日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


アヤメの過去が明らかになるお話でした。

ブレイクデカールを根絶するために、リクたちはキョウヤの作った有志連合に参加して戦っています。キョウヤと共に、敵の本拠に突入したリクは、サラの言葉に従いキョウヤとは別行動を取ります。そこに立ちふさがったのは、ついに謎の男の手下であることを白状したアヤメでした。

その間にも、戦いは続いています。この戦いの前に、謎の男は外部から傭兵プレーヤーを雇っていました。彼らはGBNに対して、何の愛情も持っていません。彼らの目的は、ただ単に雇い主から命じられた任務を遂行して、その報酬を手に入れることだけだったのです。

ブレイクデカールで強化され、再生能力を持った敵にキョウヤは苦戦していました。しかし、それはキョウヤが彼らの心のどこかにGBNへの愛情があることを期待したからでした。しかし、傭兵にそれがないことを知ったキョウヤは、圧倒的な実力の違いをみせつけて、傭兵を粉砕したのでした。

それは突入部隊を援護する、タイガーウルフとシャフリヤールも同じでした。本拠地の外で戦う2人は、協力して報酬しか頭にない傭兵を粉砕しました。いつもいがみ合ってばかりの2人ですが、こういう時はコンビネーションがいいですね。

そしてリクとサラは、アヤメの過去を知ることになりました。まだアヤメが初心者プレーヤーだった頃、彼女は1人で戦っていました。そんなアヤメを、同じSDガンダムを使うフォースが仲間として迎え入れてくれました。そしてアヤメは、そこで共に戦う仲間がいる楽しさを知りました。

アヤメたちのフォースは、どんどん強くなっていきました。それにつれて、メンバーもどんどん増えていきました。そして
彼らは自分たちの友情の証として、それぞれのガンプラのデータを集めた、世界に1つしかないSDガンダムを作り上げたのでした。

そしてアヤメたちは、ついにトップ10入りを狙えるほどのフォースになりました。しかし、その頃からフォースの中がギスギスし始めました。彼らの戦略が他のフォースに研究されて、今までのように勝てなくなったのです。そしてフォースのランキングは下がり続けます。フォースのリーダーは、何とかしようと焦りますが、流れを変えることは出来ませんでした。

そんな中、これまでSDガンダムにこだわっていたフォースに、リアルタイプのガンプラが投入されました。それを手に入れる代償として、リーダーはみんなのデータを集めたSDガンダムを謎の男に差し出していました。そして彼らは、決定的なバトルを迎えました。せっかくリアルタイプのガンプラを投入したのに、その戦いで勝つことができなかったのです。

そしてついに、フォースが結成された初期からのメンバーもいなくなり、アヤメ1人が残されました。自分たちの居場所を取り戻すために、アヤメは謎の男に接触してオリジナルのSDガンダムを返して欲しいと頼みました。その代償としてアヤメは、その男の命じるままに後ろ暗い仕事をするようになってしまったのです。(;_;)

しかしアヤメは、そんな自分を恥じていました。それに気づいたリクとサラは、アヤメの罪も含めて、アヤメを受け入れようとします。そんな2人の呼びかけに、ついにアヤメの心が動きました。リクたちと知り合い、ビルドダイバーズに加入したことで、アヤメはかって失ってしまったものを手に入れていたのです。

そこに新たな傭兵が襲いかかります。その傭兵のガンプラは、ブレイクデカールで強化されており、リクの攻撃を受け付けません。苦戦するリクを救ったのは、アヤメでした。アヤメは自らもチートを使用することで、傭兵のガンプラを操ったのです。自らを犠牲にするようなアヤメの攻撃のおかげで、リクとサラは先に進むことができました。

そしてリクとサラは、ついに謎の男のところまでたどり着きました。男はリクとサラが、まっすぐに自分のところにやって来たことに驚きました。そして彼は、GBNに対する深い怒りをあらわにしました。彼は何者で、どうしてここまでGBNを憎むようになってしまったのでしょうか。

というわけで、今回はアヤメの悲しい過去と、その先に生まれたリクたちとのつながりが泣かせるエピソードでした。
そしてキョウヤたちのGBNへの深い愛と、謎の男のGBNへの深い憎しみ。この戦いは、どんな形で終結することになるのでしょうか。次回も楽しみです!(^^)
マスダイバーの発生源を探るために、キョウヤの提案で有志連合が結成されるお話でした。

