日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


大谷に2度目の失恋をしてしまったリサ。あまりのショックに壊れたリサは、マイティ様を信心することで救われたのでした。(^^;

今回はなんと言ってもマイティ部の合唱に大笑いさせてもらいました。大谷に振られた後で、マイティに慰められたリサが作詞作曲したようですが、怪しげな新興宗教のような雰囲気が漂ってました。(笑)

ただ、その他の内容的には今ひとつ感情移入できませんでした。リサを落ち込ませた後で、信子ちゃんたちから黒いオーラを飛ばされる大谷とか、どうしてこういう展開になっちゃうの!?という感じでした。

リサが大谷のことを好きなのはいいとして、大谷が誰を好きになるかは大谷の勝手ですよね。それをマイティまでが、リサと大谷の間を取り持とうとするのか不思議な気がしました。

リサが自分の側からいなくなるかもしれないことで、大谷のリサに対する見方が変わったところはあるかもしれませんが、やっぱり大谷のリサに対する気持ちは、恋人として好きより、友達として好きなんじゃないかなあ。
キスした記憶のない大谷に愛想を尽かし、とうとうリサはマイティ部を作ってしまうのでした。

大谷にキスした記憶がないことで、今日もリサは朝から黒いオーラを放ってます。(^^;
そして、どうしても自分を好きになってくれない大谷を見限って、マイティ・ラブな行動を開始するのでした。そして、とうとうリサはマイティ部を作ってしまいました。

これで大谷との縁は切れたかと思いきや、バスケ部の顧問がケガをして、その代役としてマイティが部の顧問を引き受けることになりました。高校時代にバスケをしていたマイティに、大谷は一方的にやられます。そんな大谷が、まだ気になってしまうリサなのでした。

そして、マイティにリサのことをどう思っているのかと問い詰められた大谷は、思わずリサなんて嫌いだと断言してしまいました。そんな大谷の言葉を聞いてしまったリサ。2人の関係は、この先どうなってゆくのでしょうか。

う~ん、マイティの立ち位置が今ひとつわかりません。信子の言うとおり、現実にいたとしたらかなり寒いキャラだと思いますが^^;、大谷にリサが嫌いだというセリフをわざとリサに聞かせたようにも見えました。
かといって、マイティが本気でリサのことを好きだとも思えませんし、リサが一方的に拗ねてマイティに気があるふりをしているだけで、三角関係にすらなってないような・・・。
大谷がリサとキスした記憶がないことで、リサのご機嫌は超ななめです。そんな時、リサたちのクラスに副担任のマイティがやって来ました。

大谷へのやり場のない怒りから恋愛ゲームに逃げて、怪しいオーラを放っているリサ。(^^;
今回は切れたリサの表情が怖くて、ちょっとホラー風味でした。
そんなリサの前に、突如としてバラを背負って寒いセリフをはくキャラが現れました。彼はなんとリサたちの副担任だったのでした。

ここまで見た時、この雰囲気どこかで見たことがあるようなと思ったら、以前に放映されていた「ヤマトナデシコ七変化」でした。(^^;

ちっとも自分の気持ちに気づいてくれない大谷から、見た目や言動は恋愛ゲームのキャラのようなマイティへと乗り換えようかと思うリサでしたが、本当に好きになった人をそんなに簡単にほいっと変えることはできないのでした。

そして、ようやく大谷がキスした日の出来事を思い出したかと思ったら、なんとキスの記憶じゃなくてリサのほっぺに米粒がついていたことを思い出したのでした。(^^;
あまりにも天然な大谷にリサが再び切れるかと思いきや、大谷が天然だということは十分すぎるくらいリサは理解していたのでした。

しかし、それでも収まらないリサの気持ち。その辛さに耐えかねたリサは、再び大谷の唇を奪ったのでした。好きな人にどうしても自分の思いが伝わらない切なさに、泣き出すリサ。そんなリサに思わずもらい泣きさせられてしまいました。(/_;)

そして大谷の前から逃げ出したリサは、大谷への思いを振り捨てようとするのでした。
リサと大谷、2人の関係はこの先どうなってしまうのでしょうか!?

