日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


リメイクされたヤマトも、ついに最終回です!

デスラーの急襲を受けながらも、ヤマトは銀河系へと到達しました。そして地球との通信が再開できるところまで、ヤマトは地球に近づいていたのでした。しかし、デスラーの攻撃で重傷を負った雪は、いまだに目を覚ましません。そればかりか、ヤマトにある医療設備では生命の維持さえ困難な状況に追い込まれました。そんな中、唯一の望みはユリーシャが入っていた生命維持カプセルです。そこに雪を入れて地球まで連れ帰れば、わずかながら助かる希望が残ります。

雪がそんな状態で、精神的にどん底のはずの古代でしたが、かれは懸命に自分を奮い立たせてヤマトを地球へと向かわせます。旧作と比べて、この作品では古代の成長がほとんど描かれませんでしたが、最終回になってようやく上に立つ人間としての器量を身につけてきたようです。
そして雪だけでなく、艦長の沖田にも死の時が近づいていました。遊星爆弾症候群は確実に沖田の体力を奪っていました。しかし、地球をもう一度見るまでは死ねない。その執念だけで沖田は生き延びているようにも見えます。

そんな中、艦内では再び幽霊話が出ていました。イスカンダルに行く時の幽霊の正体は、ユリーシャでしたが、今度は古代守の幽霊が艦内をうろついているようです。その一方で、なんと加藤と真琴の結婚式が行われることになりました! なんと単なる結婚ではなく、できちゃった婚です!(^^; まこピーファン、憤死ものの設定ですね。(笑)

そんな時、眠っていたはずの雪が目を覚ましました。すぐに古代が呼ばれますが、待っていたのは雪の死という悲しい現実でした。最期の力を振り絞って、何かを伝えようとした雪でしたが、それすら果たせず息を引き取ってしまったのです。号泣する古代でしたが、その場にいた全員に雪の死は秘密にするようにお願いしました。苦しい航海の中、悲しい死はもうたくさんだと古代は思ったのでした。

しかし、いくら押し隠しても雪への思いは消せるものではありません。そんな弟の思いを、コスモリバースシステムの一部となり、幽霊となった守は見守っていました。そして守は、自らの意志でシステムを稼働させると、雪を蘇らせたのでした。突然起こった奇跡に、古代は大喜びです。そして、ついに自らの思いを雪へと伝えて、情熱的なキスをかわすのでした。

驚いたのは、副長の真田です。地球に到着する前にコスモリバースシステムが起動してしまったのでは、何のためにヤマトがイスカンダルまで航海したのかわからなくなってしまいます。しかし、真田や新見女史の努力にも関わらず、守を失ったシステムは沈黙してしまいました。

そんなこととは知らないブリッジは、生き返った雪を連れた古代を見て大いに盛り上がります。そして、ついに地球がヤマトの前に姿を見せました。艦長室では、それを沖田と佐渡先生が一緒に見ています。旧作通り、ここで沖田は佐渡に1人にして欲しいと告げました。懐かしい地球の姿を目にして、沖田の目には涙があふれました。そして、強靱な意志で困難な任務をやり遂げた男は、ついに息を引き取ったのでした。

その直後、なんとコスモリバースシステムが再起動しました。これは、やはり沖田の意志がヤマトに宿ったと考えていいのでしょうか。こうしてヤマトは、長い航海を終えて地球へと帰還しました。そして地球は、再び青い星へと生まれ変わったのでした。

ということで、リメイク・ヤマトの完結です。旧作にもある雪の死。コスモリバースシステムでの復活はあると思いましたが、そこに古代守が関わったのは余計な気がしました。しかも、守は悲しむ弟を助けるだけという個人的な事情でシステムを動かしてしまいました。これは納得できませんでした。
その後の沖田艦長の魂がヤマトに宿るというのはよかったです。トチローの魂を宿したアルカディア号とか、松本アニメでは他にも事例がありますし。

そして、なんと完全新作の映画制作が決定したようです。旧作のヤマト人気が高まったのも映画からでしたので、新作が映画になってよけいな部分をそぎ落とした時、どんな作品になるのか楽しみです。
イスカンダルから地球を目指すヤマト。そんなヤマトを待ち構えていたのは、デスラー総統でした。

ヤマトはイスカンダルを後に、地球へと向かって進んでいます。その途中で、ヤマトはガミラス側の救難信号をキャッチしました。救助してみると、それはデスラーの側近であったミーゼラでした。ミーゼラはデスラーに見捨てられたことで深く傷ついていました。そんなミーゼラに、雪は戦いはもう終わったのだと伝えるのでした。

ガミラス本星を目指していた艦隊の中から、ゲールに率いられた艦隊だけが本隊から離脱していました。ゲールはまだこの後に及んで、ヤマトを撃沈するつもりでいたのでした。バラン星にある亜空間ゲートへと先回りしたゲールは、そこに罠をはりヤマトを待ち受けます。

以前のヤマトの戦いで、バラン星のゲートはかなり破壊されていたようです。しかしゲールは、それを艦隊のエネルギーを使って修復して、ゲート内にヤマトを閉じ込めてしまおうとしたのでした。何も知らないヤマトは、まんまとゲールの策にはまりそうになりました。そんなヤマトを救ったのは、次元潜航艦でした。藪がいつの間にかフラーケンに拾われて、次元潜航艦の乗組員になっていたのは笑いました。(^^;

フラーケンのおかげで、ゲールの企みを乗り切ったヤマトでしたが、さらなる敵がヤマトを待っていました。なんと次元回廊内にデスラー艦が潜んでいたのでした。デスラー艦は、ヤマトに白兵戦を挑んできました。それに対して、ヤマトは苦しい戦いを強いられるのでした。

さらにデスラー総統自ら、ヤマトの艦長に会おうと乗り込んできました。ヤマトに保護されていたミーゼラは、デスラーが来たことを知ってデスラーに駆け寄ろうとします。しかし、いきなり精神波を放ったために、デスラーに撃たれてしまったのでした。さらにデスラーは、雪を人質にして艦長のところへ案内させようとします。

そこに古代が駆けつけましたが、デスラーの親衛隊に阻まれて雪に近づくことができません。そんな中、死んだと思ったミーゼラの最期の一撃がデスラーを襲いました。親衛隊はすかさずミーゼラを銃撃します。それをかばって、雪もまた重傷を負ってしまったのでした。

その頃、新見女史とアナライザーはようやくガミロイドの制御を奪うことに成功していました。この場面、真田さんの「こんなこともあろうかと」という有名なセリフが聞けるかと期待したのですが、さすがにそれはありませんでした。(^^;

ガミロイドがウィルスに侵されて機能停止する中、デスラーもまた艦へと引き返しました。総統が帰還するやいなや、デスラー艦はヤマトに砲撃を加えます。しかし、次元回廊内ではビーム兵器は無効化されてしまうようです。そんな中デスラーは、デスラー砲の発射を決意しました。デスラーはもう、完全に正気を失っていました。

デスラー艦の攻撃を見ていたヤマトは、ビーム兵器が使えないことを知り、徹甲弾を使用しました。これが意外とデスラー艦に効いています。それでも強引にデスラー砲を発射しようとした総統でしたが、船がその力に耐えきれずに、自爆することとなってしまったのでした。

こうしてヤマトは、大きな危機を切り抜けたのでした。しかし、重傷を負った雪は古代の声にも返事をしません。
次回がいよいよ最終回。リメイクされたヤマトが、どんな風に最後を締めくくってくれるのか楽しみです。
ヤマト、ついにイスカンダルに到着です! そして、まさかの水着回でした。(^^;

ガミラスとの戦いを終え、ヤマトは目的地であるイスカンダルへと向かいます。その星は、多くの水に包まれた美しい惑星でした。そして、真田に古代、新見女史、ユリーシャ、雪はヤマトの代表としてサーシャと会うことになりました。雪の顔を見たスターシャは、雪をサーシャだと思い込みました。・・・どれだけイスカンダル人に似ているんでしょうね、雪は。(^^;

そして真田は、コスモリバースシステムを提供して欲しいと申し入れました。しかし、ヤマトが波動エネルギーを兵器として使ったことを重く見たスターシャは、しばらく考えさせて欲しいと時間を求めたのでした。

せっかくここまで航海してきたのに、コスモリバースシステムを得られないかもしれないと、乗員の中には重い空気が立ちこめています。そんな時、真琴から建設的な発言がありました。せっかくイスカンダルにきれいな海があるんだから泳ぎましょう! ということで、オールスター水泳大会が始まってしまいました。違っ。(笑)

女性陣は、ここぞとばかりに水着姿を見せつけますが、その中でも特に気合いが入っていたのが、山本玲とメルダでした。何かにつけて張り合っている2人ですが、水着姿でもそのナイスなバディを披露し合います。すっかり3枚目にされた篠原がちょっとかわいそうだったかも。(^^;

そうしている内にも、スターシャはついにヤマトにコスモリバースシステムを渡す決意をしました。それには、ガミラスの新たな指導者になったヒスの、ヤマトの波動砲にガミラスが救われた発言も大きかったかもしれません。
それだけでなく、スターシャにはさらに別の事情もあったのでした。

突然コスモリバースシステムを渡されることになって、ヤマトはびっくりです。そして、なぜヤマトが直接イスカンダルまでそれを取りに来なければならなかったかも明かされました。地球にあるエレメントが、コスモリバースシステムには必要だったのでした。そして、エレメントとはヤマト自体のことでした。(これ、よくわかりませんでしたが、地球の物質がその星を再生させるシステムには必要ということでしょうか!?)

