日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


イクトのコンサートを利用してあむたちをおびき寄せたイースターは、×タマが浄化される時に現れるエンブリオを手に入れようとするのでした。

あみと一緒に買い物に出かけたあむは、商店街で再び謎の少年と出会いました。この少年、クラシックコンサートにもやって来ていましたが、イクトのバイオリンの影響を受けず、×タマも見えている様子でした。彼は一体、何者なのでしょうか!?

あむたちは、イースターがイクトを利用したコンサートを開催しようとしていることを知りました。あまりに大々的な宣伝に、これは罠ではないかと疑うあむたちでしたが、イクトを助けるためには、あえてその罠に飛び込むしかありません。

何とかコンサート前にイクトを連れ出そうとするあむたちでしたが、音叉に強力に支配されたイクトは、あむたちに会っても、全く気持ちが動かされません。結局、イクトとは出会えたものの、イクトを助け出せずにコンサートが開始されてしまいました。

イクトの演奏で、観客の心の卵が次々と抜き出されました。×タマと化した心の卵を救うために、あむたちもキャラなりしてイクトと対決するのでした。しかし、今までとは違い、ヨルやあむたちがどんなに叫んでも、イクトは心を動かされません。

すんでのところでイースターのエンブリオ捕獲は阻止したものの、またしてもあむたちはイクトを取り返すことができなかったのでした。そして、そんなあむに、とうとう唯世はイクトとの間に過去に何があったかを告白することを決めたのでした。
唯世とイクト、2人の過去に一体何があったのでしょうか!?
りまとややが、秘密の地下室に閉じこめられてしまうお話でした。

理事長の思いつきで、今日は学園で一斉清掃が行われています。しかし、ややは掃除に飽きてしまって退屈そうです。そんな時、ややとりまは噴水の地下に、隠された通路があるのを見つけました。ややに誘われて、りまは一緒にその通路を探検することになってしまいました。

通路の先には、閉ざされた扉がありました。そこは行き止まりの部屋でした。引き換えそうとするややとりまでしたが、いつの間にか扉が閉まってしまって開きません。そんな時、りまは昔誘拐されそうになった時のことを思い出してしまいました。そんなりまに、ややは大声を出せば元気になれると励ましてくれるのでした。

部屋の隅に通気口があるのを見つけた2人は、そこからペペとクスクスに助けを呼びに行ってもらいました。それでも、なかなか助けはやって来ません。不安になったややを、今度はりまが大好きな物語を聞かせて励ますのでした。

ペペとクスクスはようやく外に抜け出して、ガーディアンのメンバーに助けを求めることができました。
この迷惑な秘密の地下室を作ったのは、理事長だったようです。(^^;

今回は、りま&ややの百合百合な描写がいい感じでした!
自分が誘拐されたせいで、両親がいがみ合うようになってしまったことを悲しむりまに、ややが真珠の話をしてあげるのもよかったですし、りまがややに聞かせてくれた、狐と熊の話も面白かったです。
本筋の流れとは全く関係ないお話でしたが、時にはこんな心がほっこりできるお話があってもいいですね。(^^)
あむたちが、迷子の三毛猫の飼い主を捜してあげるお話でした。

冒頭は、久しぶりに心の卵の童話の朗読から。そういえば、第1期の冒頭には必ず心の卵のナレーションがついていましたが、あれがとっても好きだったことを思い出しました。(^^)

ややが学校に子猫を連れて来ました。迷子になっている子猫を拾ったのですが、家ではお母さんが猫アレルギーで面倒を見てあげることができなかったからです。そこで、あむたちみんなで協力して飼い主捜しをしてあげることになりました。

ところが、あむたちが授業を受けている間に、子猫は勝手にあちこちさまよい歩いてしまいました。結局、学校中のみんなにややが子猫を連れて来たことを知られてしまいました。しかし、そのおかげで、みんなで子猫の飼い主捜しを手伝ってもらえることになりました。

その頃、イースターでは相変わらずエンブリオ探しが続けられていました。九十九たちは、何台もエンブリオを呼び出す装置を開発したようですが、どれも失敗。結局、一番あてになるのはイクトの生演奏のようです。

あむたちは、チラシを作って街頭で配り、子猫の飼い猫を必死に探しています。そこに、イクトのバイオリンの音が聞こえました。その音色のせいで、子猫のためにがんばっていた子供たちの心の卵がみんな抜き取られてしまいました。
あむたちはキャラなりして応戦しますが、イースターに操られたイクトはかなりの強敵です。

その時、突然イースターの専務がイクトを操る装置を止めてしまいました。その途端に、イクトは気絶してしまいました。その隙を突いて、あむたちは大量の×タマを浄化したのでした。
それと同時に、空にはいつものようにエンブリオが現れました。それを見た専務は満足げです。専務は×タマが浄化される時にこそエンブリオが現れることに気がついたのでした。

あむたちの活躍で、心の卵のみんなの心の中に戻りました。そして、子猫の飼い主も無事に見つかりました。まだ名前がなかった子猫に、ややはタマちゃんという名前をつけてあげたのでした。

今回はいっけん番外編的なお話になるのかと思いきや、エンブリオの謎に少しだけ近づいたお話になりましたね。それはともかく、相変わらずイクトを探し続けているヨルが不憫です。イースターとの本格対決まで、この流れは続くのかもしれませんが、早くヨルもイクトと一緒にいられるようになるといいですね。
久しぶりに、ほしな歌唄のコンサートが開催されるお話でした。

あむのところに、イルとエルが顔を出しました。何かと思ったら、歌唄のコンサートのチケットを届けてくれたのでした。イースターをやめて以来、いろいろと苦労してきた歌唄でしたが、ついに単独でコンサートを開けるところまできたのです。

そんな歌唄を応援するために、あむはガーディアンの面々とコンサートに赴きました。しかし、イクトのことは歌唄に秘密にしているので、ちょっと心苦しいあむなのでした。

そんな時、例によって九十九たちがイクトのバイオリンの音色を利用して×タマを呼び出そうとしていました。それを知ったあむたちは、歌唄には内緒にして、なんとか×タマを退治しようとしました。しかし、×タマは予想外に強力であむたちはピンチに追い込まれてしまいました。

そんなあむたちを助けてくれたのは、久しぶりにキャラなりした歌唄でした。歌唄のセラフィックチャームのエンジェルクレイドルで、大量の×タマは無事に元の心の卵に戻ったのでした。

そして、いよいよ歌唄のコンサートが開始されました。コンサートを盛り上げるために、キャラなりしたあむたちも特殊効果で応援します。
できれば、歌唄の歌を利用して、そのままEDに突入して欲しかったなあ。
ようやく生まれた、なぎひこのしゅごキャラ・リズム。でも、なぎひこはその自由奔放な性格に振り回されているようです。

