日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-/-勇者の章-」の視聴を開始しました。

第2期の最初はまだ小学生の美森・・ではなく^^;、この時は鷲尾須美がメインの物語でした。
第1期の美森も、思い込んだらまっしぐらな真面目さが感じられましたが、小学生の時の方がそれがより徹底されている感じですね。そんな須美と、第1期にも登場した乃木園子、三ノ輪銀の3人は、バーテックスから神樹様を守る勇者に選ばれました。

いきなり3人はバーテックスと戦うことになりましたが、お互いにまだよく知らない間柄です。今までに友人がいなかった須美は、1人でバーテックスに立ち向かおうとします。しかし須美の攻撃は、バーテックスに決定的なダメージを与えることができません。それは園子や銀も同じです。

苦戦する3人は、協力して戦うことを選びました。そのおかげで、なんとかバーテックスを撃退することができました。とはいえ、かなり苦戦しての初勝利でしたが・・・。

そして須美は、園子や銀と友達になろうと考えました。お見合いの席のような格式張った宣言をする須美でしたが、園子と銀は友達になってくれました。本当は2人も、須美と仲良くなりたいと思っていたのですが、これまで親しくなかったこともあり、声をかけづらかったようです。

それでも須美が勇気を出して声をかけてくれたことで、3人は仲良くなることができました。これが次の戦いに、プラスになるといいですね。

第2期の出だしとしては、まずまずな感じでした。1つ気になったのは、第1期に園子は登場しましたが、銀の姿はありませんでした。第1期を見た限りでは、須美たちはかなり悲惨な戦いを繰り広げたようですが、彼女たちの戦いに何があったのでしょうか!?
友奈たちの戦いも、これで終わりです。

勇者システムの残酷さを知った美森は、神樹様を破壊して世界を終わらせようとします。しかし、その前に友奈が立ちはだかりました。どんなに世界の真実が残酷でも、友奈にとってこの世界は失いたくないものだったからです。

友奈は必死に美森を説得しようとしますが、悲しみに囚われた美森の心には届きません。このまま勇者として戦って、再び大切な友達・友奈のことを、美森は絶対に忘れたくなかったのです。それに対して友奈は、絶対に美森のことは忘れないと断言しました。

もちろん友奈の言うことには根拠はありません。でも友奈が絶対に忘れたくないから忘れない。その強い意志を示しました。そして友奈は、美森を殴り飛ばしました。友奈に殴られて、ようやく美森は正気を取り戻したのでした。そんな美森を、友奈はしっかりと抱きしめたのでした。

その時、巨大な太洋のようなバーテックスが迫ってきました。友奈と美森、そして復活した風と樹、夏凜はそれを必死に止めようとします。しかし、バーテックスの接近は止まりません。戦いの中、力尽きた友奈は変身が解除されてしまいました。そして友奈は、勇者システムの副作用で足が動かなくなっていることを知りました。

それでも友奈は、再び勇者に変身してバーテックスに立ち向かいます。勇者部全員の必死のがんばりで、ついに友奈の手がバーテックスのコアに届きました。そして、ついに戦いは終結したのでした。

戦いが終わった後、美森たちは勇者システムによって失われた体の機能が蘇りかけていることを知りました。美森の足が動くようになり、樹の声が出るようになり、風の目も見えるようになりました。しかし、なぜか友奈だけが植物人間のような状態のままです。

そんな友奈を、勇者部のメンバーは見守り続けます。そして友奈が必ず復活すると信じて、お芝居の準備を進めたのでした。しかし、一向に友奈が回復する兆しをみせません。それに耐えきれなくなった美森は、激しく泣きじゃくります。すると、それを慰めるように友奈が声をかけてきました。ついに友奈も、勇者システムの後遺症から解放されたのです!(;_;)

そして回復した友奈も加えて、勇者部は明日の勇者に向けたお芝居を上演しました。そのクライマックスで、意識が朦朧とした友奈でしたが、仲間が駆け寄って友奈を支えました。そんな勇者部のメンバーに、会場から温かい拍手が送られたのでした。

こうして友奈たちの戦いは終わりました。しかし、バーテックスが消滅したわけではありませんので、この先誰かがまた勇者として戦うことになりそうです。でも新しい勇者は、友奈たちのような代償を求められることはありません。