今回から登場のマイティですが、なかなか強烈なキャラですね。大谷の耳へ息を吹きかけた時の様子を見ると、ホモホモ系のホスト・キャラのような気がするのですが・・・。(^^;
バレンタインに本命チョコは渡したものの、中尾君からの情報を得て、今ひとつ複雑な心境なリサなのでした。そんな時、大谷からバレンタインのお返しとして海坊主のチケットをもらいました。しかし、ライブの前日に大谷は熱を出して倒れてしまいました。
信子に勧められてリサは大谷の家にお見舞いに行くことになりましたが・・・。

今回はなんと言っても、大谷母と大谷姉に笑わせてもらいました。(^^;
あっちゃん(笑)の彼女が訪ねてきたということで、リサが自宅へ担ぎ込まれる場面もよかったですし、大谷は家ではこの2人のオモチャにされていそうですねえ。

そして、リサは大谷の誕生日を知らなかったという事実が発覚しました。自分の中の大谷への気持ちは盛り上がっているのに、こういうところのチェックが甘いあたりが、とってもリサらしいと思いました。
でも逆にちゃんと誕生日を押さえていて、手編みのマフラーとかをリサがプレゼントしたりしたら、それはそれでリサらしくないと思ってしまいますけど。(笑)

それでもリサの念願かなって、ようやく大谷とのキスと思ったら、単に熱が高くなってリサに倒れかかってきただけだったんですね。(^^;
大切な初キスをしっかりマスクでガードして(大谷に風邪を移されたんじゃないですよね!?)、意気揚々と海坊主のコンサートに向かったリサでしたが、大谷にキスした時の記憶がないと知って、またしてもぶち切れてしまうのでした。(^^;

次回から新キャラが登場するようです。それがリサと大谷の関係にどんな影響を与えるのか楽しみです。
クリスマス以来、リサと大谷は何となくいい感じ。しかし、大谷がリサを振ったことを知った遙が怒鳴り込んできたことで、2人の間は再びギクシャクしてしまいました。

昨年のバレンタインは義理チョコすら大谷に渡せなかったリサ。今年は本命チョコをと思っていますが、今ひとつ大谷の気持ちがつかめません。しかし、大谷からはあっさりチョコを期待しているという言葉が。それを聞いてリサは舞い上がってしまうのでした。

しかし、久しぶりに登場の遙と聖子に大谷に振られてことを話したら、遙が激怒してリサたちのクラスに怒鳴り込んできてしまいました。それがきっかけで、大谷はクラスの全員からも白い目で見られることになってしまいました。(^^;

大谷がどう思っていようが、一方的にリサは大谷のことが好きというのが健気ですね。そのこともクラスに知れ渡り、大谷はさらに厳しい視線にさらされることになるのでした。
見かねた中尾君が、大谷のリサへの不用意な優しさをたしなめます。しかし、天然な大谷は自分の言葉でリサが一喜一憂していることすら気づいてなかったのでした。

改めて恋人としてのリサを思い浮かべてみた大谷でしたが、今の大谷の好きはリサとキスするとか、そういう好きではないみたいです。
大谷の海辺のキスシーンの妄想。リサと大谷の位置が、他の恋愛ドラマの逆になっているのが、このお話らしくて笑ってしまいました。(^^;

そして、リサはバレンタインのチョコを大谷に渡そうとします。しかし、中尾君からいろいろと聞いてしまった大谷は、素直にそれを受け取ることができません。
この後のリサの行動の男らしさに惚れ惚れしてしまいました。信子から事情を聞いたリサは、大谷にチョコを投げつけます。
へんに気を遣ってくれる大谷でなく、リサは今のままの大谷が大好きなのでした。

結局、遙の陰謀で今年も本命チョコは渡せませんでしたが、リサの頑張りで少しずつ大谷の心も動いてきているのではないでしょうか。
大谷の元彼女の神崎さんが、今の彼氏と別れことを知ったリサと信子。今、大谷を神崎さんと会わせたら、2人の寄りが戻りかねないと可能な限り2人が会うことを阻止しようとします。
しかし、2人の努力もむなしく、とうとう大谷は神崎さんが彼氏と別れたことを知ってしまうのでした。

初詣に出かける前に、恋愛ゲームをやっているリサに笑ってしまいました。リサが今ひとつ大谷とギクシャクしてしまう原因って、意外とこういうところにあるのかも。(^^;
初詣の後でリサと大谷は2人きりになれましたが、結局朝まで一緒に海坊主のカラオケを歌って過ごしてしまいました。信子は怒ってましたが、リサはへんに色仕掛けで迫るよりも、こういう風に自然に振る舞っている方がいいような気もしました。

