日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ドキドキ!プリキュア 後期エンディングテーマ「ドキドキ!プリキュア」も、いよいよ最終回です!

キングジコチューが消滅してやれやれと思ったら、その残ったジャネジーを利用してベールがNo.1の座につこうとします。ところがベールは逆に、ジャネジーに体を乗っ取られてしまったのでした。(^^; 最初は大物な雰囲気だったベールですが、本当にすっかりギャグキャラになりましたね。(笑)

そうして生まれたのが、プロトタイプジコチューです。世界のみんなを守るため、マナたちは再びプリキュアに変身するのでした。しかし、プロトタイプジコチューは恐るべきパワーを持っていました。キングジコチューとは比較にならないパワーで、プリキュアを圧倒します。しかしプリキュアはあきらめません。何度倒されても、プリキュアは立ち上がるのでした。

それに怒ったジコチューは、キュアハートのプシケーを奪おうとします。その攻撃にキュアハートは心を奪われてしまいました。・・・と思ったら、仲間の励ましの声にあっさりと心を取り戻しました。そしてハートは、他のプリキュアから力をもらい、3種の神器の力も借りて、パルテノンモードへと変身したのでした。その力はジコチューの力を遥かにうわまわるものでした。その圧倒的な力で、キュアハートはジャネジーを浄化したのでした。

こうして世界には平和が戻りました。しかし、3つに別れてしまったアン王女だけは帰ってきません。亜久里として、レジーナとして、そしてアイちゃんとして、それぞれに王女の3つの心は生き続けているからです。悲しむキュアソードに、王女の魂が語りかけました。歌を歌い続けて欲しいと。最初はそれは無理だと否定したソードでしたが、みんなに励まされて再び歌うことを決めたのでした。

壊された世界は元に戻ったけれど、キングジコチューが人間界にやって来た時に空けた時空の穴はいまだに残っていました。それを通じて、人間界とトランプ王国は交流するようになりました。
そして、今日もまたマナたちはプリキュアとして活躍しています。正体を知られた今は、何かあると首相から電話がかかってくるようです。(^^;

というわけで、ドキドキ!プリキュアが完結しました。最終回のプリキュアとジャネジーの戦いは、ドラゴンボールを見ているかのようでした。
全体を振り返ってみると、作画はけっこうがんばっていましたが、お話作りの方が今ひとつな感じでした。レジーナというキャラを投入したのに、その後ずっと出番がなかったり、構成のまずさが気になりました。登場人物の心の動きも、もう少し丁寧に描いて欲しかったかな。それと、もう少しキュアロゼッタにもスポットを当てて欲しかったです。

次回からは、プリキュア10周年の「ハピネスチャージプリキュア」がスタートします。キャラデザが今までにない感じですが、どんなプリキュアになるのか楽しみです。(^^)
映画ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!? 未来につなぐ希望のドレス アニメコミックようやくキングジコチューを倒したと思ったら、ベールさん下克上です!(^^;

ようやく心を開いてくれたレジーナのために、そして同じ王女の心から生まれた亜久里やアイちゃんのために、マナは王様の心を取り戻すことに決めました。ここでキュアハートは、テレビ中継されていることも忘れて、全力で自分の名前を叫んでしまいました。そのおかげでみんなに、キュアハートの正体がマナだとばれてしまったのでした。(^^;

そんな中、戦いは続きます。巨大なキングジコチューに対抗するため、キュアロゼッタは謎の巨大ランスを生み出しました。巨大ランスがキングジコチューの動きを止めている間に、ハートたちはその体内に侵入したのでした。しかし、さすがに敵の本陣だけあって、敵の攻撃も強力です。そこでキュアダイヤモンドは、自分が盾となってハートたちを先に行かせました。さらに、キュアソードもそれに続き、ハートとキュアエース、アイちゃん、レジーナはようやくキングジコチューの心臓までたどり着きました。

キングジコチューの心臓では、王様が石のような姿で凍りついていました。しかし、マナたちの呼びかけに応えて、そんな王様からかすかにドキドキの鼓動を感じます。キングジコチューの細胞が、そんなマナたちを邪魔しますが、マナたちの絶対に譲れない思いがその攻撃をはね返しました。そして、ついにキングジコチューの心臓から、王様を助け出すことに成功したのでした。

その戦いで、さすがにマナたちも力尽きました。しかし、そんなマナたちをみんなが祝福してくれました。巨大なキングジコチューも消滅して世界に平和が戻りました。あと1話どうするんだろうと思ったら、残されたキングジコチュー細胞をベールが飲み込みました。これまでよりも数倍邪悪になったベールを、マナたちは倒すことができるのでしょうか!?

クライマックスだというのに、イーラがダイヤモンドのことを心配する場面があったりして微笑ましかったです。
王様は意外とあっさり助け出されちゃいましたね。でも、アン王女は3つに分裂してしまって、王様は混乱しないのかな〜と思ったり。(^^;
ドキドキ!プリキュア ボーカルベスト人間界へとやって来たキングジコチューとの決戦です!

突然現れたキングジコチューに、街は大混乱です。そんな中、キュアハートたちは襲いかかる大量のジコチューを倒しつつ、キングジコチューの元へと急ぎます。その前に立ちはだかったのは、ベールやイーラたちでした。キュアソードはベールの相手を引き受けて、ハートたちを先へと行かせます。そしてキュアロゼッタも、そんなソード援護するのでした。

先を急ぐキュアダイヤモンドの前に現れたのは、イーラでした。ダイヤモンドとイーラの因縁の対決が始まります。戦い初めて早々、ダイヤモンドは宣言しました。「あなたに私は倒せない」なぜなら「ダイヤモンドは傷つかない」からだそうです。(^^; この場面のダイヤモンド、格好いいけれど、なんか笑ってしまいました。(笑)

そしてハートとキュアエースは、キングジコチューの元へたどり着きました。そこで立ちはだかったのは、レジーナでした。そんなレジーナに関係なく、ハートはキングジコチューに自分の思いを伝えようとします。続くキングジコチューの「やかましいわ〜〜!!!」というやり取りにも笑ってしまいました。

キングジコチューは、ハートとエースをなぎ払いました。そして、そのまま2人を踏みつけたのでした。しかし、2人はまだやられていませんでした。なんとキングジコチューの巨体を、2人で支えていたのでした。あくまで諦めない2人に、キングジコチューはかってトランプ王国で何が起こったかを話しました。

キングジコチューがトランプ王国を襲った時、トランプ王国の住人は我先にと逃げだそうとしたのです。そこには他人を思いやる気持ちはありませんでした。そして、そんな気持ちから大量のジコチューが生まれたのでした。やがて、この世界もそうなるとキングジコチューはあざ笑いました。しかし、ハートは世界のみんなを信じていました。そして、そんな世界のドキドキがハートに聞こえてきたのでした。

マナの家族やクラスメートたちは、街が大混乱に陥る中で自分にできることをしようとしていました。そんな彼らの行動は、ジコチューな気持ちに囚われかけていた人々の心を動かしたのでした。苦しい時だから支え合う。3.11を経験した後だけに、この言葉は重たく感じられます。

そんな中、ついにレジーナがハートに刃を向けました。襲いかかってくるレジーナに、ハートは防戦一方でした。どんなにやられても、ハートはやり返そうとはしません。ハートはレジーナとは友達とは戦わないという信念を貫いていたのでした。ただレジーナが好き、それだけでハートはレジーナに無償の愛を与えたのでした。そんなハートの言葉に、ついにレジーナが本当の気持ちを打ち明けました。パパと同じくらい、ハートのことが大好きだと!

そして、こんな場面にも関わらずダイヤモンドができた嫁っぷりを発揮します。(^^;
「好きな誰かを独り占めするよりも、好きな人が好きな人を自分も好きになって人の輪が広がっていく方がいい」と、マナが誰を好きになっても、自分はその人を好きになってみせると宣言。(笑)

そんな言葉にエースも気づきました。エースの使命は、キングジコチューを倒すことではなく、愛することだったと気づいたのです。そしてエースは、レジーナと共にキングジコチューに呼びかけました。今こそ目を覚ます時だと。
しかし、どうしてもキングジコチューは愛を受け入れようとはしませんでした。悶え苦しむキングジコチューは、ハート、エース、レジーナに攻撃を加えたのでした。3人はどうなったのか。いいところで次回に続くです。

今回はクライマックスの盛り上がりの中で、ダイヤモンド×イーラの萌えがあったり、ダイヤモンドのできた嫁発言があったりと、萌えどころもいろいろと用意されていたのがよかったです。(^^;
そして、ノリノリでキングジコチューを演じている大塚芳忠の好演も印象的でした。
ドキドキ!プリキュア なりきりライフ!ついに王女の真実が、そしてキングジコチューの正体が明かされるお話でした。

真実を知った亜久里は、もう1人のアン王女の心であるレジーナにも真実を知るように迫りました。そして、ついにトランプ王国で何があったかが明かされたのでした。平和なトランプ王国に、アン王女は生まれました。しかし、アン王女が生まれるのと引き替えに、母親である王妃は命を落としたのでした。悲しみに耐えながらも王は、アンをしっかり育てていくことを誓ったのでした。

そしてアンは、元気に美しく成長しました。ところが、さらなる悲劇が待っていたのです。謎の病気でアン王女が倒れてしまったのです。国中の医者が力を尽くしましたが、アン王女を救うことはできません。そんな時、残された最後の希望は、かってプリキュアが闇を封印した時に使ったエターナルゴールデンクラウンでした。しかし、それを使うことは闇を解き放ってしまうことです。しかし、それを使わなければアンを救うことはできません。

アンを救って国を滅ぼすか、国を守ってアンを失うか。王は究極の選択を迫れたのでした。王妃に続いてアンまで失うことに、王の心は耐えられませんでした。そしてついに、王はエターナルゴールデンクラウンを使ってしまったのでした。そのおかげでアンは助かりました。しかし、同時に闇は解き放たれてしまいました。

そして闇は、王の体を乗っ取りました。こうしてキングジコチューが生まれたのでした。そしてキュアソード以外のプリキュアが倒されてしまう、激しい戦いが始まりました。王女はキングジコチューをあと一歩というところまで追い詰めました。しかし、王女は父であるキングジコチューを倒すことができませんでした。そんなアン王女に、ベールがささやきかけました。王と同じように、アン王女も国民を犠牲にして父を救ったと・・・。

ベールの言葉に、アン王女の心もジコチューに染まりそうになりました。その時、王女は自らの心をつかみ出しました。そして悪に染まった心と、正義を信じる心を2つに引き裂いたのでした。その1つが亜久里となり、もう1つがレジーナとなったのでした。さらに残された王女の体から生まれた卵が、アイちゃんになったのでした。

こうして全ての真実が解き明かされました。マナは、レジーナに戦いをやめるように訴えました。しかし、レジーナは正気を取り戻したにも関わらず、戦うことをやめようとはしませんでした。自分を救おうと苦しんだ父親の愛、それをレジーナは信じていたのでした。そんな中、ついにキングジコチューがアン王女の封印を破りました!

