日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


「はたらく魔王さま!」もいよいよ最終回です。

サリエル騒動も終わって、ようやく真奥たちにも平穏が訪れました。と思ったら、いきなり芦屋が暇が欲しいと言い出しました。その理由は、恵美やちーちゃんにも知られたくないことのようです。何か悪巧みを考えているのではないかと疑った恵美は、真奥たちの動きを監視することにしたのでした。

真奥は突然、長期の休みが欲しいと言い出しました。ちーちゃんは、夢で見たように真奥が異世界に帰ってしまうのではないかと心配しています。恵美と一緒に後をつけると、なんと真奥は工事現場で日雇いの仕事をしていました。真奥を問い詰めると、ようやく真奥は真相を話したのでした。

ルシフェルが勝手に購入して、恵美と鈴乃につけた発信器の代金の支払いが迫っていました。しかし真奥たちには、それを支払うだけのお金がありません。そこで真奥と芦屋は、日払いで高賃金のバイトを始めることにしたのでした。知らない間に発信器をつけられていたことに恵美は怒りますが、理由がわかって一安心です。

と思ったら、またまたルシフェルが知らない間に何かやらかしてくれました。古くなったHDDを売却しようとして、ついでにいろいろと売り込まれてしまったようです。どうやら悪質な詐欺商法に引っかかったようです。
真奥は電話で販売先に文句を言いますが、全く話になりません。そこで真奥は、恵美と共にその会社に乗り込んだのでした。

その会社にいたのは、なんと芦屋でした。芦屋の派遣先はこの会社だったのでした。社長が出てきたので、真奥は商品を返したいと交渉しました。しかし相手は、これは正式な契約だからと、真奥の言うことを全く受け付けてくれません。万事休すかと思ったところに、恵美がアドバイスをしてくれました。この世界でのルシフェルの年齢は18歳ということになっています。未成年ということを利用して、無事に真奥たちはクーリングオフを利用することができたのでした。

なんか人間の悪知恵の方が、下手な悪魔より怖いですね。ということで、真奥と恵美がいい感じになったところで終了です。でも、お話的にはまだまだ続きが作れそうですし、続編があるかもしれませんね。
真奥が大天使サリエルと対決するお話でした。

真奥のところに向かおうとしていた芦屋でしたが、途中で倒れて病院に担ぎ込まれていました。点滴を受けながら、診療費の支払いのことを心配してしまう芦屋が笑えました。ところが、その病院にはなんとオルバもいたのでした。力を回復させたオルバは、偶然にも芦屋と出会い、真奥の住む場所を知ったのでした。

その頃、ちーちゃんと恵美は猿江=サリエルに囚われの身となっていました。聖剣を取り戻すために、サリエルは恵美を痛めつけて聖剣を回収しようとします。しかし、恵美は頑として聖剣を渡さないのでした。そんな恵美の様子を、鈴乃は見ることができません。鈴乃の追い求めてきた正義は、本当にこんなことだったのでしょうか!?

そしてサリエルたちがいる都庁に、ようやく真奥が到着しました。そんな真奥に、鈴乃は襲いかかりました。でも制服のままで戦うと、制服が傷むので=そうなると弁償のために買い取らなければならないそうです^^;、いきなり真奥は服を脱ぎ始めるのでした。そんな真奥と、鈴乃は戦うことができませんでした。

そしてようやく真奥は、サリエルの元へたどり着きました。しかし真奥には、ほとんど魔力が残っていません。対するサリエルは、月から力を得て力がみなぎっています。それに加えて、ルシフェルのところにやって来たオルバは、サリエルを加勢するために魔力でさらに月を巨大化させます。そのおかげで、さらにサリエルは力を得るのでした。

しかし、このオルバの作戦が裏目に出ました。巨大化した月に、街は大混乱に陥ったのです。そこから真奥は力を得ることができました。サリエルは卑怯にもちーちゃんを人質にしようとしましたが、なんとそれは魔王が変身した姿でした。いろいろとみんなに迷惑をかけて、恵美やちーちゃんを痛ぶったサリエルは、こうして魔王に退治されたのでした。そうそう。警察病院から抜け出したオルバもまた、ルシフェルに退治されました。ルシフェルは、ニート生活がけっこう気に入っているようですね。(^^;
恵美が自分を襲った男の正体を知るお話でした。