そこへ、神崎さんが彼氏と別れて、大谷と会いたがっていることをリサたちは知ってしまいました。クリスマスの時と同じように、バスケに呼ばれたリサは大谷と神崎さんが一緒にならないように全力を尽くします。しかし、元の大谷の同級生たちは神崎さんと大谷の間を復活させようとして大騒動になってしまいます。

結局、大谷は神崎さんが彼氏と別れたことを知ってしまい、それを見たリサは1人寂しく先に帰って行きました。
歩道橋で1人落ち込むリサの前に、大谷が現れました。リサが大谷のことを好きだと知っていて、それでも神崎さんとやり直すことは大谷にはできなかったのです。

大谷のちょっとした言動で、舞い上がったり落ち込んだりしてしまうリサですが、なんだかとても貴重な時間を過ごしているような気がしました。

最後に、途中のリサのセリフにもありましたが、リサと大谷がラブラブな状況ってちょっと想像ができないですね。(^^;
この2人、もう恋愛を通り越して、夫婦のような間柄なんじゃないかなあ。(笑)
大谷への恋を諦めないことにしたリサでしたが、結局2人の関係はオール阪神巨人に逆戻り。そんなリサに信子は、乳だすくらいの気合いで迫れとアドバイスするのでしたが・・・。(^^;

元々のあっけらかんとした性格もありますが、リサに色仕掛けは絶対に無理でしょう。(笑)
信子にどつかれて、それでも必死に大谷にアタックするリサでしたが、焦れば焦るほどドツボにはまっていました。そして例によって、黒いオーラを発散させています。(^^;

そうこうするうちに、再びクリスマスの時期がやって来ました。昨年は大谷と海坊主のコンサートで過ごせたリサでしたが、今年は大谷は中学時代の同窓会に出席する予定でした。しかも、そこには大谷の元彼女も来るようです。

同級生以外でも参加OKということで、一緒に参加することになったリサでしたが、運良く元彼女は来なかったものの、昔の大谷と元彼女のラブラブぶりを聞かされてへこんでしまいました。
信子の陰謀で、大谷と一緒に倉庫に閉じこめられたリサでしたが、ようやく大谷はリサが本気で自分のことを好きなことに気がついたようです。

しかし、大谷の気持ちがリサに動いたところで、元彼女は現在の彼氏と別れてしまったようです。せっかくいい雰囲気になってきたのに、再びリサはピンチです!

今回は、信子と中尾君の馴れ初め話に笑わせてもらいました。結局それは信子の冗談でしたが^^;、総番長なのに子猫を可愛がる優しい中尾君もいい感じじゃないですか。(笑)
ただし、猫好きとして突っ込みを入れさせてもらうと、拾った子猫に牛乳を飲ませちゃダメです!(--;)b

捨て猫はたいてい空腹なので飲むでしょうが、後から下痢しちゃいます。ということで、子猫にミルクをやるときはペットショップなどで売っている子猫用と書かれたミルクをあげてください。できれば一時的に餌をやるだけじゃなくて、きちんと保護して自分で飼うなり、飼い主さんを探してあげてくださいね。
修学旅行初日にいきなり大谷に失恋してしまったリサ。せめて何とか今まで通りの関係に戻りたいと思うリサでしたが、海坊主と出会ったことで少し考えが変わったようです。

大谷に振られて大ダメージを受けているリサ。魂が抜けて、真っ白になってます。(^^;
そんな大谷は、信子たちから責められています。タクワンを急に毛蟹だと思えと言われても思えないという大谷の言い分は、わかるようなわからないような妙な例えですね。(笑)

徹底的に落ち込んでいたリサですが、信子が自分のこと以上にリサのことを心配してくれていると知って、ようやく少しだけ立ち直ることができたようです。
そんな時、コンビニに立ち寄ったリサたちは、最終日に行くことになっている函館に憧れの海坊主が来ていたことを知ります。それを知った途端に、今までのギクシャクも吹っ飛んで、2人仲良く海坊主の行った場所巡りツアーが始まったのでした。(^^; この2人、海坊主が絡むと人間変わりますねえ。(笑)

