日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


今回は、女傭兵のリオンティーヌの登場と、居酒屋「のぶ」に思わぬ危機が訪れるお話でした。

居酒屋「のぶ」に、見慣れない女性がやって来ていました。彼女は北方の貴族の元へと向かう途中で、この街に立ち寄りました。ここでリオンティーヌは、ある人物を探していました。

かって戦場で、リオンティーヌはその人物と刃を交えました。「鬼」と呼ばれたその人物は、重装備の騎士たちが沼地に足を取られている中、大胆にも軽装で戦いを挑んできたのです。そうすることで動きやすくはなりますが、敵からの攻撃が当たれば無事では済みません。

そしてリオンティーヌは、「鬼」に一撃を与えたものの、沼地に倒されて剣を突きつけられました。しかし「鬼」は、彼女が女性だと知ると、剣を引いて立ち去りました。その「鬼」を探して、リオンティーヌはこの街に来たのです。

鬼の正体は、ベルトホルトでした。「のぶ」に立ち寄ったベルトホルトは、リオンティーヌと再会しました。そして、その日は2人のおごりで、お店は大いに盛り上がりました。しかしリオンティーヌの本当の目的は、ベルトホルトと縁を結ぶことでした。しかしベルトホルトはすでに結婚していて、その願いは果たせませんでした。

ベルトホルトが帰った後、お店に1人残ったリオンティーヌに大将がお店のおごりだと、すまし汁を差し出すのがよかったです。

後半では、高慢な貴族のダミアンが、新たなお客を連れてお店に現れました。ダミアンが連れ来たのは、参事会議長バッケスホーフでした。バッケスホーフはいきなり、「のぶ」を買い取ると言い出しました。しかし大将やしのぶが、それを受け入れるはずがありません。

申し出を断ると、バッケスホーフは2人に後悔することになると脅します。そして、とりあえず生を飲んだバッケスホーフは、この店は帝国の法を犯していると言い出しました。

「のぶ」では、とりあえず生をエールという名目で提供していました。しかし、とりあえず生はエールではなく、厳密にはラガーだったのです。そしてラガーは、ご禁制の酒として販売することを禁じられていたのです。

絶体絶命のピンチにさらされた「のぶ」は、このまま無事に営業を続けることが出来るのでしょうか!?
今回は天ぷらの盛り合わせと、唐揚げ問答のお話でした。

ガラス職人のローレンツが、自作のビールグラスを持ってきました。先日、ハンスがグラスを割ってしまい、そのお詫びとして新しいグラスを持ってきたのです。

その時のぶでは、花園の熊亭が店じまいすることになり、その常連客たちが店主のビョェルンをねぎらっていたのです。
毎日休まず続けてきたビョェルンのお店では、蜂蜜酒が評判でした。それを求めて、常連客たちはさまざまな思いと共にお店に通っていたのです。

お店をやめると決意するまでには、ビョェルンにも迷いがあったようです。しかし腰を痛めたことで、ついに踏ん切りをつけたのです。

そんなビョェルンのために、大将はビョェルンの新しい門出を祝う天ぷらを作りました。さらにローレンツが持ってきた花柄模様のビールグラスは、ビョェルン専用とすることになったのでした。

後半は、ベルトホルト中隊長とニコラウス、ハンスが唐揚げ問答を繰り広げるお話でした。ベルトホルトは塩唐揚げ派で、ニコラウスは醤油唐揚げ派でした。お互いに自分の支持する方がおいしいと、一歩も譲りません。

ハンスは、そんな2人のやり取りにうんざりしながらも、塩と醤油どちらがいいと聞かれて、竜田揚げがいいと答えたのでした。3人の不毛な争いは、果てなく続くかに見えましたが、ベルトホルトの妻ヘルミーナの怖さに一気に終息したのでした。(^^; 見かけはおとなしそうなヘルミーナが、実は怖かったはありがちなので、もう一ひねり欲しい感じでした。
今回は、鰻にまつわるお話でした。