というわけで、「結城友奈は勇者である」の最終回でした。最後の展開は、ちょっと都合が良すぎる気もしますが、下手に後味の悪い終わり方をされるよりは、これでよかったと思います。(^^)
新作アニメが放映されるまでの間に、たまっている未視聴アニメを消化。(^^;

前回、世界の真実を知った美森は、勇者システムという友奈たちに犠牲を強いるシステムを破壊するためには、世界そのものを滅ぼすしかないと決意しました。そんな美森を、友奈は止めようとします。しかし、美森の意志は固く、友奈の言葉も美森には届きません。

今回がんばったのは、大赦に勇者として育てられた夏凜でした。襲いかかる大量のバーテックスを、夏凜はたった1人で撃退していきます。そんな夏凜を支えたのは、勇者部の一員としての覚悟でした。今までの夏凜とは違い、今回の夏凜は大赦のために勇者として戦ったのではなく、勇者部のみんながくれた大切なものを守るための戦いでした。

1人で何度も満開を繰り返して、ボロボロになりながらも夏凜は戦い続けます。その結果、夏凜は視力と聴力を失ってしまいました。しかしそれでも、夏凜は友奈に美森を止めて欲しいと頼みました。

そんな友奈は、精神状態が不安定で勇者に変身できなくなってしまいました。その間にも、美森はバーテックスの攻撃を利用して、神樹様を破壊しようとします。しかし、そこに立ちふさがったのは風と樹でした。風も樹のことで落ち込み、戦う気力を失っていました。しかし、1人でも樹は戦い続けます。その姿が風の心を動かしたのです!

風の説得も、美森は聞き入れようとはしません。そしてついに、バーテックスの攻撃が神樹様に向かって放たれました。
それを止めたのは、勇者として復活した友奈でした。いよいよ次回で最終回、友奈がどうやって美森を止めるのか、そして大量のバーテックスとどう戦うのか。この続きが気になります。
最近なにか忘れてるなと思ったら、「結城友奈は勇者である」の続きを見るのを忘れてました。(^^;
今回は、美森が世界の真実を知って、勇者システムの呪縛を破壊しようとするお話でした。

物語は、美森の幼い頃に遡ります。美森の記憶は失われていますが、園子と出会ったことで何かに気づいたようです。そして美森は、園子の元を訪れました。美森のことを、園子はわっしーと呼びかけました。どうやらそれが、美森の昔の名前のようです。

園子と話をした美森は、全てが大赦の計画によって動いていたことを知りました。勇者としての適性を認められた美森は、勇者として戦い、満開の結果記憶と足の自由を失いました。その後で美森が、友奈の隣の家に引っ越すことになったのも、友奈の勇者としての高い適性を見抜いた大赦の意思によるものだったのです。

そして美森は、自らの命を使って勇者システムを調べます。勇者をサポートする存在のように見える精霊は、勇者が自殺することを防ぐ存在でもありました。検証のためとはいえ、あらゆる方法で自殺しようとする美森が怖いです。

そして美森は、園子から聞いた情報を元に神樹様の結界の外を自らの目で確かめます。そこは、まるで生き地獄のような世界でした。神樹様に守られたわずかな空間以外は、すべてバーテックスが支配していたのです。そこでは数多くのバーテックスが生まれて、先の戦いで友奈が倒したバーテックスさえも復活しようとしていました。

それを知った美森は、勇者の運命に絶望しました。そして美森は、自らの手で結界の壁を破壊しました。この世界がすべてバーテックスに飲み込まれることしか、勇者システムという呪縛から友奈を救う方法がないと考えたのです。美森の明けた穴から、大量のバーテックスが結界内に入り込みました。この危機に、友奈たちはどう立ち向かうのでしょうか!?