封印を破ったキングジコチューは、レジーナと共に世界を2人だけのものにしようと動き出しました。なんとキングジコチューの次の狙いは、人間界でした。キングジコチューとレジーナを追って、マナたちも人間界へと戻りました。いよいよプリキュアとジコチューの最後の戦いが始まろうとしています。どんな戦いが繰り広げられるのか、そしてどんな結末が待っているのか楽しみです。

今回はいろいろな謎の核心に迫った内容だったので、お話の密度が濃くて面白かったです。そんな中、新たなプリキュアの宣伝が入りました。なんと主人公の愛乃めぐみ役は中島愛さんでした。「マクロスF」のランカが、プリキュアになって帰ってくるとは予想外の展開でした。(^^; そういえば中島愛さんは、音楽活動の中止を発表されていましたが、プリキュアに抜擢されたことと関係があるのでしょうか!?
そして、白雪ひめ役を演じるのは、潘恵子さんの娘さん・潘めぐみさんです。他にも戸松遥さんや松井菜桜子さんといった強力なキャストなので、放映が楽しみです!
プリキュア キュアエースメイト 10個入 BOX (食玩・ラムネ)エースとレジーナが激しい戦いを繰り広げるお話でした。

唐突にマナたちの前に帰ってきたジョー岡田。今度も偽物ではないかと疑うマナたちに、ジョー岡田は帰ってきた目的を話しました。アン王女を復活させようとしたジョー岡田は、王女からの呼びかけにより、三種の神器の1つであるエターナルゴールデンクラウンを探し出しました。資格がある者がこのクラウンを身につけると、あらゆる知識を得ることができると言われています。(ネーミングは、エターナルゴールデン"ティアラ"にして欲しかったなあ)

それをマナたちに渡すために、ジョー岡田は帰ってきたのでした。試しにマナがクラウンを身につけてみますが、何も起きません。ところが、亜久里がクラウンを手にした途端、クラウンが激しく輝きました。そして亜久里は、全ての真実を知ったのでした。真実を知った亜久里は悩みましたが、お祖母さんに励まされて、真実と向き合う決意を固めたのでした。

そして亜久里は、深夜にジョー岡田と真琴、ダビィ、アイちゃんを呼び集めました。そして、4人に真実を伝えました。その真実に衝撃を受けた真琴でしたが、亜久里がレジーナと決着をつけるために戦うのを見届けるために、亜久里と同行することを決めたのでした。亜久里の知った知識によれば、亜久里=エースとレジーナが戦うことは避けられないのだというのです。

翌日、マナたちは亜久里がいないことを知りました。そしてマナは、亜久里が親友のエルに遺言のように似顔絵を残していったことを知りました。そしてソリティアを訪れたマナたちは、氷づけにされていた王女がいなくなっていることを知りました。氷づけの王女、それはジコチューたちを欺くフェイクだったのでした。

その頃、亜久里たちはいきなりトランプ王国のレジーナの部屋に現れました。問答無用で亜久里は、レジーナに勝負を申し込んだのでした。そして戦いに勝った者が、エターナルゴールデンクラウンとミラクルドラゴングレイブを手にすることができるのです。こうして激しい戦いが始まりました。しかし、キュアソードたちはただその戦いを見守ることしかできません。

エースには5分しか変身できないという弱点がありましたが、クラウンから知識を得た今、その弱点は克服されていました。戦いを引き延ばそうとするレジーナの作戦は、完全に失敗したのでした。そして2人はさらに激しく戦います。そんな中、戦いで弱った2人から神器を得ようとベールがジコチューを生み出しました。エースを援護しようとしたソードでしたが、逆にジコチューに動きを封じ込められてしまいました。

追い詰められたソードは、マナの名前を呼びました。その呼びかけに応えるかのように、天空からハート、ダイヤモンド、ロゼッタが舞い降りたのでした。そして5人揃ったプリキュアは、必殺技でジコチューを浄化したのでした。それでもなお、エースはレジーナと戦おうとします。それを止めたのは、ハートでした。

そんなハートに、ついにエースは真実を打ち明けました。エースとレジーナ、2人は元はアン王女という1つの命でした。それが2つの光と影に別れてしまったもの、それがエースとレジーナだったのでした!!!

ということで、お話が物語の核心に迫ったところで、次回は来年のお楽しみとなってしまいました。
エースとレジーナ、2人はどちらかが消えなければならないのでしょうか!?
ドキドキ!プリキュア キュアダイヤモンド フェイス茶碗 【ドキドキ プリキュア お茶碗 茶碗 飯碗 】六花が献身的な嫁っぷりを発揮するお話でした。(^^;

ジャネジーが溜まり、キングジコチューの復活の日も近づいているようです。くつろいでいたレジーナは、1つの作戦を思いつきました。プリキュアの要は、マナです。それならマナを他のプリキュアから引き離せば、簡単に倒すことができるのではないかと考えたのです。

マナたちは、クリスマスの準備でウキウキしています。今年はみんなでパレードを見に行く予定です。ところが、怪しげな2人組が、マナのところにスピーチコンテストの話を持って来ました。これはキングオブ生徒会長を決めるコンテストでもありました。なんと歴代の総理大臣も、このコンテストには参加しているそうです。そう聞いて、マナは張り切ります。ところが、コンテストはパレードの日に行われると知って、マナは迷うのでした。

そんなマナを、六花が後押ししてくれました。マナの夢を叶えるためにも、スピーチコンテストに参加してきなさいと言ってくれたのです。もちろん六花は、マナがいないクリスマスが寂しくないわけがありません。しかし、それ以上にマナが好きなことをやってくれることが六花には大切なのでした。

マナがスピーチコンテストに参加することになり、六花たちは生徒会の仕事もマナに代わって引き受けました。仕事は多くて、なかなかたいへんです。そんな時、六花は書類やお弁当にマナからのメッセージが添えられていることに気がつきました。そのメッセージを読んだ六花は、それだけで元気が出てくるのでした。

スピーチコンテストの会場に行ったマナは、そこで初めてこれがレジーナたちの企みだと知りました。そして、そのままマナは檻の中に閉じ込められてしまったのでした。そうとは知らない六花たちは、生徒会の仕事を終えて、パレード見物へと出かけました。そこにレジーナたちが現れて、ジコチューを生み出したのでした。

マナがいなければ、プリキュアに勝つのは楽だと思ったレジーナですが、それは間違いだったと思い知らされました。マナがいなくても、プリキュアは強かったです。不思議に思うレジーナに、ダイヤモンドは言い放ちました。たとえ別々に離れていても、いつも自分たちとマナの心は1つだと!

そしてダイヤモンドは、レジーナに問いかけます。本当はレジーナも、マナのことが好きなのではないかと。
最初はそれを否定していたレジーナでしたが、ダイヤモンドに問い詰められて、とうとうマナが好きだと告白してしまいました。それを檻から脱出してきたハートに聞かれてしまいました。真っ赤になって恥ずかしがるレジーナのデレっぷりが可愛すぎます。(^^;

ハートが加わったプリキュアは、必殺技を放って、あっという間にジコチューを浄化してしまいました。引き上げようとするレジーナを、ハートは引き留めようとします。しかしレジーナは、キングジコチューの呼び声にひかれて立ち去ったのでした。

檻の中に捕らわれていたハートを助けてくれたのは、ジョー岡田でした。氷づけの王女の側にいたはずなのに、今度はどんな理由でマナたちのところに現れたのでしょうか!?

ということで今回は、六花の嫁っぷりが炸裂していて、何度も萌え狂いそうになるお話でした。(^^;
考えてみたら、六花って旦那(マナ)が他の女(レジーナ)に手を出そうとしているのに、それを許すばかりか協力までしてくれるって、どんだけ献身的なのでしょうか。でも最後にはマナは自分のところに帰ってくるという、深い信頼と愛があればこそですよね。(笑)
ドキドキ!プリキュアキュートカードグミ2 【P30.円あぐり】(単品)亜久里がプリキュアだということが、お祖母さんに知られてしまうお話でした。

アバンからプリキュアが戦っています。エースショットでジコチューを退治して、エースは変身を解きました。ところが、その瞬間をお祖母さんに目撃されてしまったのでした。自分がプリキュアだということは、お祖母さんに秘密にしておきたかった亜久里は大ショックです!

自宅に帰った亜久里は、お祖母さんと顔を合わせることができません。そんな亜久里に、お祖母さんは昔話を始めました。亜久里とお祖母さんが出会ったのは、1年前のことでした。その時は、なんと亜久里は赤ちゃんだったのでした。しかし、その赤ん坊はジコチューに狙われていました。しかしジコチューが襲ってきた時、赤ん坊は不思議な光を放ってジコチューを倒して、10歳の女の子になったのでした。

そんなお祖母さんの話を聞いているのが辛くて、亜久里は靴下のまま家から逃げ出してしまいました。雨も降り出してずぶ濡れになった亜久里は、マナたちの前に現れたのでした。結局、その日亜久里はマナの家に泊めてもらうことになりました。六花たちもマナのところに泊まって、急遽パジャマパーティーが開かれることになったのでした。

翌日の土曜日は、亜久里の学校で授業参観が行われる日でした。亜久里の保護者として、お祖母さんはちゃんと授業参観に来てくれました。そんな時、レジーナが現れました。学校の壁に飾られている絵を見たレジーナは、全ての絵を消してしまうためにジコチューを生み出したのでした。それを知ったマナたちと、合流した亜久里はプリキュアに変身してジコチューに立ち向かいます。

戦いの中、ジコチューは亜久里たちが描いていた絵を消そうとしました。キュアエースは、それを必死で守ろうとしましたが、自分の描いた絵だけは守ることができず消されてしまいました。ショックを受けるエースをあざ笑うレジーナでしたが、それを庇ったのはお祖母さんでした。たとえ描いた絵は消されてしまっても、亜久里がお祖母さんに届けようとした思いは消すことができません。それを聞いてエースは再び立ち上がることができたのでした。

そしてプリキュアは、必殺技を放ちました。それでジコチューは消滅して、消された絵は全て元に戻ったのでした。そして消えた亜久里の絵も、無事に復活したのでした。戦いの後、亜久里は素直に自分の気持ちをお祖母さんに伝えました。自分がプリキュアだと知られてしまっても、亜久里はお祖母さんと別れることなどできなかったからです。その気持ちはお祖母さんも同じでした。こうして2人の絆が、あらためて確認されたのでした。

亜久里とお祖母さんの絆をテーマにした、とってもいいお話でした。そして、その一方で亜久里は何者なのかという謎はさらに深まりました。赤ん坊だった亜久里に聞こえてきた声は、アン王女のものでしょうか。とすると、アン王女の心が亜久里ということはなさそうです。
そこで思い出したのがレジーナのことです。王女の槍を手にすることができたレジーナこそが、実は王女の心だったりしませんかねえ。(^^;
ドキドキプリキュア キャラデコクリスマス (いちごケーキ) 5号サイズ ※12/22~23にお届けいたしますマナたちが、亜久里のために誕生日パーティーを開くお話でした。

このところ亜久里はいつも同じ夢を見ます。アン王女がキングジコチューと戦っている夢です。何度も繰り返しこの夢を見ることに、どんな意味があるのでしょうか!?

