのでした。

ようやくルーシーさんのところにたどり着いたリサとののは、ルーシーさんの正体が先ほど出会った女性だと知って驚きました。2人の熱い思いを知ったルーシーさんは、2人のためにプレミアムドレスを作ってくれたのでした。
そして、ののとリサはそのドレスを着てアーバンガールズコレクションのステージに立ちました。そのステージは大いに盛り上がりました。

というわけで、ののとリサは確実にアイドルとしての階段を上がっていますね。この勢いだと、あっという間にあかりたちを追い越しそうですね。(^^;
それにしても、前向きなトラブルメーカー・ののと、恥ずかしがり屋だけどいざという時の瞬発力が凄い・リサのコンビは、本当にいい組み合わせですね。2人のステージで流れる「Lucky Train!」も、聞いていて元気になれるいい曲ですね。
アイカツ! オフィシャル ショップ 限定 購入 特典 カッパーサウンドワンピ 服部ユウ 15PN-010 アイカツショップ グッズ カード 限定特典 ユウここへきて、まさかの服部ユウちゃん大プッシュなお話でした!(^^;

すっかり忘れられたかと思ったルミナスの全国ツアーですが、ののとリサがスターライト学園に入ってからも続けられていました。そんな中、かってあかりのルームメイトだった服部ユウちゃんは、今では旅アイドルとして多くの人たちに知られる存在になっていたのでした!

あかりと部屋が分かれてからは、交換留学の交代要員というイメージしかありませんでしたが^^;、その間にもユウは地道に努力を続けていたのでした。みやびと交代で京都に、ここねと交代で神戸に行ったことが、ユウが旅アイドルとして活躍することになったきっかけでした。

今回はそんなユウが、ツアーのために沖縄に向かうルミナスに同行することになりました。旅番組への出演も多く、独自に調査もしているユウは、各地の名所やおいしいものの情報に通じていました。そんなユウは、スタッフさんから服部観光という旗まで作ってもらっていたのでした。(^^;

そんなユウに誘われて、ルミナスの3人も京都に寄り道することになりました。そこでルミナスは、ユウが出演する番組にゲストとして出演させてもらうことができました。そればかりか、なんと京都からみやび、神戸からはここねがゲストとして登場したのでした! 2人は今でも、あまふわなでしことしてユニット活動もしていたのでした。
そして、あまふわなでしこに続いて、ルミナスもステージに立ちました。そのステージも大いに盛り上がりました。

ホテルに帰ったあかりたちは、おしゃべりをしていましたが、疲れたあかりは眠り込んでしまいました。あかりが寝ている間に、ユウはあかりと出会ったことで自分もがんばろうと思ったことを話してくれました。ユウにとってあかりは、とにかく目が離せない存在でした。そして自分を高めるために、努力を惜しまないあかりに追いつこうと、ユウも努力を続けてきたのでした。

というわけで、ユウがメインなのに加えて、みやびとここねまでゲスト出演するという、とっても贅沢なお話でした。
ユウはこれまで光が当たらない存在だっただけに、ここへきての大プッシュはうれしい驚きでした!
ののとリサは、今回は出番なしでしたが、来週はまた2人の活躍が見られそうです。
前回に続いて、スターライト学園に編入したリサとののがメインのお話でした。

憧れのスターライト学園に入学することができて、ののとリサは朝から気合いが入っています。早朝から起き出して、ランニングしていた2人は、仕事に出かけようとするあかりと出会ったのでした。ついあかりには敬語で話してしまう2人ですが、同じ学年なので友だちづきあいすることになりました。

そしてあかりたちルミナスには、新しい挑戦が待っていました。学園長に誘われて、最近話題のジュエリーブランド、トキメキカラットのCMオーディションに挑むことになったのです。・・・その前に、北海道しか行ってない全国ツアーはどうなったのか気になりますが^^;、ツアーの合間にこの仕事をすることになったのかも。