物語の最初の頃から、美森には思い詰めたら何をするかわからない怖さが感じられましたが、今回はそれが実証されたような内容で驚きました。友奈たちが救われるには、本当に世界を破滅させて、自ら命を絶つ以外にないのでしょうか!?
勇者システムの真実を知って、風が怒り狂うお話でした。

友奈と美森が、園子から聞かされた勇者システムの真相。それを2人は、まず勇者部の部長である風に伝えました。自分たちの体の不調は一時的なものと思っていた風は、それを聞いてショックを受けるのでした。

さらに美森の実験によって、さらなる事実も判明しました。勇者になった時に現れた精霊は、勇者を助けるためだけのものではありませんでした。勇者自身の意志によって、自ら命を絶とうとすると精霊がそれを阻止するようになっていたのです。・・・実験のためとはいえ、自らを刃で切り裂こうとしたり、あらゆる方法で自殺を図ってみた美森が凄いというか、怖いです。(^^;

その事実は、さらに風を精神的に追い詰めました。そんな中、樹のところにオーディションの一次審査に合格したという知らせが届きました。それは樹が、風には内緒で応募した歌手になるためのオーディションでした。しかし、せっかく一次審査に合格しても、今の樹は歌うことができません。

その状況を少しでも改善するために、樹は喉にいい様々な健康法を実践していました。さらに樹の担任に呼ばれた風は、樹が声が出ないことで授業に差し障りが出始めていることを知りました。

そしてついに、風の怒りが爆発しました。大赦はあくまでも、勇者システムの真相を風に教えるつもりはないようです。真実を隠した上で、大赦が自分たちを利用していることに、樹の夢を奪ったことに風は怒りました。勇者の姿に変身した風は、怒りのままに大赦を破壊しようとします。

それに気づいた夏凜が、必死で風を止めようとします。しかし怒り狂う風には、夏凜の言葉は届きません。そんな風を止めたのは、満開ゲージがいっぱいになることを承知で風の攻撃を受け止めた友奈でした。さらに風の前に、樹も姿をみせました。樹は風にやさしく抱きしめると、風や勇者部のみんながいたから夢を持つことができたと伝えたのでした。そんな樹の言葉に、風は泣き崩れるのでした。

勇者への変身、バーテックスと戦う時にしか行えないのかと思ったら、現実世界でも変身することができるんですね。(^^;
これまでずっと樹の保護者であろうとしてきた風だけに、今回の怒りは当然のことですよね。しかし樹は、いつまでも風に守られるだけの存在ではありませんでした。風と樹が互いを思い合う姉妹愛がよかったです。(^^)
勇者システムの真実が明らかになるお話でした。

前回のラストで、友奈たちのところに再び勇者として活躍するためのスマホが送り届けられました。再びバーテックスとの戦いが始まるというのです。今回はいきなり激しい戦いが始まるのかと思いきや、新たなバーテックスが全然やって来ません。(^^;

それには友奈たちも、ちょっと拍子抜けしています。最後の戦いで、満開を経験した友奈たちは、前よりも一緒にいる精霊の数が増えています。夏凜は満開しなかったので、精霊の数に変更はないみたいです。

いつになったらバーテックスがやって来るのかと冗談を言っていたら、本当にバーテックス警報が来ました。友奈たちは、再び勇者となって神樹様を守るために戦います。今回の戦いでは、夏凜が積極的に前に出ようとします。先の戦いで、自分だけが満開しなかったことを気にしているようです。

そんな夏凜と一緒に、友奈の放った攻撃でバーテックスにダメージを与えて、意外とあっさりと戦いは終結したのでした。
これで終わりかと思いきや、なぜか友奈と美森だけが、いつもと違う場所に転送されていました。そこには、1人の少女が2人を待っていました。

彼女は、乃木園子と名乗りました。園子はベッドに寝たきりのようです。しかし、彼女もかっては友奈たちと同じように、勇者として戦っていたのです。そして園子は、驚くべき事実を友奈たちに教えました。勇者として戦い、満開を繰り返すたびに、彼女たちの体の機能が1つずつ失われていくというのです!

その事実を大赦は知っていましたが、あえて友奈たちには教えていなかったのです。それも大赦なりの配慮だと園子は言いますが、選択の余地なく勇者に選ばれてしまった友奈たちにとって、それはあまりに過酷な現実でした。

そしてもう1つ気になるのが、園子は記憶を失う前の美森のことを知っていたらしいことです。そして美森も、記憶はなくしながらも、涙を流す園子を放っておくことはできませんでした。美森は車椅子生活をしていて、記憶がありませんが、それはかっての戦いの代償として、美森から奪われてしまったのではないでしょうか!?