そしてスターシャは、古代を呼び出しました。イスカンダルの墓地へ古代を連れて行ったスターシャは、そこに古代の兄・守が眠っていることを教えたのでした。なんと守は、激しい戦いのあと捕虜となり、地球人の生態サンプルとしてガミラス星へと持ち帰られようとしていたのでした。ところが、途中で船が事故を起こし、イスカンダルに墜落してしまったのでした。そこを守は、スターシャに救われました。しかし命が助かったものの、守の体は病に冒されていました。こうして守は、ヤマトの姿を見ることなく息を引き取ったのでした。(;_;)

そして、ヤマトは地球に向けて旅立ちます。この後、ユリーシャはメルダと共にガミラスに渡ることに決めました。ガミラスの再生に力を尽くしたいということらしいです。そして特に説明はありませんでしたが、どうやらスターシャのお腹には、守との間にできた子供がいるっぽいですね。(^^;

こうしてヤマトは、その長い旅の半分をようやく終えて、地球に向けて飛び立ったのでした。そういえば、ヤマトの波動砲発射口が塞がれていましたが、もう波動砲は使えなくなってしまったのでしょうか!?
ヤマトとガミラス、ついに最終決戦です!

イスカンダルを目前にヤマトを襲ったガミラスのビーム兵器。それは、なんと波動砲でした。その圧倒的な破壊力は、ガミラス星系の星さえも破壊してしまいました。ヤマトの運命もこれまでかと思いましたが、なんとヤマトは波動砲の攻撃の中を生き抜いていました。・・・これどうやって助かったんでしょうね!?(^^;

デスラーは続けて攻撃しようとしますが、ヤマトはそれを許さない亜光速でガミラス星へと迫ります。そんなヤマトを、親衛隊のギムレーが率いる空母が攻撃します。それに対して、ヤマトも戦闘機隊を発進させて、これを迎え撃ちます。乱戦の中、ヤマトはメルダに導かれて、デスラーがいる総統府を狙います。

波動防壁を使って総統府に突っ込んだヤマトでしたが、その時総統府に異変が起きました。なんと総統府の中には、デスラーのために戦艦が用意されていたのです。総統府から離脱したデスラーは、第二の首都となる第二バレラスへと向かいました。その機動要塞は、新たな首都となるべく建造されていたのでした。

デスラーはヤマトを倒すため、第二バレラスの一部を切り離して、ガミラス本星へと落としました。ガミラス星を守るため、沖田艦長は波動砲を使うことを決意しました。そんな中、ついに古代が雪を助けに行くことを決意しました。古代の決意を知った沖田は、サーシャを同行させて古代の任務を解いたのでした。

ヤマトの波動砲によって、ガミラス星は大きな被害を受けることから救われました。しかし、デスラーは追撃の手を緩めません。完全にヤマトを倒すために、デスラー砲の第2射を放つことを命じたのでした。その頃、雪は第二バレラスの中にいました。内部が混乱している隙に、ここから脱出しようとした雪でしたが、その前にデスラー砲をぶっ壊していくことにしました。(^^;

そして、デスラーがデスラー砲を放った時、それは暴走しました。ガミラス本星を壊すはずだった力は、デスラーのいる第二バレラスを滅ぼしたのでした。古代はその惨状に呆然としますが、それでも宇宙空間を漂う雪を見つけ出しました。古代と雪、2人はようやく一緒になることができたのでした。

今回はガミラスとの最終決戦でしたが、旧作とは大きく内容を変えてきましたね。旧作では、ヤマトが波動砲を放ってガミラス星を破壊してしまいましたが、今作ではガミラス星を怖そうとしたのはデスラーで、ヤマトはそれを阻止したという立場になりました。
これはこれで面白かったですが、旧作の硫酸の海で溶けてしまうかもしれない危機の中で、ヤマトが起死回生の波動砲を撃つという展開にも捨てがたいものがあったなあと思いました。

そして、このところ影が薄かった古代ですが、ようやく雪を救出に・・・と思ったら、目の前で空中要塞が崩壊。ぽか〜んとしているところに運良く雪が落ちてきました。(^^;
時間の都合もあったのでしょうが、ここは古代に男としての見せ場を作ってやって欲しかったと思いました。

そうそう。ガミラスで雪のお付きをしていたノランですが、あそこで死ぬ必要があったんでしょうか!?
全く必然性がなく命を捨てたように見えたのですが・・・。
イスカンダルとガミラスが双子星であると知ってなお、ヤマトはイスカンダルへと向かいます。

惑星レプタポーダでの囚人たちの反乱に関わったヤマトは、そこで船の補給を終えることができました。ヤマトはそこで、囚人たちと手を結ぼうとしましたが、それまで敵同士であったという壁はたやすく越えることができるものではありませんでした。結局、ディッツの船は他の収容所惑星を解放に向かい、ヤマトはイスカンダルを目指すことになりました。唯一残された希望は、ディッツの娘メルダがヤマトに連絡員として残ったことでした。

一方、捕虜となった雪はガミラス本星へと到着していました。これまでイスカンダル人のユリーシャであるかのように振る舞ってきた雪でしたが、雪がユリーシャではないことはお付きのノランやミーゼラに見抜かれていました。そしてデスラーもまたそれを知っていましたが、彼は雪をあくまでユリーシャとして扱い、自分の野望を果たすために利用しようとしていたのでした。
それから、シュルツの娘ヒルデですが、いつの間にかメイドさんになっていました。(^^; その後どうなったか心配でしたが、何とか生き延びていてくれてほっとしました。

ヤマト船内では、山本玲+ユリーシャ+メルダがいい感じです。メルダはイスカンダル人のユリーシャをうやまっていますが、玲はユリーシャを普通の友人として扱っています。最終決戦を前に、物語は重くなってきましたが、彼女たちのやり取りは微笑ましかったです。そうそう。いい感じといえば、真琴と加藤もかなりいい感じですね。そういえばユリーシャも恋人がいるようなことを言っていましたが、男性のイスカンダル人っているんでしょうかねえ。

そういえば、メルダだけでなくガミラス人はみんなイスカンダル人をうやまっていましたが、これは何か宗教的な意味合いが含まれているのでしょうか!?

そしてヤマトは、ガミラスと双子星であると知りながらもイスカンダルを目指します。それに対してデスラーは、完成度80%の要塞でヤマトを迎え撃つつもりのようです。戦いに先立ち、南部からは森雪の奪還計画も提出されましたが、古代はそれを却下しました。ヤマトの目的は、あくまでもイスカンダルであり、ガミラスではないからです。そんなヤマトを強烈なビーム砲が襲います。いよいよ決戦の始まりです!
ガミラスとイスカンダルの真実が明かされるお話でした。

ガミラスに掠われた雪は、別の船に乗り換えるために収容所となっている星へと立ち寄りました。そこでは横暴な所長が囚人たちを虐待していました。そこには囚人として、ドメルの妻エリーサがいたばかりか、メルダの父・ディッツも収容されていたのでした。収容所では、密かに反逆の準備が整えられていました。そんな時、雪の乗った次元潜航艦が到着しました。

ガミラス人たちは、雪のことをイスカンダル人だと誤解し続けています。雪はその状況を利用して、イスカンダル人のように振る舞うことに決めたようです。雪には平身低頭な所長ですが、二等ガミラス人であるノランには、冷酷な対応をします。それに腹を立てた雪は、ノランをかばうのでした。

その頃ヤマトは、先の戦いで受けた傷を癒すために努力を続けていました。反乱を起こした伊東たちが収容されていたブロックも大きな被害を受けており、彼らは戦いに巻き込まれて命を落としたものと思われていました。しかし、なんと伊東と藪は生き残っていました。同じく反乱を起こした新見女史ですが、こちらはドリルミサイルの排除に協力したこともあり、艦長から任務への復帰を許されたのでした。

そんな中、ヤマトは補給のために付近の惑星へと立ち寄ることが計画されていました。その偵察のため、シーガルが派遣されることになりました。そのパイロットとして、島は古代を推薦してくれました。雪がいなくなったことで、精神的に大きな痛手を受けた古代に息抜きの機会を与えてくれたのでした。

ところが、そのシーガルにはユリーシャが乗り込んでいました。その他に、脱走した伊東と藪までもが乗り込んでいたのでした。目的の星に到着した時、伊東たちが襲いかかってきました。古代はユリーシャを守るために戦いました。その時、藪が暴発させた銃が計器に命中してしまい、シーガルは不時着することになってしまったのでした。

こうして古代たちが不時着した星、それが雪がいるガミラスの収容所惑星だったのでした。古代たちはガミラス兵に捕まって、収容所へと連行されてきました。ちょうどその時、収容所で大規模な反乱が発生したのでした。混乱の中、藪はなぜか反乱兵の一員に加わることになり^^;、伊東はユリーシャを守って死んでいきました。伊東は嫌な奴でしたが、どこか憎めないところもあるキャラだったので、この突然の死には驚きました。
そして古代はそこで雪の姿を見つけますが、彼の声が雪に届くことなく、再び雪は次元潜航艦に連れ去られてしまいました。