途中までは楽しい旅でしたが、やはりリサは大谷への思いを捨てきれません。そんな時、リサは財布を落としてしまったことに気がつきました。リサの財布を必死で探してくれる大谷を見て、優しい大谷がやっぱりリサは好きなことに気がつきます。

そんな時、2人の前に海坊主本人が現れました。彼も奥さんと子供を連れて、函館に旅行に来ていたのでした。
しかも、なんとリサの財布を海坊主が拾ってくれていました。
海坊主の奥さんから、実は高校時代に告白されたけど振ったという話を聞いて、リサは人の思いはどこでどう変わるかわからないと、再び大谷に恋愛宣言するのでした。

今回の一連の告白騒動は、ちょっとリサが焦りすぎていた感じですね。今まで友達だと思っていた人間に、急に好きだと言われても返事に困りますよね。とりあえず、リサの気持ちは大谷に伝わっているわけですから、後はゆっくり大谷にリサの魅力を気づかせてゆけばいいんじゃないでしょうか。
何とか大谷にリサの気持ちは伝わったものの、それ以来2人の間はギクシャクしてしまいます。そして2人揃って仲良く修学旅行に遅刻してしまうのでした。

なんとか思いを伝えたリサでしたが、打ち明けた後の展開を全く考えていなかったことに気がつきました。
自分の気持ちが受け入れられるのか、それとも拒絶されるのか。それが気になって夜も眠れず、とうとう修学旅行に遅刻するという失態を演じてしまいました。

しかし、なんと遅刻してきたのはリサだけではありませんでした。リサと同じように大谷も悩んで、眠れぬ夜を過ごしていたのでした。
その後も2人のギクシャクは続きますが、人力車を見かけた途端に2人はいつもの2人に戻ってしまいました。
リサと大谷、この2人って基本的な精神構造というか嗜好が全く一緒なんですねえ。(^^;

一瞬だけ楽しい時間を過ごせたものの、かえってリサは今の状態がいたたまれなくなってしまいました。こんなのだったら、昔と同じように漫才していた方がいい。そうしてリサは、1人で気持ちを暴走させて勝手に失恋してしまったのでした。

早く答えが聞きたいリサの気持ちもわかりますが、今まで仲良し漫才コンビとしてやってきて、急に好きだと言われたら大谷だって悩むと思いますよ。(^^; なかなか返事をしてくれない、それは大谷がリサのことを女の子としてどう思っているか、本気で考えてくれている証拠だと思うんだけどなあ。

2人の関係は、これで元に戻ってしまうのか。それとも恋が始まるのか。これからが楽しみです。(^^)
前回、決死の覚悟で大谷に告白したリサでしたが、超にぶ~い男な大谷はそれが自分にリサが恋しているという意味だとは全く気づいてないのでした。(;_;)

それまでの大谷の反応から、簡単にはリサの気持ちに気がついてくれないだろうな~とは思っていましたが、まさかここまでにぶい人だとは思いませんでした。おそらく、全人類の中でリサが大谷が好きと気づいてないのは、大谷だけじゃないかと思えるほどのにぶさでした。(^^;

こんな大谷の反応に、リサは徹底的に落ち込んでいます。運良く(?)そのマイナス・エネルギーが学園祭のお化け屋敷で最大限に活用されていましたが^^;、信子たちがフォローすればするほど大谷のにぶさは加速してゆくのでした。

ほとんど全編ギャグシーンとして描かれていましたが、階段で抱き合ったリサと信子が泣き合う場面には、思わずこちらもほろりとさせられてしまいました。口ではいろいろと大谷のことを悪く言っているリサですが、それでも切ないくらいに大谷が好きなんだという気持ちがよく伝わってきました。
そして、そんなリサのために何もしてあげられない信子の切なさもよかったです。

そして、学園祭も最期のフォークダンスを残すのみ。1人教室に残ったリサは、ゴミを片付けてやってきた大谷にもう一度はっきりとわかるように、これ以上間違いないくらいはっきりと気持ちを伝えます。
そこまでされて、ようやく大谷はリサが好きな相手が自分だと気がついたようです。

