日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


烏野VS白鳥沢、ついに決着です!!!

個々の力は小さいけれど、1つ1つの力を集めて攻撃力にしてくる烏野。それとは対照的に、個人の圧倒的な力を武器に、力で相手をねじ伏せようとする白鳥沢。両者一歩も譲らない戦いも、ついに終わりを迎える時がきました。

あと1点烏野が取れば、勝利を勝ち取るところまで来たのです。サーブは日向からですが、日向には後衛に下がってもバックアタックがあります。烏野は超攻撃的な体制で、勝負に挑みます。

そこでまず重要な役割を果たしたのが、この大会で大きく成長した月島です。月島が確実に相手のスパイクにワンタッチすることで、烏野は次の攻撃へとつなげることができます。しかし、白鳥沢も決死の体制で、簡単には勝負を決めさせてはくれません。

そんな中、最後の勝負を前に月島はある指示をみんなに出していました。これまでは牛島のクロス方向のスパイクを徹底して防御してきましたが、この土壇場であえてストレートをブロックしてきたのです。そんな月島の作戦に影山がいち早く対応して、牛島がスパイクを打ってくるであろうクロス側にいた日向と守備位置をチェンジしていました。

これまでさんざんストレートで勝負してきた牛島は、その変更に戸惑いながらもとっさにスパイクをクロスに変更していました。これを影山がレシーブして、烏野は体制を作り上げました。激しい攻防の中で、日向は牛島のスパイクを顔面レシーブする場面もありましたが、ボールはいまだにどちらのコートにも落ちていません。

この局面は、烏野の選手たちが牛島という圧倒的な選手から受ける大きな圧力との戦いでもありました。これまで何度もねじ伏せられてきた烏野ですが、苦しい状況の中でついにその圧力を跳ね返そうとしています。そして最後にスパイクを決めたのは、この局面であえて普段とはスパイクに入るタイミングを変えて、全員シンクロ攻撃に参加した日向でした。

日向のスパイクが、白鳥沢のコートに落ちて、ついに激しい戦いが決着しました!!!
絶対王者である白鳥沢をやぶり、烏野が全国大会への出場を決めたのです!

こうして烏野は、大番狂わせでついに全国大会へと進んだのでした。選手たちはボロボロですが、全身で喜びを表します。その中でも、いつか烏野が強豪と呼ばれる日が来ることを信じて耐え抜いた3年生の姿が印象的でした。(/_;)

大きな勝利を手にしたものの、月島は今日の結果に不満そうです。結果的に月島は、牛島のスパイクを1本しか止められなかったからです。そんな月島に活を入れたのは、やはり大きく成長した山口でした。あの牛島のスパイクを、1本とはいえ完全に止めた。それは誇っていいことですよね。

全国への出場を決めた烏野ですが、強化合宿を一緒にやった音駒たちは、まだどこのチームが全国に進むのか決まっていません。日向は音駒との対決を楽しみにしていますが、果たしてそれが本当に実現するのか気になるところです。

そんな中、思わぬ知らせが烏野高校に届きました。なんと影山が全日本ユースのメンバーとして招集されたのです。これは影山にとって喜ばしいことですが、日向という相棒がいないところで影山がどれだけ実力を示せるのか気がかりです。

というわけで、「ハイキュー!! 烏野高校VS白鳥沢学園高校」はここで終了です。次は全国大会編ですが、いつ放映されるのか楽しみです!(^^)
烏野と白鳥沢、お互いに一歩も譲らない終盤の攻防戦です!

烏野は白鳥沢にマッチポイントを取られて大ピンチです。そこにケガの治療を終えた月島が復帰しました。右手の小指は脱臼していたようですが、薬指と一緒にテーピングすることで何とかプレーすることができるようです。・・・でも、聴いただけでも痛そうだなあ。(^^;

月島が帰ってきたことで、烏野はさらに気合いが入りました。苦しい状況を跳ね返して、何とか再びジュースへとつなぎました。コートに復帰した月島は、ケガの治療の間もプレーのことしか考えていませんでした。どんな状況でも、試合への集中力は切らさない。すごい集中力ですね。

月島が復帰したことで、烏野のブロックは強化されました。さらに月島の動きには、これまで以上の鋭さが感じられるようになりました。そしてついに、烏野は逆に白鳥沢を追い詰めました。この状況に、白鳥沢の監督はタイムを要求しました。
両チームとも、5セットに渡る戦いで、すでに相当疲れ切っています。それでも意地と気合いで、限界を超えて試合を続けているのでした。

そして試合は両者一歩も譲らない、膠着状態に陥りました。あの牛島さえもサーブミスをしてしまうほど、疲れはたまっています。そして個人の能力の低さを、集団で補っている烏野はどの選手にも疲れがたまっています。そんな極限状態での攻防が、延々と続きます。

そして烏野の突破口となったのは、復帰した月島でした。これまでの月島は徹底して相手のボールを見てブロックしていましたが、ここへ来てそれくわえて相手の狙いを先読みする力も鋭さを増していました。こうして日向にチャンスが回ってきました。日向はこのバックアタックを決めて、烏野の勝利を決定することができるのでしょうか!?

本当に次回が待ち遠しくなる終わり方でしたね。
今回から烏野の鳥養コーチの声は、先日急逝された田中一成さんに代わって、江川央生さんが演じられていました。
正直、江川さんの声にはまだ慣れませんが、田中さんが演じられた最期のセリフが「下を向くんじゃねえ!バレーは常に上を向くスポーツだ」だったことには、胸が熱くなる思いです。(;_;)
一時は白鳥沢に大差をつけられながらも、烏野は決死の力でその差を埋めます!

牛島のスパイクを受けたことで、ブロックの要だった月島が治療のために試合から抜けてしまいました。月島の悔しさを無駄にしないためにも、烏野は踏ん張ります。ところが、全員で攻撃にまわるシンクロ攻撃が天堂に読まれてブロックされてしまいました。しかし、これくらいで菅原の心は折れませんでした。次も同じ攻撃でいくと、あえて宣言してみせます!

いつの間にか烏野と白鳥沢の得点は、烏野4点の白鳥沢8点という大差がついていました。しかし、ここから烏野は粘りをみせました。牛島のサーブミスでチャンスをつかみ、白鳥沢との差をつめていきます。そんな中、コートに復帰した日向を、牛島は完全にライバル視していました。総合的な力では、明らかに日向の力は劣っています。しかし、烏野というチームとしてまとまった時、日向は信じられない力をみせるのでした。

さらに烏野は、ここまで休んでいた影山もコートに復帰します。そしてピンチサーバーとして、再び山口に活躍の場面が与えられました。ここでも山口は、状況を読んだいいサーブと、1年生ながらレギュラー入りしている五色のミスにも助けられて、烏野は得点を重ねます。その時、同様した五色に言葉ひとつかけるだけで平常にもどす牛島の力も凄いです。

そんな状況の中、白鳥沢の監督は昔のことを思い出していました。若き日の監督は、それなりに優れた選手でした。しかし、身長が小さいことがネックになって悔しい思いを経験しました。そのときに監督は、実力が高く身体能力が高い選手が強いという信念を持つことになったようです。そんな監督に、今の日向はどんな風に見えているのでしょうか。

そして試合は、終盤に入りました。白鳥沢に先にマッチポイントを取られて、烏野は苦しい状況です。しかし、それでも烏野の心は折れません。苦しい状況を跳ね返して、再びジュースに持ち込みました。烏野はレシーブも乱されて、苦しい状況が続きます。そこで日向のとんでもないブロックが出ました。なんとネットからかなり離れた場所で、あの牛島のスパイクをブロックしてみせたのです。それはブロックというよりは、レシーブ攻撃とでも呼びたくなるものでした。

それでも白鳥沢の圧倒的な力は、烏野を粉砕しそうになります。選手たちが下を向いてしまう中、珍しく大声で選手に檄を飛ばしたのは、鳥養コーチでした。顔を上げろ! バレーは常に上を向くスポーツだ! その言葉に、選手たちは気力を取り戻したのでした。

さらに、ケガの治療に行っていた月島が、治療を終えて帰ってきました。ケガをした月島が、この先どれくらい戦えるのかわかりませんが、烏野にとっては心強い展開ですね。(^^)
第5セットの激闘の合間に、牛島と天堂の過去が語られました。

烏野と白鳥沢の決勝戦は、ついに第5セットに突入しました。第5セットは、これまでのセットと違い、15点で勝負が決まるのだそうです。ここで烏野は、疲労が激しい影山に代わって、菅原を投入してきました!

でも、いきなりの大舞台に菅原は緊張しています。それをほぐしてくれたのは、マネージャーの潔子さんでした。(^^;
潔子さんに手を取られた菅原に、澤村や東峰、田中、西谷がにじり寄ってくるのが笑えました。このじゃれ合いがあったおかげで、菅原はいい感じで肩の力が抜けました。

そして第5セットのスタートです。影山に代わった菅原に、天堂はプレッシャーをかけてきます。菅原のトスは、影山と比べると、天堂には格段に読みやすいようです。しかし、菅原の武器はトスだけではありませんでした。リベロの西谷がトスを上げて、菅原も含めた全員が攻撃に参加するシンクロ攻撃が完成していたのです!

