日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


映画ハピネスチャージプリキュア!人形の国のバレリーナ Blu-ray 特装版「ハピネスチャージプリキュア」も、いよいよ最終回です。

みんなの小さな愛を集めて、ラブリーはフォーエバーラブリーへと変身しました。そしてラブリーは、みんなの愛を守るために戦います。しかしレッドは、かたくなに自分の中にも愛があることを認めようとはしません。こうしてラブリーとレッドは、激しく激突するのでした。

今回の戦いでは、戦いの最中にラブリーがにこっと微笑むのが印象的でした。ラブリーの戦いは、レッドを滅ぼすためのものではなく、あくまでもレッドを救おうとしていることが感じられました。そして、そんなラブリーの笑顔にレッドは動揺するのでした。

こういうのどこかで見たようなと思ったら・・・ジャッキー・チェンの「笑拳」でした。(^^;
ジャッキーの笑拳は、戦いの最中に異なった感情を見せることで、相手を幻惑する拳法でしたが、ラブリーの笑顔もこれに通じるものがあるような。(笑)

そしてついに、ラブリーはレッドの心を浄化することに成功しました。ラブリーの力はレッドだけでなく世界に降り注ぎ、世界中に満ちていたサイアークを消滅させたのでした。こうして戦いは終わりました。そこでブルーとミラージュが現れました。ここで衝撃の告白が!!!
なんとレッドとブルーは兄弟だったのでした! 本当に困った神様兄弟ですね。(^^;

そしてブルーは、レッドの赤い星を蘇らせるためにミラージュと一緒に地球から去ることになりました。今回の騒動の元凶はこの兄弟でしたから、彼らが地球からいなくなることで世界は平和になりそうです。こうして3人は赤い星と共にいずこかに消えたのでした。惜しむらくは、ミラージュが最後までプリキュアに変身してくれなかったことです。

ブルーは地球を去る前に、めぐみたちに何やら宝石のようなものを残しました。何か困ったことがあったら、それを使えということらしいです。そして平和が戻った世界には、三幹部が平和に暮らしていました。オレスキーは警官として、ホッシーワは保育士として、ナマケルダは会社員として働いていました。何はともあれ、三幹部が元気でいてくれてうれしかったです。

そしてひめは、新たな出会いを求めてブルーから託された宝石をあっさり使うつもりです。新たな出会いから、さらに世界に愛を広げていくみたいです。そしてめぐみと誠司の宝石は、それぞれの手の中に残されました。2人はそれを本当に大切な人ができたら渡すつもりらしいです。めぐみの宝石が誠司に、誠司の宝石がめぐみの手に渡るのは、いつのことになるのでしょう。

めぐみと誠司の愛は、その未来をほのめかす形で示されました。幼児向け番組ですし、2人ともまだ発展途上ですから、それでよかったと思いました。

ということで、「ハピネスチャージプリキュア」の完結です。全編を振り返って見ると、この作品では歌が大きな役割を果たしていましたね。キュアハニーのご飯の歌も衝撃的でしたし、イノセントフォームにチェンジした後のプリキュアの必殺技に挿入歌があるというのもよかったです。
メインとなるめぐみ=ラブリーの存在感が今ひとつでしたが、ひめ=プリンセス、ゆうこ=ハニー、いおな=フォーチュンと個性豊かなメンバーがそろっていましたので、これも仕方なかったかも・・・。

最後にスタッフ&キャストのみなさん、1年間本当にお疲れ様でした。次回からは、「Go!プリンセスプリキュア」が始まりますが、今までとは方向性が違う作品みたいなので、どうなるか楽しみです。(^^)
ハピネスチャージプリキュア! プリコーデドール ハピネスチャージプリキュア!1(キュアラブリー)赤い星で、ついにプリキュアとレッドの決戦です!

誠司を救ったプリキュアは、ついにレッドと戦うことになりました。「イノセントハーモニー」をBGMに、プリキュアとレッドの戦いが始まります。いつも途中までしか聞けない「イノセントハーモニー」が、今回はいつもより長く聞けたのがちょっとうれしかったです。(^^) そういえばボーカルアルバム2には「イノセントハーモニー」のフルバージョンが収録されているみたいですね。

そしてプリキュアは、必殺技プリキュア・イノセントプリフィケーションを放ちます。これで戦いは終わったかと思いきや、レッドはそんなに甘い相手ではありませんでした。なんとレッドには、イノセントプリフィケーションさえも通じなかったのでした。

逆襲に出たレッドは、次々とプリキュアのイノセントフォームを解除していきます。レッドの攻撃の前に、ハニー、プリンセス、フォーチュンのイノセントフォームが解除されました。そしてラブリーも、イノセントフォームを解除されてしまったのでした。

さらにレッドは、プリキュアを鏡の中に閉じ込めようとします。しかし、ラブリーが鏡に閉じ込められそうになった時、誠司がそれを救いました。たった1人になったラブリー。それでもラブリーは、まだ愛の力を信じています。そんなラブリーに、レッドが自分語りを始めました。

元々レッドは、この赤い星の神様だったのでした。彼は星の人々を愛してきました。しかし、それでも星が滅びるのを止めることはできませんでした。その時にレッドは、愛の力のむなしさを知ったのでした。そしてレッドは、青く輝く星・地球を憎むようになりました。・・・これって八つ当たり^^;、と思わなくもありませんが、そのおかげで地球は危機にさらされているのでした。

レッドはラブリーを抱きしめると、一緒に滅びようとささやきかけます。しかし、ラブリーはそれをはねのけました。そんなラブリーを、レッドは消してしまおうとします。その時、ラブリーの元に地球からみんなの愛が届きました。その力を得たラブリーは、フォーエバーラブリーへとチェンジしたのでした!

次回でいよいよ最終回です。どんな形で物語が締めくくられるのか、楽しみです。(^^)
2015カレンダー ハピネスチャージプリキュア!赤い星で、再びプリキュアと誠司の激突です!

レッドのいる赤い星を目指して飛び立ったプリキュア。その前に、再び誠司が立ちはだかりました。誠司の周囲には、強力なバリアが張り巡らされています。プリンセス、ハニー、フォーチューンは、ラブリーのためにチャンスを作り出そうとします。しかし、イノセントフォームにチェンジしているのに、誠司はそれと互角に渡り合う力があったのでした。

そんな中、フォーチュンは誠司と初めて出会った時のことを語りかけました。いおなと誠司が初めてであったのは、いおなの空手道場でした。そこに誠司は、強くなりたいと現れたのです。その当時から、誠司はめぐみのために強くなりたいと思っていたのでした。

そしてみんながくれたチャンスを生かして、ラブリーの巨大パンチが誠司に炸裂しました。しかし、誠司のバリアも強力です。それでも激しくぶつかり合った2人の攻撃は、共にパンチとバリアが破壊される相打ちとなりました。しかし、パンチを破壊された先から、ラブリーの攻撃が誠司の胸の宝石に届きました。そのまま2人は、赤い星へと落下していきました。

ラブリーの渾身の力を込めた攻撃でも、誠司の胸の宝石は壊れませんでした。レッドは神が作り出した宝石を、プリキュアごときが壊せるわけがないとあざ笑います。ところが、ラブリーの攻撃は宝石を壊そうとしていたのではありませんでした。ラブリーは、自分の思いを確認するために宝石を攻撃したのでした。そしてラブリーは確信しました。宝石の中の憎しみという心も、それまでラブリーが知らなかった誠司の一部だということを。

そしてラブリーは、そんな憎しみの心さえも含めて、誠司のことが大切だと気がついたのでした。そしてラブリーは、誠司の心に語りかけます。これまで当たり前のようにあった平和な日常。それがどんなに大切で愛にあふれたものだったのか。愛とは特別な思いなのではなく、当たり前の日常の中にこそあるものだと。

そんなラブリーの思いに、ついに誠司の心が応えました。そして誠司の心は、自らプリキュアに浄化されることを願ったのでした。そして遅れて到着したプリンセスたちと共に、ラブリーは必殺技を放ちます。その攻撃を受けて、誠司の憎しみの心の宝石は浄化されていきました。そして憎しみの心の底には、小さな愛のハートが隠れていたのでした。

こうして、ようやくラブリーは誠司を取り戻すことができました。お約束の展開ですが、正気に戻った誠司にラブリーが「おかえり」、そして誠司の「ただいま」というやりとりがよかったです!
誠司を浄化されて、レッドはうろたえます。そんなレッドに、神様やミラージュが語りかけます。しかし、レッドはあくまでも愛を拒否します。どうやらレッドも過去に、何か辛い記憶があるようです。プリキュアは、そんなレッドの心を救うことができるのでしょうか!?

新年最初のプリキュアは、作画も内容も気合いが入っていてよかったです!
これまでプリンセスやハニー、フォーチュンに食われて、今ひとつ目立てなかったラブリーですが、今回はプリキュアのリーダーにふさわしい活躍でした。ラブリーを演じる中島愛さんと、誠司を演じる金本涼輔さんの演技も、いつも以上に気合いが感じられて本当によかったです。(^^)
誠司がレッドに操られて、プリキュアの敵になってしまいました。プリキュア、大ピンチです!

レッドに憎しみの宝石を与えられて、プリキュアの敵になってしまった誠司。今回は、そんな誠司を元に戻すために、プリキュアが必死で戦います。誠司は胸にある赤い宝石で操られていることは、すぐにわかりました。しかし、ラブリーたちがいくら攻撃しても、その宝石を打ち砕くことはできませんでした。そして、誠司の攻撃を受けて、プリキュアの変身が解除されてしまったのでした。寒空の下、薄着になってしまっためぐみたちが寒そうです。

そしてレッドは、地球を破壊するために赤い星を呼び寄せました。その星が地球に激突した時、地球は滅んでしまうのです。さらに赤い星からは、大量の赤いサイアークが地球へと襲いかかりました。その攻撃を受けて、世界は大混乱に陥るのでした。そして誠司は、レッドと共に赤い星へと立ち去りました。いつも前向きなめぐみですが、今回はさすがに心が折れそうです。

そして、めぐみの前に現れた赤いサイアークが、めぐみにとどめを刺そうとします。その攻撃を防いだのは、いきなり現れたキュアテンダーでした。キュアテンダーは、めぐみたちに訴えました。あなたたちの愛はそんなものではないはずだと。その言葉を聞いて、ようやくめぐみたちは正気を取り戻しました。そして再びプリキュアに変身したのでした。

ラブリーたちを助けに来たのは、キュアテンダーだけではありませんでした。世界各地のプリキュアが、ラブリーたちを応援するためにやって来ていたのです。そして世界各地では、それぞれの国のプリキュアが赤いサイアークから人々を守るために戦っていたのでした!