前回のリサの告白に続き、大谷がその気持ちに気がつくまでに1話かけた構成が面白かったです。
ようやくリサの気持ちを知った大谷は、その思いにどう応えるのでしょうか。次回も楽しみです。
大谷への気持ちに気がついたリサ。周囲の協力を得て、大谷に告白しようとしますが、大谷は超鈍くてリサの気持ちには全く気がついてくれません。

リサの告白を強引に^^;信子が支援してくれることになりました。いろいろと気を遣って、リサと大谷を2人きりにしてくれるのですが、周囲の視線を意識してしまいリサは告白どころではありません。(笑)
そして、大谷のあまりの鈍さに、とうとうリサは泣き出してしまいました。普段、がさつで強気なリサだけに、この場面は意外な一面が見られてリサが可愛かったです。

なんとか夏休み中に告白しようと焦るリサでしたが、焦れば焦るほど事態は複雑に。恋愛対象の相手から、応援するとまで言われてリサはへこみまくってしまいます。
そんな時、リサの誕生日がやって来ました。ちゃっかり信子がメールで知らせたおかげで、大谷からリサに電話がかかってきました。

浴衣に着替えてビルの屋上に行ったリサは、そこでいろいろと気を遣ってくれる大谷を見るうちに、とうとう自分の気持ちを打ち明けたのでした。

今回は、リサが告白するまでを描いただけのお話でしたが、大谷とのすれ違いもあってかなり面白かったです。
大谷がどんな返事をするのか、それを見せずに次回に繋げる流れも上手いと思いました。
でも、今回の大谷の鈍さを見ると、リサの真剣な告白も恋人としてではなく、友達として好きと思われないか心配になります。(^^;
乙女フェロモンを振りまきながら、果敢に大谷にアタックしてくる聖子。しかし、彼女は本当は"彼"でした!

前回のEDでのテロップを見て以来、予想はしていましたが、聖子は本当は聖子郎という男の子でした。
そうとは知らない大谷は、いきなりキスされたことで舞い上がっていましたが、保健室で彼の正体を知って一気にどん底まで突き落とされたようです。(^^; 同性という問題はありますが、あそこまで好いてくれる人がいるのはいいことなんじゃないかと。(笑)

聖子の正体を知る前は、リサは大谷を意識しながらも、背か高いということが気になって素直になれません。
乙女フェロモンを出しまくる聖子を見て、リサはますます落ち込んでいきました。しかし、聖子が本当は男の子と知って、それでも彼が大谷が大好きだと言い切るのを見て、リサの心も動かされたようです。

今回の最大の見所は、以前リサにも大谷の彼女なのかと聞いてきた女の子たちと聖子のやり取りの場面でした。
リサの時と同じように、彼女たちは聖子に大谷が惚れているわけではないと知って安心します。大谷のことが気になっているくせに、自分から告白する勇気はなくて、彼女らしい人が現れると確認して安心感だけは得ようとする、そんな彼女たちの態度にリサの怒りが爆発しました。

性別的には同性かもしれませんが、確かにリサの言うとおり、聖子は本気で大谷のことが大好きなのです。
その気持ちをバカにするようなことは、例え誰でも言ってはいけないことですよね。
自らも同じようなことを言われた経験があったとはいえ、聖子のために本気で怒ってあげられるリサは、男前でいい人だなあと思います。

そして、大谷も決して聖子のことを嫌っているわけではありませんでした。彼氏になってくれというのは受け入れられなくても、ありのままの聖子を友人として受け入れているようです。
リサも大谷も、根本的な一番大事なところは間違えない、とってもいい人たちだなあと思いました。(^^)
2年生になったリサと敦士。相変わらずクラスも一緒で学級委員、仲良くオール阪神巨人しています。(^^;

新入生の入学式の日に、リサと敦士は犬に吠えられていた女の子を助けました。
彼女の名前は、寿聖子(?)。リサたちと同じ学校の新入生でした。最初に敦士に助けられた時から、敦士のことが気に入っていたようですが、部活紹介でインチキ・ダンクシュートをする敦士を見て、完全にハートがズキューン状態になってしまったようです。(笑)
そして、このところさらに敦士が気になっているリサの目の前で、いきなり敦士に抱きついてキス!!!
せっかくリサの気持ちが傾いてきたところだったのに、2人の間にはまだまだ試練が待っていそうです。

ブリブリっ子な聖子が印象的なお話でした。ただ気になるのは、EDでの名前が聖子ではなく、寿聖子郎となっていたことです。(^^;
信子さえ対抗意識を燃やすほどの可愛さなのに、もしかして彼女(彼!?)は男の子なのでは!?