落ち込む古代の前に、ユリーシャが現れました。そしてユリーシャは、雪が連れ去られた場所であるガミラス本星を古代にみせたのでした。そして、その星がヤマトの目的地であるイスカンダルと連星になっているという衝撃の事実を古代に教えたのでした。

亜空間ゲートを使った時といい、ヤマトがガミラス側に現れる時はなぜかいつもタイミングよく反乱が起きたりしますね。(^^;
そして、ようやくガミラスとイスカンダルが連星であるという事実が明かされました。旧作からいろいろと変更しているので、本作でもその設定が継承されるのか不安に思っていました。でも、その設定は踏襲してくれて、一安心です。
七色星団で、ヤマトとドメル艦隊が激戦を広げるお話でした。

いよいよヤマトとドメル艦隊の決戦が始まりました。飛行部隊を送り出したヤマトでしたが、なんとドメルは新兵器を使ってヤマトを攻撃したのでした。それはある空間にあるものを、指定した空間に送り込むことができる一種のワープ装置でした。それを使ってドメルは、戦闘機集団を自在に操ることができるのでした。

いきなり直上に戦闘機が現れて、ヤマトは混乱します。その隙を突いて、特命を帯びた次元潜航艦もヤマトへと近づいています。その最初の攻撃で、ヤマトは守りの要である波動防壁の発生装置を破壊されました。さらに、レーダーを破壊されて、索敵は人間の目視によってしか行えなくなりました。

なんとか第一波をしのいだところに、次元潜航艦から特殊部隊がヤマトに接舷しました。彼らはヤマトの乗組員になりすまして、イスカンダル人だと思われている雪を狙います。星名がその不審な乗組員に気がつきましたが、彼らの攻撃を受けて負傷してしまいました。一緒にいた岬も、星名が傷ついたのをみて気絶してしまいました。

そこへ彼らのターゲットである雪が現れました。彼らは雪を薬で眠らせると、ガミラスへと連れ去ろうとしたのでした。艦内に敵がいることを知った古代は、敵の排除に向かいました。その過程で雪が掠われたことを知った古代でしたが、敵の捨て身の反撃に遭ってどうすることもできません。そして、雪はとうとうガミラスへと連れ去られてしまったのでした。

第一波が成果を上げたことを知ったドメルは、作戦を第2段階に進めます。削岩機を転用したミサイルで、ヤマトの波動砲を潰しにかかります。ワープ装置を使っていきなり正面に現れた敵に、ヤマトはドリルミサイルを撃ち込まれてしまいました。しかし、唯一の救いは、それがすぐに爆発するものではなく、波動エンジンに到達したところで爆発するようになっていたことでした。

ミサイルを排除するために、反乱の罪で拘留されていた新見女史が駆り出されました。独房にいた新見さんが、妙に乱れた格好をしていたような気もしますが、見なかったことにしておきます。(^^;
新見さんとアナライザーの活躍で、ミサイルは動きを止めて起爆装置も解除されました。

そんな時、ドメルが最後の詰めに出てきました。それを沖田艦長は、真っ正面から受けて立ちます。動揺する乗組員を叱咤して、沖田艦長は先の先まで読んだ戦いに挑みます。まずは、ドリルミサイルを逆転させて、敵へと撃ち返しました。そのミサイルを砲撃して、ミサイルを誘爆。敵艦隊に甚大な被害を与えたのでした。

しかし、ドメルはまだ戦意を失っていません。自らの旗艦でヤマトにとどめを刺そうと迫ります。しかし、そんなドメルの動きは、全て沖田艦長の読みの中にありました。ヤマトはドメル艦を迎撃しつつ、その進行方向を操作してイオン乱流の中にドメルを追い込んだのです。そこでようやくドメルは、自分が沖田の手の中で踊らされていたことを知るのでした。

それでも、この戦いで散っていった兵士のため、ドメルにはここで手を引くという選択はありませんでした。旗艦の一部を切り離して、ヤマトもろとも自爆しようと目論みました。しかし、ドメルが自爆する前にヤマトの波動防壁が復活しました。そのおかげで、ヤマトはなんとか危機を切り抜けることができたのでした。

今回は、沖田とドメルの激戦ということで、見応えがありました。戦いの中、雪はガミラスへと連れ去られてしまいました。彼女にいったいどんな運命が待っているのでしょうか。そしてヤマト艦内では、ついにユリーシャが復活しました。ユリーシャがこの先どんな役割を果たすことになるのかも気になります。
今回は1時間スペシャルということで、第18話と第19話の同時放送でした。

真田の活躍によって、亜空間ゲートを開くことに成功したヤマト。しかし、ゲートの先に何が待っているのかは、いってみなければわかりません。そこでガミラス機に偽装した偵察機が用意されました。それに搭乗するのは、戦術科の篠原です。しかし、このミッションに用意された時間は3時間だけです。その間に敵の状況を視察してヤマトに帰ることができなかったら、そのままここに置き去りにされてしまうという過酷な任務です。

しかし、それを篠原は飄々と受け入れて出発しました。ゲートの先で篠原を待っていたのは、集結した大艦隊でした。1万を超える敵艦隊の中、篠原は情報収集を続けます。そこではデスラー亡き後にやって来たゼーリックが、大演説をしていました。ゼーリックは総統が亡くなったことを兵士たちに伝えます。そして、これからは中央政府ではなく、自分に忠誠を誓って欲しいと訴えたのでした。

その途中で、篠原の期待が紛れ込んでいることがばれてしまいました。篠原は、銃撃をかいくぐって、なんとかヤマトまで帰還することができたのでした。その時に篠原は傷を負いましたが、さいわい命の関わるような傷ではないそうです。

ゲートの先に大艦隊が待っていると知り、メインスタッフは動揺します。ところが、沖田艦長は全く動ぜず、あえて死中に活を求めて、敵のただ中へ飛び込むことを命じたのでした。こうしてヤマトとガミラス艦隊群という絶望的な戦いが始まりました。

ゲートを越えてガミラス艦隊群の中に突入したヤマトは、一直線にバラン星へと向かいます。そんなヤマトにガミラス艦隊は砲撃を加えます。しかし、密集しすぎた隊形が災いして、なかなかヤマトに効果的な打撃を与えることができません。それでも一点突破をはかろうとするヤマトを、なんとかバラン星の海へと沈めたのでした。

さらに得意の絶頂になったゼーリックでしたが、それをどん底へと突き落とす事態が発生しました。なんと死んだはずのデスラー総統が、生きて通信装置の前に現れたのです。焦ったゼーリックは、今回の事件の首謀者が自分であったことを自ら認めてしまいました。それでも兵力を頼みにデスラー総統に刃向かおうとするゼーリックでしたが、部下のゲールの裏切りにより撃ち殺されてしまったのでした。

ゼーリックが撃たれたことで、再び艦隊に動揺が走ります。そんな中、バラン星の海からヤマトが復活してきました。ゼーリックに代わり、ゲールが指揮を執りますが、それはかえって動揺を拡大するものでしかありませんでした。そんな中、ヤマトは波動砲を発射。バラン星の中心にあるゲートの発生システムを破壊しようとします。
それと同時に、ヤマトは波動砲発射の反動でヤマトが移動してしまわないように固定しているアンカーシステムを解放しました。そのおかげで、ヤマトはマゼラン側のゲートへと一直線に飛んでいきます。

こうしてヤマトは、敵艦隊を振り切ると共にマゼラン側へと長距離移動することに成功しました。さらにヤマトにゲートの発生システムを破壊されたため、ガミラスの主力艦隊はバラン星域に釘付けにされることになってしまったのでした。こうしてヤマトは大きな戦いに勝って、ついにマゼラン星雲へと到達したのでした。

デスラー総統の復帰によって、謀反の疑いをかけられたドメルはようやく釈放されました。そんなドメルに、デスラーはヤマトとの戦いを頼むと共に、ヤマト艦内にいるイスカンダル人について何か依頼をしました。とはいえ、ユリーシャは冷凍保存状態ですし^^;、意識が憑依しているのは地球人の岬ですし、どうするつもりなんでしょうね。

ヤマト討伐の準備を始めたドメルですが、主力艦隊が使えない今、残された兵力はそんなに大きくありません。航空母艦が4隻と兵士たちは老人と若者の集まりで、とても精鋭とは呼べない兵力です。それでもドメルには、何か作戦があるようです。次元潜航艦のフラーケンと、シュルツの元部下からなる部隊に指示を与えました。
とはいえ、やはりガミラスの中に一等ガミラスと二等ガミラスの差別はまだ残っています。しかし、シュルツの部下たちは歌を歌うことによって、総統への絶対の忠誠を誓ってみせたのでした。

ゼーリックの反乱が失敗に終わった後、ガミラスでは中央政府の力がますます強くなっていました。少しでも反逆の疑いをかけられた者は、すぐさま連行されてします。その現場を目撃したメルダに、ガミラスの兵士らしき男たちが近づいてきました。彼らはいった何者なのでしょうか!?

マゼラン星雲を進むヤマトは、イスカンダルへの道のりを急いでいました。そんな中、ヤマトは7色星団と名付けた航海の難所に入ろうとしていました。航海科の島は、その星団を迂回してイスカンダルへと向かうルートを艦長に提案します。しかし沖田艦長は、あえて星団の中を突破する最短ルートを選択したのでした。沖田艦長は、ドメルとの戦いは避けられないことを予感していたのでしょうか!?