ブレイクデカールの影響は日に日に大きくなり、GBNの根幹にも影響を与えつつあります。そんな中、キョウヤは彼だけに許されたルートを利用して、GBNの管理者と接触しました。そこでキョウヤは、彼らがなぜマスダイバーを放置するのかを尋ねました。

運営側もマスダイバーのことは大きな問題だと考えていました。しかし、ブレイクデカールを使った者にも、それを使った記録が残されていないのです。さらにブレイクデカールをばらまいている人間については、全く手がかりがない状態でした。ブレイクデカールは、予想以上にシステムの中枢まで影響を与えていたのでした。

そしてキョウヤは、ロンメル元帥と共にある決断を下しました。そしてキョウヤから、リクのところにメールが届きました。フォースのメンバーを集めて、GBNに来て欲しいというのです。リクがキョウヤのところを訪れると、そこには大勢の有名なプレーヤーが集まっていました。

キョウヤは、彼らの力を借りてブレイクデカールをばらまいている人間を補足しようとしていたのです。そのために、キョウヤが信頼する有名なプレーヤーが、ここに集められたのです。しかし、まだ初心者のリクたちがどうして!?と思ったら、百鬼のオーガが、リクたちを推薦してくれたからでした。

オーガもまたキョウヤから誘いを受けていましたが、前回ドージがブレイクデカールを使ったことから、現在はチーム全体が謹慎中のようです。

キョウヤの部下がブレイクデカールの配布者に接触して、その所在が突き止められました。なんとその者は、初心者向けのエリアに隠れていたのです。有志連合は、そこを攻撃してしっぽをつかもうとします。しかし、破壊されても再生する敵のガンプラに苦戦しています。

そんな中、キョウヤやリクたちが施設の中に入り込みました。今回リクと同行していたサラは、不思議な力で敵の居場所がわかるようです。サラの言葉を信じて、リクはあえて別行動をとります。

そしてキョウヤは、中心となっているマスダイバーと遭遇しました。彼はブレイクデカールを使えばGBNがどうなるかは、全く考えていませんでした。自分の利益になれば、それでいいと考えていたのです。そんな相手とキョウヤは戦うことになりました。

一方、別行動をしていたリクは、妖しげな鳥のロボットに襲われました。リクは、後に続いくアヤメに危険を知らせますが、そこでついにアヤメは本性を現しました。その鳥のロボットは、アヤメが操っていたのです!

信じていたアヤメに突然裏切られて、リクは驚きます。そんなリクを、アヤメは黒幕のところに行かせないように阻止するつもりのようです。なぜアヤメは、黒幕の手下になってしまったのでしょうか。そしてリクは、アヤメを改心させることができるのでしょうか。

今回は、これまでで最大の作戦が展開されて、一気にスケールが大きくなりました。それに加えて、ついにアヤメも正体を明らかにしました。次回のリクとアヤメの戦いは、ものすごく盛り上がりそうで楽しみです!(^^)
フォース戦という形で、リクが因縁のあるオーガと再び戦うことになるお話でした。

オーガは弟のドージと共に、百鬼というフォースを結成していました。そこには、一度はオーガと戦い、その実力を認められた者だけがメンバーになっていました。百戦錬磨のプレーヤーの中で、ドージは足手まといになる存在だと自覚していました。それが前回のラストで、妖しげな売人からブレイクデカールを買った理由のようです。

そんな中、リクたちはランダムに対戦相手とミッションが決まる、バトランダムに参加することにしました。その対戦相手として割り当てられたのは、オーガに率いられた百鬼でした。最初にオーガに出会った時は、実力も経験も不足していたリクですが、さまざまな経験を経た今、再びオーガと戦えることにワクワクしています。

そして、リクたちとオーガたちとの戦いが始まりました。ミッションの内容は、リクたちが北極にある基地からシャトルが無事に発射させること、オーガたちはシャトルの発射を阻止することです。もちろん、どちらかのフォースが全滅した場合は、全滅させられたフォースの負けになります。

コーイチを中心に作戦を決めたリクたちは、オーガたちを迎え討ちます。戦いの前に、リクはまだトランザムを使わないと断言しました。圧倒的な実力を持つオーガに、それは不利な戦いをすることになりますが、仲間たちはそんなリクの決意を受け入れてくれました。