相変わらず芦屋は体調を崩して苦労しています。そんな時、海外に出かけている大家さんから宅配便が届きました。海外で買ったお土産を町内会のバザーで販売して欲しいと、真奥のところに送ってきたのでした。その整理をする中、恵美が鈴乃のことを心配してやって来ました。

鈴乃は異世界にいた時に死神と呼ばれる凄腕の審問官でした。しかし鈴乃は、ずっと自分の使命に疑問を持っていたのでした。鈴乃たちのいた世界では、魔王軍を倒そうとする勢力は1つではありませんでした。1つは教会が中心となった勢力。そしてもう1つは、連合騎士団と呼ばれる集団でした。鈴乃は指令を受けて、連合騎士団の戦士たちを殺していたのでした。魔王を倒すという目的は同じなのに、手を組むことができない2つの勢力。鈴乃たちの世界もいろいろとたいへんだったようです。

これまでゆっくりと縁日を楽しんだことがないという鈴乃のために、恵美はちーちゃんと一緒に出かけました。そんな鈴乃に、猿江がささやきかけます。どうして魔王を殺さないのかと・・・。
その声に誘われるように、鈴乃は魔王を倒すことを決意します。しかし、そんな鈴乃にちーちゃんは、真奥を殺さないで欲しいと訴えるのでした。そして恵美もまた、自分が目指したのはみんなが笑顔になれる世界であり、誰かを殺すことではないと言い切りました。

鈴乃の心がぐらつく中、ついに猿江本人が恵美を攻撃してきました。なんと猿江は、恵美の母親と同じく天使でした。その力のために恵美は、聖剣の力を奪われてピンチに陥ります。そんな中、恵美たちの危機に気がついた真奥は、恵美たちを救うためにバイト中のマグロナルドから飛び出すのでした!
真奥がマグロナルドの別のお店に、助っ人に行くお話でした。

売り上げを維持したことで、グリーンランド支店行きを回避した真奥でしたが、そんな真奥に店長が声をかけてきました。何かと思えば、近くにプールや博物館があって賑わっているお店があるから、そこに応援に行って欲しいということでした。ちーちゃんも真奥と一緒に行きたそうでしたが、却下されて真奥だけが応援に行くことになりました。

それでも真奥のことを諦められないちーちゃんは、恵美を誘ってお店の近くにある施設に遊びに行くことにしたのでした。その頃、鈴乃も真奥が別のお店に行くことを知っていました。近くにお化け屋敷があることを利用して、この機会に魔力を集めたらいいと芦屋は意気込んでいます。それを心配して恵美に電話した鈴乃もまた、一緒に出かけることにしたのでした。

翌日、古くなったうどんを食べ過ぎたせいで芦屋は動けませんでした。(^^;
真奥は元気に仕事先に出向き、そこでいつものようにきびきびと仕事をするのでした。その頃、恵美たちもまたお店の近くにやって来ていました。ここでいきなり、恵美、ちーちゃん、鈴乃の水着姿が披露されました。なんか、今回の話はこれを描きたかっただけなんじゃないかとも思えましたが^^;、気にしないことにします。(笑)

遊ぶ途中で、ちーちゃんは思い切って水着姿を真奥にみせに行きました。でもにぶい真奥は、ちーちゃんの気持ちなど気づきもせず、仕事の話ばかりするのでした。それでもめげないちーちゃんが凄いかも。

そして恵美たちは、お化け屋敷、爬虫類博物館と続けて観に行くことになりました。かりにも勇者なのだから、恵美はこういうのに怖がったりしないだろうと思いましたが、なんか普通に怖がってましたね。(^^; こんな恐がりで、どうやって悪魔たちと戦っていたのやら。(笑)
さらに恵美たちは、爬虫類博物館へとやって来ました。そこで、いろいろな偶然が重なって、猿がワニが入っていた檻の鍵を開けてしまいました。

人々に大混乱が起き、恐怖の声が飛び交います。真奥は、そこからエネルギーを得て魔力を回復させました。しかし、真奥はその力を自分の野望のためではなく、人々を守るために使ったのでした。この真奥の行動には、鈴乃は戸惑うしかありませんでした。

