日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


エルに頼まれて、あむたちが歌唄のライブの応援することになるお話でした。

イースター社にバイオリンを奪われたことで、イクトは落ち込んでいるようですね。聖夜学園の理事長とイクトは顔見知りだったんですね。今まで考えたこともなかったですが、もしかしてイクトも聖夜学園の卒業生なのかなあ。

テレビで歌唄の様子を見ていたあむの前に、エルがやって来ました。独り立ちしてから最初のライブということで、歌唄を励まして欲しいというのです。最初は渋々とエルに付き合うことにしたあむでしたが、ライブの応援にイクトを呼んだらというあむの提案に歌唄が目を輝かせたのを見て、あむはイクトをライブに連れてこようと決心したのでした。

ところが、例によってイクトはあまりやる気がありません。あむが歌唄のライブでバイオリンを弾いて欲しいと頼むと、ヨルがバイオリンを取られてしまったことを口走ってしまいました。それを聞いて驚くあむでしたが、せめてライブを見に来て欲しいというお願いにもイクトは連れない返事です。
イクトはあまり歌唄と接触することで、再びイースター社に歌唄が利用されないか心配していたのでした。

あむからバイオリンを弾いて欲しいと言われたことがきっかけになって、イクトはイースター社の研究室に忍び込みました。しかし、バイオリンは専務が鍵を持っている部屋にしまわれていて、結局取り戻すことができませんでした。その上、イースター社に雇われている怖いお兄さんたちに、イクトは痛めつけられてしまったようです。

イクトがこられないと聞いて歌唄はがっかりしますが、あむはせめて少しでも多くの人に歌唄の歌を聴いてもらおうと必死でチラシ配りをするのでした。そんなあむに、唯世ややや、りまも協力するのでした。あれ!?、なんで今回はなでしこが協力してくれないのでしょうか!?

効果的に宣伝するために、エルが強引にあむとキャラなりしてしまいました。アミュレットエンジェルは久々の登場ですね。さらに唯世たちもキャラなりして、お客さんの勧誘をします。その甲斐あって、会場は大勢の観客で埋め尽くされたのでした。
強がっていたイクトも少しだけライブに顔を出してくれて、歌唄もうれしそうでした。(^^)

今回は久々にルルの出番はなしでした。でも、何だかお話が雑な感じがしました。中途半端にイクトのバイオリンのエピソードを混ぜない方がよかったんじゃないかなあ。みんなで歌唄のライブに協力するお話なのに、なでしこだけ出てこないのも気になりましたし・・・。

それから、歌唄の作画に力が入っていたのと対照的に、あむの作画がしょぼかったのが気になりました。1期と比べると、2期のしゅごキャラ!はどうもパワーダウンしてしまった部分が目に付きますね。
あんどーなつ 6―江戸和菓子職人物語 (6) (ビッグコミックス)あんどーなつ6巻では、前半は奈津とご隠居さんが鹿児島へ出かけるお話、後半は獅子屋の冬実の奈津への酷さに、浅草の商店街が力を合わせます。

葛饅頭の作り方を鶴亀屋から教わっていた奈津ですが、竹さんが福引きでペアの鹿児島旅行を当てたことから、急遽鹿児島に葛粉工場の見学に出かけることになりました。しかし、奈津1人での旅では心配と、いつもお世話になっているご隠居さんが奈津と一緒に出かけることになりました。

このご隠居さん、本当は奈津の祖父にあたるのですが、奈津にはそれを話していません。しかし、奈津が一人前の和菓子職人になってくれることを心の底から願っています。本当は大企業の会長であるご隠居さんですが、今回の降って湧いたような奈津との旅行に、仕事を放り出して出かけて行くのでした。

奈津はご隠居さんが自分の祖父だとは知りませんが、その旅行でご隠居さんは孫との楽しい日々を過ごすことができたようです。その旅でご隠居さんの過去が少し語られたのも印象的でしたし、葛粉以外においしいお茶を発見できたのも収穫でしたね。

後半では、浅草の商店がこぞって満月堂をもり立ててくれます。セレブな冬実は、いつもそれを鼻にかけて奈津のことをバカにしています。さらに冬実は、満月堂や浅草までもバカにしています。
それに腹を立てた提灯屋の松宮さんは、仲間を募って満月堂が獅子屋に負けない船上パーティーを開催することができるように手はずを整えるのでした。

その対決に、一ツ橋流のお茶の先生もからんで、とうとう奈津は自分独自のお菓子を考案することになりました。梅さんや竹さんの知恵を借りて、奈津がどんなお菓子を作り出すのか楽しみです。
刹那とティエリアは、パーティーからの逃走中にサーシェスと遭遇しました。

以前に刹那とマリナがサーシェスを目撃した時は顔合わせだけでしたが、今回は刹那とティエリアを相手にサーシェスが戦います。サーシェスの使っている機体は、スローネツヴァイの機体を発展させたものでした。1期でロックオンに撃墜されたサーシェスでしたが、体の半分が黒こげになったものの、再生治療を受けて復活してきたようです。

サーシェス1機に、刹那とティエリアは苦戦します。しかし、アレルヤとロックオンの援護が入り、サーシェスは撤退していったのでした。サーシェスがロックオンの仇だと知って、珍しくティエリアが感情をむき出しにして深追いしようとしていたのが印象的でした。

周囲を連邦軍に取り囲まれたソレスタルビーイングは、いったん地上から離れて衛星軌道上に上がることをスメラギさんが計画しました。しかし、その作戦はアロウズのマネキンに読まれていたのでした。
GNドライブのトランザムのパワーを利用して、プトレマイオスは一気に宇宙を目指します。敵の魚雷の爆発さえ利用したその速度は、マネキンの予想さえ上回るものでした。

しかし、そんなプトレマイオスの動きさえ予測していた者がいました。イノベイターのリヴァイヴ・リヴァイバルでした。彼女の乗った新型モビルスーツ・ガデッサの砲撃は、プトレマイオスの軌道をわずかに変えるだけのエネルギーがありました。
それによって、プトレマイオスは敵の待ち受けている宙域へと追い込まれてしまったのでした。

トランザムのパワーも限界に達し、ソレスタルビーイングのピンチかと思いきや、唯一トランザムを使用しなかったダブルオーが大気圏離脱中に発進していたのでした。ダブルオーの攻撃で敵の母艦は撃沈。刹那たちは危ないところを切り抜けたのでした。

一足先に宇宙に上がっていたイアンは、ダブルオーの新型装備を確認していました。それを装備すれば、ダブルオーは無敵のパワーを獲得できるようですが、いったいどんな力を秘めているのでしょうか!?