戦いは、氷河のクレバスでの攻防になりました。的確な防衛ラインを築いたことで、リクたちはオーガたちの足止めをします。ところが、兄の前で実力を示したいドージが、強行突破してリクの元へと向かいます。それを知ったオーガも、ドージの後を追いました。

そしてドージは、リクと戦いました。彼のガンプラも、以前と比べてパワーアップしていました。しかし、成長したのはドージだけではありません。なかなかよい戦いをしたようですが、ドージはリクに追い詰められました。そこにオーガが現れました。そしてリクとオーガの2度目の戦いが始まりました。

オーガはリクに、トランザムを使ってみろと挑発します。しかしリクは、トランザムなしで戦うと伝えました。それを聞いていきり立ったオーガは、トランザムを発動してリクを圧倒します。そして、ついにリクは追い詰められました。しかし、そこに邪魔が入りました。

ドージがついに、ブレイクデカールを発動させてしまったのです。ドージの使ったブレイクデカールは、今までとはタイプが違うものでした。操縦者の操作を受け付けないだけでなく、バトル中に破壊された機体が自動的に修復される機能まで搭載されていました。

暴走するドージのガンプラに、リクとオーガは協力して立ち向かうことになりました。しかし、暴走するガンプラはますます強大化していきます。戦いの中、リクは破壊した相手のガンプラの武器なら、相手の攻撃を受け止め、ダメージを与えることが出来ることに気づきました。

こうしてリクとオーガの活躍で、ドージのガンプラの暴走は止まりました。そしてオーガは、今回の不始末をリクにわびて、自ら戦いを棄権しました。戦いの後、ドージはみんなに謝り、兄に力を認めて欲しかったと泣きじゃくりました。
そんなドージに、フォースの仲間たちは、オーガはもうドージの力を認めている。だからこそ、一緒に戦っているのだと言ってくれたのでした。

そしてブレイクデカールの影響は、予想外に広がっていました。なんとロンメル元帥の精鋭部隊が、マスダイバーの前に壊滅的な打撃を受けたのです。次回はそんなマスダイバーに、キョウヤを中心としたプレーヤーたちが立ち向かうことになりそうです。

見た目はちょっと怖いオーガですが、戦いは正々堂々とを貫いていることがわかったのがよかったです。そして、そんなお兄さんが大好きだからこそ、お兄さんに認められるほど強くなりたいとドージが願う心情もよくわかりました。
1つ気がかりなのは、リクの救援に向かったアヤメが、彼女に監視を命じた者からの指示を聞き入れたことです。アヤメの心は、もうかなりリクたちにひかれていますが、GBNを破壊しようとする者との関係を断ち切れるのがいつになるのか気になりますね。
リクたちが、フェスに参加するお話でした。

前回のリクたちの戦いは、GBNの中でも大きな話題となりました。リクとユッキーは、その時の戦いをリプレイしては喜び合ってます。そんなリクたちのところには、フォース戦を戦って欲しいという依頼が次々と届いています。

その中のどれかと対戦しようとした時、マギーさんがフォースに所属してなければ参加できないフェスがあることを教えてくれました。今はちょうどベアッガイのフェスが開催されていました。ベアッガイの可愛さに魅せられたモモとサラは、フェスに参加する気満々です。

アヤメは最初はフェスへの参加を嫌がってましたが、実はベアッガイが大好きみたいです。その後は、なし崩しにアヤメもベアッガイのコスプレをさせられたり、プチッガイにメロメロなところを写真に撮られたりして、完全にリクたちのペースにのせられてます。(^^;

そしてリクたちは、女の子だけでフォースを結成しているというカナリとステアと知り合いました。2人に誘われて、リクたいも宝物が手に入るという、イベントミッションに参加することになりました。それはフェス会場のあちこちに隠されたヒントを元に、お宝を探すイベントでした。

前にもイベントに参加したことがあるステアたちは、有利にイベントを進めています。一方、リクたちは苦戦するかと思いきや、なぜかこれまでフォースに所属したことがないはずのアヤメが、イベントのことをよく知っていました。どうやらアヤメは、以前にどこかのフォースに所属していたことがあり、そこでの経験がトラウマになっているようです。