リサにラブラブな遙も、春から同じ学校に編入してきました。でも、彼は今ひとつリサに相手にされてないですね。これに聖子が加わって、さらにややこしいことになりそうです。
クリスマスにいい雰囲気だったリサと敦士ですが、リサの幼なじみ遙と再会したことで関係がややこしくなりました。

リサは幼い頃から気が強くて、女の子みたいだといじめられていた遙を助けてあげていたのでした。海外に引っ越した遙でしたが、大男になって帰国してきました。遙は敦士をチビ扱いして、いきなり2人は険悪な関係になってしまいました。

前回、敦士とよりが戻るかと思った元彼女ですが、敦士に接近してきたのは「背が大きいから今の彼氏を好きになったわけじゃない」と伝えたかっただけでした。2人を応援しようとしていたリサの行動は、結果的に敦士の古傷に塩を塗り込むような結果になってしまったのでした。(^^;

でも、そんなことをされても敦士はリサのことを嫌いにはなれないようです。
お笑いコンビとしての関係が長かったので、2人がお互いに相手を恋愛対象と思うには時間が必要でしょうね。
この2人、学校を卒業してもズルズルと関係が続いて、周囲に適当な相手もいないし結婚しようかという関係に落ち着きそうな気もしました。

今回は、ギクシャクするリサと敦士の間で、信子がさりげなく気を利かせてくれていたのが印象に残りました。
信子の後押しのおかげで、リサと敦士が素直につきあえるようになる日も来るのでしょうか。
でも、遙も本気でリサのことが好きみたいですし、遙の編入で3人の関係はますますややこしくなりそうですね。
「sola」と微妙に録画時間が被るので、今回はOPの途中からの視聴となりました。

相性ぴったりなのに、なぜかお互いに別の彼氏と彼女を見つけようとしているリサと敦士でした。
2人は対等の条件で戦っているかと思ったら、なんと敦士には中学時代に彼女がいたことが発覚しました。
リサの後押しで、2人がよりを戻すのかと思ったら、敦士はちゃんと今はリサを選んだのでした。
これで終わればハッピーエンドだったのでしょうが、突然リサに抱きついてきた男が登場して、2人にはまだ波乱の人生が待っているようです。

かなり濃い笑いを散りばめつつ、最後にはほろりとされられる展開がとてもよかったです。
この作品を見ていて、ふと自分の学生時代を振り返ってみたのですが、どうも私には基本的に恋愛回路が欠落していたのか、恋人がいなくて焦る気分や、クリスマスやコンパのようなイベントを重要と考えてなかったかも。
それよりも自分のやりたいことを見つけること、夢を実現させることに必死でした。・・・結局、夢は実現しなかったのですが。(泣)

というわけで、リサたちの気持ちが今ひとつわからないような、ああいう生き方もあるよなあと憧れるような、気持ちが分裂した状態で視聴しています。(^^;
ラブ★コン -キュン死エディション- (初回限定生産)身長が高いことがコンプレックスの小泉リサと、背が低いことがコンプレックスの大谷敦士が繰り広げる、ドタバタ・ラブコメディーでした。

今期は視聴している作品数が多いので、視聴しようか迷いましたが、あちこちの感想サイトで感想を読んだら面白うそうだったので、とりあえず視聴してみることにしました。

第1話は、クラスの教師からオール阪神巨人と呼ばれるリサと敦士が、それぞれに恋をして見事に撃沈するお話でした。(^^;
リサが鈴木君に惚れて、敦士が千春ちゃんが好きなことがわかった段階で、何となく先の展開は見えたのですが、千春ちゃんと鈴木君のカップリングが成立して、2人揃って見事に撃沈した場面で大笑いしてしまいました。
恋に破れて落ち込んでいる時に、お互いに拳で気合いを入れ合っているのが笑えながらも、なんかいい関係だなあと思いました。

今はいがみ合ってばかりのリサと敦士ですが、ケンカするほど仲がいい2人ですし、いつかはお互いの良いところに気がついて、カップリング成立ということになるのでしょうか!?