日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


影の中の影機龍警察シリーズ以来、注目している作家の一人である、月村了衛さんの新作「影の中の影」を読み終えました。

フリージャーナリストの仁科曜子は、暴力団や警察の腐敗を描いた著作で世に知られるフリーのジャーナリストです。曜子は現在、ウイグル人の抱える問題に取り組もうとしていました。在日ウイグル人に関わる複数の関係者が、不審な死を遂げていることに疑問を持ったからです。そして曜子と接触しようとした、ウイグル人の有力者が何者かに殺害されました。これをきっかけに、曜子は恐るべき殺戮の世界に足を踏み込むことになります。

そんな中で曜子やウイグル人たちが助けを求めたのが、カーガーと呼ばれる謎の人物でした。曜子はその人物の正体を突き止めようとしますが、カーガーは警察上層部や暴力団の上層部の一部にしか知られていない存在のようです。カーガーの正体を追う曜子は、やがて中国で新型インフルエンザを利用した人体実験がウイグル自治区のある街で行われたことを知りました。

その生き残りを、中国政府は密かに抹殺しようとしていました。彼らはアメリカへと亡命して、中国政府の暴挙を世界に知らそうとします。しかし、アメリカ政府内にも中国政府と関わりの強い勢力があり、その妨害もあって直接アメリカに向かうことができませんでした。そこで生き残ったウイグル人たちは、一時的に日本に潜むことになったのでした。

しかし、ここにも中国政府の放った暗殺者たちが現れます。ようやく出会うことのできたカーガーこと、景村瞬一は元々は日本のエリート警察官でした。しかし、沖縄で起きた米軍がらみの事件が元で、彼は婚約者と共に抹殺されてしまったのです。CIAの友人のおかげで、景村は一命を取り留めました。しかし、彼はもはや表舞台には出て行けない人間になってしまったのでした。

あまりの悲惨な状況に、景村は呆然とした日々を過ごしました。そんな彼を目覚めさせたのは、政府の思惑の裏で抹殺されようとしている人々を救うという困難な任務を実行してからでした。それ以来、彼は裏の世界で伝説的な男として知られる存在になっていったのでした。

景村に曜子、そして曜子の護衛を命じられた暴力団員たちと共に、ウイグル人たちを守る絶望的な戦いが始まりました。中国政府は精鋭部隊を作戦に投入して、彼らを抹殺しようとします。それをロシアで覚えたシステマと呼ばれる武術や、日本古来の剣術を発展させた剣術を武器に、景村は暗殺者たちと死闘を繰り広げます。

そして、景村と共に戦う暴力団員たちも、それぞれに暗い過去を抱えつつも、ウイグル人たちを守るために極道として漢ぶりをみせることになるのでした。そして景村の前には、過去の亡霊のように警備局長が執拗に彼の命を狙います。
一応、その警備局長の正体も途中まで伏せられていましたが、バレバレだったかも。(^^;

かなり血なまぐさい戦いを描きつつ、そこに事件に関わった者たちそれぞれの事情が加わり、エンターテインメント小説としてアクションあり、複雑な国際情勢あり、泣かせどころありと、読み応えがありました。
荒唐無稽な内容ですが、「槐」ほど都合のいい話ではなく、とはいえ読み応えでは機龍警察シリーズを超えるほどではない、とった感じでした。

作品の中で、中国政府が新疆ウイグル自治区で暴虐の限りを尽くしていることが暴かれていきます。作中でも触れられていますが、事故を起こした列車をろくに調査や救助活動もせず埋めてしまったり、周辺諸国の資源を強引に手に入れようとしたり、この物語で描かれているような事件も中国政府なら本当にやりかねない怖さを感じました。
槐(エンジュ)月村了衛さんの「槐」を読み終えました。