今回は大気圏離脱の作戦中心のお話でしたが、その合間にサジがルイスの存在を知ったり(でも、まだ軍人になっていることまで知らないようですが)、2代目ロックオンが刹那の過去を知ったりという動きがありました。
さらに、これからの戦いでは、いよいよ本格的にイノベイターが戦いに乗り出してくるようです。ビリーのところにやってきたグラ・・・じゃない^^;Mr.ブシドーも新型のモビルスーツを手に入れそうですし、これからの戦いがより激しくなりそうですね。
ムカーディアの正体が、プリキュアにばれてしまうお話でした。

りんちゃんは道でアクセサリーをたくさんつけた男の人と出会いました。それを不思議に思うりんちゃんでしたが、そんなりんちゃんにナッツはアクセサリーを身につけるには可愛いからや似合うから意外にも理由があると言うのでした。

その答えを考え続けるりんちゃんの前に、ムカーディアが現れました。これまではアナコンディさんに贔屓されていたムカーディアですが、このところの失敗でそろそろ地下室送りが近づいているようです。
焦ったムカーディアは、りんちゃんを新しくできた駅前のケーキ屋さんに誘い、そこでプリキュアたちの弱点を探り出そうとします。

しかし、そのお店にはブンビーさんがウエイターとして働いていて、逆にムカーディアの正体がのぞみやりんちゃんにばれてしまったのでした。
ブンビーさん、地下室送りになった後どうなったのかと思ったら、地道にバイトして生き延びていたんですね。"文尾"と漢字表記で書かれた名札が、妙に印象的でした。(^^;

正体がばれたムカーディアは、プリキュアの前に初めて本体を晒しました。そしてテーブルをホシイナーに変えて、のぞみたちに襲いかかってきました。のぞみたちは変身して戦いますが、ムカーディアとホシイナーの攻撃にピンチです。
それを救ったのは、ローズと他のプリキュアたちでした。ムカーディアは、プリキュアたちの行動には無駄が多すぎるとけなしますが、ムカーディアが無駄だと考えることこそ、プリキュアたちが大切にしていることでした。

ローズのメタルブリザードでホシイナーを倒し、プリキュアのレインボーファイブエクスプロージョンでムカーディアも一気に最期かと思いましたが、何とかムカーディアは逃げのびました。しかし、プリキュアに正体を知られてしまって、もうムカーディアには後がなくなりましたね。

そして、りんちゃんはナッツに言われたことの答えを見つけ出しました。アクセサリーを身につけることは、それを作ってくれたりプレゼントしてくれた人の思いを身につけることでもあったのです。(^^)
華中華 7 (7) (ビッグコミックス)華中華の7巻では、とうとうハナちゃんと康彦の結婚式が行われます。

休日婚というハナちゃんの申し出に、最初は難色を示した康彦さんのお母さんでしたが、最後は2人が幸せなことが大事だと2人の結婚を祝福してくれました。これで問題が片付いたかと思いきや、ハナちゃんが下働きをしている満点大飯店では、1人前の料理人になるまでは結婚厳禁という規則がありました。

しかし、それも陳料理長に相談したことで、料理長以外にはそのことは秘密にするということで丸く収まりました。いろいろと試練を乗り越えて、ハナちゃんと康彦の愛情はますます深まって行きます。
そして、とうとう2人の結婚式が上海亭で行われました。地味な結婚式ではありましたが、なんと花嫁自らチャーハンを作ってしまうというハナちゃんらしいサプライズが用意されていました。

上海亭で働くことに加えて、康彦との結婚という秘密を抱えてしまったハナちゃんですが、そんなハナちゃんがこの先どんな料理人に成長して行くのか楽しみです。(^^)
働くことがイヤな人のための本 (新潮文庫)タイトルだけ見ると、自己啓発本みたいな感じですが、働くことや生きることについて哲学的に考える本です。

著者の経験をベースに、4人の架空の登場人物を用意して、その人たちとの対話という形で内容が進行して行きます。とりあげられた4人は、引きこもりの学生のA君。独身で小説を書き続けているBさん。働くことにやりがいを見いだせないけれど、そこから飛び出す勇気もないCさん。そして、ずっと働いてきたけれど、定年後に自分の人生は何だったのかと疑問を持ったDさん。

前半で語られる、人生は理不尽なものであるという著者の主張には納得できるものがありました。誰でも生きてきた間に理不尽な経験をしたことの1つや2つは必ずあると思います。それは苦々しいことではありますが、どうしようもないこの世の成り立ちなのだと容赦なく著者は説明します。
偶然この世界に生まれてきて、さらにいつかは死んでいかなくてはならない。この世に生まれてきた瞬間から、人は理不尽に振り回される存在なのかもしれません。

著者の主張も中盤までは納得できたのですが、最終的に出てきた答えが哲学的に生きることこそが人生をよりよく生きることだという結論には、ちょっと納得できませんでした。著者のように哲学がなければ生きてゆけない人間にとって、それは真理かもしれませんが、特に哲学的に生きようと思っている人々には、その答えは何の救いにもならないからです。

とはいえ、仕事について、生きることについて、改めて考えさせてくれるよい機会にはなりました。
もし仕事のことで悩んでいたり、なぜ働かなければならないのだろうという疑問を抱えているようでしたら、一読して見る価値のある本だと思います。
お母さんに頼まれて、図書館に執筆の資料を探しに来ていた蘭たち。そこで蘭は、近くにある郷土資料館の埴輪の声を聞いたのでした。

このところちょっといい話が多かった「テレパシー少女蘭」ですが、今回は久しぶりにいつものクオリティに戻ってましたね。(^^; メインの話よりも、翠のはっちゃけぶりで楽しませてもらいました。(笑)

蘭は郷土資料館に展示されていた埴輪の声を聞きました。ワカタケヒコという青年の思いが宿ったその埴輪は、戦をやめさせるために巫女を連れ帰るという約束を果たしたいとずっと願ってきたのでした。
そこで例によって、蘭たちがその埴輪の手助けをして、巫女を連れて行く予定だった一本杉を探すことになりました。

しかし、どうやって埴輪を資料館から持ち出すのかと思ったら、なんとあっさり貸してくれました。(^^;
貴重な資料を一般人にホイホイ貸してくれる資料館があるとは絶対に思えないんですけど。(笑)
そして蘭は埴輪にハーニンという愛称をつけて、いよいよ一本杉探しが始まりました。しかし、さすがに弥生時代のこととなると、現代にはあまり資料が残されていません。

それでも埴輪が思い出した海という手がかりを元に、それらしい言い伝えが残っている石碑を見つけ出しました。毎回思うことですが、こういう時に留衣って都合良くいろいろなことを思い出してくれますよね。(^^;

そしてとうとう蘭たちは、明治時代に切り倒された杉の木があったという場所までやって来ました。
そこで蘭と翠は、切り倒されたはずの杉の木を山の上に見たのでした。その途端、なぜか蘭たちは弥生時代の戦乱の場へと引き込まれてしまいました。
杉の木の袂までハーニンを届けた蘭は、そこでワカタケヒコの姿に戻ったハーニンに、蘭こそがみんなが待ち望んでいた巫女だと紹介されたのでした。
こうして全ての事件は解決して、ハーニンはただの埴輪へと戻ったのでした。