今回の見せ場は、そんな世界各地のプリキュアとハピネスチャージプリキュアのコラボでした。中でも一番見応えがあったのは、やはりキュアテンダーとキュアフォーチュン、氷川姉妹が共に戦う姿を見られたことでした!
そして復活したハピネスチャージプリキュアは、イノセントフォームにチェンジして、赤いサイアークを浄化したのでした。

そしてハピネスチャージプリキュアは、誠司を取り戻し世界を救うために赤い星へと向けて旅立ちました。そんな中、ラブリーは自分の中にあった本当の気持ちに気がついていました。自分にとって、誠司がどれだけ大切な存在だったのか、今ようやくめぐみは悟ったのでした。

次回は1回お休みで、赤い星での決戦はしばらくお預けです。そんな中、次のプリキュア「Go!プリンセスプリキュア」の番宣が入りました。今度のプリキュアは、プリンセスを目指す女の子のお話になるみたいですね。キャラの雰囲気は、「プリキュア5」を思わせるものがありました。・・・なんかここまでくると、もうプリキュアでなくてもいいんじゃないかと思えましたが、きっと大人の事情がいろいろあるんでしょうね。(^^;

今回のハピネスチャージプリキュアの最大の危機、それを救うのはキュアミラージュかと期待したのですが、助けに来たのがキュアテンダーでちょっと残念でした。(^^; 氷川姉妹の共闘は、燃えるものがありましたけど。
プリキュアの世界もクリスマスです。そこに再び赤いサイアークが現れます。

プリキュアの世界は、一足早くクリスマスです。めぐみたちは、みんなでプレゼント交換をすることになりました。でもその前に、おおもりご飯で一仕事です。(^^;
今日はおおもりご飯特製のチキンが発売されます。めぐみたちは、その手伝いにかり出されたのでした。限定300個のチキンは、あっという間に売り切れる大人気でした。

そしてめぐみたちは、プレゼントの交換をしました。各自で手編みのマフラーを編んで、それを交換することにしたのでした。そしてめぐみは、プレゼント交換の分だけでなく、ちゃんと誠司の分もマフラーを作っていたのでした。めぐみと誠司、かなりいい雰囲気です。

その後でめぐみたちは、みんなで広場のクリスマスツリーを見に出かけました。そこでめぐみたちは、ブルーやミラージュ、リボンにグラサン、ファンファンのプレゼントを買うことにしました。チキンを売ったお礼に、商店街の商品券をゆうこがもらっていたのでした。その間に、誠司はめぐみのためのプレゼントを買ってくれました。可愛いテントウムシのブローチでした。

その時、広場に赤いサイアークが現れて暴れ始めました。めぐみたちは、サイアークと戦うためにプリキュアに変身するのでした。それを見守る誠司の前に、ディープミラーが現れました。そうとは知らず、プリキュアは赤いサイアークと戦っています。赤いサイアークは、やはりこれまでのサイアークよりも強敵です。ノーマル状態では勝てないので、イノセントフォームにチェンジして戦います。

そして何とか、赤いサイアークを浄化することに成功したのでした。これで戦いは終わりかと思ったら、ミラージュは怪しい気配を感じていました。そしてプリキュアたちの前に、ディープミラーが姿を現しました。その姿を見たブルーは、彼のことをレッドと呼びました。なんと彼もまた、ブルーと同じ神様だったのでした。
そしてレッドは、悪の心に染まってしまった誠司をプリキュアの前に呼び出しました。次回は、そんな誠司とプリキュアが戦う辛い展開になりそうです。(;_;)

今回は、ついにディープミラーの正体が判明しました。なんと彼も、神様だったのでした!
しかし、ブルーといいレッドといい、この世界の神様は本当に迷惑な存在ですね。彼らがいない方が、よっぽどこの世界は平和なんじゃないかと思えました。(^^;

そして、前回の予告でわかっていたとはいえ、誠司が悪に取り込まれてしまいました。クリスマスに普通にプレゼントを交換したりして、ほとんど彼氏彼女といってもいい誠司とめぐみですが、そんな2人が敵同士になってしまいました。めぐみは誠司を助けることができるのでしょうか。そして誠司の思いは、めぐみに届くのでしょうか。
クイーンミラージュが浄化されて、世界に平和が戻りました。しかし同時にめぐみは、ブルーに失恋してしまったのでした。(;_;)

クイーンミラージュが浄化されて、ブルースカイ王国は元に戻り、ひめは両親と再会できて、人々の顔には笑顔が戻りました。そんな中、めぐみだけは落ち込んでいたのでした。ブルーはめぐみではなく、ミラージュを選んだからです。

そんなめぐみのところに、ひめたちが遊びに来ました。ひめたちは、めぐみが失恋したことをちゃんと知っていたのでした。そして、めぐみを元気づけるためにパジャマパーティーが開かれました。そこでの話題は、なんと神様の悪口でした。(^^;

でも確かに、ブルーが最初からはっきりしていれば、幻影帝国が生まれることもなく世界は平和だったんですよね。そしてプリキュアには恋愛禁止と言っておきながら、ミラージュに未練たらたらで結局ミラージュとラブラブなブルーは、本当に困った神様です。

そんなひめたちと一緒に、めぐみも神様への不満を口にしました。それで少しは元気になれましたが、やっぱりめぐみの悲しい心は完全には晴れません。そんなめぐみを、誠司が誘ってくれました。誠司と一緒にあちこち遊び歩いた後は、プリキュアには珍しいしっとりした場面が待っていました。

そこでめぐみは、ようやく素直な自分の気持ちを表に出すことができました。誠司のおかげで、やっとめぐみは泣くことができたのでした。そんなめぐみをディープミラーが狙っていました。彼は第2のミラージュとして、めぐみを選んだのでした。

そしてめぐみの前に、赤いサイアークが現れました。めぐみはプリキュアに変身して戦いますが、赤いサイアークはそれまでのサイアークよりも遙かに強かったのでした。そしてラブリーの心に、ディープミラーがささやきかけます。世界は笑顔に満ちているのに、めぐみだけが悲しんでいます。世界を救ったのは、ラブリーなのに。だったら、そんな世界は壊してしまえと。

そしてラブリーは、ディープミラーに支配されそうになりました。そこに誠司が駆けつけました。そんな誠司の心が、ラブリーを救いました。そしてラブリーは気づきました。自分には誠司やひめたちのように、辛い時に支えてくれる人たちがいることに。そしてラブリーは、自らの心に生まれた赤い宝石を自ら引き抜いたのでした。

それでもなお、赤いサイアークは強敵でした。そんなラブリーのところに、プリンセスたちが駆けつけてくれました。4人そろったプリキュアは、イノセントフォームから必殺技を放ちました。その攻撃で、ようやく赤いサイアークを浄化することができたのでした。

こうしてラブリーたちは、ディープミラーを撃退しました。しかし、新たなターゲットとしてディープミラーは誠司を選びました。次回は誠司が洗脳されてしまうようですし、ここからのプリキュアの戦いは、さらに過酷なものになりそうです。

今回は、ブルーに失恋しためぐみの心情がしっかり描かれていて面白かったです。そしてディープミラーがラブリーを仲間に引き込もうとする展開もよかったです。そのままラブリーが悪の心に染まり、今度は他のプリキュアと戦うという展開も面白そうですが、さすがに子供向け番組では辛すぎる展開でしょうね。(^^;

今回の内容は、小さな子供たちには難しかったかもしれません。でも、子供たちの心に何かが残るお話だったと思います。子供向け番組だからといって、何でもやさしく子供向けにわかりやすく描くだけではダメだと思います。その時はなんだかわからなかったけれど、大きくなってから思い出したら、あれはこういうことだったのかとわかることも大切なことだと思います。
今回は、キュアラブリーとクイーンミラージュの激突です!!!

仲間に後を託したラブリーとブルーは、ついにクイーンミラージュの元までたどり着きました。いよいよ幻影帝国のボスと、プリキュアの戦いが始まります。・・・でも、冷静に考えてみたら、これって手ひどく振った元カノのところに、今カノを連れた男がやって来たっていう状況ですね。(^^; ミラージュが激怒するのもわかる気がしました。(笑)

そして、ラブリーとミラージュは激しい戦いを始めます。全ての幸せの行き着く先は不幸だと考えるクイーンミラージュと、全ての人たちを幸せにしたいと願うラブリーとのぶつかり合いです。作画もいつもと比べると、荒い感じで、それが超絶なバトルとよく合っていたと思います。こんなアニメを見て育った女子児童は、将来ものすごい男前な女の子になりそうで心配です。(^^;

戦いの中、ラブリーは鏡の中に閉じ込められたクイーンミラージュの心を見ました。鏡の中のミラージュは涙を流していました。そしてラブリーは自分の気持ちを訴えます。自分もブルーが好きだと告白したのです!
そんなラブリーに激怒したミラージュは、ラブリーを不幸に突き落とそうとします。そんなミラージュに、ラブリーは訴えました。たとえ将来がどうなったとしても、ブルーと過ごした幸せな時間を忘れることはないと。

そしてミラージュの心に、ブルーと過ごした時間が蘇りました。思い出の中で、ブルーはいつもミラージュに微笑んでいました。そして、どんなに自分の気持ちをごまかしても、やっぱりミラージュはブルーのことが好きだったのでした。

そんなミラージュに、ディープミラーがささやきかけます。全てを憎めと!
そんなミラージュの怒りのパワーは、イノセントフォームにチェンジしたラブリーさえも圧倒するパワーがありました。さすがのラブリーも、ミラージュの攻撃を受けてボロボロです。そんな時、ようやく仲間たちがラブリーのところに駆けつけてくれました。

そしてプリキュアは、必殺技を放ちます。必殺技が炸裂する中、光になったプリキュアがミラージュにキスしたり、抱きしめたりするのがよかったです。こうしてミラージュは浄化されました。そんなミラージュの側に、ブルーが現れました。そしてブルーは、300年前に伝えられなかった本当の思いをミラージュに伝えました。ミラージュのことが好きだと告白したのです。ブルーの思いを知って、ミラージュは元の姿にもどりました。

それと共に、幻影帝国は消えて、元の平和なブルースカイ王国が姿を現しました。というわけで、意外とあっさりとプリキュアはミラージュを浄化してしまいました。しかし、真の敵・ディープミラーはいまだ健在です。そしてディープミラーの狙いは、ラブリーでした。この先、ラブリーにどんな困難が待ち構えているのでしょうか!?