マナたちは、星占いをして遊んでいました。みんなの運勢を占う中で、亜久里の運勢も占おうとしました。ところが、なんと亜久里は自分の誕生日がいつなのか知らないのでした。ここでマナのお母さんから、衝撃的な事実が明らかにされました。なんと亜久里は茉里さんの本当の孫ではなく、養子だったのです!!!

そんな亜久里の夢は、いつか誰かの誕生日パーティーに招待されて、バースデイケーキを食べることでした。それを知ったマナたちは、亜久里のために誕生日パーティーを開いてあげようとするのでした。しかし、亜久里に知られてしまっては驚きがありません。そこでマナたちは、亜久里に内緒でこっそり準備を進めることにしたのでした。

そんなこととは知らない亜久里は、マナたちの不審な行動に疑問を持ちました。そしてとうとう、マナたちが自分のために誕生日パーティーの準備をしていることを知ってしまったのでした。そこに現れたお祖母さんは、亜久里に知らないふりをして驚かなければいけないと教えました。その言葉に従い、亜久里はマナたちのパーティーで大いに驚いたのでした。

そこに現れたのは、マーモにとっておきのデザートを食べられてイライラしているレジーナでした。レジーナはジコチューを生み出して、パーティーをメチャメチャにしようとします。マナたちはプリキュアに変身して、ジコチューと戦うのでした。

戦いの中、レジーナはキュアエースがみんなに祝われてさぞいい気分だったろうとあざ笑います。しかし、キュアハートはその言葉を否定しました。1つの命が生まれてくることが、どんなに尊い奇跡なのかを訴えました。その言葉を聞いて、レジーナの心はまたしても揺れています。

レジーナが弱ったところで、全員揃って必殺技を繰り出しました。それでジコチューを浄化して、世界は元に戻ったのでした。こうして再び楽しい誕生日パーティーが再開されたのでした。

ということで、亜久里の意外な秘密が明かされるお話でした。亜久里が養子だということも驚きでしたが、その合間にさらっと語られた、まこぴーが実は両親を知らない孤児だったということも驚きでした。でも、まこぴーが小さな頃からアン王女は今の姿でしたが、いったい王女は何歳なんでしょうね。(^^;
ドキドキ!プリキュアボーカルアルバム2マナたちが、お花屋さんになりたいというありすの夢を叶えてあげるお話でした。

お花が大好きなありすは、学校でもずっと園芸部に入っています。そんなありすの夢は、お花屋さんになることでしたが、今では四葉財閥を継ぐことが目標になっています。でも、お花屋さんになりたいという夢も、なんとかしてかなえてあげたいと思うマナたちでした。

そんな時、フリマが開催されました。そこでマナたちは、ありすのためにお花屋さんを開いてあげたのでした。夢に見たお花屋さんになれると知って、ありすは大喜びです。ところが、ありすをライバル視している五星麗奈が現れました。麗奈はありすのお店のすぐ隣で、豪華な花を格安の値段で売り始めたのでした。しかし、ありすはちっとも気にしていません。地味ながらも可憐な花たちを、ありすは地道に売り続けるのでした。

そんなありすの思いが届いて、疲れた中年男性はありすから花を買ったおかげで少しだけ元気になれました。しかし、そこにレジーナが現れました。お花が大嫌いだというレジーナは、ジコチューを生み出して、会場中の花を枯らしてしまいました。しかし、今回のジコチューは成層圏にいて、いくらプリキュアといえど簡単には手が出せません。

そこでありすは、自家用のロケットでレジーナのところに向かったのでした。キュアロゼッタに変身したありすは、レジーナに花を枯らすのをやめるように言いました。しかしレジーナは、全く言うことを聞く気はありません。そればかりか、ジコチューに命じてロゼッタに襲いかからせたのでした。不慣れな宇宙空間での戦いに、ロゼッタは大苦戦です。

そんなロゼッタを助けたのは、麗奈の用意した飛行機でやって来たキュアハートたちでした。仲間が応援にかけつけてくれたことで、ロゼッタは元気を取り戻しました。しかしジコチューは、地球中の花を枯らすために巨大なジャネジーの種を放ちました。それをロゼッタは、ロゼッタリフレクションで必死に受け止めます。あくまでも愛を信じるロゼッタに、レジーナの心が揺らぎました。その隙を突いてプリキュアは必殺技を放ちました。こうしてプリキュアは、ジコチューを浄化することに成功したのでした。

ということで、以前から何かとありすに挑んできた麗奈は、ついに自分の気持ちに素直になり、ありすと友達になったのでした。でも、プリキュアの正体がありすだということまで教えちゃってよかったのでしょうか!?(^^;
ドキドキ!プリキュア マジカルラブリーハープレジーナのために、真琴が新曲を発表するお話でした。

ラブリーパッドの力で元の世界に帰ってくることができましたが、マナたちはレジーナを救うことができなかったばかりか、三種の神器の1つミラクルドラゴングレイブを奪われてしまったのでした。それでも、マナはレジーナを信じています。そして、真琴もレジーナを信じようとしています。その気持ちを届けたくて、それを歌にすることを思いついたのでした。

とはいえ、新曲の制作は困難の連続でした。毎晩遅くまでがんばっても完成せず、真琴は授業中も寝てばかりです。そんな真琴を見かねてマナたちも曲作りに力を貸してくれることになりました。そのおかげで曲作りははかどり、とうとう新曲を完成させることができたのでした。早速、それをプロダクションの社長に聞かせると、とても気に入ってくれて、新曲の発表会が行われることになったのでした。

そして、いよいよ発表当日です。会場には多くのファンが集まってくれました。それだけでなく、レジーナたちジコチューも会場にやって来たのでした。歌を危険なものだと考えるレジーナは、ジコチューを生み出して新曲の発表会をメチャメチャにしようとします。それを阻止するために、真琴はプリキュアに変身したのでした。しかし、今のソードはレジーナと戦うつもりはありません。何とかレジーナを説得しようとしますが、レジーナはそれを聞き入れません。

そんなソードを守るために、マナたちもプリキュアに変身して駆けつけました。戦いの中、ソードは今なら自分の歌をレジーナに届けられるかもしれないと気がつきました。変身を解いた真琴は、ダビィの力を借りて会場に新曲を流しました。その歌声に、レジーナは動揺しました。それでも攻撃を続けようとするレジーナでしたが、ハートたちはレジーナを信じて、攻撃を避けようとはしません。

その時、プリキュアの新たな力が目覚めました。マジカルラブリーパッドが真の力を現して、ハープのような姿へと変形したのです。その力に、ついにレジーナは逃げ出しました。残されたジコチューは、ラブリーパッドの力で浄化されたのでした。こうしてプリキュアは新たな力を手に入れました。しかし、レジーナを救うにはもう少し時間がかかりそうです。

今回は久々のまこぴー回ということで、真琴の歌あり見せ場ありで見応えがありました。特に格好良かったのは、歌い始めた真琴が、レジーナに近づきつつ変身するところでした!
ドキドキ!プリキュア ドキドキ!クッキーマスコッ卜 全6種セット ガシャポンマナたちが、再びトランプ王国に訪れるお話でした。

復活したレジーナは、相変わらずのジコチューぶりを発揮しています。後がないベールは、必死で作戦を考えます。そうして思いついたのが、王宮の地下に眠るアン王女の槍、ミラクルドラゴングレイブを手に入れることでした。しかし、普通に手に入れようとしても、ジコチュー側の人間は槍に触ることさえできません。そこでベールは、プリキュアを利用することを思いついたのでした。

一方マナたちは、ラブリーパッドのおかげで強くなったこともあり、もう一度トランプ王国に行きたいと考えていました。しかし、マナたちにはトランプ王国に行く方法がありました。そんなところへ、突然ジョー岡田が登場しました。ジョー岡田は王女を復活させるのに、ミラクルドラゴングレイブの力が必要だと訴えました。そして自分が、マナたちをトランプ王国へ連れて行くというのです。

そしてマナたちは、本当にトランプ王国へとやって来ました。複雑な迷宮の中にあるミラクルドラゴングレイブでしたが、ラブリーパッドの力でなんとかたどり着くことができました。槍までたどり着いたところで、マナたちはジョー岡田が偽物だと暴いたのでした。マナたちは、最初からジョー岡田が偽物だと気がついていたのです。そして逆に、変装したベールの力を利用したのでした。

追い詰められたベールは、ジコチューを生み出しました。しかし、今のパワーアップしたプリキュアには、全く相手になりません。せっかくのジコチューも、キュアエース1人に簡単にあしらわれてしまったのでした。その時、レジーナが姿を現しました。ハートはレジーナに抱きつきますが、レジーナはハートの愛を拒否しました。レジーナは、すっかりキングジコチューに洗脳されていたのでした。

その間にも、プリキュアはミラクルドラゴングレイブを手に入れようとしますが、どうしても槍が抜けません。なんと、プリキュアの力でもミラクルドラゴングレイブは抜けなかったのです。そしてなんと、槍を引き抜いたのはレジーナでした。ジコチュー側の人間であるレジーナに、どうしてミラクルドラゴングレイブを抜くことができたのでしょうか!?

ミラクルドラゴングレイブの力で襲っていたレジーナに、プリキュアはラブリーパッドの力で元の世界に帰ることしかできませんでした。マナがレジーナを取り返すには、まだまだ試練をくぐり抜けなくてはならないようです。
sa15 小顔効果 クラシックmodel ウェリントン UVカット,ダークブラック フルリム サングラス ユニセックス (db)アイちゃんがジコチューになってしまうお話でした。

にんじんも食べられるようになったし、アイちゃんは聞き分けの良いいい子に成長していました。そんなアイちゃんの笑顔を見ているだけで、マナたちは幸せな気持ちになれるのでした。ベールは、そんなアイちゃんを狙った作戦を実行してきたのでした。それはなんと、アイちゃんをジコチューにしてしまおうというものでした!