なぎひこのしゅごキャラ、リズムは名前通り、かなりノリのいいしゅごキャラでした。しかし、それが災いして勝手にキャラチェンジされたりするので、なぎひこはなかなか苦労しているようです。
でも、そのノリの良さでしゅごキャラ仲間たちの受けもいいです。そんな中、それにちょっと不満なのが、キセキなのでした。

そんな時、九十九たちがイクトのバイオリンの音色を録音した装置を持って現れました。彼らは、それを公園のスピーカーに取り付けて、大量の×タマを発生させたのでした。
なかなか素早い×タマに、キャラなりしたあむたちは翻弄されてしまいます。それを打開したのは、考える前に行動するというリズムの思い切りの良さでした。

今回から、謎の金髪少年が登場しました。あむと出会ってタイ焼きをごちそうになった少年でしたが、食べただけでそれがどんな成分で作られているのかわかる力があるみたいです。そして、タイ焼きのようなおやつは必要ないとわざわざあむに告げに来ました。
彼は一体何者なのでしょうか!?
なぎひこのしゅごキャラ、リズムが登場するお話でした。

バスケ部の選手がケガをして、なぎひこが応援を頼まれました。そんな時、空海がなぎひこの様子を見にやって来ました。なぎひこと空海が腕相撲をしているのを見ていたあむは、なぎひこのしゅごタマが動くのを目撃したのでした。

空海と別れたなぎひこは、バスケをしている3人の少年と出会いました。しかし、なぎひこには彼らに見覚えがありました。どういう関係なのかと思ったら、なぎひこが女装してなでしこだった時、男の子として全力を尽くしてみたくて、彼らと一緒にバスケをしたことがあったのでした。

そして、とうとうバスケ部の試合が開始されました。ところが、イースター社の九十九たちが、またしても怪しげな機械を持って現れたのです。そのせいで、選手たちはみんな倒れてしゅごタマを×タマに変えられてしまいました。さらに、×タマからは、久しぶりに×キャラが登場しました。

そんな×キャラは、あむたちにバスケ勝負を挑んできたのでした。勝負の中、今では昔のように女の子のように振る舞うこともなくなり、男の子として全力を尽くすなぎひこの心に呼応して、とうとうしゅごキャラが生まれました!
早速、なぎひこはそのしゅごキャラ・リズムとキャラなりして、×キャラたちを元の心の卵に戻すことに成功したのでした。

こうして、ようやくなぎひこもしゅごキャラ持ちになりました。なぎひこが再登場してから、しゅごキャラが現れるまで、本当に長かったですね。
ルルがフランスに帰国して、いよいよイクトがらみのエピソードが動くのかと思いきや、例によって消化試合みたいな感じのお話でしたね。(^^;

今回からOPとEDが新しくなりました。OPでは、あむたちだけ声優さんの名前まで紹介されていましたが、いまさらなんで!?という感じだったかも。(^^;

あむたちの街で、愛を叫ぶというイベントが行われることになりました。ややが強く勧めたために、あむと唯世は2人でイベントに参加することになってしまいました。そこへ、エンブリオを狙ってイースターが放ったイクトが×タマを回収するために現れました。

例によってイクトは、あむやヨルの声に反応して一瞬だけ正気に戻りました。しかし、デスレーベルとして操られたイクトは、エンブリオを回収することもできずに退却することになるのでした。
ヨルが可哀想すぎるので、いい加減にイクトをイースターから解放してあげて欲しいですね。

今回の見所は、あむのお父さんかなあ。あみが幼稚園のお友達と一緒に愛を叫ぶイベントに参加することになって、動揺しまくってます。結局、あみは参加賞としてもらえるハート型に変形するフラフープが欲しかっただけみたいですが、今からこんな調子だと娘2人が年頃になった時はたいへんでしょうねえ。(^^;
ついにあむとルルの戦いも決着です。いい最終回でした!(笑)

大量の謎タマを作り出したルルと、ガーディアンが激突しています。その圧倒的なパワーに、さすがのガーディアンも苦戦を強いられています。そんな中、1人だけキャラなりすることができず、戦力になれないなぎひこが可哀想でした。

そして、ナナをしゅごタマに戻したルルは、なんと自らジュエリーの力を使って謎タマを呼び出してしまいました。そして、自らの意志でルルは謎キャラとなったのでした。
そんなルルをあむは必死に説得します。ルルの心を揺らしたのは、本当にお母さんが女優としてもう一度輝きたいと思っているのかという疑問と、自分自身の夢が何かわからないことでした。

しかし、そんなルルにあむは、自分が何をしたいかなんてわからなくていいと教えるのでした。あむ自身、将来自分がどんな自分になりたいか、いまだに決めかねているのですから。
それを聞いて、ようやくルルの攻撃が和らぎました。そして、×のついてしまったルルを、あむはオープンハートで浄化したのでした。

あむたちと戦ったことで、ようやくルルは素直になることができました。そして、お母さんが女優ではなくお笑い芸人としてテレビで活躍している理由も明かされました。それは全て、少しでもルルと一緒にいたいという気持ちからだったのです。しかし、ルルがお母さんに女優として輝いて欲しいと思っていることを知ったルルのお母さんは、フランスの映画監督からの話を受けることにしました。
ただし、できる限りルルとの時間を確保できるように調整してもらうことを条件に・・・。

こうしてルルは、再びフランスへと帰ることになりました。エンブリオから解放されたことで、ルルはジェリー職人になりたいとか、いろいろな夢を持っていることに気がついたようです。こんなルルが、どんな風に夢を実現させるのか楽しみですね。(^^)

こうしてルルはフランスへと旅立って行きました。第2期しゅごキャラのメインともいえるキャラの退場で、今回の終わり方はなんだか最終回みたいでしたね。・・・というか、個人的にはこのところのイクトがらみのエピソードは好きになれなかったので、このまま終わってもいいやという感じかも。(笑)
謎タマを作り出しているのがルルだとばれて、謎タマ篇も盛り上がってきました!

ナナの発言が原因で、ルルはとうとうあむに謎タマを生み出していることを知られてしまいました。しかし、もうルルのことを友達だと思っているあむは、どうしてもルルが悪い人だとは思えません。ガーディアンのみんなにも相談したあむは、もう一度みんなでルルを説得してみることにしました。

その頃、ルルの家庭でも事件が起きていました。ルルが期待していたフランスの映画監督からの映画出演を、ルルのお母さんは断ってしまったというのです。お母さんがいつまでもバラエティ・タレントとして活躍していていいはずがないと思い込んでいるルルは、最後の手段として大量の謎タマを一斉に発生させようとするのでした。

そんなルルのことを心配して、ナナはこっそりランたちのところにやって来ました。イースターと繋がりのあったルルですが、決して悪い子ではないとナナは必死で訴えます。ルルの願い、それはエンブリオを手に入れて、ある人に幸せになってもらいたいだけだったのです。
そのある人とは、もちろんルルのお母さんです。今までにもずっと語られてきましたが、ルルはエンブリオを手に入れて、もう一度お母さんにスクリーンで輝いて欲しかったのです。

公園で子供たちにジュエリーを配ったルルは、大量の謎タマから巨大な謎タマを作り出しました。その気配を察知したあむたちは、公園へと向かいます。こうして、多分最後になるであろう、あむたちと謎タマとの戦いが始まったのでした。
そして、戦いの中でなんとルルは、自らのしゅごキャラ・ナナを謎タマに変えてしまいました。追い詰められて心を閉ざしてしまったルルを、あむたちは救ってあげることができるのでしょうか!?

