日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


この作品もいよいよ最終回です。

白ウキョウに止められていたにも関わらず、主人公ちゃんは大学へとやって来てしまいました。それは黒ウキョウの罠だったのでした。そして、主人公ちゃんの謎が解き明かされました。実は本来の主人公ちゃんは、8月1日に大学で爆発事故に巻き込まれていたのでした。その結果、8月25日に主人公ちゃんは命を落としていたのでした。

主人公ちゃんの恋人だったウキョウは、そんな現実に耐えきれずに、精霊の力を借りました。そして異なる世界で生きている主人公ちゃんを見守っていたのでした。しかし、本来は死んでいるはずの人間が生きていることは世界にゆがみをもたらします。世界は主人公ちゃんを排除しようとしていたのでした。

燃えさかる建物の中、主人公ちゃんはナイフを持った黒ウキョウに追い詰められます。主人公ちゃんが刺されたと思った時、ナイフはウキョウ自身に刺さっていたのでした。ギリギリのところで白ウキョウがナイフを自分に刺して、主人公ちゃんを守ったのでした。

そして午前0時の鐘が鳴り、主人公ちゃんは8月26日を迎えたのでした。死ぬはずだった運命を越えて、とうとう主人公ちゃんは生き延びたのでした。そして気がつくと、主人公ちゃんはオリオンと共に精霊の世界にいました。
主人公ちゃんのこれまでの出来事には、オリオンだけでなく、その上司であるニールも関わっていたのでした。そして主人公ちゃんは、オリオンに別れを告げて、自分の本来の世界へと帰って行ったのでした。

最後はものすごく駆け足だった気がしますが、なんとか全12話を見ることができました。結局、主人公ちゃんの名前は、最後まで明かされませんでしたね。主人公ちゃんの周りにいる人たちは、みんな「おい」とか「お前」とか「君」とか、誰も主人公ちゃんを名前で呼んでくれません。実は主人公ちゃん、みんなに嫌われているんじゃないかと思っちゃいましたよ。(;_;)
ウキョウの2つの人格に、主人公ちゃんが翻弄されるお話でした。

突然主人公ちゃんの前に現れたウキョウは、主人公ちゃんの危機を救ってくれました。しかし、それはウキョウの一面にしかすぎませんでした。なんと、ウキョウには主人公ちゃんを助けようとする人格と、主人公ちゃんを殺そうとする人格の2つがあったのでした。

何となくそれを察知したものの、主人公ちゃんはウキョウからの呼び出しに応えて、危ないから近づかないように言われていた神社に近づいてしまいました。そこで主人公ちゃんは、黒ウキョウに殺されかけました。深い井戸に突き落とされそうになった主人公ちゃんでしたが、危ういところで白ウキョウが現れて主人公ちゃんを助けてくれたのでした。

そして、主人公ちゃんの運命を左右する8月25日が迫ってきました。外は嵐です。そんな中、ウキョウからメールを受け取った主人公ちゃんは、ウキョウが死のうとしているのではないかと気がつきました。じっとしていられなくなった主人公ちゃんは、危険も顧みずウキョウがいる大学へと向かったのでした。

そこで主人公ちゃんを待ち構えていたのは、主人公ちゃんを殺す気満々の黒ウキョウでした。日付が変わるまで残された時間はあと30分。主人公ちゃんは、黒ウキョウの攻撃から逃れて生き延びることができるのでしょうか!?
謎の存在だったウキョウが物語に関わってきました。

途中で事故に遭いながらも、主人公ちゃんは何とか自分の部屋にたどり着きました。そこで自分の日記を読んだ主人公ちゃんは、自分が以前からトーマのことが好きだったことを知るのでした。そこへ、主人公ちゃんが逃げたことを知ったトーマが駆けつけて来ました。トーマは精神のバランスを崩しそうになっていましたが、主人公ちゃんの日記を読んで、自分が主人公ちゃんと両思いだったことを知るのでした。

そして主人公ちゃんは、ケガの手当のために病院に連れて行かれました。すると、病室にイッキとそのファンクラブの女の子たちが現れました。ファンクラブの女の子たちは、主人公ちゃんに酷いことをしたことを謝るのでした。こうして全ての誤解は解け、主人公ちゃんは穏やかな眠りについています。

それを破ったのは、病室から主人公ちゃんを掠ったウキョウでした。ウキョウは主人公ちゃんを抱えて屋上に上ると、そこから主人公ちゃんを突き落としたのでした。こうして主人公ちゃんは、また新しい世界へ飛ばされることになりました。