夜中にベールたちにおびき出されたアイちゃんは、ベールたちのところで好き放題にすることを許されました。それを繰り返すうちに、どんどんアイちゃんはわがままになり、手がつけられなくなってきたのです。異常に気がついたシャルルは、その謎を解き明かそうとします。しかし、なかなか徹夜でアイちゃんを見張っていることができません。それでもついに、アイちゃんが夜遊びをしていることを知ったのでした。

マナは驚きますが、どうすることもできません。そうするうちに、ベールはアイちゃんを掠ってマナたちに挑戦状を突きつけてきました。アイちゃんを助けるために、マナたちはプリキュアに変身して戦うのでした。でも、亜久里はアイちゃんが協力してくれないので変身することができません。エースを欠いた不利な状況で、プリキュアの戦いが始まりました。

アイちゃんからジャネジーを吸収して、ベールたちの力は増大しています。2人がかりで攻撃しても、その攻撃は簡単にはね返されてしまいます。そんな中、ハートはアイちゃんを取り戻すためにベールに挑みます。ところが、その途中で崩れた瓦礫がアイちゃんたちを押しつぶしそうになったのです。ベールはアイちゃんを見捨てて逃げましたが、ハートは迷わずアイちゃんのところに飛び込んだのでした。

アイちゃんの無事を確認したハートは、アイちゃんに出会ってからこれまでのことを語りかけました。その言葉を聞いて、ようやくアイちゃんも初めてマナと出会った時のことを思い出したのでした。こうしてアイちゃんは、ジコチューから脱して、いつものアイちゃんに戻りました。エースも加わったプリキュアは、必殺技でベールを浄化します。こうしてプリキュアとアイちゃんの絆は、ますます深まったのでした。

アイちゃんの力を手に入れて、キングジコチューさえも従えようとしたベールの目論見は崩れました。そんな3人の前に、レジーナが姿を現しました。次回はいよいよレジーナが再びマナたちの前に現れるようです。

今回は、まさかのアイちゃんがジコチューになるお話で面白かったです。アイちゃんとマナたちの関係が、シャルルたちとは違って、赤ちゃんとお母さんの関係に見えるのがいいですね。
Forum Novelties にんじん 大人用 コスチューム スタンダードワンサイズサイズアイちゃんと亜久里が、にんじん嫌いを克服するお話でした。

歯が生えたアイちゃんは、そろそろ離乳食です。マナは、アイちゃんのために、にんじんのおかゆを用意しました。しかし、アイちゃんはそれを嫌がって食べてくれません。どうやらアイちゃんは、にんじんが嫌いなようです。さらに、亜久里も実はにんじんが嫌いだったことが判明しました。ここで真琴が亜久里に逆襲です。母親として、アイちゃんに手本を示せというのです。まこぴ〜、歯医者の時のことを根に持ってたんですね。(^^;

それでも亜久里は、どうしてもにんじんを食べることができません。そんな時、マナはお店に飾られている写真を見つけました。それはマナの食堂で使っているにんじんを育てている角野秋さんの写真でした。どんな人が食材を作っているのか知って欲しくて、お店に写真が飾られていたのでした。それを知ったマナは、角野さんのところを訪ねてみることにしたのでした。

こうしてマナたちは、角野さんの農場にやって来ました。そこでは、たくさんのにんじんが育てられているだけでなく、農作業をする楽しさを知ってもらうために体験教室のようなこともしていたのでした。そこでマナたちは、にんじん作りを体験することにしました。角野さんは、にんじん1本1本に名前をつけたりしていて、作物の1本1本を可愛がっている熱血漢です。(^^;

そこへイーラが現れました。アイちゃんと亜久里がにんじん嫌いだと知ったイーラは、それを利用した作戦を思いついたのでした。ジコチューを生み出したイーラは、農場で暴れさせます。それを知ったマナたちは、プリキュアに変身して迎え撃つのでした。

にんじんのジコチューが現れるのかと思いきや、今回のジコチューはお菓子の家でした。そのおいしそうな匂いに釣られて、アイちゃんがジコチューに近寄ります。そんなアイちゃんは、ジコチューの中に飲み込まれてしまいました。アイちゃんを追ったエースもまた、ジコチューの中に取り込まれてしまったのでした。

ジコチューの中はお菓子がいっぱいと思ったら、それは急ににんじんお化けに姿を変えました。それを見たアイちゃんは泣き出してしまいました。そのせいでジャネジーが高まって、ジコチューはパワーアップしてしまうのでした。その状況を打破するために、エースはアイちゃんの前でにんじんを食べて見せました。そして、にんじんは怖いものではないことを、アイちゃんに教えたのでした。

アイちゃんが泣き止んで、ジコチューはパワーを失ってしまいました。エースショットでジコチューの中から脱出したエースとアイちゃんは、ハートたちと合流しました。最後はプリキュアの必殺技で、ジコチューは浄化されたのでした。こうしてプリキュアは戦いに勝ち、アイちゃんと亜久里はにんじん嫌いを克服しました。

今回はこれで終わりかと思いきや、眠っていたレジーナが目を覚ましました。予告でレジーナが出てくるらしいことはわかっていましたが、まさか目を覚ますだけとは思いませんでした。(^^;
ドキドキ!プリキュア おしゃべりラケルラケルが、飼育係の八嶋さんに恋するお話でした。

10月下旬から公開される映画に合わせて、OPが映画バージョンになっていました。その中にマナの結婚式らしき描写がありましたが、なんだか複雑な心境になりました。(^^;

シャルルとラケルは、今日は学校でマナたちのお手伝いです。人間の姿に変身したシャルルたちでしたが、見た目が中学生なシャルルはお手伝いができますが、見た目が小学生なラケルは中学校では浮いています。そんな時、飼育係の八嶋さんが生徒会室にやって来ました。可愛がっていたウサギが、姿を消してしまったというのです。

マナたちは、さっそく八嶋さんを手伝ってウサギ探しを始めました。しかし、どこを探してもウサギは見つかりません。そんな時、ラケルがウサギを見つけてきました。ウサギを探し出してくれたラケルを、八嶋さんはヒーローみたいだと感謝してくれるのでした。

その後から、ラケルの様子が変です。どうやらラケルは、八嶋さんに恋してしまったみたいなのでした。落ち着かないラケルは、翌日も学校にやって来て八嶋さんの手伝いをしました。八嶋さんと一緒にいられる、それだけでラケルは幸せなのでした。でも、思わず八嶋さんに甘えてみたら、一緒にデートすることに成功しました。

公園でのデートを楽しんでいた2人の前に、マーモが放ったジコチューが現れました。八嶋さんを守るため、ラケルはマナたちを呼び出して戦うのでした。汚染水をばらまくジコチューに、プリキュアは苦戦します。しかし、ここでもラケルの恋愛パワーが炸裂しました。なんと必殺技を放とうとしたダイヤモンドを邪魔して、そのままジコチューに突撃。体当たりでジコチューを行動不能にしたのでした。恐るべし、恋愛パワー!(^^;

プリキュアに浄化されて、ジコチューは消滅しました。そして、公園にも平和が戻ったのでした。ラケルが八嶋さんのところに戻ると、なんと八嶋さんは男連れでした。八嶋さんには、原田君というボーイフレンドがいたのでした。こうしてラケルの恋は、はかなくも終わりを告げたのでした。
でも、ラケルにはいつも見守ってくれる六花がいます。・・・なんかラケルは、この先もいろいろな女の子に惚れまくりそうな気がしました。(^^;
ドキドキ!プリキュア 光る! パジャマ・ピンク(バンダイ)120CM真琴が、歯医者から逃亡するお話でした。(^^;

アバンからアン王女の登場です。王女はまだ氷の中で眠ったままのようですが、鏡を通してマナたちと話ができるくらいの力は取り戻したようです。王女はアイちゃんのことについて語りました。アイちゃんには、プリキュアを助ける力が備わっています。これはキュアエースの変身を助けていることでわかります。そして、アイちゃんにはもう1つ大きな力がありました。それはジャネジーに対するバリアを発生させる力でした。

バリアの発生は、アイちゃんの心と密接な関係がありました。アイちゃんが泣くと、バリアの力が弱まって、ジコチューが力を増大させるのです。そうならないためにも、マナたちがアイちゃんの母親代わりとしてアイちゃんのお世話をしていく必要があるのでした。こうしてマナたちは、まだ中学生なのに、育児の責任を負うことになったのでした。(^^;

そんな中、1つの発見がありました。なんと知らない間にアイちゃんに歯が生えていたのです。虫歯にならないためにも、これからはアイちゃんの歯の手入れも大切です。・・・と思ったら、芸能人は歯が命のはずの真琴に虫歯があることが発覚しました。すぐにも治療が必要ということで、歯医者に行った真琴でしたが、歯医者のドリルの音が怖くて逃げ出してしまったのでした。

そんな時、マーモがジコチューを生み出しました。よりによって歯医者さんから生み出されたジコチューには、真琴は怖くて立ち向かうことができません。キュアハートたちは必死で戦いますが、ジコチューを倒すことはできません。その間にアイちゃんが泣き出して、ジコチューはさらにパワーアップしてしまい、プリキュアは苦戦を強いられるのでした。

怖がる真琴に、キュアエースが説教をします。アイちゃんの母親代わりとして、虫歯を怖がっていて本当にいいのか。アイちゃんのためにも、真琴が手本となって正しい行動をすべきではないのか。これを聞いて、ようやく真琴は勇気が出ました。キュアソードに変身した真琴は、ラブリーパッドから必殺技を放ちジコチューを翻弄しました。最後は5人揃っての必殺技を決めて、無事にジコチューを浄化したのでした。

最後に亜久里が意味深なことを言っていました。これまでアン王女と面識がなかった亜久里ですが、初めて会ったのに懐かしさを感じたそうです。これは何の伏線なんでしょうね!?
ドキドキ!プリキュア おせわしてきゅぴ! ちゅぱちゅぱアイちゃんアイちゃんが不機嫌になってしまうお話でした。

アバンからプリキュアは戦っています。エースショットが決まってジコチューを倒したと思ったら、アイちゃんが泣き出してしまいました。その途端、イーラとマーモがパワーアップしてしまいました。どうやらアイちゃんが泣くと、ジャネジーが増幅されてしまうようです。