セッターがスパイクを打つという意外な攻撃で、烏野は白鳥沢を突き放しにかかります。しかし、王者・白鳥沢はこれくらいでは崩れません。続く牛島のサーブを、烏野はどうしても止められないのです。その合間に、牛島と天堂の過去が描かれました。

いつもクールで物静かな牛島ですが、家庭環境はかなり複雑なようです。お父さんは元プロのバレーボール選手だったようですが、結婚前に引退して牛島の家に婿として入りました。母や祖母に対して、立場が弱かったお父さんでしたが、牛島が左利きであることを守ってくれたのです。

牛島がまだ幼かった頃、祖母たちは牛島を右利きに矯正しようとしました。しかし、それにお父さんは断固として反対したのです。人と違った左利きだからこそ、それが力となることもある。そう言ってお父さんは、これだけは譲らなかったのです。そして牛島に、バレーを教えてくれたのもお父さんでした。

そんな牛島は、お父さんの思いを受け継いだかのように、今では左利きであることを最大限に活かして、白鳥沢のエースとして活躍しています。両親は今は離婚してしまい、お父さんとは一緒に暮らしていないようですが、今の牛島の活躍を見たら、お父さんはきっとうれしいでしょうね。

そして天堂も、苦い過去を抱えていました。天堂は昔から、独特の優れた読みでブロックを決めてきました。しかし、その時のコーチは、天堂にもっと周囲と協調することを求めました。さらに天堂の妖怪じみた言動から、仲間たちは彼のことを馬鹿にして嫌っていたのでした。

そんな彼の個性を、白鳥沢の監督は認めてくれました。そんな監督の方針が、見事に天堂の個性を活用することになりました。そして今、天堂は最高の力を発揮しています。それは相手のセッターが、影山のような天才ではない時に、最大限の効果を発揮するようです。

烏野と白鳥沢の激闘の中、牛島に対して常にプレッシャーを与え続けてきた月島が、手を負傷してしまいました。今の月島は、烏野のブロックの要になっていただけに、ここでの離脱は痛いですね。潔子と共に、ケガの治療に向かった月島ですが、手当てして試合に復帰できるのでしょうか!?

月島が抜けたことで、烏野の澤村、東峰、西谷は今まで以上の集中力をみせました。そして、ようやく牛島のサーブを返したと思ったら、菅原のシンクロ攻撃が天堂に完全に見抜かれていました。点差がどんどん開いていく中、烏野はどう反撃するのでしょうか!?
地に落ちた過去を、無駄にするのもチャンスにするのも選手次第というお話でした。

澤村たちが1年生としてバレー部に入部してきた頃、既に烏野バレー部は地に落ちていました。顧問の他に監督はおらず、インターハイ前だというのに、練習試合の相手も見つからないありさまです。結局、その年の烏野は2回戦であっけなく敗退しました。

しかし、澤村たちはその経験を無駄にはしませんでした。いつか訪れるチャンスのために、自らを鍛えて備えることを忘れなかったのです。それが今の烏野を支えています。

烏野と白鳥沢との戦いは、第4セットに突入していました。しかし烏野は、白鳥沢に迫りながらも、あと一歩が足りません。試合が長期化してきたことで、選手たちのスタミナも心配になってきました。特に疲れが激しいのは、常にセッターとしてボールに関わり続ける影山でした。

それでもピンチサーバーとしての山口の投入や、密かに練習を積んでいた月島の活躍などもあって、烏野はついに白鳥沢に一歩先んじることができました。しかし、白鳥沢は強豪の貫禄をみせて、簡単にはセットをとらせてくれません。牛島のラッキーなスパイクや、強打を警戒してレシーバーが下がっているのにつけ込まれて、ジュースが連続する苦しい展開が続きます。

そして影山は、疲れからトスが乱れてきています。しかし、こんな状況でも澤村や菅原、東峰にとっては絶望的な状況ではありません。彼らは1年生の時に、もっと絶望的な状況、せっかくチームがまとまってきたのに準備が遅すぎて勝てないを経験していたからです。

今の烏野は、全ての準備を尽くした上で決勝に臨んでいます。どんなに試合展開が苦しくても、この状況は澤村たちにとっては好機なのでした。そしてコートに日向が入りました。あと1点取ればセットをとれる大事な場面、影山のトスが乱れてしまいました。しかし、日向の目は常にボールを追っていました。そして体が右に流れる難しい状況の中、なんと日向は左手でスパイクを決めたのでした!

こうして烏野は第4セットをとり、勝負を第5セットにまで持ち越しました。選手たちの疲労など、不安材料もありますが、疲れているのは烏野の選手だけではありません。白鳥沢の選手、特に牛島も確実に疲れが蓄積しています。
勝負に勝つチャンスは、お互いに同じだけあります。果たして第5セットを制して、全国へと進むのはどちらのチームなのでしょうか。

というわけで、両者一歩も譲らない緊迫した展開が続いています。今回のお話では、澤村たちの1年生時代が描かれたのが印象的でした。その敗北の時に、澤村たちが全てを投げ出していたら、いま烏野が決勝のコートに立つことはなかったんですよね。絶望的な状況でも腐らずに、いつか訪れるチャンスを逃さないために努力を続けることが大切なんですね。(^^)
高い個人の力を武器とする白鳥沢と、数の力を武器にする烏野の戦い方の違いが描かれました。

第2セットを落としたことで、白鳥沢のリズムが狂うかと思ったら、強豪だけあってそのあたりはちゃんと修正してきました。セッターの白布は、青葉城西の及川や影山のような天才的なセッターではありません。彼らとは違い白布は、徹底的に影の存在であろうとしていました。強い個の力があるが故に成り立つ、白布の戦い方でした。

白布は、第2セットでの自分のミスに気づいていました。問題はまずいトスを上げたことでなく、そうなるように月島に誘導されたことにあると見抜いていたのでした。自ら気合いを入れた白布は、第3セットに挑みます。

第3セット、白鳥沢は第2セットを取られたことを感じさせない強さを発揮しました。烏野も必死で対抗しますが、あっという間に25対18で烏野は第3セットを落としたのでした。このあたりは、さすが毎回全国に出場している強豪校ですね。

しかし烏野も、このままでは終わりません。第4セットでは、必死に白鳥沢に食らいつきます。今回も月島がブロックでいい仕事をしています。リベロの西谷を信じて、牛島のスパイクコースを制限するにとどめ、西谷のレシーブにならず、なおかつコースを絞り込ませるようにしたのです。その月島の期待に、西谷は見事に応えました!

そして今回は、日向もブロックでがんばります。小さな日向は、普通のブロックでは相手のスパイクをブロックすることは難しいです。そこで日向は、なんとスパイクする時のように、助走をつけてブロックしてみせたのです!

この方法は、相手の早いスパイクには対応できない、急に思いつきで始めたので練習不足などの不安材料はありますが、日向のブロックに欠けていた高さを十分に補ってくれるものでした。
しかし、スパイクでもブロックでも、これだけ動いて日向の体力が大丈夫なのか気になります。

今回の烏野と白鳥沢の戦いは、烏野の前監督・鳥養監督と白鳥沢の鷲匠監督との考え方の違いの対決でもありました。
優秀な個人を集めたチームが強いのか、それとも小粒でも多彩な攻めを持つチームが強いのか。この先の試合の行方も楽しみです!(^^)
ついに烏野の反撃開始です!!!

ここまでどうしても止められなかった、牛島のスパイク。それを月島がブロックのタイミングをつかんだことで、牛島のスパイクコースを制限して西谷がレシーブする、トータルディフェンスへとつなげることができました。
これで烏野は、ついに白鳥沢と同点になりました。しかし、ここからがさらに厳しい戦いでした。

第2セットの終盤、試合はどちらか先に2点先取した方が勝つ展開になりました。しかし、どちらのチームも一歩も譲らず、どうしても続けて得点を決めることができません。牛島のスパイクを起点とする白鳥沢に対して、烏野は多才な攻撃力で対抗します!

そんな息苦しくなるような展開の中、月島はやはり冷静に相手の動きを観察していました。そして牛島攻略の鍵は、相手のセッターを崩すことだと見抜きました。そのために月島は、徹底して相手セッターの動きを予測して、思い通りのプレーをさせないようにし続けました。

この決戦の前、月島は山口に自分が牛島にかなうはずがないと言っていました。しかし、その言葉はそこで終わりではありませんでした。必ずブロックすることはできなくても、1試合中に何本かはブロックを決めてみせると決意していたのでした。

そんな月島の積み重ねが、ここで発揮されました。月島の執拗なブロックによって、相手セッターは動揺して感情的になっていました。それが原因で、牛島へのトスが乱れました。その一瞬を、月島は見逃しませんでした!
乱れたトスに合わせた牛島のスパイクを、ついにブロックしてみせたのです!!!

