日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


星の船でニクスとの最終決戦に向かったアンジェたち一行。その前に現れたのは、なんと焼け落ちたはずの陽だまり邸でした。

陽だまり邸の中に入り込んだアンジェたちでしたが、シャンデリアが崩れ落ちて炎を放ち、全員が分断されてしまいました。そんな中、ついにアンジェはニクスの元にたどり着きました。ニクスはこのまま全員で、この陽だまり邸で以前のように暮らそうと持ちかけます。しかし、アンジェは陽だまり邸は私達全員の心の中にあると、それをはねのけたのでした。

一方、レイン、ヒュウガ、ジェイドもエレボスの作り出した偽のアンジェが心を揺さぶります。
しかし、彼らはそれが偽のアンジェだとあっさり見破りました。アルカディアの平和のために戦う、そのアンジェの決意が固いことをレインたちは誰よりも知っていたのでした。

そして陽だまり邸の幻影は消えて、アンジェたちとニクスの最後の戦いが始まりました。
エレボスに支配されてからも、アンジェたちはずっとニクスを仲間だと思っていたという言葉に、エレボスの中のニクスの心が揺らぎます。
そして、ついにアンジェはニクスに剣を突き立てて、その中にいたエレボスを滅ぼしたのでした。剣で刺されたのに、どうしてニクスは平気なの!?^^;とか疑問もありますが、それはアンジェの浄化能力で傷が癒されたということで納得しておきます。(笑)

そしてエルヴィンの中に宿っていた大いなる力が、アンジェをアルカディアの女王として認めました。
アルカディアの平和のために、アンジェは聖地で祈り続けることになったのでした。翼をはやし、天使のようになったアンジェを、レインが必死で追い求める姿がなんだか切なかったです。

こうしてアルカディアに平和がもたらされました。その後、レインたちはどうするのかと思ったら、たった1人で聖地で祈り続けるアンジェの元へ行く方法を探し始めました。そんな方法があるのかわかりませんが、アンジェを思う彼らの心があれば、いつかアンジェと再会できるのではないかと思いました。

そして意外だったのは、前回死んでしまったかと思ったジェットが生きていたことです。どうやらエレンフリートのおかげで、再生することができたようです。前回、ジェットのために流した涙は何だったんだ!?と思いつつも^^;、ジェットが生きていてくれてよかったです。

なぜか1期、2期と2シーズンに分けて放映されたこの作品でしたが、2期はちょっと暗めの展開が多かったので辛かったです。でも最後は地味ながら、きれいにまとまっていたと思います。
スタッフ&キャストのみなさん、お疲れ様でした!(^^)
前回のマティアスに続いて、今回はジェットが! ジェット~~~~っっっ!!!(号泣)

星の船の整備が順調に進む中、アンジェの心は揺れていました。みんなと別れることの寂しさと、アルカディアのみんなを救いたいという気持ちで。
そんなアンジェを、ベルナール、ロシュ、ジェットが次々に口説く口説く!(^^;

その頃、レイン、ヒュウガ、ジェイドが何をしているのかと思ったら、食事の支度をしていました。このところ戦闘でもあまり役に立たないオーブハンターですが、すっかり料理人としてのポジションが定着してしまったような気がしなくも・・・。(笑)
アンジェの心が揺れていることを知っているので、オーブハンターにも元気がありません。呆然としたまま料理をしていますが、レインが胡椒を入れすぎているんじゃないかとか、ヒュウガはお皿をあげたり下ろしたり何がしたいんだとか、細かな部分ばかりが気になりました。(^^;

揺れるアンジェが心を決めることができたのは、ジェットのお陰でした。アンジェ自身がどうしたいのか、そうジェットに問われて、ようやくアンジェはアルカディアを救いたいという気持ちが強いことに気がついたのです。

そして、とうとう星の船の出航の時がやって来ました。しかし、整備が終わった星の船に侵入したニクスが、爆発物を仕掛けました。アンジェたちは、それを知らずに出航体勢にはいってしまいました。
このままでは、星の船が爆発してしまいます。そんな危機を救ったのは、ジェットでした。出航寸前の星の船に乗り移り、爆発物を取り外すことに成功しました。

しかし、爆発物を投げ捨てようとした先には、数多くの人々が!
アルカディアの人々を守りたいというアンジェの願いを知っていたジェットは、人々を守るために自分が犠牲となって爆弾と共に空中に身を投げ出したのでした。(;_;)

せっかくジェイドともいい雰囲気になれて、これからジェットが幸せになれそうだったのにぃ。(涙)
ジェットに救われたアンジェたちは、星の船でニクスの元に向かいます。次回はいよいよ最終回。
アンジェは、ニクスをエレボスから解放することができるのでしょうか!?
前回、ルネと仲直りしてニクスが登場したあたりで覚悟はしていましたが、マティアス~っ!!!(涙)

アンジェたちの前に現れたニクスは、マティアスが裏切った罰として聖都を破壊し始めました。そんなニクスをオーブハンターは攻撃しようとしますが、やはり元仲間ということもあって攻撃の手は鈍ってしまいます。
そんな時、ニクスはルネに攻撃を加えてきました。そんなルネを身を盾にして守ったのは、マティアスでした。予想通りの展開ではあったのですが、あまりにマティアスが不憫で泣けました。(/_;)
いきなり教団長になるために聖都に連れてこられて、ようやく教団長になれるかと思ったらルネが登場して自刃することを迫られて、最後はルネを守るために死んでゆくなんて・・・。

そして、ついにアンジェはニクスに対して剣を抜きました。アンジェの女王としての力も日々進化しているようで、全身から金色の光を放つと聖都にあふれたタナトスを浄化して、ニクスを追い払うことに成功しました。

マティアスを看取ったアンジェたちは、最後の決戦のために星の船を目指すことになりました。
その旅立ちの前に、レインはアンジェとルネの会話から、聖地にはアンジェしか行くことができないのを知ってしまうのでした。これで何かアンジェとレインの間にエピソードがあるかと思いましたが、特に何事もなくスルーされてしまいましたね。(^^;

星の船への旅の途中、アンジェたちは廃墟となった村を訪れました。しかし、村人たちはアンジェが女王の卵だと知ると、早く村を出て行くように迫るのでした。
たった1人で世界を守るために戦わなければならないのに、こういう言われ方をするとますますテンションが下がってしまいますね。しかも、戦わなければならない相手は、かっての仲間ニクスですし・・・。エレボスに取り込まれてしまった女王の卵たちの気持ちがちょっとわかったかも。

アーティファクト財団では、エレンフリートを中心に星の船の修理が行われていました。そこへジェットがやって来ました。ジェットはエレンフリートに、自分を廃棄してくれるように頼みますが、エレンフリートはジェットはこれからはジェットの生きたいように生きていいのだと教えるのでした。
なんだか、それでジェットも意外とあっさり心変わりしちゃったみたいです。(^^;

そして、アンジェはとうとう聖地に行けるのは自分だけだと仲間に伝えたのでした。アンジェは世界を救うために犠牲になるしかないのでしょうか!? そして、エレボスと化してしまったニクスを救うことができるのでしょうか!?
微妙に地味な展開が続くこの作品。(^^; 今回は、ルネとマティアスが対決することになりました。