今回は、本編よりも牛と綱引きをする翠とか、魔法少女な翠とか、本編から外れたところの方が印象的でした。(^^;
あんどーなつ 5―江戸和菓子職人物語 (5) (ビッグコミックス)あんどーなつ5巻は、近江屋百貨店で行われている「花のお江戸菓子祭り」の続きからです。

名店10店が集まるイベントに、気合いを入れて参加した奈津でしたが、お菓子にばかり気を取られて一緒に出すお茶にまで頭が回りませんでした。それが原因で、獅子屋に先手を取られましたが、失敗したらすぐに何とかしようと動き出すのが奈津のいいところです。
会場を訪れた一ツ橋流のお茶の先生からアドバイスをもらい、翌日は他店にはない冷たいお茶を振る舞うというサービスで盛り返したのでした。

ところが、獅子屋は今話題の人気歌舞伎俳優をゲストとして招いて、会場の話題を独占してしまいます。そんな満月堂に援軍として現れたのは、梅さんの知り合いの芸者さんたちでした。彼女たちの強力もあって、イベント会場はさらに盛り上がりました。

ここで、人混みでごった返す会場に、奈津が用意した冷たいお茶がここで効果を発揮しました。しかし、会場の人気を獅子屋と満月堂が独占する形になってしまい、何か違うのではないかと思ったら、奈津は他のお店にも冷たいお茶を提供して、会場全体が和やかな空気に包まれたのでした。

このところ、満月堂と獅子屋の対決ドラマみたいになってしまっていましたが、どっちが勝ったとか負けたとか上とか下ではなく、お客様の多様な好みに合わせていろいろなお店が共存している、それがとてもこの作品らしくていいなあと思いました。

次巻では、奈津がおいしい葛を求めて鹿児島まで出かけることになりそうです。どんな出会いや発見が奈津を待っているのか、楽しみです。
加藤機関が前回設置していたスフィア。それを加藤機関は全世界に設置するつもりのようです。しかし、その理由は、加藤久嵩と菅原マサキ以外は加藤機関の幹部でも知らないようです。

スフィア設置の目的を知るために、JUDAは南米の加藤機関のアルマ生産工場を攻撃する計画を立てました。そこから少しでもスフィアの情報を引き出そうという作戦です。
しかし、はっきりいって今回はそんなことはどうでもよくて^^;、森次さんの全裸シーンが全てだったと思うのは私だけではないはずです!!!(笑)

痛みを感じない体質の森次さんですが、お湯の温度も関係ないようです。浩一たちが入るには、あまりに熱すぎるお湯でも、森次さんは平気で入ってます。しかも、入浴中にもかかわらず、メガネを外さないのは、さすがは黒メガネキャラです。(^^;

そんな中、サトルは森次の身体の異常に気づけなかったことで自分を責めていました。どうしてここまでサトルが自分を責めなきゃいけないの!?と思わなくもありませんが、それが原因で南米での作戦中に今度はサトルが命令を無視して森次を助けに来てしまったのでした。
そんなサトルを、森次は冷たく切り捨てました。森次は本当に作戦を遂行することしか頭にないようですね。

今回の作戦では、絵美の意外な作戦指揮能力の高さが明らかになりました。でも、今ひとつ何が凄いのかよくわからなかったんですけど。それよりも、やっぱり浴場での石神と浩一のやり取りのように、絵美はエロ要員ですね。(笑)

そしてJUDAは加藤機関の基地を占拠することに成功しました。しかし、基地に置かれていたコンピュータには、スフィアの情報は何も入っていませんでした。基地に置かれていたコンピュータは、ネットワークに繋がっておらず、スタンドアロンで運用されていたのでした。
このあたり、加藤機関の方がJUDAより数倍セキュリティがしっかりしているような・・・。

そういえば、ラストで道明寺が何やら呼び出しを受けていましたが、あれは結局なんだったのでしょうか!? 次回への伏線かと思ったら、次回はなんだかクリスマスがらみのギャグ話みたいなんですが。(^^;
タイタニアの要塞リトルビッグホーンを陥落させたことで、流星旗軍は勢いづいています。各地から要塞に集まった反タイタニア勢力は、5,000隻以上にもなりました。

しかしファン・ヒューリックは、それを流星旗軍のチャンスとは考えませんでした。これまで各地に散らばって手を焼いていた海賊が一カ所に集まったことで、かえって反タイタニア勢力をまとめて倒す機会だと見抜いていたのでした。

タイタニアの藩王や侯爵たちが、その好機に気づかぬはずがありません。早速ザーリッシュを中心とした部隊が組織されて、反タイタニア勢力の相当に動き始めたのでした。
しかし、そんな中ジュスランはアジュマーンからザーリッシュの副司令を務めるように命じられました。その理由は、アジュマーンに対して反逆を企んでいるエストラード侯爵の息子バルアミーをジュスランの副官として、エストラードの動きを封じる人質とすることにあったのでした。

ファンは流星旗軍の幹部たちから、流星旗軍の提督として艦隊を指揮して欲しいと頼まれました。
しかし、タイタニアの恐ろしさを見抜いていたファンは、その申し出を断って、さっさとカガノートから立ち去ってしまったのでした。

仕方なく流星旗軍はファン抜きで戦うことになりました。タイタニアの重要な軍事拠点である要塞を手に入れている流星旗軍は、それを盾として戦う作戦を考えました。しかし、勇猛果敢な闘将ザーリッシュは、そんな流星旗軍の作戦を簡単に潰してみせました。タイタニアにとって、この機会に海賊を一掃できれば、要塞の1つや2つ安いものだったのです!

こうしてザーリッシュの攻撃の前に、流星旗軍はあっけなく敗北したのでした。そんな中、いくつかの動きがありました。ファンの乗船している正直じいさん号に、同じく戦いを逃れたドクター・リーがやって来ました。彼はファンの戦術能力を高く評価しているようですが、タイタニアと戦うための強い動機がないことも見抜いているようです。

そして今までゲスト的な出演だったエルビング王国のリディアにも、表舞台に立つ機会がやって来ました。エルビング王国は今回の戦いでタイタニアに協力したものの、戦いの後でタイタニアは忠誠の証を要求してきたのです。そのための人質として、リディアは自らタイタニアの本拠地ウラニボルグへ向かうことを決意したのでした。
月の指輪を巡る騒動が一段落したと思ったら、今度はポールがバンシーと関わる騒動に巻き込まれてしまいました。

アバンは、酔った勢いでバンシーと一夜を共にしてしまったポールから。(^^;
どうやら道ばたにいたのを、ポールが連れてきちゃったらしいです。しかし、ポールには昨晩の記憶がありません。そんなポールに、バンシーは琥珀の涙を流すのでした。

エドガーのプロポーズを受け入れて、妖精界から帰ってきたリディア。そんなリディアの前に、月の指輪を管理するコブラナイが現れました。人間界に帰って来るためにエドガーから指輪を預かっただけのつもりのリディアでしたが、お節介にもコブラナイは指輪に細工して、エドガー以外の人間がリディアの指から指輪を抜くことができなくしてしまいました。

そして、エドガーはスカーレットムーンや妖精たちにリディアを婚約者としたことを発表するために舞踏会を開きました。今回のポイントは、うっかりリディアの着替えを覗いてしまったレイヴンが、罰として女装させられたことです!(^^;
なんかリディアよりもレイヴンの方が、色っぽくて魅力的なのは気のせい!?(笑)

そこへポールが、バンシーを連れて現れました。エドガーに事情を話したポールは、とりあえずバンシーをエドガーに保護してもらうことになりました。エドガーと顔を合わせたバンシーは、エドガーからは青騎士伯爵としての力を感じないと言います。やはりエドガーは本当の青騎士伯爵ではないのでしょうか!?