ベールがイーラたちを連れ戻したおかげで、プリキュアは何とか危機を切り抜けましたが、このままアイちゃんの機嫌が悪いと大ピンチです。

そこでマナたちは、どうすればアイちゃんを笑顔にできるか考えました。しかし、いくら考えてその方法を試しても、ちっともアイちゃんは笑ってくれません。そこでマナのお母さんと六花のお母さんに相談することになりました。六花は赤ん坊の頃はとっても泣き虫だったようです。その度にお母さんは苦労しましたが、投げ出さずに六花を育ててくれました。マナのお母さんは、やんちゃなマナに振り回されたようです。でも、マナが笑顔でいられるように、いつも見守ってくれています。

その夜、マナと六花はアイちゃんの面倒を見ることにしました。なんでマナと六花だけ!? 他のメンバーはどうしたの!? これってやっぱりマナと六花の夫婦公式認定!? とか、いろいろと妄想がふくらんでしまいました。(^^;
その夜はアイちゃんの夜泣きがひどくて、六花は寝ることもできませんでした。それでも相変わらずアイちゃんは不機嫌なままです。

そんな時、再びイーラが現れてジコチューを生み出しました。マナたちはプリキュアに変身して、それを迎え撃ちます。・・・と思ったら、アイちゃんが不機嫌で亜久里がエースに変身できなかったのには笑ってしまいました。
それでもイーラの失敗に、アイちゃんが大笑いしたおかげで、なんとか亜久里も変身できました。

アイちゃんの鳴き声がジャネジーを増幅させることを知ったイーラは、バイクのジコチューに大きな音を出させてアイちゃんを泣かせます。パワーアップしたジコチューに、プリキュアは危機に陥るのでした。そしてイーラは、さらにアイちゃんを泣かせるためにジコチューをアイちゃんにけしかけます。そうはさせじと、ダイヤモンドがアイちゃんの元へと向かいます。

アイちゃんを守る中で、ダイヤモンドは自分の無力さに打ちのめされていました。その気持ちは、きちんとアイちゃんに届きました。アイちゃんが泣き止むと、ジコチューは途端にパワーを失ってしまいました。そこにプリキュアの必殺技が炸裂して、なんとかジコチューを浄化することに成功したのでした。

こうして戦いは終わりましたが、アイちゃんはまだ不安定です。この先もアイちゃんが泣き出したらどうしようと思った時、真琴の持っているラビーズが輝きました。そこから生み出した鏡には、アン王女の姿が映し出されました。これはいったい、何を意味しているのでしょうか!?
ドキドキ!プリキュア なりきりキャラリートキッズ キュアロゼッタありすのお父さんが登場するお話でした。

今日はありすの家でお泊まり会をしています。お泊まり会といえば、告白タイムということで、好きな人を告白することに・・・。でも、ありすの思い出話が始まり、告白タイムはなくなってしまいました。ありすがどんな人を好きなのか、聞いてみたかったなあ。(^^;

幼い頃ありすは、体が弱くて家から出ることができませんでした。そんな時、チョウチョを追って家の中に入ってきたマナとありすは出会ったのでした。マナはもっときれいなところがあると、ありすを家の外に連れ出そうとしました。最初はちょっと迷ったありすでしたが、結局マナたちと一緒に行くことにしたのでした。家の使用人は、それを見てありすを止めようとしますが、全ての責任は私が持つとありすの自由にさせるセバスチャンが男前すぎます!!!

こうしてありすは、今まで知らなかった経験をたくさんすることになりました。そして完成途中の秘密基地を一緒に完成させようとマナたちと約束するのでした。ところが、ありすは熱を出してしまいました。ありすのお父さんは、ありすが熱を出したことで大怒りです。そして、もっと環境の良いところにありすを引っ越しさせると言い出したのでした。

マナたちとの約束が気になるありすでしたが、お父さんに逆らうことはできません。そして、とうとう出発の日がやって来てしまいました。ためらうありすの前に、マナと六花が現れました。2人はセバスチャンから事情を聞いて、ありすを思いとどまらせるためにやって来たのです。そして、ありすは初めてお父さんに反抗しました。どうしてもマナたちと一緒にいたかったのです。

そんなありすを、セバスチャンが応援します。必死で逃げるありすを見て、ありすのお父さんは知らないうちに娘がとても元気になっていたことに驚きました。そして、とうとうありすの好きにしていいと言ってくれたのでした。

ここまで語り終えたところに、マーモがジコチューと共に現れました。ありすのお父さんが乗っていたヘリコプターを、マーモがジコチューに変えたのです。お父さんを守るため、ありすたちはプリキュアに変身しました。まずはロゼッタは、お父さんの救助に向かいます。ヘリからお父さんを助け出した時、ロゼッタがパイロットを見殺しにしたように見えましたが、気のせいですよね。(^^;

そして、ハートたちと合流したロゼッタはジコチューと戦います。もともと潜在能力の高いロゼッタですが、今回はお父さんを狙われたとあって、今までにないパワーを発揮しました。半分に割ったバリアを扇のように使って攻撃したり、ラブリーパッドからロゼッタバルーンという新たな技を引き出しました。毎回何が飛び出すのかわからないというロゼッタバルーンの説明には笑ってしまいました。

最後は5人そろってラブリーパッドを使い、見事にジコチューを浄化したのでした。マーラもベールから与えられた指輪のおかげでパワーアップしていたようですが、時間が少なかったせいか、あまり強くなった感じがしませんでしたね。

ということで、ありすパパの初登場でした。オペラ歌手のお母さんもいるそうですが、そちらも登場の予定はあるのでしょうか。ちょっと楽しみです。

今回は、ちびありす可愛いとか、四葉家の交友関係すごいとかありましたが、何より印象的なのはやはりセバスチャンの有能ぶりでした。たとえ雇い主の命令でも、ありすのためにならないと思えば逆らう。そして、ありすを守るためには使用人軍団とも戦う。本当に格好いいと思います。
ドキドキ!プリキュア 2014カレンダー文化祭を前に、マナが熱を出して倒れてしまうお話でした。

いよいよ明日は文化祭です。マナは生徒会長として、文化祭の準備に追われていました。ようやく明日のめどが立ったと思ったら、マナが倒れてしまいました。がんばりすぎて、熱を出してしまったのでした。無理をしてでもがんばろうとするマナに、六花は嫁として(笑)厳しく休養を取るようにと命じたのでした。

その頃、ジコチューの方にも動きがありました。ベールが前回リーヴァとグーラから奪ったジャネジーを使って、ジコチューのNo.2になったことを宣言したのです。もちろん、イーラやマーモはそれに黙っているはずがありません。しかし、ベールからもらった指輪を身につけていた2人は、ベールのいいなりにさせられてしまったのでした。

そして文化祭が始まりました。予想よりも多くの人が来場して、会場は大混乱です。いつもマナに頼っている実行委員会のメンバーは大混乱です。そんな中、家で休んでいるはずのマナが文化祭にやって来ていました。でも、すぐに六花たちに保健室へと連行されてしまったのでした。

ふがいない実行委員会のメンバーに、亜久里はビシバシと厳しい意見をぶつけました。亜久里は、マナを幸せの王子のように、どんどん愛を分け与えたあげくに鉛の心臓だけになってしまう悲しい結末に導きたくなかったのでした。

そんな中、さらにトラブルが発生です。キャンプファイヤーのために用意されていた丸太のところで遊んでいた生徒が原因で、丸太が崩れてしまったのでした。この大ピンチに、なんと生徒の1人が状況を打開するために動き始めました。それにつられて周囲もそれをサポートするために動き出しました。

いい感じで作業が進んでいたところに、イーラの生み出したジコチューが現れました。みんなをジコチューから守るため、マナたちはプリキュアに変身するのでした。ベールから指輪を与えられたイーラが生み出したジコチューは、なかなか強敵でした。その圧倒的なパワーの前に、プリキュアは大苦戦します。

その中でも特にダメージが大きかったのは病み上がりのハートでした。そんなハートが回復する時間を稼ぐために、エースがジコチューに立ち向かいます。ラブリーパッドを使ったエース単独の技を使うことで、なんとかジコチューを足止めできました。最後は5人そろってマジカルラブリーパッドを使い、ジコチューの浄化に成功したのでした。

そして文化祭の方も、無事に最後のキャンプファイヤーを迎えていました。マナの学校の生徒たちは、マナから愛を分け与えられるだけでなく、きちんとマナに愛を返してくれました。
ドキドキ!プリキュア マジカルラブリーパッド新商品、マジカルラブリーパッドの登場です!(^^;

最後の試練を突破して、伝説のプリキュアが使っていたという神器ラブリーパッドを手に入れたマナたちでしたが、肝心の使い方がわかりません。そんな時、リーヴァとグーラが最後の戦いを仕掛けてきました。2人の放ったジコチューの種のせいで、マナたちの街の人々が次々と倒れているのでした。ジコチューは街の人たちだけでなく、マナたちの家族や大切な人たちもジコチューにしようとしています。

このまま人々を放置しておければ、みんなはジコチューになって世界を破壊しはじめてします。そして大量のジコチューが生まれれば、ジャネジーを得たキングジコチューも復活してしまいます。それを阻止するために、マナたちはリーヴァとグーラに挑むのでした。

しかし合体したリーヴァとグーラは、恐るべきパワーを持っていました。ラブリーフォースアロー、エースショットと次々に必殺技を放つプリキュアでしたが、それが全く効果がありません。そればかりか、プリキュアからラブリーパッドを奪ったリーヴァたちは、それを破壊してしまったのです。最後の切り札を奪われて、プリキュアは絶体絶命です。

絶望の中、マナはようやく知りました。自分の住んでいる世界が滅ぼされるとはどういうことかを。
これまでソードのトランプ王国を助けたいという思いを理解したつもりでいたマナでしが、実際に自分の大切な人たちがいなくなってみなければ、ソードの本当の気持ちをわかっていなかったことを知りました。そのあまりの辛さに、マナは号泣するのでした。

しかし、いつまでも泣いてばかりいるマナではありません。大切なものだから、限界を超えた力を発揮して、それを守ろうと精神的に立ち直りました。そんなマナにつられて、みんなもまた戦うことを決めたのでした。そして、プリキュア5つの誓いを胸に、プリキュアは再びリーヴァとグーラに挑みます。

そんなマナたちの思いに、砕かれたラブリーパッドが反応しました。プリキュアの世界を守りたいという思いに応えて、ラブリーパッドもまたマジカルラブリーパッドとして復活したのでした。それはプリキュアにこれまでにない強力な力をもたらしてくれました。マジカルラブリーパッドには、変身のタイムリミットが切れたエースを再び変身させるだけのパワーがありました。

