日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


今回は、お嬢様のわがままと海鮮丼のお話でした。

居酒屋「のぶ」に、貴族のお客がやって来ました。ヨハン・グスタフと、その姪のヒルデガルドです。まだ幼さの残るヒルデガルドは、「臭くなくて辛くなくて酸っぱくなくて苦くなくて硬くなくてパンでも芋でもお粥でも卵でもシチューでもない、おいしいもの」を注文しました。(^^;

それに応えて、大将が出したのは餡かけ湯豆腐から始まるメニューでした。要求を満たしたその料理に、ヒルデガルドは満足したようです。まだ幼さの残るヒルデガルドですが、すでに嫁ぎ先も決まっているようで、貴族の世界もいろいろとたいへんなようです。

後半では、旅商品の若者2人がお店にやって来ました。カミルは、イグナーツの妹と結婚することになっています。でも、カミルは気が小さいところがあってイグナーツは心配しています。そこでイグナーツは、お店で生の魚のメニューを食べろとカミルに命じました。

この世界のことはよくわかりませんが、冷蔵庫などはないようなので生魚を食べる習慣はないんでしょうね。
意を決してカミルがお刺身を食べると、そのおいしさに驚きました。そんなカミルを見て、イグナーツも海鮮丼を注文しました。こちらもイグナーツを満足させるおいしさでした。

食後にカミルは、イグナーツのことをお兄さんと呼ばせて欲しいと頼みました。そんなカミルの健気さに、イグナーツもぐっときました。性格の違う2人ですが、これからも仲良くなっていけそうですね。(^^)

というわけで、今回もおいしそうでした。(^^;
新番組のお試し視聴です。異世界の居酒屋!?、前にも似たような作品があったような・・・。(^^;

異世界食堂とは、たまたま内容がかぶってしまった作品らしいです。異世界食堂は、ある特定の条件下でないと、食堂への道が開かれませんでしたが、こちらは常に異世界とつながっているようです。

厳しい訓練に明け暮れる兵士のハンスは、友人に誘われて居酒屋「のぶ」へとやって来ました。そこで食べた料理のおいしさに、彼は魅了されてしまいます。まずはビールと枝豆、そして前半のメインはおでんでした!

このお店を、ハンスはいつも厳しい中隊長には内緒にしておこうとします。でも、兵たちの間で噂になっている店があると中隊長が知ってしまい、結局ハンスは中隊長を「のぶ」に連れて行くことになってしまいました。

中隊長の好物は、鶏肉でした。ビールと枝豆の後、中隊長はビールに合う鶏肉が食べたいと注文しました。それに応えて大将が作ってくれたのが、鶏の唐揚げでした。そのおいしさに、中隊長は驚かされます。

おまけにハンスに、レモン汁をかけて食べるとおいしいと教えられた時には、もう中隊長は唐揚げを食べ終えた後でした。
さらに、お店の給仕をしているしのぶが鶏南蛮を食べているのを見て、中隊長もそれを食べたいと思うのでした。

その後、中隊長は夕方になるとお店のことが気になるようになって、ハンスたちの訓練も少しだけ早く終了するようになりました。

う〜、この作品を見てると、無性におでんや唐揚げが食べたくなりますね。お料理がおいしそうなのもいいですし、早々と視聴継続決定です!(^^)