さらに、バンシーの流した琥珀の涙には、不吉な意味がありました。その中に妖精の力を秘めた琥珀があると、一族の者に死者が出るというのです。リディアに勧められて、琥珀を燃やしてしまうように言われたエドガーでしたが、その中の1粒の琥珀が燃え残りました。
これはエドガーの身内で、誰かが死ぬという暗示なのでしょうか!?

リディアも騒動が落ち着くまでは、エドガーの屋敷に滞在することになりました。リディアはあくまでエドガーに対しては、婚約者ではなくフェアリードクターとして雇われているだけだと主張します。
それを聞いてエドガーは、リディアの指から月の指輪を外してしまいました。言い寄ってくる時は不安を感じるものの、逆に突き放されるのも悲しいリディアなのでした。

そんなリディアの寂しさを見抜いたかのように、ケルピーが現れます。ケルピーはエドガーと別れて、自分と結婚しろとリディアを誘惑します。それを止めたのは、レイヴンでした。レイヴンはエドガーの大切な人だからという理由で、リディアを守ってくれているようです。しかし、そんなレイヴンにエドガーは、エドガー抜きでもリディアも友人として守って欲しいと頼むのでした。

そして、屋敷に匿われているバンシーの前に、アーミンが現れました。彼女はバンシーを屋敷から連れ出そうとします。アーミンは、エドガーの言うプリンスの手先なのでしょうか!?
タルボットが最後に作成したカメラ。そのカメラで撮影すると、被写体になった人物の一番恋しい存在が写し出されます。そのカメラを手に入れたシエルは、バルド、フィニ、メイリンに命じて、セバスチャンを隠し撮りするように言いつけたのでした。

恋しい存在が写るカメラではありますが、そこに写るのは生きているものではなく、死んでしまったものです。実験として写真に撮られたフィニが愛しく思っていたのは、小鳥ちゃんでした。でも、その小鳥ちゃんは彼がやさし~くなでたら死んでしまったようです。(^^; 何気に凄いブラックです。(笑)

3人は何とかしてセバスチャンを隠し撮りしようとしますが、セバスチャンの動きはすばしこくてなかなか撮影のチャンスがありません。そこでシエルたちは、いろいろと作戦を考えて黒羊ならぬ黒執事^^;を追い詰めようとするのですが、ことごとく失敗してしまうのでした。

そこへ劉がやって来ました。彼はシエルたちが何やら楽しそうなことをしているのをかぎつけたようです。劉は、藍猫を使った色仕掛けでセバスチャンの写真を撮ろうとしますが、藍猫のセクシーポーズにもセバスチャンは全く動じませんでした。

打つ手に困ったシエルは、とうとう自らを囮にしてセバスチャンを撮影することに成功しました。
果たしてセバスチャンが恋い慕うのは誰なのか。あと少しでそれが明らかになりそうだったのですが、セバスチャンに手なずけられたプルートゥが乱入してきて、全ては謎のままになってしまいました。

1日中バルドたちに振り回された仕返しに、セバスチャンは居眠りしているシエルをカメラで撮影してしまいました。その写真には、しっかりセバスチャンの姿が写っていたのでした。
くぅ~、シエルどんだけセバスチャンが好きなんだ!(^^;

今回は本筋も楽しかったですが、その裏側で猫と戯れるセバスチャンとか、当然のように屋敷に住みついているプルートゥとか^^;、記者の取材を受けるリアルタナカさんとか、小ネタも楽しかったです。
ツバサ 25―RESERVoir CHRoNiCLE (25) (少年マガジンコミックス)玖楼国を舞台にした小狼の回想が続いています。

幼い日のさくらと出会った小狼は、さくらを守りたいと誓いました。しかし、さくらの7歳の誕生日に神殿で儀式が行われている最中に、突然飛王が姿を現したのです。その攻撃からさくらを守ろうとした小狼でしたが、さくらが潔斎中という一瞬の迷いから、さくらを救うことができませんでした。

飛王に攻撃された小狼は、絶命寸前の傷を負って侑子の元へと戻ってきました。しかし、小狼はさくらを救えなかったことが忘れられません。そして、飛王がさくらの命を奪う刻印をさくらの体に刻み込んだことも。

そこで小狼は、今まで自分が生きてきた世界の人たちと会えなくなることを代償に、再び玖楼国へと戻り、さくらを救おうと決意するのでした。こうして再び小狼は、さくらのいる玖楼国へと戻ってきました。
しかし、さくらに残された時間が刻々と減って行くのに、どうしてもその呪縛からさくらを救う方法が見つかりません。

そして、とうとうさくらに仕掛けられた刻印が発動する日が来てしまいました。神官であるさくらの母・撫子の力によって、さくらの時間は絶命寸前の一瞬で止められました。この状況で、小狼にさくらを救う方法があるのでしょうか!?

う~ん、何だかお話が込み入ってややこしくなってきました。(^^;
この小狼の回想あたりのお話は、ある程度まとまったところでもう一度読み返さないと理解できないかも。(汗)
今回は、「少年飛行訓練」と「みんなでゴルフ」の2本立てでした。

1本目は、半田さんが子供の時に知り合った、トリローというキャラのお話でした。
トリローは鳥キャラなのに、高所恐怖症で空を飛ぶことができませんでした。偶然トリローと知り合った半田少年は、トリローの飛行訓練に付き合ってあげることにしたのでした。

飛行訓練の裏側で、どんどんカレーにはまってゆくドッタリ君が面白かったです。半田少年がトリローの飛行訓練に付き合っていると知って、ドッタリ君は嫉妬してしまいました。そんな2人の関係を元に戻すために、トリローは勇気を出して空を飛んでみせるのでした。
でも、最終的には別に高く空を飛ばなくても、低空飛行でいいことに気がついたようですが。(^^;