予想通り、星団の中は酷く荒れ狂っています。おまけに各種センサーも利用できず、光学観測による目視で進路を定めるしかありません。そんな中、次元潜航艦がヤマトを補足しました。ドメル艦隊が出撃して、それを受けてヤマトからも戦闘機が発艦します。いよいよヤマトとドメル艦隊の大決戦の始まりですね!

と思ったら、次回は1週お休みでした。今回2話放映されたので仕方ないですが、できれば続けて放送して欲しかったなあ。
ヤマトが亜空間ゲートを利用して、航路の短縮を目指すお話でした。

ヤマトをあと一歩まで追い詰めたドメル将軍でしたが、ガミラス本星で彼を待っていたのは、デスラー総統暗殺を企てた首謀者として軍事法廷で裁かれることでした。あの時、デスラー総統がバランに向かうことは、ドメルとディッツしか知りませんでした。そこで、この2人が最有力容疑者とされたのでした。

ドメルは必死にその事実を否定しますが、妻のエリーサが反政府活動に関わっていたことが明らかにされました。かくしてドメルは、全裁判員一致で死刑の判決が下ったのでした。

失脚したのは、ドメルだけではありませんでした。メルダの父ディッツも総統暗殺の首謀者としてその地位を追われていました。そんな中、兵士たちの目をすり抜けてメルダは身を潜めているようです。メルダがヤマトと共に行動してからそれほど時間が経っているとも思えませんが、彼女も大きな運命に翻弄されているようですね。

ドメルが失脚したことで、新たにその地位に就いたのはゼーリックでした。高笑いと共にバラン星を目指して出航したゼーリック艦隊ですが、この行け行けモードがいつまで続くのかちょっと心配です。(^^;

古代が持ち帰った情報により、ヤマトは遅れている航海日程を短縮できる方法を発見しました。それはなんと、ガミラスが使っていた亜空間ゲートでした。とはいえ、作ったのはガミラス人ではなく、まだ見ぬ未知の文明人らしいですが・・・。

そして亜空間ゲートを作動させるために、古代、雪、真田の3人はゲートを管理する衛星へと向かったのでした。
前回、伊東が雪のことをイスカンダル人だと決めつけたことにより、雪は微妙な立場に置かれていました。中には雪が異星人だと知って、あからさまに嫌悪感を示す者もいます。

ゲートのシステムを探査する中、真田は昔話を始めました。なんと真田と古代の兄・守は、親友だったのでした。おまけに、真田を崇拝している新見女史は、守の元彼女でした。真田の回想シーンでは、守に悪態をつきつつもデレる新見女史がめちゃめちゃ可愛かったです。(^^;
守と新見女史は、結局守が最後の戦いに出る前に別れたようですが、守はけっこう頑固者みたいですし、新見女史も勝ち気なのでいろいろあったんでしょうね。(笑)

そして古代たちは、施設の管理システムらしきものを発見しました。ところが、真田が作業に入ると、部屋の扉が閉じてしまいました。外に残された古代たちは、必死で真田を助けようとします。その間にも真田はシステムの解析を進めますが、システムを再起動すると大量の中性子が発生することがわかりました。しかも、それは真田がいる部屋だけです。真田は死ぬ覚悟で、システムを再起動させたのでした。

古代と雪が部屋に入ると、そこには真田の姿はありませんでした。中性子を浴びて死体すらも消滅してしまったのかと思ったら、部屋の中にあった水に飛び込んで真田は生き延びていました。中性子は水を通りにくいので真田は助かったようです。

こうして古代たちは、無事にシステムを再起動させてヤマトに希望を与えました。それと共に、沖田艦長から重大発表が行われました。なんとヤマトの航法システムは、ユリーシャの記憶を利用したものだったのでした。そして死んでいるのか生きているのかよくわかりませんが、ユリーシャをイスカンダルに送り届けることもヤマトの目的だったのでした。

かくして、森雪がイスカンダル人だという疑惑は、こうして完全に取りのけられたのでした。でも、岬百合亜の体を借りてユリーシャ本人はヤマト艦内でいろいろやっているみたいですが・・・。

というわけで、今回は真田たちの過去やユリーシャの秘密が明かされて、情報量の多い内容でした。
次回は1時間スペシャルらしいですが、どんな内容になるのか楽しみです。
ヤマトで反乱が発生するお話でした。

デスラー総統暗殺の知らせのおかげで、ヤマトはドメルの仕掛けた罠を切り抜けることができました。しかし、ヤマトの負った傷は浅くありません。修理を続けつつヤマトは、水の補給のために惑星ビーメラ4へと立ち寄ることになったのでした。ビーメラ4は、大気中に有害な物質もなく、地球人が住むには最適な星に見えました。そんな中、新見女史はついにある計画を実行するのでした。

ビーメラ4での補給にあたり、先行して古代たちが惑星の調査へと赴きました。艦長の沖田は、先日の戦いがこたえたのか、再び過労で倒れてしまいました。船内の指揮は、真田副長が代行することになりました。そんな真田に、新見は相談を持ちかけました。イスカンダルへ向かうというヤマトの計画をここで破棄して、ビーメラ4に人類を移住させようと。真田はこれを拒否すると共に、新見を反逆罪で拘束しようとしました。しかし、保安部の伊東もまた移住計画を進めるメンバーの1人だったのでした。

伊東は保安部の兵士を使って、ヤマトの艦橋各所を制圧しました。そして艦内放送で、これからは沖田艦長に代わって島を艦長とすると宣言したのでした。島の裏切りに驚きを隠せない雪に、伊東は驚くべき事実を突きつけました。なんと雪こそが、イスカンダルからやって来たユリーシャだというのです。雪が1年前の記憶を持っていないのも、これが原因だったのでしょうか。

その頃、古代たちはビーメラ4を偵察していました。この時にアナライザーが装着していたパワードスーツみたいな装備が格好良かったです。この調子だと、そのうち巨大合体したアナライザーロボとかも登場しそうですね。(^^;
途中で巨大昆虫に襲われたりしましたが、なんとかそれを退けて1台の宇宙船を発見しました。その宇宙船は、イスカンダルからやって来たものでした。イスカンダル人は、地球だけでなく、全宇宙の生命を救うためにあちこちの星に救いの手を差し伸べていたのでした。不思議少女となった岬さんのおかげでそれを知った古代たちは、さらにビーメラ4で滅びた文明の跡にたどり着きました。そこで古代たちは、その星にイスカンダルからもたらされた情報を得たのでした。

ヤマトを完全に掌握した伊東は、すぐにもヤマトを地球に向かわせようとします。しかし、島はそれに応じようとしません。時を同じくして、保安部から逃れていた山本玲が拘束されていた雪たちを助け出しました。雪は戦闘機の通信装置を使って、古代にヤマトで反乱が起きたことを知らせました。それを知った古代は、急いでヤマトへと帰還するのでした。

命令を聞かぬ島を撃ち殺そうとした伊東でしたが、それは部下の星名の手で阻止されました。伊東に従順なふりをしていた星名でしたが、最初からその目的はイズモ計画推進派の伊東たちの内偵にあったのでした。そして島もまた、そんな星名に協力していただけだったのでした。こうしてヤマトを使ってイズモ計画を進めようとした伊東たちの反乱はあっけなく鎮圧されたのでした。

ガミラス側がデスラー総統の暗殺で大騒ぎと思ったら、ヤマトの方にも反乱が起きて驚きました。ところで、新見女史が島に渡したメモには何が書かれていたんでしょうね。・・・携帯番号とかメアドとか!?(^^;
デスラー総統、死亡!?

前回の精神攻撃で、デスラー総統はヤマトの中にイスカンダル人がいることを知りました。それが誰かはよくわかりませんが、あれ以来髪型を変えた岬百合亜は、今日もヤマトの中を散策していたのでした。(^^;
真田副長に技術談義を持ちかけるなど、どう見ても別人なのですが、なぜか誰も気がついてないようです。(笑)

ガミラス本星ではいろいろと事件が起きていました。ガミラスに支配された惑星オルタリアでは反乱が起きていました。その鎮圧に赴いた親衛隊長官ギムレーは、その統治者を粛正すると共に、惑星ごと壊滅させる容赦ない手段に出たのでした。そしてまた、本星でも反乱分子が暗躍しています。その逃げ込んだ先がドメルの屋敷だったのが気になります。ドメルの妻が反乱に手を貸しているのでしょうか!? それとも、ドメルを陥れるための陰謀なのでしょうか!?

その頃、ヤマトは食料自給システムに不具合が生じていました。そのため、補給のためにどこかの惑星に立ち寄ることが必要となっていました。その候補として選ばれたのは、カレル163と呼ばれる中性子星でした。
それとは別に、もう1つヤマトを悩ませているものがありました。ドメルが放った偵察機の存在です。定期的に訪れるその艦隊のために、ヤマトは常に緊張状態に置かれていたのでした。

そして、ついにドメルが牙をむきました。ドメルの艦隊から砲撃を受けたヤマトは、それに追われるようにカレル163へとワープを行いました。しかし、それはドメル艦隊のまっただ中に飛び込むことでもあったのです。大艦隊に囲まれて乗組員たちはパニックに陥りますが、それを諫めたのはやはりこの人、沖田艦長でした!
敵に包囲されたままでは道はないとみた沖田艦長は、敵の超弩級艦への突撃を命じました。ここを崩して、突破口を開こうというのです。

艦首前方に波動防壁を展開したヤマトは、大きな痛手を受けながらもドメルの乗った超弩級艦をやり過ごして、ドメル艦隊の包囲網を突破しました。・・・と思ったら、さらにヤマトの前方に敵艦隊が次々とワープしてきます。ドメルの作戦は1つの網だけではなく、何十にもなった網でヤマトを捕獲しようというものだったのです!!!