アヤメのアドバイスもあり、リクは最初に宝箱を見つけることができました。そんなリクに、いきなりステアのガンプラが襲いかかりました。イベント中にプレーヤーを襲うのは、かなりマナー違反の行動です。しかしステアには、何としてでも勝利にこだわる理由があったのです。

フォースの中で、ステアは足手まといとなる存在でした。このまま役に立たなければ、いつかフォースから追い出されてしまうのではないかとステアは思い詰めていたのです。そんなステアを、リクは必死に説得します。しかしステアは全く聞き入れません。そしてリクに勝つために、ステアはブレイクデカールを投入しました。

ステアをこのままにしておけば、楽しいGBNの世界が破壊されてしまいます。リクはステアを止めるために、戦いステアのガンプラを倒しました。そんなステアを救ったのは、同じフォースのカナリでした。ステアが考えたようには、カナリは思っていませんでした。たとえバトルの実力は劣っても、ステアは大切な仲間だと断言してくれました。その言葉を聞いて、ようやくステアは正気に戻ったのでした。

こうしてリクたちは、ステアの暴走を止めることができました。しかし、リクたちが思っているより深いところまで、ブレイクデカールは広まっているようです。そんな風にGBNを怖そうとする者を、リクは絶対に許せないと思うのでした。

これで終わりかと思ったら、最後にドージが妖しげな男と接触していました。彼は強くなるために、ブレイクデカールに手を出そうとしているようです。次回は、そんなドージとリクたちが戦うことになるのでしょうか!?

予告を見た時は、もっと軽いお話かと思いましたが、ブレイクデカールの予想以上の広がり、アヤメの心の揺れ動き、フォースで共に戦う仲間の友情なども描かれていて、かなりいいお話でした。(^^)
リクたちが、初めてのフォース戦に挑戦するお話でした。

あらたなメンバー・コーイチも加わって、ようやくリクたちはフォースを結成することが出来ました。次はフォース戦に挑戦しようと考えたリクたちでしたが、サラがガンプラを持ってないことが発覚しました。GBNはガンプラがなければ参加できないのではなく、ガンプラ以外を楽しみに参加してもいいんですね。

初めてのフォース戦にそなえて、モモはコーイチにアドバイスしてもらい、自分のガンプラを作り上げました。どうやらペンギンをモチーフにしたデザインみたいです。そしてリクとユッキーは、最初の対戦相手を決めました。相手チームもリクたちと同じく、初心者のようです。

しかしサラがガンプラを持ってないので、このままだと戦力的なバランスが悪くなります。そこでリクは、前に助けてもらったアヤメをメンバーに誘いました。リクたちを監視するよう命じられているアヤメは、その提案を聞き入れてくれました。こうして5人対5人のフォース戦が始まりました。

相手のチームは、初心者の集まりですが、実はGBNでも有名な有力チームのメンバーでした。新人の教育のために、素性を隠してフォース戦に挑戦していたのです。そんな戦い慣れした相手に、リクたちは互角以上に渡り合いました。作戦面では、コーイチのこれまでの経験が大きな役割を果たしました。

さらに、それぞれ独自に強化してきたリクたちのガンプラも、かなりの仕上がりをみせました。中でも面白かったのは、モモが作ったペンギンのようなガンプラでした。水中戦に特化したガンプラと思いきや、大きなボディの中からハロのような小さなガンプラが出てきたのには驚きました!

相手の狙いを見抜いて先手を打ち、ガンプラの完成度でも相手を圧倒したリクたちは、最初のフォース戦に勝利したのでした。そんなリクたちのことを、以前に戦ったオーガとドージの兄弟が知りました。オーガの実力に、以前は一方的な圧倒されたリクでしたが、次に2人が戦った時はどんなバトルをみせてくれるのか気になりました。(^^)
フォース結成前に、リクたちが新たなメンバーを迎え入れるお話でした。

タイガーウルフやシャフリヤールのフォースへの参加を断って、自分たちのフォースを作ろうとするリクたち。しかし、メンバーは新人ばかりで、ちょっと心許ない感じです。そんな時、モモがレンタルして使っているガンプラの作者が、ショップのお姉さん・ナナミのお兄さんだとわかりました。

ナナミのお兄さん・コウイチは、優れたガンプラ・ビルダーでした。しかし、ある時を境にガンプラ・バトルの世界から手を引いてしまっていました。コウイチの元を訪れたリクたちは、自分たちのフォースに入ってくれとお願いします。しかしコウイチは、それを頑なに断るのでした。