新たに目覚めた世界も8月1日でした。そこで大学に登校しようとした主人公ちゃんは、突然現れたウキョウに呼び止められました。危ないから大学に行ってはいけないというのです。それを手初めに、ウキョウは主人公ちゃんの身に起きる出来事を次々と予言します。そのおかげで主人公ちゃんは難を逃れることができました。しかし、この世界では主人公ちゃんは常に死の危険にさらされているらしいです。

そしてウキョウは、主人公ちゃんの恋人だと名乗りました。別の世界で主人公ちゃんを殺したウキョウが、どうしてこの世界では恋人なのでしょうか!?
主人公ちゃんを守ろうとするあまり、トーマは倒錯してきました。

買い物に出かけた主人公ちゃんは、その途中でイッキのファンクラブの女の子たちに襲われました。幸い、髪の毛を少し切られただけですみましたが、今後の主人公ちゃんの態度によってはもっと酷いことをしてきそうです。事件の謎を解く手がかりは、イッキにありそうですが、トーマのガードが堅くてイッキと会うことができません。

そんな中、トーマが主人公ちゃんの恋人ではないことが発覚してしまいました。それでもトーマは、どうしても主人公ちゃんを守りたい気持ちでいっぱいです。主人公ちゃんを自由に行動させないために、トーマは主人公ちゃんに与える食事や飲み物に眠り薬を混入させるのでした。

さらにトーマの暴走は続きます。眠り薬だけでなく、とうとう大型の檻を部屋の中に据え付けました。そして、主人公ちゃんをその中に入れて自由を奪ったのでした。トーマは純粋に主人公ちゃんを守りたいだけなのかもしれませんが、檻の中に入れられた主人公ちゃんを見ると、なんだか変態プレイをしているみたいです。(^^;

そんな時、オリオンに話しかけられた主人公ちゃんは、自分が本当は誰が好きなのか知りたくて、自室に置いてある鍵のかかったノートを思い出しました。主人公ちゃんは、無事にこのノートを読むことができるのでしょうか!?
今度の世界での主人公ちゃんの恋人はトーマです。新たな世界で、主人公ちゃんは何者かに狙われていたのでした。

主人公ちゃんが目を覚ますと、トーマと一緒にタクシーの中でした。どうやら主人公ちゃんは、倒れたところをトーマに助けられたらしいです。病院に連れて行かれた主人公ちゃんは、そのまま入院して検査を受けることになったのでした。検査の結果は異常なし。主人公ちゃんは、トーマと一緒に自宅マンションへと帰ってきました。

そんな主人公ちゃんに、トーマは新しい携帯を渡しました。前の携帯は、壊れてしまったらしいです。翌朝、主人公ちゃんが目を覚ますと、郵便受けにゴミが投げ込まれていました。何者かが、主人公ちゃんに悪意を持っているようです。トーマはそれに気づいているようですが、あえて主人公ちゃんにそれを伝えません。

そして主人公ちゃんは、トーマと一緒にバイト先に行きました。体調が悪いからしばらく休ませて欲しいとお願いに行ったのでした。その帰り、何者かが主人公ちゃんめがけて植木鉢を落としてきました。トーマがすぐに犯人を追いましたが、捕まえることはできませんでした。この世界での主人公ちゃんのは、何者かに狙われているようです。

主人公ちゃんが心配だからということで、その日は主人公ちゃんはトーマの家にお泊まりすることになりました。
トーマが買い物に出かけている間に、トーマには頼めないものを買いに出かけた主人公ちゃんは、その帰り道にウキョウと出会いました。ウキョウはいきなり主人公ちゃんの腕をつかむと、お前は殺されると宣言したのでした。
さいわい、すぐにトーマが駆けつけてくれたので何事ありませんでしたが、主人公ちゃんには危機が迫っているようです。

今回、日付は再び8月1日にもどっていました。そんな中で、これまでになかった主人公ちゃんの日記が発見されました。しかし鍵がかかっていて、日記を読むことができません。その中には、何が書かれているのでしょうか!?
そしてトーマは、携帯が壊れたといって主人公ちゃんの携帯を持っているようです。彼には誰が主人公ちゃんを狙っているのかわかっているのでしょうか!?
ボートから転落した主人公ちゃんは、また別の世界へと飛ばされたのでした。