2本目は、半田さん、トマゴメさん、古山さん、そしてタヌキキャラのシガラキさんがゴルフに行くお話でした。その時キャディについてくれた女の子は、あと少しでプロテストに合格できるところで無茶をして不合格になってしまって悩んでいました。
最初はシガラキさんのおやじギャグを冷たい目で見ていた彼女でしたが、楽しそうにプレイするシガラキさんを見ていたら、どうして自分がゴルフを始めたのか思い出したようです。

ということで、今回はほとんどのらみみに出番がありませんでした。いちおう主人公なのに、こんなに影が薄くていいんでしょうか。(^^;
いよいよスタンド幽霊旅館編も、今回で最終回です。

閣下化した女将にボコボコにされる銀さん。そんな銀さんを救ったのは、レイのスタンドでした。
レイの力を借りて、銀さんも閣下化したものの、女将のスタンドTAGOSAKUの力は強力です。レイの力だけでは、とても女将にかないません。

と思ったら、銀さんに憑依していたのは、レイだけではなかったのです。神楽、お妙、新八もいつの間にか銀さんの中に憑依していたのでした。彼らの力を借りて、銀さんは逆襲に出ました。神楽、お妙と順番にスタンドを入れ替えて戦って、最後は新八で決まりかと思ったら、銀さんの中にいたのは彼らだけではありませんでした。

どこから紛れ込んだのか、ザビエルまでが銀さんの中に入っていたのでした。そのザビエルの攻撃で、ようやく女将を倒したかと思いきや、女将から分離したTAGOSAKUはさらに自分を強化するために、付近の村の生き物全てのスタンドをその体に取り込み始めたのでした。

どんどん強力になるTAGOSAKUに、さすがに銀さんたちも手も足も出ません。そして、銀さんたちもTAGOSAKUに吸い込まれそうになってしまいました。TAGOSAKUの吸引力に、銀さんのスタンドまでが飛び出してきてしまったのには笑いました。

TAGOSAKUは、そして女将まで吸い込もうとします。そんな女将を身を挺して守ったのは、レイでした。幼い頃に孤児だったレイは、女将に救われて一緒に幽霊旅館を切り盛りしてきたのでした。
そんなレイの姿を見て、女将はようやく自分自身の弱さがスタンドを呼び集めていたことを知りました。そして、そんな女将の涙で、ようやくTAGOSAKUを倒すことができたのでした。

こうして全ての騒動に決着がつきました。全てのスタンドが昇天してしまったのかと思いきや、レイだけは昇天せずに女将の側に残ってくれました。・・・というか、TAGOSAKUが死んだのはわかりましたが、レイっていつ亡くなったんでしょうか!?(^^;

そうそう。今回のEDは、銀さんが歌う「千の風になって」バージョンだったのには笑ってしまいました。
こういう芸の細かさが、この作品のいいところですね。(^^)
養父である奈落を殺されて、茫然自失の黄泉。そんな黄泉を、幽と冥がさらに追い込んで行きます。

奈落を失い悲しむ黄泉。そんな黄泉の悲しみをよそに、幽は奈落の跡を継いで当主となることを諫山一族の親族会議の席上で発表するのでした。その決定は奈落の遺言状によるものらしいですが、黄泉はその遺言状を目にしてすらいません。あまりに幽のやりようを咎める黄泉でしたが、奈落を守れなかった責任を追及されて何も言えなくなってしまいました。

さらに黄泉は、冥に宝刀・獅子王を取り上げられてしまいました。諫山家の当主に幽が就任したことで、娘である冥が獅子王を預かることになったのです。その上、今まで黄泉が使っていた部屋を冥に取り上げられ、神楽は土宮の実家に帰るように宣告されてしまいました。
このあたりのやり取り、見ていて胃がチクチクと痛くなるような陰湿な展開でしたね。(;_;)

ついに獅子王を手に入れた冥でしたが、その剣を抜いた時に謎の少年と出会った時の記憶が蘇ります。少年との戦いに敗れた冥は、体内に殺生石を埋め込まれていたのでした。それが冥を再生させて、冥の心の中に潜んでいた黄泉への憎悪を増幅していたのでした。

神楽との別れを前に、悲しみに沈む黄泉。神楽が眠ってしまった時、災害対策室から黄泉に連絡が入りました。特異点の出現と、カテゴリーBの悪霊が出現したのです。その知らせを聞いて、黄泉は神楽の剣を手に現地へと向かいました。

そこで黄泉を待っていたのは、獅子王を手にした冥でした。攻撃を仕掛けてきた冥は、殺生石の力で不死身の体を手に入れていました。そして、これまで黄泉に対して持っていた憎悪をぶつけてきたのです。
それを知って、黄泉も怒りました。たぐいまれな剣技を発揮して冥を圧倒すると、意識を取り戻した冥の殺生石に長刀を突き刺したのでした。

そんな黄泉の前に、青い蝶を連れた謎の少年が現れました。そして、その攻撃の前に黄泉も倒れてしまいました。いよいよお話が、神楽と黄泉が対決することになった時に向かって動き出してしまいましたね。
あんどーなつ 4―江戸和菓子職人物語 (4) (ビッグコミックス)あんどーなつ4巻では、奈津が和菓子の材料となる穀粉を作っている工場を訪れるお話からスタートです。

お客様に販売するお菓子を作っている職人の仕事へのこだわりも凄いですが、その材料となる穀粉を作られている方々にも素人から見たら信じられないような苦労があるんですね。愛情を持って作られた材料を、その魅力を最大限に引き出すように職人が仕上げる。こういうものの繋がりっていいですね。

お話の後半では、満月堂が今度は近江屋百貨店の催事に出店することになりました。今度もまた僅差で獅子屋に勝つことはできませんでしたが、満月堂のお菓子のおいしさを多くの人に知ってもらえただけで女将さんはうれしそうです。

それだけで終わりかと思ったら、さらに近江屋百貨店から今度はお寿司屋のカウンターのような形式で和菓子を提供するイベントへのお誘いがありました。
最初は乗り気ではなかった梅さんですが、奈津に励まされて、とうとう出店することを決めました。しかし、ライバル店にはまたしても獅子屋がいます。この出店は満月堂にとってプラスになるのでしょうか!?