オーディションの前に、あかりたちは宝石について調べることにしました。さらに、忘れた頃に登場するユウちゃんは、仕事の合間に指輪のデザインをしていたのでした。その指輪を借りて、あかりたちはオーディションのイメージトレーニングをしています。そこに、ののとリサが現れました。2人もあかりたちと一緒に、指輪を身につけてみることになりました。

2人の楽しそうな様子を見ていたあかりは、ののとリサもオーディションに挑戦したらどうかと提案しました。学園長もそれに賛成してくれて、あかりたちにリサたちを加えた5人がオーディションに挑戦することになりました。オーディションの合格者は、当初の予定では3人でしたが、ののとリサの初々しさが認められて、あかりたち5人全員が合格したのでした。

そして、ののとリサのステージが全国に放映されて、5人が登場するCMも放映されました。あかりたちの協力もあって、ののとリサはアイドルとしての第一歩を踏み出すことができました。

4期の新キャラ、ののとリサがいい感じですね。特にののに「リサっぺ」と呼ばれて恥ずかしがるリサは、これまでのアイカツにはなかった恥ずかしがりっ娘+いざという時の行動力が魅力的だと思いました。(^^)
ののとリサが、スターライト学園に入学するためのオーディションに挑むお話でした。

あかりたちと出会ったことで、ののとリサは本格的にアイドルになりたいと決意しました。そして、そのためにスターライト学園に入学したいと思ったのでした。

前回の感想で疑問に思った、あかりの大空お天気のコーナーですが、なんとツアー先の北海道からお天気を伝えていました。(^^; あかりたちの移動に付き合うお天気スタッフさんたちがたいへんそうだなあ。(笑)

そして今回のメインは、本格的にアイドルになろうと決意したリサとののでした。いちごやあかりたちの時よりも、かなり詳細にアイドルへの道を目指す2人の姿が描かれていました。その中でも感心したのは、2人がちゃんと両親を説得してアイドルを目指したことです。そしてスターライト学園について調べたり、歌や踊りの練習をするだけでなく、家の仕事も今までと変わらずお手伝いしていたことです。

何か夢を実現しようとする時、こういった地道な努力と周囲の理解を得ることが大切なこと。それをきちんと描いていたのが、とってもよかったです。この番組を見てアイドルになりたいと思う子供たちの、よいお手本になっていたと思います。

こうしてリサとののは、スターライト学園の編入オーディションに挑戦することになりました。学園に着いた2人を待っていたのは、今日も熱いアイドル・珠璃でした。(^^;
2人は珠璃に学園を案内してもらっただけでなく、なんと学園の寮にも宿泊していました。そして、そんな2人の前にツアーに出かけているはずの^^;あかりたちが現れました! あかりたち3人は、リサとののを応援してくれたのでした。

そして、ついにリサとののはオーディションに挑みます。あかりたちと話す時間を持てたことで、2人はもう一度自分たちのことを見つめ直すことができました。そして幼い日に、もっとみんなに喜んでもらえるように歌の練習をしようと思ったその日から、自分たちのアイドル活動が始まっていたことに気がついたのでした。

2人のステージは、元気な中にも可愛さがあるものでした。そのステージで、2人は大勢の観客を沸かせたのでした。
そして2人は、無事にスターライト学園への入学を許可されたのでした。・・・あかりが入学までに苦労したことを思うと、あまりにとんとん拍子に話が進みすぎた気はしますが^^;、こうしてスターライト学園に新たなアイドルが加わったのでした。あかりたちと共に、これからリサとののがどんな風に成長していくかが楽しみです。(^^)
アイカツ、第4期のスタートです!