ということで、友奈たちにとって辛すぎる真実が明らかになりました。あまりに辛い真実ですが、かといって彼女たちが戦わなければ世界が滅んでしまいます。このようなシステムから、友奈たちが救われる方法はあるのでしょうか!?(;_;)
友奈たちが海に行くお話でした。

大赦のはからいにより、友奈たち勇者部は海辺で夏合宿をしていました。とはいえ、いまだに友奈や美森、風、樹は戦いの後の後遺症をかかえたままですが。それでも、友奈たちは十二分に楽しんでいます。

今回すごいなと思ったのは、普段は車いすの美森の描かれ方でした。車いすで海辺はたいへんじゃないのかな!?と思ったら、海には専用の車いすと介添人、そしてなんと温泉まで車いすでした。(^^;
現実に本当にこんなことが出来るのかわかりませんが、本当にこういうサービスがあったらいいのになあと思いました。

そして美森の足が不自由になった原因も、少しだけ語られました。美森は交通事故に遭い、足が不自由になったようです。それと同時に、昔の記憶も失われてしまったらしいです。事故に遭った時も、なぜか手にはリボンを握りしめていました。どうやらそのリボンは、美森にとって大切なものらしいです。

今回もこのまま平穏無事に終わりかなと思ったら、EDの後で大赦から風に連絡が入りました。なんと新たなバーテックスが現れることが予測されて、再び勇者部のメンバーに戦うことが求められているのです。

当初は12体だけと言われていたバーテックスですが、それ以上のバーテックスが存在したのです。友奈たちが世界を完全に守り抜くには、果たして何体のバーテックスを倒せばいいのでしょうか!?
前回で何となく最終回な気がして、そのままになってました。(^^;

友奈たち勇者部の活躍で、神樹様を守り抜き世界に平和が訪れました。しかし、激しい戦いをした友奈たちは、体にダメージを受けていました。友奈は味覚がなくなり、美森は左耳が聞こえなくなり、風は左目が見えなくなり、樹は声が出なくなってしまいました。唯一、パワーアップをしなかった夏凜だけが、どこにも身体の異常がありません。それが逆に、夏凜を悩ませています。

4人の中では、将来は歌手になりたいと言っていた樹が一番深刻な状況だと思えますが、本人がそれほど深刻そうでないのがちょっと意外でした。友奈たちを診察した医者たちは、現在の症状は一時的なものだろうと言っているそうですが、それもどこまで本当なのかな!?

バーテックスを倒したことで、勇者としての夏凜の目的は終わりました。それでも学校に残りたいと思う夏凜の願いは、大赦に受け入れられました。そして、それぞれにダメージを負いながらも、友奈たちは勇者部としての活動を続けようとしています。

というわけで、戦闘シーンがないほのぼの展開になるのかと思ったら、友奈たちの体に異常があることがわかって全体的に暗いトーンのお話でした。
残りのバーテックスが、全てそろって襲いかかってくるお話でした。

前回のほのぼの展開から一転、今回はひたすらバトルでした。これまでの戦いで、友奈たちは5体のバーテックスを倒しています。残り7体を倒せば、友奈たちは神樹様を守り抜いたことになり、世界に平和が訪れます。

そんな状況の中、なんと残りのバーテックスが総がかりで襲いかかってきました。戦力を逐次投入するより、全ての戦力で敵を圧倒するのは定石ですが、さすがの友奈たちもそれを見て驚きました。その上、バーテックスは結界の外側ギリギリから、友奈たちの様子をうかがっているようです。

そしてついに、戦いが始まりました。友奈たちの結束力も強いですが、それと同じくらいの連携でバーテックスは攻撃を仕掛けてきました。その上、複数のバーテックス同士が合体して、さらにパワーアップするというおまけつきです。

この状況には、さすがの友奈たちも苦戦を強いられます。しかし、友奈たちには負けられない理由があります。その強い思いが、友奈たちをパワーアップさせました。しかしバーテックスも、簡単には引き下がりません。最終的にバーテックスは、巨大化して大気圏外から攻撃を仕掛けようとしてきます。