こうして無事に仕事が終わり、真奥たちは帰宅していきました。その帰り道、鈴乃は天使のように白い羽根を持った人物を目撃しました。彼はいったい何者なのでしょうか!?
恵美が、梨香の誤解を解くために真奥の働くマグロナルドまでやって来るお話でした。

恵美が鈴乃を真奥から遠ざけようとしていると知って、梨香は三角関係を妄想して楽しんでいます。そして彼女たちは、真奥の働くマグロナルドの前までやって来ました。しかし、いきなり3人が鉢合わせて修羅場になるのを避けるために、その前にあるセンタッキーで作戦会議を開くことになりました。

その席で恵美は、自分がいかに真奥を嫌っているかを力説しました。しかし、それを聞いていたのは、真奥から言われてセンタッキーの偵察に来ていた芦屋だったのでした。芦屋は梨香に、自分と真奥は会社を経営していたと事実とフィクションを混ぜた話を始めました。そして恵美は、ライバル会社の社員ということにされてしまったのでした。

芦屋の話を聞いた梨香は、ようやく全てを納得してくれました。そして梨香は、芦屋のことを満更でもなく思っているようです。梨香と芦屋の関係が進展することもあるのでしょうか!?

そうして恵美たちは、いよいよマグロナルドにやって来ました。センタッキーにお客を取られて、こちらのお店はガラガラです。真奥は芦屋からの報告を受けると、ライバルへの対抗策を練りました。しかし、まだこれといった対抗策が見つかりません。そんな中、恵美たちはお店にとどまって、真奥の様子を窺っています。

そんな中、真奥のところに状況を打破する切り札が届けられました。それは大きな竹でした。地域ボランティアで親しくなったお祖父さんから、真奥は竹を譲ってもらう約束を取り付けていたのでした。お客さんにその竹に飾り付けをしてもらうなどのイベントを組み込んで、お店は一気に繁盛し始めます。

でもそんな中、恵美と鈴乃が眼光を鋭く光らせています。彼女たちはまだ真奥のことを警戒しているのでしょうか!?
鈴乃の正体が判明するお話でした。

真奥が鈴乃の手作り弁当を持ってきたことで、ちーちゃんは危機感を持ちました。そこで恵美と一緒に、朝から真奥の家を訪れることにしたのでした。しかし、扉を開けるなり鈴乃の姿が・・・。(^^;
いきなり修羅場か!?と思ったら、鈴乃は夏バテで動けない芦屋に代わって、食事の支度に来ているだけでした。ついでに、自分のところに大量に送られてきたうどんも消費してもらうことにしたのでした。

そんな鈴乃は、なんと洋服を持っていなくて、和服しか持ってないことがわかりました。そこで恵美は、鈴乃の買い物に付き合うことにしたのでした。その頃、ちーちゃんは真奥といい雰囲気になっていました。真奥が異世界の悪魔だと知っても、真奥を好きだという気持ちは動かなかったのだそうです。ほとんど告白したところで、タイミング悪く鈴乃が顔を出してしまいました。恥ずかしくてちーちゃんは、その場から逃げ出したのでした。

鈴乃は、その後恵美と合流して買い物をしようとします。そこでようやく鈴乃の正体が判明しました。鈴乃はやはり異世界の住人で、教会の審問官をしていたのでした。鈴乃は自分が異世界の住人だと、とっくに恵美は気がついていると思っていました。しかし、それは完全なすれ違いで、恵美は鈴乃のことをただの変な人だと思っていたようです。

恵美は、コンビニで自分を襲ってきたのは鈴乃なのかと問いただしました。しかし、それは鈴乃ではなかったようです。それでは、いったい誰が恵美を襲ってきたのでしょうか!?