4期に入って、あかりの髪型が変わりました。これまでのあかりの髪型は少し地味な感じだったので、編み込みが入って、チャームポイントができて可愛い感じになりましたね。

あかりたちルミナスは、より多くの人とつながるために、全国にツアーに出発しました。今回は、その最初の目的地である北海道にやって来ました。かなり目立つデザインのアイカツ・カーですが、周囲にファンが群がって動けなくなったりすることはないようです。(^^;

本格的なステージの前に、ルミナスはとある村でコンサートを開くことになりました。その村にも、ご当地アイドルがいました。それが大地ののちゃんと白樺リサちゃんでした。2人とも、あかりたちと同じ中学2年生です。
2人は、ご近所で愛されるご当地アイドルというレベルなので、アイカツシステムを使った本格的なステージを経験したことはありません。でも、あかりたちと出会ったことで、アイカツの舞台裏をみせてもらうことができました。

そしてリサとののから、あかりたちも学ぶところがありました。2人の歌は、近所の人たちに喜ばれていました。誰かに喜んでもらうためのアイカツの、これが本当の基本ですね。
新しいシーズンがスタートしたことで、アイカツも初心に返ってのスタートなんだなあと感じました。

そして村の集会所を借りて、ルミナスのステージが行われました。そこでルミナスは、大勢の人たちに笑顔を届けることができました。そして、あかりたちがステージで輝いている姿を見て、リサの胸に1つの決意が生まれました。ご当地アイドルではなく、もっと大勢の人たちに喜んでもらえるアイドルになりたいと心から思ったのです。

というわけで、今回は新シーズンのスタートということもあり、アイカツという作品の簡単な紹介にもなっていました。そして登場した新たなアイドルの卵、リサとのの。今回は、本格的なアイドルになりたいというリサの心の動きが丁寧に描かれていて、好感が持てる内容でした。あかりたちのスターライトクイーンへの道のりも楽しみですが、それと共にアイドルを志したリサとののが、どんなアイドルになっていくのかも楽しみです!(^^)

ふと思った疑問。あかりが全国ツアーに出ている間、大空お天気のコーナーはどうなっているのでしょうか!?(^^; 毎回、ツアー先の各地からお天気情報を伝えているなら凄いかも。
新しい出会いを求めて、あかりたちが旅立つお話でした。

大スターライト学園祭が終わり、あかりたちはあらためてソレイユの凄さを思い知らされました。そんな先輩たちにさらに追いつくために、もうしばらくルミナスとして活動を続けることを決めました。次のあかりたちのテーマは、出会いです。そしてあかりたちは、徹夜で全国ツアーをする企画を立てました。

その許可をもらうために、あかりたちは学園長のところにやって来ました。学園長は、そのプランがまだ未完成であることを指摘しました。その上で、計画を完全な形に作り上げなさいと許可を与えてくれたのでした。
個人的に一番気になるのは、資金のことです。全国ツアーの費用は、学園持ちということなのでしょうか!?(^^; そうそう。一番お金に無頓着そうな珠璃が会計係になったのは意外な展開でした。(笑)

こうしてあかりたちは、全国ツアーの準備を始めました。しかし、あまりにやることが多すぎます。そんなあかりたちを、バニラチリペッパーの3人が助けてくれました。そのおかげで、一気に計画が現実的なものとなってきました。そして、あかりの落書きをきっかけに、ツアーはワゴン車で全国を巡ることになりました。その方が、より多くのファンと触れ合うことができるからです。

そして学園のワゴン車を、ツアー用に貸してもらうことができました。そのペインティングは、あかりたち自身が行いました。ところでこのワゴン車は、誰が運転しているんでしょうね。今までの展開だと、ジョニー先生あたりになるところですが、学園教師が仕事を投げ出してルミナスの専属運転手を務めるのはまずいでしょうし、いったい誰が運転しているのか気になります。(^^;

準備を終えたあかりたちは、バニラチリペッパーと合同で出発前のライブを行いました。そのステージは大いに盛り上がり、これからのあかりたちにさい先の良いものとなりました。こうしてあかりたちは、全国ツアーへと出発していったのでした。