水楢中学の野外活動部は、毎年葦乃湖で合宿することになっています。部長の公一、公一に思いを寄せる生徒会副会長もつとめる早紀、公一の親友の進太郎は受験を控えた3年生、イジメにあって引きこもっていた景子、その幼なじみで薙刀部も兼任している茜が2年生。そしてアウトドア好きで明るく元気な裕太が1年生。

今回はそれに加えて、暴走族に加わったりして問題行動を起こした2年生の隆也も部の顧問の田中先生の進言で合宿に参加することになりました。とはいえ、その田中先生は足を骨折して合宿には参加できません。その代わりに、口うるさくて煙たがられている脇田教頭と、産休教員の代理でやって来た無口で暗い由良先生という、合宿前から何が起きても不思議ではない雰囲気です。

それでも、ようやく合宿地に到着したその夜、異変は起きたのでした。普段からあまり人気のない葦乃湖周辺を、関帝連合という暴力集団が封鎖してしまったのです。彼らは振り込め詐欺で巨額の利益を得ていました。その利益を巡って、組織のトップである溝渕と、それに対立してチャイニーズマフィアの協力を得た蔡の勢力が争っていたのでした。そして、その金が隠された場所こそ、公一たちが合宿にやって来たこの場所だったのでした。

関帝連合の男たちは、キャンプに来ていた者たちを容赦なく殺し始めました。公一たちは為す術もなく殺されそうになりましたが、ここで由良先生の恐るべき正体が明らかになりました。彼女は本物の由良先生ではありませんでした。なんと、由良先生の戸籍を手に入れた女性テロリスト・槐だったのです!

虐殺が行われていることを知った槐は、襲ってきた男たちを倒してその場から立ち去ろうとします。しかし、生徒たちから受けた些細な優しさが彼女の心に引っかかっています。こうして槐は、生徒たちを守るために戦うことになるのでした。その戦闘力は、チンピラたちの比ではありません。槐は確実に1人また1人と男たちを仕留めます。

そして物語の進行と共に、それぞれの登場人物たちが抱えているものが見えてきます。公一のお祖母さんは、振り込め詐欺の被害者でした。それを嘆いた祖母は、自殺して命を落としていたのでした。それ以来、公一の家族はギクシャクしています。そして公一自身も、振り込め詐欺グループの背後に関帝連合がいること。そして、そのトップが溝渕だということを調べ上げていたのでした。

そして生徒たちは、この惨劇をくぐり抜けることで、それまで知らなかった世界を知り、人間的にも成長します。
物語のメインは残虐なアクションですが、最終的に公一たちがたどり着いたところが、とても静かで優しい境地だったのがよかったです。そして堅物の脇田教頭の知られざる真実と、生徒たちを守るための行動には涙させられました。(;_;)

物語としては、かなり都合のいい部分もありますが、最終的にはとても満足できる作品でした。
機龍警察 火宅 (ハヤカワ・ミステリワールド)月村了衛さんの「機龍警察 火宅」を読み終えました。これまで機龍警察シリーズは長編で刊行されてきましたが、今回は各所に発表された短編を集めたものでした。

「火宅」「焼相」「輪廻」「済度」「雪娘」「沙弥」「勤行」「化生」の8本の短編が収録されていました。1つ1つの分量は少ないのですが、その面白さは長編にも負けないものがありました。

「火宅」は、特捜の捜査員である由起谷が、新人時代に仕事をたたき込んでくれた上司のもとを訪れる話でした。そして、そこでのやりとりから由起谷は、上司の隠された秘密を知ることになるのでした。警察組織の腐敗と、恐ろしさが感じられる佳作です。

「焼相」は、闇の組織と組織の争いが元で引き起こされた、人質事件の解決に特捜部が乗り出します。犯人は爆発物を所持している上、麻薬中毒の禁断症状が出始めており、人質となった児童たちに危険が迫ります。この危機に、沖津はバンシーの特殊装備を使用する冷酷な決定を下します。非情な戦いの後の、ラスト数行の美しさが印象的なお話です。

