日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


妙にお尻が印象的なこのアニメも^^;、いよいよ最終回です。

れいを飲み込んだカラスは、アローンのように巨大化しました。一色博士が調べたところによると、れいの矢の力を取り込んだカラスは、この世界で最強の存在になったのでした。そんなカラスに、国防軍は猛攻を加えますが、全く歯が立ちません。

そんな中、博士はれいがカラスの中でまだ生きていることに気づきました。それを知ったあかねたちは、友達のれいを助けるためにカラスと戦う決意をするのでした。しかし、その頃カラスはこの世界を滅ぼすために示現エンジンの力を利用しようとしていました。カラスにエネルギーを吸い取られて、世界各地でエネルギーが不足して混乱が起こります。

そこへあかねたちが攻撃を加えます。最終回ということで、ひまわり、わかば、あおいと3人連続のドッキングです。しかし、ドッキングで力を使い果たしたあおいたちは、地上へと落下していきます。みんなの力に後押しされて、ついにあかねはれいの元へとたどり着いたのでした。

そして、あかねとれいがドッキングします。その力は、なんとカラスをも上回り、宇宙創成にも匹敵するエネルギーを持っていたのでした。この力で、あかねとれいはカラスを倒したのでした。こうして世界には平和が戻りました。さらに、れいにはうれしい知らせが待っていました。れいの世界を滅ぼした"彼ら"がれいの世界を復活させてくれるというのです。

復活した世界に、れいは帰っていきました。しかし、あかねたちにお別れは言いません。また絶対にあうことができるからと信じているから。

ということで、全12話の完結です。最初はけっこういい感じだと思った作品でしたが、中盤から設定の甘さが目についたのが残念でした。カラスって結局なんだったのか、とか"彼ら"って何だったのかとか、気になる点も多かったですしね。
あかねたちが、逮捕されたれいを救い出すお話でした。

一色博士の研究により、アローンを強化させる者をつきとめる方法がみつかりました。その方法を使って、とうとうれいは国防軍に逮捕されてしまったのでした。その前に現れたあかねたちを見て、れいは自分が裏切られたと思いました。あかねたちの弁解の言葉も聞かないまま、れいは逮捕されて拘束される身の上となったのでした。

拘束されたれいは、いろいろと調査されました。なんか、身体検査もされたみたいですが、やっぱり裸にされてあんなことや、こんなことをされてしまったんでしょうか。(^^;
その結果、れいはこの次元の人間ではないことが判明しました。さらに、アローンが出現するのは、れいをビーコンにしていることもわかりました。国防本部は、そんなれいの抹殺を考えるのでした。

一方、れいの真実を知ったあかねたちは落ち込んでいました。そして、本当にれいのことを理解してあげられなかったことを悔やんでいたのでした。そしてついに、あかねたちはパレットスーツの力を借りて、強引にれいと会うことを決意したのでした。

そしてあかねたちは、変身してれいが拘束されている施設に殴り込みました。数々の防衛網をくぐり抜けて、ついにあかねはれいと再会しました。そんなあかねに、れいは最初心を閉ざしていました。しかし、あかねの必死の呼びかけがついに心に届きました。そこにあおいたちも合流して、5人はあらためて友情を確認したのでした。

そんな時、れいに指示を与えていたカラスが現れました。カラスはより上位の存在の代弁者らしいです。カラスは、人間たちがれいを抹殺したら、この世界を不適格と判断して抹消するつもりでした。しかし、人間たちはカラスの予想を裏切ってれいを救ったのでした。

しかし、それくらいでカラスは考えを改めません。示現エンジンが人間にとって過ぎた力だと確信しているカラスは、れいを自分の中に取り込んで力を得ると、巨大化して暴れ始めたのです。
本当の黒幕が登場して、いよいよクライマックスになりました。あかねたちは、カラスに取り込まれたれいを救い出すことができるのでしょうか!?
れいが最後の戦いを決意するお話でした。