というわけで、ミラージュとの凄絶バトルは見応えがありました!
戦いの中、ついにラブリーは自分がブルーを好きだという気持ちを認めました。しかし、待っていたのはいきなりの失恋でした。でもラブリーの愛は揺るぎません。自分の好きな人が他の人を好きでも、自分がその人を好きだという気持ちは変わらないからです。切ないけど、まっすぐで強い愛ですね。(^^)

こうなると気になるのは、この後の展開です。このところずっと出番がありませんでしたが、めぐみのことを好きな誠司がどうなるのかが気になります。
プリキュアの幻影帝国への殴り込みが続いています。(^^; 今回は、3幹部とプリキュアの戦いです!

ファンファンを仲間に加えたプリキュアは、先を目指します。しかし、幻影帝国の本拠地だけあって、敵の数が多いです。それにも負けず、チョイアークたちをなぎ倒してプリキュアは先を目指します。そんなプリキュアの前に立ちふさがったのは、3幹部でした。こうしてプリキュアと3幹部の最後の戦いが始まりました。

こういった戦いの定番ですが、ラブリーと神様を先に行かせるために、プリンセスたちがオレスキーたちと戦います。こうしてプリンセス対ナマケルダ、ハニー対ホッシーワ、フォーチュン対オレスキーの戦いが始まったのでした。

これまでは不甲斐ないところが多かった3幹部ですが、最後の最後だけあってなかなかの強さを発揮しました。幻影帝国で戦っているせいもあるのでしょうが、これまでの3幹部とは思えない強さです。そんな中、ナマケルダは怠けて何が悪いとプリンセスに問いかけます。ホッシーワはおいしいものを独り占めして何が悪いとハニーに問いかけます。そしてオレスキーは、俺様こそがナンバーワンだとフォーチュンに訴えます。

プリンセスたちは苦戦しつつも、決してあきらめません。そして3幹部へと語りかけます。プリンセスは、ラブリーと出会ってたいへんなこともあったけれど、たくさん友達ができたことをナマケルダに伝えました。ハニーは、好きなものばかり食べず栄養バランスを考えなさいと訴えつつ、みんなで一緒に食べるご飯のおいしさを訴えます。フォーチュンは、ナンバーワンになってどうしたいのかをオレスキーに問いかけます。

そして3人のプリキュアがシンクロして、イノセントフォームにチェンジしました。その力の前に、3幹部は浄化されていきます。この場面で、3幹部の過去が明かされるかと期待したのですが、残念ながらその描写はありませんでした。どうして3幹部が心を狂わせることになったのか、できればちゃんと描いて欲しかったです。

そして先に進んだラブリーと神様は、ついにクイーンミラージュの部屋へとたどり着きました。クイーンミラージュは、愛を振りまくラブリーに憎悪しています。次回は、そんなクイーンミラージュとラブリーの戦いになるのでしょうか!? そして、神様は自分の本当の思いを、クイーンミラージュに伝えることができるのでしょうか!?

これまで浄化されなかったのが不思議なくらいだった3幹部が、とうとう浄化されてしまいました。かなり重要な回だったと思うのですが、それにしては作画が今ひとつだったのが残念でした。
ミラージュを救うため、プリキュアは幻影帝国に乗り込みます!

自ら動くことを決めたクイーンミラージュは、その力で世界各地に大量のサイアークを生み出しました。世界を守るため、そして世界をブルースカイ王国のようにしないため、ひめたちは幻影帝国に乗り込む決意をしたのでした。この場面、本当ならめぐみが先頭に立って幻影帝国に乗り込むことを決める展開だと思うのですが^^;、今ひとつ影が薄いせいか、一番肝心なところをひめに取られちゃいましたね。

こうしてプリキュアと神様たちは、幻影帝国へと乗り込みました。そこには、大量のサイアークとチョイアークが待ち構えていました。以前は、プリキュアとしての力を発揮できなくて退散しましたが、今回はシャイニングメイクドレッサーの力もあって、プリキュアとしての力が失われることはありませんでした。それも以前とは違い、今のプリキュアは格段に強くなっています!

サイアークを蹴散らして先に進むプリキュアでしたが、行く手を阻む霧につつまれて、離ればなれになってしまいました。そしてキュアハニーの前に、ファントムが現れました。こうしてハニーとファントムの激しい戦いが始まりました。ファントムの願いは、ミラージュの願いをかなえることでした。しかし、ファントムの心は揺れていました。自分がしていることが、本当にミラージュを幸せにするのか悩んでいたのです。

そんなファントムとハニーは激突します。しかし、ハニーにはファントムを傷つけることはできませんでした。ハニーはファントムを救いたいと思っていたのでした。ファントムの攻撃を受けたハニーは、ファントムに拘束されてしまいました。そんなハニーをファントムから救ったのは、神様でした。神様が現れたことで、ファントムはより激怒しました。・・・この場面、お前が言うなというファントムの気持ちがよくわかりました。(^^;

そんな神様を、今度はハニーが守ります。そして、その歌声は霧につつまれていた仲間たちにも届きました。そして、今度はファントムとフォーチュンが対決します。以前はファントムへの憎しみだけで戦っていたフォーチュンですが、今はファントムを救いたいと思っていました。その攻撃でファントムをジュエルの中に封じ込めると、みんなでシャイニングメイクドレッサーの力を解放しました。その歌声に、ファントムは浄化されたのでした。

こうして浄化されたファントムは、本来の姿に戻りました。ファントムの本当の姿、それはリボンたちと同じ妖精だったのでした。こうしてファントムを浄化したプリキュアは、さらに先を目指します。次回は、再び3幹部がプリキュアの前に立ちはだかるようです。

今回は、いきなりクライマックスな感じでした。まだ11月なのに、もうクライマックスで大丈夫なのかと心配になりました。(^^;
ファントムが妖精だったということは、ミラージュも本当はプリキュアなんじゃないかと思いました。浄化された後で、キュアミラージュとして登場したりするのかなあ。
平和を満喫していたプリキュアの前に、オレスキーたち3幹部が最後の戦いを挑んでくるお話でした。

今回は、めぐみたちの日常描写に力が入っていました。毎朝、ひめは寝坊してはめぐみたちに迷惑をかけることを繰り返していました。でもそれでも、いおなと仲良くなって以来、少しは改善されているのだそうです。(^^;
以前は友達がいなかったひめですが、今ではクラスでも人気者です。友人のかなが初デートをすることになり、その時のコーディネートをひめに相談してきました。いつの間にか、ひめにはたくさんの友達ができていたのでした。

そして勉強がダメダメのめぐみも、勉強をがんばるようになっていました。神様から言われたこともあるようですが、勉強そのものを楽しんでいるようにも見えました。そして、ゆうこは揺るがず、おいしいご飯を食べることを追求しています。

そして、いおなにも変化がありました。いつの間にか、海藤と仲良くなっていたのでした。そんないおなを、リボンの真似をしてからかうめぐみが笑えました。そして、いおなのお姉さん・まりあの活躍もあって、幻影帝国の勢力はじょじょに小さくなっていたのでした。

そんな状況にいらだったクイーンミラージュは、自らが戦いに出ようとします。しかし、ディープミラーにとめられて、3幹部に最後のチャンスを与えることにしました。後がなくなったオレスキー、ホッシーワ、ナマケルダは、必死の戦いを挑んでくるのでした。

せっかくの平和な休日を邪魔されためぐみたちは、プリキュアに変身して戦います。大量のサイアークに囲まれて、苦戦するかと思いきや、ラブリーたちはいつの間にかものすごく強くなっていました。今やサイアークの力では、ラブリーたちを止めることはできません。たくさんのサイアークたちを、イノセントフォームにチェンジすることなく、ラブリーたちはたたきのめすのでした。

でも最後の最後では、販促の都合もあるので^^;、イノセントフォームにチェンジして必殺技を放ちました。こうしてサイアークは浄化されて、オレスキーたちも浄化・・・と思ったらギリギリのところで耐え抜きました。でも、クイーンミラージュから与えられた最後のチャンスにも敗れてしまい、オレスキーたちはどうなってしまうのでしょうか。

そして3幹部の敗北を目にしたクイーンミラージュは、自らが動くことを決めました。ファントムをともなって幻影帝国から出たクイーンミラージュは、どれほどの力を持っているのでしょうか。

今回は、平和な日常を見せつつ、物語がついにクライマックスに向かって動き始めました。クイーンミラージュとプリキュアの戦いは、壮絶なものになりそうですね。そしてブルーとクイーンミラージュは、よりを戻すことができるのでしょうか。
氷川姉妹が、拳と拳で語り合うお話でした。(^^;

アバンからキュアテンダーが活躍しています。1人で多数のサイアークを相手にしても、全く危なげがありません。さすがは、ファントムと互角に戦うプリキュアだけのことはありますね。キュアテンダーの繰り出す技は、空手というより中国拳法みたいでした。元々の氷川流空手がそういうものなのか、それともまりあが独自に工夫して完成させたものなのかはわかりませんが。

いおなは、まりあもハピネスチャージプリキュアに加わって、一緒に戦ってくれると思っていました。しかし、まりあは別のことを考えていたのでした。まずは両親に無事を報告するためにアメリカへと渡り、その後は世界各地のプリキュアをサポートしようと思っていたのでした。一度はプリキュアの墓場に送り込まれたまりあだけに、そこにいるプリキュアたちを放っては置けないようです。

それを聞いたいおなは、激しく動揺しました。やっと大好きなお姉ちゃんと再会できたと思ったら、もうお姉さんは旅立つことを考えていたのですから。そしていおなは、まりあに勝負を申し込みました。もし自分が勝ったら、ここに残って一緒に戦って欲しいというのです。こうして氷川姉妹のバトルが始まりました。

勝負は一瞬でした。いおなはかなりいい動きを見せましたが、やはりまりあの方が1枚も2枚も上手でした。でも、お姉さんと拳を交えたことで、ようやくいおなは気持ちを吹っ切ることができたのでした。いおなもまりあも、本当に漢ですね。(^^;

そして翌日、まりあはアメリカに向けて旅立つことになりました。ところが、そこにサイアークを連れたホッシーワが現れました。この町の平和は自分たちが守ると、いおなはプリキュアに変身して戦うのでした。今回のサイアークは、中国拳法もどきの動きをする強敵でした。苦戦するフォーチュンのもとへ、ラブリーたちが合流しました。

4人はイノセントフォームにチェンジして戦います。今回は、その時にサイアークを制するように動くプリキュアの動きに力が入っていました。特に光の剣を使うラブリーの動きがかっこよかったです。
こうして4人で力を合わせたプリキュアは、サイアークを浄化しました。ホッシーワもかなり浄化されていましたが、ギリギリで抜け出しました。(^^;

こうして妹の成長を見届けたまりあは、アメリカへと向かったのでした。いつかまた、ハピネスチャージプリキュアがピンチの時に颯爽と現れてくれるといいな〜。
最強の敵、キュアテンダーとの戦いが続いています。そして戦いの中、プリキュアは新たな力を発動させました!