「輪廻」では、長編の方でも触れられた、誘拐されて機甲兵装に乗せられた少年兵の悲惨な現実が語られます。そして、本来医療用に開発された技術が兵器に転用されてしまう恐ろしさも描かれていました。その取引に関わる売人の過去が明らかになった時、さらにやりきれない思いに包まれるお話です。

「済度」は、特捜部に入る前のライザの過去が描かれました。「雪娘」では、ユーリが関わった事件が、過去にロシアで起きた同様な事件との類似性が明らかになるお話です。先の少年兵のエピソードもそうですが、戦いの最大の犠牲者は子供なのだと思い知らされたお話です。

「沙弥」は、長編でも触れられた捜査員の由起谷の過去が語られました。母子家庭に育ち、すさんだ生活を送っていた由起谷がなぜ警官になろうと思ったのかが明らかになります。

「勤行」は、珍しく宮近参事官の視点から語られたお話です。事件解決の重要な局面なのに、宮近と城木は国会での質疑対策をするはめになってしまいました。一筋縄でいかない政治の世界を描きつつ、ラストに少し救いがあったのがよかったです。

「化生」は、とある疑獄事件を発端に、技術開発の暗黒面が描かれたお話です。そして、これから特捜部が立ち向かわなければならない敵の存在を改めて印象づけられたお話でした。
土漠の花月村了衛さんの「土漠の花」を読み終えました。月村さんの作品は、SF作品である「機龍警察」シリーズも面白いですが、現実の自衛隊を描いたこの作品もそれに劣らぬ面白さでした!

舞台となるのは、海賊の出没などで話題になっているソマリア近辺です。米軍に協力する形で、陸上自衛隊の空挺団の精鋭がそこにはいました。ある日、米軍のヘリが消息を絶ちました。その捜索救助活動を行うために、友永たちの部隊は現地に向かいました。しかし、墜落したヘリには生存者はありませんでした。

日暮れを迎えたため、そこで野営することになった友永たちの元へ、現地の氏族間抗争で命を狙われている女たちが逃げ込んできました。そして、それと同時に友永たちも血で血を洗う凄絶な戦いへと巻き込まれていくことになるのでした。敵は証拠隠滅のために、とある氏族全体を皆殺しにしようとしていました。そして事件に関わってしまった友永たちも一緒に始末しようとしたのでした。

突然の敵の襲撃を受けて、仲間の半数は殺されてしまいました。しかし、残された友永たちは、なんとか駐屯地へ帰還しようと死にものぐるいの戦いを始めることになるのでした。「機龍警察」でもそうですが、月村さんの戦闘描写には情け容赦ないものがあります。わずかな味方と乏しい武器。これで本当に友永たちが生き延びることができるのか。そして敵だけでなく、アフリカの過酷な自然も友永たちに襲いかかります。

さらに、メインとなる逃走の途中には、自衛隊内部の闇も描かれました。そして、それと同時に部隊内の複雑な人間関係が明らかになっていくのも見事というほかありません。この作品はあくまでフィクションですが、実際の戦いに巻き込まれた時、自衛隊は本当に戦うことができるのか!?と問いかけているようにも思えました。
機龍警察 未亡旅団月村了衛さんの機龍警察シリーズ・第4弾、「機龍警察 未亡旅団」を読み終えました。

5月のゴールデンウィークを前に、警察はある難題を抱え込んでいました。チェチェン紛争で家族を失った女性のみで構成されたテロ組織「黒い未亡人」が日本で活動を開始しようとしていたのです。その前哨戦として、警察は別件の捜査中に彼女たちと接触。交戦状態に陥ったのでした。彼女たちの戦い方は、自ら死ぬことをいとわず自爆するものでした。そのために、警察官だけでなく、近隣の住民にも被害が出たのでした。