聖都への到着を前に、ルネはエレボスの秘密をアンジェに話しました。エレボスは女王の卵でありながら、人々に受け入れられなかったり、仲間に裏切られた者たちの恨みが集まったものだったのでした。
女王の卵は、うまくいけば女王になってアルカディアに平和をもたらす存在になれますが、一歩間違えればエレボスに取り込まれてしまう存在だったんですね。
アンジェもまかり間違えばエレボスに取り込まれていたわけで、どうしてルネはこういう大事なことを今まで黙っているかなあ。(笑)

聖都では、一足先に潜入していたロシュがマティアスの様子を窺っています。マティアスは、聖都は手に入れたものの、そこに住む住人やルネを失い独りぼっちになってしまいました。おまけに、浄化能力増幅チップのせいで、マティアスの寿命は長くなさそうですし、いったい何のためにマティアスは聖都を征服したのかわからなくなっていました。

マティアスの様子を探っていたロシュの前に、ニクスが姿を現しました。ニクスはロシュを利用するつもりのようですが、ロシュはあくまでそれに立ち向かいます。ロシュには浄化能力もないのに、何とかなるのか!?と思いきや、意外と対等にニクスと戦っています。(^^; ・・・エレボスって実はそんなに強くないんじゃないでしょうか。(笑)

ようやくロシュを叩き伏せたニクスでしたが、ロシュの持っていたアンジェの写真を見て、ニクス本人の意識が表面に出てきたようです。結局、ニクスはアンジェの写真だけ持って帰って行きました。
ニクスは今ひとつ何がしたいのかわかりませんでしたが、結果だけ見ると単にアンジェの写真が欲しかっただけじゃないかと・・・。(^^;

そして、ついにアンジェたちが聖都へ到着しました。銀樹の前で、アンジェたちは再びマティアスと対峙することになりました。レインたちはマティアスを攻撃しようとしますが、ルネがそれを止めました。
聖都を手に入れたけれど、今ひとつやることがなかった^^;マティアスは、あっさりルネの説得を受け入れてしまいました。マティアスはルネに必要とされていることを知って、ようやく自分が聖都で過ごした日々が無駄ではなかったと悟ったようです。

マティアスの裏切りを知って、アンジェたちの前にニクスが姿を現しました。ニクスはタナトスを出現させて、アンジェたちを取り囲みました。アンジェは、ニクスをエレボスから解放することができるのでしょうか!?
今回の主役は、エレンフリートとジェットでした。

アンジェたちと別れて、1人ヨルゴ理事を救うために急ぐエレンフリート。しかし、ヨルゴの処刑は翌日の早朝に迫っていました。アーティファクト財団の者だというだけで周囲の協力も得られない中、行商人のおじさんがエレンフリートに力を貸してくれたのでした。

数多くの街を破壊して、人々から嫌われているアーティファクト財団ですが、そんな財団のジンクスの力で救われた人々もいたのです。危機一髪でヨルゴの処刑に間に合ったエレンフリートは、なんとか処刑を中止させることに成功しました。
なんだか都合良くお話が進んだような気がしなくもありませんが^^;、オーブハンターの協力も得られない中、エレンフリートはよくがんばったと思います。

そんなエレンフリートのがんばりを、ヨルゴ理事も認めてくれたようですし、解放されたヨルゴとエレンフリートが、この先世界を救うためにどんな活躍をするのか楽しみです。

後半は、ジェットのお話でした。エレンフリートに捨てられ、マティアスにも捨てられ、ジェットは行き場をなくしていました。さすらい続けたジェットは、エレンフリートとマティアスにくだされた最後の命令を果たすために、再びアンジェたちの前に現れたのでした。

ジェットがより完璧なアーティファクトであろうとするのは、その生い立ちに原因があったようです。
壊れたアーティファクトとして発掘されたジェットは、職員から不良品よばわりされていました。そんなジェットを再生してくれたのは、エレンフリートでした。エレンフリートは、感情を捨てて道具として人間に使えるようにジェットに教え込んだのでした。

そんなジェットに、ジェイドが1人で立ち向かいます。ジェイドは、いずれジェットに感情が生まれた時に多くの人々を傷つければ、その記憶がジェットの心を傷つけることを心配していたのでした。
戦いの中、ジェットは自分をかき乱す原因となったアンジェに迫ります。しかし、それはジェットの中に感情が生まれたことを認めることでもありました。

ジェイドに倒されたジェットのために、アンジェは涙を流しました。それは再びジェットの心を大きく揺さぶったようです。とりあえず、アンジェたちの前から去ったジェットですが、彼もまたこの先アンジェたちのために力を貸してくれることになるのでしょうか!?
アンジェ、ルネ、エレンフリートが、それぞれの目標に向かって動き始めるお話でした。

アンジェの確保に失敗したジェットは、マティアスにいきなり不良品よばわりされてしまいました。チップを内蔵したとはいえ、マティアスはこんなに簡単に味方を斬り捨ててよかったのでしょうか!?(^^;
マティアスに捨てられたジェットは、行き場をなくしてさすらうことになってしまいました。

ルネとエレンフリートを連れて聖都から脱出したレインたちでしたが、あっさりアンジェと合流することに成功しました。彼らはひとまず、ニクスの別荘を利用して一夜を過ごすことになりました。
そんな中、ベルナールがヨルゴが極刑にされるという情報を持ち帰りました。何も知らずにチップを開発してしまい、結果的にヨルゴも救うことができなくてエレンフリートは苦しむのでした。

いつもは大人びた表情のエレンフリートですが、今回ははじめて子供らしい表情を見せてくれました。
苦しむエレンフリートを励ましたのは、アンジェでした。泣いているエレンフリートに、アンジェはエレンフリートが今したいことをするべきだと諭したのでした。
そして、エレンフリートは、たった1人でヨルゴを救いに向かうのでした。エレンフリート1人じゃ戦力にならないですし、誰か1人くらい力を貸してやれよ~^^;と思いましたが、あくまでエレンフリートは1人で何とかするつもりのようです。

そんなエレンフリートの姿を見て、ルネも自分のすべきことに気がつきました。聖都では聖樹が枯れ始めていました。それを食い止めるために、ルネは再び聖都に戻り、教団長に即位することを決めたのでした。
そして、アンジェも大切な仲間であるニクスを、エレボスの呪縛から解き放つために戦うことを誓いました。何かニクスを救う手段があるのでしょうか!?

その頃、聖都ではエレボスに操られたニクスがマティアスの前に現れました。手を結んだニクスとマティアスと、アンジェたちは戦うことになるのでしょうか!?
ニクスと愛の(?)逃避行をしたアンジェは、ついにニクスの秘密を知ることになるのでした。

黒マティアス様は、今回も圧倒的なパワーで聖都を蹂躙しています。生き延び自らの地位を守るために黒化したように見えるマティアスですが、ルネが教団長になることで、聖都に囚われた小鳥のようになってしまうのを救いたいという気持ちも少しはあったのではないでしょうか!?