それに友奈と美森のコンビが立ち向かいます。そしてついに、友奈の攻撃がバーテックスを打ち砕きました。しかし、そこで友奈は力尽きてしまいました。そんな友奈を、美森が回収します。しかし、美森もここまでの戦いで大きく消耗していました。2人が流れ星のようになって落ちていく場面、どこかで見たようなと思ったら「サイボーグ009」でした。(^^;

地上に落下してきた友奈と美森を、地上で待っていた樹が全てのパワーを使って受け止めました。そのおかげで、友奈と美森は無事に帰還することができたのでした。こうしてバーテックスとの戦いは終わりました。・・・でも、まだ5話目ですし、きっとこの先もまだ戦いは続くんでしょうね。(^^; この後ずっと番外編回が続いたら、ある意味で神展開ですが。(笑)

そうそう。今回気になったのは、みんながパワーアップする中、夏凜だけは最後までパワーアップしませんでした。これも今後の伏線なのかな!?
今回は、犬吠埼姉妹の樹にスポットが当たったお話でした。

樹は、1人で歌を歌えば上手いのに、みんなの前で歌うと緊張してとんでもない歌になってしまいます。そんな樹にとって、苦手な音楽の授業で歌の試験が待っていました。そんな樹のために、勇者部のメンバーが協力しました。でも、やっぱり樹はみんなの前だと緊張してしまって上手く歌えないのでした。

それと平行して、犬吠埼家の事情が描かれました。風と樹の両親は、数年前に現れたバーテックスとの戦いで命を落としていました。それ以来、ずっと風は樹を守ってきました。ちょっと不思議なのは、2人ともまだ未成年ですし、どうして親戚に引き取られたりとかしなかったのかな!?

さらに風には、自分が勇者となってバーテックスと戦うことで、両親の仇を取りたいという思いもありました。そんな風とは対照的に、樹にはまだ何も目的がありません。しかし、今回のエピソードを乗り越えたことで、樹にも目標が生まれました。

そして、ついに歌の試験が始まりました。やはり緊張してしまった樹でしたが、楽譜に挟まれていた勇者部のみんなからのメッセージ、そして何より大好きなお姉さんからのメッセージが、樹の心を解放しました。そのおかげで、樹はのびのびと歌を歌うことができたのでした。

今回もこのままほのぼので終わるのかな!?と思ったら、いきなりバーテックスの来襲が告げられました。次はどんな相手と、友奈たちは戦うことになるのでしょうか。
「NEW GAME!」に集中してて視聴がとまってましたが、ようやく第3話を視聴しました。(^^;

今回は、友奈たちに新たな仲間が加わります。その子の名前は、三好夏凜ちゃん。神樹様を守る組織である大赦から派遣されてきた、筋金入りの勇者です。(本人談^^;)
その力は圧倒的で、友奈たちが4人で手こずっていたバーテックスを、たった1人で倒してしまいました!

そんな夏凜は、友奈と同じクラスに編入することになりました。そして友奈たちのいる勇者部にも入部することになりました。しかし、何かと上から目線の夏凜に、部長の風は面白くなさそうです。それでも、勇者部の活動として幼稚園児と遊ぶ行事には夏凜も参加することになりました。

ところが、夏凜は集合場所が現地集合であることに気づかず、学校に行ってしまいました。後からそれに気づいた夏凜でしたが、バーテックスを倒すことしか頭になく、ストイックな生活をしている夏凜は、そのまま帰宅してしまうのでした。

そんな夏凜のところに、友奈たちが押しかけてきました。友奈たちは、夏凜と連絡が取れないことで、夏凜に何かあったのではないかと心配して来てくれたのです。さらに友奈たちは、その日が夏凜の誕生日だということも知っていました。
そして友奈たちは、夏凜のために誕生パーティーを開いてくれたのでした。そんな友奈たちに、少しだけ夏凜も心を開いたようです。

というわけで、ツンデレな夏凜の登場なお話でした。これまで作品の雰囲気に、ちょっと暗さというか陰がある感じでしたが、夏凜の登場で一気に明るくなった感じです。(^^)
最初の戦いで変身できなかった、美森が変身するお話でした。

変身してバーテックスに立ち向かった友奈でしたが、攻撃を加えてもバーテックスはしばらくすると再生してしまいます。
完全に倒すためには、内部にあるコアを破壊する必要があったのでした。そのためには、何やら呪文を唱える必要が・・・と思ったら、最後は気合いでいいみたいです。(^^;

