日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


モモカも一緒にGBNにやって来たリクたちが、思わぬ友人を得るお話でした。

GBNでは、最近マスダイバーと呼ばれる違法行為を行うプレーヤーが原因で、初心者プレーヤーがカモにされたり、システムにバグが発生していました。それを調べるために、GBNチャンピオンのキョウヤが動きます。

そんなキョウヤがチャンピオンになった時のバトルは、リクやユッキーを夢中にさせていました。リクは先日のオーガとの戦い以来、なんとなく元気がありません。しかし、チャンピオンのことを熱く語るリクを見て、ユッキーは少し安心したのでした。

そしてユッキーが新しく作った武器のテストもかねて、リクたちはGBNに入ろうとします。そこにサッカー部にしつこく勧誘してくるモモカが現れました。モモカは、2人が夢中になっているGBNに興味を持ちました。そして2人と一緒に、GBNを体験してみたいというのです。

こうしてモモカも加えて3人で、GBNにアクセスしました。モモカはまだ自分のガンプラがないので、ゲストキャラを利用してのアクセスとなります。リクやユッキーは人型のアバターですが、お試し中のモモカはハロの姿でアクセスすることになってしまいました。

GBNで、リクたちは再びサラと出会いました。今回は連続した戦いを行う、連戦ミッションにリクたちは挑もうとしています。そんなリクたちに、仮面をつけた謎の青年が声をかけてきました。キョウヤと名乗ったその青年は、リクたちと共にミッションに挑戦することになりました。

キョウヤの巧みな誘導もあり、リクたちは次々と戦いをこなしていきます。しかし、戦いながらもリクは何かを思い悩んでいました。そんなリクに、キョウヤが話しかけてきました。リクは自分のモヤモヤした思いを、キョウヤに話しました。するとキョウヤは、リクがオーガに負けて悔しかったこと。しかし、それは悪いことではなく、それだけ真剣にリクがGBNに参加しているからだと教えてくれました。キョウヤと話たことで、リクは何かが吹っ切れたようです。

そして戦いを続けるリクたちの前に、マスダイバーたちが現れました。彼らは本来ならリクたちがもらうはずのポイントを、自分たちのものにしようとしていたのです。インチキをしているマスダイバーにリクたちは苦戦しますが、ここでもキョウヤがどれだけパワーアップしても、関節の強さは変えられないことを教えます。

そんな中、さらなる敵が現れました。最後の戦いで登場するはずのデビルガンダムが、リクたちの前に現れたのです。デビルガンダムは、初心者相手とは思えない強さを持っていました。マスダイバーたちは、次々とデビルガンダムの餌食になります。さらにデビルガンダムは、サラとモモカを攻撃してきます。

サラたちを守ったのは、デビルガンダムの攻撃を自分の機体で受け止めたキョウヤでした。キョウヤは自分の素性を隠すために、チャンピオンとして使っているガンプラを偽装していましたが、その攻撃で正体が明らかになりました。キョウヤは暴走するデビルガンダムを倒そうとします。そんなキョウヤを、リクたちも援護します。

こうしてリクたちは、連戦ミッションをクリアしました。戦いの後、キョウヤは素性を隠していたことをリクたちに謝りました。チャンピオンを目の前にして、リクはいつかキョウヤと戦ってみたいと思いました。大きな目的を得たことで、リクは元気を取り戻しました。そしてキョウヤは、リクたちと友達になってくたのでした。

今回も安定した面白さでした。今は最強のプレーヤーとなったキョウヤですが、そこに至るまでには数多くの試行錯誤があったことが匂わされていたのもよかったですし、キョウヤと戦いたいという大きな目的が出来たことでリクが自分のGBNへの熱い思いに気づくことになる展開もよかったです。(^^)
リクが、ドージの兄オーガと戦うことになってしまうお話でした。

GBNに夢中のリクとユッキーですが、サッカー部のモモカは、何とかしてリクをサッカー部に入れようと勧誘を続けています。そんなモモカから、2人は何とか逃げ出して、GBNへと向かいます。

今日はユッキーのガンプラは整備中なので、リクの機体だけでの参加です。GBNはガンプラを持ってなくても、アクセスすることができました。そうして情報交換や仲間作りができるのも、GBNの楽しみみたいです。

そしてリクたちは、再び前回助けた女の子と出会いました。彼女の名前はサラです。さっそくサラと友達になったリクたちでしたが、サラもガンプラを持ってないようです。彼女の謎が、物語の1つの軸になりそうですね。

マギーさんからアドバイスをもらったリクたちは、3人で簡単なミッションをこなすことにしました。その合間に、リクには試したいことがありました。リクの機体のベースとなっているガンダム00には、トランザムというパワーアップ機能があります。前回の戦いでは、それを使うことはありませんでしたが、それが使えるかテストしてみたかったのです。