ソレイユが全国ツアーに出かけたように、ルミナスも全国へと旅立ちました。その間に、また新たなアイドルたちが活躍するのかと思いきや、次回からはルミナスの全国ツアーの様子を追いかけることになるようです。
そういえば、今回ほとんど忘れかけていたスターライトクイーンを目指すというあかりの目標も再確認したことですし^^;、あかりがクイーンになるまで今のメンバーの活躍が続くんでしょうね。
あっという間に大スターライト学園祭の終了です。(^^;

前回トライスターが参戦して、盛り上がりが期待された大スターライト学園祭ですが、いきなり今回で終わってしまいました。(;_;)

最終日のステージでは、ルミナスとソレイユが激突です。自分たちの納得できるステージを実現するために、あかりたちは毎日特訓に励みます。トランポリンにランニング、バンジージャンプに崖登りと、アイカツは体力勝負です!(^^;

そして、ついに最終日がやって来ました。ルミナスとソレイユ、それぞれがキラキラしたステージを繰り広げました。全てが終わった後には、結果発表が待っています。まず最初に、上位5組のユニットが選ばれました。選ばれたのは、ルミナスにソレイユ、トライスター、ぽわプリ、バニラチリペッパー・・・ってこれまでに登場したユニット全部ですね。(^^;

そして順位の発表です。5位は、バニラチリペッパー。4位はぽわプリでした。そして3位はまさかのトライスターでした。3位とはいえ、結果発表の後の美月のコメントは、アイカツのラスボスらしい貫禄がありました。
そして2位は、なんとトライスターをおさえてルミナスが獲得しました! いろいろと努力したのが実を結んだのでしょうが、正直まだトライスターに勝つのは早すぎるような気がしました。(^^;

そして1位はもちろん、ソレイユです。自分たちの企画したステージで、当然のように1位をさらっていくソレイユは凄いですね。というわけで、あっという間に大スターライト学園祭も終わりを迎えたのでした。
あかりたちは、今回の結果を踏まえて、さらなる高みを目指してがんばろうとしています。いつかルミナスが、ソレイユを追い越す日が来るかもしれませんね。

今回で大スターライト学園祭も終了しました。学園祭の間、あかりたちはトランポリンばかりやっていたような気がしなくもないですが^^;、うまくいかずに落ち込みそうになるスミレやひなきを、あかりが励ますのが印象的でした。学園長も言っていましたが、どん底を知っている人間は強いですね。
大スターライト学園祭に、伝説のユニットがエントリーです!!!

次々と新しいユニットが大スターライト学園祭にエントリーしてくるのを見て、あかりたちは自分たちの力が足りないことを自覚しています。それを補うには、やはり練習しかありません。朝から晩まで、あかりたちはスペシャルアピールの練習を続けるのでした。

そんな中、突然楓がユリカ様の前に現れました。大スターライト学園祭のことを知った楓は、自分もそのステージに立ちたいと思ったのでした。そしてユリカ様の前に現れた楓は、今や伝説のユニットとして語られるようになったトライスターを復活させたいと言い出したのでした。

かってトライスターは人気絶頂の時に、美月がスターライト学園から去り、そこでいったん解散していました。それを今回の大スターライト学園祭で復活させようというのです。しかし、ユリカ様は簡単には復活に同意しませんでした。復活のためには美月の同意も必要ですし、解散する時も大きな決断をしてユリカ様はトライスターの解散を決めたからです。

しかし、がんばっているあかりたちの姿やいつも元気なぽわプリの面々を見ていたユリカ様は、やはりもう一度ユニットを組みたいという思いを抑えきれなくなりました。そして2人は、パラシュート降下で美月の前に現れました。そして2人は、美月にトライスターを復活させたい気持ちを伝えたのでした。

それを聞いた美月は、学園長に会って大スターライト学園祭にトライスターとして参加したいことを伝えました。学園長もそれに賛成してくれて、ようやくトライスター復活が決まったのでした。こうして3人は、久しぶりにトライスターとしてステージに立つことになりました。そんな美月の前に、いちごが現れました。いちごもトライスターの復活を喜んでいたのでした。