自分の世界を復活させるには、この世界の示現エンジンを破壊するしかありません。そのことでれいは悩み苦しんでいました。そしてれいは、ついに大きな決意をしました。いつもはアローンが出現した後でれいがその場に赴きパワーアップさせる矢を放っていましたが、今度はアローンが出現する場所を事前にカラスから聞き出したのです。

これが最後の決戦になると覚悟したれいは、気がかりを解消するためにあかねのところにやって来ました。前にあかねのところに来た時、トマトを握りつぶしてしまったことを気に病んでいたのです。そんなれいに、あかねはご飯を食べていけと誘いました。それを受け入れたれいは、そのままあかねの家に泊まることになってしまいました。

あかねと過ごすうちに、れいは心のわだかまりが薄れていきました。そして、そんなれいにあかねは友達になりたかったと話してくれたのでした。これまで友人を作らないようにしてきたれいでしたが、そんなあかねの言葉は心にしみいったのでした。しかし、れいには戦いがあります。決戦のためにれいは、あかねの前から姿を消したのでした。

その頃、一色博士はひまわりが発見したアローンをパワーアップさせた矢の情報を得ていました。その情報を調べた博士は、矢を放とうとした者を突き止めることができるようにしたのでした。そんな中、アローンが出現しました。あかねたちは、アローンを倒すために出撃しました。

そんなアローンにれいは矢を放ってパワーアップさせました。次の矢を放とうとした時、博士の放ったドロイドがれいに向かってきました。れいはその場から逃げ出したために、次の矢を放つことができませんでした。
その間に、わかばとドッキングしたあかねは、アローンを倒していました。そしてそのまま、矢を放った者のところに向かいました。

あかねの前に現れた矢を放った者、それはれいでした。それを知ったあかねは衝撃を受けるのでした。
驚いたのは、れいも一緒でした。あかねが変身して戦っていることを知ったれいは、あかねにだまされたと思い込みました。そして、昨晩の友達になりたかったというあかねの言葉も、嘘だと決めつけたのでした。そんなれいに、あかねは必死で弁解しようとしますが、国防軍がれいを取り囲んでそれは果たせませんでした。

今回は、いかにもクライマックスという感じで物語が盛り上がりましたね。あかねとれいの間に友情が芽生えたと思わせて、すぐにお互いの正体がばれて友情が壊れてしまうという展開が、ベタだけれど面白かったです。
今回は、わかば×ひまわりなお話でした。

今日もわかばは、ひまわりのところへ通い妻としてやって来ています。(^^;
そんなわかばの楽しみは、ひまわりの工場見学に付き合う代わりに、可愛い衣装をひまわりに着せることでした。わかばの用意した衣装を着たひまわりには、みんな目を釘付けにされます。そして一般人だけでなく、プロの目にもひまわりは注目されたのでした。

こうしてひまわりは、雑誌のモデルをすることになりました。ひまわりは不満そうですが、大好きなひまわりがモデルに選ばれたことでわかばはうれしくてなりません。そして、わかばはひまわりとの約束を忘れて、雑誌の撮影会の予定を入れてしまいました。工場見学を楽しみにしていたひまわりは、それを知って激しく怒るのでした。

ひまわりが怒った原因に気がついたわかばは、すぐにひまわりに謝りました。撮影会をキャンセルしようとするわかばに、ひまわりは1日付き人をしたら許してあげるというのでした。こうして撮影会が開始されました。忙しくモデルをするひまわりを、わかばは必死にサポートします。そして順調に撮影会は終了したのでした。

撮影後にひまわりが気づくと、いつもしているお気に入りのヘアピンがありません。撮影の時にはずしたのですが、どこにいったのかわからなくなっていました。ひまわりは慌てて、撮影をした海岸に戻ります。しかし潮が満ちてきて、海岸は海の底に沈んでいました。それでも諦めきれないひまわりは、海の中へ入り込んでヘアピンを探します。