3巻では奈津に恋する若旦那が登場しましたが、その恋の進展は今回はお休みです。他のお店との和菓子対決はお話としては盛り上がりますが、できればそういった派手な展開よりは、地味でも日々の何気ない営業の裏に隠された老舗の奥深さを描いて欲しいような気もします。
マリナーズとの3連戦に連投することになった東亜。第1戦は勝利したものの、第2戦ではマリナーズはある作戦を用意していました。

クリーンナップの3人以外は、徹底して左バッターを起用してきたのです。その作戦の狙いは、徹底して東亜に球数を投げさせた上でファーストゴロを打ち、東亜をベースカバーでファーストまで走らせることにあったのです。

7回まで何とか持ちこたえた東亜でしたが、8回にとうとうファーストに入ろうとしたところで倒れてしまいました。そんな東亜をバックアップしようと、リカオンズのメンバーは奮起します。しかし、どうしても得点を入れることができません。

そして両者0対0で迎えた10回の裏、ケガから復帰して間もない児島が代打として打席に立つことになったのでした。最初は気合いで何とかしようとしていた児島ですが、東亜はそんなやり方を嘲笑います。そして、児島の右肘に包帯を巻かせて、初球が外角にくることを予測してみせたのでした。

相手ピッチャーの投げたボールは、本当に外角へときました。しかし、キャッチャーのサインは内角。
これはどういうトリックなのかと思ったら、相手投手はこれ見よがしに巻かれた児島の包帯を意識して、無意識に肘から遠いところにボールを投げようとしてしまったのでした。
球界での児島という選手の価値。それを利用した東亜の作戦だったのでした。

そして、試合はとうとう3日目。さすがに東亜も疲れを隠せません。それなのに、お金のことしか考えてないオーナーは、この試合に限って普段の20倍のレートを適用すると言い出したのです。
疲れからか東亜のピッチングは精彩を欠き、頼みのコントロールも今ひとつです。東亜はマリナーズ打線に集中砲火を浴びることになってしまいました。

これまで東亜は7億以上の契約金を手に入れていましたが、今回の試合でそれを大幅に減らして、逆にオーナーに対して借金を背負うことになってしまいました。しかし、そんな状態になっても東亜には何か勝算があるようです。

東亜がこの試合で味方につけたもの。それは天候でした。東亜たちが試合を行っている球場には、大雨が近づいていたのです。東亜が集中打を浴びたおかげで、試合はいまだに4回までしか進んでいません。雨が降った時に試合が5回まで達していなければ、その試合は無効試合になってしまいます。

それに気づいた高見は、バッターに早くアウトになるよう指示を出します。この高見の指示は、果たして雨が降る前に間に合うのでしょうか!? そして、東亜は苦境を切り抜けることができるのでしょうか!?
ティファニーと出会ったミーナは、映画に出る決心をするのでした。

今までの旅芸人の生活から一転。ミーナはお嬢様と呼ばれる身の上になっていました。
ミーナのことを考えて、イザベラは自ら身を引いて、ティファニーにミーナのことを託したのでした。前回カルロスにミーナが襲われたことが原因でしょうが、あまりにもあっけないミーナとイザベラの別れでした。

そのことをティファニーから聞かされて、ミーナがティファニーの元から逃げ出そうとしてしまいます。
その時にミーナを押しとどめたメイドのナタリーが、泣き出してしまったミーナを見て涙を浮かべている場面が印象に残りました。

相変わらずポルフィはミーナを探してあちこち歩き回っています。しかし、ミーナとイザベラが別れたことで、唯一の手がかりだった占い師の女性というラインが消えてしまいました。そんなこととは知らずに、あくまで占い師を探し続けるポルフィとローズが、ちょっと気の毒になりました。

その頃ミーナは、ティファニーがお芝居の練習をしているのを見て、演技の世界に惹かれています。
今度のティファニーの映画は、貧しいマーヤという少女が歌手になるという夢を追い続けて、そして夢を叶えるお話のようです。その少女時代を演じる役者として、ティファニーはミーナに目をつけたのでした。

ティファニーから見せられた台本を、いつの間にかミーナは覚えてしまったようです。そしてティファニーの演技を見ていて、思わず相手役のセリフを演じてしまったのでした。
それが女優ミーナの誕生の瞬間でした。その演技をティファニーのマネージャにも認められて、いよいよミーナはスクリーンにデビューすることになったのです。

パリ市内でその映画の撮影が行われました。しかし運の悪いことに、ポルフィとミーナはここでもニアミスです。あと少しで再会できそうだったのに、またしても運命のイタズラですれ違ってしまいました。
ティファニーが言っていたように、ミーナが出演した映画が公開されるまで、ミーナとポルフィの出会いはお預けでしょうか!?

ミーナとティファニーの関係が深まるのと同じく、ポルフィとローズの関係も深まっています。
でも何となくポルフィはローズのヒモになっているような気がしなくも・・・。(^^;
ローズがどうしてポルフィのためにここまで尽くしてくれるのか、それが説明されていればもう少し納得できる展開になるような気がしました。

ローズはいまだに女優になるという夢を捨てきれないようです。そのことが、ポルフィとミーナを再会させるきっかけになるのでしょうか!?
大藪春彦さんの「みな殺しの歌」の続編「凶銃ワルサーP38」を読み終えました。

前作で警察からさんざん追い回された衣川ですが、大胆不敵にも事件の中で知り合った女性の元を再度訪れました。それがきっかけとなって、衣川はこれまでよりも激しい警察や自警団の追跡を受けることになりました。しかし、彼はその追跡を非情さと裡に秘めた強い意志で突破して行きます。

今作では、基本的に警察から逃げ回っている描写が多いのですが、その裏側で事件は刻々と動いています。衣川を狙う黒幕は、彼の兄の恋人であった女性に目をつけました。そこでその女性を拉致して、衣川の居場所を白状させようとするのですが、彼女は本当に居場所を知りません。
しかし、残酷な拷問を受けて、とうとう出任せを言うことになってしまいました。それが引き金となって、黒幕の雇った殺し屋とヤクザたちとの抗争が始まってしまうのでした。

その混乱をついて、ようやく警察の追及を振り切った衣川は、とうとう兄を虐殺した憎むべき男たちへの復讐を果たすのでした。

基本的に殺戮や暴力が満ちた、危険な世界を描いた物語なのですが、衣川の逃走劇やテンポの良い展開には、サスペンス映画を見ているような迫力があって面白かったです。
ラブミー部に新たな部員・琴南奏江が入部しました。そしてローリィ宝田に呼び出されたキョーコに、再び試練が訪れるのでした。

アバンから、キョーコは蓮と尚への怨念を燃やしています。前回までの展開でせっかく女優への道を志すことに決めたのに、のし上がった時にやることは今までと一緒なんですね。(^^;

LMEに出勤したキョーコは、そこで久しぶりに琴南奏江と再会しました。彼女は新人発掘オーディションに合格したはずなのになぜ!?と思ったら、なんと彼女の演技は全て計算尽くで自分の気持ちなど1ミリも入っていないことが発覚してしまったのでした。

しかし、天才的な演技力と記憶力を持つ琴南を捨ててしまうには惜しいので、キョーコと同じくラブミー部員として活動することを要求されていたのでした。しかし、その恥ずかしい名前とつなぎを着るのが嫌で琴南はラブミー部ではなく、LMEの新人養成部門に入ろうかと考えていたのでした。

そんな時に、琴南はキョーコと出会ってしまいました。自分以外にも恥ずかしいラブミー部員がいることを知ったキョーコは、その怨霊パワーで琴南を金縛りにして強引に彼女を部員にしてしまうのでした。