そしてトライスターのステージが披露されました。そのステージを見るために、美月とユニットを組んでいたみくるも駆けつけてくれました。そんなトライスターのステージは、ちょっと大人の魅力を感じさせる華やかなものでした。
そのステージを見たあかりたちは、どうすれば自分たちがあれくらい輝けるのかと圧倒されるのでした。しかし、今のあかりたちには、とにかく練習することしかありません。その結果、ルミナスがどんな輝きを見せてくれるのかも楽しみです。(^^)

前回の予告に楓が登場した時から、美月が参戦してくるのではないかと思いましたが、本当に登場して驚きました。
トライスターのいきなりの参戦で、どのユニットが優勝するのかわからなくなってきましたね。あかりたちもがんばっていますが、まだソレイユには及ばない感じですし、このままソレイユの圧勝なのかと思ったら、とんでもないダークホースというか、ラスボス・美月の登場でした。(^^;
珠璃、凜、まどかの新ユニットが誕生するお話でした!

ぽわプリのステージに刺激された凜とまどかは、自分たちも大スターライト学園祭に参加したいと思いました。しかし、出場できるのは、3人組のユニットだけです。凜とまどかが選んだのは、いつも熱いアイドル・紅林珠璃だったのでした!
というわけで、アバンだけであっさりと3人のユニットが結成されることが決まりました。(^^;

エントリーするには、ユニットの名前が必要です。そして3人でこその、ユニットらしさも必要です。
ところが、いつも熱い珠璃、クールでかっこいい凜、ふんわり可愛いまどかと、3人の個性はバラバラです。珠璃たちは、自分たちを1つにまとめ上げてくれる何かが必要だと感じていました。

そんな時、3人のイメージを統一するユニットドレスを作ることを思いつきました。早速、まどかのお祖母さんやそれぞれのデザイナーさんに声をかけますが、どのデザイナーさんも忙しくて珠璃たち3人のドレスを作る余裕がありません。
しかし、珠璃のドレスをデザインしているエンシエロ篤さんが、期待している新人デザイナーを紹介してくれました。

こうして珠璃たちは、その新人デザイナー・ムレータ淳朗の元へと向かったのでした。ムレータは、珠璃たちから依頼を受けて張り切っています。しかし、それぞれが別々の魅力を持つ珠璃たちを、1つにまとめたデザインをするのは難しいことでした。そしてムレータ淳朗は、師匠であるエンシエロ篤の影響を引きずっていたのでした。

デザイン作業は難航しました。その間も、珠璃たちは自分たちの練習を続けました。仕事に煮詰まったムレータが部屋をのぞくと、珠璃たちは疲れて眠り込んでいました。その姿をムレータは、思わずスケッチしていたのでした。そして、それを珠璃が見つけたことが、突破口となりました。エンシエロ篤のようなドレスではなく、ムレータ淳朗らしいドレスがこうして完成したのでした。

それは同じタイプのデザインながら、それぞれの持ち味を表現したドレスに仕上がっていました。ムレータの仕事を見たエンシエロ篤は、その仕事ぶりを褒めました。そして、これからは師弟ではなくライバルだと言ってくれたのでした。

そしてユニットの名前も決まりました。バニラチリペッパー、3人それぞれの好きなものを表した名前です。そしてバニラチリペッパーは、早速ステージを披露してくれました。ちょっとエスニックな雰囲気のそのステージは、珠璃を中心によくまとまったものでした。

視聴前は、3期の主要キャラの残りで結成したユニットな感じがして、あまり期待していませんでした。でも、実際に1つのユニットになってみると、3人の個性が炸裂していて楽しいユニットになりましたね。ユニットのインパクトという点では、あかりたちのルミナスを超えているかも。(^^;

次回は、エリカ様と楓がユニットを結成することになるようです。3人目はいったい誰なんでしょう!?