絶体絶命の窮地に陥ったヤマト。しかし、ここで敵に異変が起きます。ドメルの艦隊が、ヤマトにとどめを刺すことなく次々とワープして消えていくのです。この時、ガミラスではとんでもない大事件が起きていたのです。
デスラー総統が乗った艦が、エンジン不調を起こして爆発してしまったのです。これはやはり国内の反乱分子の仕業なのでしょうか。それとも、この機に乗じようとする反乱分子をあぶり出す罠なのでしょうか!?

ともあれ、ガミラスに起きたこの事件によって、ヤマトは生きながらえることができたのでした。
ヤマトが精神攻撃を受けるお話でした。

バラン星でヤマト攻略をはかるドメルのところに、ガミラス本星からデスラーの側近であるミーゼラがやって来ました。ミーゼラは、ミレーネルという同じ星出身の女性を連れて来ていました。その上でミーゼラは、ドメルから次元潜航艦を借り受けて、何やら作業にあたらせています。

その頃ヤマトは、新見女史の開発した装備を搭載した偵察機で、行く手に次元潜航艦が潜んでいないかを調べながら進んでいました。そのパイロットに選ばれたのは、先日の一件で戦術長の任務を一時停止された古代でした。さらにソナーを操るのは、その手の操作にたけている森雪でした。この2人、偵察任務中にも関わらず、機内でじゃれあっていました。おまけに、その様子が艦内に筒抜けというとっても恥ずかしい状況に・・・。(^^;

任務を終えて帰還しようとした2人でしたが、その時ヤマトに異変が起きました。なんとヤマトが航行をやめて、垂直に回転し始めたのです。なんとかヤマトに帰還した古代と雪でしたが、艦内には人気がありません。そればかりか、ヤマトはどこかへ向かって航海しはじめようとしていたのでした。

船内をさまよううちに、古代と雪は離ればなれになってしまいました。そして2人は、それぞれ昔の夢を見ていたのでした。古代は、遊星爆弾の攻撃を受けて家族がなくなる日のこと。そして雪は、事故にあって過去の記憶を失う日のことでした。しかし、途中からその記憶に何者かが介入してきました。それは岬百合亜の体を借りたユリーシャでした。

精神攻撃から逃れた雪は、敵の目論見にそってワープしようとしているヤマトをとめようとします。そのために雪は、機関室へと入り込みました。そこで波動コアを外してしまえば、ヤマトは動くことができなくなります。危機一髪でワープを止めて波動コアを取り外した雪でしたが、ミレーネルの攻撃はなおも続きます。そんな中、古代もまた自分を取り戻していました。雪の元へと駆けつけた古代は、波動エンジン内にミレーネルを閉じ込めたままエンジンを再起動させてミレーネルを倒したのでした。そのおかげで、ようやく船内の全員が正気を取り戻したのでした。

古代と雪のいちゃいちゃが見られたり、ヤマトの航海システムに潜むユリーシャの存在が明らかになってきたりして面白くはあったのですが、精神攻撃された古代たちの描写がなんだかヤマトじゃない別のアニメを見ているみたいで気になりました。
前回の傷が癒えてなかったのでしょうが、沖田艦長が出てこなかったのも寂しかったです。
ヤマトが次元潜航艦と対決するお話でした。

バラン星へは、銀河方面司令官としてドメルが着任しました。前任者であるゲールは、副司令に降格されたのでした。
ここに赴任するにあたり、ドメルは1匹の猟犬をヤマトに差し向けていました。それはなんと、デスラー総統には内緒で、ドメルがディッツと交渉して水面下で行ったことでした。勝つためには、持てる手段を臨機応変に利用する。ドメルの手強さが感じられる場面でした。

その頃、攻撃を受けたヤマトは星々の群れの中に身を潜めていました。敵はヤマトの移動する航跡を追跡して攻撃しているのではないか。いちはやくそれに気がついた沖田艦長の読みの確かさがヤマトを救ったのでした。しかし、こうして隠れていれば敵から発見されないかわりに、ヤマトも動くことができません。戦況は、両者共に動けない膠着状態に突入したのでした。

そんな中、ヤマトの要である沖田艦長が倒れてしまいました。沖田の病状は重く、佐渡先生は緊急手術を決行しました。艦長の代理は、副長である真田にゆだねられることになりました。そんな中、新見は敵の位置を把握するためにアクティブソナーをうつことを提案しました。しかし、これは同時に敵にヤマトの位置を知らせるという危険も伴うものでした。一方、古代はヤマトの周囲にブイを設置することを提案しました。しかしブイの設置作業には危険を伴うため、その案は真田に却下されてしまうのでした。

ちょうどそんな時、沖田の手術が無事終了したという知らせが入りました。真田の計らいで、古代は沖田を見舞うことになりました。沖田を見舞った古代は、以前沖田から言われたことを思い出していました。たとえ命令でも、時には立ち止まって考えて、自分の考えが正しいと思えばあえてそれに従わないことも大切だ。

そんな言葉に、古代は従いました。艦橋には無断で、ブイを設置するためにヤマトからシーガルで発艦したのでした。時を同じくしてヤマトからはソナーがうたれていました。しかし、ヤマトがソナーを放った先にあるのは、敵の放った囮=デコイだったのでした。艦の位置を知られたヤマトは、これで一気に窮地に立たされることになりました。しかし、命令無視して行動した古代の放ったブイが、ヤマトを危機から救いました。敵の雷撃をかわして、潜望鏡をつぶしたヤマトは、その隙を利用してこの危険な宙域から離脱することに成功したのでした。

そして沖田も無事に目を覚ましました。今回の古代の命令無視は、真田の采配で不問とされることになったようです。そんな真田と新見が懐かしそうに語る「あいつ」とは、誰のことなのでしょうね。

今回は沖田という大黒柱を欠いた状態で、ヤマトがどう次元潜航艦と戦うかが見応えがありました。
しかしこの次元潜航艦、艦長のフラーケンをはじめてとして、乗組員がいずれも一癖ありそうな海賊みたいな雰囲気でいい味だしていましたね。
古代と島が、ケンカしてしまうお話でした。

ヤマトは銀河系の外縁部にやって来ていました。ここを過ぎれば大マゼランまで星の数は少なくなります。ヤマトはいまだにガミラス星の位置を特定していませんでしたが、星がないところには文明もなく=ガミラス星もなく、敵からの攻撃が減ると期待されたのでした。

それを素直に口にした古代に、島がかみつきました。先日、捕虜となったメルダのことが尾を引いていたのです。島は父の名誉を守るために、あくまでも戦う覚悟でした。メルダを認めるということは、自分の父の罪を認めることになると島は悩んでいたのでした。

大ケンカに発展しそうだったところに雷を落としたのは沖田艦長でした。その結果、2人は罰として艦内中の掃除を命じられたのでした。掃除の合間に、古代は島に歩み寄ろうとしますが、島は古代の話を聞く気はないようです。

その頃、ガミラス星にはドメル将軍が凱旋していました。英雄ドメル将軍に花を渡そうとパレードの中に飛び出してしまう女の子が可愛かったです。そしてドメル将軍が呼び出された理由は、やはりヤマトでした。ドメルと会う前、デスラー総統は誰かと話をしていました。ホットラインと言っていましたので、これはイスカンダルのスターシャと話をしていたんでしょうね。そしてガミラス星の上空にイスカンダルが見えましたので、やはりガミラスとイスカンダルは連星のようです。

ヤマト討伐を命じられたドメルは、お墓参りにやって来ていました。そこにはドメル夫人の姿もありました。なんと2人には子供があり、その子は昔亡くなっていたのでした。そんなドメルは、先ほど反乱を起こした市民を収容所送りにするところを目撃したばかりでした。それで思い出しましたが、シュルツの娘ヒルデはどうしているのでしょうか!? メルダは無事に故郷に帰ったみたいですが・・・。

ヤマト討伐にあたり、ドメルは艦隊司令官であるディッツに頼んで、特務艦の使用を許可してもらいました。何か特定の任務に特化した船らしいですが、いったいどんな力を持っているのでしょうか。

そしてヤマトでは、営巣入りになっていた玲が、ようやく解放されていました。それを意識してかせずか、森雪が古代にアタックです。一応、雪の建前は島と古代の和解ですが、なんとなく下心が透けて見えるのが笑えました。そして雪の家族は作ることもできる発言には驚きました。私と子供を作りましょうって言っているように聞こえるじゃないですか。(^^;

一方、島も徳川機関長から家族を持つ者の重さを再確認されられていました。また島は、玲とも話をして、兄をガミラスとの戦いで失った玲が、それでもメルダを理解しようとしているのを知って心を動かされるのでした。
また古代は、沖田艦長のところで先の開戦の時に何が起きたかを聞かされました。それを聞いて、ようやく古代も島の気持ちがわかったようです。