そんな彼女たちの最初の仕事は、新人養成部門で起こった揉め事を解決することでした。
以前、新人発掘オーディションの時にキョーコたちが出会った少女、それは社長のローリィ宝田の孫・宝田マリアだったのでした。この設定を知った時、孫~~っ!!!と思わずのけぞってしまいました。
ローリィ宝田って見た目は若そうに見えるのに、もうお祖父ちゃんだったんですねえ!(^^;

マリアは、新人養成部門で演じることになったお芝居の内容に不満があったのでした。それは「天使の言霊」というお芝居なのですが、その主人公の女の子の境遇がマリアと似ていたのです。
どうやらマリアのお母さんは、マリアを産んだ後で亡くなってしまったようです。そのことで周囲から陰口を囁かれ、父親の愛情を失ったマリアは、そのお芝居の女の子が似たような境遇なのに家族から愛されていることが信じられなかったのです。

そんなマリアを説得する仕事を、キョーコと新人養成部門の受講料を免除するという餌に釣られた琴南(キョーコ曰く、モーモーいつも言っているからモー子さんだそうですが^^;)が引き受けることになりました。
マリアからお芝居の内容を聞かされたキョーコは、自分自身の生い立ちも考えて、確かにお芝居の内容が納得できないとマリアに同意しました。

しかし、それが原因でキョーコは、主人公が心を開くきっかけになるお姉さんの役を研修生たちの前で演じてみせることになってしまいました。モー子さんと違い、傑出した演技力も記憶力もないキョーコが果たしてこの苦境を乗り越えることができるのでしょうか!?
今回は、メグミ&カズミがいい感じで百合百合してくれました。(^^;

1本目では、メグミが給食の時間なのに憂鬱そうです。ユウキの話では、休み時間に体重を量ったら、体重が増えてしまっていたことを気にしていたのでした。おかげで、メグミの給食はリョータやコウジたちで山分けされてしまいました。
揚げパンを食べ過ぎたリョータは、お腹の調子が悪くなって保健室へと駆け込みました。しかし、運悪く保健の先生はいません。そこに置かれていた体重計に目をやったリョータは、その目盛りが狂っていることに気がつきました。リョータがメモリを直したところに、メグミがやって来て体重を量り始めました。
思わず隠れてしまったリョータですが、メグミは少しでも体重を軽くしようと服まで脱ぎだしてしまいました。おまけに他の女の子たちもやってきて、みんな服を脱いで体重を量り始めてしまいました。リョータはラッキーでしたが、お腹の調子は大丈夫なのかなあ。(^^;

2本目も、給食の時間に憂鬱になっているメグミから。またしても男子に給食をあげて、ダイエットしたメグミでしたが、そのおかげで空腹に悩まされることになりました。その様子をカズミに観察されてしまい、メグミはさらに恥ずかしい思いをすることになったのでした。
1本目でもありましたが、今回は何気にメグミとカズミの百合描写がよかったです。(笑)

3本目は、背比べのお話。最近背が伸びたチカは、リョータと背比べをすることになりました。なぜか勝った方が王様、負けた方が僕という条件付きです。その勝負にリョータは僅差で勝利したのですが、コウジが足の長さはリョータよりチカの方が長いことに気がついてしまいました。
せっかく勝負に勝ったのに、今ひとつうれしくないリョータなのでした。

4本目は、牛乳をテーマにしたお話でした。最近給食の時間に、ナツミはたくさんの牛乳を飲んでいます。そのあまりの凄さに、リョータは勝負を挑むことになりました。しかし、ナツミの凄さに、あっけなくリョータは完敗してしまうのでした。
みんなはナツミが背が伸びるように牛乳を飲んでいると思っていたのですが、ナツミは親戚のお姉さんに牛乳を飲むと胸が大きくなると言われてたくさん牛乳を飲むことにしたのでした。
それを聞いたリョータが、自分の胸も大きくなっているんじゃないかと心配していたのには笑ってしまいました。
ついに魔道具BREWを巡る、死武専とアラクノフォビアの戦いが開始されました。

かってロスト島では、魔女たちが魔道具の開発を行っていました。しかし、その施設で大爆発が起こり、今では特殊な磁場が島に吹き荒れています。BREWが眠るのは、その磁場の中なのです。
マカたちは、シュタイン先生に連れられて、BREWを争奪するための戦いに加わりました。果たしてBREWを手に入れるのは、マカたちでしょうか、それともアラクノフォビアなのでしょうか!?

マカたちが参加するといっても、それはメインの戦力としてではなく、シュタイン先生のサポート役としてでした。シド先生の率いる本体が、アラクノフォビアの本体と戦っている間に、シュタイン先生が磁場へ突入してBREWを回収します。しかし、強力な磁場の中にいられるのは、長くても20分。その間、マカたちはシュタイン先生の帰還を待つことになりました。

しかし、15分が経過しようというのに、シュタイン先生は帰ってきません。マカたちはシュタイン先生を追って磁場の中へと突入することになりました。しかし、そんなマカたちのところにも、早くもアラクノフォビアの兵士たちが向かっていました。
兵士たちの相手を、オックス、キリク、キムに任せて、マカ、キッド、ブラック・スターは磁場の中へと向かうのでした。

マカたちが磁場の中に入ると、そこには爆発で吹き飛んだはずの建物が残っています。どういうことなのかと思ったら、強力な磁場の影響で過去の映像がこの空間に焼き付けられてしまったようです。
そこでマカたちは、施設へ向かう死神様の幻影を目撃しました。そして施設を爆発したのが、アラクネだということを知るのでした。いったい、かってこの島で何が起こったのでしょうか!?
そしてシュタイン先生とマリー先生の行方は!?

今回は死武専とアラクノフォビアが激突して、終始緊張感のある展開となりました。中でも、ミフネと死闘を演じたシド先生の戦いぶりが迫力がありました。梓のサポートを得ているシド先生をあそこまで追い詰めるとは、ミフネの実力は凄いですね。これでは以前にブラック・スターが挑んでも手も足も出ないわけですね。(^^;

そして激突する2つの勢力の隙を狙うように、エルカやミズネも行動しています。こちらはきっとメデューサの指示で動いているんでしょうね。最終的にBREWを手に入れるのは、死武専でしょうか、それともアラクノフォビア。はたまたメデューサでしょうか!?
次回も緊張感のある展開になりそうですね。
ライラック・ホテルの怪事件 (創元推理文庫 M キ 5-4 ナンシー・ドルーミステリ 4)ナンシー・ドルー・シリーズの第4弾「ライラック・ホテルの怪事件」を読み終えました。

友人のエミリーが結婚して、ライラック・ホテルのオーナーになることになりました。そのホテルに招かれた時から、ナンシーの周囲に不思議な事件が頻発するのでした。
カヌーに乗ってホテルに向かう途中ではカヌーを転覆され、ようやくホテルにたどり着いたと思ったら、ホテルでは幽霊騒動が起きています。そして、ついにはナンシーの偽物まで登場してしまいました。
どうやら事件の裏側には、何か大きな企みが隠されていそうです。例によってナンシーは、少女探偵として事件の調査に乗り出すのでした。