そして、ダイヤモンド、ロゼッタ、ソード、エースの力を合わせて、ハートはラブリーストレートフラッシュという必殺技を放ちました。その強力な力の前に、ついにリーヴァとグールも倒れたのでした。そしてジコチューの種も消えて、世界には再び平和が戻ってきたのでした。

マジカルラブリーパッドの攻撃を受けて、消滅したかに見えたリーヴァとグーラはなんとか生き延びていました。しかし、2人を待ち構えていたベールは、2人からジャネジーの力を奪って自分の力にしてしまいました。前にも強敵だったベールですが、仲間の力を奪ったことでより強くなったみたいですね。そんなベールとプリキュアが戦うのは、いつになるのでしょうか!?
ドキドキ!プリキュア 後期エンディングテーマ(DVD付)マナたちが、伝説のプリキュアが使った神器を手に入れるために試練に挑むお話でした。

マナたちは、ありすの家の飛行機でとある島に向かっていました。そこには、1万年前にいた伝説のプリキュアが使ったという水晶の鏡があるのです。亜久里の説明によると、神器はこの他にもトランプ王国のアンジュ王女が使っていた槍、使ったものに大いなる知識を授けてくれる王冠の3つがあるようです。

その時、マナたちの乗った飛行機がドラゴンに襲われました。そのドラゴンこそ、神器を守る妖精メランの変身した姿だったのでした。亜久里は以前にもメランと会ったことがありましたが、その時には変身さえできず神器を譲ってもらうことはできませんでした。今回はキュアエースに変身できるようになり、マナたちと共に水晶の鏡を手に入れようと試練に挑みます。

しかし、メランの力は圧倒的でした。エースショットが通じなかったばかりか、4人の合体技ラブリーフォースアローさえ通じなかったのです。しかし、これくらいではマナはめげません。レジーナを取り戻し、世界を救うためにも、ここで負けるわけにはいかないのです。

翌日、マナたちは再びメランに挑みました。メランの強力なバリアを破壊するために、4人の力を合わせてロゼッタリフレクションを展開します。そこへエースショットを放ちますが、残念ながらキュアエースは制限時間の5分がすぎて力を失ってしまいました。メランはもう諦めるように言いますが、ハートは諦めません。

そんなハートの姿が、メランには昔共に戦ったパートナー・キュアエンプレスと重なりました。ハートの強い心を確認したメランは、ついに水晶の鏡を譲ってくれたのでした。こうしてマナたちは、これからの戦いの支えとなる、大きな力を手に入れたのでした。

まだ暑い日々が続いていますが、プリキュアの世界ではクリスマス商戦に向けた戦いが始まったようです。(^^;
今回驚いたのは、単なる顔見せだけだと思ったキュアエンプレスがしゃべったことです。しかも、声は飯塚雅弓さん。たった一言のセリフのために飯塚さんを起用するなんて凄いなあ。
ドキドキ!プリキュア おしゃべりシャルルマナの役に立ちたくて、シャルルが人間に変身するお話でした。

相変わらず学校でのマナは、生徒会長にいろいろな部の助っ人と大忙しです。そんなマナをシャルルは少しでもお手伝いしたいと思いますが、妖精の姿では何もできません。そこでダビィに頼んで、シャルルは人間の姿に変身できるように教えてもらうのでした。

こうしてシャルルは、マナそっくりの女の子に変身できました。人間の姿になったシャルルは、とっても仕事ができる優秀な女の子でした。でもマナのお手伝いに夢中になったシャルルは、ダビィから言われた大切なことを忘れてしまいました。人間の姿になると、シャルルたちは妖精の時のようにジコチューの気配を感じることができなくなってしまうのです。

シャルルが他の中学にお使いに出かけた間に、リーヴァとグーラがジコチューで襲いかかってきました。マナたちはプリキュアに変身して迎え撃とうとしますが、シャルルがいないのでマナは変身できません。シャルルを探しに出かけたマナがいない間、ダイヤモンドたちと遅れて参戦したエースがジコチューと戦います。しかし、表の裏の顔を持つジコチューは、なかなかの強敵でした。有効な戦い方がみつからないまま、ダイヤモンドたちは追い詰められてしまったのでした。

そこへ、ようやくシャルルと合流して変身したマナが現れました。エースショットとラブリーハートアローの2面攻撃で、プリキュアはようやくジコチューを浄化したのでした。
戦いの後、シャルルはみんなに謝りました。でもみんな、シャルルがマナのためにがんばっていたことはよく知っています。その上シャルルは、マナだけでなく、困っている町の人の役にも立っていたのでした。

こうしてマナたちと妖精との絆が深まったところで、亜久里が次の試練、最終試練が始めることを告げました。マナたちの前に、どんな試練が待っているのでしょうか。次回はスペシャル番組でプリキュアオールスターズが放映されるのでドキドキプリキュアはお休みですが、続きが放映されるのが楽しみです。

今回は、予告を見た時にはギャグ回かと思いましたが、普通にいい話でいい意味で予想を裏切られました。
人間になったシャルルは、本当にマナそっくりで可愛かったですね。そしてランスやラケルの変身姿も可愛かったです。ありすを寝付かせようとして自分が寝てしまうランスとか、六花のお手伝いをしよとしたら何も手伝うことがなくてへこむラケルとか、笑えました。

そうそう。1つ疑問に思ったのは、マナたちは妖精の力でジコチューが現れたことを知ることができますが、亜久里はどうやってジコチューのことを察知するんでしょうね。プリキュアとしてのレベルが上がれば、妖精がいなくても自分自身の力でジコチューの気配を感じることができるのかなあ。
ドキドキ!プリキュア キュアエース パーフェクトなりきりセット亜久里に同級生の友達ができるお話でした。

マナたちは、今日も朝から特訓に励んでいます。亜久里の提案で、プリキュアとしてさらなる力を身につけるために特別メニューをこなしているのでした。そんな様子を見つめている女の子がいました。それは、亜久里のクラスメイトの森本エルちゃんでした。

無茶な特訓を続けようとしていた亜久里でしたが、連日の疲れがたまっていたのか、倒れてしまいました。そんな亜久里を心配して、エルも様子を見に来ました。幸い亜久里はたいしたことはありませんでしたが、マナの提案で今日は特訓を中止して、エルも一緒にみんなでお祭りに行くことになったのでした。

最初はしぶっていた亜久里でしたが、いざお祭りに行ってみると、お祭りを満喫しています。それにエルとの距離も一気に縮まって、2人は友達になることができたのでした。そうそう。マナがうまく亜久里の背中を押してあげたのもよかったですね。

そんな楽しいお祭りに、リーヴァとグーラがジコチューを連れて割り込んできました。キュアエースが5分しか戦えないことを知った2人は、今回はエースをターゲットにした作戦を立ててきたのです。ところが予想と違い、亜久里はエルを逃がすことを優先して戦いには参加しませんでした。

このままハートたちだけでジコチューを倒せればよかったのですが、ジコチューは予想外に強敵でハートたちは苦戦することになるのでした。ハートたちを釘付けにしたジコチューは、今度は亜久里たちのところに向かいます。その攻撃でできた大穴に、亜久里は落ちそうになってしまいました。

それを助けてくれたのは、エルでした。エルは昔クラスの男子から癖毛をからかわれていたのを亜久里が助けてくれたことをずっと感謝していたのでした。そして、亜久里がエルの髪を可愛いと言ってくれたことも忘れていませんでした。そんなエルを守るために、亜久里は戦う決意をしました。

キュアエースに変身した亜久里は、ジコチューと戦います。途中で動きを封じられて危ない場面もありましたが、エルを守りたいという思いがエースに力を与えました。パワーアップしたエースは、ジコチューを圧倒して、あっという間にジコチューを浄化したのでした。

こうして戦いは終わり、亜久里とエルの間には深い友情が生まれたのでした。マナたちのような年上と付き合うのもいいですが、やっぱり同級生の友達も大切ですよね。

今回のエピソード、とってもよかったです。エルが亜久里に助けられたことをずっと感謝しているのもよかったですし、戦いに行く亜久里がエルに話せる範囲で事実を伝えるのもよかったです。そのおかげで、亜久里がエルのことをどれだけ真剣に大切に思っているかが伝わってきました。これまでのお話だと、都合良くエルが気絶してしまったりしていたと思いますので・・・。
ドキドキ!プリキュア ふんわりキュアフレンズ キュアエースキュアエースの弱点が明らかになるお話でした。

アバンからプリキュアは戦っています。そんなキュアハートたちに、いつものようにキュアエースは厳しい意見をぶつけます。で、助けてくれるのかと思ったら、さっさと先に帰ってしまいました。何とかジコチューはキュアハートたちが倒したものの、キュアエースの厳しさは相変わらずです。(^^;

そんなある日、マナはお茶会のお菓子を届けに茶道の家元のところに行くことになりました。その家の名前は円。どこかで聞いたことがあると思ったら、人間の時のキュアエースの名前・円亜久里でした。その家元が、亜久里のお祖母さんだったのでした。

身元を知られて亜久里は多少動揺しますが、高飛車なところはかわりません。そんな亜久里に招かれて、マナたちは野点に参加することになりました。家元の孫だけあって、亜久里のお茶を点てる姿は様になっています。そんな時、いつものようにジコチューが現れたのでした。しかし、いつもとは違い、今回はリーヴァとグーラが力を合わせて1つのジコチューを生み出しています。その大きさはいつもの2倍。さらにパワーは5倍だそうです。

そのジコチューに、プリキュアは思わぬ苦戦を強いられることになるのでした。そして、キュアエースの弱点が発覚してしまいました。なんとキュアエースは、5分だけしか変身していられないのでした。マナたちとは違い、大人の姿に変身することが負担になっているのかもしれませんね。

そうそう。キュアエースは元々この世界のプリキュアだったのだそうです。ところが、ジコチューとの戦いに敗れて力を失ってしまいました。それがマナたちがアイちゃんを復活してくれたおかげで、再び力を取り戻すことができたのでした。アイちゃんは、昔からエースのパートナーだったようです。

お菓子を狙って亜久里のお祖母さんに襲いかかろうとしていたグーラを倒すこともできず、亜久里はただ見ていることしかできません。しかし、そんなキュアエースをみんなでバックアップ!
これまでにエースから教えてもらったことを胸に、4人連携攻撃でジコチューを倒したのでした。

こうして戦いは終わり、キュアエースもいよいよ本格的にマナたちの仲間になりました。そしてキュアエースというか、亜久里の弱点も発覚。亜久里は甘い物が大好きだったのでした。(^^;