そして月島は、強化合宿の時に梟谷学園の木兎から言われた言葉を思い出しました。バレーボールの本当の面白さを知った月島は、その予想通りバレーにはまることになりそうです。(^^)

月島のブロックが決めとなり、ついに烏野は第2セットを奪いました。これで烏野と白鳥沢の戦いは、スタートラインまで戻りました。この苦しい戦いを制して、全国に行くのは烏野でしょうか、それとも白鳥沢でしょうか。
これからの展開も楽しみです!
白鳥沢に苦戦する烏野でしたが、ようやく光明が見えてきました!

今まで日向の頭には牛島しかありませんでしたが、白鳥沢が強いのは牛島がいるからだけではありませんでした。天才的な先読みの勘を持った天堂が、日向の前に立ちはだかったのです。天堂は日向と影山の変人速攻にも対応して、華麗にブロックを決めてみせました。

普通のブロックは、相手の動きを見て行動を起こしますが、天堂は独自に磨き抜かれた技で相手の意図を読んで、スパイクをブロックするのを得意としていました。もちろん読みが外れれば、その後のディフェンスにも影響を与えてしまいますが、天堂の読みは天才的に冴えていました。

フェイントさえも見抜いてブロックを決めた天堂ですが、影山もそのままでは終わりません。次の攻撃では、全く天堂に先を読ませないトスで、完全に天堂を無力化してみせました。影山は相変わらず負けず嫌いですね。(^^;

烏野は何とか白鳥沢に食らいついていますが、どうしても牛島のスパイクを止めることができません。菅原が入っての、影山と菅原のポジションチェンジ攻撃、山口のサーブでディフェンスを崩す、と多才な攻撃を仕掛けますが、ここぞという時に牛島にスパイクを決められてしまうのでした。

そんな中、試合中ずっと冷静に相手を観察していた月島が、ついに覚醒しました。相手のスパイクを的確に見抜いて、ワンタッチしてレシーブへとつなげることに成功し始めたのです。そして月島は、あの牛島のスパイクのタイミングさえもつかみかけていました。鳥養コーチは、月島に牛島のブロックのタイミングを任せました。その期待に応えて、月島はついに完璧な3人ブロックで牛島のスパイクコースを制限したのです。

コースさえ絞り込めれば、そこにはリベロの西谷が待っています。西谷は牛島の強烈なスパイクを、見事にレシーブしてみせました。ようやく牛島のスパイクを止めて、烏野は浮き足立つと天堂は読みましたが、影山はその読みを外して月島にトスを合わせて、ついに牛島の攻撃を防いで得点へとつなげたのでした!!!

これでようやく、烏野は白鳥沢と戦うスタート地点までたどり着いた感じですね。接戦となった第2セットを取って、烏野は白鳥沢に追いつき追い越すことができるのでしょうか。
牛島が圧倒的な強さを見せつけるお話でした。

いよいよ烏野と白鳥沢の決勝が始まりました。最初のスパイクから、牛島はその圧倒的な力をみせます。3枚ブロックをかわして、リベロの西谷ですらレシーブできないスパイクです。そのまま試合は、白鳥沢の優位で進みます。

牛島が他の選手と違うのは、絶対的な実力だけでなく、左利きという点も大きいようです。右利きの選手が多いため、レシーブする側も左利きのスパイクには慣れていません。その上、左手でスパイクされたボールにかかる回転は、右手とは異なるため、それに対応するのもたいへんなようです。

白鳥沢の力の前に、烏野は動揺しかけますが、菅原のハイテンションなかけ声(?)で^^;、ようやくコートの選手たちは冷静になれたのでした。それでも、烏野は常にリードを許し続けます。

そんな中、月島は終始冷静でした。自分の力と相手の力を見定めている感じです。左手スパイクに対応したブロック位置も、いち早くつかみましたが、それでも牛島のスパイクを止めることができません。月島が牛島のスパイクを止めるには、まだ何か必要なようです。

一方、西谷はようやく牛島のボールに対する感覚をつかんできました。とはいえ、その全ての完璧にレシーブするところまではいっていません。こちらも試合中にさらに進化する必要がありそうです。

そして、ようやく日向の出番がやって来ました。日向のことは、牛島も覚えていました。そして普段はレシーブやブロックには加わらない牛島が、自ら日向のスパイクをレシーブしてみせました。それは今までの牛島には見られない行動のようで、日向の存在も牛島を攻略する上で大きな役割を果たしそうです。

そして、あっという間に第1セットが終わってしまいました。第1セットは、烏野の完敗でした。しかし、誰も心は折れていません。決勝戦はフルセット戦うと、5セット戦うことになります。第2、第3セットで烏野がどこまで白鳥沢に食い下がれるかがポイントになりそうです。

今まで日向は、牛島のことしか見えていませんでした。しかし、白鳥沢の他の選手も侮れません。日向と影山の速攻に、白鳥沢のミドルブロッカーの天堂が対応してみせました。牛島を倒す前に、天堂というくせ者を何とかする必要がありそうですね。
「ハイキュー!!」第3期のスタートです!!!

ついに日向たちは、決勝戦で白鳥沢と戦うところまできました。この試合を勝ち抜けば、念願の全国が待っています。
今回は第1話ということもあり、烏野と白鳥沢それぞれの顔見せといった感じでした。強豪校だけあって、白鳥沢は応援団も統率がとれています。

この試合にそなえて、マネージャーの潔子さんと谷地さんが、白鳥沢についての分厚い資料を用意してくれました。鳥養コーチの分析によれば、白鳥沢は青葉城西ほど完成されたチームではないそうです。しかし、個々の実力が高く、中でもエースの牛島若利の力がずば抜けているために、未完成でありながらも完成されたチームを打ち砕く力があるのでした。

前に日向が牛島と会った時は、注目もしてもらえませんでした。しかし今、ようやく日向たちは牛島と勝負できるところまできました。これまでの日向たちの努力が、絶対王者である白鳥沢を下すのか、それとも絶対的な力の前に烏野がねじ伏せられてしまうのか。試合の行方が気になります。

そして、ついに試合が始まりました。サーブは烏野の澤村からです。相手のレシーブしたボールが、牛島にトスされることはわかっていました。しかし牛島は、3人ブロックをものともしないスパイクを放ちます。それを烏野のリベロの西谷が受けますが、なんと牛島のスパイクは西谷ですらレシーブすることができなかったのでした!

スパイクを打つことがわかっていても、止められないし受けられない!
そんな牛島を相手に、烏野はどう対応するのでしょうか。次回以降も楽しみです!(^^)
青葉城西に勝った烏野は、ついに絶対王者と呼ばれる白鳥沢に挑みます! ・・・でも、ここで第2期は最終回なのが悲しすぎます。(;_;)

凄絶な戦いの末、ついに烏野は因縁の青葉城西に勝利しました。勝負を決めたスパイクを打ったのは、日向でした。
日向は前回の青葉城西との戦いで、及川にプレーを読まれて負けただけに、今回の勝利は本当に大きいですね。そして烏野は、ついに決勝戦へと進むことになります。

一方の敗れた青葉城西ですが、敗れたとはいえ選手たちをねぎらう監督やコーチの言葉がよかったです。こういう立派な指導者が導いているからこそ、青葉城西がここまで強いんだろうなあと思いました。そして及川が影山に言った、これで1勝1敗で引き分けというセリフもよかったです。これで3年生は部から離れるのでしょうが、その思いを受け継いだ後輩たちがいる青葉城西のこれからが楽しみです。

そして敗れた及川の前に、白鳥沢の牛若こと牛島が現れました。牛島は自分のチームに対して、絶対の自信を持っていました。そして白鳥沢で一緒にプレーするという選択肢があったにも関わらず、それを選ばなかった及川を非難します。
それを牛島は、つまらないプライドと呼びましたが、県内最強と手を組むのではなく、あえてそれに挑んだ及川の選択は正しかったと思います。

試合を終えた烏野は、学校へと帰ってきました。そこには生徒たちが残っていて、バレー部の決勝進出を祝福してくれました。そして夕方のニュースでも、烏野の決勝進出が取り上げられていました。・・・とはいえ、ニュースのメインは烏野ではなく、負けた青葉城西の方でしたが。(^^;

ミーティングを終えた烏野バレー部は、翌日に備えて休養を取ります。しかし、日向と影山は力が有り余っていました。そこで谷地さんも加えて、居残り練習を始めました。思えば、こうして3人で練習するのも久しぶりです。最初に日向が変わろうとした時、影山がそれに反発して対立したこともありました。しかし2人はそれを乗り越えて、ついに翌日は決勝戦というところまできました。

そして、ついに烏野と白鳥沢の戦いが始まろうとしています。その会場では、牛若が待ち構えていました。牛若と初めて顔を合わせてから長い時間が過ぎましたが、ようやく日向と影山は牛若と戦うところまでやって来ました。
でも、この続きは3期までのお楽しみ。(;_;)
3期が放映されるのは、いつになるんでしょうね。今から楽しみです!

というわけで、ハイキュー第2期の最終回でした。第2期では、日向と影山の進化も面白かったですが、それ以上に月島や山口、菅原などの脇役キャラの活躍が印象的でした。そして烏野バレー部だけでなく、対戦相手のチームの思いもしっかりと描かれているのがよかったです。(^^)
烏野対青葉城西、ついに決着!!!