のぶに、水運ギルドの人たちがやって来ました。3人はアイテーリアの水運ギルドの有力者でした。今回は、その中の1つのラインホルトの取り仕切るギルドの人間が、ゴドハルトの縄張りで仕事をしてもめていました。ラインホルトは、自分の管轄の運河の漁業権を提供すると申し出ましたが、ゴドハルトはそれでは納得しません。

ラインホルトの運河では、この世界では雑魚扱いの鰻くらいしか捕れなかったからです。その話を聞いた大将は、鰻がいかにおいしい物かを3人に教えました。そのおかげで、こじれていた水運ギルドの問題も、なんとか解決したのでした。

後半は、見合い話が出ていたベルトホルトが、無事にヘルミーナと結婚して街に帰ってきました。ところが、少し前にのぶにやって来た密偵が荷馬車を強引に使ったために、ベルトホルトとヘルミーナに家を明け渡すはずだった住人がまだ引っ越せずにいました。

なんとか荷物はベルトホルトの官舎に収納しましたが、昼間の間そこにヘルミーナを置いておくわけにもいきません。
そこでベルトホルトは、ヘルミーナを昼間の間のぶで働かせて欲しいと頼みました。ちょうどのぶは、鰻が人気でお店が大繁盛していました。

そこでヘルミーナは、のぶのお手伝いをすることになりました。そんな中、木工職人の親方がやって来て、弟子が練習で作った木箱の使い道に困っていると相談してきました。鰻目当てのお客が増えて、夜の常連客にも迷惑をかけていたところだったので、その木箱を使って鰻をお弁当にして売り出しました。このお弁当は大人気になり、すべては丸くおさまりました。(^^)

先の物語に登場した人物の行動が、ちゃんと次の展開につながっているのが面白いですね。
しのぶに結婚話が持ち込まれるお話と、隣国の密偵がやって来るお話でした。

居酒屋のぶは繁盛していますが、常連のハンスたちはちょっと退屈しています。そこへ、老夫婦がやって来て、いきなりしのぶに孫の嫁にしたいと言い出しました。2人は、飛ぶ車輪亭を営むロルフとコローナでした。コローナはストーカーのようにしのぶの様子を観察して^^;、彼女こそが孫の嫁にふさわしいと思ったのです。

飛ぶ車輪亭は、肉料理が自慢です。そこで大将は、鹿肉を使ったメンチカツを作りました。そのおいしさは、肉料理に自信のあるロルフも驚かせるものでした。ウスターソースとマスタードをつけて食べるメンチカツ、おいしそうだなあ。(^^;

しのぶの結婚話もこのまま進むのかと思いきや、なんと老夫婦の孫はまだ7歳でした。見た目が若い(幼い!?^^;)しのぶを、コローナは14、15歳だと思い込んでいたのです。しのぶの結婚話は立ち消えになりましたが、10代だと思われたしのぶは複雑な心境のようです。

後半は、隣国の密偵ジャン=フランソワ・モーント・ド・ラ・ヴィニーが登場しました。
彼はのぶに立ち寄って得た情報を、急いで本国に持ち帰る途中でした。彼が何に驚いたかといえば、のぶで食べたサラダのおいしさでした。

長年の密偵経験から、ジャン(以下略^^;)は大衆的な居酒屋のサラダを食べれば、その国の状況を的確に知ることができると知りました。次々と出されるサラダのおいしさに、アイテーリアはとんでもない国力を持っているとジャンは勘違いしたのです。(^^;

この時に出されたマヨネーズで和えたポテサラに、黒胡椒をかけて食べていたのが特においしそうでした。今度やってみようっと!(^^;
親方同士の争いと、居酒屋のぶの過去が判明するお話でした。

鍛冶職人のホルガーとガラス職人のローレンツは、昔からの顔なじみのようです。2人とも「のぶ」の常連ですが、顔を合わせればケンカばかりしています。ホルガーは、大将が使っている包丁の完成度に感心しています。ローレンツは、ビールのグラスの完成度に驚いています。