今回は久しぶりにダイヤが登場していましたね。あむとダイヤとのキャラなりもあるかと思いましたが、お話は次回へ続くことになり、この先でダイヤの出番があるかはまだわかりません。
そして、回想シーンで登場したちびルルがとっても可愛かったです。子供の頃は、たくさんの夢を持っていたルル。しかし、いつの頃からか、自分の夢がお母さんを輝かせることになってしまいました。
あむたちのがんばりで、何とかルルに自分の夢を取り戻して欲しいです。
突然ナナが熱を出してしまうお話でした。

このところナナは、バナナようかんにはまっているようです。そんな中、ルルは今日もエンブリオを手に入れようと謎タマを生み出そうとしています。お母さんにはフランスの映画監督から何やらお話が来ているようですが、エンブリオを手に入れることで、お母さんにもう一度女優として輝いて欲しいという夢をより確実なものとしようとしていたのです。

そんな時、突然ナナが熱を出して倒れてしまいました。慌てたルルですが、しゅごキャラをどうやって看病したらいいのかわかりません。困ったルルは、迷った末にあむに電話して相談するのでした。
それを知ったあむは、しゅごキャラたちと一緒にルルのところにやって来ました。

ナナのために栄養のあるものを作ったり、好きなものを買ってきてあげたり、ルルとあむやしゅごキャラたちは必死でナナの看病をしました。その甲斐あって、ようやくナナの熱は引いて、元気を取り戻したのでした。どうやら今回ナナが調子を崩したのは、バナナようかんを食べ過ぎたのが原因のようですね。(^^;

今回はあむとルルが親睦を深めて、ルルのツンデレぶりを発揮して終わりかと思いきや、思いがけない結末が待っていました。ナナが不用意に言ったことが原因で、謎タマを作り出しているのがルルだとあむに知られてしまったのです。
正体を知られたルルは開き直っていますが、そんなあむとルルが対決することになるのでしょうか!?

今回は、個人的な贔屓キャラのルルのいろいろな表情が見られて楽しいお話でした。
本当はあむのことが気に入っているのに、素直になれないルルがいいツンデレ加減でした。(^^;
ついにルルは、自分の正体をあむに知られてしまいましたが、歌唄の時と同じように、ルルとも仲良くなることができるのでしょうか!?
前回に続いて、桜井優亜ちゃんが登場するお話です。

ガールズフェスティバルで歌を歌うことになってしまった優亜。あむがいるからと勇気を振り絞りますが、ステージに立ったらやはり歌うことができませんでした。ステージが台無しになるピンチは、うまく歌唄がフォローしてくれて助かりましたが、優亜はもう歌は歌わないと言い出してしまいました。

そんな優亜になぎひこが声をかけました。もしも優亜が本当に自分の夢を諦めてしまったら、セシルは消えてしまうと。2つのしゅごタマを持ちながら、2つともまだ卵のままのなぎひこの言葉だけに、このセリフには重みがありました。

そこへ例によってルルが登場。悩める心の持ち主として、優亜を見つけました。しかし、ジュエリーは渡したものの、既にしゅごキャラを持っている優亜からは謎タマが現れません。しゅごキャラ持ちにはジュエリーは使えないのかと思いきや、なんとセシルがしゅごタマに戻って謎タマになってしまいました。

謎キャラになった優亜は、みんなから歌を奪おうとします。あむとややはキャラなりしてそれを止めようとしますが、圧倒的なパワーを持った謎キャラに逆にピンチに陥ってしまいました。
それを救ってくれたのは、キャラなりした歌唄でした。

そして、あむはついに幼稚園時代の記憶を思い出しました。誰も優亜の歌を聴こうとしてくれなかった中、たった1人あむだけが優亜の歌を聴こうとしてくれたのでした。×タマになった謎キャラを浄化すると、とうとう優亜は歌を歌い始めました。そのまま優亜の歌でEDに突入したのには驚きました。

最近のしゅごキャラとしては、力の入ったお話でしたが、優亜の歌が今ひとつだったのが残念でした。
あむたちが、カリスマモデルの桜井優亜ちゃんと知り合いになるお話でした。1回限りのお話かと思ったら、次回へと続く展開だったので驚きました。

ややが雑誌の読者モデルに応募して、ガーディアンのみんなが雑誌モデルを引き受けることになりました。その時には、今小学生に大人気のカリスマモデル桜井優亜ちゃんもやって来るのでした。
優亜はなかなか気さくな性格のようで、あむたちにも気軽に声をかけてくれます。無事に撮影が終了してもう優亜とお別れかと思ったら、なんとあむが優亜の幼稚園の先輩だったことが判明しました。

あむはそのことを覚えていませんでしたが、優亜にとってあむは大きな影響を与えた先輩だったようです。そんな優亜に誘われて、あむたちはスタジオ見学に出かけることになりました。そんな優亜には、セシルというしゅごキャラがついていました。しかし、優亜はしゅごキャラが何なのかよくわかってないようです。(^^;

自分の夢や憧れが姿を現したはずのしゅごキャラでしたが、歌を歌いたがるセシルとは対照的に優亜は歌うことは嫌いだと言います。それを不思議に思うあむたちでしたが、一体何が優亜に歌うことを躊躇わせているのでしょうか!?

そんな時、優亜に歌のお仕事が入りました。少女たちのファッションショーイベント、ガールズフェスティバルで歌を歌って欲しいと言われたのです。あむに励まされて、優亜は歌うつもりでがんばりますが、いざ練習してみるとどうしても歌うことができません。

そうこうするうちに、とうとうフェスティバル当日がやって来てしまいました。そこにはなんと、歌のゲストとして歌唄も招待されていました。会場まで応援に駆けつけたあむたちでしたが、優亜は結局歌を歌うことができずに、口パクすることになってしまいました。
ところが、用意していた機材の不手際で、優亜が口パクできなくなってしまいました。

優亜は、思い切って歌うと言いましたが、いざとなるとやはり声が出なくなってしまいました。それは、何やら幼稚園の頃の思い出が関係しているようなのですが、一体優亜の過去に何があったのでしょうか!?