ニクスと行動を共にしたアンジェは、ついにニクスの秘密を知ることになりました。幼い頃に両親と一緒に客船で旅行していたニクスは、途中で船が難破して死にかけました。生き延びたいという彼の願いに力を貸したのは、なんとタナトスを生み出す根源であるエレボスだったのです。
それ以来、ニクスはエレボスを体内に抱えたまま生きてきました。その力によって、不死の力を身につけたニクスは、なんと200年も生き続けてきたのでした。

ニクスの中のエレボスは、アンジェが女王としての力に目覚めるにつれて、日増しに抑えがたいものになってゆきました。いつか自分の心がエレボスに支配されてしまうことを悟ったニクスは、自らを抹殺してくれる者としてアンジェを探し求めていたのでした。
アンジェに秘密を話した後、ニクスはエレボスに心を支配されそうになりました。しかし、そんなニクスをアンジェは殺すことはできませんでした。家族を失い寂しい思いをしてきたアンジェに、安らげる場所と仲間を与えてくれたのはニクスだったのですから。

今のところアンジェがニクスを救う手立ては全くありません。このままアンジェは、エレボスに支配されてしまったニクスと戦うしかない運命なのでしょうか!?

アンジェと関わったことで、ジェットも変わり始めていました。主の命令を最優先することを当然と考えてきたジェットですが、アンジェのことを想うとこれまでのように冷酷なマシンではいられないようです。ジェットはジェイドにエレンフリートを託しましたが、これはジェットが変わり始めている兆しなのでしょうか!?
ルネの教団長としての即位式が行われました。しかし、そこに黒マティアス様が降臨されました。(^^;

今回はいろいろと突っ込みどころ満載で楽しかったです。
最長老を殺したマティアスは、最長老に成り代わって即位式にと参加しました。そして、ルネが新たな教団長になろうとした時、ブラック・モードを全開にされたのでした!
単にルネを人質にとって、自分が教団長として君臨するのかと思ったら、エレンフリートに開発された浄化能力増大チップをマティアスは自らに使ったのでした。

その力で、浄化能力が増大されるのかと思いきや、装置でパワーアップしたマティアスはタナトスを呼び出すことができるようになってしまいました。カーライルはタナトスに憑依されてしまうし、これを開発したレインより、ジンクスを開発したエレンフリートの方がよっぽど世の中の役に立っているような。(笑)

マティアスの力によって、聖堂の中にはタナトスが溢れることになってしまいました。その一瞬の隙を突いて、再びアンジェはジェットに拉致されてしまったのでした。熱心に剣の練習をしていましたが、付け焼き刃では何の役にも立ちませんでしたね。(^^;

そんなアンジェを救うために、レイン、ヒュウガ、ジェイドはアンジェの元へ向かおうとします。しかし、彼らの前にはタナトスが立ちはだかって、なかなかアンジェに近づくことができません。
ようやくジェイドがアンジェに近づくことができましたが、何を思ったか突然ジェットに情けをかけてしまい、アンジェを助け出すことができませんでした。(^^; ジェットとの和解は別の機会にして、先にアンジェを助けてもよかったんじゃないかと。(笑)

ジェイドは、アーティファクトとして覚醒した時に、その巻き添えで研究者たちが犠牲になったことがトラウマになっているようです。そんなジェイドをジェットは容赦なく叩きのめします。ジェットはジェイドにとどめを刺そうとしますが、アンジェの制止の声に動きを止めるのでした。
以前にアンジェを拉致した時に関わって以来、ジェットの中で何かが変わり始めているようですね。

混戦状況の中、アンジェを救い出したのは、突然乱入してきたニクスでした。(^^;
1期のラストでは、思いっきり悪役じみていましたが、今回の正義のヒーローのような登場の仕方は何だったのでしょうか。(笑)
ニクスに救い出されたアンジェは、聖堂の中で戦いが続いているにも関わらず^^;、ニクスに何が起こったかを知るためにニクスと行動を共にするのでした。
とうとうアンジェたちは聖都へと到着しました。

都でアンジェを待っていたのは、教団長の地位を譲られたルネでした。アンジェはルネにニクスを救う方法がないか尋ねました。女王の卵から新の女王になれば、アンジェはニクスを元に戻すことができるかもしれません。しかし、その時はアンジェにとって、みんなとの別れの時でもありました。
女王となったアンジェは、女王だけしか知らない場所で聖なる祈りを捧げなければならないのです。それが終わってアルカディアに帰ってきた時、アンジェの知っている人々は誰もいない。そんな悲しい事実をアンジェは知ってしまったのでした。

マティアスに依頼されて、浄化能力増幅チップを開発していたエレンフリートは、ついにその開発に成功しました。しかし、マティアスにそのチップを差し出した時、裏切りがエレンフリートを待っていました。
マティアスは、自分の野望のためにエレンフリートを利用していただけだったのです。全てが終わるまで、エレンフリートは牢獄につながれることになってしまいました。

自らの運命を知って悲しむアンジェの前に、ベルナールとロシュが現れました。2人はニクスの情報を集めて持ってきてくれたのです。その中に興味深い情報が1つありました。
舞踏会の夜にアンジェと出会ったオーギュストからの手紙です。ニクスはオーギュストの友人と瓜二つだというのです。そして、オーギュストはニクスこそが友人だと確信していたのでした。
1期の頃から謎が多いニクスですが、その正体は何者なのでしょうか!?

さらにベルナールは、アンジェに驚くべき事実を伝えました。アンジェがニクスに誘拐された時に落としていったペンダント、それはアンジェが幼い頃にベルナールが渡したものだったのでした。
アンジェにとって、ベルナールは頼れる親戚のお兄さんだったのです。この事実には、本当に驚きました。幼いアンジェがベルナールのことを忘れてしまうのはともかく、ベルナールがアンジェの名前を聞いて幼い頃のアンジェを連想しないなんて、ちょっとあり得ないと思うんですが・・・。(^^;

あのペンダントにどんな意味があるのか、1期の時から気になっていたのですが、アンジェとベルナールの意外な繋がりを示す手がかりだったんですね。何かアンジェをパワーアップさせてくれるアイテムかと思っていたのが、完全に予想を裏切られました。(^^;

そして、マティアスはとうとう最長老から呼び出しを受けました。教団長の地位から身を引けと最長老は迫りましたが、最長老の本心はマティアスを亡き者にすることにあったようです。
しかし、その企みはマティアスに見抜かれて、最長老が逆に殺されてしまいました。マティアスは、いよいよブラック・モードが発動ですね。

さんざん苦労して無理矢理勉強させられた挙げ句、用がなくなったら放り出されるどころか抹殺されようとしたのですから、マティアスが黒くなるのもやむを得ないと思います。今後、その黒さがルネやアンジェにまで向くことになるのか、そのあたりが心配です。
ヒュウガの過去が明らかになるお話でした。

聖都へと向かっていたアンジェたちは、夢魂の塔と呼ばれる塔がある村へとやって来ました。その村に着いて以来、ヒュウガの様子がおかしいことを心配するアンジェでしたが、ヒュウガは頑なに心を閉ざして、その苦しみをアンジェに話そうとはしません。

そんな時、夢魂の塔にタナトスが現れました。宿から様子を見に出たアンジェたちでしたが、ヒュウガの姿が見あたりません。ヒュウガはたった1人、夢魂の塔へと向かっていたのです。
村へやって来ていた銀樹騎士団の中に、アンジェたちはリオンの姿を見つけました。リオンからヒュウガの過去を聞いたアンジェたちは、ヒュウガを追って夢魂の塔へと向かうのでした。