そしてリクたちは、なぜコウイチがガンプラ・バトルから離れることになったのか知りました。コウイチは、今のGBNのシステムが出来る前に、ガンプラバトルに入れ込んでいました。その時のコウイチは、仲間と共にガンプラ・バトルに熱中していました。

ところが、GBNが出来て仲間が次々とガンプラ・バトルを止めていきました。そしてコウイチも、ガンプラ・バトルから手を引いて、部屋に引きこもるようになってしまいました。そんなお兄さんを何とかしてあげたくて、ナナミはショップのガンプラ作りをお願いしていました。モモが使ったガンプラは、そんなお兄さんが作ったガンプラだったのです。

事情を知ったリクたちは、強引にコウイチをGBNに誘ったことを謝りました。そんなリクたちの姿に、コウイチも心を動かされるものがありました。久しぶりにGBNにアクセスしたコーイチは、そこでサラと出会いました。そしてコーイチはリクたちがまだGBNを始めたばかりなのに、マギーやタイガーウルフ、シャフリヤールといった有名プレーヤーと知り合いなことに驚きました。

その頃、ショップの倉庫でリクたちは昔コウイチが作ったガンプラを見つけました。どれも心を込めて作られたものでしたが、ずっと倉庫の中で眠っていたのです。コウイチをGBNに誘うこととは関係なく、リクたちはそのガンプラを元通りにしたいと思いました。そしてショップで、ガンプラの修理を始めたのでした。

ナナミに連れられて、コウイチはそんなリクたちの様子を見せられました。リクたちは、コウイチがガンプラに込めた思いを、きちんと受け取ってくれていました。それを知ったコウイチは、自らリクたちのフォースに参加することを決めました。ただし、ガンプラ作りのアドバイスはするけれど、自分のガンプラは自分で作るという条件つきです。

これでめでたくフォース結成と思いきや、ずっとGBNには参加していなかったコーイチはレベルが低すぎて、フォースのメンバーに加わることが出来なかったのでした。というわけで、まずはコーイチのレベルアップが必要ですね。(^^;
リクたちが、ガンプラ・ビルダーの聖地・ペリシアに出かけるお話でした。

GBNにはいろいろな世界がありますが、ペリシアはその中でもガンプラ・ビルダーの聖地として知られていました。そこは中立地帯になっていて、許可なくガンプラを持ち込むことが出来ません。地図でその場所を確認して、ペリシアへと向かうリクたちでしたが、地図のスケールを確認してなかったために砂漠で遭難しそうになっていました。

そこに現れたのは、リクたちの監視を命じられたアヤメでした。アヤメのジープに乗せてもらい、リクたちはようやくペリシアへと到着しました。そこでリクたちは、ガンプラ愛を語る青年と出会いました。その指摘は的確で、リクたちにも理解できるものでした。

そんな中、ペリシアに有名なビルダー・シャフリヤールがやって来ました。しかし、その男のガンプラはやたらと重武装にしただけで、美しさが感じられないデザインでした。男の連れがそんなリクの発言を聞いて、リクたちに詰め寄ってきました。それを救ったのは、またしてもアヤメでした。

リクたちの発言がきっかけで、その男は偽物だとバレてしまいました。その男は、アヤメを裏で操る男の取引相手でした。そのためアヤメは、今度は男たちに協力して、リクたちをおびき出す役を任されることになりました。自分を人質にしてもリクたちは来ないとアヤメは言いますが、リクたちはアヤメを助けるためにガンプラ愛を語る青年から借りたプトレマイオスで、アヤメを救い出そうとします。

作戦はシンプルで、リクとユッキーが囮となって戦っている間に、モモとサラがアヤメを安全なところまで救い出します。プトレマイオスの性能は素晴らしく、リクたちは偽物相手の戦いを優位に進めます。しかし、敵はマスダイバーでした。彼らはルールを無視したパワーアップで、リクたちを圧倒します。

そこに現れたのが、リクたちにガンプラを貸してくれた青年でした。彼こそが本当のシャフリヤールだったのです!
本物のシャフリヤールが作ったガンプラの力は凄いものでした。パワーアップした敵の攻撃をものともせず、あっという間に敵を粉砕したのでした。