次回はルルが登場するようなので、例によって謎キャラが登場するお話になりそうですね。
珍しく二階堂先生にスポットが当たったお話でした。

本編がスタート早々、いきなりルルにイースターから不要通告です!
イクトという新しい道具を得て、ルルという実績が上がらない道具が不要になったということらしいですが、この扱いは酷いですよね。

あむは学校で作文を書くことになりました。テーマは、「将来の夢」。いまだに将来の夢が決まっていないあむは、どんな風に作文を書いたらいいのか悩むことになりました。結局は、両親が言っている子供には無限の可能性があるという言葉を引用して誤魔化したみたいですね。(^^;

あむの友人、わかなちゃんの夢は学校の先生です。なんと二階堂先生を見ていて、あんな風な先生になれたらいいなあと思ったらしいです。いつも転んでばかりいるダメダメな先生かと思ったら、いつも子供たちの様子に目を配っているなかなかいい先生でした。

ところが、翌日になったらわかなは、先生になる夢をやめようか迷っています。テレビの番組で、モンスターペアレンツが紹介されているのを見て、無茶な要求をつきつけくる親に対処してゆく自信がなくなったようです。そんな迷える心を、ルルに利用されてしまいました。

あむとりまの活躍で、わかなは元に戻りました。結局、先生になりたいという夢は、いろんななりたいの1つのようですが、あむもりまもわかなも将来どんな夢を実現させるのか楽しみですね。(^^)

今回よかったのは、りまが自分の作文について二階堂先生とやり取りする場面でした。将来の夢として、りまはみんなを笑わせたいと書いたようです。そんな夢を笑われるんじゃないかと心配していましたが、二階堂先生はそんなりまの夢をちゃんと認めてくれていたのがよかったです。
あむたちが世界音楽博覧会に出かけるお話でした。

ルルは相変わらず、お母さんがバラエティーの仕事をすることが気に入らないようです。お母さんに以前のように女優として輝いてもらうためにも、早くエンブリオを探し出そうとルルは焦るのでした。

その頃、聖夜学園ではややが世界音楽博覧会のちらしを持ってきていました。ガーディアンのみんなで、博覧会を見学に出かけようというのです。多くの人が集まる場所なので、イースターの×タマ集めに利用されるかもしれないと唯世が考えて、みんなで博覧会に行くことになりました。

学校からの帰り道、あむたちはヨルと出会いました。ヨルは相変わらずイクトの行方を探しています。以前はあむたちもイクト探しを手伝ってあげたのに、今はもう飽きちゃったのかヨルと出会っても探すのを手伝うとは言い出しませんね。(^^;
おまけに、1人がんばっていたヨルも、お菓子に釣られてイクト探しを一時中断してしまいました。(笑)

元気のないルルの様子を心配して、ナナはイースター社に潜入していました。そこで九十九たちが、音楽博覧会を利用してエンブリオを呼び出そうとしていることを知るのでした。ナナからそれを聞いたルルも、音楽博覧会に乗り込むことになりました。

当日、ルルはダンサーに扮してイースターの動きを監視していました。そこへ、九十九たちがやって来ました。九十九たちのトラックに乗り込んだルルは、あっけなくイクトを救い出したのでした。
そしてイクトは博覧会場へとさまよい出ました。しかし、あと少しであむたちに気づいてもらえそうだったのに、謎キャラがあらわれたことであむたちと出会えませんでした。

今回の謎キャラは、ルルの踊りに魅せられてしまった女の子。ダンサーに憧れる気持ちを利用されて、謎キャラになってしまいました。その攻撃を受けて、りまとややがコサックダンスを踊らされたのには笑ってしまいました。

あむと唯世はキャラなりして謎キャラに挑みますが、周囲を謎キャラに操られた人たちに取り囲まれて動きが取れません。そんな中、謎キャラの相手をしたのは、なんとなぎひこでした。
謎キャラは、なぎひこと踊ったことで、本当のダンスは人に操られて踊るものではないと知ったのでした。久しぶりのなぎひこの活躍でしたが、肝心のダンスシーンの作画が今ひとつしょぼかったのが残念でした。

逃げ出して彷徨っているイクトでしたが、イースターの追っ手にあっさりと捕まってしまいました。
結局、状況は全部振り出しに戻りましたね。(^^; こういう何の進展もないお話が延々続くのは、ちょっと辛いなあ。
今回は、熱血野球少女・西野さんが登場するお話でした。

前回までイクトを奪還しようとしていたはずなのに、今回はあむたちはそんなことなどなかったような振る舞いですね。(^^;
そんな時、あむは同じ学年の野球少女、西野さんと出会いました。彼女は所属しているチームのピッチャーになろうとがんばっているのでした。しかし、なかなかライバルの男の子に勝つことができません。

そこであむは、空海にお願いして西野さんを特訓することにしました。
今回意外だったのは、あむは運動神経抜群そうだったので、野球も得意なのかと思ったら、今まで野球をやったことがなかったんですね。あむが意外と女の子らしかったのに驚きました。

空海の特訓で下半身を強化して、西野さんはテストに挑みました。しかし、あと少し実力が足りなくて、結局ピッチャーには選ばれませんでした。落ち込む西野さんを狙って、ルルがやって来ました。
謎キャラになってしまった西野さんを、あむと空海が食い止めます。元の姿に戻った西野さんは、ピッチャーにはなれませんでしたが、チームの一員として活躍するのでした。

ふと気がついたのですが、このところルルが登場してもさっぱりエンブリオが登場しませんね。もう謎タマを発生させてもエンブリオは現れないということなのでしょうか!?(^^; もしかして、ルルは全く意味がないことをやっているんじゃ・・・と思ってしまいました。(笑)
ヨルとキセキが、イクトを助けるためにイースターに侵入するお話でした。

このところ時折こういうお話がある「しゅごキャラ」ですが、大騒ぎしたわりには何にも事態が進展しないというお話でした。(^^;

ヨルはイースターに掠われたイクトをずっと探していたようです。疲れ切ったヨルは、しゅごキャラハウスのキセキの部屋で眠り込んでしまいました。それを見たキセキは大怒りです。怒りにまかせてキセキは、ヨルがしっかりしてないからイクトが掠われたと酷いことを言ってしまいました。

そんな中、あむたちや他のしゅごキャラたちは独自に行動を開始しました。しかし、あむたちは猪突猛進に暴走するややに振り回されただけ、ランたちはイクトが現れた遊園地に手がかりを探しに行ったものの、そのまま遊園地で遊び回ってしまいました。(^^;

ヨルに酷いことを言ったと謝ろうとしていたキセキは、ヨルが1人でイースターに侵入してゆくのを目撃しました。ヨルのことを心配したキセキは、ヨルに付き合って一緒にイースターに入り込んでしまいました。
そこで専務を目撃した2人は、九十九たちが研究しているイクトを操る音叉が置かれている研究室へとたどり着きました。そこからヨルは音叉を盗み出しましたが、九十九たちに気づかれて、イースターの中を追い回されることになってしまいました。