ヒュウガとリオン、そしてカーライルはとても仲の良い仲間でした。特にヒュウガとカーライルの実力はずば抜けていて、次の正騎士は2人のどちらかだと噂されていました。名門貴族出身のカーライルは、剣の技術でヒュウガに勝っています。しかし、こと実戦になると、肝の据わっているヒュウガがカーライルをしのいでいました。

そんな時、カーライルは次の正騎士にはヒュウガが選ばれることを聞いてしまいました。それを知ったカーライルは置き手紙を残してヒュウガたちの前から姿を消してしまったのです。
カーライルを探して、ヒュウガはあちこち探し回りました。そして、ヒュウガはタナトスに取り憑かれたカーライルと再会することになったのです。

変わり果てた姿になったカーライルを、ヒュウガは自らの手で殺さなければなりませんでした。大切な友人の自らの手で殺してしまった、その罪の意識にヒュウガはずっと苦しめられていたのでした。

アンジェたちが夢魂の塔にたどり着いた時、ヒュウガはタナトスに襲われていました。アンジェたちの援護でタナトスは退治され、ヒュウガもようやくカーライルが自分を妬んでいたのではないことを知ることができたのでした。
これまでヒュウガの側に現れた銀の蝶、それはヒュウガを見守っているカーライルの魂だったようです。

しかし、どうしてカーライルがタナトスに取り憑かれてしまったのか。その答えは、レインとアーティファクト財団にありました。レインの研究していた浄化能力強化装置には、装置を埋め込まれた者がタナトスに憑依されてしまうという欠点があったのです。
これって、今エレンフリートがマティアスに言われて研究しているものじゃないですか!
エレンフリートがこんなものを作り上げたら、ますますカーライルような被害者を生み出してしまいます。

ここで舞台は聖都へと移ります。都では、いよいよマティアスがルネに教団長の座を譲り渡す日が近づいているようです。表面上は穏やかにルネに地位を譲ると言っているマティアスですが、その心の中ではどんな思いが渦巻いているのでしょうか!?
聖都へ向かって旅をするアンジェたちは、とある港町までやって来ました。

夢の中でニクスと出会ったアンジェは、元気がありません。そんな時、アンジェたちの正体に気がついたチンピラたちが、いきなりアンジェを掠いました。(^^; レインやジェイド、ヒュウガの3人もついていながら、これじゃあダメじゃん。(笑)

チンピラに取り囲まれたアンジェを助けてくれたのは、女だてらに船長をしているお頭と呼ばれる人でした。アンジェたちはお頭の提案で、しばらくお頭の船に乗って旅を続けることになりました。
いきなりアンジェたちにも仕事をまかせたりして、人使いの荒いお頭でしたが、船長としてみんなを守る強い責任感を持っていたのでした。

そんなお頭に何か感じるところがあったのか、アンジェはお頭に剣の使い方を教えてくれと頼みました。いつものヒラヒラの服装では剣の練習をするのは無理なので、お頭はアンジェに別の服を用意してくれました。・・・でも、これもけっこうヒラヒラのような気がするんですが。(^^;
レインたちは反対しましたが、アンジェは今までのようにただ自分が守られる存在でいることを変えたいと思っているようです。そんなアンジェにお頭は剣の指導をしてくれるのでした。

アンジェのようなお嬢様に剣の練習なんて無理と思っていましたが、予想外にアンジェはがんばります。船の中で割り当てられた仕事をこなした上に、自分から進んで暇があれば剣を振るっています。
そんなアンジェの姿に、お頭も少し彼女のことを見直したようです。

そんな時、タナトスが船に襲いかかってきました。アンジェもレインたちオーブハンターに混じって、自ら剣をとって戦いました。最初はアンジェが剣を習うことに反対していたヒュウガですが、アンジェの心意気に感じるところがあったようです。
レインたちと共にアンジェも戦い、なんとかタナトスを退治することができました。アンジェが浄化の光を使ったことで、お頭もようやくアンジェが女王の卵だと気がついたようです。

そして、アンジェたちはお頭たちと別れて旅を続けます。最初はアンジェに友達でもない人間に名前は教えられないと言っていたお頭でしたが、別れ際にセドナという本当の名前を教えてくれました。
セドナが船員に対して責任を負っているように、アンジェも世界を救うという大きな責任を背負っていることをセドナも認めてくれたようです。

今回の笑いどころは、ヒュウガでした。船員にこの先の天気を聞いたり、憮然としているので何かと思ったら、必死に船酔いと闘っていたんですね。(^^; クールな顔をして、意外とお茶目さんですね。(笑)
眠り続けていたアンジェが、目を覚ますお話でした。

ベルナールとロシュは、陽だまり邸が焼けて以来眠り続けているアンジェと対面しました。生体反応に異常はないものの、アンジェの体は冷たく冷え切っていました。珍しく感情的になったベルナールをロシュがなだめて、彼らもどうすればアンジェが目覚めるのか、そしてニクスの正体について調べることにしたのでした。

その頃、聖都ではエレンフリートがマティアスのところに呼び出されていました。マティアスは、以前にレインが開発した浄化能力の増幅装置の制作をエレンフリートに依頼しました。その対価として、エレンフリートが尊敬するヨルゴが裁判で有利になるよう進言することをマティアスは約束しました。
前回は、悲劇的なマティアスの境遇が描かれましたが、今回のマティアスは何となく黒いですね。(^^;
エレンフリートに仕えていたジェットも取り上げてしまいましたし、装置をエレンフリートに作らせてマティアスは何をしようとしているのでしょうか。

そして、久しぶりにアルカディアに陽が差しました。太陽が顔を出したのに導かれるように、アンジェも目を覚ましました。アンジェが目を覚ますまでには、何かイベントがあるのではないかと期待していましたので、これにはがっかりでした。
目覚めたアンジェは、半年の間にアルカディアがいかに荒れ果ててしまったか知らされました。

その夜、アンジェはニクスと出会う夢を見ました。夢の中のニクスは、とても悲しそうです。陽だまり邸を燃やしてしまったのは、ニクスの本意ではなかったのでしょうか!?
何か黒い力に取り憑かれたニクスは、アンジェに自分を殺してくれと願いしました。かっての大切な仲間をアンジェは、自ら手にかけることになってしまうのでしょうか。

最後に、次回予告には大笑いしました。前回眠っているアンジェを見た時から、誰がアンジェを着替えさせたのか気になっていましたので・・・。(笑)
予告ではエルヴィンということにされていましたが^^;、レイン、ヒュウガ、ジェイド、それぞれがアンジェの着替えをしたとしたら、どんな風になるかを妄想するのも楽しいですね。
第1期で、陽だまり邸が焼け落ちてから半年が経過していました。陽だまり邸の跡を巣にするように、大量のタナトスが発生して街を荒らし回っています。

あの事件以来、アンジェたちは姿を消してしまいました。ベルナールとロシュは、消えたアンジェの行方を捜し回っています。一時は世界を救った救世主のように褒め称えられたアンジェたちでしたが、今ではタナトスが増殖した原因として人々の信頼も失われてしまっています。