鈴乃は、恵美に共に魔王を倒して、異世界に復帰し、勇者なき後に世界を好きにしている教会の腐敗をただそうと持ちかけます。しかし、鈴乃自身がその教会から派遣された人間ということもあって、恵美は共闘を拒むのでした。

その頃、真奥は苦境に立たされていました。お店の前にオープンしたセンタッキーのおかげで、お客が全くこなくなってしまったのです。このままだと、店長は極寒のグリーランドにある支店に飛ばされてしまうかもしれないと心配しています。そんな時、1人の男が真奥の前に顔を出しました。それは新たにオープンしたセンタッキーの店長でした。その男は、いきなりちーちゃんをくどきはじめました。

なんだか、人間関係がいろいろとややこしくなってきましたね。(^^;
ちーちゃんは真奥のことが好き。そして恵美と鈴乃も真奥のことが好きだと思われている。恵美の同僚の梨香は、修羅場的な状況をおもしろがっていますが、本当にもうこれは笑うしかない状況ですね。
新キャラ・鎌月鈴乃が登場するお話でした。

恵美のところに、エメラダから宅配便が送られてきました。何かと思えば、栄養ドリンクに偽装した、魔力の補給剤だったのでした。これを飲み続けていれば、恵美の魔力が低下することを抑えることができるらしいです。そんな恵美は、今日も真奥たちの監視を続けています。しかし暑い中での監視は、勇者といえどもたいへんなようです。

そんな真奥のところには、新たな住人がやって来ていました。鎌月鈴乃という若い女性です。鈴乃は旧家の出身らしく、かなり時代がかった言葉遣いをしています。鈴乃の存在を知って恵美は慌てますが、とりあえず鈴乃が魔族のものではないらしいと知って一安心するのでした。そんな鈴乃は、もうすでに真奥に惚れていました。ちーちゃんを間近に見てきたことから、恵美はそれに気がついたのでした。

真奥はマグロナルドで店長代理に昇進しました。昇進したことで、真奥はかなり気合いが入っています。それというのも、お店の前にマグロナルドのライバルともいえるセンタッキーが出店することになったからです。そんな真奥は、鈴乃からもらったお弁当を持って出勤しました。それを知ったちーちゃんは、ライバルが現れたことに衝撃を受けるのでした。

一方、恵美は仕事を終えて帰宅しようとしていました。途中でコンビニに立ち寄ると、入り口から怪しげな男が入ってくるのに気がつきました。目からビームを放ったりして、その男も異世界の人間らしいです。恵美は、すぐさま聖剣を取り出して戦いました。ところが、戦いの途中で聖剣は力をなくしてしまったのでした。ドリンク剤で魔力の補充はしているはずなのに、どうして恵美の魔力は切れてしまったのでしょうか。そして、恵美に襲いかかってきた敵の正体は何者なのでしょうか!?
真奥たちが、ちーちゃんの通う学校の怪談話を調べるお話でした。

真奥に退治されたルシフェルは、結局真奥の部屋に居候することになりました。真奥は、ルシフェルにパソコンを買い与えて、魔力を回復させる方法などについて調べさせることにしたのでした。そんな時、ルシフェルがとある場所にゲートが開いた痕跡があると言い出しました。なんとそこは、ちーちゃんの通う学校でした。そこはあかずの教室と呼ばれている場所でした。

真奥たちは、噂の真相を確かめるために深夜に学校に忍び込むのでした。今回は案内役として、ちーちゃんが同行しています。怪談にびびる悪魔というのもどうかと思いますが^^;、校内を歩いていると怪しげな音が聞こえてきました。何かと思えば、真奥たちの後をつけていた恵美でした。恵美は、真奥が何か悪巧みを企んでいるのではないかと後をつけていたのでした。

こうして4人のパーティーは、問題のあかずの教室へとやって来ました。あかずの教室のはずなのに、そこは何者かの手で開けられた痕跡がありました。おまけに、部屋の中はつい最近まで誰かが生活していた様子です。何かと思えば、そこはルシフェルがオルバと共に潜伏していたところだったのでした。そこにゲーム機を置き忘れたルシフェルは、真奥たちを使ってゲーム機を回収しようとしたのでした。(^^;

結局、すべては骨折り損のくたびれもうけでした。それで終わりかと思いきや、真奥の暮らすアパートに新たな住人がやって来たようです。その女性は、いきなり階段から落ちて真奥に助けられました。彼女の正体は何者なのでしょうか!?