リクがトランザムを起動すると、機体の表面が赤く変わりました。パワーアップに成功したようでしたが、サラが何か異変を感じました。どうやらリクの機体は、トランザムを使うには問題を抱えているようです。心配そうなサラに、リクはトランザムは使わないと約束しました。

ミッションを終えた帰り道、リクたちは前回卑怯な手を使ったドージと出会いました。今日のドージは、お兄さんのオーガと一緒でした。オーガは何者かに、この場所に呼び出されたのです。オーガに呼び出されたのは、彼に負けたプレーヤーたちでした。彼らは屈辱を晴らすために、オーガに戦いを挑んできたのです。

オーガは、リクたちもそんな連中の仲間だと思い込みました。こうして、いきなり激しいバトルが始まってしまいました。
リクはオーガだけでなく、彼を狙うプレーヤーからもオーガの敵だと思われて狙われてしまいます。一方、オーガは立ちはだかる敵を次々と倒していきます。

そんな中、敵のプレーヤーはルール違反の方法を使って、強引にパワーアップしました。それにオーガは、全く屈せずに立ち向かいます。裏技を使ってオーガに勝とうとしたプレーヤーは、機体がそのパワーに耐えきれずに自滅してしまいました。そしてオーガは、今度はリクに襲いかかります。

オーガとの激しい戦いの中、リクはやむを得ずトランザムを発動しました。それで一時はリクはオーガと互角の戦いをします。ところが、まだ不完全なリクのガンプラでは、長時間のトランザムには耐えられませんでした。そんなリクに、オーガがとどめを刺そうとした時、サラが立ちはだかりました。そのおかげで、リクの機体は破壊されずにすみました。

戦いの後、リクはオーガとの実力の違いを思い知りました。そしてリクは、サラに約束を破ってしまったことを謝りました。そしてもっと実力がつくまで、トランザムは使わないと改めて約束したのでした。

そうそう。リクたちを追ってきたモモカは、GBNのお姉さんナナミさんにつかまって、なぜかコスプレして遊ばれてました。ナナミさん、ガンプラには詳しくありませんが、コスプレは大好物みたいです。(^^;

ということで、第2話もいろいろあって面白かったです。今回、リクはオーガと戦ったことで、より強いプレーヤーと戦うことに心を動かされました。その気持ちがリクを、これからどんな風に変えていくのか気になります。
新番組のお試し視聴です。ガンダムビルドファイターズの続編かと思ったら、ガンプラでバトルするのは同じですが、それを仮想空間で行う今までとは違うシステムをベースにしたお話でした。

主人公のリクは、親友のユッキーと一緒にGBNに参加することに憧れる中学生です。運動神経のいいリクは、サッカー部から頼りにされたりしていますが、今のリクにはGBNしか頭にありません。

そしてついに、リクとユッキーがGBNにデビューする日が来ました。ガンプラ作りが得意なユッキーは、すでにGBNに参加する機体を決めていましたが、リクは新しいガンプラを作ることにしました。どの機体にするのか迷う中、リクは何かに誘われるように1つの機体を選びました。それはガンダム00でした。

完成させたガンダム00に、リクは手持ちのガンプラも加えて、自分なりの機体を作り上げました。そしてついに、GBNにデビューです。そこで2人は、マッチョなお姉キャラのマギーと知り合いました。マギーはかなりの腕前のプレーヤーですが、今は初心者のナビゲートを中心に活躍しています。

マギーのアドバイスに従い、リクとユッキーは最初のチュートリアルに挑戦しました。ガンダムビルドファイターズでは、プレーヤーが自分の機体に乗り込むのは無理でしたが、今回は仮想空間が舞台ということで、実際にガンダムに乗って操縦することができるのがいいですね。

順調にミッションをこなした2人でしたが、救難信号が出ているのに気づきました。現場に駆けつけたリクは、そこで1人の女の子を助けました。その女の子は、どこか浮き世離れした雰囲気を持ってます。さらに2人は、また別の救難信号を受信しました。ところがそれは、初心者プレーヤーをターゲットにして、ポイントを稼ごうとしている卑怯な少年でした。

その少年にだまされて、リクとユッキーはプレーヤー同士で戦うことになってしまいました。しかし、今日GBNにデビューしたばかりの2人は、その少年に一方的にやられてしまいます。リクが諦めかけた時、彼の背中を押してくれたのは、先ほど助けた女の子でした。女の子は、リクのガンプラはまだ戦うことを諦めてないと言います。

その言葉に励まされて、リクは戦いを続けます。手持ちの武器を破壊されて、大ピンチのリクでしたが、ユッキーとの連携でなんとか卑怯な少年を撃退することができました。

こうして2人は、最初のGBNを終えました。不思議なことに、リクたちが助けた女の子は戦いが終わるとどこかに消えてしまいました。彼女はいったい何者なのでしょうか。

ガンプラバトルに仮想空間を持ち込んだことで、今までと雰囲気も変わり思った以上に面白かったです!(^^)