日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


今回も、気分が悪くなるお話でした。地域によっては放送を中止したところもあったようですが、その判断は正しいと思います。こんなにも救いのないお話を、何のために作ったのかと問いたいです。

詳しいあらすじは書く気にもなれませんが、今回のお話からはイジメられたら自殺するか、反撃して相手を刺して少年院送りになるか、2つの最悪な結末しか用意されてないと言われているような気がしました。おまけに、それだけの事件になってもイジメは終わらず、次のターゲットが狙われています。本当に救いがありません。

フミカの過去にまつわる謎は気になりますが、視聴していてあまりにも気分が悪いので、今回で視聴を打ち切りたいと思います。
今回のアバンは、フミカの父親・美川キラメキから。作家だったそうですが、美しいものに至上の価値があると思っていたようです。そして、醜いものは死を選べという過激な考えの持ち主でもあったようです。

フミカとチアキは、同じ配達先の手紙を渡そうとしていました。しかし、その相手は亡くなった祖父母が飼っていたシュレディンガーという名の猫でした。猫に死後文を届けるのは、不思議な力を持つ配達人にもたいへんなことのようです。

今回、配達人はいろいろと不思議な力を持っていることがわかりました。時間制限付きですが翼をはやして空を飛んだり、自分の姿を消したりすることができるみたいです。
それらの力を駆使して、ようやくフミカとチアキはシュレディンガーに手紙を届けることができたのでした。その手紙に入っていたのは、シュレディンガーが祖父母と暮らした家の鍵でした。今にも取り壊されそうとしていた家ですが、1日だけでもシュレディンガーはそこで懐かしい日々の思い出に浸ることができたのではないでしょうか。

それと平行して、人間だったフミカの同級生・要の捜索が続きます。父親を撃ち殺した後、姿を消してしまったフミカ。どうして彼がフミカにこだわるのかと思ったら、かってフミカに告白して振られたことがあったんですね。
ようやくフミカの所在を突き止めて、彼女が入院している病院にやってきてみると、3年前の事件以来、彼女は眠り続けているというのです。

ということは、配達人のフミカは人間のフミカから魂が抜け出した存在なのでしょうか!? 肉体がまだ残っているので、本来成長しないはずの配達人が成長してしまうんでしょうね。
どうしてフミカは父親を撃ったのか、どうしてその後フミカは眠り続けているのか、いろいろと謎も用意されていて、これからの展開が楽しみです。

今回は猫さんがたくさん登場したので、猫好きとしてはうれしいお話でした。でも、フミカが猫が苦手だったとは意外でした!(^^;
いきなり百合展開が来ました。でも、お話的にはそっちはおまけで、フミカの過去の方が気になりました。

八広蘭は、テニス部の後輩たちの憧れの的です。そんな彼女は、幼い頃にお母さんが男を作って家出してしまったために、強度の男性不信者のようです。そんな蘭の気持ちを一番わかってくれるのは、テニス部キャプテンの四ツ木七恵でした。
2人はかな~り深い間柄のようですね。(^^;

そんな蘭の元へフミカがシゴフミを届けました。しかし、母親を憎んでいる蘭は、その手紙を受け取ろうとはしませんでした。テニス部の合宿に出かけた蘭を追って、フミカも自分の担当エリア外に出張申請をして追いかけます。

その途中で、フミカは同じシゴフミの配達人をしているチアキと出会いました。チアキの話によると、フミカはシゴフミの配達人をしているにもかかわらず"成長している"ようです。フミカは父親を射殺して、死んでしまったから配達人をしているのではないのでしょうか!?
また要がフミカのことを父親の野島刑事の前で持ち出した時、父親は驚いていました。人間のフミカは、一体いまはどんな状態にあるのでしょうか!?

合宿に来た蘭に、フミカはあくまでシゴフミを渡そうとします。フミカのしつこさに、シゴフミを受け取った蘭は、それをゴミ箱に捨ててしまいました。しかし、蘭は捨てた手紙のことが気になっていました。そのために注意力散漫になって、ランニング中に足を捻挫してしまいました。
1人宿泊先に残った蘭でしたが、そこで火事に巻き込まれてしまいました。火に追われながらも、蘭は母親が自分に何を伝えたかったのか知りたいと思うのでした。

蘭が捨てた手紙は、七恵が拾っていました。そのおかげで、ようやく蘭は母親に去られた寂しさを表に出すことができました。
今回は、メインのお話はちょっと唐突な感じでした。前回から続く、フミカの過去の方が気になって、今回のエピソードが中途半端になってしまったような気がします。
前回までと舞台と登場人物を変えてのお話でした。

アバンは、小竹透が電車のホームで飛び込み自殺をしそうな雰囲気を漂わせていました。いじめられているとか、何か家庭に問題があるわけではなく、何となく線路に飛び込んでしまいたい、そう思う時が透にはありました。

お昼休みに、透はそんな気持ちを友人の要と大輝に話しました。2人はそんなことを考えたことはないと否定しましたが、そんなやり取りがあった後、突然大輝がビルから飛び降り自殺してしまいました。