ふと思った素朴な疑問。変身していられるのが5分として、次に変身できるまでにはどれくらい時間が必要なんでしょうね。制限がないなら、5分ごとに変身を繰り返せば問題解決のような気もするのですが・・・。(笑)
でも時間を気にしながら戦うのって、ウルトラマンとか怪傑ズバット(古い^^;)みたいで格好いいですね。

今回から、OPとEDが変更されていました。OPにはようやくキュアエースとレジーナが登場です。そしてEDはキュアエースも加わって、みんなでダンスです。前のEDでは、センターはキュアソードでしたが、後期ではハートがセンターです。今まではキュアソードだけしかインカムをつけていませんでしたが、今回からはキュアハートもインカムをつけています。

そうそう。OPとEDだけでなく、アイキャッチもキュアエースが登場するものに変更されていました。これでようやくキュアエースも本格的にマナたちの仲間入りをした感じですね。
ドキドキ!プリキュア なりきりキャラリートキッズ キュアエース六花が浮気するお話でした。(^^;

マナたちのクラスでは、将来の夢について発表していました。マナはなんと、総理大臣になるのが夢でした。そして六花の夢はお医者さんなのですが、これは本当に自分の夢なのか、お医者さんのお母さんに憧れているだけなのか疑問に思ってしまったのでした。

そんな六花の迷いを見透かしたかのように、亜久里が現れました。心が揺れているようでは、プリキュアとしての本来の力を引き出せないと言い残して亜久里は立ち去りました。それを聞いて、ますます六花の心は揺れてしまうのでした。

しかし、今日は六花とお父さんとお母さんが自宅に揃う日でした。悩みはとりあえず棚上げにして、両親の帰宅を心待ちにする六花でした。ところが、お母さんは急患が入ったために帰宅できず、お父さんも天候が悪くて飛行機が飛べないために帰国できなくなってしまいました。がっかりする六花でしたが、よくあることなので積極的に動いて気持ちを入れ替えようとします。

翌朝、六花はラケルと一緒に海辺に散歩に出かけました。そこで六花は、海岸に倒れている人を見つけました。それはなんと、ジコチューの幹部イーラだったのでした。イーラはリーヴァやグーラとケンカして隠れ家を追い出された後、落雷に遭って記憶を失っていたのでした。迷った末に、六花はそんなイーラを自宅に連れ帰って介護してあげるのでした。

そして、六花とイーラのラブラブ生活の始まりです。(^^;
ケガの手当をしたイーラに、六花は手料理をごちそうしてあげます。六花とイーラがぶつかって大接近というドキドキイベントがあったり、六花がイーラにご飯を食べさせてあげるイベントがあったりと、これでもかといわんばかりに2人のラブラブぶりを見せつけてくれます。旦那=マナの知らないところで、自宅に男を連れ込んで、世話してあげるとは、なんて萌えるシチュエーションなんでしょうか。(笑)

そんな時、シャルルとランスがやって来て、六花がイーラを助けたことを知られてしまいました。さらに亜久里にもそのことを知られてしまい、亜久里は今は記憶を失っていても敵なのだから倒せと容赦ない態度です。キュアエースに変身した亜久里は、イーラにとどめを刺そうとします。そんなイーラを、六花は身を盾にして守ったのでした。さらに、マナたちもそんな六花に同調してくれました。

その時、グーラが襲いかかってきました。すかさずマナたちも変身してグーラに立ち向かいます。戦いの中、頭を打ったイーラは記憶を取り戻しました。そのままプリキュアを攻撃するかと思いきや、なんとイーラはプリキュアを助けて立ち去ったのでした。悪ぶっているけれど、イーラもそんなに悪い奴ではないのかもしれませんね。
残ったグールは、パワーアップしたキュアダイヤモンドとキュアエースが連携して攻撃しました。キュアダイヤモンドに大量の氷を食べさせられて、頭痛がしたグーラは撤退しました。

こうしてキュアダイヤモンドもまた、パワーアップを果たすことができたのでした。そして、今まで迷っていた夢に、六花はようやく答えを出すことができました。やっぱり六花は、お医者さんになりたいのです!
ドキドキ!プリキュア キュアドール! キュアエース新たなヒロイン!?、キューティーマダムが登場するお話でした。

アバンはいきなり戦闘シーンから。ジコチューの攻撃に、ロゼッタがロゼッタリフレクションで防御にまわりますが、
その防御はあっさり壊されてしまったのでした。キュアエースが駆けつけてジコチューは退治できましたが、キュアロゼッタにとっては課題の残る戦いとなりました。しかし、そんなロゼッタにエースは特にアドバイスをしません。ロゼッタなら自分で試練を乗り越えられると信じているようです。

思い悩むありすを見て、執事のセバスチャンも心を痛めていました。そして科学の粋を集めて開発された、人工コミューンを使うことを決意したのでした。しかし、そのテストをしている時にコミューンが入ったケースと、マーモが持っていたケースが入れ替わってしまいました。コミューンの力に気がついたマーモは、勝手にその力を使い始めるのでした。

こうして登場したのが、新たな戦士・キューティーマダムでした。(^^;
一応、人助けをしていたりするのですが、なんとそれは自作自演でした。しかし、それに気づかない世間はキューティーマダムをヒーローとして賞賛したのでした。セバスチャンはそんなキューティーマダムを止めようとしますが、返り討ちにされてしまいました。事情を知ったありすは、コミューンを取り戻すために、今までにない決意で戦いに挑むのでした。

キューティーマダムと戦うキュアロゼッタには、体中から力がみなぎってきました。これがプリキュアをパワーアップさせる力なのでした。そんなロゼッタを、キュアエースが援護します。キューティーマダムは、それに必死で抵抗しますが、放った攻撃をロゼッタリフレクションにはね返されて自滅したのでした。こうして人工コミューンは破壊されて、世界に平和が戻ったのでした。(^^;

今回は、ありすのパワーアップ回ということもあって、マナたちは背景でしたね。(笑)
それにしても、キュアエースは中身は小学生なのに、発言がことごとく上から目線なのには笑ってしまいました。
ドキドキ!プリキュア キュアエース パーフェクトなりきりセット真琴が、アイドル引退を考えるお話でした。

真琴は今もアイドルとしての活動を続けていました。しかし、真琴には迷いがありました。王女を探すという目的がなくなった今、自分がアイドルを続けていることに意味はあるのかという。それでもマナたちは、歌手としての真琴を応援してくれています。

そんな時、真琴たちの前にキュアエースが現れました。変身前の姿で現れたキュアエースは、円 亜久里と名乗りました。なんとマナたちより年下の、小学4年生でした。亜久里はテレビで見た真琴の歌を酷評しました。そこからはアイが感じられないというのです。思い悩んでいた真琴は、それを聞いてアイドルをやめることを決意してしまったのでした。

それを知ったマナたちは、なんとか真琴を思いとどまらせようとしました。しかし、どの作戦もうまくいかず、とうとう真琴が引退を発表するコンサートの当日を迎えてしまったのでした。

マナたちは、最後まで真琴を思いとどまらせようと会場までやって来ました。しかし会場には真琴の姿がありません。真琴はまだ迷っていたのでした。そんな真琴の前に、アイちゃんが現れました。アイちゃんは新しいラビーズを取り出すと、鏡が現れてそこに王女の姿が映し出されました。王女は、真琴の歌が好きだったこと。氷の中にいても真琴の気持ちはちゃんと届いていたことを真琴に伝えました。それを聞いた真琴は、ようやく気持ちを吹っ切ることができたのでした。

その頃マナたちは、リーヴァが生み出したジコチューと戦っていました。彼らは真琴のコンサートが行われる会場を自分たちのものにしようとしていたのです。プリキュアに変身したマナたちでしたが、ジコチューに苦戦していました。それを救ったのは、駆けつけたキュアソードでした。さらにキュアエースも現れて、一気に戦力倍増です。

エースが動きを封じたところに、ソードが必殺技を決めて、無事にジコチューを浄化することに成功しました。
そして無事に真琴のコンサートも開始されました。歌うことが好きだという自分の気持ちを認めた真琴は、とっても輝いていました。(^^)

次回は、なんとセバスチャンが変身するお話みたいです。(^^;
ドキドキ!プリキュアボーカルアルバム1突然出現したキュアエースは、圧倒的な力を見せつけました。そしてキングジコチューは、プリキュアを倒すために新たな部下リーヴァとグーラを送り込んでくるのでした。

レジーナの攻撃を受けて、キュアハートたちは変身が解けるほどのダメージを受けてしまいました。その危機に現れたのは、新たなる戦士キュアエースでした。新たなプリキュアの出現に戸惑うレジーナでしたが、すぐに自分を取り戻してキュアエースを攻撃します。しかし、その攻撃はキュアエースをかすりさえしませんでした。逆にキュアエースの放った必殺技で、レジーナは大きなダメージを受けてしまいました。

そんなレジーナにマナは駆け寄りました。しかし、レジーナはそれを喜ぶどころか、ボロボロの状態になってもプリキュアへの憎しみをみせたのでした。そんなレジーナを見たマナは、心が折れてしまいました。しかしキュアエースは、そんなマナに容赦なく立って前に向かって進めと命じました。しかしマナはどうしても立ち上がることができなかったのでした。そんなマナから、キュアエースはラビーズを取り上げて去って行きました。

それからマナは自宅に引きこもっています。町内のお祭りが開かれているというのに、マナは部屋から出てきません。そんなマナを心配して、六花たちは様子を見に来ました。両親がマナのことを心配しているのを知った六花たちは、マナはきっと立ち直ると信じてお祭りのお手伝いをすることにしたのでした。

その頃、部屋に引きこもっていたマナのところで異変が起きていました。何者かが使った魔法の力で、いつの間にかアイちゃんがマナの妹ということになっていたのでした。アイちゃんに元気づけられたマナは、ようやく外に出ることができました。そんな中、新たな危機が近づいていました。

イーラたちに代わって、キングジコチューは新たな敵をマナたちのところに送り込んでいました。それがリーヴァとグーラでした。彼らはこれまでイーラたちとは別の次元で活動していたようです。お祭りの会場に現れた2人は、ジコチューを生み出して会場を大混乱に陥れました。みんなを守るために、六花たちはプリキュアに変身して迎え撃ちます。しかし、予想外に強敵なジコチューにキュアダイヤモンドたちは苦戦するのでした。

その頃マナは、アイちゃんを追っていて不思議な少女と出会いました。その少女こそが、キュアエースだったのでした。シャルルからみんなの危機を知らされたマナは、変身できないにもかかわらず、みんなのところに向かいました。プリキュアになろうがなるまいが、守るべきものを守る。そんなマナの姿勢に、キュアエースはラビーズをマナに返してくれたのでした。

そしてキュアエースと共にプリキュアに変身したマナは、ジコチューたちに立ち向かいます。キュアエースに影響されたのか、今日のキュアハートはいつも以上に動きがいいです。あっという間にジコチューを倒して、浄化してしまいました。3人がかりでそんなジコチューに苦戦していたキュアダイヤモンドたちの立場は・・・。(^^;

そしてキュアエースは、再びマナたちの前から姿を消しました。その正体が人間の女の子らしいことはわかりましたが、まだ詳細は謎に包まれています。彼女の正体は、何者なのでしょうか!?