試合中にも進化し続ける、日向と影山のコンビプレー。勢い込んだ日向に、影山はきっちりパスを合わせてきました。
そのスパイクは勢いはありませんでしたが、確実に青葉城西のコートに落ちたのでした。これで試合は、ますます混戦模様になりました。そんな中、再び山口にピンチサーバーとしての出番が来ました。

そのサーブは、いい感じで相手を崩しましたが、それ以上に青葉城西のディフェンスががんばりました。そのせいで、残念ながら山口は得点することができませんでした。それでも烏養コーチは、きちんと山口のサーブを認めてくれました。

そして共に19点を取って、どちらが先に20点台に乗せるかという戦いになりました。残念ながら、ここで青葉城西が底力を見せて、先に20点に到達しました。しかし、烏野の選手たちはこれくらいでは全く怯みません。取られたら取り返すで、すぐにも青葉城西に迫ります。

そんな中、青葉城西のサーブは再び及川に回ってきました。1点を争う緊迫した場面なのに、及川はレシーバーが動くことさえできない凄いサーブを決めてきました。これで青葉城西は、マッチポイントです。ものすごい精神的な重圧がある中、烏野は何とか及川の攻撃を切って望みをつなぎました。

ここで再び、烏野は菅原を投入しました。菅原がコートに入ることで、烏野の攻撃にはよりバリエーションが生まれます。しかし対する青葉城西も、極限のプレーでそれに応じます。そんな中、烏野は再びシンクロ攻撃に入りました。ところが、これが全て影山のツーアタックの囮でした。この場面でこういう攻撃ができるようになるとは、影山の成長ぶりが感じられる展開でした。

それに対して、青葉城西はコート外に外れたボールを、及川が無理な体勢から的確に高速トスを上げてきました。
天才と凡才との差に悩んだ及川は、バレーをやめることを考えたこともありました。しかし、極限まで努力した上でなければ、本当に才能がないのか、そして才能の差を埋められないかはわかりません。そんな指導者の言葉で、及川はバレーを続けてきたのでした。

そして烏野が攻撃を決めれば勝利のチャンスがやって来ました。この局面で影山は、日向を使いました。それは及川に見抜かれていましたが、日向は以前の日向ではありません。自分の目で見て、的確にスパイクが打てるのです!
そのスパイクは、予測していた及川にも止めることはできませんでした。

こうして烏野は、苦しい接戦の末に、ついに青葉城西に勝利したのでした!!!
次はいよいよ白鳥沢との対戦でしょうか。でも、2期は次回で最終回のようなので、烏野と白鳥沢の対決が描かれるのは、3期になりそうですね。

ということで、緊迫した烏野と青葉城西の試合もようやく終了です。ここ数話はあまりに緊迫した展開が続くので、本当に見ていて吐きそうな気分でした。(^^;
ファイナルセットに突入した烏野と青葉城西の試合。両者一歩も譲らない、緊迫した展開が続きます!

烏野と青葉城西の試合も、残すところあと1セットです。因縁のある両校の試合は、どんな形で決着するのでしょうか。
烏野は及川の強烈なサーブに苦戦します。そのせいもあって、第3セットは青葉城西が先行する形で試合が進みます。しかし、烏野も簡単には引き下がりません。追いつかないけれど、離されない緊迫した展開が続きます。

そんな中、京谷は烏野の田中と張り合っています。それを見た月島は、そんな及川の熱くなりすぎているところを利用しました。京谷が田中を狙ってスパイクしていることに気づいた月島は、直前でポジションを入れ替わり、京谷のスパイクをブロックしたのでした。それがきっかけとなり、京谷は一気に調子を崩します。

青葉城西の監督は、すぐに京谷を引っ込めました。そんな京谷に突っかかったのは、控えセッターの矢巾でした。
京谷は人間関係が上手くいかない間も、バレーからは離れていませんでした。社会人などのチームの練習に加えてもらい、京谷は練習を続けていたのでした。そんな京谷を変えたのは、あちこちのチームをさすらっているうちに知り合った清という男でした。彼は京谷が楽な道を選んでいると批判しました。チームとしての苦しさも背負った上でプレーするのが、本当のバレーだと教えたのでした。

そして京谷は、青葉城西へと復帰しました。ブランクがあったことよりも、実力があることを周囲は評価してくれました。それでも京谷は、今ひとつチームになじめないでいました。そんな京谷に、矢巾は先輩の顔に泥を塗るのは許せないと、熱く迫りました。これで京谷は、ようやく頭が冷めました。

コートに復帰したばかりの京谷を、及川は容赦なく使います。その期待に応えて、京谷は凄まじいスパイクを決めてみせたのでした。そして試合は、再び両者が譲らない緊迫した展開になりました。そんな中、日向のスパイクは決まっていませんでした。そして影山が日向をうまく使えていないことを示すかのように、及川は金田一を極限まで使ったスパイクで得点してみせました。

そして勢い込んでスパイクに入った日向は、いつもよりネットに近づきすぎてしまいました。とっさに影山はそれを修正したトスをあげます。このボールは、青葉城西のコート内に落ちたのでしょうか、それともコートを外れてしまったのでしょうか。

因縁の2校対決だけに、谷地さんではないですが、見ているこちらも緊張で胃が痛くなりそうです。(^^;
今ひとつスパイクは決まっていないのに、影山に自分がいたら最強になれると、根拠のない自信にあふれた日向が凄いですね。このところ、日向の活躍はあまり描かれていませんので、そろそろ日向と影山の最強のプレーが見たいです!(^^)
ピンチサーバーとして、山口が投入されるお話でした!

京谷の強烈なサーブに苦戦する烏野は、じりじりと青葉城西との点差を広げられていました。そんな状況の中、俺を使えというオーラを放っている選手がいました。それは前の和久谷南との試合で、悔いの残るプレーをしてしまった山口でした。
試合の後、自らの意思で山口は烏養コーチの元へと行っていました。山口にサーブを教えてきた嶋田は、そんな山口の姿に彼の変化を感じていました。自らの間違いを認めて、それに立ち向かう勇気を持った山口は変わると信じていたのです!

山口を投入するためには、なんとしても京谷のサーブを止めなければなりません。強烈なサーブに苦戦しながらも、烏野はなんとかサーブ権を手に入れました。そして後衛に下がった日向と交代で、山口が投入されました。それは今までの、びびりの山口ではありませんでした。今回のヒーローは、そんな山口でした。

試合前に山口は、嶋田からアドバイスを受けていました。主審の笛が鳴ってから、サーブに入るまでが焦りすぎだというのです。サーブを打つまでには、8秒間の猶予が認められています。それを有効に使えと、嶋田は教えてくれたのでした。そして山口の放ったサフローターサーブは、青葉城西のコートにギリギリで入りました!
山口はついに自分の壁を破り、青葉城西へのリベンジに成功したのです!

みんな山口を励ましますが、月島だけは例によってクールな態度です。しかし、そんな月島が誰より、烏野の中で一番サーブ練習をしてきたのは山口だと認めていたのでした。

そして山口の快進撃は続きます。今までの山口は、相手のコートに入れることだけで精一杯でした。しかし今では、どこに打てば得点できるかを考えたサーブを打っているのです。ここで挿入された、バレーにおいてのサーブの持つ大きな意味の解説もよかったです。ブロックに邪魔されず攻撃できる強力な武器。それがサーブなんですね。

そんな山口のサーブも、ついに青葉城西にレシーブされました。しかし、自ら体を張って山口は必死でサーブ権を守り抜きました。そして気がつけば、烏野は青葉城西に追いつき、先にマッチポイントを迎えていたのでした。このまま山口がサーブを決めて、試合を決めそうな勢いでしたが、強豪・青葉城西はピンチの時でも動じません。ギリギリの状態から、サーブ権を奪い返しました。これで山口の役目は終わりました。しかし、山口のおかげで烏野は苦しい状況を一転させることができました。

勢いに乗った烏野でしたが、それを止めたのは及川の強烈なサーブでした。威力重視のそのサーブは、烏野のリベロ・西谷でさえ簡単にはレシーブすることができません。烏野は旭もレシーブに加わり、必死の反撃です。しかし力及ばず、ついに第2セットは青葉城西に奪われたのでした。これで試合は、第3セットの勝敗で決まることになります。

練習試合の頃から因縁のある青葉城西に、烏野は勝利することができるのでしょうか!?