プリキュアを倒す新たな敵として、クイーンミラージュはキュアテンダーを操って利用してきました。大好きなお姉ちゃんが敵として現れたことで、フォーチュンは衝撃を受けました。そして非情にも、クイーンミラージュはキュアテンダーにフォーチュンを倒すように命じるのでした。

ファントムと戦った中で最強のプリキュアといわれただけあって、キュアテンダーは強敵でした。防戦一方のプリキュアには、その攻撃を防ぐことすらできません。そんな中、ブルーも戦いに参戦してきました。ついにブルーも、これまで封じ込めていた思いをクイーンミラージュに伝えることを決めたのでした。

ラブリーたちは、イノセントフォームにチェンジして戦います。それでもなお、キュアテンダーは恐るべき相手でした。そして戦いの中、キュアテンダーはクイーンミラージュに命じられるまま、フォーチュンを抹殺しようとしました。それを防いだのは、ラブリーの身を挺した行動でした。その行動は、キュアテンダーに昔のことを思い出させました。かってキュアテンダーも、同じようにいおなを守ったのです。

キュアテンダーの心は、いおなへの思いに揺れ始めます。しかし、クイーンミラージュはキュアテンダーが正気に戻ることを許しません。剣を出現させたキュアテンダーは、フォーチュンに斬りかかります。しかし、その攻撃をフォーチュンは受け止めようとはしませんでした。フォーチュンは、大好きなお姉ちゃんを信じていたのでした。

そして、そんなフォーチュンの思いに、シャイニングメイクドレッサーが反応しました。プリキュアの新たな力が覚醒したのです。その技は、今までの必殺技とは違い、なんと各プリキュアが歌いながら技を発動させるものでした。今回のプリキュアのキャストは、歌唱力のある方が選ばれていましたが、もしかして最初からこの必殺技を使うことを考えてのことだったのでしょうか!?(^^;

こうしてプリキュアの新たな力で、キュアテンダーは浄化されました。そしてブルーも、クイーンミラージュに自分の本当の思いを伝えようとします。しかし、それはディープミラーによって阻止されてしまいました。ブルーの本当の思いに触れて、クイーンミラージュの心も揺らぎます。しかし、ディープミラーはそれを許しません。クイーンミラージュが解放されるには、もう少し時間がかかりそうです。

そして、ついにいおなのところに、大好きなお姉ちゃんが帰ってきました。(;_;)
次回からはハピネスチャージプリキュアも5人になるのかと思いきや、なんとキュアテンダーはアメリカに行ってしまうようです。どうしてそうなるのか気になりますが、次回の放送は1回お休みで、続きが見られるのは再来週になるようです。
ハロウィンに最強の敵が現れるお話でした!

今日はハロウィンのお祭りが行われています。そんな中、誠司はめぐみがブルーに抱きついていたことを思い出して沈んでいます。そんな誠司の気持ちも知らず、めぐみはブルーをハロウィンに誘い出すのでした。

このお祭りでの名物は、パンプキンケーキです。そのケーキを2つに分けて食べると、2人とも幸せな気持ちになれるのです。めぐみは、誠司とケーキを分け合いました。でも、ブルーからもケーキを手渡されているのを見た誠司は、ちょっと複雑な気持ちです。めぐみ自身には、自分がブルーに恋しているという自覚がないのが余計に辛いですね。(^^;

その頃、幻影帝国ではクイーンミラージュがプリキュアの必殺技への対抗手段を持ち出そうとしていました。それに危機感を持ったオレスキーは、ハロウィン会場に現れてサイアークを生み出しました。みんなを守るために、めぐみたちはプリキュアに変身して戦います。

戦いの中、ラブリーはオレスキーの叫びを聞きました。常に一番でありたいと願うオレスキーに、ラブリーは一番になるよりみんなと一緒の方がいいよと訴えます。しかし、オレスキーはそれを聞き入れようとはしませんでした。イノセントフォームにチェンジしたラブリーは、サイアークを封じ込めました。そしてみんなで必殺技を放ってサイアークを浄化しました。

そしてビッグバンの力は、オレスキーも浄化しようとしていました。ところが、その力が何者かに破られました。驚く4人の前に現れたのは、なんとフォーチュンのお姉さん、キュアテンダーでした!!!

大好きなお姉さんが、敵になってしまうというべたな展開ですが、フォーチュンやラブリーたちがテンダーとどう向かい合うのかが楽しみです。・・・とはいえ、今回はかなり作画が残念な感じでした。(^^;
めぐみの誕生パーティーが開かれるお話でした。

ひめたちは、めぐみの誕生パーティーの準備で大忙しです。めぐみは、自分も準備を手伝いたいと言いますが、パーティーの主役が準備を手伝っちゃダメと、手伝わせてくれません。そんな中、海外で働いているめぐみのお父さんが帰ってきました。久しぶりにお父さんに会えて、めぐみは大喜びです。

久々の家族団らんを楽しむめぐみたちでしたが、お母さんの病気を治したいと言うめぐみに、お母さんは今のままでも幸せだといいます。これまでプリカードを集めて、お母さんの病気を治そうと思ってきためぐみは、それを聞いてショックを受けるのでした。

そして翌日、めぐみの誕生パーティーが盛大に祝われました。会場となったひめの屋敷には、大勢の人たちが詰めかけました。パーティーといっても、もっとこぢんまりとしたものを想像していたので、その規模の大きさに驚きました。(^^;

パーティーの中、時折めぐみは浮かない表情をしています。心配した誠司が、声をかけてくれました。誠司に悩みを打ち明けためぐみは、主役が暗い顔をしていたらダメだと気合いを入れるのでした。そんなめぐみを、ブルーが呼び寄せました。ブルーもめぐみの悩みを聞いてくれました。でもブルーは、悩むことは悪くないと言ってくれました。それもめぐみの成長のためには,必要なことだと言ってくれたのでした。そんなブルーの言葉に、思わずめぐみは涙ぐんでしまうのでした。

誠司とブルー、それぞれにめぐみを思いやっているのに、経験と年齢の差が出てしまいましたね。悩めるめぐみを、そのまま受け止めてあげられるブルーは、やっぱり大人だな〜と思いました。でも、そんなブルーの包容力の大きさが、幻影帝国のクイーンミラージュとの戦いの原因になっていそうですが・・・。(^^;

そして、もう1人誕生日を迎えている者がいました。オレスキーです。こちらは、みんなに誕生日を祝ってもらって当然と思っていますが、誰もオレスキーを祝ってくれません。そんな時、盛大な誕生パーティーが行われていることを知ったオレスキーは、会場に乗り込んできました。そして会場のみんなから、サイアークを生み出したのでした。

めぐみたちは、プリキュアに変身して迎え撃ちます。今回のサイアークも強敵でした。プリキュアは苦戦しますが、戦いの中ラブリーはオレスキーも誕生日だということを知りました。そんなオレスキーに、ラブリーは一緒に誕生日を祝おうと手をさしのべました。しかし、オレスキーはその手を払いのけました。どうやらオレスキーは、過去に誰かに裏切られた経験があるようです。

そしてラブリーは、みんなの幸せを純粋に願う気持ちからイノセントフォームの発動に成功しました。その力でサイアークを拘束したラブリーは、みんなで必殺技を放ってサイアークを浄化したのでした。こうして誕生パーティーの会場に平和が戻りました。

これで終わりかと思ったら、めぐみとブルーが抱き合っているところを誠司に目撃されてしまいました。まさかとは思いますが、ブルーに対する嫉妬心から誠司がめぐみたちの敵に回ることもありうるのでしょうか!?
今回は、キュアハニーがイノセントフォームに変身です。そして、ごちそうさまの音のお話です。(^^)

アバンから、いきなりゆうこのお料理教室の始まりです。いつもゆうこが持っている、ハニーキャンディーの作り方を教えてくれました。こういう、アニメを見た子供が親と一緒に作ってみられるような企画っていいですね!

