日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


今回は、お話的にはとてもいい感じの内容だったのに、オケシーンの作画のダメダメ加減にへこんでしまいました。ひたすら止め絵でオケの音だけ聞こえてくる状況が、非常に気持ち悪いんですけど。(涙)

その一方で、妙に力が入っている「プリごろ太 宇宙の友情大冒険」。(^^;
これを見て感涙しているのだめを見て引いてしまう千秋。もしかして、自分が感涙しながらアニメを観ている時も、周囲からはこういう感じで引かれているのかも!?と思ったり・・・。(汗)

このところ、マスコットガールが板についてきたのだめですが、今回はかなりおいしい役回りでしたね。
演奏内容は千秋の指示通りに完璧になっているのに、メンバーの心が入ってない演奏になっていることを非常に遠回しに千秋に知らせつつ^^;、演奏会当日にはちゃんと千秋のために衣装を用意(他のメンバーがTシャツ姿だったので着てくれませんでしたが^^;)、演奏が無事終了した暁には千秋にキスを残して去ってゆく。(笑)
そうそう。ピアノで「英雄」を弾く場面も、生き生きとしていて格好良かったです。

Sオケと対照的に、Aオケはさんざんでした。指揮するミルヒは、練習にも気合いが入ってない上に、Sオケが予想以上の演奏をしたらトンズラしちゃいました。(犠牲になった大河内君が可哀想^^;)

千秋はいよいよ指揮者デビューで格好いいはずなのですが(一応、キラキラは飛んでましたが^^;)、指揮シーンでは悲しいくらいに動きがなくて、何だか案山子みたい(!)と思ってしまいました。

そして、今回の裏の主役が峰君のお父さんでした。(^^;
Sオケ潰しちゃおうかと相談する先生たちに殺意を燃やし、演奏会後にSオケを賞賛する先生たちにパフェ大盛り(?)にしてしまう描写がナイスでした。

次回は、ラフマニノフのピアノ協奏曲を演奏するようです。これでやっと、のだめにもSオケデビューの日がやってきそうです。(このあたりは原作を読んだはずなのに、なぜか記憶が曖昧です^^;)
Sオケの副指揮者に就任した千秋。何だかミルヒにいいように使われてますね。(^^;

それでも、オケを振れるんだからいいかと納得&感謝する千秋でした。ここで感謝してしまうあたりが、千秋がのだめたちにつけ込まれてしまうところなんだろうなあと思いました。まあ、それが千秋のいいところでもあるんですけど。(^^;
・・・のだめといえば、彼女は本当にこの作品の主人公なのでしょうか!?(^^; 物語本編の流れから大きく置き去りにされているような気がするんですけど。(笑)

貧乏コントラバス奏者・佐久桜のエピソードは、呪いのヴァイオリンに大笑いさせてもらいましたが、音楽というかクラシックって基本的にお金がないとダメなのね~と感じさせられました。
千秋が桜にいろいろとはっぱかけてましたが、のだめを養える余裕があるなら桜も養ってあげればいいのに^^;と思ってしまいました。

ミルヒのハーレムを荒らしてしまった腹いせに^^;、千秋はSオケの正指揮者になり、ミルヒの指揮するAオケと対決することに。またまた千秋の血圧が上がっているようですが、こんなので大丈夫なのかなあ。

前回に引き続き、肝心の演奏の場面になると作画が紙芝居状態になるのはどうにかならないかなあ。(涙)
千秋を指揮科に編入させる代わりに、ミルヒにキスを迫られたのだめ・・・。というのが前回までのお話。
このピンチをのだめがどう乗り切るのかと思ったら、正拳突きでミルヒを気絶させてしまいました。(^^;

今回は、千秋の初指揮だったのですが、なんだか作画が崩壊してませんか!?(^^;
指揮している千秋とかオケの演奏の様子とか、全然動いてなかったような気がするんですけど。

お話的には、千秋の指揮の様子をのだめがミルヒに見せるためにがんばったり、千秋の能力の高さにオケが次々とだめ出しされてへこんでいったり、ミルヒがただの変態おじさんじゃないことを見せたり^^;、いろいろと見せ場がありました。

結局、オケも人間の集まりだから、千秋のように頭ごなしに怒っちゃモチベーションが下がっちゃうということでしょうか。メンバーを上手く乗せて、それぞれの良いところを最大限に引き出すのが指揮者のお仕事ってことですかね。

千秋はピアノ科に在籍したまま、ミルヒの弟子としてオケに参加することになりました。指揮者としての千秋の今後が楽しみですね。(^^)
世界的な指揮者ミルヒ・ホルスタイン(偽名^^;)が登場するお話でした。

のだめ、峰、真澄ちゃんと次々と強力キャラが投入される作品ですが、極めつけの強力キャラが登場しました。
ミルヒ・ホルスタインという名前があまりにインパクトが強すぎて^^;、シュトレーゼマンという名前を忘れてしまいそうですが、音楽以上にセクハラが大好きな困ったおじさんでした。(笑)

このミルヒとのだめを巡って争ってしまったばっかりに、千秋は指揮科への転科を認めてもらえません。それに加えて、千秋の師匠ヴィエラ先生とミルヒの間には、過去にいろいろと因縁があったのです。
使える権力は卑怯なまでに利用するミルヒは、その絶対的な力を利用して徹底的に千秋の邪魔をするのでした。

その後、指揮科へ転科すれば、少しでも長く千秋といられることを知ったのだめは、千秋を指揮科へ転科させて欲しいとミルヒに嘆願します。そこでミルヒの出した条件は、のだめがミルヒにキスすること!
のだめは、ミルヒに唇を奪われることになってしまうのでしょうか!?