今回は、とにかく山口の大活躍が爽快でした!!!
地道に努力してきた選手が、こういう形で活躍してくれるのは本当にうれしいですね。いつも頼りない表情の山口ですが、今回は顔つきも違っていてかっこよかったです!(^^)
青葉城西が投入した京谷は、敵だけでなく味方さえ破壊しかねない狂犬ちゃんでした。(^^;

京谷の放った凄まじいスパイクは、烏野のコートから外れていました。そのおかげで烏野は、青葉城西から第1セットを奪い取ったのでした。このまま流れに乗りたい烏野ですが、諸刃の剣・京谷の存在が重くのしかかってきます。

凄まじいパワーを持った京谷ですが、難点はプレーが安定しないことでした。しかし、そんな京谷さえも及川はうまく利用してみせます。そんな烏野の心中を見透かしたかのように、及川は徹底して京谷にスパイクを集めるのでした。京谷の攻撃は囮ではないかという気持ちがある烏野は、いいように及川に翻弄されてしまうのでした。

そして第2セットは、青葉城西が烏野を引き離そうとする展開が続きます。ここで烏養コーチは、月島に代えて3年の菅原を投入しました。菅原は徹底してサーブで京谷を狙うことで、その攻撃の足を止めたのでした。それだけでなく、なんと影山にトスをあげてセッターとしても活躍します。このツーセッター体制は、月島がサーブに入った時の烏野の穴を埋めるものでもありました。

しかし、青葉城西の対応の早さは相変わらずでした。京谷へのサーブを他の選手がフォローして、あっという間に体勢を立て直しました。それに負けじと、烏野は後衛に入った日向のバックアタックを初披露します。しかし、この攻撃まで及川に読まれていたのでした。

そして波に乗った青葉城西は、及川や京谷の強烈なサーブが決まり始めました。これで烏野は、さらにリードを許すことになってしまったのでした。それと同時に、これまで不安定だった京谷の攻撃が安定してきました。京谷は調子が出るまでに時間がかかる、超スロースターター・タイプの選手だったのでした。

この勢いで第2セットを失えば、調子に乗った青葉城西に烏野が勝つのは難しくなりそうです。先に20点台に乗った青葉城西を、烏野は止めることができるのでしょうか。そんな中、闘志に燃えた目つきをしている山口が頼もしい感じですね。山口は前の試合で、悔いの残るサーブを打ってしまいましたし、前回の青葉城西との試合ではサーブを決めることができませんでした。そんな山口が、今回は雪辱を果たせるかにも注目したいです!(^^)
ついに因縁の青葉城西との戦いです!

いよいよ前大会で苦杯をなめさせられた、青葉城西との戦いが始まります。強化合宿でパワーアップした烏野バレー部が、青葉城西にどこまで立ち向かえるかが気になるところです。烏野と同じく、青葉城西ももちろんパワーアップしていますし、今までに見たことのない目つきの悪い^^;選手もいます。

そして緊張の中、ついに試合開始です。青葉城西の最初のサーブは、影山の師匠でもあり、日向の言うところの大王様・及川からです。いきなり強烈なサーブを放った及川ですが、烏野はそれを返して逆に点を奪いました。その後の烏野は、着実な成長ぶりをみせて、青葉城西と張り合います。

そんな中、一番気になるのはやはり日向です。前大会のラストは、日向&影山の変人速攻を完全に及川に読まれて負けが決まりました。その時の思いを払拭するためにも、なんとしても日向の攻撃を決めたいところです。力みすぎていた日向は、影山にけりを入れられたりしていましたが、それでもブロックをかわしてスパイクを決めました!

長い間の貸しを返して、これで烏野バレー部はようやくスタートラインに立つことができました。
その後も両チームは、お互いに譲らない緊迫した展開が続きます。しかし烏野が、わずかに青葉城西をリードしています。この流れなら、烏野が第1セットを先取できるかと思いきや、青葉城西はそんな生やさしいチームではありませんでした。

なんと後1点でセットを失うという局面で、烏野の知らない新たな選手を投入してきました。それがあの目つきの悪い、京谷という選手でした。彼が加わったことで、青葉城西のスタイルが一変しました。それまでの青葉城西は、選手各自がそれぞれを役割を完璧にこなす、歯車のかみ合ったチームでした。しかし京谷は、それを無視して完全に自分の思うがままにプレーする選手でした。しかし、それでも投入させるだけのものを、京谷は持っていました。

京谷の打ったスパイクは、あっという間に烏野のコートに突き刺さったのです!
その前に及川が放った、ほとんどスパイクのようなサーブも脅威でしたし、それに加えて京谷のスパイク。あえて自らのチームスタイルを崩して戦いを挑んできた青葉城西に、烏野は勝つことができるのでしょうか!?

今回は、因縁の青葉城西との対戦ということで、見ているこちらも緊張してしまいました。
まだ第1セットも終わってないのに、凄い展開になりそうですね。30分ずっと緊張して視聴していたせいか、見終わった後で体がガチガチにこわばっていました。(^^;
烏野の次の対戦相手を決める、青葉城西と伊達工業の対決が描かれました。

和久谷南に勝利した烏野は、次の対戦相手を決める試合を観戦します。それはどちらも烏野にとって因縁のある、青葉城西と伊達工業でした。3年生が抜けた伊達工業は、青葉城西を相手に苦戦していました。しかし、鉄壁を誇る伊達工業は今まで以上に健在でした。

抜けた3年生に代わって、1年生の黄金川が入っていました。彼は影山と同じセッターですが、190cmを超える大型選手です。その高い位置から出すトスは強力な武器ですが、バレーを始めてからの経験が浅いらしく、安易なミスも多いです。
しかし黄金川が加わることで、伊達工業のブロックはさらに鉄壁になっていたのでした。

そんな伊達工業を相手にした青葉城西ですが、味方の持ち味を最大限に活かす及川の技量は健在でした。そんな青葉城西を相手に、伊達工業はかなり奮戦しました。しかし現時点での実力の差は埋めがたく、ついに敗北してしまうのでした。
しかし伊達工業の青根たちは、これで終わりだとは思っていません。試合が終わったその時から、すでに次の試合を見据えて動き始めるのでした。

こうして烏野の次の対戦相手は、青葉城西に決まりました。前回の大会で負けているだけに、烏野にとっては強敵です。
しかし、この大会までに烏野バレー部は大きく進化してきました。そんな烏野が、青葉城西とどんな戦いをするのか楽しみです。(^^)
烏野と和久谷南の決着までが描かれました。

澤村に代わってコートに入った縁下ですが、やはり実力は澤村には及びません。それがチーム全体のリズムを崩すことにもなり、結局烏野は第2セットを落としてしまったのでした。焦る縁下を冷静にさせたのは、日向と影山のやり取りでした。
同じ小さな巨人に憧れた和久谷南の中島と、日向は張り合おうとしていたのでした。でも現時点では、明らかに中島の方が小さな巨人に近いところにいます。それを理解した上で、日向は何とかしようと考えていたのでした。

そして第3セットが始まりました。試合は両者一歩も譲らず、膠着状態に陥りました。特に烏野を苦しめていたのが、中島のスパイクを返せないことでした。そんな中、日向の驚異的なレシーブを見た縁下は、ある作戦を思いつきました。それは田中たちに協力してもらい、縁下がブロックにかかったボールの処理に専念するというものでした。

この作戦が見事に成功して、縁下はギリギリでボールを返すことができました。これをきっかけに、烏野は和久谷南に少しの差をつけることに成功したのでした。それでも和久谷南は、粘ります。烏野の鳥養コーチは、選手に指示を出しますが、今は選手それぞれが独自に考えていい結果を出しています。

落ち着きを取り戻した縁下は、焦る日向に適切に声をかけます。そのおかげで日向は、自分の体勢が悪い時にはわざと相手のブロックに当ててボールを戻して、もう一度仕切り直すという梟谷の木兎から教わった戦い方を思い出しました。
これで烏野は、さらに和久谷南を引き離すのでした。しかし、和久谷南も最後の最後まで粘ります。

試合のラストは、中島のスパイクと日向&影山のブロック対決でした。スパイクに跳んだ中島は、日向の動きを読んでいました。しかし、動きを読んで跳ねたボールの先には、縁下がいたのでした。これを影山、日向の変人速攻で決めて、烏野が勝利を勝ち取ったのでした!

試合を終えたところに、澤村が帰ってきました。澤村は本当は試合の途中からでも復帰できたのですが、縁下が調子を上げているのを見て、縁下にこの試合を任せてくれたのでした。単に試合に勝つだけでなく、次の世代を育てることも忘れない澤村は凄いですね。

試合後、縁下と山口は落ち込んでいました。縁下は、後半のようなプレーがなぜ最初からできなかったのかと悔やんでいました。山口は、サーブで逃げてしまったことを悔やんでいました。これから先の試合で、2人の悔しい思いを晴らすことができるといいですね。

烏野の次の対戦相手は、青葉城西か伊達工業になります。くせ者の及川のいる青葉城西か、それとも鉄壁のブロックを誇る伊達工業か。どちらと戦うことになるにせよ、烏野にとっては強敵ですね。
負傷した澤村に代わり、2年の縁下が入ります。そして、地道にサーブ練習をしてきた山口にもチャンスがきます!