今日も大森ごはんは大忙しです。そこでめぐみたちは、ゆうこの配達のお手伝いをすることになりました。4人で一緒に配達するよりも、4人で別々の方向に配達に行った方がいいような気もしましたが^^;、街の人たちは大森ごはんのお弁当を楽しみにしているのでした。

ある時は、アイディアに詰まった漫画家を救い、またある時は人気モデルさんの健康を考えたお弁当を用意して、お弁当と一緒に幸せな気持ちも運んで来てくれるのでした。そして、空になったお弁当箱の回収もゆうこの仕事の1つです。これも、ゆうこの楽しみです。きれいにお弁当を食べてくれて、空っぽになったお弁当箱の音は、ごちそうさまと言っているようにゆうこには聞こえるのでした。

そして、ゆうこたちは大きなお屋敷へとやって来ました。ここにも、ゆうこはお弁当を届けに来ています。でも、ここのお婆さんはなかなか難しい人で、ゆうこの顔を見るなり、配達が遅い、味付けが濃いなどと文句を言い始めました。ひめはそれに言い返そうとしますが、あっさり撃退されてしまいました。(^^;

でも、そんな口の悪いお婆さんも、ゆうこにとっては大切なお客さんです。大きな屋敷にインコと一緒に暮らしているお婆さんは、実はゆうこがお弁当を届けてくれるのを楽しみにしていたのでした。そこに、幸せのにおいを嗅ぎつけたホッシーワが現れました。ホッシーワは、お婆さんとインコからサイアークを生み出しました。

めぐみたちは、プリキュアに変身して戦います。しかし、サイアークの超音波攻撃と素早さに翻弄されるのでした。そこに歌うプリキュア・キュアハニーが援護に入ります。キュアハニーの歌で、みんな和んだところに、ハニーの食べ物への感謝の気持ちがみなぎりました。そして、そんなキュアハニーの思いに答えて、シャイニングメイクドレッサーが反応しました。

こうしてキュアハニーは、イノセントフォームへとチェンジしたのでした。その攻撃でサイアークの動きを封じた後は、みんなで必殺技を放ちます。こうして、サイアークは無事に浄化されました。幹部のホッシーワは、キュアハニーの言葉に、少しは心を動かされているようです。お菓子とご飯という違いはありますが、ホッシーワとキュアハニーの食べ物に対する思いは、どこか通じるものがあるのかもしれませんね。

そして、ゆうこは無事にお弁当を届けることができました。お婆さんは、相変わらず手厳しいことを言っていますが、インコの言葉でめぐみたちはその本当の思いを知りました。1人で食べるより、みんなで食べた方がもっとおいしいと、ゆうこはお婆さんにお店に来てくれるように頼むのでした。

というわけで、安定のゆうこメインなお話でした。食べ物に対する思いがぶれないですし、4人の中では一番潜在力が高そうな感じだったので、あっさりとキュアハニーはイノセントフォームにチェンジできましたね。
空になったお弁当箱に、「ごちそうさまの音」は名言だと思います。(^^)
キュアプリンセスのイノセントフォームが発動するお話でした!

めぐみたちの学校は、文化祭の準備で大忙しです。以前は料理が苦手だったひめですが、今では野菜を切ったりすることはできるようになりました。ひめにとって、これが初めての文化祭です。うれしくて仕方がないひめは、みんなのお手伝いをしたいと思いました。しかし、料理はゆうこがいれば大丈夫ですし、めぐみがやっているような大工仕事はひめにはできません。そして、いおなの占いの手伝いもできません。

みんなの役に立ちたいのに、誰もひめを必要としてくれません。そんな時、生徒会長がひめに声をかけてくれました。学校中に文化祭のポスターを貼るのを手伝って欲しいというのです。ひめは喜んで、それを手伝ったのでした。なんと生徒会長は、学校中の生徒を覚えていました。そしてひめのことも、生徒会長は知っていました。
ひめがやる気を持て余していることを知った生徒会長は、ひめにお手伝いを頼んでくれたのでした。

そんな生徒会長は、校内の女子にもかなり人気がありました。ひめが生徒会長と一緒なのを見て、めぐみたちはひめを冷やかしました。でも、ひめの理想はあくまで白馬に乗った王子様だったのでした。(^^;

そして、めぐみたちが作っていた文化祭のゲートが完成しました。しかし、それはとても地味で華やかさに欠けるものでした。そこでめぐみは、ひめに頼んでゲートをきれいに飾り付けました。そのおかげで、ゲートはとっても華やかなものになったのでした。

こうして、ついに文化祭当日がやって来ました。ところがそこに、ナマケルダが現れました。ナマケルダは、生徒会長からサイアークを生み出しました。みんなが一生懸命に準備した文化祭を守るために、ひめはプリキュアに変身して戦います。

昔のプリンセスは、相手がちょっと強いと逃げ出していました。でも今のプリンセスは違います。守りたいものを守るために、1人でも戦い続けます。そんなプリンセスの援護に、ラブリーたちも駆けつけました。しかし、サイアークはなかなかの強敵です。強烈なスピンで、プリキュアたちを弾き飛ばしてしまいます。そんな中でも、プリンセスは一歩も引きませんでした。そして、その強い思いがプリンセスのイノセントフォームを発動させたのでした。

フォーチュンのイノセントフォームもそうでしたが、プリンセスのイノセントフォームもパワーアップはするけれど、単独で敵を倒してしまうものではありませんでした。敵の動きを封じて、最後はみんなそろって必殺技を放ちました。それでサイアークは浄化されて、平穏な文化祭に戻りました。

というわけで、プリンセスのイノセントフォーム発動のお話でした。ひめがメインだと、物語がいつもより生き生きとしていますね。次回は、キュアハニーのイノセントフォームが発動するみたいです。
いおなに続いて、めぐみもイノセントフォームを発動させるのかと思いきや・・・。(^^;

いおながイノセントフォームに変身したことで、めぐみはとってもうらやましがっています。自分もイノセントフォームを発動したいと思いますが、どうしたらいいのかわかりません。何かに純粋に打ち込むことが必要だと考えためぐみは、人助けをすることにしたのでした。

そんな時めぐみは、河原でロケットを打ち上げようとしている女の子と出会いました。深大寺まみさんというその女性は、将来ロケット開発に関わりたいと思っていたのでした。そのために、自力でロケットを作ろうとしているのでした。しかし、今回もロケットの発射に失敗してしまいました。めぐみは、そんなまみさんの力になりたいと思うのでした。

強引にまみさんにお手伝いがしたいと頼み込んだめぐみは、まみさんの準備を手伝うことにしました。そんなめぐみに、まみさんは1本のネジを見せてくれました。それは彼女のおじいさんが作ったネジでした。そのネジは、実際に宇宙に飛んだロケットの部品となったのです。おじいさんのように、自分も宇宙に飛んでいくものを作りたい。それがまみさんの夢なのでした。

そして、めぐみは早速お手伝いを始めました。しかし、まみさんに工具を取ってくれと言われても、工具の名前が全くわかりません。・・・というか、あれだけの工具を置ける場所があるなら、まみさんはその側で作業をした方が効率がいいんじゃないかと思いました。(^^;

さらにめぐみの失敗は続きます。まみさんに断りなく、まみさんの汚れた白衣を洗濯してしまったのです。それはまみさんが、ロケットがちゃんと飛ぶまでは洗わないと願掛けしていた白衣でした。謝るめぐみをまみさんは許してくれましたが、めぐみは激しく落ち込むのでした。

そんなめぐみに、誠司がアドバイスをしてくれました。誰かがただ応援してくれるだけでも、応援されている人は心強いものだと。それを聞いて元気を取り戻しためぐみは、まみさんのためにクッキーを焼いたのでした。

そして、新しいロケットの発射テストが行われる日が来ました。ところが、そこにオレスキーが現れました。オレスキーは、まみさんからサイアークを生み出すのでした。それを知っためぐみは、まみさんを助けるためにプリキュアに変身するのでした。

今日のラブリーは、いつもより気合いが入っていました。襲いかかるチョイアークは、ラブリーに粉砕されました。しかし、オレスキーは何段階にもわけた攻撃で、ラブリーを追い詰めます。なんとかチョイアークは倒したものの、疲れ切ったラブリーはサイアークに苦戦するのでした。

そこへプリンセスたちが到着しました。そして、いきなりフォーチュンがイノセントフォームを発動しました。めぐみメインだったので、今回はラブリーがイノセントフォームにチェンジするのかと思っていたら、まさかのフェイントでした。(^^;

こうしてプリキュアは、フォーチュンのイノセントフォームからの攻撃でサイアークの動きを止めて、必殺技でサイアークを浄化したのでした。そして、まみさんはロケットの実験を始めました。カウントダウンが終わった後、ロケットは見事に空へと上がりました。こうして、まみさんは自分の夢を一歩実現させたのでした。

というわけで、今回はラブリーはイノセントフォームにチェンジできませんでした。(^^;
ところで、まみさんはけっこう大きなロケットを河原で打ち上げていましたが、あんな町中でロケットを打ち上げて大丈夫なんでしょうか!?
いおなが色気づくお話でした。(^^;

このところいおなは、以前に比べて笑顔も増えて、急速に可愛くなりました。そして、そんないおなに前から目をつけていた男の子がいたのでした。海道裕哉は誠司にそのことを話しました。そして海道は、いきなりいおなに告白したのでした。いきなり告白されて、いおなは戸惑いますが、めぐみたちは思い切り食いついてます。(^^;

そしてめぐみたちに勧められて、いおなは海道とデートすることになったのでした。でも1人だけだと不安なので、めぐみたちも同行します。デート先は、定番の動物園です。めぐみたちは気を利かせて、いおなと海道を2人きりにしてくれました。

海道はなかなかさわやか系のイケメンでした。そんな彼に、次第にいおなは心を開いていきます。そして、そんないおなの笑顔を見られることが、海道にはうれしいのでした。しかし、自分の思いを伝えようと焦った海道から、思わずいおなは逃げ出してしまいました。

そこへナマケルダが現れました。ナマケルダは、過去に恋愛で苦い経験があるんでしょうか!?(^^;
ナマケルダは、恋愛の苦しさを海道に吹き込みます。そして海道から、サイアークを生み出しました。それを知ったいおなは、海道を救うためにプリキュアに変身しました。もちろん、めぐみたちもそれに加勢します。

海道のいおなに対する思いが強かったからか、今回のサイアークはなかなか強敵でした。しかし、フォーチュンはどうしても海道を助けたいと願いました。その思いにシャイニングメイクドレッサーがこたえます!
こうしてプリキュアの新たな力、イノセントフォームが発動しました。この力、みんなに作用するのかと思ったら、発動したのはフォーチュンだけでした。

その力を使って、フォーチュンはサイアークを宝石の中に閉じ込めました。そして最後はみんなで力を合わせて、サイアークを浄化しました。こうしてプリキュアは、無事に海道を助け出したのでした。

いおなは海道に逃げ出してしまったことを謝りました。そして海道も、いおなに無理に気持ちを押しつけようとしたことを謝りました。まだ、いおなの気持ちは決まっていません。でも、いおなの気持ちが決まるまで待つと、海道は約束してくれたのでした。

というわけで、新コスチュームのイノセントフォームのお披露目でした。(^^;
いおなと海道は、なかなかお似合いのカップルに見えました。幻影帝国との戦いが終わったら、2人は彼氏彼女な間柄になるかもしれませんね。
119ラージピース ハピネスチャージプリキュア!  キュアハニー 119-L03ゆうことファントムが急接近!!! そして、ゆうこの元彼の正体も明らかになります!