そんなひまわりを見つけたわかばは、ひまわりの大切なヘアピンを差し出しました。ヘアピンは、わかばが見つけて保管しておいてくれたのです。こうして、わかばとひまわりの絆はますます深まったのでした。そしてアローンが現れました。今回のアローンは、衛星軌道上から示現エンジンを狙ってきます。そんなアローンを、ドッキングしたあかねとあおい、そしてサポートにまわったわかばとひまわりの活躍で撃退したのでした。

前回といい今回といい、アローンの出現パターンがなんとなくエヴァみたいですね。
アローンの攻撃を受けて、あかねが倒れました。あおいたちは、あかね抜きでアローンに立ち向かうことになるのでした。

アローンの攻撃でパレットスーツを破壊されたあかねは、すぐに病院に搬送されました。肉体的にはダメージを負っていないようですが、血圧も低下して生命の危機に直面しています。あおいたちは、そんなあかねを見守りますが、一色博士に言われて、ようやく休息を取るのでした。

その間に、アローンはスカイツリーにとりついて自己再生を始めていました。国防軍がそれを攻撃しますが、その攻撃はアローンの強力なバリヤーに阻まれて届きません。さらにアローンは、攻撃を仕掛けた国防軍にビームを放って、国防軍を壊滅させたのでした。

あおいたちは、一色博士に戦いの継続をお願いします。しかし、あかねがいない今、あおいたちはドッキングを行うことができません。ドッキングなしであおいたちが勝てる可能性は、1%もないのでした。

そして1つの作戦が内閣に提案されました。それは現在国防軍が持っているSGE爆弾という強力な爆弾を使用してアローンを殲滅するというものでした。しかし、この爆弾を使うと大気層や地殻にも大きなダメージを与えてしまいます。それでもなお、この爆弾をしようしなければ国防軍がアローンに勝てる可能性はないのでした。

爆弾を使用するために、東京からは多くの住民が避難することになりました。着々と計画が進行する中、あおいたちが一色博士の前に現れました。彼女たちがアローンと戦い突破口を作れば、アローンの唯一の弱点を突くことができます。アローンは強力なバリヤーに覆われていますが、攻撃の時にはそれが一部無効になるのです。

こうして、あおいたちはあかね抜きで作戦に参加しました。まずはあおいが突撃して、アローンの注意を引きつけます。そしてひまわりが、アローンがバリヤーに開けた穴を固定します。そして、わかばがそこから内部に突入して爆弾をアローン内部に埋め込みます。しかしアローンは、れいの放った矢によって、さらに凶暴化していたのでした。

爆弾を埋め込むわかばが吹き飛ばされて、計画は中断されてしまいました。あおいは、そんなわかばたちの救援に向かおうとしますが、間に合いません。と思ったら、あかねの武器があおいに力を貸してくれました。そのおかげで、あおいはアローンにとどめの一撃を放つことができたのでした。こうして苦戦の末、あおいたちはついにアローンを倒したのでした。

あおいたちが病院に戻ると、あかねが目を覚ましていました。もうすっかり元気になったようです。元気なあかねを見て、あおいは泣き崩れるのでした。

今回は、今までにないピンチなお話で面白かったです。物語の視点も、あかねではなく、あおい目線でした。
あかねの家でお勉強会が開かれるお話でした。

深夜に現れたアローンを撃退したせいで、あかねはお疲れのようです。そんな時、あかねたちはみずは先生に呼び出されました。何かと思えば、このところあかねの成績が落ちているのが問題になっているようです。そこであおいの提案で、あかねに勉強を教えるためにお勉強会が開かれることになったのでした。

その場所に、あおいはれいも呼ぶことを思いつきました。最初れいはそれを拒絶していましたが、時間差攻撃であおい、わかば、ひまわりにお誘いされて、とうとうそれを受け入れることになったのでした。といっても、ただ単にお勉強会に出席するだけでなく、一色博士が作り出した示現エンジンの弱点を探ることが目的でした。

こうして土曜日。あおいたちはあかねの家にやって来たのでした。あかねは、土曜日以外はバイトが忙しくて時間がないのでした。一色博士とか、凄い発明をいくつもしているの、あかねの家はどうしてこんなにお金がないのでしょうか!? あかね自身が、博士に養われるのを拒絶してバイトしているのでしょうか!?