というわけで、いろいろありましたが、古代と島は以前の信頼関係を取り戻したのでした。ところが、船内が和やかな雰囲気になった時、ヤマトは突然攻撃を受けました。誰がどこからヤマトを狙ったのでしょうか!?
メルダが捕らわれたことをきっかけに、地球とガミラスが開戦することになった原因が判明するお話でした。

前線で指揮を執っているドメル将軍の元に、ガミラス本星にいるディッツ司令から連絡が入りました。これまでの功績をたたえて、総統から勲章が授与されることになったのです。しかし、それは政治的なパフォーマンスだとディッツ司令は冷静な視点を持っています。それを口実にドメルを呼び寄せて、何かを企んでいるらしいのですが・・・。
これはどう考えてもヤマト撃沈をドメルに依頼するとしか考えられませんよね。(^^;

その頃、ヤマト内では捕虜となったメルダの扱いを巡って対立が起きていました。捕虜として遇しようとする真田と、あくまで対等な存在だと主張する古代とで意見が割れていたのでした。そしてメルダが地球とガミラスとの開戦の原因は地球側にあると持ち出したことで、航海長である島の心も揺れることになるのでした。

島の父親は、最初に地球の艦艇がガミラスと接触した時に戦死していました。しかし、出撃前に島の父は、島に宇宙人ともわかり合えると言っていたことを忘れてはいませんでした。平和を愛していた父が、先に発砲するはずがない。そう島は信じていたのでした。

しかし、そんな島の思いは島の父と同じ船に乗っていた機関士・山崎によって打ち破られました。なんと山崎は、事件の真相を知っていたのです。これまで山崎は、事件の真相を話さないように、上層部から固く口止めされていました。しかし、ついに山崎は島にその真相を語ったのです。

ガミラスと最初の接触を果たした時、艦隊司令官だった沖田はガミラスと交渉することを提案しました。しかし、それは上層部に否定されたばかりか、艦隊司令官の任まで解かれてしまいました。結果、上層部の命令を受けて、島の父はやむなくガミラス艦に発砲しました。そして反撃を受けた島艦長の船ムラサメは撃沈されて最期を迎えることになったのでした。

山崎から真相を聞かされても、島はこれを受け入れることができませんでした。そればかりか、島は父親の名誉を穢されたと思ったようです。まだイスカンダルへの道は遠いですが、今回の出来事が今後の島の行動に大きな影響を与えないか心配です。

メルダを捕虜にして、心が揺れているのは山本玲も同じでした。それを見抜かれた玲は、お風呂場で森雪と女の対決をすることになりました。今回の対決、メルダを巡るものでしたが、雪が玲が気になっている人がいると言った時、絶対に古代のことだと思いました。(^^;
裸になって、心の内を見せ合って・・・とはならず、その後の玲とつながることになってしまいました。結果的に、このシーンはサービスシーンに終わることになったのでした。(笑)

ガミラス人に兄を殺されたことを許せない玲は、ついにメルダを逃がして艦載機による一騎打ちを申し出ました。戦いはなかなか白熱したものになりましたが、結果的にはエンジンをオーバーヒートさせてしまった玲の負けとなりました。玲を見捨ててメルダは逃げることもできましたが、メルダはそれをせず玲をヤマトまで連れ帰ったのでした。

そしてヤマトは、敵の前線基地があるバラン星へと近づきました。そこでメルダは、ヤマトから解放されることになったのでした。イスカンダルへの旅の中間地点であるバラン星。いったいそこに何が待っているのでしょうか!?
ヤマトが、次元断層の中でガミラス艦と遭遇するお話でした。

ヤマトはイスカンダルへ向けての航海を続けています。最初は緊張したワープですが、今では船員もみんな慣れっこになっています。そんな中、ワープ中に異変が発生しました。そしてワープアウトしたヤマトは、これまでに見たこともない場所にいました。それは次元断層だったのでした。

その頃、ゲールはデスラー総統の立案した作戦を成功させなかった責任を問われていました。そしてゲール自ら、ヤマトを倒すために出撃することを決めたのでした。しかし、その頃ゲールの所属艦で親衛隊員が乗った船が行方不明になっていました。しかし自らの保身しか考えないゲールは、ヤマト撃沈艦隊の出撃を優先するのでした。

次元断層はやっかいな場所でした。そこでは真空からエネルギーを取り出すことができる波動エンジンが、逆にエネルギーを吸い取られてしまいます。その時ヤマトは、前方にガミラス艦を発見しました。次元断層という不利な場所での戦いになるのかと思いきや、なんと敵艦はヤマトに使者を送り込んできたのでした。

使者としてやって来たのは、ガミラス人のメルダでした。そんなメルダを出迎えることになったのは、愛する兄をガミラスとの戦いで失った玲でした。メルダは次元断層から脱出するためのプランを持って来たのでした。
それには、ヤマトの波動砲が必要なのでした。波動砲の強力なパワーで次元断層に裂け目を作ります。ただし、ヤマトは波動砲を撃った瞬間にエネルギーゼロで動けなくなるため、ガミラス艦が牽引して次元断層から抜け出します。

早速ヤマトの上層部で会議が開かれました。これは敵の罠だという声も大きかったですが、今のヤマトにはこの方法を使わなければ次元断層から脱出できないことも事実です。そこで沖田艦長は、敵艦の提案を受け入れる決断をしたのでした。

一方、敵のガミラス艦では親衛隊員がヤマトを倒せるとほくそ笑んでいます。しかし、艦長をはじめとした2等ガミラス人からなる乗組員たちは、信義をないがしろにしたやり方に反発を感じています。そんな中、いよいよ次元断層からの脱出作戦が開始されたのでした。

ヤマトの波動砲で次元断層に裂け目が生じました。ガミラス艦は予定通りヤマトを牽引しますが、途中で牽引ビームが切られてしまいました。やはりガミラスは信用ができないと、玲はメルダに襲いかかります。ところが、2人がもみ合っている間に、ガミラス艦は再びヤマトを牽引し始めたのでした。ガミラス艦の中では、親衛隊員のやり方に反発した艦長たちの手によって、親衛隊員が粛正されていたのでした。

こうしてヤマトとガミラス艦は、通常空間へと戻ることができました。しかし、親衛隊員の手によってゲールに暗号通信が送られていました。ヤマトの居場所を知ったゲールは、この時とばかりに襲いかかってきました。ゲールが攻撃するためには、前方の2等ガミラス人たちの乗った艦艇が邪魔になります。しかし、ゲールは構わずヤマトを攻撃するように命じたのでした。

その攻撃によって、2等ガミラス人たちの艦は撃沈されてしまいました。そして攻撃はヤマトにも降り注ぎます。ところが、沖田艦長の指示は反撃ではなく反転でした。ゲールたちの艦隊はそんなヤマトを追い詰めようとします。その時、再び次元断層が口を開きました。ヤマトの波動砲で強引にこじ開けられた裂け目が、閉じるときの反動で大きく開いたのです。ゲールたちの艦隊は、次元断層へと飲み込まれていったのでした。

こうしてヤマトは、窮地を切り抜けました。しかし、ヤマト艦内にはガミラスの総司令官の娘であるメルダが残されました。そういえばメルダは、この戦争を先に仕掛けたのは地球人だと言っていました。彼女の言うことは本当なのでしょうか、それとも侵略戦争であることを隠すためにデスラーたちがそう言っているだけなのでしょうか!?

今回は次元断層に突入してしまうという大ピンチ。そして、そんな中でのヤマトとガミラス艦の互いの信義に基づいた行動。旧作にはいなかったメルダというガミラス人の登場などなど、とても見応えのあるお話でした。
今回は、アナライザーをメインとした番外編的なお話でした。

ヤマトはイスカンダルへ向けて順調に進んでいます。そんな中、真田とアナライザーは捕獲したガミラスのアンドロイドを修復して、そこから情報を引き出そうと試みていました。幸い、ガミラスと地球ではテクノロジーが似通っていて、地球の部品をガミロイドに使うことも可能だったのでした。

そうして修復されたガミロイドは、オルタと名付けられました。アナライザーはオルタに、地球のさまざまなことを教えていきました。そのうちにオルタは、アナライザーにも内緒でヤマトの情報ネットワークに潜り込むようになりました。そこでオルタは森雪を目撃して、彼女を女神だと考えたのでした。

やがてオルタが勝手にシステムに侵入していることが原因で、ヤマトの着艦支援システムに異変が起きました。それが原因で、アナライザーはオルタとしばらく会うことができなくなってしまったのでした。ところが、オルタは自分で足を修復して移動能力を持ちました。そしてオルタは艦内をさまよいだしたのでした。

そんなオルタの動きは、すぐに警備システムに探知されました。保安部は、すぐさまオルタの捕獲もしくは破壊に向かいました。しかしオルタは巧妙に逃げ回り、簡単には捕まりません。そこでアナライザーがオルタの元へと向かいました。アナライザーの手で、オルタはシステムを全て消去されて殺されたのでした。オルタには自爆装置が仕込まれていましたが、それは作動しませんでした。それが動かなかったのは、艦内に誰か仲間がいると考えていたからでした。