みんなとの絆を再確認できて、めぐみはデレまくってます。そして、強力な力・シャイニングメイクドレッサーもこれからのプリキュアの大きな力になりそうです。そんな中、心配なことが1つ。
なんとめぐみたちは、傷ついたファントムを拾ってきていたのでした!(^^;

そんなファントムと、ゆうこが急接近です。ナースのコスプレをして、ゆうこはファントムに迫ります。敵と味方の禁断の愛が発動かと思いましたが、まだそこまでの関係ではないようです。ファントムは、敵を看病するゆうこの甘さを指摘しました。しかし、ゆうこは傷ついた者を放置しておくことなどできなかったのです。

そして、ゆうこの元彼の正体が明かされました。まだ幼い時に、ゆうこはその彼と出会いました。最初はそっけない態度だった彼でしたが、事故に遭った時にお見舞いを持って行ったことから、ゆうこと彼の関係は急速に深まりました。そして、ゆうこと彼は一緒に暮らすようになったのです。

どんな彼氏かと思いきや、人間じゃなくて犬でした。(^^;
残念ながら、その犬は数年前に亡くなってしまいましたが、ゆうこは今でも彼のことを好きなのでした。

そんな中、クイーンミラージュの命を受けて、オレスキーがファントムを取り返しにやって来ました。でも、ブルーの屋敷に乗り込むのではなく、外で騒ぎを起こしてその間にファントムを奪取する計画です。めぐみたちは、その作戦に気がつきましたが、あえてオレスキーの誘いに乗ったのでした。

めぐみたちは、プリキュアに変身して戦います。でも、たくさんのチョイアークに苦戦するのでした。そんな中、ファントムは屋敷から逃げ出しました。そんなファントムに、ブルーは伝言を頼みました。ブルーは、クイーンミラージュに伝えたいことがあったのでした。そして去り際にファントムは、ゆうこにおかゆのお礼を言いました。ファントムは、意外と礼儀正しいやつだったのでした。(^^;

ファントムの言葉に、ゆうこはうれしくなりました。プリキュアに変身してラブリーたちのところに駆けつけたハニーは、久々のごはんの歌でみんなを癒やします。そしてシャイニングメイクドレッサーを使った必殺技で、プリキュアはサイアークを浄化したのでした。

今はまだ素直になれないファントムですが、この先わかり合うこともできそうですね。そしてブルーとクイーンミラージュも、理解し合うことができそうな気がしました。

というわけで、今回はゆうこの魅力が爆発したお話でした。ナース・コスでファントムを誘惑して、元彼の正体も判明。得意の歌も披露して、これでもかと言わんばかりのハニー祭りでした!(^^;
ファントム女装!?(^^; そして、新アイテム・シャイニングメイクドレッサーの発動です!

新たなアイテム、シャイニングメイクドレッサーを手に入れためぐみたち。でも、その力を発動させるのは、簡単ではないようです。かって神様ブルーは、ミラージュと共にその力を使ったことがありました。なんと今は敵となったクイーンミラージュですが、かっては彼女もプリキュア・キュアミラージュだったのです!!!

いつも情報を小出しにするブルーですが^^;、ミラージュもプリキュアだったという設定には驚きました。ハピネスチャージプリキュアは、暗黒面に落ちたプリキュアとプリキュアが戦う物語だったのですね。似たような設定の作品があったな〜と思ったら、「新白雪姫伝説プリーティア」でした。

ミラージュと戦うことを決意して、ブルーは落ち込んでいます。そんなブルーを、めぐみは励まそうとするのでした。そんな2人の前に、ファントムが現れました。ファントムはクイーンミラージュの命を受けて、ブルーを倒すためにやって来たのでした。

ブルーを守るために、めぐみはプリキュアに変身して戦います。少し前まで、全くファントムに手も足も出なかったラブリーでしたが、今では何とか互角に戦えるところまで成長しました。強化合宿の成果でしょうか!?(^^;
ラブリーが予想外に強くなっていることを知ったファントムは、ミラージュから授かった力を使うことに決めました。それはラブリーの影から、もう1人のラブリーを作り出す力でした。

単純に影をラブリーにするだけかと思ったら、なんとファントムはその影を身にまといました。そしてファントムは、アンラブリーへと変貌したのでした。・・・これも一種の女装でしょうか!?(^^;
ラブリーの影から生まれただけあって、アンラブリーはラブリーのことを知り尽くしていました。病弱なお母さんを助けたくて、お手伝いをするようになったこと。ありがとうといってもらえることがうれしくて、ますますお手伝いをするようになったこと。

勉強もできず、失敗も多く、将来の具体的な夢も持っていないラブリーは、本質的には弱いとアンラブリーは断言しました。そんなアンラブリーの言葉に、ラブリーは追い詰められていくのでした。そしてラブリーが動けなくなったところへ、プリンセスたちが到着しました。落ち込むラブリーに、プリンセスは気合いを入れました。いつも前に突き進むラブリーがいたからこそ、自分たちも進むことができるのだとプリンセスやハニー、フォーチュンが言ってくれました。その言葉に、ようやくラブリーは自分を取り戻すのでした。

4人の友情パワーが高まった時、シャイニングメイクドレッサーが発動しました。このアイテム、なんとプリキュアのお化粧道具でした。厚化粧になったプリキュアは、4人の合体技を発動しました。その力はファントムに破壊された町を再生させて、ファントムをはじき飛ばすだけのパワーがありました。

これでファントムは消滅したのかと思ったら、はじき飛ばされて気を失っただけで生きていました。次回はそんなファントムとゆうこがラブラブ(?)になるお話みたいです。
食玩 ハピネスチャージプリキュア! キューティーフィギュア キュアラブリー 単品新アイテム、シャイニングメイクドレッサーの登場です! そしてブルーとクリーンミラージュの過去も明かされます!

幻影帝国との戦いを終わらせるために、ブルーはアクシアの真の力を解放することを決めました。この力を使えば、プリキュアはさらにパワーアップすることができるのです。しかし、クイーンミラージュを倒すことは、ブルーにとってとてもつらいことでした。めぐみは、そんなブルーの気持ちを察したのでした。

ひめたちがパワーアップを望む中、めぐみはそれに反対しました。アクシアの力を使ってみんなが幸せになっても、ブルーが不幸なまま取り残されたら意味がないと思ったからです。これにいおなは反発します。いおなは1日も早く、大好きなお姉さんを解放したいと思っていたからです。

とはいえ、いおなもブルーの不幸を望んでいるわけではありません。ただ、みんなそろって幸せになることの難しさを知っていたのでした。しかし、そこはきっちりゆうこがフォローしてくれました。4人になったハピネスチャージプリキュアですが、いい感じで役割分担ができてきましたね。

そして、ついにブルーとクイーンミラージュの過去が明かされました。300年くらい前に、ブルーは神社の巫女だったクイーンミラージュと出会いました。そして、いつしかクイーンミラージュはブルーのことを慕うようになっていったのでした。しかし、自分は地球の神だと自覚するブルーは、その気持ちに応えることができませんでした。その悲しみが、クイーンミラージュを生み出したのでした。

とはいえ、クイーンミラージュはディープミラーという真の敵に操られているだけみたいです。その呪縛さえ解き放てば、意外とあっさりクイーンミラージュは正気に戻りそうな気がします。

そして、ついにブルーはアクシアの力を解き放つことを決めました。それには、ブルースカイ王国の王族であるひめの踊りが必要なのでした。それを知ったクイーンミラージュは、それを阻止するために3人の幹部を送り込みました。そしてアクシア解放の儀式が続く中、プリキュアと3幹部の戦いが始まったのでした。

これまで直接戦いに加わることがなかった3幹部ですが、幹部だけあってその力は強力でした。その攻撃の前に、ラブリーたちは苦戦を強いられるのでした。しかし、ここでアクシアの力が解放されました。シャイニングメイクドレッサーとなったアクシアは、その力で3幹部の動きを封じました。そこへすかさず、フォーチュンが必殺技を放ちます。

これで3幹部も浄化されるかと思いきや、ディープミラーの力で3幹部は元に戻ってしまいました。やはり悪の大本を叩かなければ、真の平和は訪れないようです。とはいえ、プリキュアはシャイニングメイクドレッサーという新たな力を手にしました。このアイテムには、いったいどんな力があるのでしょうか!?
ハワイのプリキュア、アロ~ハプリキュアの登場です!

いきなりハワイが舞台かと思えば、なぜかフランス。そこではフランスのプリキュア、メルシィプリキュアが苦戦していました。そこに現れたのは、キュアハニーでした。久々にご飯の歌を歌いながら現れたキュアハニーは、ヒーリング能力でメルシィプリキュアを援護します。そのおかげで、メルシィプリキュアはサイアークを倒すことができたのでした。

めぐみたちの知らない間に、ゆうこは海外に出かけて他のプリキュアを助けていたのでした。助けたついでに、海外のおいしいものが食べられるというメリットもあり、ゆうこは喜んで海外で活動していたのでした。でも、それを知らなかっためぐみたちは、ゆうこが遠くへ行ってしまうようでちょっと寂しそうです。

そんな時、ハワイから助けを求めて妖精が現れました。アロ~ハプリキュアのピンチを知らせるために、妖精アロアロがブルーのところへとやって来たのでした。そこでブルーは、ゆうこに出動をお願いしました。しかし、そんなゆうこに、めぐみたちも同行することにしたのでした。

常夏の国ハワイに到着と思いきや、なぜかそこは氷づけの世界でした。アロ~ハプリキュアがマダム・モメールに負け続けたために、ハワイは氷の世界へと変えられてしまったのです。そこで戦っていたのが、アロ~ハプリキュアでした。お姉さんのオハナと妹のオリナがチームで戦っているのですが、猪突猛進なオハナと慎重なオリナはことごとく対立して連携した攻撃ができません。

そんな2人に、ゆうこがアドバイスします。やり方は違っても、ハワイを守りたいという2人の気持ちは同じでした。そこへ再び幻影帝国が現れました。オハナとオリナはプリキュアに変身して、それを迎え撃ちます。ここでキュアサンセットとキュアウェーブの変身シーンが挿入されたのには驚きました。ゲストキャラなのに優遇されていますね。(^^;

サンセットとウェーブは必死で戦いますが、敵の数が多くて苦戦します。そこでめぐみたちも変身して加勢します。いつの間にか実力を上げていたラブリーたちは、たくさんの敵を粉砕します。そしてハニーのヒーリング能力で復活したアロ~ハプリキュアは、必殺技を放ってサイアークを浄化しました。そして2人が戦いに勝ったことで、ハワイは常夏の国へと戻ったのでした。