そんな中、唯一の頼みは銀樹騎士団でした。教団長マティアスの元へ、ジェットを連れて強引にエレンフリートが訪れました。ジンクス事件の責任を問われて、ヨルゴは現在裁判中なのだそうです。苦しい状況のヨルゴを救うために、エレンフリートは性懲りもなく^^;さらにパワーアップしたジンクスを設計していました。エレンフリートは、教団を後ろ盾にしてジンクスを開発しようとしますが、マティアスはその提案を退けるのでした。・・・エレンフリートは、本当にヨルゴ・ラブなんですねえ。(笑)

今回のメインは、マティアスの過去でした。第1期では明らかにされなかったマティアスとルネの謎が、いきなり解き明かされました。
マティアスは、前任の教団長を失った教団が、無理矢理に教団長の地位に就けた者だったのでした。幼い頃から記憶力に優れていたマティアスは、将来の教団長として聖都に連れられてきたのです。そんな彼を待っていたのは、膨大な書籍を暗記するという困難な仕事でした。
7年の歳月を経て、ようやくその仕事は完了しました。しかし、その時本当の教団長となるべき資格を持ったルネが生まれたのです。

マティアスは、ルネが成人して教団長となるまでの、つなぎの教団長だったのでした。
教団長たろうと必死に努力して、その努力がようやく報われたと思ったら、いきなり無用の者になってしまったとは・・・。(涙)
第1期でマティアスに渡された短剣は、もうお前は必要なくなったという象徴なのでしょうか。それとももっと単純に、ルネを新たな教団長とするために自ら命を絶てということなのでしょうか。

アンジェを探していたベルナールとロシュは、ようやくタナトスを退治していたレインと出会うことができました。しかしアンジェは、あの事件以来ずっと眠り続けたままだったのでした。
第2期がスタートしたのに、アンジェはセリフなしで1カットだけの登場だったのには笑ってしまいました。・・・本当に主人公なんでしょうか。(^^;
とうとう物語の第1期が完結です。・・・ってお話的には、何にも完結してないんですけど。(^^;

レインの提案を受け入れて、ジンクスの遠隔操縦施設を利用して、タナトスの殲滅作戦を実行するアンジェ。しかし、その作戦はアンジェに過大な負担を強いるものでした。
ジンクスの設備を利用して、アンジェの浄化の光はアルカディア全土に広がりました。そしてアンジェたちの元にタナトスが押し寄せてきました。

浄化の光で弱ったタナトスを、オーブハンターのみんなが次々と倒してゆきます。しかし、長時間にわたる浄化の光の放出は、アンジェに過大な負担を強いるものでした。アンジェが力尽きて倒れた時、タナトスに異変が起こりました。複数のタナトスが合体して、1体の巨大なタナトスが生まれたのです。

その圧倒的なパワーに、レイン、ヒュウガ、ジェイド、ニクスと次々と倒されてゆきました。そんな彼らを守りたいというアンジェの気持ちが、天使の翼を持った幻影のアンジェを生み出しました。その力のお陰で、オーブハンターはタナトスを退治することができたのでした。

作戦開始前は、レインはかなり危険だと言っていましたが、終わってみれば意外とあっさりタナトスを倒しちゃったなあという感じでした。(^^;
ともあれ、こうしてアンジェたちは全員揃って無事に陽だまり邸へと戻ってきました。これで全てがめでたし、めでたしかと思ったら、いきなりニクスの黒モードが発動しました。

アンジェにとって大切な場所である陽だまり邸に、いきなりニクスは火を放ちました。ニクスの体に浮き上がった黒い模様は、一体なんなのでしょうか!?
そして、大量のタナトスが陽だまり邸に現れました。レイン、ヒュウガ、ジェイドはアンジェを守って必死に裏山へと逃げますが、タナトスの攻撃を受けて全員谷底へと落ちてしまいました。

とここで第1期・完結。(笑)
次回から第2期がスタートするからいいようなものの、そうじゃなかったらこのオチは何なんだと言いたくなりますね。(^^;
エレンフリートに囚われたアンジェを、オーブハンターのみんなで助けに行くお話でした。

突然ジープで現れたジェットに、掠われてしまったアンジェ。その時にこれ見よがしにペンダントを落としてゆきましたが^^;、ベルナールの調べではそのペンダントには何か重要な意味があるようです。

ジープで逃走しようとするジェットを、ジェイドはジープの前に立ちはだかって止めようとします。
ジェットはジェイドを不良品呼ばわりしていましたが、全力で走ってきたジープを受け止められるなんて、ジェイドは凄い性能だと思うんですけど。(^^;

ジェイドの努力もむなしく、アンジェはジェットに掠われてしまいました。アンジェが気がつくと、マッドサイエンティスト・モードなエレンフリートが待ちかまえていました。アンジェの力を利用すれば、ジンクスをより完璧なものにできるようです。しかし、そのためにはアンジェを犠牲にする必要があるようです。
怪しげな装置を取り付けられて、絶体絶命のアンジェ。そんな彼女を救うために、アーティファクト財団の本部にオーブハンターが押しかけてきました。

それをエレンフリートは、ジンクス軍団で迎え撃ちます。しかし、ジンクスはオーブハンターのみんなにあっさりと倒されてしまいました。そこにさらにジェットが出てきます。ジェットは凄まじい力で、あっという間にオーブハンター全員を叩き伏せてしまいました。
・・・ジンクスを量産するより、ジェットを量産した方がタナトス退治に役立ったんじゃないでしょうか!?
ジンクスと違って、街を壊したりすることもなさそうですし・・・。(笑)

オーブハンターの危機を救ったのは、仲間を思うアンジェの力でした。不思議な光がアンジェからあふれ出て、傷ついたオーブハンターに力を与えました。その力で甦ったオーブハンターの連係プレイに、とうとうジェットも倒されたのでした。

そこにヨルゴが帰ってきました。それでエレンフリートは完全に立場を失ってしまったのでした。
ヨルゴは、帰ろうとしたレインを呼び止めました。アンジェの力を利用すれば、タナトスを全滅できる可能性があることを、ヨルゴはレインに示唆しました。しかし、レインにはアンジェを犠牲にするような案は受け入れられませんでした。

迷うレインに、アンジェが声をかけます。レインから話を聞いたアンジェは、自分の力で世界を救うことができるなら、あえて危険な方法でも試してみるつもりのようです。アンジェたちは、世界を守り抜くことができるのでしょうか!?

次回で最終回のようですが、銀樹騎士団のマティアスの持っている剣の謎や、ベルナールが知ったアンジェのペンダントの秘密などの伏線はちゃんと消化できるのでしょうか!?(^^;
ネオアンジェリーク Abyss 5ジンクスによる街の被害が拡大していることで、ヨルゴは議会から呼び出しを受けました。ジンクスが出した被害について、あくまでしらを切り通そうとするヨルゴでしたが、そこにエレンフリートが勝手にジンクスを連れ出して大敗したという報告が入りました。

ベルナールの記事が原因で、エレンフリートはジンクスの出撃停止命令を受けてしまいました。ジンクスの力を過信するエレンフリートは、ジェットを伴って廃坑へとタナトス退治に向かいました。しかし、そこのタナトスは強力で、ジンクス軍団は壊滅的な打撃を受けたのでした。
エレンフリートがタナトスに襲われた時、ジェットに助けられましたが、その時エレンフリートがお姫様抱っこされていたのが印象的でした。(^^;

その頃、銀樹騎士団では最長老からマティアスに短剣が渡されました。それをマティアスに届けたのはルネでしたが、その短剣には一体どういう意味があるのでしょうか!?
マティアスの様子からすると、それはルネにも関わっていることのように思えたのですが・・・。