今回は、ラジオでSF短編が放送されていたり、所々のセリフが有名SF作品のタイトルをもじっていたりと、かなりSF色が強いお話でした。
また、限りなく人間に近づいたもの、それは果たして人間なのか。また自分の隣にいる人間は、自分と同じ人間なのか。それとも、人間と同じように動くようにプログラムされたロボットなのか。・・・などと、存在そのものについて考えさせられる哲学的なお話だったと思います。
デスラー総統の仕掛けた罠と、ヤマトの対決のお話でした。

太陽系を抜け出したヤマトは、順調に航海を続けていました。そんなヤマトを、冥王星基地を破壊されたシュルツが執念深く狙っていました。その頃、ガミラス星ではデスラー総統による演説が行われていました。自国の民としたガミラス星人以外に向けて、感謝の言葉を並べていたのでした。しかし、それはデスラーの本心ではなく、あくまでミーゼラが用意した原稿に基づいたものだったのでした。その言葉に素直に歓喜するヒルデがちょっと哀れに見えました。(;_;)

そしてデスラーは、臣下を集めたパーティーの席上で、ちょっとした余興を披露するのでした。なんと、デスラー自らがヤマトを撃沈させるための作戦を立案していたのでした。そして、作戦の実行はシュルツに託されていたのでした。小心な上司のゲールは及び腰ですが、シュルツたちは最後のチャンスにかけようと気合いが入っています。

ヤマトは、グリーゼ581星系へとワープしていました。そこでデスラーの仕掛けた罠が動き始めました。強力なバリアに行く手を阻まれたヤマトは、行動の自由を失ってしまったのです。ヤマトは唯一残された方向へと進路を進めます。そんなヤマトの背後から、シュルツの艦艇が魚雷攻撃を仕掛けてきました。古代はすぐさま応戦しようとしますが、沖田の指示がありません。この時、沖田は病の発作に苦しんでいたのでした。

ギリギリで魚雷を発射したヤマトは、なんと魚雷を迎撃することに成功しました。しかし、その魚雷はただの魚雷ではありませんでした。デスラー魚雷と名付けられたその魚雷には、どんなエネルギーも吸収してしまう物質がおさめられていたのです。その物質は、ヤマトを喰らい尽くそうと迫ってきます。しかも、ヤマトの前面には巨大な恒星が立ちふさがっています。

逃げ場を失ったヤマトがどうするのかと思いきや、沖田は全く動揺していませんでした。迷わずヤマトを恒星に進ませろと命令しました。恒星に近づき、艦内温度も上昇します。ヤマトを狙う暗黒物質は、ヤマトだけでなく恒星のエネルギーも吸収しようとしています。そして暗黒物質は、恒星のエネルギーを受け止めきれずに自滅したのでした。しかし、その後ろからはシュルツたちの戦艦が迫ります。さらにヤマトの前には、巨大なフレアが立ちふさがりました。

高温の影響で体調を悪化させた沖田でしたが、古代に波動砲で前方のフレアを打ち抜くように命令しました。ヤマトの放った波動砲は、フレアを打ち抜いて通路を作り出しました。そこをくぐって、ヤマトは無事に恒星の側を通り抜けたのでした。しかし、ヤマトを追っていたシュルツたちは、これに対応しきれず恒星に焼かれて撃沈したのでした。そんなシュルツたちに敬意を払い、デスラー総統は彼らとその家族を名誉市民にすると決定したのでした。あるときは恐ろしいほど冷酷なデスラーですが、戦士に対する敬意を持っているところが魅力的ですね。

ということで、今回はヤマトとデスラーの初対決ということで見応えがありました。お酒に酔った士官が、デスラーに抹殺される場面、このリメイクでも出てきましたね。(^^;
新たな要素で気になるのは、やはりシュルツの娘ヒルデです。彼女はこの先父の敵をとるためにヤマトと戦うことになったりするのでしょうか!? それとも、デスラー帝国を内部から崩壊させようとする革命家にでもなるのでしょうか!?
ヤマトはいよいよ太陽系外へと乗り出そうとしていました。

冥王星基地を壊滅させたヤマトは、いよいよイスカンダルに向けて、太陽系の外へと出ようとしていました。銀河との境界にあるヘリオスポーズと呼ばれる場所を通過すると、地球と通信することは困難になります。そこで沖田艦長は、赤道祭の間だけ乗組員が私用で通信を利用することを許可したのでした。

赤道祭といっても、宇宙に本当に赤道があるわけではありません。太陽系を出て行くことと、古来船乗りが赤道を越える時に行ったお祭りをかけただけです。しかし、乗組員はそれぞれにお祭りを楽しんでいたのでした。そして地球に残してきた人との通信を行い、使命を果たして再び地球に帰ることを強く決意したのでした。

そんな中、家族のいない古代は通信する相手があいません。暇をもてあました古代は、お祭り中も艦内の補修を行っている工作班の仕事を手伝うことにしたのでした。そして、それは古代1人ではありませんでした。山本玲もまた、通信すべき相手がいませんでした。そんな2人は、何となくラブラブな雰囲気に・・・。
経歴が謎めいている山本玲ですが、彼女の両親は火星生まれらしいです。彼女がサーシャの前に地球にやって来たというユリーシャなのでしょうか!?

そんな2人を見つめていたのは、森雪でした。雪も古代のことが気になっているのですが、なかなか深い関係になることができません。そんな雪に思いを寄せているのは、南部です。恋する人からは思われず、恋する人には思いは届かない。恋とは、なかなか難しいものですね。

そういえば、雪には1年前以前の記憶がないのだそうです。1年前に地球にやって来たといえば、ユリーシャです。まさか、山本玲ではなく森雪がユリーシャなのでしょうか!?

そして孤独なのは古代だけではありませんでした。家族をなくした沖田艦長もまた寂しさを抱えていたのでした。お祭りの間、あちこちさまよいますが、沖田が現れるとかえってその場が緊張してしまいます。そんな艦長の気持ちをわかってくれたのは、やはり古参の船乗り徳川機関長でした。

こうしてヤマトは太陽系を出て、ついに銀河の海へと踏み出しました。その前には何が待っているのでしょうか!?
デスラー総統の登場です!

ガミラスの冥王星基地と交戦したヤマトは、遊星爆弾を作り出していた兵器・反射衛星砲の前に撃沈されました。
・・・と思ったら、それは敵の目を欺くための偽装だったのでした。しかし、自らの勝利を確信したシュルツは、ヤマトを撃沈したことをデスラー総統に報告するのでした。本来なら、報告はシュルツの上司に対して行われるべきでしたが、上司に手柄を横取りされることを恐れたシュルツは、総統へ報告することを選んだのでした。

初登場のデスラーですが、旧作以上にイケメンな感じです。耽美的なその雰囲気はBLでもいけそうな感じです。(^^;
シュルツからの報告を受けたデスラー総統は、なぜこのような報告をしてきたのか問いただします。デスラー総統にとって、戦いとは勝って当たり前のものだったのでした。シュルツはたじたじになりながらも報告を終え、それでもなんとか自分の功績をアピールしたのでした。

その頃、ヤマトでは敵の兵器についての解析が進んでいました。その結果、無数のデブリに紛れた衛星を利用した攻撃だということに気がついたのでした。それに連携するかのように、古代に率いられた戦闘機隊が敵の施設と遭遇していました。そんな中、迎撃機を発進させたことが原因で、古代と山本玲はバリアに隠された敵基地を発見したのでした。

これをうけてヤマトは、偽装を解除して一気に攻めに転じます。そんな動きをシュルツも察しますが、反射衛星砲を放つものの、その衛星を破壊されて攻撃は不発に終わりました。その攻撃のおかげで、古代たちは反射衛星砲のありかをつかんだのでした。

反射衛星砲に向けて、ヤマトの大反撃が開始されました。ヤマトの放った砲弾は、見事に衛星砲を打ち壊しました。その勢いでヤマトはさらに基地への攻撃に移ります。ヤマトの激しい攻撃に、シュルツは撤退を余儀なくされるのでした。しかしガミラスには撤退という文字はありません。生き延びたシュルツは、これからどうなってしまうのでしょうか。

こうして地球にとっての最大の脅威であった冥王星基地を破壊したヤマトは、再びイスカンダルへ向けての長い旅に出ました。その先には、何が待っているのでしょうか!?
ヤマト撃沈!?