そして戦いの後は、ご飯です!(^^;
みんなで仲良く、ロコモコを食べています。その頃、ブルーはアクシアを手に1人深刻な表情をしていました。
次回あたり新アイテムが登場しそうな雰囲気ですね。
三角関係発生! ハピネスチャージプリキュア、解散の危機!?(^^;

めぐみたちは、ひめの家に集まって夏休みの宿題をやっています。しかし、その間にもひめは誠司のことが気になって仕方ありません。でも、誠司はめぐみのことが好き。そしてめぐみは、神様のことが気になっているようです。自分の心に整理がつけられなくて、ひめは悩むのでした。

そんなひめにアドバイスをくれたのは、ゆうこでした。なんとゆうこは、過去に好きな人がいたのでした。その人は別の人が好きで、結局その人と一緒になったのですが、それでもゆうこは満足でした。好きになった相手が幸せならば、それが一番うれしいと思っていたのです。

いつもご飯のことしか考えてないようなゆうこですが^^;、意外と壮絶な人生を歩んでいるのかもしれませんね。それにしても気になるのは、ゆうこが好きになった人って、どんな人だったんでしょうか!?
いつか、それがわかるエピソードがあるとうれしいです。

そして、誠司もまためぐみのことで悩んでいました。めぐみがブルーに惹かれていることを知った誠司は、ブルーを外に連れ出して、その気持ちを確かめました。2人が家にいないことを知ったひめの、対決妄想が笑えました。(^^;

ブルーは神様なので、誰かを特別に大切に思うのではなく、みんなのことを大切に思っていたのでした。しかし、そんなブルーにもかって誰よりも大切な女性がいました。それが物語の核心の気がしますが、それが明かされるのはもっと先のことでしょうね。

思い悩む誠司の前に、ナマケルダが現れました。誠司から恋のにおいを嗅ぎ取ったナマケルダは、誠司からサイアークを生み出したのでした。それを知ったひめは、プリキュアに変身して戦います。しかし、誠司から生まれたサイアークは、なかなかハイスペックで強敵でした。プリンセスが苦戦しているところに、ラブリーたちが駆けつけてきました。

誠司をサイアークにされて、ラブリーはいつも以上に戦いに気合いが入っています。そんなラブリーを見て、プリンセスもまた気合いが入るのでした。こうしてラブリーとプリンセスは、力を合わせてサイアークと戦いました。そして、無事にサイアークを浄化することができたのでした。

戦いを終えて、めぐみと誠司が仲良く連れ添って歩いています。それを見てひめは、2人が幸せでよかったと心から思えたのでした。そしてひめは、ゆうこが言っていた、好きな人が幸せなら満足という言葉の意味を理解したのでした。

ここでゆうこから突っ込みが入ります。ひめは本当に誠司に恋していたのではなく、危機的状況にある男女がドキドキした気持ちを恋愛だと錯覚することがある「吊り橋効果」だったのではないかと指摘しました。
そう言われてみれば、ひめは誠司のことを考えてもドキドキしません。こうしてプリキュア解散の危機、三角関係はあっけなく解消されたのでした。(^^;

次回はプリキュアがハワイに遠征するようです。アロハ〜プリキュアという新プリキュアも登場するようですし、かなりとんでもなお話になりそうで楽しみです。(^^;
ハピネスチャージプリキュア!ボーカルアルバム1ひめの誠司へのフラグが強化されるお話でした。(^^;

プリキュア合宿を終えて、めぐみたちは帰宅することになりました。ブルーは鏡の力で帰還しましたが、めぐみたちは「家に着くまでが合宿!」ということで、電車で帰宅することになりました。さすがに合宿で疲れたのか、電車ではみんな眠り込んでしまいました。そんな中、ひめは誠司がめぐみの寝顔を見ていることに気がつきました。

誠司を冷やかしていたひめでしたが、はしゃぎすぎたのかのどが渇いてしまいました。そこで小さな駅に停車した時に、誠司と一緒に飲み物の調達に出かけました。ところが、なぜか自動販売機の当たりが連発しました。それに気をとられている間に、ひめと誠司は電車に乗り遅れてしまったのでした。

でも、プリキュアに変身すれば大丈夫と思いきや、ひめはプリチェンミラーを電車に置き忘れていました。そして誠司も、携帯電話を電車に置き忘れたのでした。それなら、公衆電話を探してみんなに連絡しようとしますが、田舎の駅には公衆電話さえ見つからないのでした。そこでひめと誠司は、電話を探し歩くことになったのでした。

ところが、電話探しの途中で転んだひめの捻挫が悪化してしまいました。そこでひめは、誠司におんぶされることになったのでした。そこへホッシーワが、青春の甘酸っぱいにおいを嗅ぎつけて、襲いかかってきました。プリチェンミラーのないひめは変身することもできず、絶体絶命のピンチです!

この危機に、誠司はひめを守って空手で戦います。しかし、多勢に無勢で、誠司は苦戦するのでした。そこへようやく、ひめと誠司を探していたラブリーたちが合流してくれました。ハニーの力でひめの捻挫も完治して、ひめはプリキュアに変身して戦います。

今回のサイアークは、意外と強敵でした。しかし、誠司をボロボロにされたことで、いつになくプリンセスは怒っていました。そしてプリンセスは、怒りのパワーでサイアークを浄化したのでした。

そして、めぐみたちは再びみんなで自宅に向かいます。でも、誠司に守られたことで、ひめは恋愛対象として誠司を意識してしまいました。でも、誠司が好きなのはめぐみです。この恋の行方はどうなるのでしょうか!?

というわけで、けっこういい展開なのですが、残念ながら来週の放送ははお休みです。
食玩 ハピネスチャージプリキュア!マスコット2 キュアフォーチュン単品強化合宿2日目。あちこちでフラグが立ちまくってます!(^^;

熱を出しためぐみは、ブルーに看病されることになりました。大人な雰囲気のブルーに、めぐみはドキドキです。そしてめぐみがブルーにドキドキしているのを見て、誠司は複雑な心境です。そんな中、めぐみの友人たちがコテージにやって来ました。美形なブルーを見て、みんなドキドキです。でも、そんなみんなをいおなが仕切って、みんなを特訓にかり出したのでした。

誠司はめぐみのことが気になりますが、ブルーのことを意識してしまってぎくしゃくしています。そんな中、同級生のりんは、誠司に誰か好きな人がいないか気になっていました。頭もよくてスポーツマン、その上やさしい誠司にりんは恋していたのでした。

ゆうこはこんな状況の中で、誠司がめぐみにモヤモヤしていることに気づいていました。でも、ひめは恋愛関係はさっぱりのようです。りんに呼び出されて、誠司が誰を好きなのか聞かれましたが、鈍感なひめにそんなことがわかるはずがありません。・・・完璧に人選を間違えましたね。(^^; というか、りんは普段あれだけ誠司はめぐみにべったりなのに、どうして誠司がめぐみが好きだと気がつかなかったのやら。(笑)

特訓を終えたひめたちは、バーベキューを始めました。その匂いにつられて、めぐみも元気になりました。そんなめぐみのために、誠司は貝を捕ってきてやろうとしました。それを見たひめは、誠司にイタズラしてやろうと思いつきました。早速人魚姫になったひめでしたが、魚にちょっかいを出されておぼれてしまいました。そこを誠司に助けられました。助けてくれた誠司に、ひめはドキドキです。これはプリキュア内での三角関係に発展するのでしょうか。(^^;

そこへ恋のにおいをかぎつけたナマケルダが現れました。ナマケルダはりんからサイアークを生み出しました。めぐみたちは、プリキュアに変身して戦うのでした。でも、さすがのラブリーも病み上がりで不調です。でも、その分は他の仲間がカバーして、無事にサイアークを浄化できました。

その後のキャンプファイヤーの途中で、りんは誠司に自分の気持ちを打ち明けました。りんから誰か好きな人がいるのかと聞かれて、誠司は動揺してしまいました。そんな誠司を見て好きな人がいることを知ったりんは、潔く引き下がったのでした。

今回の教訓。むやみに女性に優しくするのはやめましょう!(^^;
誠司もブルーも、本人たちに自覚がないだけにたちが悪いですね。きっとブルーも、それが原因でクイーンミラージュを怒らせちゃったんでしょうねえ。
ハピネスチャージプリキュア!キューティーフィギュア2 10個入 BOX (食玩・清涼菓子)いおなの提案で、プリキュア強化合宿が行われるお話でした。

ひめといおなが仲良くなったと思ったら、いきなりいおながプリキュアをもっと強くするために合宿すると言い出しました。そこで、みんなそろっていおなの道場が合宿で利用する海辺のコテージで強化合宿が行われることになりました。強化合宿には、神様ブルーと誠司も一緒です。

コテージにやって来ためぐみたちは、さっそく合宿の開始です。・・・とその前に、ブルーがいおなにプリキュアの掟を教えました。しかし、いおなは誰かを守ろうとする力だってあるはずだと、恋愛禁止という掟を受け入れませんでした。

そして、いよいよ特訓の開始です。めぐみたちは、リゾート気分で浮かれていましたが、それをいおなが一喝。さぞ厳しい特訓が始まるのかと思いきや、ひめはドッチボールを使ってプリンセスボールの練習、ゆうこはリボンを使ってハニースパイラルの練習、めぐみはラブリービームのポーズの練習、そしていおなはタンバリンの練習でした。(^^;

その頃、幻影帝国もオレスキーの提案で特訓にやって来ていました。でもホッシーワとナマケルダは、全くやる気がありません。それでもオレスキーは、1人でも気合いを入れてがんばっています。そんなオレスキーとめぐみたちが遭遇したのでした。

特訓の成果をみせる時と、めぐみたちはプリキュアに変身して戦います。連係攻撃の練習は全くしてなかったはずなのに、なぜか4人の攻撃はうまく連携しています。そして、プリンセスのプリンセスボールも仲間との連係攻撃で初めて役に立ちました。最後はフォーチュンが必殺技を決めて、見事に特訓の成果をみせたのでした。

これで終わりかと思いきや、いきなりめぐみ、ブルー、誠司の三角関係ができあがりました!
このところ誠司は背景というか空気な存在でしたが、やっぱりめぐみのことを好きだったりするんでしょうか。
というわけで、泥沼な予感の合宿2日目に続きます。(^^;
ハピネスチャージプリキュア! フォーチュンピアノひめといおなが、一緒にお買い物に出かけるお話でした。今週も新アイテム・フォーチュンピアノの販促に力が入っています。(^^;

突然プリキュアの前に現れたクイーン・ミラージュ。クイーン・ミラージュは、ファントムが勝手にぴかりが丘に出かけたことに腹を立てていたのでした。怒りのままに攻撃してきたクイーン・ミラージュの前に、神様ブルーが現れました。ブルーとクイーン・ミラージュは、昔からの知り合いだったのでした。彼らの間に、いったい何があったのでしょうか!?

