日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ルパンたちが、殺し屋の大群と戦うお話でした。

SNSで居場所を知られてしまうルパンは、あえて自分から情報を発信することで大衆の興味を薄れさせました。しかし、マルコポーロの幹部は、ルパンの発信した情報を元に大勢の殺し屋を差し向けてきたのです。ルパンとアミ、次元、五右衛門とそれぞれに殺し屋に狙われています。

アミを守りつつ戦うルパンは、大勢の殺し屋と戦うために、工場へと彼らを誘い込みました。アミのハッキング能力を使って工場の機械を動かしたルパンは、彼らの多くをそこで倒しました。しかし逃走中に、アミが殺し屋の放った弾丸を肩に受けてしまいました。

傷ついたアミを手当てしつつ、ルパンは次の作戦を考えました。それは大勢の殺し屋を一カ所に集めて、倒してしまうためでした。ルパンは、殺し屋が自分ではなくアミを狙って銃撃したことから、このゲームのもう1つの意味に気づいたのです。それは今ではゲームのルールが、ルパンがいつ殺されるかを予想するゲームになったことと関係がありました。

殺し屋たちは、それぞれが予想した時間にルパンを殺そうとしていたのです。そうすれば彼らは、ゲームの勝者になり大金を手にすることができます。これをルパンは逆手に取りました。

殺し屋たちは団結してルパンを殺そうとしているわけではありません。そこでルパンは、それぞれの殺し屋の殺害予想時間を他の殺し屋たちに教えました。その結果、殺し屋たちは自分より先にルパンを殺そうとしている相手を倒し始めました。自分の予想時間より前にルパンを殺されては、大金を手に入れられなくなるからです。

こうして多くの殺し屋が、互いに殺しあいを始めました。そして最後に残ったは、ネズミ一族の頭でした。彼は太陽を背にした位置を利用して、ルパンの目をくらませようとします。ところがルパンは、最初から頭とまともな一騎打ちをするつもりはありませんでした。靴の中に仕込んだ銃で、ルパンは頭を倒しました。

これで全ての殺し屋が倒されたかと思ったら、いきなり不二子がルパンの前に現れました。彼女もまた、ルパンを狙っていました。これからの展開で、不二子はどういう役回りを果たすことになるのでしょうか!?

そうそう。ICPOの捜査権が及ばないため、銭形警部は休暇を取ってルパンのいる場所へと向かいます。銭形警部がこの事件にどう関わってくるかも、楽しみですね。(^^)
ネットを利用した追跡ゲームに、ルパンが対抗するお話でした。

マルコポーロ幹部は、ルパンゲームというSNSを利用してルパンたちを追い詰めようとします。そのせいで、ルパンたちの行動は警察に筒抜けです。空港を警官隊に封鎖されて、これまでかと思いきや、ルパンは思わぬ手段でそれに対抗してみせました。

まずは、駐車場に行き、ハイブリッド車を盗みました。それで逃走するのかと思いきや、ルパンたちは滑走路へと引き返します。アミから得た情報で、ルパンは滑走路の脇に滑走距離を必要としない垂直離着陸機があることを知っていたのです。
しかし、銭形はそんなルパンの意図を見抜いて、格納庫の電源をオフにしました。飛行機のエンジンを起動するには、電力が必要になるからです。

せっかく格納庫までたどり着いたものの、飛行機を起動することができず万事休すかと思いきや、なんとルパンは奪ったハイブリッド車の電力を利用して、垂直離着陸機を起動したのでした。最初に駐車場に向かった時から、ルパンはこの展開を予想していました。そして数ある車の中から、あえてハイブリッド車を選んでいたのでした。

こうしてルパンたちは、まんまと銭形たちから逃げ延びました。しかし、常にSNSに監視されている状況を何とかしなければなりません。ここでもルパンは、思い切った手段に出ました。なんと自分からSNSにアクセスして、自分たちが今どこで何をしているかをレポートし始めたのです。居場所のわからないルパンを探すのが、このゲームの面白さでしたが、探している相手が常にリアルタイムの情報を流しているのでは面白くありません。人々は急速に、このゲームに飽きてしまいました。

一方、ルパンを追う銭形は、ルパンの情報を見て逮捕に向かおうとします。ところが、ルパンが滞在しているのはICPOに加盟してない国でした。その国にルパンがいる限り、銭形たちICPOはルパンを逮捕するために乗り込んでいくことができません。

マルコポーロの幹部は、この事態に怒りますが、AIはさらに先の戦略まで考えていました。ルパンが自分の居場所を自分から知らせてくれることを逆手にとって、大量の殺し屋をルパンに差し向けたのでした。その一方で、SNSはルパンを探すゲームから、ルパンがいつ殺されるかを予想するゲームへと変貌しました。

大勢の殺し屋に取り囲まれたルパンたちは、この危機をどう切り抜けるのでしょうか。

今回もネットを駆使した駆け引きが、今までのルパン・シリーズにはない展開で面白かったです。(^^)
新番組のお試し視聴です。今度のルパン三世は、今までよりも現代的で驚きました!

泥棒の世界にも、ネットが普及しているようです。マルコポーロと呼ばれるサイトでは、麻薬や銃の販売が普通に行われているのでした。それ以外にも、そのサイトは仮想通貨でかなりの儲けを出していました。今回のルパンたちの狙いは、そのサイトを運営している施設でした。

その施設は、巨大なサーバを維持しています。海の中に立つそのツインタワービルは、海水を利用してコンピュータの冷却に利用しています。そこにルパンは、次元と共に侵入します。モノクル型のコンピュータを利用して、管理者権限を得たルパンたちは、そこに暮らしている少女の元へと訪れました。

その少女こそが、このサーバを構築した凄腕のハッカー・アミでした。アミ本人も建物から出ることを望んでいたため、ルパンたちは意外とあっさりとアミを連れ出すことに成功しました。しかし、サイトの運営者は仮想通貨を奪われたことに怒り、本格的にルパンたちに攻撃を仕掛けてきました。

彼らが利用したのは、一般大衆でした。ルパンハントと名づけられたゲームのようなシステムを使って、スマホやコンピュータを使っている人たちが、ルパンを見つけた時にそれを通報できるようにしたのです。それが原因で、ルパンたちの隠れ家はあっさりと見つけられてしまいました。その上、どこに逃げても大勢のゲーム参加者がルパンたちを狙っています。

というわけで、これまでのシリーズとは違い、現代的なテクノロジーも取り入れた内容で面白かったです。(^^)