何かとケンカしている2人ですが、お互いに相手の腕は認めています。でも、なぜか素直になれず、いつもケンカになってしまいます。今日はどっちが注文した料理が、とりあえず生に合うかで言い合いを始めました。おまけに、エーファのまかないに作ったオムそばを見て、2人ともそれが気になっている様子です。

エーファは家にいる弟や妹のことを思い出して、自分だけおいしい物を食べることをためらっています。でも、それを察したしのぶが、弟や妹にはちゃんとお土産を持たせてあげると言ってくれたおかげで、安心してオムそばを食べることが出来ました。

そんなエーファをうらやましそうに眺めつつ、再びケンカを始めた親方2人は、食事中は静かにしなさいとエーファから叱られたのでした。(^^;

後半は、居酒屋「のぶ」の事情が明かされました。しのぶは元々は、料亭の娘でした。でも、意に沿わない結婚話が進められるのに反発して、家を飛び出しました。大将はしのぶの料亭の料理人でしたが、独立してお店を始めるところでした。そんな大将のお店を、しのぶは手伝うことにしたのです。

お店が始まる日、しのぶは近所の稲荷神社に出向き、取っておきの1万円をお賽銭にしてお店の成功を願います。その願いが聞き届けられて(?)、「のぶ」の玄関は異世界とつながったのでした。

ある日、しのぶがお店を閉めようとしていると、店内に見慣れないお客がいました。どう見てもお稲荷さんの化身のそのお客は、油揚が食べたいと言います。そんなお客さんのために、大将は作りたての油揚を使った料理をふるまいます。
その料理のおいしさには、お稲荷様も満足されたようです。(^^)
今回は、イカ料理とサンドウィッチのお話でした。

衛兵隊の中隊長・ベルトホルトが、何やら悩んでいます。どうしたのかと思えば、彼はイカ料理が苦手で食べられないのでした。ところが、彼がお見合いする相手の親がイカ漁師だったのです。お見合いの席には、きっとイカ料理が出てきます。それを克服しないことには、ベルトホルトは愛するヘルミーナとの結婚話も流れてしまいます。

そんなベルトホルトのために、大将が腕を振るってイカ料理を提供します。ところが、どれもあと少しというところで食べられません。そんな中、エーファがなぜベルトホルトがイカが苦手なのか不思議に思いました。よくよく聞いてみると、ベルトホルトは、子供の頃に祖父から聞かされた巨大イカの話を信じ込んで、イカが恐ろしい怪物だと思い込んでいたのでした。(^^;

それがわかって、ベルトホルトはイカ料理にあらためて挑みます。ようやく食べられたイカ料理は、ベルトホルトがこれまで食べなかったことを後悔するほどおいしいものでした。ベルトホルトは、これまでの分を取り返すかのように、イカ料理を注文するのでした。

後半では、なにやら高飛車なお客が「のぶ」にやって来ました。あるお客のために、このお店を一晩借り切りたいというのです。それをしのぶは、きっぱりと断りました。このお店に来るのを楽しみにしている常連客がたくさんいるからです。

それでも男は、諦めませんでした。強面の用心棒を引き連れて、その男・ダミアンは美食家として知られるブランターノ男爵をお店に連れてきました。入り口で用心棒が見張っているので、他のお客は入ってこられず、不本意ながらお店は貸し切り状態になってしまいました。

ブランターノ男爵は、お店のメニューで評判になっているものを出せと言います。しかし、それはどれも寒い時期限定の料理で、常に出しているものではありません。それを知ったブランターノ男爵は、いったんは引き下がったかに見えましたが、今度はしのぶたちが聞いたこともない「シュニッツェル」という料理を出せと言い出しました。

それを聞いた大将も、それがどんな料理かわかりません。しかし、お客の望みを叶えるために、お店を抜け出して町の人に聞いてくることにしました。その間に、しのぶとエーファはまかないのサンドウィッチを作りました。それを見たブランターノ男爵は、それを食べてみたいと言い出しました。