ボートから湖に落ちて、おぼれかけた主人公ちゃんでしたが、気がつくと自分の自宅マンションの前に立っていました。そして日付は再び8月1日に。主人公ちゃんは、またしても別の世界へと飛ばされていたのでした。

この世界では、主人公ちゃんはケントの恋人ということになっていました。典型的な理系男子であるケントと、以前の主人公ちゃんはうまくいっていなかったようです。何も事情がわからないまま、主人公ちゃんはとりあえず自分の役割を演じるのでした。

そんな中、主人公ちゃんはケントと一緒に縁日に行く予定だったことを知りました。しかし、ケントはそのことをすっかり忘れていました。主人公ちゃんからのメールでそれを知ったケントは、慌てて主人公ちゃんのところへ駆けつけて来たのでした。そして2人で縁日に向かいました。普段は数式ばかり相手にしているケントですが、この日は主人公ちゃんと一緒の時間を楽しむことができたのでした。

それからも、主人公ちゃんはケントの恋人として振る舞います。ところが、ケントは主人公ちゃんの様子がおかしいことを見抜いていたのでした。そして、あらゆる可能性を検討した結果、主人公ちゃんは記憶を失っているのではないかという結論に達したのでした。それを主人公ちゃんが指摘された時、主人公ちゃんの前にオリオンが現れました。

主人公ちゃん以外には姿も見えず声も聞こえないオリオンですが、オリオンはケントに自分のことを話してもいいと言ってくれました。そしてケントは、主人公ちゃんが平行世界を移動しているらしいことを知りました。そしてケントは、今回の事件があったことで主人公ちゃんの気持ちがわかるようになってうれしそうです。

2人がいい雰囲気になった時、突然また世界が変わりました。いきなり主人公ちゃんにトーマが声をかけてきましたが、今度の世界ではトーマが主人公ちゃんの彼氏なのでしょうか!?
イッキの正体が少しずつ明らかになる中、主人公ちゃんは再び信州へ行くことになるのでした。

イッキに泊まっていかないかと迫られた主人公ちゃんでしたが、それはイッキの冗談でした。見た目の軽薄な印象とは裏腹に、意外とイッキは主人公ちゃんを大切に思ってくれているのでした。そして、翌日主人公ちゃんがバイト先にやって来ると、ミネが泣きながら飛び出していきました。何かと思えば、イッキに告白して振られたのだそうです。

そんな中、雨の中で主人公ちゃんは再びウキョウと出会いました。やはりウキョウは、主人公ちゃんの身の上について何か知っているようです。そして、この世界では主人公ちゃんの恋人がイッキだと認識したようです。

雨に濡れたせいか、主人公ちゃんは翌日熱を出して寝込んでしまいました。バイトも休んで自宅で寝ていた主人公ちゃんのところに、イッキがやって来ました。イッキは主人公ちゃんのために、いろいろと世話を焼いてくれるのでした。

さらにミネからも主人公ちゃんに電話がかかってきました。ミネからの電話で、少しだけまた主人公ちゃんの状況がわかりました。主人公ちゃんは、何かを調べるためにイッキのファンクラブでもあるビリヤード同好会に入会したようです。いったい主人公ちゃんは、何を調べようとしていたのでしょうか!?

そして、そのビリヤード同好会の合宿が信州で行われることになりました。主人公ちゃんも、それに参加することになったのでした。そんな主人公ちゃんの前に、リカが現れました。リカは日報が送られてきていないと主人公ちゃんを責めました。日報のことを尋ねるメールはリカが送っていたのでした。

さらに、主人公ちゃんはファンクラブの実態も知ることになりました。なんと、このクラブはイッキをみんなで共有するためのものだったのです。そのため、特定の女子と親しくなっても、その女の子は3ヶ月たったら身を引いてしまうのです。イッキが女の子にもてるのに、3ヶ月しか関係が続かないと悩んでいた原因はここにあったのでした。

そんなファンクラブのあり方を批判した主人公ちゃんは、ボートに置き去りにされてしまいました。しかし、そのボートには穴が空いていて水が入ってきました。驚いた主人公ちゃんは、そのまま水の中に落ちてしまいました。
これがきっかけで、主人公ちゃんはまた別の世界へと移動することになるのでしょうか!?
主人公ちゃんが今回目覚めた世界。そこは、それまでの世界とはまた異なる場所でした。