結局、捕まったキセキを助けるために、ヨルは音叉を手放すことになってしまいました。いつもいがみ合ってばかりのキセキとヨルですが、今回の行動で本当は仲がいいのかもしれないと思えました。

このところ出番がなかったルルとナナですが、とりあえず生存確認だけはできました。(^^;
どうせ引き延ばし話をするなら、ルルたちに出番をあげればいいのに、ちょっと2人の作品内での扱いが酷すぎるような気がしました。
イースターの専務に操られたイクトに襲われて、あむは大ピンチです。それを救ってくれたのは、キャラなりした唯世でした。

例によってイースターは、大量の×タマを作り出してエンブリオを呼び出そうとしているようです。そのための道具として、イクトの義父である専務はイクトを音叉で操って利用していたのでした。
イクトや心の卵を抜き取られた人たちを道具としか考えてない専務のやり方に、あむと唯世は怒ります。そして、専務がバカにする信じる心で、あむと唯世は新たな必殺技を生み出しました。ハートロッドとホーリークラウンをあわせて、プラチナハートという技を編み出したのです。その力で大量の×タマは、あっという間に元に戻りました。

そして、×タマが消えた時エンブリオが姿を現しました。唯世がイクトを牽制している間に、あむはエンブリオへと手を伸ばします。しかし、エンブリオの不思議な力で、あむのキャラなりは解除されてしまいました。地面に叩きつけられそうになったあむは、唯世に救われましたが、その間にイースターの面々は逃げてしまいました。

そして後半は、ちょっと総集編っぽいあむと唯世の仲直りが描かれました。イクトのことを黙っていたことを、あむは唯世に謝りました。そして、どうしてあむがイクトと拾うことになったのか、その最初から唯世に話したのでした。
あむの話を聞いて、ようやく唯世の気持ちも落ち着いたようです。唯世はイクトが過去にやったことをまだ許せないようですが、イースターの企みを阻止するために、イクト救出に協力してくれることになりました。
果たしてあむたちは、無事にイクトを助け出すことができるのでしょうか!?

今回は、前半の作画に妙に力がはいっているなあと思ったら、後半が総集編もどきで大いに納得しました。個人的には、あむ×イクトの方が好きなので、あむと唯世がいい感じに戻ってしまったのはちょっと不満ですが、まだあむがイクトを選ぶ可能性もあるかもしれませんので、そういう展開に期待しています。(^^;
イースターに拉致されたイクトは、何らかの陰謀に利用されそうです。そんなイクトを助けて欲しいと、夜があむのところへ泣きついてきました。

いつものあむなら、迷惑をかけられても結局イクトを助けに向かったのでしょうが、今回は唯世とのことが尾を引いていてヨルのお願いを聞いてあげることができませんでした。辛くなったあむは、夜の街へと飛び出して行ってしまうのでした。

その頃、唯世も公園で落ち込んでいました。そんな唯世を見つけて励ましてくれたのは、空海でした。空海は自宅へ唯世を連れて行くと、お兄さんたちを紹介しました。これまで語られませんでしたが、空海は男ばかりの5人兄弟の末っ子だったんですね。しかも、お兄さんたちが各種イケメン揃い!
そんなお兄さんたちと空海のやり取りを見ていたら、唯世も元気を出すことができました。今は嫌ってしまっているイクトですが、かってはイクトが唯世のお兄さんみたいだったこともあったようです。

落ち込むあむは、奇しくも唯世がいたのと同じ公園のブランコに座っていました。そんなあむを見つけたラン・ミキ・スゥは、あむを励ましてくれました。あむも本当はわかっていたのでした。一番いけなかったのは、イクトではなく、誰にも相談せずにイクトを匿ってしまった自分だということを。

元気を取り戻したあむは、イクトの救出に向かいます。しかし、その途中で怪しいバイオリンの音色を耳にしました。それはなんと、紫色に光るバイオリンに操られたイクトが弾いているものでした。
その音色にひかれて、次々と×タマや心の卵を抜かれてしまった人たちが集まっています。あむは、イクトを止めようとしますが、何かに操られているのかあむの声はイクトに届きません。

そんなあむを助けてくれたのは、キャラなりした唯世でした。唯世は今までへたれキャラっぽかったですが、今回はちょっと格好良かったかも!
次回は、あむと唯世2人で力を合わせて、イクトを元に戻すことができるのでしょうか!?
あむとイクトが同棲していたことを唯世に知られてしまい、あむは落ち込んでいます。ある意味、二股かけてウハウハしていたわけですから、あむが唯世に嫌われても自業自得な気はしますが、ガーディアンの仲間としては悩ましいところですね。(^^;

今回は、そんなあむと唯世の仲直り話になるのかと思いきや、久しぶりにルルが登場しました。でも、ルルもこのところ自分の存在意義が薄れていることに多少は危機感を持っているようです。そんなルルは、今日も迷える人を探していましたが、そこで発見したのはなんとあむでした。

いつもと違うあむの様子に戸惑うルル。そのままあむを謎キャラ化する手もあったと思うのですが、なぜかあむを励ましてしまいました。やっぱりルルは根本的なところでいい人なのかもしれませんね。

風邪を引いて学校を休んだ唯世を、あむはお見舞いに行くことになりました。しかし、気まずくて、とても唯世に合わせる顔がないあむは、ぐだぐだと悩みまくるのでした。そんなあむの前に現れたのは、双子の女の子でした。最初は仲がよさそうに見えた2人ですが、同じ先輩を好きになってしまったことがわかると、対立してしまうことになりました。

そんな心の迷いを、ルルが利用します。あむやガーディアンのメンバーは謎タマの出現を知って、現場に駆けつけますが、唯世のことが気になるあむはいつもの力を発揮することができません。
そんなあむを励ましてくれたのは、ガーディアンのメンバーたちでした。そのおかげで、あむはようやく謎キャラを浄化させることに成功しました。

しかし、あむと唯世の仲直りは今回はお預けのようです。再びイースターに捕らわれたイクトも気がかりですし、そろそろあむたちとイースターの戦いが再び始まるのでしょうか!?
あむとイクトが同棲していることがバレてしまうお話でした。

唯世はイクトのことを不幸を運ぶ黒猫だと言いました。しかし、あむはイクトがそんなに悪い奴だとは思えません。しかし、イクトと拾ったことを、とうとう唯世には話すことができませんでした。
そんな時、唯世があむをデートに誘いました。舞い上がったあむは、イクトのことを完全に忘れていました。デートに出かける前に、イクトにシャワーを浴びさせてやろうと思ったあむでしたが、それがきっかけでとうとうイクトを匿っていることをお母さんに知られてしまいました。

小学生の女の子が年上の男の子と同棲していたことを知られて、あむは思いっきりお母さんに叱られるのかと思いきや、お母さんはなかなか話のわかる人でした。あむが不純な目的でイクトを匿っていたわけではないことを、ちゃんとわかってくれたのでした。
しかし、さすがにこのまま同棲生活を続けることはできません。とりあえず、イクトはあむのお母さんが予約したビジネスホテルに匿われることになりました。