戦いの後、シャフリヤールは自分のフォースにリクたちを誘います。さらに前回、リクたちを特訓してくれたタイガーウルフも現れて、自分のフォースに入らないかと誘いました。しかしリクは、それを断りました。リクは誰かのフォースに所属するのではなく、自分のフォースを作って自分のスタイルで戦う道を選んだのでした。

シャフリヤールの正体は最初からバレバレでしたが^^;、なぜ完成度の高いガンプラを作ることが強力な機体を作り出すことにつながるのかも説明されていて、なるほど〜と感心しました。
キョウヤと出会って強くなりたいと思い始めたリクたちが、タイガーウルフの元で修行をするお話でした。

GBNを守るために戦うキョウヤの姿に、リクは憧れを感じました。そして少しでもキョウヤに近づくために、どうしたらいいのか考え始めました。でも初心者のリクには、その方法が全くわかりません。そこでGBNにアクセスしたリクたちは、マギーさんに相談しました。

そんなリクたちに、マギーさんは知り合いを紹介してくれました。そしてリクたちは、その人の元へと向かいます。
アジアン・サーバにいるその人は、タイガーウルフという人でした。狼のようなアバターをしたその人は、最初はリクとユッキーのお願いを簡単には聞き入れてくれませんでした。

でも同行していた、サラとモモがお願いすると、あっさりと頼みを聞いてくれました。どうやらタイガーウルフは、女の子にはめちゃめちゃ弱いようです。(^^;

そしてリクたちの修行が始まりました。サイバー空間なのに、ジャッキー・チェンの映画でやっていたようなトレーニングをしています。この世界ではアバターは疲れ知らずなので、このトレーニング自体には意味がありません。しかし、リアルの世界とは違う、GBNならではの感覚をタイガーウルフは教えようとしていたのでした。

修行を積んだリクとユッキーは、最後の試練としてアバターのままでモビルスーツと戦うように命じられました。
それに驚くリクたちでしたが、その無謀といえる試練を受けました。これまでのトレーニングの成果もあり、なんとかリクたちは練習相手を倒すことができました。

そんなリクたちの前に、賞金稼ぎを自称する男が現れました。彼はタイガーウルフに戦いを挑んできたのです。実力ははるかに及びませんが、そんな敵の無法はリクたちも許せませんでした。そしてリクとユッキーは、はるかにレベルが上の相手に戦いを挑みました。苦戦する中、リクたちは心が折れそうになりました。しかし、2人は最後まで戦うことを諦めませんでした。

そんな2人に敵が怯んだところに、自らのガンプラに乗ったタイガーウルフが現れました。彼は得意の格闘戦で、あっさりと敵を粉砕しました。そしてリクたちは、自分たちもレベルを上げれば、今回タイガーウルフが使ったような自分だけの必殺技を持つことが出来ることを知ったのでした。

というわけで、リクたちは着実にレベルを上げています。今回もモモカがリクたちに同行しましたが、ガンプラはお店に用意されていたものでした。モモカとサラも、この先自分のガンプラで戦うことになるのかな!?

そうそう。フードをかぶった謎の男が、リクたちの動きを監視していたのも気になります。彼は何者で、何のためにリクたちを監視しているのでしょうか!?
モモカも一緒にGBNにやって来たリクたちが、思わぬ友人を得るお話でした。

GBNでは、最近マスダイバーと呼ばれる違法行為を行うプレーヤーが原因で、初心者プレーヤーがカモにされたり、システムにバグが発生していました。それを調べるために、GBNチャンピオンのキョウヤが動きます。

そんなキョウヤがチャンピオンになった時のバトルは、リクやユッキーを夢中にさせていました。リクは先日のオーガとの戦い以来、なんとなく元気がありません。しかし、チャンピオンのことを熱く語るリクを見て、ユッキーは少し安心したのでした。

そしてユッキーが新しく作った武器のテストもかねて、リクたちはGBNに入ろうとします。そこにサッカー部にしつこく勧誘してくるモモカが現れました。モモカは、2人が夢中になっているGBNに興味を持ちました。そして2人と一緒に、GBNを体験してみたいというのです。

こうしてモモカも加えて3人で、GBNにアクセスしました。モモカはまだ自分のガンプラがないので、ゲストキャラを利用してのアクセスとなります。リクやユッキーは人型のアバターですが、お試し中のモモカはハロの姿でアクセスすることになってしまいました。