お勉強会が始まると、れいは隙を見てあかねの家を調べ始めました。そして冷蔵庫を調べたれいは、そこに眠っている一色博士の死体(笑)を発見してしまったのでした。それに気づいたあかねたちは、何とかその場を取り繕いました。そして勉強に励んだおかげで、あかねは目に見えて勉強ができるようになってきたのでした。

そんな中、アローンが襲撃してきました。今度のアローンは、全身を電磁波で覆っています。その強力な電磁波で、街の電気機器は次々と壊されていったのでした。このままアローンが進むと、首都圏の機能が麻痺してしまいます。アローンを迎撃するために、あかねたちは出撃したのでした。

アローンは予想外に強くなく、あかねたちはあっさりとアローンを撃退しました。ところが、れいの放った光の矢がアローンの残骸に残されていました。そこからアローンは、一気に増殖しました。復活したアローンは、あかねたちに襲いかかります。みんなをかばって、あかねは電磁波攻撃にさらされてしまいました。パレットスーツが壊れてしまいましたが、あかねたちはアローンを撃退できるのでしょうか!?
今回は、完全なギャグ回でしたね。(^^;

あかねたちは、校外学習のために式根島へと出かけました。しかし、お祖父さんの一色博士は、この機会にあかねたちの友情パワーを強化しようと、あかねたちを特訓しようと策を巡らしていたのでした。

式根島に到着したあかねたちは、到着早々みずは先生にオペレーションキーを取り上げられました。落とすといけないというのが表面上の理由ですが、これも一色博士の陰謀であかねたちがパレットスーツに変身できないようにするためだったのでした。

一色博士は、あかねの妹のももと一緒に式根島にやって来ていました。そこで悪巧みをしているところを、れいに発見されてしまいました。やむなく博士は、れいを眠らせてあかねたちの特訓に利用するのでした。博士は偽のアローンになって、あかねたちの前に現れました。そしてれいを人質に取ったことを知らせて、あかねたちを自分が用意した島へと誘い込んだのでした。

その島には、様々な罠が仕掛けられていました。れいを助けようと島に上陸したあかねたちでしたが、途中でわかばとひまわりとはぐれてしまいました。その間に、目を覚ましたれいは自力で捕らわれていた小屋から脱出しました。そして、あかねたちに様々な罠が仕掛けられていることを知ったれいは、正体を隠してあかねたちを助けるのでした。・・・もっとも、正体に気がついてないのはあかねだけで、あおいたちにはバレバレでしたが。(^^;

こうしてあかねたちは罠を次々と突破しましたが、博士はそれで闘争心をかき立てられてしまいました。あかねたちを特訓するはずが、いつの間にかあかねたちを真剣に倒そうとしていたのでした。でも、れいの手助けがあったのと、あかねの水着の特殊装備のおかげで、あかねたちは博士の罠を脱したのでした。

ということで、今回はアローンとの戦いもなく、あかねたちの水着姿を楽しみつつ、お気楽に笑うお話でした。
アローンを凶暴化させる少女、黒騎れいの正体が少しだけわかるお話でした。

あかねたちの学校で、男子と女子で別れて泊まりがけで実習に出かけることになりました。その時の班に、あかねはいつも1人でいるれいも加えたいと思ったのでした。しかし、れいはあかねの好意を拒絶してしまいました。そんなれいですが、アローンを凶暴化させることに迷いがないわけではありませんでした。実際、アローンの攻撃で家を失ってしまった兄妹を見るれいは悲しそうでした。