ところがそこへ、デートの約束の時間になってもやって来ないあむを心配して、唯世が家までやって来てしまいました。普段はあむには優しいイクトですが、唯世にはけっこう容赦ないです。
いきなりイクトは唯世の前に現れて、あむと同棲していたことを話してしまいました。おまけに、唯世があむに告白したことさえ聞いていたと話してしまったのです。
それをあむが唯世に黙っていたことで、あむは唯世を深く傷つけてしまったのでした。

あむの家から出たイクトの前には、早速イースター社の男たちが現れました。そして、あむに裏切られたと知った唯世は、呆然と街をさまよい歩きます。なんだか修羅場な展開になってきましたねえ。(^^;

今回は、これ小学生が主人公のアニメだったよね!?と思いたくなるほど、重たい展開でしたね。唯世のことが好きな一方、イクトのことも嫌いにはなれないあむ。そんなあむが、最終的にはどちらを選ぶのか気になります。
いよいよバイオリンを使ってイクトを操るというイースター社の陰謀が動き始めました。

・・・がしかし、個人的にはそんなことはどうでもよくて^^;、久しぶりになでしこっぽくなったなぎひこが無茶苦茶可愛かったんですけど!(^^;
あと、やっぱり唯世があむのことを「あむちゃん」呼ばわりするのは、何となくイヤですね。とか言いながら、私はあむのことをあむと書いているわけですが。(笑)

イースター社の今回の作戦は、イクトのバイオリンを怪しげな装置を使って共振させて、イクトを操ることが目的でした。操られたイクトは、今までとは違ったキャラなりを見せています。そんなイクトとそれを見つけた唯世が激突・・・と思ったら、一撃しただけで終わりですかっ!(笑)

急に唯世のあむへの呼び方が変わったことで、やややりまは興味津々です。最近頻発する×タマの発生にイクトが関わっているのではないかと唯世は疑いますが、あむはどうしてもイクトと同棲していることを言い出せません。おまけに、唯世は何やらイクトと因縁があるようで、イクトのことを徹底的に嫌っています。唯世とイクトの間に、一体何があったのでしょう!?

今回のメインは、花壇の前で大切な人に嘘をつくことについて話し合う、あむとなぎひこでした。
あむが投げかけた問いは、そのままなぎひこの問いでもあるのですが、それに対してなぎひこは大切な人に嫌な思いをさせないように、嘘をつき続ける辛さを引き受けると答えるのでした。

ということで、いきなりお話がイースター社との対決っぽくなってきたのですが、これまで謎タマ騒動を巻き起こしてきたルルは放置なんでしょうか!?(^^;
ルルは嫌いなキャラではないので、退場させるならさせるで、きちんと退場させて欲しいんですけど。
あむの家に、突然歌唄がやって来ました。あむはイクトと同棲しているのがバレたのかと、大慌てです。

あむは歌唄に強引に連れ出されて、ラーメン屋に行くことになってしまいました。そこであむたちは、丸山君というラーメンブログで有名なカリスマ小学生と出会ったのでした。丸山君は、ラーメンを食べている途中でライスを頼んだ歌唄の食べ方を邪道だと批判しました。しかし、歌唄はそれを軽くかわしてしまいました。それが原因で、丸山君は自分のこだわりに対して疑問を持つことになったのでした。

河原にやって来た歌唄は、あむに両親のことを話しました。イクトと歌唄の父親、月詠アルトは天才的な才能を持ったバイオリニストだったようです。そんなアルトに、ほしな家の娘であったお母さんが惚れてしまいました。身分違いの2人の恋は、周囲から大反対を浴びましたが、将来アルトがイースター社を継ぐ約束で、2人の結婚が認められたのでした。しかし、アルトはその約束を果たすことなく、歌唄たちの前から姿を消してしまいました。そして残されたのは、彼が使っていたバイオリンだけでした。

これまで謎だったイクトや歌唄の境遇がようやく明らかになりました。欲を言えば、セリフであっさりと説明するのではなく、もう少しうまく物語の中に折り込んでくれるとよかったかも・・・。

歌唄と話し込んでいるあむの前に、唯世と空海が現れました。歌唄と空海はラーメン対決をするために出かけてしまい、あむと唯世だけが取り残されてしまいました。
そして、唯世はいきなりあむのことを「あむちゃん」呼ばわりです。(^^;
日菜森さんと名字で呼ぶのに慣れているせいか、唯世があむちゃんと言うたびに何となく気持ち悪いです。おまけに、今まで言わなかった分も、あむのことを好きだと言い続けると唯世は宣言しました。
ちょっとホワイトデーに告白したからって、調子に乗ってるんじゃないぞ!と思ったのは私だけ!?(^^;

そして、迷っている丸山君の前にルルが現れました。ルルは丸山君にジュエルを渡すと、謎キャラを作り出してしまったのでした。それを知ったあむと唯世は、キャラなりして戦います。しかし、予想外に強敵な謎キャラに大ピンチです。それを救ったのは、久しぶりにルナティックチャームにキャラなりした歌唄でした。
そのおかげで、あむたちはピンチを脱して、謎タマを元の心の卵に戻すことができたのでした。

歌唄は、最後にあむにイクトを守る権利をちょっぴりだけ分けてくれました。久しぶりの登場ということもあって、今回は歌唄のツンデレぶりが可愛かったですね。(^^)
再びイクトを拾ってしまったあむ。そんなあむのところに、ホワイトデーに唯世がやって来ました。

ヨルにイクトがたいへんだと教えられたあむは、再びイクトを部屋に引っ張り込んでしまいました。で、例によって一緒にベッドで寝ているのでした。(^^;
そんな時、突然唯世があむの家にやって来ました。ホワイトデーのプレゼントを持ってきた唯世は、あむに何か伝えたいことがあるようです。

以前、あむではなくアミュレットハートが好きだと告白してしまった唯世でしたが、今ではアミュレットハートとしてのあむだけでなく、あむの全てが好きになってしまったのでした。突然の告白にあむはドキドキですが、せっかくのいい雰囲気もイクトがクローゼットに隠れているので台無しですね。
唯世が帰った後もにやけるあむでしたが、そんなあむにイクトもあむが好きだと告白しました。でも、普段の言動が災いして、これは本気だとはあむには信じられません。

小学生にして、唯世とイクトという2人の男の心を掴んでしまったあむ。・・・そういえば、海里もあむに告白していましたが、今のところ問題外みたいですね。(^^;
こんなにも多くの男の子の心を振り回しているあむは、大人になったら一体どんな女性になるのか心配です。

今回は再びイクトを拾い込んだ緊張感と、唯世のラブラブ告白があって楽しいお話でした。やはり、たまにはキャラなりなしで、こういうラブラブ話をやってくれた方が楽しいですね。(^^)
ラン、ミキ、スゥがケンカしてしまうお話でした。