今回はど派手なキュアエースの戦いあり、新たなジコチューの登場あり、落ち込んだマナが再びプリキュアとして戦うという展開あり、と盛りだくさんで密度が高いお話でした。
一番気になるのは、やはりキュアエースです。普段は普通の女の子ようですが、プリキュアになると厚化粧になるみたいですね。(^^; 突然プリキュア5つの誓いとか言い出しましたが、今回は1つしか明らかになりませんでした。5つの誓い全てをマナたちが達成したら、プリキュアが新たな力を獲得したりするのでしょうか。

ドキドキ!プリキュア ラブリーデジカメプリキュア最大の危機に登場したのは、愛の切り札キュアエースでした!

マナたちは王女とレジーナを連れてトランプ王国から帰ってきました。しかし、氷づけの王女は何か強力な力で守られているらしく、いまだに目を覚ましません。試しにジョー岡田がキスして見ましたが、物語のように眠れる王女が目を覚ますことはありませんでした。このままここにいても、再びジコチューに狙われてしまいます。そこでジョー岡田は、王女とアイちゃんを連れてしばらく身を隠すことにしました。その行く先は、マナたちにさえ内緒です。

こうしてマナたちの前には、レジーナが残りました。父親に見捨てられて、行き場を失ったレジーナを、マナは自分の家に連れて行くのでした。こんな目にあっても、レジーナはまだ父親のことを嫌いになれませんでした。そんなレジーナに、マナはいつかきっと思いは届くと励ますのでした。

ここからは、マナとレジーナが一緒に寝る百合っぽい展開あり^^;、みんなでピクニックに出かける展開ありと、楽しい展開が続きます。しかし、その楽しさを打ち破るようにマナたちの前にイーラたちが現れたのでした。マナたちはプリキュアに変身して、それを迎え撃ちます。

戦いの中、なんとキングジコチューがプリキュアの前に姿を現しました。トランプ王国での封印を破って人間界にやって来たのかと思ったら、それは幻影だったのでした。しかし、幻影とはいえキングジコチューは強力な力を持っていました。プリキュアはレジーナを守ろうとしますが、キングジコチューにレジーナを奪われてしまいました。

キングジコチューに取り込まれたレジーナは、その胸の苦しみについてキングジコチューから教えられます。レジーナは、愛を知ってしまったために苦しんでいるとキングジコチューは言うのです。そしてレジーナの心は、再び悪に染められてしまいました。悪に染まったレジーナは、強力な力でプリキュアに襲いかかりました。今のプリキュアに残された希望は、ラブリーフォースアローの力でレジーナを浄化することでした。しかしキュアハートは、レジーナを攻撃することはできませんでした。逆にレジーナから攻撃されたプリキュアは、絶体絶命の大ピンチに陥ったのでした。

その危機に現れたのは、新たなプリキュアでした。その力は、強力なレジーナの攻撃さえ無効化する力を持っていました。愛の切り札キュアエース、彼女の正体は何者なのでしょうか!

キュアエース登場のお話のはずなのに、なかなか出てこないな〜と思ったら、本当に最後の最後で登場しましたね。なんと声は、人気声優の釘宮理恵さんでした。他のプリキュアと比べると、キュアエースはかなり大人っぽい感じですが、キュアムーンライトみたいに中学生じゃないんですかね。(^^;
ドキドキ!プリキュア なりきりキャラリートキッズ キュアハート奪われた王女を取り返すために、マナたちがトランプ王国へと向かうお話でした。

マナたちの目の前で、氷づけになった王女はイーラたちに奪われてしまいました。そして、ようやくマナに心を開いてくれたレジーナも連れ去られてしまいました。王女を取り返すために、マナたちはトランプ王国に行くことを決意したのでした。しかし、その手段がありません。

その頃、イーラたちは氷づけになった王女を始末しようとしていました。しかし、巨大なハンマーを使っても、爆弾を使っても、王女を守る氷を壊すことはできません。そこで3人は、王女をキングジコチューのところへ持って行くことにしたのでした。そんな中、レジーナの心は揺れていました。ベールはそんなレジーナの心の動きを見透かしているようです。

トランプ王国へ行く手段がなくて悩むマナたちの前で、再びロイヤルクリスタルが輝きました。どうやらクリスタルがトランプ王国へのゲートを開いてくれたようです。マナたちとジョー岡田は、クリスタルの力を信じてゲートをくぐったのでした。

その頃、ベールたちはキングジコチューの前に王女を連れて来ていました。しかし、キングジコチューの力を持ってしても、王女を包む氷を砕くことはできませんでした。王女はかなり強力な力で守られているようです。
そこでキングジコチューは、とりあえず王女は放置して、次の司令をイーラたちに与えました。トランプ王国に続いて、人間界も滅ぼしてしまおうというのです。これを聞いて、レジーナの顔色が変わりました。

レジーナは初めて父であるキングジコチューにさからいました。人間界が滅ぼされたら、友達のマナもいなくなってしまいます。それがレジーナには耐えられなかったのです。そんなレジーナを、キングジコチューは許しませんでした。キングジコチューの目から放たれた光を浴びると、レジーナは力を奪われてしまったのでした。

そこへプリキュアが駆けつけました。プリキュアを迎え撃つため、イーラたちが魔物を率いて向かいます。ジコチューとの戦いの中、キュアダイヤモンドたちはキュアハートを先に行かせました。王女の元を目指すキュアハートの前に、レジーナが倒れていました。それを助け起こしたキュアハートでしたが、それはベールの罠だったのでした。

キュアハートとレジーナの足下には、真っ赤なマグマが燃える穴が開きました。レジーナを抱えたキュアハートは、とっさに側にあったロープを手につかみます。しかし、そのロープはクモのような魔物が生み出した糸だったのでした。その糸には、人間1人を支えるだけの力しかありません。上を目指そうとするキュアハートの前で、糸は今にも切れそうです。このまま2人でぶらさがっていたら、2人ともマグマに飲まれてしまいます。

マナを守るため、ついにレジーナは決意しました。我が身を投げ出して、マグマの中に落ちていったのでした。しかし、マナはそれを許しませんでした。落下したレジーナを、なんとか足で受け止めました。今は確かにピンチです。しかし、こんな危機はマナにとっては、いつものピンチです。絶対に2人で助かる道があるとあきらめないこと。そうマナは信じているのでした。

その時、レジーナの力が蘇りました。そのおかげで、マナたちは地上へと戻ることができました。そこへキュアダイヤモンドたちが合流して、一気に決戦です。プリキュアは必殺技を放って、あふれる魔物たちを浄化しました。そしてジョー岡田がアンジュ王女を回収、マナに手を引かれてレジーナも一緒にトランプ王国から逃げ出しました。プリキュアの大勝利です!

今回はレジーナの心の動きが見応えがありました。これまで自己中な女の子だったレジーナが、絶対の存在である父親キングジコチューに逆らいました。そればかりか、マナを助けるために自分を犠牲にしようとするとは・・・。次回は新たなプリキュア、キュアエースが登場するようですが、それはやっぱりレジーナなのでしょうか。顔つきは何となくアンジュ王女みたいでしたけど。(^^;
ドキドキ! プリキュア 【Blu-ray】vol.1飛び去ったクリスタルの行方を捜すお話でした。

5つのロイヤルクリスタルが揃ったと思ったら、クリスタルは突然強烈な光を発しました。そしてクリスタルは、そのままどこかへ飛び去ってしまったのでした。空を飛べるレジーナたちとは違い、マナたちには後を追う方法がありません。・・・と思ったら、困った時は四葉財閥の出番です。(^^;

人工衛星でクリスタルの行方を追跡して、消えた地点までセバスチャンがヘリでマナたちを運んでくれました。そうしてマナたちがやって来たのは雪山でした。しかし、その山の山頂は聖域として立ち入り禁止になっています。山小屋の主から山へ入るのは危険だと警告されたマナたちでしたが、クリスタルを手に入れるために危険を恐れず、プリキュアに変身して山へと向かうのでした。

そんなマナたちの前に、レジーナたちが現れました。クリスタルの行方を見失った彼らは、マナたちが現れてクリスタルの場所を教えてくれるのを待ち構えていたのでした。戦いの中、キュアソードの放った攻撃で氷が割れて深いクレバスが現れました。キュアハートはレジーナを助けようとして、そのまま一緒にクレバスの中へ消えたのでした。

キュアハートを助けるために、キュアダイヤモンドたちはクレバスの中へ踏み込むのでした。その頃、クレバスの中で気絶していたレジーナとマナは目を覚ました。これまでレジーナの目には、赤い光が宿っていましたが、クリスタルの聖なる光のせいか、怪しい光が消えています。そしてマナたちの前に、氷づけ(?)になったアンジュ王女が姿を現したのでした。

そこへマナを探して、他のプリキュアたちがやって来ました。マナはみんなと合流しようとしますが、レジーナはそれをためらいます。今のレジーナは、マナに嘘をついてクリスタルを奪い取ったことを恥じていたのでした。そんなレジーナに、マナは一緒にみんなに謝ろうと手を伸ばしました。時々裏切ることもあるけれど、やっぱりマナにとってレジーナは大切な友達の1人でした。そんなマナの深い信頼に、レジーナの目には涙が浮かぶのでした。

みんなが一緒になれたことを喜んでいると、そこに再びイーラたちが現れました。彼らはジコチューを生み出して、プリキュアを倒そうとします。それを撃退したプリキュアでしたが、王女を連れ掠われて、レジーナも連れられて行ってしまいました。マナたちは、王女やレジーナを取り返すことができるのでしょうか!?

ロイヤルクリスタルを巡る戦いから、アンジュ王女を巡る戦いへと、物語がいい感じで盛り上がってきましたね。
そして悪の心を捨てて力を失ったものの、マナと深い絆で結ばれたレジーナが今後どうなっていくかも楽しみですね。