その死の理由を知ろうと、マスコミは騒ぎ立て、学校側は尋問のように生徒たちから聞き取り調査を行いました。世間では、父親が息子を虐待していたとか、イジメがあったとか、無関係な人間が勝手な憶測をしています。

そんなある日、大輝の父親が学校へ乗り込んできて、大輝と同じクラスの生徒たちを人質に立てこもってしまいました。そこへ、フミカがシゴフミを届けにやって来ました。その手紙に書かれていた死の理由は、透が感じていたのと同じように、大輝もふとビルから飛び降りてみたくなる時があるというものでした。
警官隊が突入して大輝の父親は逮捕されましたが、友達だったからこそ、透はどうして理由もなく大輝がビルから飛び降りたかを理解できたのでした。

放映前から、公式サイトに社会情勢に配慮して内容を変更したと書かれていたのが気にかかっていました。微妙な死への誘惑はわからなくもありませんが、これだけ自殺や学校への立てこもり事件が起きている時代に放映するような内容ではないと思いました。

その一方で、要がフミカの過去を知っているらしい部分は気になりました。
フミカは過去に父親を銃で撃ち殺してしまったらしいですが、彼女の過去に一体何があったのでしょうか!?
前回は、翔太が想いを打ち明けようとした明日奈に刺されてしまうという衝撃的な結末でした。そこから、どんな物語を展開させるのかと思っていましたが、まさか明日奈の純粋さにほろりとさせられるとは思いませんでした。(/_;)

父親殺しの秘密を翔太に知られたと思った明日奈は、翔太を刺し殺してしまいました。
妹の美紅の未来を守るために、明日奈はどうしても真実を知られるわけにはいかなかったのです。

明日奈の父親は、病気の治療のために明日奈にエロモデルをさせていました。それがクラスにも知られて、明日奈は学校ではいじめられていたようです。しかし、それだけでは父親は満足しませんでした。さらにお金を求めて、美紅にも明日奈と同じことをさせようとしたのです。明日奈が父親を刺したのは、大切な妹の美紅を守るためだったのです。

明日奈と美紅は、施設で幸せをつかめるかと思いましたが、刑事たちは明日奈と翔太の繋がりを知って捜査を始めていました。それを知った明日奈は、全てを投げ捨てて1人旅立とうとします。
しかし、そこへフミカが翔太からのシゴフミを届けました。

翔太は、本当に純粋に明日奈のことを好きだったのでした。でも、明日奈は翔太に自分は生徒会長だとか、ピアノを習っているとか、嘘ばかり重ねていました。
そんな翔太が最後に残したロケット、それを打ち上げるために明日奈は廃ビルへと戻りました。

しかし、運悪くそこに刑事がやって来てしまいました。明日奈は打ち上げ前にロケットにひっかかったシートを取り払いたかっただけでしたが、ナイフを抜いた明日奈を見て若い刑事は拳銃を発砲してしまいました。

明日奈と翔太の出会い、そして今回の明日奈の死。全てちょっとずつ何かが違えば、誰も死なずにすんだのかもしれないのに、1つ何かを掛け違えたために悲しい結末が訪れてしまいました。
明日奈からのシゴフミを、美紅はどう受け止めるのでしょうか!?
シゴフミ 一通目死者から届くメッセージ、それがシゴフミなんだそうです。主人公はシゴフミの配達人フミカと、その相棒の杖・カナカみたいです。

翔太は、廃ビルで手作りのロケットを打ち上げようとしている少年です。そして明日奈は翔太がロケットを作っているのを偶然知って、それ以来仲良くなった女の子です。
最初は、明日奈にほのかな想いを寄せる翔太の描写があったりして、ほのぼのとした展開でした。

しかし、それを打ち破るように突然明日奈のお父さんが殺されたという連絡が入りました。驚く翔太に、さらなる驚きが待っていました。殺された父親からのメッセージを、明日奈の恋人に届けようと、フミカがやって来たのです。

まだ明日奈とは恋人未満の翔太ですが、父親が明日奈に送った手紙を無駄にしないために、自分が明日奈の恋人になって手紙を受け取ると宣言しました。しかし、いざとなるとなかなか明日奈に想いを打ち明けることが出来ません。

そこで翔太は、ロケットが完成したら明日奈に告白しようと頑張るのでした。
しかし、ロケットが完成したその日に、翔太はカナカが置き忘れた明日奈への手紙を読んでしまいました。
なんと明日奈の父親を殺したのは、明日奈だというのです。

そんなことを認めたくない翔太は、怒ってフミカたちの前から飛び出してしまいました。そして明日奈に想いを伝えた時、そこにフミカがやって来ました。絶対に明日奈が犯人だと認めたくない翔太でしたが、フミカとのやり取りから真相がばれたと思った明日奈に刺されてしまいました!

フミカとカナカのやり取り、翔太の明日奈への想いなど、前半の比較的軽い展開から、ラストの衝撃的な展開への流れに驚かされました。後味は悪かったですが、次回の展開も気になりますので、視聴継続です。