突然8月1日を繰り返すことになってしまった主人公ちゃん。何もわからないまま、主人公ちゃんはイッキと映画を見に行くことになりました。イッキは、主人公ちゃんの様子が変だとは気づいているものの、記憶を失っているとまでは思ってないようです。

イッキには特殊能力があるらしく、サングラスを外していると、次々に女の子が声をかけてきてしまうようです。そして、そんなイッキと主人公ちゃんは恋人同士らしいです。でも、まだ付き合ってはいるけれど、主人公ちゃんはイッキに完全に心を開いていたわけではないようです。そんな主人公ちゃんを、イッキは必ずものにしてみせると宣言するのでした。

そんな主人公ちゃんに、友人のサワはイッキが次々と女を変える軟派男だと教えます。この世界のサワは、主人公ちゃんと同じバイト先の同僚というわけではないみたいです。バイト先の店長の性格も違っているし、この世界は先に主人公ちゃんがシンと恋人だった世界とは別世界みたいですね。

そんな主人公ちゃんの前に、オリオンが姿を現しました。何がどうなっているのか、オリオンに尋ねたかった主人公ちゃんでしたが、オリオンは問いに答えることもなく消えてしまいました。

再びバイトに出かけた主人公ちゃんは、そこでイッキとケンカになりそうなケントと出会いました。でも2人は、本当にケンカしていたわけではなく、単にじゃれ合っていただけだったようです。そうと知らずに突っ込んだ主人公ちゃんは、盛大に頭を打ち付けてしまったのでした。

そして主人公ちゃんは、ケントと共にイッキの部屋へとやって来ました。適度に落ち着いたところで帰ろうとする主人公ちゃんでしたが、イッキはいきなり泊まっていかないのかと言い出すのでした。
シンの過去が少しだけ明らかになりました。

いきなりシンから、2人は恋人同士だったと言われても記憶のない主人公ちゃんは混乱しています。そんな中、バイト先の仲間で花火をやることになりました。シンも呼び出しましたが、予備校があるからと断られてしまいました。ところが、いざ花火をやりはじめると、シンが姿を見せたのでした。シンは主人公ちゃんを森に連れ込むと、あの日何が起きたかを教えようとします。

主人公ちゃんが崖から落ちた日、シンは主人公ちゃんを呼び出していたのでした。強引に関係を深めようとするシンから、主人公ちゃんは逃げ出しました。そして崖から落ちてしまったのです。主人公ちゃんが崖から落ちたのは自分のせいと言っていたのは、こういうことだったんですね。

さらに、シンの「殺した」という言葉も明らかになりました。それはシンが殺人を犯したということではなく、シンのお父さんが泥酔者にからまれて、あやまってその人を殺してしまったことがあったことを言っていたのでした。その事件があって、まだ幼かったシンはそれまでの友人に距離を置かれたり、お父さんを殺人者と呼ばれたりして辛い思いをしたようです。しかし、そんなシンを支えてくれたが、主人公ちゃんとトーマだったのでした。

そして記憶をなくした主人公ちゃんに、シンはあらためて告白をしました。そしてシンは、強引に主人公ちゃんの唇を奪ったのでした。これで少しは状況が改善されていくかと思いきや、突然トラックのライトが主人公ちゃんに近づきます。そして、再び主人公ちゃんが目を覚ますと、日付が8月1日に戻っていたのでした。
戸惑う主人公ちゃんのところへ、イッキから電話がかかってきました。暇だから会いたいというのです。よく状況がわからないまま準備をする主人公ちゃんでしたが、イッキに会いに出かけました。

すると、イッキは女の子たちに取り囲まれていたのでした。イッキは主人公ちゃんが現れたのを見ると、女の子たちを追い払いました。ようやく2人きりになったと思ったら、今度はリカというきつそうな女性が現れました。
この先、主人公ちゃんはどうなってしまうのでしょうか!?
主人公ちゃんの記憶の混乱は続いています。

主人公が目を覚ますと、そこは病院でした。しかし目を覚ましたその世界は、それまで主人公が知っていた世界とは微妙に異なる世界だったのでした。主人公は記憶を失ったことを隠してシンと共に行動します。しかし、主人公が記憶を失ったことをシンに気づかれてしまうのでした。

そしてシンは、主人公との関係を話してくれました。なんと主人公ちゃんとシンは3ヶ月前から恋人同士でした。
記憶をなくした主人公に少しでも思い出す手がかりを与えるために、シンは主人公を彼女の通っていた大学へと連れて行きました。シンの話によると、彼女は大学生でシンはその後輩の高校生なのだそうです。そして主人公は、サークル活動でバンドをやっていました。今の主人公のおとなしそうな感じからすると、バンドをやっていたというのはかなり意外でした。

さらにシンは、主人公をサポートするために同じバイト先のトーマにも事情を話しました。バイト先に出向いた主人公は、そこでサワとミネから詳しい事情を聞き出します。どうやらバイトの親睦で、信州旅行に出かけたことは間違いないみたいです。しかし、主人公の記憶では同じバイト仲間だったはずのイッキやケントは、山荘で出会っただけの人間らしいです。どうしてこのような記憶の違いが起きてしまったのでしょうか!?