そうそう。忘れていましたが、異世界の方では勇者は魔王と共に死亡したことにされているようです。しかし、オルバのことが原因で、自分たちの陰謀がばれそうな教会は何かを企んでいるようです。
真奥たちの前に姿を現したルシフェル。その背後には、なんと教会の人間が絡んでいたのでした。

真奥たちの前に現れたルシフェルは、なぜか魔力を取り戻していました。その背後には、なんと教会の人間、オルバが絡んでいたのでした。オルバは勇者が世界を平和に導いた後、実権を勇者に握られることを恐れていました。そこで勇者エミリアが倒したはずのルシフェルを復活させて取引して、勇者の暗殺を画策したのでした。

そんなオルバたちは、日本にやって来てから魔力を補充するためにさまざまな事件を起こしていました。そこで生まれる人間の恐怖などの負の感情を吸収して、ルシフェルは大きな魔力を得ることができたのでした。ルシフェルは魔力をほとんど持たない真奥たちを殺そうとするのでした。

そればかりか、ルシフェルはさらに強力な力を得るためにちーちゃんを利用するのでした。その圧倒的な魔力の前に、芦屋が倒れ、真奥も負傷してしまいました。そんな中、真奥は笹塚駅前へと逃げ込みました。なぜかと思いきや、そこでルシフェルに攻撃された人間の負の感情を利用するためでした。こうして力を得た真奥は、反撃に転じます。

立場を決めかねていた恵美でしたが、オルバの裏切りを知った今、取る行動は決まっていました。真奥に味方して、残された力を解き放ったのでした。こうして恵美と真奥の活躍で、街には平和が戻りました。ルシフェルやオルバは殺されちゃうのかなあと思いましたが、意外にもルシフェルは真奥にボコられて許されました。そしてオルバは捕縛されたのでした。

今回の事の顛末を、真奥はその魔力で人間の記憶から消してしまいました。しかし、ちーちゃんの記憶だけは奪いませんでした。ちーちゃんは真奥や恵美の正体を知ってしまったことになりますが、それでもちーちゃんの真奥に対する気持ちは変わらないようです。

そうそう。全てが終わったところに、エメラダとアルバートがやって来ました。勇者に加勢してくれるのかと思ったら、この人たち結局何をしにきたんでしょう。(^^;
恵美の過去が明らかになるお話でした。

地下街で地震に巻き込まれた魔王たちは、崩落した地盤に埋められてしまいました。なぜか力の一部を取り戻した魔王は、その力を使ってちーちゃんと恵美を守ったのでした。しかし、そんな魔王を恵美は認めることができませんでした。

恵美は幼かった頃、西の王国で父親と幸せに暮らしていました。しかし、その幸せも魔王によってやぶられました。天使と人間とのハーフであった恵美のところに、司祭が迎えに来たのです。魔王を倒す力を持つ者として。
恵美が司祭に連れられた直後、父の住む村は魔王の襲撃を受けて全滅しました。魔王を憎む気持ち、それが勇者となった恵美を支えてきたのでした。

そんな恵美にとって、魔王は常に憎むべき存在であってくれなくては困るのです。ところが、日本にやって来てからの魔王は、しきりに優しさをみせます。そんな真奥の態度に、恵美は自分の根幹を揺すぶられるのでした。

結局、その夜恵美は職場の同僚の梨香のところに泊まりました。梨香は阪神大震災の被災者でした。地震のことで梨香は心に傷を負ったのに、人は気安く梨香に地震の時のことを聞いてきます。しかし、そんな中恵美だけは梨香に地震のことを聞いてきませんでした。そのことから梨香は、恵美に親近感を持ってくれたのでした。

翌日、恵美は真奥のところに借金を返しに行きました。ところが、そこへちーちゃんがやって来て、恵美と鉢合わせてしまったのです。真奥と恵美が恋人だと思い込んだちーちゃんは、その場から逃げ出しました。その時、再び地震が起きました。ちーちゃんを追った真奥は、そこにかっての部下・ルシフェルがいるのを知ったのでした。
ルシフェルは、自分が魔王になろうとしているようです。真奥たちが魔力を制限される中、どうしてルシフェルは日本で普通に魔力を使うことができるのでしょうか!?