そのサンドウィッチを一口食べた男爵は、そのおいしさに驚きました。そして、もっとサンドウィッチが食べたいと言い出しました。その要望に応えて、しのぶはとっておきの豚肉を使ったカツサンドを作りました。それを食べたブランターノ男爵は、そのおいしさに感激しました。

この時にしのぶが作ったカツフライこそが、ブランターノ男爵の言うシュニッツェルだったのでした。威張っていて嫌なお客でしたが、金払いがよかったのは救いでしたね。(^^;
今回は、珍味と豚汁のお話でした。

居酒屋のぶに泥棒が入ったと聞いて、衛兵のニコラウスが助祭のエトヴィンを連れてやって来ました。しかし、お店についてみると、しのぶは泥棒なんてなかったと言います。

よくよく聞いてみると、エーファという女の子が水を盗もうとしたらしいです。しかし彼女は、盗もうとしただけで、本当に盗んだわけではありません。今年は冬の冷え込みがきつくて、この地方では水を確保するのに苦労しています。それでエーファは、水が欲しいと思ったのです。

エーファは、自分が罪を犯そうとしたことを悔いていました。そんなエーファを、しのぶと大将は新たな店員として雇うことに決めました。こうして居酒屋のぶに、新たな仲間が加わりました。

ニコラウスが連れてきた助祭のエトヴィンも、実は「のぶ」の常連でした。エトヴィンは、冷酒を飲みながら酒盗や沖漬けなどをつまみにするのが、大いに気に入っていたのでした。

後半は、豚汁のお話。その日は寒い日で、「のぶ」にはお客がありません。大将は豚汁を用意していましたが、肝心のお客が来てくれません。早めに店を閉めようとすると、玄関前にニコラウスが倒れていました。

ニコラウスが倒れていたのには、深い(?)理由があったのでした。ある夜、彼は街でチンピラにからまれている青年を見かけました。そのまま見過ごそうかと思いましたが、衛兵隊の名前を出せば相手が手を引くと思い、青年を助けようとします。

しかしニコラウスが衛兵だと知ったチンピラは、彼を倒せば箔がつくと大勢で彼に向かってきました。結果、多勢に無勢でニコラウスはボコボコにされてしまいました。翌日、その噂は中隊長の耳にも届きました。中隊長は、チンピラになめられたことを怒り、全員を特訓すると言い出しました。

全ては自分の責任だと考えたニコラウスは、自分だけを特訓して欲しいと願い出ました。こうしてニコラウスは、1人で中隊長の特訓を受けることになりました。特訓は厳しかったですが、その中でニコラウスを支えたのは、のぶで食べたおいしい料理でした。

過酷な特訓を笑顔でこなすニコラウスに、中隊長も驚き早めに特訓を切り上げてくれました。その後、ニコラウスはのぶへと向かいましたが、玄関まで来たところで力尽きて倒れたのでした。(^^;

そんなニコラウスに、大将は温かい豚汁を振る舞いました。そのおいしさに、ニコラウスは特訓の疲れも忘れて、おいしさを堪能したのでした。

お料理がおいしそうなのに加えて、今回はエーファの話もニコラウスの話も、ちょっといい話でしたね。(^^)
今回は、前半がしのぶのナポリタン。後半はキスのお話でした。

大将がいない間に、お店にお客さんがやって来ていました。そのお客は、泣く子も黙る徴税請負人ゲーアノートでした。
彼はお店の景気がよさそうなのを見て、税金を搾り取ろうと考えていました。しかし、しのぶが自分のまかないとして作ったナポリタンを食べた時、彼の気持ちは変わりました。

ゲーアノートも、昔から冷酷な人間ではありませんでした。しのぶのナポリタンを食べたことで、彼はかって母親が作ってくれたパスタの味を思い出しました。そして、これからはもっと世の中のためになるような活動をしようと決意したのでした。