バイト先から帰ろうとする主人公の前に、ウキョウが現れました。ウキョウは主人公が自分から声をかけてくれたことがうれしそうです。ウキョウは主人公の身に起こった事情を知っていそうですが、今回の事件とウキョウは何か関わりがあるのでしょうか!?
ウキョウがふともらしたセリフの断片からすると、主人公は多次元世界にいるように思えたのですが・・・。

そして、主人公とシンの間にも何か秘密がありそうです。全てが明らかになり、主人公ちゃんが記憶を取り戻すのはいつのことなのでしょうか。
記憶をなくしたまま、主人公は極力普通の生活をしようとします。そんな時、信州旅行の話が持ち上がるのでした。

自宅マンションの前で、突然女の子たちに取り囲まれた主人公。主人公と彼女たちの間には何か約束があり、主人公はそれを破ってしまったらしいのですが、それが何なのかわかりません。追い詰められた主人公は、気を失ってしまうのでした。

それでも、今の主人公には普通に生きることしかできません。今日もバイト先に、少しでも記憶を取り戻そうとやって来ました。そんな主人公に、同じバイト先の女の子、サワとミネが声をかけてきました。なんでも今日は旅行の打ち合わせがあるらしいです。しかも、その旅行は主人公が言い出したことだったのでした。

こうして主人公は、何がなんだかわからないまま信州旅行に行くことになってしまいました。その間にも、度々断片的な記憶が主人公に蘇ります。シンは主人公に、人を殺してしまったと打ち明けていました。ケントとは、お祭りの日のことを思い出しました。しかし、どの記憶も断片的すぎて、決定的な何かを思い出すところまではいきません。

そんな中、流星群を見に出かけた主人公は、山道でシンと一緒になりました。少しでも記憶の手がかりを探ろうとする主人公でしたが、突然シンに恐怖を感じました。山道を駆け出した主人公は、そのまま崖から転落してしまいました。

主人公が目を覚ますと、そこは病院でした。そしてなんと、日付も8月1日に戻っていたのでした。おまけに、これまで主人公を支えてくれたオリオンの姿もありません。主人公はこれからどうなってしまうのでしょうか!?

物語の展開は、謎また謎という感じですね。そして、これだけ登場人物が増えてきたのに、誰からも名前で呼ばれない主人公ちゃんがちょっと不憫になりました。(^^;
新番組のお試し視聴です。記憶をなくした女の子を主人公とした物語みたいです。

主人公の女の子は、バイト先で倒れて目を覚ましました。そんな彼女を心配そうにのぞきこんでいる男性がいます。
しかし彼女には、自分の前にいるのが誰なのかわかりません。そんな彼女の前に、彼女にしか見えず、彼女にしか声が聞こえない精霊が現れました。彼女が記憶をなくしたのは、その精霊が彼女の精神体とぶつかったためらしいです。その時のショックで、彼女は8月1日以前の記憶を失ってしまったのでした。

わけのわからない世界で、彼女は精霊に助言されながらなんとか生きています。とりあえず、彼女は一人暮らしをしていて、メイド&執事喫茶で働いているらしいです。彼女の周囲には、彼女を気遣ってくれる友人やバイト仲間がいます。しかし、その誰も彼女の記憶にはありません。そしてバイト仲間の男の子のファンの女子に、彼女は取り囲まれてしまいました。彼女たちとの間には、何か約束があったらしいのですが、それはなんだったのでしょうか!?

最初の方を見た印象では、とりあえずイケメンそろえました的なお話かと思いましたが、第1話の最後まで見ても主人公の名前さえわからない展開には驚かされました。・・・っていうか、誰か1人くらい名前で呼んでやれよと思いましたが^^;、このまま最終回まで主人公の名前がわからなかったら凄い作品になるかも。(笑)