そんなれいを操っているのは、1羽のカラスでした。カラスはれいに取引を持ちかけて、アローンを凶暴化させているようです。れいの両親は、示現エンジンの暴走によって消滅してしまったようです。そんな両親を取り戻すためには、示現エンジンを破壊することが必要なようです。しかし、自分のやっていることは本当に正しいことなのか、れいにはまだ迷いがあるようです。

示現エンジンを破壊することだけが目的なら、別にアローンに頼らなくてもいいと、れいは単独でエンジンのある施設に忍び込みました。しかし、セキュリティが強化されていて、れいは警備ロボットに取り囲まれてしまいました。なんとかロボットを破壊したものの、傷ついたれいは海岸で倒れてしまったのでした。

そんなれいを発見したのは、新聞配達中のあかねでした。あかねはれいを自宅へと連れ込みました。そして、傷の手当てをしてくれたのでした。れいは丸1日眠っていたようです。元気になったれいを見て、あかねは安心しますが、れいはなかなか心を許してくれません。

そんな時、アローンが襲撃してきました。呼び出しを受けたあかねは、アローン退治に向かいました。そして、れいもまたアローンを凶暴化させるために光の矢を撃ち込もうとしましたが、その途中で力尽きて倒れてしまったのでした。そんなれいは、再びあかねに助けられました。あかねは、れいに友達になりたいと告げました。しかし、れいはそれを拒絶するのでした。あかねとれいが理解し合える日はやって来るのでしょうか!?

今回は、れいがメインだったこともあり、物語がいきなり核心に向かった感じでしたね。れいはあかねたちとは違う次元の人間なのでしょうか。そして、彼女を操るカラスはいったい何者なのでしょうか。
なんとなく、れいはカラスにだまされて利用されているみたいに思えます。両親を失ったれいの悲しみを利用して、れいをカラスが自分の部下にしているように見えました。
4人目の戦士は、引きこもりの天才少女でした。

アバンからあかねたちは戦っています。ドッキングしてアローンをしとめようとしますが、キスしようとしているところをアローンに狙われてピンチです。幸い、わかばのフォローで救われましたが、今後に課題が残りました。

先の戦いを踏まえて、あかねたちはわかばの指導の下、特訓です。巨木をよけて、はじきかえせとわかばは言いますが、普通の女の子にそれは無理なんじゃ・・・。(^^;
特訓の後は、あかねたちは普通に学校に登校しました。今日の体育の授業は、ソフトボールです。そこでわかばと対決したあかねは、隣の席のひまわりちゃんを壊してしまったのでした。

ひまわりちゃんの正体は、引きこもりの天才少女・四宮ひまわりが開発したロボットでした。ひまわりは、とんでもないハッキング能力を持っていて、あかねたちがアローンと戦った時の機密データにもアクセスしていたのでした。そんなひまわりのところに、あかねたちはひまわりちゃんを壊してしまったお詫びに出かけました。

最初、ひまわりはあかねたちと会う気がありませんでした。しかし、あかねたちが居座るつもりだと知ったのと、あかねの連れているぬいぐるみに関心を持ったために、あかねたちと会うことにしたのでした。ひまわりが引きこもったのは、友人に約束を破られたからでした。かってひまわりのクラスでは、掲示板を利用した悪質ないじめが行われていました。友人に頼まれて、掲示板を実名表示にしたひまわりでしたが、頼まれた友人に裏切られて、逆にひまわりが非難されることになってしまったのでした。

そんなひまわりの部屋は機械でいっぱいでした。おまけに、ひまわりは工場のような建物も好きらしく、壁にはエネルギープラントの写真が貼られていました。そのプラントは夕方に見た方がもっときれいだとひまわりが言ったために、ひまわりはあかねたちと共にプラントの見学に外出することになってしまったのでした。あかねたちがプラントに見とれていると、そこに倒したはずのアローンが復活して現れました。アローンの攻撃で、プラントは暴走を始めてしまいました。ひまわりは自分なら暴走をとめられると、変身したあかねにプラントまで送り届けてもらったのでした。