田中との接触で、澤村は倒れてしまいました。幸い、脳しんとうは起こしていませんでしたが、歯が折れて口の中を切っていました。念のため烏養コーチに付き添われて医務室に向かった澤村に代わって、コートに入ったのは2年の縁下力でした。
烏野にこんな選手いたっけ!?^^;というくらい存在感が薄いキャラですが、2年の問題児・田中と西谷を抑えて、1年の問題児・日向と影山を抑えられるのは、この縁下だけだったのです。

そんな縁下には、苦い経験がありました。1年生の時、まだ現役だった烏養監督の練習についていけずに、逃げ出してしまったことがあるのです。しかしバレーから離れても、縁下はその時の充実した時間を忘れることができませんでした。そこで彼は、再びコートに戻ったのでした。この時、縁下を含めて5人の1年が練習をさぼっていました。2人はそのまま部活に戻りませんでしたが、3人は部に戻ったのでした。

2年生は、少し前から澤村に代わる主将を考えておくように言われていました。2年同士で何となく話し合うと、やはり最適なのは縁下だということになるのでした。しかし、縁下には自信がありません。そして過去に練習から逃げてしまったことを恥じているのでした。しかし、そんな縁下に田中や西谷は、猪突猛進してしまう者の気持ちも、逃げ出してしまう者の気持ちも、両方をわかっているのが縁下だと言われるのでした。

こうして縁下が入って、試合が再開されました。最初のサーブでは、レシーブをミスしてしまいました。しかし、今の縁下はあの時に逃げてしまった縁下ではありません。自ら気力を振り絞り、次のサーブは見事にレシーブしてみせたのでした。

そんな中、1年の山口にもチャンスがやって来ました。月島のサーブの時に、山口と交代させるように烏養コーチが頼んでいたからです。得点は烏野がリードしているとはいえ、公式戦での起用に山口は緊張でガチガチです。そんな山口の気持ちをほぐしてくれたのは、同じく緊張ではきそうになっていた縁下でした。(^^;

山口はジャンプしてのフローターサーブを放ちました。しかし、トスが低くてボールはネットに引っかかりました。それでもギリギリで、相手のコートに入りました。次のサーブを打つとき、山口には迷いが生まれました。入らないサーブより、入るサーブを打った方がいいと、ジャンプしないでサーブを打ったのです。それは相手に簡単にレシーブされてしまいました。それでも烏野は、何とか切り返して得点を決めて、第1セットを先取したのでした。

それを見ていた烏養コーチは、山口に文句を言いに向かいます。それを止めたのは、縁下でした。逃げてしまったことを悔やんでいるのは、誰よりも山口だということを知っていたからです。過去に逃げてしまった経験を、縁下がちゃんと活かしているのがよかったです。

しかし、続くセットで烏野は和久谷南に苦戦していました。青葉城西の及川は、こういう展開になることを予測していました。普段の澤村だったあがるはずのボールが、縁下ではあがらない。それがじわじわと効いてきているようです。
烏野の土台、澤村が欠けた状態で烏野はこの試合を勝ち抜くことができるのでしょうか。

今回は、縁下と山口が物語のメインでした。過去のお話でもそうでしたが、この作品は普段は目立たない普通の選手の描き方が本当にうまいですね。日向や影山のスーパープレイも面白いですが、縁下たちの活躍や悩みがじっくりと描かれていることで、物語の土台ががっしりと固まっていますね。(^^)
決してヒーローにはなれない^^;、私のような一般人には縁下たちの方が親近感が持てるし、応援したくなります!

それから、ケガをした澤村に武田先生がかけた言葉も、しっかりした大人の対応でよかったです。ここで澤村が無理して何かあったら、その方が絶対に烏野の選手たちには辛いと思いますので。
条善寺との戦いを勝ち抜いた烏野は、和久谷南との試合に挑みます。

マネージャーの三咲さんに活を入れられて、条善寺バレー部は冷静さを取り戻しました。日向の変人速攻には、あえてブロックしないという作戦で、レシーブで受けて立ちます。しかし、以前の日向ならともかく、進化した今の日向は的確に相手の隙を狙ってスパイクを打つことができます。

こうして試合は、じりじりと烏野がリードを広げます。しかし、最後の最後まで条善寺は自分たちの楽しむバレーを崩しませんでした。あと1点で負けが決まるという局面で、またしても烏野のシンクロ攻撃を真似してきたのです。今度の方がうまくいきましたが、残念ながらボールはコートを外れてしまいました。

試合の後で、条善寺の選手たちが活を入れてくれたマネージャーにお礼を言う場面がよかったです。マネージャーは、これで後を後輩に託して引退するようですが、その脳裏にこれまでの思い出が蘇ってくるのもよかったです。

そして烏野バレー部は、ベスト8へと進みました。次の対戦相手は、和久谷南高校です。ここは突出した選手はいませんが、粘り強くチャンスをうかがい勝利を勝ち取るスタイルのチームでした。鳥養コーチの解説によれば、音駒や青葉城西のように烏野が苦手とするタイプのチームのようです。

そして和久谷南は、主将の家族がそろって応援に来ているのが凄かったです。(^^;
両チームは着実なプレーを続けて、両者一歩も譲りません。その基盤となっているのが、烏野の主将・澤村と和久谷南の主将・中島でした。2人はそれぞれのチームをうまくコントロールして、お互いに譲りません。

そんな中、コート外に外れたボールを返そうとした澤村と田中がコートで激突してしまいました。田中はすぐに起き上がりましたが、澤村は倒れたまま動きません。この大事な試合で、主将の澤村が抜けることになってしまうのでしょうか。

今回は、もう1話使って条善寺との試合が描かれるのかと思ったら、意外とあっさり決着してしまいましたね。(^^;
そうそう。伊達工の青根が、条善寺との試合の後で日向の前に顔を出したのもよかったです。進化した日向と、青根の対決も見てみたいですね。
しかし、前回の試合では影山が顔面ブロックして鼻血を出していましたし、今回の澤村と田中の激突といい、バレーって格闘技みたいなんですね。(^^;
条善寺高校との試合が始まりました。条善寺は、とにかく楽しむノリのいいチームでした。

烏野と条善寺との試合が始まりました。インハイ予選ベスト4にも選ばれたことのある条善寺は、烏野にとっては強敵です。そんな条善寺の持ち味は、型にはまらない自由奔放なプレーでした。そのあまりの自由さに、烏野は序盤は翻弄されるのでした。しかし、自由奔放では烏野も負けてはいません。日向と影山の変人速攻で流れをつかみます。

試合はお互いに取っては取られる展開になりました。そんな中、相手の攻撃を読んでブロックを決めた影山が顔面でボールを受けて、鼻血を出してしまいました。鼻血が止まるまで、影山の代わりに菅原が入ることになりました。影山のような天才プレーヤーではありませんが、菅原も負けてはいません。全員同時のシンクロ攻撃は、セッターが菅原に代わっても可能だったのでした!

その攻撃を見た条善寺は、そのかっこよさに魅了されました。そしてセット終盤の大事な局面にもかかわらず、いきなりぶっつけ本番でシンクロ攻撃をコピーしてみせたのでした。(^^;
でも、烏野が練習を重ねて身につけたこの攻撃は、そう簡単に真似できるものではありませんでした。攻撃は見事に失敗して、烏野が第1セットを先取したのでした。

そんな条善寺に活を入れたのは、3年生マネージャーの三咲でした。彼女は部を引退した3年生から、2年生たちのことを頼まれていたのでした。今の条善寺の楽しんでやるバレーは、勢いに乗っている時はいいけれど、それが途切れた時に脆さをみせてしまったのでした。三咲は、選手たちに楽しんでバレーをするためには、時には楽しくない時を堪え忍ぶことも必要だと教えたのでした。

それを聞いて、条善寺の選手たちの表情が変わりました。このまま崩れたままなら烏野の楽勝かと思いましたが、条善寺はそう簡単に勝たせてくれるチームではなさそうです。気合いを入れ直した条善寺に、烏野がどう立ち向かうのかが楽しみです!

今回は、ノリのいい条善寺高校が相手ということもあり、全体的に楽しい雰囲気でした。でも、その一方で烏野には、日向や影山を支えるキャプテンの澤村がいます。そのしっかりした土台があるからこそ、日向や影山が自由に飛び回ることができるんですね。(^^)
いよいよ全国大会の代表を決める戦いが始まろうとしています。そして、今までクールだった月島の心にも火がつきました!