GBNで、リクたちは再びサラと出会いました。今回は連続した戦いを行う、連戦ミッションにリクたちは挑もうとしています。そんなリクたちに、仮面をつけた謎の青年が声をかけてきました。キョウヤと名乗ったその青年は、リクたちと共にミッションに挑戦することになりました。

キョウヤの巧みな誘導もあり、リクたちは次々と戦いをこなしていきます。しかし、戦いながらもリクは何かを思い悩んでいました。そんなリクに、キョウヤが話しかけてきました。リクは自分のモヤモヤした思いを、キョウヤに話しました。するとキョウヤは、リクがオーガに負けて悔しかったこと。しかし、それは悪いことではなく、それだけ真剣にリクがGBNに参加しているからだと教えてくれました。キョウヤと話たことで、リクは何かが吹っ切れたようです。

そして戦いを続けるリクたちの前に、マスダイバーたちが現れました。彼らは本来ならリクたちがもらうはずのポイントを、自分たちのものにしようとしていたのです。インチキをしているマスダイバーにリクたちは苦戦しますが、ここでもキョウヤがどれだけパワーアップしても、関節の強さは変えられないことを教えます。

そんな中、さらなる敵が現れました。最後の戦いで登場するはずのデビルガンダムが、リクたちの前に現れたのです。デビルガンダムは、初心者相手とは思えない強さを持っていました。マスダイバーたちは、次々とデビルガンダムの餌食になります。さらにデビルガンダムは、サラとモモカを攻撃してきます。

サラたちを守ったのは、デビルガンダムの攻撃を自分の機体で受け止めたキョウヤでした。キョウヤは自分の素性を隠すために、チャンピオンとして使っているガンプラを偽装していましたが、その攻撃で正体が明らかになりました。キョウヤは暴走するデビルガンダムを倒そうとします。そんなキョウヤを、リクたちも援護します。

こうしてリクたちは、連戦ミッションをクリアしました。戦いの後、キョウヤは素性を隠していたことをリクたちに謝りました。チャンピオンを目の前にして、リクはいつかキョウヤと戦ってみたいと思いました。大きな目的を得たことで、リクは元気を取り戻しました。そしてキョウヤは、リクたちと友達になってくたのでした。

今回も安定した面白さでした。今は最強のプレーヤーとなったキョウヤですが、そこに至るまでには数多くの試行錯誤があったことが匂わされていたのもよかったですし、キョウヤと戦いたいという大きな目的が出来たことでリクが自分のGBNへの熱い思いに気づくことになる展開もよかったです。(^^)
リクが、ドージの兄オーガと戦うことになってしまうお話でした。

GBNに夢中のリクとユッキーですが、サッカー部のモモカは、何とかしてリクをサッカー部に入れようと勧誘を続けています。そんなモモカから、2人は何とか逃げ出して、GBNへと向かいます。

今日はユッキーのガンプラは整備中なので、リクの機体だけでの参加です。GBNはガンプラを持ってなくても、アクセスすることができました。そうして情報交換や仲間作りができるのも、GBNの楽しみみたいです。

そしてリクたちは、再び前回助けた女の子と出会いました。彼女の名前はサラです。さっそくサラと友達になったリクたちでしたが、サラもガンプラを持ってないようです。彼女の謎が、物語の1つの軸になりそうですね。

マギーさんからアドバイスをもらったリクたちは、3人で簡単なミッションをこなすことにしました。その合間に、リクには試したいことがありました。リクの機体のベースとなっているガンダム00には、トランザムというパワーアップ機能があります。前回の戦いでは、それを使うことはありませんでしたが、それが使えるかテストしてみたかったのです。

リクがトランザムを起動すると、機体の表面が赤く変わりました。パワーアップに成功したようでしたが、サラが何か異変を感じました。どうやらリクの機体は、トランザムを使うには問題を抱えているようです。心配そうなサラに、リクはトランザムは使わないと約束しました。

ミッションを終えた帰り道、リクたちは前回卑怯な手を使ったドージと出会いました。今日のドージは、お兄さんのオーガと一緒でした。オーガは何者かに、この場所に呼び出されたのです。オーガに呼び出されたのは、彼に負けたプレーヤーたちでした。彼らは屈辱を晴らすために、オーガに戦いを挑んできたのです。

