日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


今回は、体育祭が始まるまでのお話でした。

学園は体育祭の日が近づいています。白猫も黒犬も、相手に勝利しようと特訓に励んでいます。そんな中、ペルシアを呼び出した犬塚は、ペルシアにお弁当を作って欲しいと頼みます。ところが、ペルシアは実は料理が苦手でした。

それでもペルシアは、犬塚のためのお弁当作りに励みます。しかし、ちょっと練習したくらいで料理の腕が上がるはずもなく、結局はキッチンメイドさんに作ってもらったお弁当を持参します。

それを知らない犬塚は、お弁当を食べようとします。そこにシャル姫が現れました。ペルシア好きなシャルは、犬塚からお弁当を奪い取ります。さらに常にペルシアに尽くそうとしているスコットも現れて、状況はさらにややこしくなりました。

そしてお弁当は、豚に食べられてしまいました。・・・学園にどうして豚がいるんだって、突っ込んだら負け!?(^^;
それを見た犬塚は、とっても落ち込みました。そんな犬塚に、ペルシアは本当のことを話しました。真実を話してくれたペルシアに、犬塚は自分の前ではもっとリラックスしていいと包容力があるところをみせました。

その後で、ペルシアは失敗したクッキーを差し出しました。でも、それはとんでもない味だったようで^^;、犬塚がペルシアの手料理を食べられるのは、かなり先のことになりそうですね。

体育祭に向けて校内が盛り上がる中、犬塚だけは落ち込んでいました。昨年の体育祭は、犬塚の失敗が原因で白猫に敗北していたからでした。そんな中、一部の生徒は体育祭のVIPに選ばれて一緒に踊ると、100%その相手と結ばれるという伝説を知って奮起していました。

そこへ新たなキャラが登場しました。白猫一番の美少年でペルシアとは対立しているアビと、自称アビの彼女で犬塚のパンチさえ受け止めるソマリです。彼らと争った犬塚は、体育祭への出場を決めました。果たして犬塚は、昨年の雪辱を晴らすことができるのでしょうか。

今回は、ペルシアが犬塚を二人三脚の練習に誘い、犬塚が自分に言ってくれたように、自分の前では犬塚もがんばりすぎる必要はないと伝える場面がよかったです。(^^)
犬塚が蓮季に、ペルシアと付き合っていることを打ち明けるお話でした。

黒犬の生徒たちは、中間テストに向けて合宿を行っていました。その間は、ペルシアと会えなくなるからと、犬塚はジュリ男に変装させてペルシアを合宿に参加させました。それを知ったペルシアは、少しの間くらい我慢できないのかと怒ります。・・・でも、結局いつものように犬塚のいいなりになってしまいました。

厳しい合宿が続く中、犬塚はここまで蓮季が献身してくれるのは、自分のことが好きだからと知ってしまいました。そして、そんなに尽くしてくれる蓮季に、ペルシアとの関係を隠しているのが心苦しくなってしまいました。

そこで犬塚は、ついにペルシアとの関係を蓮季に打ち明けました。話せばわかると考えていた犬塚でしたが、蓮季はいきなり犬塚に切腹しろと迫ります。黒犬の掟では、ウエスト公国の生徒と恋仲になったら切腹することと定められていたのです。

蓮季は、小学生の時から犬塚のことが好きでした。勉強はできるけれど、他人と打ち解けるのが苦手で孤立していた蓮季と、犬塚がこだわりなく仲良くしてくれたからでした。

自分の考えが甘かったことを知った犬塚は、蓮季から逃げ回ることになりました。その騒動に、ペルシアやシャル姫までからんで、状況はさらにややこしいことに・・・。(^^;

足を挫いたペルシアを抱えて、犬塚は断崖に追い込まれました。そして蓮季の振るう刀を、犬塚は頭で受け止めました。
ここで主人公死亡かと思いきや^^;、その刀はレプリカで本物ではありませんでした。そんな犬塚の前で蓮季は、好きな相手に振られたのに友達でいろというのはずるいと泣きじゃくりました。

その時、ペルシアが崖から転落してしまいました。犬塚は泳げないのに、迷わずペルシアを追って崖から飛び込みます。
結局、犬塚はペルシアに追いついたものの泳げないので役に立たず、蓮季やシャル姫に助けられました。そして、泳げなくても迷わず飛び込んだ犬塚を見て、蓮季は彼が本当にペルシアを好きだと悟ったのでした。

そして翌日、何事もなかったかのように勉強合宿が始まりました。結局、全ては丸く収まりましたが、蓮季が健気すぎて、なんとなく犬塚最低〜って思った。(^^;
犬塚がシャル姫の犬になるお話でした。(^^;

犬塚はペルシアを呼び出して、付き合って1ヶ月の記念日を祝いたいと乙女な提案をしています。その日を心待ちにする犬塚に、思わぬ試練が訪れました。これまで学校にいなかったウエスト公国の第一王女シャルトリュー・ウェスティアが、学校に帰ってきたのです。