試合を終えて帰宅した月島は、お兄さんと顔を合わせました。2mを越える選手がいたと伝えると、お兄さんも驚きました。そしてお兄さんは、2mを越える選手のスパイクを止めるのは無理と諦めている月島の心を見抜いていたのでした。
こうして月島は、お兄さんが所属しているチームの練習に加わることになりました。

さらに学校では、日向が牛若のスパイクをどう対抗するか考えていることを知りました。同じミドルブロッカーとして、月島はそれにどう対抗するのか。日向はそれを知りたがります。そんな日向の言動も、月島の心を動かすことになりました。

そして月島は、初めて鳥養コーチに頭を下げて、どうしたらパワーでも高さでも勝る相手に勝つことができるか尋ねるのでした。そんな中、再び東京へ遠征しての強化合宿が行われました。そこで音駒の黒尾や梟谷の木兎と再会した月島は、できるだけ多くのことを彼らから学ぼうとするのでした。
そのおかげもあって、月島はお兄さんのチームのスパイカーのスパイクを止めることができるようになったのでした。

もちろん進化しているのは、月島だけではありません。日向と影山の変人速攻も磨きがかかっていますし、OBからフローターサーブを習っていた山口も、ようやくそれを自分のものへとしていました。そうそう。オーバーワークになりそうな日向と影山を、谷地さんがうまくコントロールしていたのも進歩ですね。

しかし、進化しているのは烏野だけではありません。青葉城西には、及川が狂犬ちゃんと呼ぶ2年生の京谷が加わりました。京谷は、実力はずば抜けていたのですが、先輩相手にも文句を言って以来、上級生との関係が気まずくなっていたのでした。

そして烏野の最初の対戦相手は、この前潔子さんを口説いていたチャラい男の子たちでした。彼らはベスト4に進んだ条善寺高校の選手でした。彼らにとっては、全国がかかった試合もあそび気分でノリノリで挑むもののようです。
未知数の強豪・条善寺を相手に、日向たちはどんな試合をみせてくれるのでしょうか。次回も楽しみです!(^^)

今回から、OPとEDが新しくなりました。全国大会に向けて、ますます気合いが入る感じですね。
今年最初に見たアニメは、「ハイキュー!!」です! 今回は、日向たちが角川学園の2mの高い壁に挑みます!

角川学園のスパイカー・百沢は、2mを越える身長で烏野を威圧します。しかし、百沢はバレー経験は浅いようです。
期待と不安が高まる中、いよいよ試合が始まりました。序盤は角川学園が、百沢の高い身長とパワーを武器に強烈な攻撃をみせました。百沢の前に烏野のスパイクは止められ、いいようにスパイクを決められてしまいます。

そんな中、影山が何やら怪しげな手つき・・・。(^^;
何かと思えば、いつも以上に今日は影山の調子がよかったのでした。そこで、日向と影山の脅威の変人速攻が飛び出しました! 日向のいる場所に向けて放たれるトスは、相手にブロックする余裕さえ与えない鋭いものでした!

そして烏野は、合宿の経験を活かした攻撃を見せ始めます。全員がスパイク動作に入ることで、相手に目標を絞らせない全員攻撃。そして要所要所で、月島のブロックも光ります。さらに大地は、百沢のスパイクはクロスにしか打てないことを見抜きました。それを西谷を中心に的確にレシーブして、攻撃へとつなげます。

気がつけば、烏野は2セットを先取して一次予選を勝ち抜いたのでした!
これまでの烏野だったら角川学園に苦戦したかもしれませんが、合宿の経験が本当に活かされています。特にスパイクは床にたたきつけるだけじゃないを実践した、日向の進化がかっこよかったです。

最初はバレーは単純なものだと甘く見ていた百沢でしたが、烏野と戦ったことで本格的にバレーの面白さに魅せられたようです。経験を積んで強くなった百沢と烏野との戦いも、いつか見てみたいですね。

試合が終わり、後は帰るだけかと思ったら、いきなり潔子さんがナンパされていました!(^^;
相手にびびりながらも、体を張って潔子さんを守ろうとする日向が偉いです。ナンパした相手は、県内でベスト4に入る学校の選手たちでした。なんだかちゃらい感じの人達でしたが、きっと烏野はここと戦うことになるんでしょうね。

今回は進化した烏野バレー部の力が発揮されていました。その裏で、谷地さんの変顔百面相が笑えました。(^^;
いよいよ全国を目指しての戦いの始まりです!

全国大会に進むには、まずは一次予選を突破しなければなりません。前の大会で青葉城西といい試合をしたことで、烏野は他校からも注目されています。・・・でも、日向は乗り物酔いでヘロヘロでした。(^^; 朝からカツ丼を食べてきたのが災いしたようです。

そんな中、トイレに行った日向は最初の対戦相手・扇南の十和田と出会いました。扇南のバレー部は、なぜかヤンキーのような選手ばかりです。十和田にびびる日向でしたが、話がバレーのことになると違います。白鳥沢を倒して全国に行く。そう断言した日向に、十和田は圧倒されるのでした。

そして、いよいよ試合開始です。これまで積み重ねてきた練習、そして強化合宿で多くのチームと戦ったことで、烏野バレー部は想像以上にパワーアップしていました。強いチームと戦ったおかげで、戦いの先を読む力がチームに備わっていたのでした。旭や影山のジャンプサーブも絶好調ですし、日向と影山の連係攻撃も冴え渡っています。そんなチームを土台で支えているのが、3年生の存在でした。彼らは烏野バレー部がかっての力を失った時代に入部してきました。しかし、それでも腐らずに地道な努力を続けてきました。それが今、確実に烏野を支えているのでした!

対する扇南には、苦い思い出がありました。前年の大会で白鳥沢と対戦した扇南は、白鳥沢に完敗していたのでした。
ヤンキーばかりのチームを率いていたのは、バレーに熱い思いを持っている秋宮主将でした。他の選手が、白鳥沢の強さに心が折れる中、秋宮だけは最後の最後まで全力を尽くしました。試合後、十和田たちの前では一緒に試合してくれたことを感謝した秋宮でしたが、1人になると悔しさに涙していました。その姿は、十和田の心に残ったのでした。

その秋宮元主将が、試合の応援に来てくれました。それが十和田の心を動かしました。彼は初めて、全力で試合に挑んだのでした。しかし、これまでに積み重ねてきた練習の差は歴然としていました。扇南は、最後の最後までがんばったけれど、やはり烏野には及びませんでした。しかし、負けた悔しさを知ったことで、彼らはこれから大きく変わっていきそうですね。(^^)

次の烏野の対戦相手は、角川学園に決まりました。この学校には、なんと身長2mという超大型の選手がいたのでした。小さな日向は、何となくその大きさに圧倒されています。角川学園との試合に勝てば、一次予選を突破することができます。日向は目の前に立ちはだかる大きな壁とどう戦うのでしょうか!?

今回から、いよいよ全国大会に向けての戦いが始まりました。以前の大会の時もそうでしたが、対戦相手となった扇南の心情もしっかりと描かれていて、とてもいいお話でした。
特に必死で何かやるのは、かっこ悪いことじゃない。どんな試合でも負けたら悔しい。でも、その悔しさを3日で忘れたら、決して成長することはできない。このメッセージは、年末進行でちょっとヘロヘロな私の心にも響くものがありました。(^^;
強化合宿、終了。そして、いよいよ春高バレー大会の始まりです!

今回は、烏野と梟谷の対決がメインかと思ったら、あっさり負けちゃいました。(^^;
エースの木兎は、気持ちの浮き沈みが激しいタイプですが、それを他のチームメイトがうまくフォローしていました。梟谷の本当の強さは、木兎が不調でも崩れないところにあったのでした。

最後は、弱気になった旭のサーブを、エースの木兎に周囲が花を持たせたスパイクで決められて、烏野は惜しくも敗れました。勝負所で逃げてしまったことを旭は悔やみましたが、まだこれは練習試合。その経験を本番で生かせばいいと、烏養コーチはアドバイスするのでした。

そして前半のメインは、打ち上げのバーベキュー大会でした。(^^;
肉を巡る各種の攻防。そして、浮かれた雰囲気の中、潔子さんに声をかけようとする不心得者を威嚇する西谷たち。お肉を食べたいのに、猛獣のひしめくジャングルにいるかのような谷地さん。お笑い要素が満載で楽しかったです。

こうして合宿を終えた烏野バレー部は、地元へと帰ってきました。そして、春の高校バレーの予選は、もうすぐです!
そこには、県内最強のスパイカー・牛若だけでなく、惜しくも敗れた青葉城西の及川など、他にも強敵が数多くそろっています。烏野はそんな強豪を倒して、今度こそ全国へ行くことができるのでしょうか!?

そして合宿中に語られた、月島のお兄さんに対するフォローもありました。高校での兄の真実を知って以来、月島とお兄さんは疎遠になっていました。しかし、今でもお兄さんは別の場所でバレーを続けていました。高校時代はベンチを温めることしかできなかった悔しさ。そして何より、スパイクが決まった時の気持ちよさをお兄さんは知っていたからです。
そして月島に、合宿の時に聞いた言葉が蘇りました。最高に気持ちいい瞬間を感じたら、バレーにはまらずにはいられなくなること。それは月島のお兄さんもそうだったのでした。

次回からは、いよいよ烏野の全国を目指す戦いが始まります。進化した日向たちが、どんな試合を見せてくれるのか楽しみです!(^^)
強化合宿の最後の練習試合。ついに烏野の歯車がかみ合い始めます!

あっという間に強化合宿も最終日です。その最後の練習試合で、烏野は梟谷と対決することになりました。その梟谷のエース・木兎から教えられた必殺技があります。必殺技って何なのかと思ったら、フェイントでした。(^^;
でも、いつも全力でスパイクする日向だけに、このフェイントは効果がありました。そして木兎は、日向にフェイントの気持ちよさも教えていました。今まで立ちふさがっていた選手がいなくなり、逆に相手のレシーバーが床に倒れ伏す。それは、これまで日向が知らなかった快感でした!