アンジェたちもまた少しでもタナトスを倒すためにがんばっていました。そんな時、アンジェの生まれた村のタナトス退治に向かったレインとヒュウガから陽だまり邸に連絡が入りました。メルローズ女学院が、タナトスの大群に襲われているというのです。
すぐにメルローズ女学院に向かったアンジェたちでしたが、学園ではベルナールの取材を受けていたハンナとサリーが逃げ遅れていました。アンジェの活躍で、3人は何とか助かりましたが、突然現れたジェットにアンジェが誘拐されてしまいました。
ジンクスを強化するために、エレンフリートは手段を選ばない様子でしたので、このままアンジェは実験材料にされてしまうのでしょうか!? アンジェ、大ピンチです。

次回のお話が、第1話の冒頭につながるのでしょうか!? ここに来るまで、けっこう話数がかかりましたね。
今回インパクトが強かったのは、ヒュウガの和風趣味でした。陽だまり邸に和室があったのも意外でしたが、ヒュウガは茶道のたしなみもあるようですね。(^^;
アンジェがニクスと一緒に舞踏会に出かけるお話でした。

タナトスを倒しているジンクスですが、その戦いに変化が生まれていました。タナトスを制圧するまでの時間が、徐々に長くなっているのです。
レインはジンクスに破壊された街を独自に調査して、その事実に気がつきました。またベルナールとロシュは、ジンクスがタナトスを倒すことができずに、銀樹騎士の力を借りたという事実を突き止めます。
対タナトス用の兵器として、圧倒的な力を持っているように見えたジンクスですが、その運用の背後で一体何が起こっているのでしょうか!?

このところニクスは何となく元気がありません。それを気遣ったアンジェは、偶然到着した舞踏会に出席することを勧めました。舞踏会場では、ニクスはご婦人たちに大人気です。そして、オーギュストという年輩の紳士が、ニクスに声をかけてきました。オーギュストは、ニクスの祖父と知り合いだったようです。

アンジェとニクスが踊っているところへ、突然タナトスが出現しました。ニクスが戦ってタナトスは退治されましたが、オーギュストが心臓発作を起こして倒れてしまいました。そんなオーギュストを気遣うニクスの様子は、まるでニクス本人がオーギュストと友人であったかのようです。
そういえば、冒頭で庭の花の手入れをしていたニクスが、花を育てることができないと言っていましたが、まさかニクスは不老不死のヴァンパイアなのでしょうか!?(^^;

ジンクスの異常に気がついたレインは、アーティファクト財団のヨルゴを訪ねました。ヨルゴもタナトスの効力が薄れていることに気がついているようです。そしてレインに財団に復帰するように迫ります。
そのやり取りを、エレンフリートが盗み聞きしてしまいました。彼はレインへの対抗意識から、ジェットとジンクス軍団を連れてタナトスの出現予想ポイントに向かいました。
しかし、タナトスにジンクスの力は通じず、エレンフリートはタナトスに襲われて窮地に陥ります。
予告を見た感じでは、このままエレンフリートが死んでしまうことはなさそうですが、レインへの対抗意識から、より無茶なタナトス対抗策を立案しないか心配です。
久しぶりにハンナとサリーのところに出かけたアンジェ。しかし、ジンクスに対する考え方の違いからケンカになってしまいました。そんなアンジェを励ましてくれたのは、ロシュでした。

ジンクスのおかげでタナトスは退治できるようになりましたが、その巻き添えで壊される街も数多くあるようです。ベルナールは、何を思ってそんな街々を取材しているのでしょうか。

裸体要員のヒュウガが今日も肌をさらす中^^;、アンジェはハンナとサリーのところに出かけました。
久しぶりの再会を喜ぶ3人でしたが、ジンクスのことが話題になった時、アンジェとハンナたちの考え方は違っていました。

実際にその目で街が破壊されるところを目撃したアンジェに、ジンクスは容認できるものではありません。しかし、タナトスと戦う力を持たないハンナたちには、たとえ街が破壊されてもタナトスを倒せるジンクスは必要悪として受け入れているのでした。

言い合いをしてしまったアンジェは、ハンナたちのところから飛び出してしまいました。そこで出会ったのがロシュでした。聖都ではいいところなしのロシュでしたが、今回はアンジェを励ますという口実で下町デートとなりました。

有名人のアンジェは、お忍びで出かける芸能人のように、髪型を変えてメガネで変装です。
下町へ出かけたアンジェとロシュは、そこで明るく元気な下町の様子を楽しむのでした。アンジェはそれに救われた気持ちになりますが、それは下町の明るい面でしかありませんでした。一方では、ジンクスがタナトスを倒す時に、街のあちこちが犠牲になっていたのでした。
それでも人々は、命さえ助かればいいとジンクスを受け入れて、必死で生きているのでした。

そんな時、財団の職員が壊れた家の保証金を払っている場面に出会いました。財団は何とか生きてゆける程度の援助はしてくれますが、元通りの生活を保障してくれるわけではないようです。
カフェを営んでいた男は、わずかのお金を渡されて、それでは生活してゆけません。それを強引に押し切ろうとする財団職員でしたが、ロシュに脅されて仕方なく余計にお金を置いてゆきました。

こんな下町の様子を見て、アンジェは1日も早く女王になって、人々がタナトスに怯えず暮らすことができる世界を作り上げようと決心したようです。
そんなアンジェを探して、ハンナとサリーが現れました。ジンクスに対する考え方は違ってしまいましたが、それでも3人は仲の良い友達なのでした。(^^)

最後はなぜかロシュのシャワー・シーンのサービス!(^^;
そして、聖都ではルネが何か異変を感じているようです。次回以降、どんな風に物語が動いてゆくのか楽しみです。
ネオアンジェリーク Abyss 4アーティファクト財団が、対タナトス用の兵器を披露するお話でした。

アーティファクト財団のエレンフリートは、幼い頃から満たされない思いを抱えて育ったようです。
せっかく学校で良い成績を取っても、両親はケンカばかりしていて彼を認めてくれない。学校で彼を認めてくれる者が現れたと思ったら、レインというより優れた存在にその地位を奪われる。
そしてエレンフリートは、いつしかレインに対抗意識を持つようになったようです。

ベルナールからの情報で、アンジェたちはアーティファクト財団が対タナトス用兵器の開発に成功したことを知りました。そのセレモニーを見学に行ったアンジェたちでしたが、そのあまりの威力の強さに危機感を持ちました。
その予想通り、現れたタナトスを迎撃しようとしたジンクスは、タナトスだけでなく周辺の街や人々まで巻き込んだ攻撃をしてしまいました。

ニクスのおかげで、子供が犠牲になりそうなのは救われましたが、ジンクスにはまだいろいろと欠点があるようです。それを指摘するためにアーティファクト財団に行ったレインは、その改良プランをヨルゴへと渡しました。ヨルゴはレインの兄で、レインも元々はアーティファクト財団の一員だったのです。

レインも昔はエレンフリートのように、研究が全てでした。しかし、自分自身に浄化能力を持たせる実験をして、ようやく安易に力を行使することの危険に気がついたのでした。それ以来、レインは財団から離れて、独自にタナトスと戦う道を選んだようです。