ようやくバーテックスのコアを取り出した友奈たちでしたが、コアは予想外に硬く壊すことができません。バーテックスのコアをむき出しにしている時間には制限がある上に、破壊が遅れれば遅れるほど外の世界に悪影響が広がってしまいます。
それを知った友奈の渾身の一撃で、なんとかバーテックスの破壊に成功しました。

そして友奈たちは、再び元の世界に戻りました。友奈たちが帰還すると、また時間が動き出すようですが、そうすると友奈たちは授業中に抜け出したことになるらしいです。これは勇者システムを作った大赦と呼ばれる機関の力で何とかしてもらえるようですが。

元の世界には、おおむねバーテックスの影響が見られませんでしたが、近くで起きた交通事故がもしかすると戦いの影響なのではと友奈は心配するのでした。

放課後、勇者部に集まった友奈たちに、部長の風が詳しい事情を説明してくれました。それを聞いた美森は、いきなり風を責めるようなことを言い出しました。それは友奈が心配だったこと、そしてみんなが戦っていたのに自分だけ戦えなかったことが影響していたのでした。しかし、友奈が必死で励ましてくれたおかげで、美森もようやく元気になれました。

そして再びバーテックスが襲撃してきました。神樹様を守り抜くには、12体のバーテックスと友奈たちは戦う必要がありますが、今度は3体が同時に襲ってきました。樹海へと転移した友奈たちは、バーテックスに立ち向かいます。ところが、3体が巧妙に連携して攻撃してきて、友奈たちはバーテックスを倒すことができません。

戦い傷ついた友奈を見て、美森も心を決めました。変身した美森は、スナイパータイプの戦士でした。その的確な遠距離攻撃で、友奈たちの戦うチャンスを与えます。そんな美森の支援のおかげで、友奈たちはバーテックスとの戦いに勝ったのでした!

というわけで、ようやく4人全員変身することができました。残るバーテックスは、あと8体。友奈たちは、その全てを倒すことができるのでしょうか。
今期に第2期がスタートしたようですが、今頃amazonプライム・ビデオで第1期を見始めました。(^^;

主人公の結城友奈は、讃州中学校に通う中学2年生です。足の不自由な親友・東郷美森と、3年生で部長の犬吠埼風、風の妹で1年生の犬吠埼樹で「勇者部」という謎の部活動をしています。似たような設定、他のアニメでもあったな〜と思ったら、「輪廻のラグランジェ」のジャージ部でした。(^^;

勇者部はみんなの役に立つことをする部らしいですが、その他に友奈や美森、樹の知らない目的があったのです。それを知っているのは、部長の風だけでした。経緯はよくわかりませんが、友奈たちの勇者部が神樹様と呼ばれるご神木(?)を守る勇者に任命されてしまいました。

神樹様を狙ってバーテックスと呼ばれる怪物が現れると、周囲の時間は止まり、友奈たちは樹海と呼ばれる異空間へと移動しました。そこで友奈たちは、バーテックスと戦う勇者に選ばれたのです。もしも友奈たちがバーテックスを倒すことに失敗して、神樹様とバーテックスが接触するとその瞬間に世界は終わってしまうらしいです。

状況がわからない友奈たちに先立ち、犬吠埼姉妹が変身してバーテックスと戦います。しかし、2人の力だけではバーテックスを止めることができません。そしてバーテックスは、友奈と美森を見つけました。車いすを使っている美森は、友奈だけでも逃げるようにすすめます。しかし、友奈には友達を捨てて逃げるような真似は出来ませんでした。

そして友奈は、美森を守るために自ら勇者となる道を選びました。その力は、犬吠埼姉妹が変身した勇者よりもパワフルで、バーテックスを圧倒するほどのものでした。果たして友奈たちは、神樹様を守り抜いて世界を救うことができるのでしょうか。

ストーリーのテンポがよく、キャラも可愛く、燃える展開ありと、けっこう面白かったです。(^^;
前期と今期アニメの未消化分もあるので^^;、どれくらいのペースで視聴できるかわかりませんが、続けて視聴したいと思います。