クイーン・ミラージュは、ブルーもろとも全てを破壊しようとします。めぐみたちは、ブルーの力で危機一髪でぴかりが丘へと帰ってくることができたのでした。

ファントムとの戦闘中に、和解したひめといおなでしたが、何となくまだぎくしゃくしています。めぐみは、いおなもハピネスチャージプリキュアの仲間になって欲しいと頼みますが、いおなは自分が入るとチームワークを壊してしまうからと断ります。そんな中、みんなが仲良くなったお祝いに、パーティーを開くことになりました。でも、そのための食材が足りません。そこで、いおなとひめが買い物に行くことになるのでした。

最初はぎこちなかった2人ですが、買い物の間に少しずつ仲良くなることができました。ひめがいつも行っていろお店は、いい食材がそろっているけれどお値段が高いものばかりです。そこで、いおなは自分が知っているお買い得なお店へとひめを連れて行きました。いおなはケチ・・・もとい^^;節約家だったのでした。

買い物の途中で、ひめはプリキュアのお菓子を見つけました。でも、いおなはお菓子は買わないとそっけない態度です。そんないおなに、思わずひめはケチと言ってしまうのでした。それに衝撃を受けたいおなは、1つだけという条件付きで、お菓子を買ってくれました。いおなとひめの会話は、お母さんと子供のやりとりみたいですね。

買い物を終えたいおなは、ひめにアクシアを開けてしまった理由を尋ねました。なんとひめは、アクシアからの呼びかけにこたえてふたを開けてしまったのでした。それを聞いたいおなは、詳しく事情も聞かずに一方的にひめを責めていた自分を恥じるのでした。そしていおなは、ようやくひめがずっと罪悪感に苦しんでいたことに気がついたのでした。

そんな時、ホッシーワが現れて、街をお菓子だらけにし始めました。いおなはプリキュアに変身して戦います。しかし、サイアークは1体だけでなく、2体いたのです。パワーのある大きなサイアークと、すばしっこい小さなサイアークの連係攻撃にフォーチュンは苦戦するのでした。それを助けたのは、キュアプリンセスでした。2人が連携して戦ったことで、無事にサイアークは浄化されました。・・・そして、全てが終わった後にラブリーとハニーが駆けつけてきたのが笑えました。

そして、あらためてめぐみは一緒に戦おうといおなを誘いました。その誘いに、今度はいおなも応じました。こうしてハピネスチャージプリキュアは、3人から4人になったのでした。

というわけで、いおなとひめの初めてのお使いでした。(^^;
今までさんざんいがみ合っていただけに、2人でのお出かけはなんだか初々しくてよかったです。節約家という、いおなの意外な一面が見えたのも楽しかったです。
守りたいものがあるとき、プリキュアはより強くなるっ!

プリキュアの墓場へ引き込まれたキュアフォーチュンは、そこでファントムと戦っていました。しかし、ファントムの力は圧倒的です。次第にフォーチュンは追い込まれていくのでした。そんな中、フォーチュンはそこに自分の姉・キュアテンダーがいるのに気づきました。ファントムに破れたキュアテンダーは、ずっとプリキュアの墓場に封印されていたのでした。

その頃、ラブリーたちはようやく大量のサイアークを浄化し終えていました。そんな時、ぐらさんがラブリーたちの元へとやって来ました。フォーチュンが消えてしまったというのです。ラブリーたちは、みんなでフォーチュンを探します。しかし、どこにもフォーチュンは見つかりません。しかし、それでもプリンセスはフォーチュンを探すのをあきらめません。プリンセスには、フォーチュンに言わなければならないことがあったからです。

ブルーもフォーチュンを探すのを手伝ってくれましたが、それでもフォーチュンは見つかりません。そしてブルーは、フォーチュンがプリキュアの墓場にいるのではないかと気がつきました。プリキュアの墓場へと通じる鏡はありません。しかし、どうしてもプリンセスたちはそこに行かなければならないのです。

追い込まれたフォーチュンは、ファントムの攻撃を受けて変身が解除されてしまいました。ファントムは、いおなの目の前でプリチェンカードを焼き払いました。これではもう、いおなはプリキュアになることができません。そしてお姉さんを助けることも・・・。いおなが絶望した時、ラブリーたちがプリキュアの墓場へと現れました。

そして、ついにプリンセスはいおなに謝りました。そして、これまでに集めたカードを、プリンセスはいおなに差し出したのでした。プリンセスに謝られて、ようやくいおなはプリンセスは悪くないことを認めました。本当に悪いのは、幻影帝国なのです。そして、そもそもキュアテンダーがファントムに敗れたのは、ファントムの攻撃からいおなを救うためだったのです。

カードをコンプリートしたいおなは考えました。このカードを使って願うことは、お姉さんを助けること。それとも、幻影帝国を世界から消してしまうこと。・・・しかし、そのどれも違うといおなは気がつきました。そしていおなが願ったのは、再びプリキュアになることです!

こうしていおなは、新たなプリチェンカードを手に入れて、新たなキュアフォーチュンとしてよみがえったのです。以前のフォーチュンは、ファントムへの憎しみだけで戦っていました。しかし、今のフォーチュンはみんなを守りたいという、大きな気持ちで戦っています。

復活したフォーチュンの力は圧倒的でした。守るべきものをみつけて、より大きな力をフォーチュンは手に入れたのです。そしてフォーチュンは、ファントムに絶大なダメージを与えました。しかし、ファントムを倒すには至りませんでした。それでもまだ、ファントムは戦意を失っていません。そんな時、幻影帝国のミラージュがついに姿を見せました。この戦いは、どうなるのでしょうか!?

今回は、ついにプリンセスとフォーチュンが和解しました。なんだかこのままミラージュを倒してしまいそうな勢いですが^^;、そう簡単には決着がつかないんでしょうね。
プリキュアハンターが、再びぴかりが丘に現れるお話でした。

逃げ出したひめは、部屋に閉じこもっています。ゆうこがそんなひめに声をかけますが、ひめは部屋から出てこようとはしません。一方、いおなもまためぐみの言葉を聞き入れませんでした。いおなは、どうしてもひめを許すことができなかったのでした。

ひめを部屋から出すため、ゆうこはおいしそうなクリームシチューを作りました。そのにおいに誘われて、ひめは部屋から出てきてしまうのでした。しかし、ひめはめぐみの姿を見ると、また逃げ出してしまいました。そんなひめを、めぐみは追いかけました。そして何があっても、ひめは大切な友達だとめぐみは伝えたのでした。そんなめぐみの言葉に、ようやくひめは逃げるのをやめたのでした。

そしてひめは、いおなのところに行くことを承諾しました。その時、プリキュアハンター・ファントムが再びぴかりが丘に現れました。ファントムは、大量のサイアークを作り出しました。街を守るため、めぐみたちはプリキュアに変身して戦うのでした。しかし、さすがのプリキュアも大量のサイアークに苦戦しています。

その頃、キュアフォーチュンもサイアークと戦っていました。そんなフォーチュンの前に、ファントムが現れました。ファントムと戦っていたフォーチュンは、ファントムにプリキュアの墓場へと誘い込まれてしまったのでした。フォーチュンは無事に、ここから抜け出すことができるのでしょうか!?
なぜキュアフォーチュンがひめを嫌うのか。その理由が明かされました。

サッカーを一緒にしたことで、いおなは仲間の大切さに気づきました。そして、めぐみとゆうこに仲間になって欲しいと頼みました。しかし、その中にはひめが含まれていません。ひめも仲間にしようというめぐみに、いおなはひめの過ちを暴露するのでした。

なんとアクシアを開いて、この世界に不幸をばらまいてしまったのはひめだったのです。そのために、いおなのお姉さんはプリキュアになって戦うことになり、ファントムとの戦いに敗れて封印されてしまいました。その原因となったひめを、いおなはどうしても許すことができなかったのでした。

めぐみたちに事情を知られて、ひめはその場から逃げ出してしまいました。自分のことを知られたら、もうめぐみたちとは友達でいられなくなると思ったからです。そんなひめを、めぐみとゆうこは探します。その途中めぐみは、何があってもひめとは友達だとリボンに断言したのでした。

そして、ゆうこはひめを見つけ出しました。しかし、ひめはまた逃げようとします。そんなひめを、ゆうこは説得します。ゆうこだって、最初は自分がキュアハニーだとひめたちに話しませんでした。そして、ひめがアクシアを開いたからといって、めぐみも自分もひめのことを嫌いになったりしないと伝えたのでした。

そんな中、2体のサイアークが現れました。今回はナマケルダとホッシーワがそれぞれサイアークを生み出したのです。2体のサイアークに、ラブリーは1人で立ち向かいました。しかし、さすがに2体を相手にするのは厳しすぎました。そこへキュアフォーチュンが現れて、力を貸してくれました。2人で力を合わせたおかげで、無事にサイアークは浄化されたのでした。

そんな2人の連係プレーを見せつけられて、ひめはまたしても自信を失ってしまいました。ラブリーから、ハピネスチャージプリキュアを解散すると言われそうで怖くて、またしてもひめは逃げ出してしまったのでした。
どうすれば、めぐみとひめはまた一緒に戦えるようになるのでしょうか。そして、ひめといおなは和解することはできないのでしょうか。

その頃、ファントムはプリキュアを封印し続けていました。そして次のターゲットとして、ファントムはハピネスチャージプリキュアを選びました。この強敵を相手に、めぐみたちは勝利することができるのでしょうか!?

問題が深刻なだけに、さすがに今回はすぐにひめといおなが手を取り合うことはできませんでしたね。どんな形で2人が仲直りをするのか、それが気になります。