そんな中、特捜部の捜査員・由起谷は、偶然その構成員である少女カティアと知り合いました。容疑者として確保されたカティアから情報を引き出そうと、由起谷の必死の尋問が始まるのでした。最初はかたくなだったカティアでしたが、自らの過去の痛みをカティアの前にさらけ出す由起谷に、カティアはずっと以前から心の中に引っかかっていた痛みを思い出すのでした。

それと平行して、特捜部の理事官である城木は、警察内部に潜む「敵」の正体に迫ることになりました。それはなんと、彼の実の兄・亮太郎と彼の父が絡んでいたのでした。そんな中、城木はカティアの証言から、亮太郎と「黒い未亡人」のリーダーであるシーラとの間に、過去に関わりがあったことを知るのでした。

そして警察に協力することにしたカティアは、黒い未亡人の攻撃目標を明かしました。その上で、少しでも多くの仲間を救うために、カティアは自らスパイとなって黒い未亡人の動向を伝える役を買って出るのでした。
沖津に率いられた特捜部は、テロを阻止することができるのか。そして、亮太郎とシーラの関わりとは何だったのか。謎とアクションがいい感じでミックスされて、物語はクライマックスを迎えるのでした。

第1作からハイクオリティだったこのシリーズですが、第4弾となる今作も期待を裏切らないできでした。内容的に衝撃的だったのは、チェチェンで行われているさまざまな非道な行為でした。特にテロの制圧という名目で、徹底的にチェチェン人を追い詰めるロシアのやり方には吐き気がしました。
テロリストの犯罪は許されることではありません。しかし、国家を後ろ盾にしてそれ以上の非道を行っている者たちは、それ以上に許されない存在だと思いました。
機龍警察 暗黒市場 (ミステリ・ワールド)新年最初に読み終えたのは、月村了衛さんの機龍警察シリーズ第3作「機龍警察 暗黒市場」でした。

今回は、物語の冒頭でいきなり龍機兵の操縦者の1人であるユーリが警視庁との契約を破棄されたところから始まります。ロシア警察に在籍中に警察に裏切られたユーリは、再び警察に裏切られることになったのでした。ユーリは生き延びるために武器の密売に手を染めました。そんなユーリは、ロシア時代に関わりのあったマフィアと手を組むことになったのでした。

と衝撃的なスタートを切った物語ですが、ユーリの契約破棄は囮捜査のための伏線でした。その目的は、ロシア系の武器密輸組織の摘発と、龍機兵と同型の機甲兵装が市場に出回るのではないか調査することにありました。
そしてマフィアと接触したユーリの凄絶な過去が明かされます。腐敗したロシア警察の中でまっすぐに生きた父を持つユーリは、そんな父に憧れて同じ警察官としての道を歩き始めました。しかし、途中まで順調に思えたその道は、とある武器密売組織を摘発するための囮捜査で潰えたのでした。

前巻のライザに続いて、今回はユーリの過去が明らかになりました。囮捜査ではめられて警察を追われたユーリが、なぜ再び日本の警視庁と契約することになったかがようやく納得できました。そして今回の事件で、ユーリはそんな過去と立ち向かうことになります。物語は3部構成ですが、第3部のクライマックスがやはり一番読み応えがありました。ユーリは何度も危機に陥りますが、気力と体力を振り絞って危機を回避します。その度にボロボロになっていくユーリが本当に痛ましい。でも、なかなか仲間の助けは届きません。その手に汗握る緊張感が素晴らしかったです。

そして、陰惨な物語ではありましたが、最後は爽やかだったのも救いがあってよかったです。ユーリたち特捜部が本当に戦わなければならない真の敵の姿は、まだおぼろげにしか見えませんが、この先のシリーズでその敵と戦うことになった時、どんな激闘が見られるのか今から楽しみです!
機龍警察 自爆条項  (ハヤカワ・ミステリワールド)月村了衛さんの機龍警察シリーズ第2弾、「機龍警察 自爆条項」を読み終えました。