今回の見所は、やはり千秋の腕枕でしょうね。(^^;
感想を書きつつ、あちこちのブログ様の感想を読ませていただいたのですが、予想通りハートマークが乱舞してました。(笑)
千秋を巡って、のだめと真澄ちゃんが争うお話でした。

のだめ、峰とへんなキャラが多い作品ですが、さらに強烈なインパクトを持ったキャラが登場しました。
その名は、真澄ちゃん。生理的には男性ですが、精神的には女性で千秋ラブ^^;なのでした。

のだめの千秋様へのベタベタ加減が真澄ちゃんに知られて、のだめはさまざまな嫌がらせを受けるのでした。
本当にああいうことをされたら、かなり陰湿な雰囲気になると思いますが、のだめと真澄ちゃんのキャラだと笑えてしまうのが凄いです。(^^;
何をされてもほとんど気にしてないのだめでしたが、食べ物の恨みは怖かったのでした。(笑)

しかし、千秋の手料理とはいえ、真澄ちゃんもイナゴだけは食べられなかったんですね。(^^;
私は学生時代に、サークルの先輩がどこかから入手してきたイナゴの佃煮を食べさせられたことがあります。
見た目の割に結構おいしかったですが、足だけがかみ切れなくて口の中に残ったのがイヤだったかも。(涙)

2人は勝手に千秋を巡って争いを始めます。12月24日に千秋と一緒にいることができた方が勝ちという争いでしたが、指揮者としての道を閉ざされていらつく千秋に全く相手にされず、2人とも完敗するのでした。(^^;
落ち込む2人でしたが、ひょんなことからのだめ、峰、真澄の3人で千秋の作曲した曲をアンサンブルすることになりました。かな~り濃いキャラたちですが、基本的にはみんな音楽が好きなんですねえ。(^^)

そんな彼らのがんばりを見て、1人焦っていた千秋は他人をうらやましがるのではなく、自分が今できることをしようと、自らアンサンブルに参加するのでした。
千秋の協力で、アンサンブルは一気に盛り上がりましたが、完璧主義者の千秋を満足させる演奏をするのは、並大抵のことではないようです。(^^;
裏軒の峰が登場するお話でした。

しっかり千秋に餌付されてしまったのだめ。「ぎゃぼ~」という川澄さんの声の壊れっぷりが、本当にいい味だしてます!(^^; 千秋と知り合う前は一体どんな物を食べて生活していたのでしょうか。(笑)

そんなのだめに一目惚れしてしまった、ロッカーなのになぜかクラシック専攻の峰君。
あのたらこおにぎりな展開から恋が芽生えるのが、「のだめ」らしくて笑えました。
ヴァイオリン演奏のパートナーを探していた峰。のだめは、そんな彼のベストフィーリングカップルだったのでした。(^^;

しかし、千秋に彼女がいることが判明して、一気にのだめは使えなくなってしまいました。(笑)
その時の精神状況が、おもいっきり演奏に影響するタイプだったのでした。しかし、峰の嫌いな女に手料理を食べさせるはずがないという言葉で復活。千秋を誘惑するために、のだめを色気で迫ろうとさせますが、見事に彼女の色彩感覚は常人の理解を超えたものだったのでした。(^^;;;

今回の見所は、千秋と峰のベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ演奏でした。
無茶苦茶な峰の演奏を、素晴らしいクラシック演奏へと導く千秋の才能は凄いですね。
そんな千秋も天性の才能に恵まれているだけでなく、地道に努力を積み重ねている努力の人だったのでした。

のだめ自身に料理の才能はないようですが、千秋や峰という食に恵まれた男の子を次々にゲットしているのが凄いですね。(^^; 何が何でも生き抜こうという野生の本能なのかもと思いました。(笑)
原作は途中まで読んだことがありますが、アニメになって音や声が加わると、さらに世界が広がる感じですね。

千秋は世界的な指揮者になりたくて、それだけの実力もあるのに、飛行機恐怖症&水恐怖症のため海を越えることができなくて、その夢を諦めようとしていました。(^^;
そんな彼は、ある日お酒に酔ってのだめに拾われるという失態を演じてしまいました。これが、千秋と野田恵の腐れ縁の始まりでした。

腐海化したのだめの部屋が本当に恐ろしかったです。(^^;
私も掃除好きではありませんが、思わず徹底的に掃除したくなってしまう千秋の気持ちは、とってもよくわかりました。あれを放置しておいたら、自分の部屋まで浸食されそうですしねえ。(笑)

そんな生活力ゼロののだめでしたが、ピアノ演奏の腕はピカイチでした。ろくに譜面を読めないというハンディもなんのその^^;、驚異の聞き覚えで千秋すら感動させる演奏を行うのでした。2人のモーツァルトの連弾には、感激してしまいました。

いい具合に原作の内容も忘れていますし^^;、次回以降も新たな気分で視聴できそうです。