これまでほのぼのとした展開でしたが、恵美の過去が明かされたり、新キャラが登場したりして、一気に物語が複雑になってきましたね。そんな中で気になったのは、梨香に代表される阪神大震災の被災者の気持ちでした。直接被災しなかった私にとっては、それは遠い過去のできごとのように思えますが、被災者の方にはそれはいまだに重い記憶なんだろうなあと思いました。
真奥がバイト先の後輩とデートすることになるお話でした。

結局、恵美は真奥のアパートに泊めてもらい、早朝に立ち去りました。しかし、魔王たちが銃撃された事件は、テレビでも放送されるくらいの大事件として取り上げられていたのでした。仕事に復帰した恵美に、警察から電話がかかってきました。何かと思えば、壊された自転車から真奥のことを突き止めた警察が真奥たちを取り調べて、その保護者として恵美に電話をかけてきたのでした。いつの間にか真奥となれ合っている恵美が可愛いですね。

一方、恵美の方にも銃撃の犯人らしき人物から連絡がありました。魔王と勇者、相反する2つのものを合わせて狙ってくる相手というのはいったい何なのでしょうか!?

そんな中、真奥はバイト先のちーちゃんから相談を持ちかけられました。気安くそれを受けた真奥は、ちーちゃんとデートすることになるのでした。芦屋はこんな時はユニクロの服はダメだと、普段よりもちょっとおしゃれな格好で真奥を送り出したのでした。

でも、やっぱり真奥のことが気になって様子を窺っていると、そこへ恵美がやって来ました。結局、芦屋も恵美に連れられて真奥たちがいる喫茶店へ入ることになってしまいました。そこでちーちゃんが恵美のことを真奥の元カノだと誤解して、その場は一気に修羅場の様相を呈しました。

そんな時、突然大地震が襲ってきました。真奥たちは地下街に埋められてしまいましたが、なんとかみんな助かりました。しかし、なぜか真奥は悪魔の姿に近い体に変わっていたのでした。いったい魔王の体に何が起きたのでしょうか!? そして、なぜちーちゃんは異世界の声を聞くことができたのでしょうか!?
現代日本にやって来たのは、魔王だけでなく勇者もでした。

魔王の後を追って、勇者もこの世界へとやって来ていました。この世界で魔王を倒そうと思っていた勇者エミリアでしたが、魔王と同じく彼女も魔力を失っていたのでした。で、結局エミリアも恵美と名乗って日本で暮らしていました。恵美の方は、携帯電話会社のサポートセンターで働いているみたいです。そして彼女は、マンションで一人暮らしをしているのでした。魔王よりは生活水準が高いですが、どうやってお金をつくったんでしょうね!?

そんな恵美が、真奥の前に現れました。最初は敵意をむき出しにしていた恵美でしたが、真奥があまりにも慎ましい生活をしているのを見て次第に彼を倒そうという気持ちはなくなったようです。一方、真奥は一応世界征服の野望を抱いているみたいですが、なんかスケールが小さいというかせこいというか、放置しておいてもあまり危害はなさそうです。

そんな時、二人は何者かから魔法弾による攻撃を受けました。敵の正体はわかりませんが、どうやら敵は二人が魔王であり勇者であることを知っているようです。なんとか攻撃をかわした二人でしたが、その途中で恵美は財布を落としてしまいました。仕方なく真奥は、恵美をボロアパートに泊めてあげることになるのでした。
新番組のお試し視聴です。異世界の魔王が、地球へやって来て働くことになってしまうお話でした。

異世界で魔王は大きな力と勢力を誇っていました。ところが、人間の勇者が現れたことで、魔王は追い詰められてしまいました。再起をはかるために、魔王は部下のアルシエルと共に別の世界へと移動したのでした。

そうして魔王がやって来たのは、地球の現代の日本でした。そこでは魔法が使えないために、魔王の姿は人間になってしまったのでした。警察に保護されて事情を知った魔王は、戸籍を作り、アパートを探して、生活費を稼ぐためにバイトすることになるのでした。

こうして魔王は、真奥貞夫と名乗って暮らし始めました。唯一の頼みの綱は、この世界に残る魔法や魔王に関する記述です。いつか魔力を復活させる日を夢見て、今日も魔王はバイトにいそしむのでした。そんな時、魔王はとある女の子と出会いました。何気なく魔王が傘を貸したその少女は、なんと異世界の勇者だったのでした。

全然期待せずに視聴したのですが、意外と面白かったです。最初の異世界の描写はちょっとくどい感じでしたが、地球へやって来てからは魔王たちに生活感があふれていて笑えました。復活を目論む魔王ですが、宿敵である勇者があらわれて、どうなってしまうのでしょうか!?