今回は内容的にも盛りだくさんで楽しいお話でした。休日にケーキ屋さんにケーキを食べに来たガーディアンのメンバーたち。いつまでもケーキを食べずに鑑賞していたミキは、ランにケーキを食べられてしまいました。そして、2人のケンカを止めようとしたスゥもケンカに巻き込まれ、とうとう3人は大げんかを始めてしまったのでした。

そんな時、あむたちは熱心に料理の研究をしている女の子を知りました。彼女の名前は、森野みもりさん。本当にはシェフになるのが夢なのですが、不器用でうまく料理ができません。仕方なく料理研究会になりたいと言っていますが、本当はやはりシェフになりたいのでした。

そんなみもりの揺れる気持ちを、ルルに利用されてしまいました。あむはキャラなりして謎キャラを食い止めようとしますが、しゅごキャラ3人の心がバラバラでキャラなりすることができません。おまけに、他のガーディアンのメンバーも謎キャラに捕らえられてしまいました。

絶体絶命のピンチに、しゅごキャラ3人はようやく協力することができました。ミキが作戦を考えて、ランがスピードを生かしてそれを実行。そして無事に捕まっていたスゥを助け出すことができました。
3人のチームワークさえ戻れば、もう怖いものはありません。あむはアミュレットハートからアミュレットスペード、アミュレットクローバーと次々にキャラなりして、謎キャラを浄化するのでした。

これで一件落着と思いきや、ヨルがあむのところへ駆けつけてきました。イースター社で九十九たちが何やら怪しげな実験をしているせいか、イクトの調子が良くないようです。あむはイクトを助けることができるのでしょうか!?

今回はメインのお話も今までと違う流れで面白かったですが、しゅごキャラを持たないなぎひこの寂しさが描かれていたのもよかったです。そして、そんななぎひこをダイヤが励ます場面もよかったです。(^^)
ルルのお祖母さんが、フランスから日本にやって来るお話でした。

フランスの子爵の末裔というルルのお祖母さんは、とっても厳しく厳格な人でした。縁日に出かけたあむは、そんなルルのお祖母さんと出会いました。そして、お祖母さんをルルの家まで案内することになってしまいました。

ルルのお母さんは、最近健康器具のCMで人気があるようです。しかし、お母さんにあくまで女優として輝いて欲しいルルは、それが不満でなりません。そんな時、あむに連れられてお祖母さんがやって来ました。ルルはこの機会とばかり、お父さんやお母さんに貴族らしさを取り戻してもらおうとするのでした。

ところが、お祖母さんが日本にやって来た目的は、ルルの様子を見るためでした。昔は絵描きになりたいとか、絵本を描きたいと言っていたルルが、今ではどんな夢を持っているのか気にしていたのです。しかし、今のルルは自分の夢を忘れて、お母さんが再び女優として光り輝くことしか頭にありません。

焦ったルルは、縁日で強引に謎タマを出現させるのでした。しかし、強い迷いの気持ちを持たないその謎キャラは、あっという間にあむに説得されてしまったのでした。
そして、お祖母さんはフランスへと帰って行きました。ルルにお母さんではなく、自分がどうしたいのかという質問を残して・・・。
これがきっかけになって、ルルが自分の夢を見つけ出せるといいですね。

今回は久しぶりにイースター社の九十九たちが何やらやっていました。イクトの持ち出したヴァイオリンを共鳴させる装置を作り出したようです。しかし、装置は途中で壊れて、計画は失敗してしまいました。彼らは一体何をしようとしているのでしょうか!?
というか、イクトのヴァイオリンを巡るお話もいい加減引っ張りすぎかも・・・。(^^; てゆうか、イクトは何日野宿してるんだか。(笑)
全国の小学生を集めてサミットが開かれることになりました。聖夜学園からは、あむと唯世が出席することになりました。サミットに出かけたあむたちは、そこで実行委員をしていた海里と久しぶりに再会するのでした。

しかし、久しぶりに顔を合わせたというのに、海里の様子がすぐれません。あむと別れる時に、次に会うときはあむにふさわしい男になると言ったことを気にしていたのでした。あむと唯世がいい雰囲気なのを見て、2人から距離を置こうとする海里に、あむはそれならいつになったら会うことができるのか!?と問いただすのでした。

そんなあむの言葉に心が揺れた海里でしたが、未熟な自分を素直に相手に晒すことも必要だとようやく悟ることができました。そして、今回は山で迷子になった斎藤君を救うために、唯世と海里がキャラなりしてあむを守りました。あむのキャラなりなしというのは、珍しいパターンですが、唯世にイクト、それに海里とどんどんあむの妄想の相手が増えてゆくのは困りますね。(^^;

久しぶりに謎タマなしのお話なのはよかったのですが、本編よりも斎藤君のダメさ加減が目についてしまって、もう少し脚本を考えて欲しかったなあと思いました。(^^;
斎藤君1人で、ホテルで迷う、配膳をこぼす、ピクニックで迷子になると迷惑かけすぎじゃないかと・・・。一応、サミットという学校の代表がやって来る場所だったのに、どこの学校がこんな迷惑な生徒を送り込んできたのかが気になってしまいました。(笑)
今回は、バレンタインデーのお話でした。家の地域では放映が遅いので、今頃バレンタインかあと思いましたが、お話的には意外と楽しかったです。(^^)

バレンタインデーが近づき、聖夜小ではそれに向けたイベントがガーディアンの手で進められています。告白大会があったり、チョココンテストがあったりと、どうして小学生がこんなにバレンタインで盛り上がるの!?な気はしますが、あむたちはその準備でたいへんです。

そんな中、あむはお母さんとあみに誘われて手作りチョコ教室へと行くことになりました。なんとそれは、ルルのお父さんが主催している教室でした。そこには、月組の由紀奈ちゃんもやって来ていました。由紀奈は、以前から気になっている大輔君にチョコを渡したいのに、大輔君にチョコが嫌いと言われて悩んでいたのでした。

そんな悩みを気配にひかれて、ルルが由紀奈に目をつけました。ルルはバレンタイン・イベントの当日に聖夜小に現れると、由紀奈にジュエリーを渡して謎キャラを生み出してしまったのでした。
謎タマの気配を察知したガーディアンですが、イベントの準備で忙しくて手が離せません。そこであむだけが謎タマ退治に向かいました。

今回の謎キャラ、チョコレートドリームは微妙にアミュレットクローバーと被るところがあったような気もしますが、見事にあむは由紀奈を説得して心の卵を元に戻したのでした。
チョコが嫌いと言っていた大輔君でしたが、由紀奈にチョコを渡されたのが恥ずかしくて、心にもないことを言ってしまったようです。由紀奈はチョココンテストでも優勝できましたし、大輔君ともいい感じになれてよかったですね。(^^)

手作りチョコ教室で作ったあむのチョコレートですが、唯世に渡すつもりが、巡り巡ってイクトに食べられることになってしまいました。あむとイクト、2人の絆は思った以上に強力なようです。
ちょっと可哀想だったのは、前回に続いてちょっとだけ登場の歌唄でした。せっかくイクトのためにチョコを用意したのに、イクトと顔を合わせることができずに渡せませんでした。(;_;)
もうすぐりまの誕生日。あむたちは、密かに誕生パーティーの準備を進めています。そんな中、なんとりまにラブレターを渡した男の子がいることが発覚しました!!!