機甲兵装の密輸事件を捜査していた特捜部は、北アイルランドのテロ組織IRFによるイギリスの高官暗殺計画を察知しました。すぐさま詳しい調査に入った特捜部でしたが、警察上部をも越えたところからの圧力で捜査中止に追い込まれました。しかし、特捜部は別の事案から、同じテロへの糸口をつかみました。特捜はこのテロを阻止することができるのでしょうか。

今回、物語のメインとなったのは元テロリスト出身のライザでした。第2章では彼女がなぜテロリストになったのか、第4章ではなぜテロリストを裏切ったのかが描かれました。ライザの家庭は、アイルランドにあって"裏切り者"の家系として忌み嫌われていました。しかし、テロリストのキリアン・クインと関わったライザは、その汚名の裏に隠された真実を知ったのでした。ライザは厳しい訓練を経て、死神と恐れられるテロリストになりました。淡々と使命を遂行するライザの唯一の救いは、愛する妹ミリーでした。ライザは昔からミリーをいとおしく思っていましたが、別行動をしたためにミリーはテロに巻き込まれて言葉を失ってしまいました。そのことは、ずっとライザを苦しめていたのでした。

そして、ついに最終章では特捜部を含む警備部隊とテロリストの対決です。詩人と呼ばれるテロリスト、キリアン・クインは、何本もの糸を周到に組み合わせた絶妙な作戦を立てていました。警備陣は、そんなキリアンの作戦に翻弄されることになりました。そんな中、特捜部の責任者・沖津だけはキリアンの意図を見抜こうと必死の頭脳戦を繰り広げます。このクライマックスの戦いは、前作よりも入り組んでいて読み応えがありました。

第2作となる今作は、前作よりも分量があったせいか、かなり読み応えがありました。物語としても現在の特捜部の活躍を描きつつ、それにライザの過去が深く関わってくるという構成も素晴らしかったです。
機龍警察(ハヤカワ文庫JA)月村了衛さんの「機龍警察」を読み終えました。

近未来、大量破壊兵器は衰退して、機甲兵装と呼ばれるロボットのような兵器が登場していました。
物語は、そんな機甲兵装の新型機・龍機兵(ドラグーン)を導入した警視庁の特捜部を舞台に始まります。この特捜部は、これまでの警察組織からすると異端の存在で、全ての組織を超越して任務を遂行することが容認されています。

この部署の設立には、狛江事件と呼ばれる警察内部の組織的な対立が原因で惨事を引き起こした事件がきっかけとなっていました。こうして設立された特捜部ですが、警察内部では浮いた存在として腫れ物のように扱われています。そればかりか、露骨な嫌がらせや捜査妨害までが公然と行われていたのでした。

こんな特捜部を率いるのは、元外務相関連のキャリアにも関わらず、特捜部のトップに座ることになった沖津です。さらに、龍機兵のパイロットとしては、元傭兵、元ロシア警察の警官、元テロリストなどが集められました。この人選が、ますます警察内部での特捜部の反感を高めていたのでした。

そんな中、都内で機甲兵装が関わる事件が発生。SATだけでなく、特捜部も出動しました。しかし、現場の主導権を巡ってSATと特捜部が対立。現場には不穏な空気が流れました。トップの沖津が引いたことで、その場はいったん収まりましたが、現場には嫌な緊張感がただよっています。こうして機甲兵装の逮捕が行われようとしましたが、この事件のターゲットは警察そのものだったのでした。

単なる機甲兵装の暴走、立てこもりかと思われた事件は、こうして思わぬ闇の深さを見せることになったのでした。用意周到でしたたかな敵を相手に、特捜部と機甲兵装がどう戦うか。なかなか読み応えがありました。

作者の月村了衛さんは、元々アニメの脚本などを手がけられていたようです。そのせいか、作中のロボット描写などにアニメ的な雰囲気を感じました。とはいえ、物語のメインとなるのはロボットではなく、あくまで冷酷無比な極限状況の中で捜査に当たる人間たちで、彼らの過去も含めた物語がなかなか面白かったです。