そして試合は、烏野が梟谷を追いかける展開に。そんな中ついに、進化した日向と影山の変人速攻が完成しました!
影山はまだ、日向の手前で落ちるトスに100%の自信はありませんでした。しかし、ボールを要求する日向の心の声にひかれるように、これまで練習を重ねてきたトスを上げたのでした。

それは一見、今までの変人速攻と変わらないように見えます。しかし、ボールが日向の前で最高打点を迎えて落ちる。そのわずかな一瞬が、スパイカーの日向にさまざまな選択肢を与えてくれるのでした。影山が思わず放ったトスはうまくいきましたが、これを常に使える武器とするまでにはまだ時間がかかりそうですね。

そして烏野の歯車が、次々とかみ合い始めました。旭のジャンプサーブも、西谷のバックラインを超えてのトスも、少しずつ形になってきています。さらに、日向や旭ばかりでなく、他の選手が連携して動くことで、ブロックに的を絞らせないシンクロ攻撃も機能し始めています。驚くような速度で進化していく烏野が、どこまで変わっていくのか楽しみですね。

烏野が好調なせいで、梟谷のエース・木兎は気持ちよくスパイクを打てていません。何とかしなければという焦りが、木兎をさらに不調にしてしまいます。烏野はこの好機を生かして、梟谷から勝利を得ることができるのでしょうか!?
でも、梟谷の木兎もこのままで終わる選手ではないと思いますので、それにどう烏野が対抗するかも楽しみです。(^^)

これまで日向と影山の関係がギクシャクしていただけに、ようやく進化した変人速攻が決まった場面は、久々に気持ちよかったです!
強化合宿も折り返し地点です。みんなそれぞれに進歩が見られる中、日向と影山だけが伸び悩んでいました。

合同の強化合宿が続いています。月島は前回から、クールな中にも変化が見られるようになりました。そして旭のジャンプサーブも、決定力を増していました。みんなそれぞれに進化している中、日向と影山の速攻だけがどうしても上手くいきません。日向自身、それを感じているのか、いつになく焦っています。

そんな時、影山が上げたトスに日向が激怒しました。新しいトスではなく、日向にあわせたトスを影山が上げたからです。
そんな2人の様子をマネージャーの谷地さんも心配しています。そして2人は、別々に自主トレすることになりました。影山は単独で落ちるトスの精確さを高める練習。日向は、音駒や梟谷と一緒に練習することになりました。

この練習を通して、日向はスパイクはただ床にたたきつけるものではなく、状況が悪い時はわざと相手の手に軽く当ててボールをもどして、あらためて体勢を立て直して勝負することを学びました。そして日向は、月島も入った超強力なブロックの壁と対決することになりました。そこで日向は、相手の手にワンタッチさせる技をみせるのでした。

そして影山も、コーチのスパイカーをイメージしてトスを上げろというアドバイスに従って練習を続けました。そして、もうすぐ完璧なトスを上げられるようになりそうです。そして影山は、及川の言葉を肝に銘じて、日向に最高のスパイクを打たせるためのトスを上げようとしています。かって王様と呼ばれた影山ですが、精神的にも成長してきているのでした。

そして合宿の最後に、烏野は梟谷と試合をすることになりました。この最後の練習試合で、烏野はどんな試合を見せてくれるのでしょうか。日向には、何やら必殺技もあるようですし、楽しみです!(^^)
いつもクールな月島の過去が明らかになるお話でした。

日向の言葉に背中を押されて、山口は月島に今のままじゃダメだと訴えました。そして、物語は月島と山口の出会いまでさかのぼります。2人の出会いは、小学生の時でした。いじめられっ子だった山口は、偶然通りかかった月島に助けられたのでした。その時から、山口にとって月島は憧れの存在でした。

月島には、バレーをやっているお兄さんがいました。中学時代はチームのエースだったお兄さんは、そのころ強豪として知られるようになってきた烏野高校へと進学しました。そこでもお兄さんは、バレーに打ち込んでいます。しかし、月島が試合の応援に行きたいというと、恥ずかしいからと断りました。

そんなある日、月島はクラスメートの言葉がきっかけで、お兄さんの真実を知ってしまったのでした。中学時代にエースだったお兄さんは、烏野ではベンチ入りさえできない選手だったのでした。月島が自分に憧れていることを知っていたお兄さんは、それを壊したくなくて嘘をついていたのでした。

どんなにがんばって練習しても、その先にはさらに自分より強い人間がいる。だったら努力するのはバカらしいと月島は考えるようになったのでした。しかし、今回山口に言われた言葉が月島を動かしました。そして月島は、木兎と黒尾に尋ねました。自分よりさらに強い相手がいるかもしれないのに、どうしてそんなにがんばれるのかと。

それに対する木兎の答えはシンプルでした。スパイクを決めた時の快感が忘れられなくて、木兎はバレーに夢中になっているのでした。そして、もし月島にそんな瞬間が訪れたら、月島もバレーに夢中にならずにはいられなくなると教えてくれたのでした。

その時から、月島の中で何かが変わったようです。木兎との練習試合では、今までにない気迫でブロックに飛びました。
そんな月島に、思わず木兎は勝負から逃げてしまったのでした。(^^;

というわけで、ようやく月島にも火がつきました。日向=太陽とは対極的な、月島=月という関係もおもしろですね。
二度目の東京遠征が始まりました。それなのに、月島だけが浮いています。

日向たちは、再び東京遠征へとやって来ました。今回は別の高校で合宿に入ります。
この日のために、烏野バレー部はそれぞれに努力を重ねてきました。しかし、その中で相変わらずマイペースの月島だけが浮いていました。田中の情報によれば、もしかしたら月島には小さな巨人と同じ時期にバレーをしていた、お兄さんがいるかもしれません。みんなが熱くなる中、月島だけがクールなのは、お兄さんがらみで何かあったのでしょうか!?

意気込んで練習してきた烏野でしたが、それぞれに進化はしていても、それがうまく機能して戦力となるところまではきていませんでした。日向と影山の連携もボロボロですし、旭のジャンプサーブも決定力が今ひとつです。それは、他の努力してきた選手たちも同じでした。

そんな時、月島は音駒の黒尾に誘われて、梟谷高校の木兎のスパイク練習に付き合うことになりました。木兎は、全国でも5本の指に入るスパイカーだそうです。月島は身長もあり、相手の攻撃を読む頭もありますが、まだ木兎の敵ではありません。しかし、音駒の黒尾が月島と一緒にブロックに入ると、あっさりと木兎の攻撃を止めてみせました。

さらに黒尾は、日向のことを引き合いに、月島をたきつけます。しかし、それは月島を不機嫌にしただけでした。
そんな月島のことを、友人の山口は心配しています。月島はこの合宿で何かをつかむことができるのでしょうか!?

今回は、じょじょにスパイカーとして成長してゆく日向に、旭がエースとしての貫禄をみせつける場面がよかったです。
同じチームだからとなれ合うのではなく、ライバルとしてお互いに競い合える関係っていいですね。(^^)
日向と影山の対立もありつつ、烏野高校バレー部は次の戦いに向けての準備に余念がありません。

烏養コーチは、日向の指導方針に迷い、日向をかって烏野の伝説時代を率いた祖父・烏養監督のもとへと日向を連れて行きました。一時は体を壊して入院していたようですが、烏養監督は今では自宅で小学生にバレーを教えていました。祖父に助言を求めた烏養コーチを、監督はいきなり投げ飛ばしました。(^^;

烏養監督から見たら、今の烏養コーチの悩みは、悩む必要もないことのようです。そして烏養監督は、日向に攻撃の主体はあくまでもスパイカーである日向であること、そしてさまざまなテンポに対応してスパイクできる柔軟性が必要なことを日向に教えたのでした。

その頃、影山はかっての先輩である及川と出会っていました。これまでの影山からは考えられないことですが、影山は及川に頭を下げて教えを請うたのでした。そんな影山の悩みを、及川はばっさりと両断しました。攻撃の主体はセッターではなく、あくまでスパイカーであること。そして、自分の駒のようにスパイカーを使おうとする影山の考え方は、かっての王様と呼ばれた時の影山と同じだと指摘したのでした。

烏養監督からアドバイスを得た烏養コーチは、影山を探し出して指示を与えました。これまでの日向の前を通過してしまうパスではなく、日向の前で最高打点をむかえて止まっているように見えるパス。それをマスターすれば、日向と影山の攻撃がさらに進化できることに気がついたのでした。

日向と影山は、今のところまだギクシャクしていますが、同じ目標に向かって動き始めました。そして努力しているのは、2人だけではありません。サーブの重要性に気がついた旭は、ジャンプサーブをより威力のあるものにしようとしていました。そして西谷はレシーブだけでなく、いざという時には前線に飛び込んでトスをあげられるリベロを目指して動き始めました。

さらにレギュラーではありませんが、1年生の山口はOBとのサーブ練習を続けています。月島はそんなチームに少し距離を置いているように見えましたが、次回予告を見た感じでは彼も密かに努力をしているようです。

そして夏休み。再び東京に遠征する時がやって来ました。前回の遠征では、烏野は今ひとついいところがありませんでしたが、次はどんな風に進化した姿を見せてくれるのか楽しみです!(^^)