りまに気があるのは、霧島君という男の子でした。告白する勇気がなくて、なんとかラブレターは渡したものの、いまだにりまから返事がもらえません。そのことはりまも気にしているらしく、2人の間は何となくギクシャクした雰囲気です。

そんなこととはつゆ知らず、あむたちガーディアンはりまの誕生パーティーの準備を進めていました。あまりにも挙動不審なその姿で、りまにはあむたちが何をしようとしているかバレバレのようですが、それでも祝ってくれる友人がいるのがうれしい様子のりまでした。

そんな中、ロイヤルガーデンに霧島君が尋ねてきました。ラブレターの返事がもらえなくて、なぎひこにりまから返事を聞く機会を作って欲しいとのこと。りまを好きな男の子がいるとは知らなかったあむやややは、2人の恋愛の成就に向けて一気に暴走したのでした。

さらに、暴走に拍車をかけるように、なぜかエルが乱入。状況はより混沌としてきたのでした。
そんな中で印象的だったのが、ややが霧島君に言ったセリフでした。りまが霧島君のことを好きでも、嫌いでも、りまのことを好きでいてあげて。ややがどれだけりまのことを大切に思っているか、その全てが伝わってくるようないいセリフでした。

そして霧島君が告白するセッティングが整ったところへ、例によってルルが割り込んできました。
告白することを迷っている霧島君の気持ちにつけ込んでジュエリーを渡し、謎タマを呼び出してしまったのでした。以前の他のエピソードでもそうでしたが、毎回こうやって無理に謎タマがらみのお話にしなくてもいいのになあ。

謎キャラと化した霧島君は、アミュレットクローバーに見事に浄化されました。
そして、いよいよ霧島君の告白タイムです。この場面のりまは、いつも以上に力が入っていて可愛かったですね。結局、りまは霧島君を特別な存在だと思うことはできませんでした。でも、2人は仲の良い友達になれるかもしれませんね。(^^)

今回は大きなお友達にも大人気のりまさんに、いよいよ彼氏ができるのかと思いましたが、なんとか無難な形に落ち着きましたね。そうそう。りまの誕生プレゼントの確保ということで、落語家のサイン色紙を手に入れるために歌唄があむにパシリに使われていたのには笑ってしまいました。
あむの永遠のライバル(?)、山吹沙綾様が転校することになってしまうお話でした。

相変わらずあむの学校での人気は一番のようです。そんなあむに、闘志を燃やす人物がいました。
言わずと知れたあむのライバル、山吹沙綾様です。今回は突然、沙綾様が転校することになってしまいました。山吹コンツェルンの本社がロサンゼルスに移転するのに伴い、沙綾様も転校することになったようです。

転校する前に、沙綾様は自らお別れ会を開催しました。会を開いた目的は、これまでのあむとの勝負に決着をつけるためでした。しかし、沙綾様のやる気ばかりが空回りして、どうしてもあむに勝つことができません。翌日は、ロイヤルガーデンへのお茶会に沙綾様は招待されましたが、何気にあむと唯世がラブラブなのを見せつけられて、沙綾様は悔しさを味あわされます。

そんな沙綾様に、ルルが近づいてきました。いつものようにジュエリーを渡そうとするルルでしたが、沙綾様はいつもとは勝手が違いました。ルルの自作の安っぽいジュエリーなど、沙綾様は目もくれなかったのです。仕方なくルルは、強引にジュエリーの力を発揮させました。

そうして沙綾様は、ご自分の宿敵である日菜森あむへと姿を変えられてしまったのでした。そんな沙綾様をあむはキャラなりして止めようとしますが、あむがアミュレットハートに変身すれば、沙綾様はゴージャスハートに、アミュレットスペードに変身すればゴージャススペード、そしてアミュレットクローバーに変身するとゴージャスクローバーに変身して戦いを繰り広げられました。

かってあむとここまで互角に戦い合った相手がいたでしょうか!?(^^;
そんなあむラブな沙綾様は、とうとう転校を取りやめて、これからもあむとの対決に生きるようです。
・・・ということで、大騒ぎしたわりには、何も状況は変わらなかったというお話でした。(笑)
ベントラー、ベントラー、スペースピープル。(^^; 今回はUFO少女が登場するお話でした。

三重テレビで視聴する予定だった「しゅごキャラ」ですが、なぜか先週は2期第1話の再放送が放映されてしまいました。そこで再び、「しゅごキャラ」の視聴は日曜日に戻すことになりました。

イクトがあむの前から去ってしまい、あむはイクトのことが気がかりです。おかげで、朝から変な妄想が入った夢まで見る始末です。そのイクトは、相変わらずイースター社に追われて逃げ回っています。このエピソード、どこまで引っ張るんでしょうね!?

ルルとナナは、今日も迷える人を探しています。しかし、簡単にはそんな人は見つかりません。
そこでナナは、河原にミステリーサークルを描いて、大勢の人を集めようとしました。それが話題になって人は集まったものの、やはり迷える人は簡単には見つかりませんでした。

そんな時、ルルは不思議な女の子と出会いました。那由他というその女の子は、UF0を呼び寄せて会うことが夢なのでした。最初は那由他に戸惑いながらも、純粋に自分の夢を追いかける那由他にルルは惹かれるものを感じるのでした。

しかし、河原のミステリーサークルが偽物だとわかり、人々の関心はUFOから去ってしまいました。
それを寂しく思っている那由他とルルが偶然出会いました。いつもなら迷っている那由他にルルは迷わずジュエリーを渡すのですが、今回は那由他に惹かれているルルには迷いがありました。
ルル自身にどんな夢があるのかまだわかりませんが、それが将来的にルルとあむたちが和解するきっかけになりそうですね。

謎キャラとなった那由他の気配を感じたあむは、公園へと駆けつけました。そこでは那由他が人々を操って無理矢理UFOの呼び出しを行っていたのでした。早速、アミュレットハートに変身したあむは、那由他を止めようとします。しかし、那由他の謎キャラは意外に手強く、アミュレットハートではうまく対応することができません。

そこで久しぶりにアミュレットスペードの登場です。その力で人々を那由他の支配から解放して、ようやく那由他を元に戻すことに成功したのでした。

今回は毎度おなじみの展開の中に、ルルの迷いという要素が入っていて楽しく視聴できました。(^^)