シャル姫は、犬塚とペルシアの関係を知っていて、それをネタに犬塚を脅しました。そのため犬塚は、シャル姫の言うことには逆らえなくなってしまいました。そんな犬塚の姿を見て、東和国の生徒たちの犬塚に対する信頼が揺らぎます。

状況を打開するために、犬塚はシャル姫の弱みをつかもうとします。しかし、学業優秀でスポーツ万能、おまけに先生へのあたりも良いシャル姫は、簡単には弱みをみせません。

そしてついに、犬塚は東和国の学生寮から追い出されてしまいました。本当はみんなで犬塚をリンチにかけるつもりでした。しかし、犬塚のことを信じている蓮季が強硬に反対したため、それだけは回避することが出来ました。

ペルシアとの記念日が近づく中、犬塚はついにシャル姫の部屋に潜入して弱みをつかもとします。しかし、そんな犬塚の考えは、完全にシャル姫に見抜かれていました。部屋に侵入したことを知られたら、犬塚はさらに弱みを握られることになってしまいます。

必死に逃げ場を探す犬塚が逃げ込んだ場所。それが犬塚をシャル姫の犬から救う切り札になりました。幼い頃から、シャル姫のお目付役としてペルシアはいつも一緒にいました。そんなペルシアのことが、シャル姫は大好きだったのです。(^^;
犬塚が逃げ込んだ隠し部屋には、シャル姫が隠し撮りしたペルシアの写真でいっぱいでした。

シャル姫が動揺したところに、運悪くペルシアが帰ってきてしまいました。この大量の写真をペルシアに見られたら、シャル姫はペルシアから嫌われてしまうと焦ります。そんなシャル姫を救ったのは、犬塚でした。ペルシアが好きという点では、犬塚もシャル姫と同じだったからです。

こうして犬塚は、なんとかシャル姫の犬状態から解放されて、ペルシアと一緒に記念日を迎えることが出来ました。
とはいえ、2つの勢力の争いは今も続いています。2人が本当に結ばれるまでには、まだまだ障害が多そうです。
外出許可日に、犬塚がペルシアとデートしようとするお話でした。

犬塚とペルシアが恋人になっても、東和国とウエスト公国の生徒の争いは続いています。表面上は2人は、いままで通りいがみ合っていますが、ペルシアの顔を見るだけで犬塚はふぬけになってます。(^^;

そんな中、3ヶ月に一度の外出許可日がやって来ました。この日は、2つの国の間に作られたダリア街に出かけることが許されるのです。そこで何とかペルシアとデートしたい犬塚は、ペルシアに男装させることを思いつきました。嫌がっていたペルシアでしたが、結局中等部の男子生徒に化けました。

男装したペルシアの可愛さに、東和国の女子生徒だけでなく、男子生徒もざわついています。犬塚は男装したペルシア=ジュリ男と2人きりになろうとしますが、他の生徒たちがついてきてなかなか2人きりになれません。

落ち込む犬塚の隙を突いて、丸流に海に突き落とされてしまいました。泳げない犬塚は、いいように丸流にもてあそばれています。そんな犬塚を救ったのは、ジュリ男でした。しかし丸流は、ジュリ男に投げ飛ばされた時に、ジュリ男が女だと気づいたようです。

一方、犬塚の方は、ウエスト公国のシャルという女生徒に目を付けられました。こっちも何だか面倒なことになりそうですね。(^^;

今回は、ペルシアの男装が可愛かったですね。
それにしても、犬塚がホイホイ侵入できるウエスト公国の学生寮のセキュリティが大丈夫なのか心配だったり。(^^;
新番組のお試し視聴です。学園版(?)のロミオとジュリエット的なお話みたいです。(^^;

ダリア学園には、2つの国の生徒が寄宿生活をしています。そして東和国の生徒と、ウェスト公国の生徒は、ずっと敵対し続けていました。それぞれのトップが、犬塚露壬雄とジュリエット・ペルシアです。2人は顔を合わせるたびに、対決を繰り返していました。

小学生の頃から対立している2人ですが、なんと犬塚はペルシアのことが好きでした。一方、ペルシアは対決する時に犬塚がいつも手を抜くことに腹を立てていました。そんな2人が、お互いの思いに気づくまでが第1話でした。

ペルシアは、いつも男に負けないくらい強くありたいと思っていました。それはウェスト公国の慣習では、男の子でなければ家を継ぐことが出来ないからでした。ペルシアは、いつかそんなシステムを打ち倒して、女でも家を継げるような世界を目指していました。

そんなペルシアのために、犬塚は世界の慣習を変えることができるのでしょうか。そして、表面上は対立する2人の関係は、いつまで秘密にしておくことができるのでしょうか。

amazonプライムビデオで見られたので、なんとなく視聴したのですが、思ったより面白かったです。
とりあえず、視聴継続の方向で。(^^)