あかねは、ひまわりをプラントに連れて行くと、絶対に迎えに来ると言い残してアローンの元へと向かいました。
その間にも、あおいとわかばがアローンと戦っていましたが、2人で苦戦していました。そこへあかねが合流して戦力アップです。と思ったら、アローンの放った攻撃がプラントに命中してしまいました。

ひまわりは、崩れた建物の中でまた裏切られたと思いました。しかし、そんなひまわりとの約束を果たすために、あかねはちゃんと帰ってきたのでした。人を信じる気持ちを取り戻したひまわりは、続いてパレットスーツへの変身も果たしました。こうして4人目の戦士が登場したのでした。

今回のドッキングは、あかねとひまわりでした。いつもの謎の少女が現れて凶暴化したアローンを、ドッキングしたあかねとひまわりは、強力な光線を放って倒したのでした。こうして再び平和が訪れました。戦いを終えたひまわりは、あかねたちに明日からは学校に行くと約束してくれるのでした。
3人目の戦士、三枝わかばが登場するお話でした。

あかね、あおい、ももの3人は今日からブルーアイランドの学校へ転校することになりました。ところが、新聞配達をしていて遅刻しそうになったあかねは、パレットスーツに変身して登校しようとするのでした。その姿を剣道部の強豪・三枝わかばに目撃されてしまいました。あかねを不審者だと思ったわかばは、あかねに木刀で襲いかかってきました。やむなくあかねは、それをかわしますが、必殺の剣をかわされたことでわかばはショックを受けるのでした。

転校早々、騒動を起こしてあかねは天城みずはから大目玉を食らいます。そして、以後私用にパレットスーツを利用することを禁じられるのでした。そして、あかねたちの転校先には、なんとわかばがいました。わかばは、朝のくせ者の正体があかねではないかと疑っています。そしてわかばは、あかねに挑戦してくるのでした。しかし、あかねはそれを拒否して逃げ回るのでした。

わかばは、あかねに剣をかわされたことが悔しくてなりません。そんなわかばに、父は心の強さとは勝ち続けることではないと教えるのでした。そしてわかばは、翌日あかねに果たし状を送りつけてきました。それを受けて、あかねはついにわかばと戦うことにしたのでした。

2人の戦いは、決着がつかず延々と続きます。ハラハラしながら見守っていたあおいたちでしたが、ももはあかねが楽しそうにしていることに気がついていました。そんな時、再びアローンが襲いかかってきました。みんなを守るため、あかねとあおいはパレットスーツ姿に変身してアローンと戦うのでした。

それを見たわかばは、あおいの強さの秘密に気がつきました。あかねは、本当に戦うべき相手をきちんと見極めていたのでした。そして同じように戦いたいと、わかばもパレットスーツ姿へと変身するのでした。わかばが加わって戦力アップしたあかねたちですが、前回も現れた少女がアローンに光の矢を放ちました。すると、アローンはさらに凶暴になったのでした。

そんなアローンを倒すため、今回はあかねとわかばがドッキングしました。今回は緑基調の変身で、剣を振るって戦う戦士が誕生しました。その光る剣で、あかねとわかばはアローンを一刀両断にしたのでした。こうして学園の平和は守られました。次回もまた、あかねたちに新たな仲間が加わるようですね。

アローンを凶暴化させる少女ですが、なんとあかねたちと同じクラスでした。彼女は何の目的でアローンに力を与えているのでしょうか。そのあたりが明かされる時が楽しみです。
あかねに続いて、あおいもヒーローのような姿に変身するのでした。