今回は、ニクスの過去も少しだけ明らかになりました。彼は昔海で溺れて死にかけたことがあるようです。それが今でもトラウマになっていて、ニクスは海が苦手のようです。今回は明らかにされませんでしたが、ニクスの右手に浮かび上がった模様は、一体何だったのでしょうか!?
聖都からやっと帰ってきたと思ったら、ジェイドが調子を崩して倒れてしまいました。ジェイドはなんと人間ではなく、人型アーティファクト=ロボットだったのです。

レインはジェイドを何とか復活させようとしますが、レインの知識ではどうにもなりません。
そんな時、アンジェはジェイドが何かの種を持っていることに気がつきました。それは海辺の村コズでしか育たないヒマワリの種でした。その村にジェイドを救う手がかりがあるのではないかと考えたアンジェは、ヒュウガと一緒にコズへと向かうのでした。

コズは占いや予言を行う龍族の村でした。その村の長老が、傷ついたジェイドを助けて、自分の息子として育ててくれたのです。しかし最初は、ジェイドは人形のようで、ちっとも心を動かすことがありませんでした。

そんなジェイドに笑顔を教えてくれたのは、村に住む少年カイでした。カイの歌を聴き、カイと一緒にヒマワリを観たり楽しい日々を過ごすうちに、ジェイドに人間らしい感情が芽生えたのでした。

しかし、そのカイは流行病で亡くなっていました。カイは亡くなる時に、幸せの種としてヒマワリの種をジェイドに残していました。そんなカイの志を継いで、多くの人々を笑顔にするためにジェイドは村から出て行ったのでした。

カイの友人のロウキから、カイが歌っていた歌を教えてもらったアンジェは、ジェイドの元へと戻りました。その歌声を聞いて、ようやくジェイドは意識を取り戻したのでした。
しかし、自分の身の上を知られたジェイドは、アンジェたちに迷惑がかかることを心配して陽だまり邸から出て行こうとします。

そんなジェイドをアンジェたちは思いとどまらせました。ジェイドが人間であろうがアーティファクトであろうが、彼は今はアンジェたちにとって大切な仲間なのですから。(^^)
ネオアンジェリーク Abyss 3 Limited Edition聖都に到着したアンジェは、教団長との謁見を果たしました。

今回は、これからの伏線がいろいろと隠されていそうなお話でした。
聖都では、銀樹騎士団がアンジェを迎えてくれました。都には巡礼者たちもやって来ていて、彼らもアンジェが女王の卵から無事に女王となれることを期待しているようです。

そしてアンジェ1人だけが、教団長と謁見することになりました。アンジェの姿を見た教団長は、アンジェが繊細な少女だったことに驚きました。この先、アンジェは多くの試練を経験しなければならなそうです。

教団長は、アンジェにタナトスを生み出しているものの存在について教えてくれました。タナトスはその憎悪の集合体のようなものが生み出した影のようなものらしいです。ゆくゆくはアンジェは、タナトスだけではなく、それを生み出すものと戦わなければならないようですね。

謁見を終えたアンジェを、都に潜り込んだロシュが待ちかまえていました。馴れ馴れしくアンジェを取材しようとするロシュでしたが、突然現れたルネという少年がアンジェを救ってくれました。
ルネは大きな銀色の樹がある庭へとアンジェを連れて行きました。教団長のことをルネはマティアスと名前で呼んでいましたが、彼はただの騎士団の見習いではないのでしょうか!?

一方、アンジェを待つ間にジェイドの体には異変が起きていました。以前、ジェットと戦ったことが影響しているようですが、一体ジェイドに何が起きているのでしょうか!?
体調が悪いのに、ジェイドはアンジェの前では必死で笑顔を作ります。そんな彼の姿は何だか切ないですね。

都の外でアンジェたちを待つヒュウガのところへは、かっての同僚が顔を見せていました。
ヒュウガが騎士団を抜けたのには、カーライルという人物が関わっているようです。これも名前が出てきただけで今回深くは触れられませんでしたが、この先でその謎が明かされるのでしょうか!?

謁見を終え、ルネと別れたアンジェを、再び教団長が呼び止めました。教団長はアンジェに聖都に残ることを勧めました。しかしアンジェは、今は大切な仲間となった陽だまり邸のメンバーと共に行く道を選びました。まだまだアンジェには知らなければならないこと、経験しなくてはならないことが多そうですね。
ベルナールの記事が書かれたことで、アンジェリークは一気に有名人になりました。そんなアンジェの元に、聖都から招待状が届けられました。

聖都に向かうことになったアンジェは、その途中でメルローズ女学院に立ち寄りました。しかし学院にも新聞の記事は知れ渡っていて、アンジェは友達のハンナやサリーからも女王の卵として期待されてしまいました。

旅の途中でとある村に立ち寄ったアンジェたちは、ここでも未来の女王として大きな期待を持って迎えられました。そんなアンジェの前に、マリーという名の少女がお母さんを救って欲しいと現れました。先日この村はタナトスに襲われて、マリーのお母さんもその時にタナトスに襲われて昏睡状態だったのです。

アンジェはマリーのお母さんを救おうとしますが、周囲の期待の大きさがプレッシャーになって浄化能力を発揮することができませんでした。悩むアンジェをニクスたちは、それぞれに気遣って励ましてくれました。

そして、アンジェは自らの過去を思い出しました。医者だった両親を見て、アンジェも幼い頃から人々を助けたいと思って育ちました。そんな両親はタナトスに殺されてしまいましたが、最後まで人々を救おうとしたその姿はアンジェの誇りでもありました。

ようやく自分を取り戻したアンジェは、浄化の力でマリーのお母さんを救って、とうとう聖都へと到着したのでした。聖都では、アンジェにどんな出会いが待っているのでしょうか。

今回は突然大きな使命を与えられてしまったアンジェの戸惑いがよく伝わってきたお話でした。ベルナールの記事によって多くの人々にアンジェの存在が知られるようになりましたが、それはより多くの人々からアンジェが期待されるようになることでもありました。
そんな周囲の期待の大きさに、アンジェは押しつぶされそうになってしまいました。浄化の力はあっても、中身は普通の女の子というアンジェの姿が、とてもよく描かれていたと思います。

そして、もう1人気になるのはヒュウガです。彼はアンジェと知り合う前は銀樹騎士団に所属していたようです。騎士団を抜けたのには何か理由がありそうですが、ヒュウガの過去に一体何があったのでしょうか!?
ロシュからアンジェリークの話を聞いたベルナールは、自分の目でアンジェリークを確かめようと陽だまり邸にやって来ました。

その頃陽だまり邸では、誰が夕食会の料理を作るかで争いが始まっていました。ニクスは煮込み料理、レインは野菜料理、ヒュウガは魚料理と、それぞれに全く好みが違います。アンジェの提案でみんなで料理を作ることにしたものの、結局みんなそれぞれ自分の好きなものを作り始めてしまいました。(^^;

そんな時にアーティファクト財団員から、アンジェの情報を収集するためにジェットが派遣されてきました。彼は目的のためには手段を選ばない、冷酷な性格のようですね。
買い物に出かけたアンジェは、その途中でジェットと遭遇して、タナトスが潜む森の中へと追い込まれてしまいました。

アンジェは1人でタナトスと戦おうとしますが、とても1人ではタナトスを浄化することはできません。危機一髪のアンジェを救ったのは、陽だまり邸の面々でした。それでようやくタナトスは倒したものの、今度はアンジェを確保するためにジェットが襲いかかってきました。

ヒュウガ、レイン、ニクス、ジェイドはそれぞれにアンジェを守るために戦いますが、ジェットの力は彼らの力をしのいでいました。そんな中、アンジェは戦いに恐怖しながらも、みんなの助けになりたいと祈るのでした。その思いが力となって、陽だまり邸のみんなへと伝わりました。パワーアップしたレインたちに、ジェットはやむなく撤退してゆきました。しかし、アーティファクト財団員はアンジェの力を分析して、一体何をしようとしているのでしょうか!?