いきなり冒頭から、旧作でもヤマトを苦しめた反射衛星砲が登場しました。旧作では、たんなる迎撃兵器でしたが、今作では遊星爆弾の発射源として利用されていました。このせいで地球は、放射能に汚染されることになったのでした。これを迎撃兵器として転用したのは、司令官のシュルツの手腕の素晴らしさですね。

その頃、ヤマトはイスカンダルへと急いでいました。先日の戦いで捕獲したアンドロイドは、技師長の真田さえも驚かせるものでした。古代は、そんな真田の非人間ぶりが気に入らないようです。さらに古代たちを助けた山本玲ですが、本来なら重大な軍律違反ですが、古代たちを助けた功績によって罰を免除されたようです。しかし山本玲の戦闘機への思いは強く、あらためて戦闘機隊隊長の加藤に転属をお願いするのでした。

そんな中、突然沖田艦長が冥王星基地を叩くことを決断しました。(^^; 先週あれだけヤマトの第一の目的は敵と戦うことではなく、イスカンダルから放射能除去装置を持ち帰ることだと言っていたのは何だったのでしょう。(笑)
それをうけて古代は、ヤマトを囮にして戦闘機隊による攻撃で基地を破壊する作戦を立案しました。当然、波動砲を使えば一発で終わりじゃんという声もありましたが、それは冥王星を破壊することにもなりかねず却下されたのでした。

そして古代は、山本玲から転属させて欲しいという申し出を受けました。それを受けて古代は、艦長に山本玲の転属を認めさせたのでした。その様子を森雪が見ていました。古代と玲の急接近が気になるようですね。(^^;

そして作戦が実行されました。古代たち戦闘機隊は、ヤマトを離れて冥王星基地の探索ならびに攻撃を行います。ところが、その時ヤマトを強烈なビーム兵器の攻撃が襲ったのでした。しかし敵艦は発見できません。砲撃の方向からヤマトは敵の死角となる場所へと待避しますが、さらに攻撃はヤマトを襲います。傷ついたヤマトは、冥王星の海へと不時着したのでした。

しかし、さらにシュルツの攻撃は続きます。直上からの攻撃を受けたヤマトは、船腹を見せて冥王星の氷の海の下へと消えていったのでした。
波動エンジンが不調になったヤマトは、修理のため土星の衛星エンケラドゥスに立ち寄ることになるのでした。

この先の進路を巡って、幹部スタッフがもめていました。兄を冥王星の海戦で失った古代は、冥王星基地を叩いてから先に進むことを進言します。しかし航海長の島は、最短距離を選び、より少ない日数でイスカンダルを目指すルートを提案するのでした。

そんな時、ヤマトは救難信号をキャッチしました。それは土星の衛星エンケラドゥスから発信されたものでした。さらに、前回波動砲を使ったことが原因で、ヤマトの波動エンジンにトラブルが発生しました。修理のために必要な物質の採取にはエンケラドゥスが利用できます。こうしてヤマトは、修理と救助のためにエンケラドゥスに向かうことになったのでした。

そんなヤマトの行動は、冥王星基地も把握していました。冥王星基地の司令官シュルツは、ガミラスでは二等市民としてしか認められていないようです。詳しいことはわかりませんが、どうやらガミラス帝国は階級社会みたいですね。シュルツは上司にヤマトのことを伝えましたが、上司はヤマトがワープに成功したことを認めようとはしません。上司から戦果を挙げることを求められたシュルツは、土星に潜んでいた船を使ってヤマトを襲撃させる計画を立てるのでした。

その頃、ヤマトはエンケラドゥスに到着して、修理に必要な物質を採取していました。その一方で、森雪が統括する医療班が救難信号の発信源に向かったのでした。古代は、その護衛役に任命されましたが、古代のことをあまりよく思ってない雪には大きなお世話といったところです。しかし、護衛なしで現地に向かうことも許可されず、結局古代が同行することになりました。

そこで古代たちは、撃破された地球の船を発見しました。しかし、残念ながら生存者はありません。その時、雪が何者かに襲われました。ガミラスのアンドロイドが雪を掠おうとしていたのです。そればかりか、古代たちが乗ってきた飛行機もガミラスに破壊されてしまいました。古代たちはヤマトに救助要請を送りますが、その時ヤマトもまた敵の襲撃を受けていたのでした。

古代は手持ちの拳銃を吹き飛ばされてしまいましたが、座礁した船に残されていた銃を使って敵を倒し、雪を助け出すことができました。そんな古代たちを救援するために、無断でコスモゼロに登場した山本玲が救援に駆けつけました。さらにヤマトを襲撃した敵も、同じくコスモゼロに乗った加藤が撃破しました。

こうして小さな戦いは終了しました。そこで驚くべきことが判明しました。古代を助けた船内にあった銃、それはなんと兄・守のものだったのでした。そして座礁していた船こそが、古代の兄が乗っていたユキカゼだったのでした。

ここまで作画は凄いけれど、ちょっとストーリー展開が軽い感じでしたが、今回はエンケラドゥスでの戦いを描きつつ、古代の兄に対する思いにも触れた内容の濃いお話でしたね。(^^)
地球から飛び立ったヤマトは、ワープ、波動砲と実験を繰り返しつつ航海を続けます。

イスカンダルまでの長い旅を成功させるために必要なこと。それは光の速さ以上の速度で航行するワープ航法を成功させることでした。そしてヤマトは、火星の近くで初のワープテストを行うことになりました。ワープの場面は、旧作とBGMが同じでしたね。それにプラスして、なぜかワープ中に森雪の服が透けてしまうという演出も同じでした。(^^;

ワープには成功したものの、ヤマトは目的とした冥王星近辺ではなく、木星近辺にワープアウトしてしまいました。これまでヤマトのことを舐めきっていた敵は、ヤマトがワープしたと聞いて本格的にヤマト撃沈に動き始めたのでした。

ワープのショックで、ヤマトは波動エンジンが不調に陥っていました。そのまま木星の引力に引き込まれそうになりましたが、惑星軌道上にあった浮遊大陸へと着陸したのでした。そこはガミラスの前線基地でした。波動エンジンの修理を行いつつ、ヤマトは敵を迎え撃つことになりました。

波動エンジンが動かないと、主砲が使えないのではと思いましたが、なんとエネルギーをバイパスすれば何発かは撃つことができるのでした。さらに、副砲には徹甲弾のような武装が装備されていました。この砲撃がガミラス艦艇に当たった時の描写が格好良かったです。

敵の攻撃をはね返したヤマトは、エンジンを修理して飛び立ちました。そして波動砲のテストもかねて、浮遊大陸を攻撃したのでした。その圧倒的な攻撃力は、浮遊大陸自体を消滅させてしまったのでした。
いよいよヤマト発進です!

ガミラスの襲撃を受けて、古代と島は試験中の戦闘機で出撃しました。そこで2人は、ガミラスの爆撃機に攻撃される昔の戦艦大和を目撃したのでした。ただ爆撃されるだけかと思いきや、なんと大和の砲塔が動いてガミラスの爆撃機を撃墜したのでした。

ガミラスを撃退したとはいえ、地球の犠牲は小さなものではありませんでした。ヤマトの搭乗員として予定されていた隊員の多くが、先の爆撃で死亡してしまったのでした。しかし沖田艦長はヤマト計画をあきらめるつもりはありませんでした。新たなメンバーを選んで、計画を推進したのでした。

そのメンバーの1人として選ばれたのが、古代でした。友人の島もメンバーに選ばれて、2人はイスカンダルへ向かうというヤマトの大きな目的を知らされるのでした。そして、とうとうヤマトが出発する日がやって来ました。しかし、ガミラスの冥王星基地からはヤマトを狙って惑星間爆弾が発射されていました。

ヤマトが発射するには、膨大な電力が必要でした。日本だけでは、それをまかなうことができません。そんな時、世界の各地から電力が送り届けられたのでした。こうして、ついにヤマトは長い眠りから覚めて出発したのでした。最初の仕事は、ヤマトを狙って発射された爆弾の撃墜です。ヤマトのショックカノンは、見事に爆弾を破壊したのでした。

細かな部分の変更はありますが、おおよそ旧ヤマトの第2話をなぞった展開でした。旧作だと森雪以外には女性隊員がいないみたいな感じでしたが、今回は女の子の姿もちらほら見られますね。古代と雪だけでなく、他にもカップルができたりするのかなあ。
新番組のお試し視聴です。かって放映されて映画にもなった名作、「宇宙戦艦ヤマト」のリメイク作品みたいです。

ガミラス帝国の侵略を受けて、地球は滅亡寸前です。そんな時、希望の光が地球に届けられました。沖田艦長たちの艦隊は、その希望の光を守るために、囮として冥王星星域にいるガミラス艦隊と戦いを交えていたのでした。圧倒的な軍事力を誇るガミラス艦隊に、地球の艦隊は次々と撃沈されていきます。そんな中、古代守の艦は、司令官である沖田を守るために敵陣へと突っ込んだのでした。

その頃、古代守の弟・古代進は友人の島大介と共に火星にいました。そこで彼らは、外宇宙から飛来したメッセンジャーの宇宙船を救出に向かったのでした。しかし、彼らの目の前で宇宙船は爆発してしまいました。寸前に脱出ポッドが離脱したのを見た古代たちは、ポッドへと向かいます。

そのポッドの中には、美しい女性が事切れていました。その女性は、1つのカプセルを手にしていました。それこそが、外宇宙から地球へともたらされた希望だったのでした。沖田の艦に収容された古代と島は、そのまま地球へと帰りました。しかし、古代は兄の守が死んだことが納得できません。

そこで古代は、病院で治療中の沖田の元を訪れました。そして古代は、兄が男らしく死んだことを沖田の口から聞かされたのでした。そんな時、敵の偵察機が地球上空へと現れました。待機を命じられていた古代と島でしたが、新鋭の戦闘機で出撃してしまいました。ところが、その機体には武装が搭載されていなかったのでした。

エンジン不調で不時着することになった古代たちは、そこでかっての戦艦大和の残骸を見つけました。敵はこれを偵察するために現れたようです。果たして、ここにどんな秘密があるのでしょうか!?

お話はほぼ旧作どおりですね。作画は現代的にあらためられていますが、旧作の良さを残した形になっていたので、安心して見ていられました。個人的には、沖田艦長の「この船では勝てない」というセリフがなくなっていたのが残念でした。(^^;