赤いヒーローに変身したあかねのおかげで、あおいは救われました。しかし、その間にも国防軍はアローンとの戦いに苦戦していました。そんな2人に一色博士は問いかけます。彼らを助けたいかと・・・。
それに元気よく返事したあおいは、あかねの胸から出てきた青い鍵であかねと同じように変身したのでした。

そして2人は、アローンへと立ち向かいます。あかねは、ブーメランのような武器を使って戦います。あおいは、力持ちになったみたいでハンマーをふるって戦います。その攻撃でアローンは沈黙したのでした。いよいよアローンにとどめを刺す時です。それにはあかねとあおいがドッキングする必要がありました。その方法は、おでこにキスすることでした。ところが、あおいはあかねに内緒にしたいことがあったために、ドッキングを行うことができませんでした。

ここで物語は、あかねとあおいが知り合った2年前に戻ります。療養のために島へやって来たあおいは、そこで新聞配達をしていたあかねと知り合いました。勇気を出して話しかけたあおいは、あかねと友達になることができたのでした。しかし、この時あおいはあかねに隠し事をしていました。それは大好きだといったトマトが、本当は嫌いだったのでした。

それをあかねに知られたくなくて、あおいはドッキングを拒んでしまったのです。しかし、あかねはあおいがトマトが苦手だということを知っていました。あおいの隠し事が隠し事でなくなった時、2人はドッキングすることができるようになったのでした。

その間に、アローンの方にも異変が起きていました。股間から太陽が昇っていた女の子がアローンに向けて弓を放つと、アローンは今まで以上の力を得て暴れ始めたのです。そんなアローンに、ドッキングして1人の大人の女性の姿になったあかね+あおいが立ち向かいます。その力は、子供の時の力を遥かに超えるもので、2人はあっという間にアローンを倒したのでした。

第1話に続いて第2話もテンポがよくて面白かったです。あおいの隠し事がトマトが嫌いというのも子供らしくて可愛くてよかったです。全体の雰囲気は、エロあり、百合あり、萌えありの、大人のためのプリキュアといった感じですね。公式HPを見ると、あかねとあおいの他にもヒロインの女の子が登場するみたいですので、それも楽しみです。
新番組のお試し視聴です。祖父である博士が発明した不思議な力で戦う少女たちの物語みたいです。

この物語の世界では、示現エンジンなるシステムが開発されて、エネルギー問題は解決しているらしいです。その示現エンジンの発明者である祖父と一緒に暮らしている元気少女が、主人公の一色あかねです。あかねは、しっかり者の妹・ももと共に家庭を守っているのでした。詳しいことはわかりませんが、あかねの家では父が亡くなり、母は入院しているらしいです。祖父は偉大な発明家ですが、生活力はないみたいですね。

伊豆大島に暮らすあかねのところに、うれしい知らせが届きました。友人のお嬢様・あおいが島に帰ってくるのです。
それを喜ぶあかねでしたが、示現エンジンを狙ってブルーアイランドに正体不明の敵が近づいていたのです。それは一色博士がアローンと呼ぶものでした。その正体は何なのかわかりませんが、ブルーアイランドを守る国防軍が出撃してもアローンにはかないませんでした。アローンを倒せるのは、一色博士が発明した発明品だけのようです。

あおいが帰ってくることを知って喜ぶあかねでしたが、その途中であおいの乗った飛行機がアローンに攻撃されてしまいました。実験のショックでぬいぐるみになってしまった博士の助言で、あかねはあおいの救出に向かったのでした。あおいの乗った飛行機は、なんとか不時着しました。しかし、飛行機はいまにも高いところから落ちそうです。

そんなあおいを救ったのは、あかねが博士からもらった不思議なアイテムの力でした。その力であかねは、赤いスーツをまとったヒーローのような姿になったのでした。あかねとあおい、2人はその力で迫り来るアローンを倒すことができるのでしょうか!?

何の予備知識もなく視聴したのですが、画面に動きもあるし、お話にそれなりに緊張感もあって面白かったです。