オーガは、リクたちもそんな連中の仲間だと思い込みました。こうして、いきなり激しいバトルが始まってしまいました。
リクはオーガだけでなく、彼を狙うプレーヤーからもオーガの敵だと思われて狙われてしまいます。一方、オーガは立ちはだかる敵を次々と倒していきます。

そんな中、敵のプレーヤーはルール違反の方法を使って、強引にパワーアップしました。それにオーガは、全く屈せずに立ち向かいます。裏技を使ってオーガに勝とうとしたプレーヤーは、機体がそのパワーに耐えきれずに自滅してしまいました。そしてオーガは、今度はリクに襲いかかります。

オーガとの激しい戦いの中、リクはやむを得ずトランザムを発動しました。それで一時はリクはオーガと互角の戦いをします。ところが、まだ不完全なリクのガンプラでは、長時間のトランザムには耐えられませんでした。そんなリクに、オーガがとどめを刺そうとした時、サラが立ちはだかりました。そのおかげで、リクの機体は破壊されずにすみました。

戦いの後、リクはオーガとの実力の違いを思い知りました。そしてリクは、サラに約束を破ってしまったことを謝りました。そしてもっと実力がつくまで、トランザムは使わないと改めて約束したのでした。

そうそう。リクたちを追ってきたモモカは、GBNのお姉さんナナミさんにつかまって、なぜかコスプレして遊ばれてました。ナナミさん、ガンプラには詳しくありませんが、コスプレは大好物みたいです。(^^;

ということで、第2話もいろいろあって面白かったです。今回、リクはオーガと戦ったことで、より強いプレーヤーと戦うことに心を動かされました。その気持ちがリクを、これからどんな風に変えていくのか気になります。
新番組のお試し視聴です。ガンダムビルドファイターズの続編かと思ったら、ガンプラでバトルするのは同じですが、それを仮想空間で行う今までとは違うシステムをベースにしたお話でした。

主人公のリクは、親友のユッキーと一緒にGBNに参加することに憧れる中学生です。運動神経のいいリクは、サッカー部から頼りにされたりしていますが、今のリクにはGBNしか頭にありません。

そしてついに、リクとユッキーがGBNにデビューする日が来ました。ガンプラ作りが得意なユッキーは、すでにGBNに参加する機体を決めていましたが、リクは新しいガンプラを作ることにしました。どの機体にするのか迷う中、リクは何かに誘われるように1つの機体を選びました。それはガンダム00でした。

完成させたガンダム00に、リクは手持ちのガンプラも加えて、自分なりの機体を作り上げました。そしてついに、GBNにデビューです。そこで2人は、マッチョなお姉キャラのマギーと知り合いました。マギーはかなりの腕前のプレーヤーですが、今は初心者のナビゲートを中心に活躍しています。

マギーのアドバイスに従い、リクとユッキーは最初のチュートリアルに挑戦しました。ガンダムビルドファイターズでは、プレーヤーが自分の機体に乗り込むのは無理でしたが、今回は仮想空間が舞台ということで、実際にガンダムに乗って操縦することができるのがいいですね。

順調にミッションをこなした2人でしたが、救難信号が出ているのに気づきました。現場に駆けつけたリクは、そこで1人の女の子を助けました。その女の子は、どこか浮き世離れした雰囲気を持ってます。さらに2人は、また別の救難信号を受信しました。ところがそれは、初心者プレーヤーをターゲットにして、ポイントを稼ごうとしている卑怯な少年でした。

その少年にだまされて、リクとユッキーはプレーヤー同士で戦うことになってしまいました。しかし、今日GBNにデビューしたばかりの2人は、その少年に一方的にやられてしまいます。リクが諦めかけた時、彼の背中を押してくれたのは、先ほど助けた女の子でした。女の子は、リクのガンプラはまだ戦うことを諦めてないと言います。

その言葉に励まされて、リクは戦いを続けます。手持ちの武器を破壊されて、大ピンチのリクでしたが、ユッキーとの連携でなんとか卑怯な少年を撃退することができました。

こうして2人は、最初のGBNを終えました。不思議なことに、リクたちが助けた女の子は戦いが終わるとどこかに消えてしまいました。彼女はいったい何者なのでしょうか。

ガンプラバトルに仮想空間を持ち込んだことで、今までと雰囲気も変わり思った以上に面白かったです!(^^)