アンジェの戦いを間近で見たベルナールは、アンジェたちのことを新聞の記事にしました。
これを見て、またアンジェの仲間が増えることになるのでしょうか。
アンジェが買ってきた果物で、みんなでパイを作って、陽だまり邸のメンバーの結束も深まったようですし、これからの展開が楽しみです。
ネオアンジェリーク Abyss 2アーティファクト財団からの依頼を受けて、アンジェとレインがタナトス退治に向かいました。その途中でアンジェは、美しい銀髪の騎士と出会ったのでした。

今回はいろいろな事情が見えてきました。古代の遺物を調べて、それを現在の人々に役立てようとするアーティファクト財団。かってはレインもそこに在籍して、今もお兄さんはそこで働いているようですが、過去に何かがあってレインはそこから抜けてしまったようです。
財団の職員らしき人たちが、アンジェの力について調べているようでしたし、財団にも何か後ろ暗いところがありそうですね。

星の船に向かう途中のアンジェとレインは、途中で食料の買い出しに立ち寄りました。そこでアンジェはきれいな蝶を見かけました。その蝶に誘われて泉にたどり着いたアンジェは、そこで水浴びしていたヒュウガと出会ったのでした。
アンジェに全裸姿を見られたのに全く動揺せず、フル○ン姿で^^;アンジェに迫ってきたのには笑ってしまいました。(でも、なぜか次のカットではズボンを履いてましたが。(笑))

アーティファクト財団が海底から引き上げた星の船。それは、かって天空を駆けめぐる力を持っていたのだそうです。アンジェたちの世界が今ひとつわからないのですが、かっては発達した文明を持っていたけれど、何らかの事情でそれを失ってしまった世界なのでしょうか!?

その星の船に潜んでいるタナトスと、アンジェとレインは退治に向かいました。しかし、船の中からタナトスが逃げ出して、市民を襲い始めてしまいました。そんな時、アンジェたちに力を貸してくれたのは、和泉で出会ったヒュウガでした。
ヒュウガは女王の卵のオーロラを見て、アンジェに仕えるために彼女を捜して旅をしていたのでした。

こうして陽だまり邸に、また新たな仲間が増えました。しかし、ニクスも腹黒いところがありそうですし、財団の動きも気になりますし、ひょっとしてこの先にはドロドロした展開が待っているのでしょうか。
医者になることを志していたアンジェリークでしたが、自分に浄化能力があることを知り、多くの人々の役に立てるならと、ニクスたちと陽だまり邸に行くことに同意したのでした。

お城のような陽だまり邸ですが、住んでいるのはニクスとレインだけでした。(^^;
こんな豪邸なんですから、執事さんとかメイドさんとかお世話してくれる人たちを雇えばいいのに。(笑)
おかげで食事は、ニクスとレインが交替で作っているんだそうです。

陽だまり邸での生活に緊張の連続のアンジェですが、なぜかレインはアンジェに冷たいです。レインの性格が第1話と変わっているような気がしなくもないですが^^;、黒キャラのニクス、ツンデレのレインというのが、キャラの役割分担なのでしょうか。(笑)

寂しい思いをしていたアンジェを慰めてくれたのは、学園からついてきてしまった猫でした。その猫にアンジェは、エルヴィンと名付けて飼うことにしました。この猫ちゃんにも、何か秘密があるのでしょうか!?

そして、アンジェの初出動の時がやって来ました。ファリアンの街がタナトスに襲われているという連絡を受けて、アンジェとレインが馬車で現地に向かいました。しかし、レインはツンツン・モードで、馬車の中には気まずい雰囲気が漂っています。(^^;

現地に到着したアンジェとレインですが、そこにはタナトスの姿はありませんでした。
2人が到着する前に、謎の旅人が現れてタナトスを退治してくれたのでした。一緒に付いてきてしまったエルヴィンを探すうちに、アンジェはテーブルの下に隠れていた青年と出会いました。
彼こそが、アンジェたちが来る前にタナトスを倒した人物だったのです。彼はアンジェに、ジェイドと名乗りました。ジェイドは誰かに追われているのでしょうか!?

街にはまだタナトスが残っていました。街の人々を守るため、ジェイドそれにレインがタナトスと戦います。そして、アンジェの浄化能力でタナトスを退治することができました。
アンジェはジェイドに陽だまり邸に来るように勧めます。しかし、彼は1人で旅立ってしまいました。

ジェイドは仲間にならないのかと思ったら、アンジェたちが陽だまり邸に帰ると、なんとそこにはエプロン姿のジェイドがいました。どうもジェイドはお茶目なキャラのようですね。(^^;

新たな仲間を加えて、次はアンジェたちにどんな運命が待っているのでしょうか。
ネオアンジェリーク Abyss 1 Limited Edition(初回限定版)アルカディアと呼ばれる世界、そこではタナトスという魔物がはびこって人々を襲っていました。タナトスに対抗できるのは、浄化能力者という一部の人間だけのようです。

そんな世界で女学院で医師を目指して勉強中のアンジェリークは、学園の理事であるニクスから呼び出されました。彼女はこの世界で唯一の女性の浄化能力者で、世界を救える力を持っているというのです。

しかし、いきなりそんなことを言われても、アンジェはそれを受け入れられません。そんな時、アンジェは猫に誘われて、森の中に倒れている青年を見つけました。浄化能力者の青年・レインはタナトスとの戦いで傷ついていたのです。

アンジェはレインを助けて、自分の部屋で彼を手当てしました。その時、学園内にタナトスが現れて、女生徒たちを襲い始めました。レインはタナトスとの戦いに赴きます。そしてアンジェもニクスに導かれて、レインたちがタナトスと戦っている場所へと誘われたのでした。

強力なタナトスの力に傷つくレインやニクスの姿を見て、アンジェは彼らを救う力が欲しいと祈ります。その時、アンジェの体から光がほとばしり、あっという間にタナトスを消滅させたのでした。
さらに、アンジェの上空には女王の卵が現れた時に出現するというオーロラが現れました。

アンジェは否応なく戦いの中へと巻き込まれてゆくことになりそうですが、この先彼女にどんな運命が待っているのでしょうか!?

それほど期待していた作品ではありませんでしたが、突然奇跡の少女と呼ばれて戦いの中に巻き込まれてゆくアンジェの物語に引き込まれました。
主役のアンジェを演じる遠藤綾さんの声は、どこかで聞いたことがあるようなと思ったら、「らき☆すた」のみゆきさんだったんですね。清楚で上品で、どこかおっとりしているアンジェの雰囲気と合っていますね。(^^)