後半は、キスの日のお話です。ハンスは友人のニコラウスから、居酒屋「のぶ」が今日はキスの日だと教えられました。
それが何かわからないままお店に行くと、普段よりも大勢のお客さんが来ています。みんな、キスの日を勘違いして、しのぶがお客さんにキスしてくれる日じゃないかと思い込んでいたのです。(^^;

でも、もちろんそんなわけはなく、お魚の鱚をたっぷり食べられる日という意味でした。天ぷらに丼と、ハンスたちはおいしい鱚を堪能するのでした。

というわけで、今回もおいしそうなお話でした。個人的には、特に後半の鱚の天ぷらの描写がよかったです。(^^;
今回は、お嬢様のわがままと海鮮丼のお話でした。

居酒屋「のぶ」に、貴族のお客がやって来ました。ヨハン・グスタフと、その姪のヒルデガルドです。まだ幼さの残るヒルデガルドは、「臭くなくて辛くなくて酸っぱくなくて苦くなくて硬くなくてパンでも芋でもお粥でも卵でもシチューでもない、おいしいもの」を注文しました。(^^;

それに応えて、大将が出したのは餡かけ湯豆腐から始まるメニューでした。要求を満たしたその料理に、ヒルデガルドは満足したようです。まだ幼さの残るヒルデガルドですが、すでに嫁ぎ先も決まっているようで、貴族の世界もいろいろとたいへんなようです。

後半では、旅商品の若者2人がお店にやって来ました。カミルは、イグナーツの妹と結婚することになっています。でも、カミルは気が小さいところがあってイグナーツは心配しています。そこでイグナーツは、お店で生の魚のメニューを食べろとカミルに命じました。

この世界のことはよくわかりませんが、冷蔵庫などはないようなので生魚を食べる習慣はないんでしょうね。
意を決してカミルがお刺身を食べると、そのおいしさに驚きました。そんなカミルを見て、イグナーツも海鮮丼を注文しました。こちらもイグナーツを満足させるおいしさでした。

食後にカミルは、イグナーツのことをお兄さんと呼ばせて欲しいと頼みました。そんなカミルの健気さに、イグナーツもぐっときました。性格の違う2人ですが、これからも仲良くなっていけそうですね。(^^)

というわけで、今回もおいしそうでした。(^^;
新番組のお試し視聴です。異世界の居酒屋!?、前にも似たような作品があったような・・・。(^^;

異世界食堂とは、たまたま内容がかぶってしまった作品らしいです。異世界食堂は、ある特定の条件下でないと、食堂への道が開かれませんでしたが、こちらは常に異世界とつながっているようです。

厳しい訓練に明け暮れる兵士のハンスは、友人に誘われて居酒屋「のぶ」へとやって来ました。そこで食べた料理のおいしさに、彼は魅了されてしまいます。まずはビールと枝豆、そして前半のメインはおでんでした!

このお店を、ハンスはいつも厳しい中隊長には内緒にしておこうとします。でも、兵たちの間で噂になっている店があると中隊長が知ってしまい、結局ハンスは中隊長を「のぶ」に連れて行くことになってしまいました。

中隊長の好物は、鶏肉でした。ビールと枝豆の後、中隊長はビールに合う鶏肉が食べたいと注文しました。それに応えて大将が作ってくれたのが、鶏の唐揚げでした。そのおいしさに、中隊長は驚かされます。

おまけにハンスに、レモン汁をかけて食べるとおいしいと教えられた時には、もう中隊長は唐揚げを食べ終えた後でした。
さらに、お店の給仕をしているしのぶが鶏南蛮を食べているのを見て、中隊長もそれを食べたいと思うのでした。

その後、中隊長は夕方になるとお店のことが気になるようになって、ハンスたちの訓練も少しだけ早く終了するようになりました。

う〜、この作品を見てると、無性におでんや唐揚げが食べたくなりますね。お料理がおいしそうなのもいいですし、早々と視聴継続決定です!(^^)