日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


修学旅行編の続きです。トーマに名所を案内してもらっていたファインとレインたちは、村人たちの思い出の森へと連れてこられました。しかし、パウルという青年が、突然森をつぶして遊園地を作ると言い出しました。

ふたご姫の邪魔をするビビンですが、やはり本当は1人だと寂しいので、ファインやレインたちと一緒に遊びたいのかもしれませんね。そのストレスの腹いせとして(?)虐げられるエドチンが哀れですね。(^^;

いきなりブルドーザーに乗って現れたパウルは、とっても唐突なキャラでした。彼は彼なりに風光明媚星を豊かにしたいと思っていたのですが、ありきたりの遊園地を作るなら、豊かな自然を残しておいた方がいいですよね。同じようなことを考えて、全国のあちこちに作られた遊園地で、今もちゃんと運営されているところがどれだけあることか。(^^;

昔も今も、何かというと経済が優先されてしまいますが、人間が生きてゆくには無理矢理楽しませてくれる場所より、ほっと落ち着ける場所、1人になれる場所も必要ではないかと思います。

ラストでトーマが学園に復帰するという展開は意外でした。しかし、ただでさえキャラが多くて忘れられているキャラもいるというのに(今回はティオ、出ませんでしたね(涙))、この上いったん退場したキャラを増やしても出番があるのでしょうか!?(^^;
ゴーヤーンにキャラフェを奪われてしまうお話でした。

フィーリア王女が復活して、いよいよ満と薫を助ける時がやってきました。王女の話では、世界樹を復活させれば、満と薫も救われるかもしれません。それには太陽の泉に行く必要があるらしいですが、そこへゴーヤーンが現れて、王女の命の力を満たしたキャラフェを奪われてしまいました。

ゴーヤーンはキャラフェに滅びの力を注ぎ込み、カレハーンとモエルンバを復活させてしまいました。
ついでにミズ・シタターレやドロドロン、キントレスキーも復活させればいいような気がしましたが^^;、それは次回以降のお楽しみでしょうか。

復活したカレハーンとモエルンバは、とっても仲が悪かったです。(笑)
今回はギャグ回なのかと思いましたが、意外にもプリキュアの必殺技はこの2人に破られてしまいました。(/_;)
今までのがんばりから考えると、この役回りはキントレスキーに与えて欲しかったです。(涙)

そして、久しぶりの満と薫の登場です。2人は深い海の底(?)で眠っていたようです。
どうしてゴーヤーンが、わざわざ2人のところに行ったのかという謎は残りましたが^^;、久しぶりに2人の顔を見られてうれしかったです。

次回は、とうとう満と薫が復活するみたいです。地味な衣装の2人ですが、復活を機会に衣装がリニューアルされるといいですね。(^^;

ということで、今回は今までの設定をリサイクルした環境に優しい(?)お話でした。(^^;
一週遅れで、キントレスキーとの最終決戦を見ました。

舞の誕生日を密かに祝ってあげようとする咲たち。舞の絵を描いてあげようとする咲が、みのりのアドバイスで舞を観察しまくる場面がおかしかったです。
新しいOPではカットされてしまいましたが、舞が「ん!?」という感じで小首をかしげるポーズが可愛いなあと思っていたので、今回はそんな舞のポーズがたくさん見られてうれしかったです。

キントレスキーは、果たし状を送りつけて戦いを挑んできました。
そして、いざ戦いとなったら筋肉の量が増量されました。このあたりまでは、いい感じだったのですが、意外とあっさりというか、潔くプリキュアに破れてしまいました。(^^; もう少しがんばってくれるかと思っていたんですけど。(涙)

できれば、プリキュアの必殺技が破られてピンチという展開が見たかったですね。
絶体絶命のプリキュアの前に現れる謎のナージャ。(^^; 「これを使いなさいっ!」とナージャ・バトンを投げて見事にキントレスキーを倒せば、オモチャの在庫もさばけて一石二鳥だったと思うんですけど。(笑)

誕生日会で、咲から絵をもらった舞は本当にうれしそうでした。大好きな咲からのプレゼントだったら、どんなものでもうれしかったでしょうけどね。(^^)