このシリーズの他の作品でもそうですが、相変わらずテンポが良くて、事件を調査するナンシーを追いかけながら、あっという間に読み終えてしまいました。
今回の事件では、ナンシーの偽物が現れたのがインパクトがありました。少女探偵としていくつも事件を解決して、名を知られるようになってきたナンシーですが、何者かがそんな彼女自身をターゲットに選んだのです。

その謎にナンシーは果敢に立ち向かい、そして最後には勝利を得るのでした。前作までと変わらぬ面白さで、最後まで楽しく読むことができました。前作の発売から、7ヶ月ぶりのナンシーとの再会でしたが、読み終えてしまった今では次にナンシーと再会できる日が楽しみです。(^^)
あんどーなつ 3―江戸和菓子職人物語 (3) (ビッグコミックス)和菓子職人を目指す、安藤奈津の活躍を描いた物語。その第3巻です。

2巻のラストで出店した百貨店は、残念ながら職人の竹さんが体調を崩したことで急遽撤収することになってしまいました。しかし、納得ゆく品質のものが提供できない時は、いざぎよく店をたたむ。そんな老舗の引き際の良さを奈津は知ったのでした。

と、ここまでは面白かったのですが、その後の奈津のたった1人の身内である祖母の死。そして、その時に託された茶碗から、奈津の意外な出生の秘密が明らかになりました。奈津にいつも優しくしてくれるご隠居さん、そして奈津のお茶の先生、2人は奈津の祖父と祖母だったのでした。
結局、2人は奈津の前に名乗り出ることはしませんでしたが、この展開はあまりにも安易で都合がよすぎて好きになれませんでした。

しかし、後半では奈津に惚れてしまった牛鍋屋の若旦那が登場したことで、お話がまた面白くなってしまいました。今のところ奈津は、若旦那の好意に気がついてさえいませんが、若旦那との間に恋が芽生えることもあるのでしょうか!?
でも、恋をする前に奈津は一流の和菓子職人になることが先かもしれませんね。
久しぶりにあみが登場するお話でした。

お絵かき大会で金賞を取ったらおもちゃを買ってもらうという約束をしたのに、そのおもちゃが見つからなくてあみは朝から不機嫌です。そんなあみを、あむが幼稚園まで送って行くことになってしまいました。
あみはラン、ミキ、スゥを幼稚園に連れて行ってしまいました。しゅごキャラの姿は、あみだけでなく他の園児たちも見ることができるようです。

ロイヤルガーデンでは、キセキが不機嫌です。今日は謎タマについて、しゅごキャラ会議で話し合う予定だったのですが、みんな会議に全くやる気がないからです。あみのお付き合いでランたちがこられないと知ったキセキは、自ら幼稚園に乗り込んで行くのでした。

しかし、幼稚園児のパワーにしゅごキャラたちも振り回されます。とても会議どころではなくなってしまいました。しゅごキャラが見えない幼稚園の先生には、園児たちがいつになくハイテンションで戸惑っているようです。(^^;

そんな園児たちの中で、1人だけ粘土細工に熱中している子がいました。彼の名前はマー君。彼は園児たちから粘土大王と呼ばれていたのでした。マー君は、キセキのことがとても気に入った様子です。キセキをモデルにして、何度も何度も粘土細工を作り直しています。
そんなマー君にルルが目をつけました。

ルルからジュエリーをもらったマー君は、たくさんの粘土細工を作り出しました。ややから連絡を受けたあむと唯世は、謎タマを退治するために駆けつけたのでした。そして、みんなキャラなりして粘土細工のキャラと戦います。しかし、粘土キャラは攻撃してもいくつにも分離して、いくら攻撃しても倒すことができません。

そこであむは、マー君を説得することに。しかし、幼稚園児のシンプルな理屈に、あむの説得は通用しませんでした。おまけに、×キャラにもすることができず、あむのオープンハートで浄化することもできません。今までにない大ピンチですが、それは幼稚園児の飽きっぽさという予想外の展開で終わりを迎えたのでした。(^^;

今回は、後半の意外な展開は面白かったですが、前半の幼稚園の描写は今ひとつでした。
あみたちやキセキたちがキャーキャーやっていましたが、それが今ひとつ楽しめなかったですし。
ティエリアとリジェネの出会い。そして、とうとうリボンズが動き始めました。

リジェネと出会ったティエリアは、イオリアの計画の全貌を聞かされました。ソレスタルビーイングによる武力介入。それはイオリアの計画の第1段階でしかなかったのです。その後の第2段階では、アロウズによる人類の統一。そして第3段階では、外宇宙への進出が予定されていたのでした。

その事実を知って、ティエリアは激しく動揺します。そんなティエリアの行動の指針となったのは、今は亡きロックオン・ストラトスの言葉でした。王留美からの暗号通信で、アロウズの上層部が集まるパーティーが主催されることを知ったティエリアは、自分たちが倒す本当の敵の正体を見定めるために変装してパーティーに乗り込んだのでした。

アレルヤがマリーを連れ帰ったことで、フェイトの心にちょっとした波紋が起きました。理屈ではソーマとしての人格を植え付けられたとわかっていても、ソーマがかって大切な仲間を奪った一員だったという事実は簡単に割り切れるものではありませんでした。
この伏線は尾を引くのかと思いきや、意外と簡単に回収されてしまいました。

パーティー会場へは、ティエリアは女装して出かけることになりました。ガンダムマイスターは男性だという情報を逆手にとっての作戦でしたが、スメラギさんのちょっとしたいたずらのような気がしなくもないかも。(^^; だって刹那は女装してなかったですし。(笑)
驚いたのは、リジェネはてっきり女性だと思っていたのですが、彼も男性だったんですね。う~ん、この世界の性別はどうなっているんだあ。(^^;

そのパーティーで、ティエリアはとうとうリボンズと出会いました。ヴェーダが今は彼の支配下にあることを聞かされ、ティエリアは自分の真の敵はリボンズだと気がついたようです。
その頃、刹那も意外な出会いを果たしていました。パーティー会場に招かれていたルイスと、偶然に再会することになったのです。ルイスは再生された左手にサジから贈られた指輪をはめていましたし、サジのことはいまだに気になっているようですね。

そこへスメラギさんに捨てられた^^;ビリーが現れました。そのせいで、刹那がソレスタルビーイングのガンダムマイスターだとばれてしまいました。ビリーはスメラギさんへの恨みから、新型モビルスーツの開発に励んでいるようです。

正体を知られて、撤退してきた刹那とティエリアでしたが、その前にスローネの発展型ガンダムに搭乗したサーシェスが現れました。以前アザディスタンで刹那とサーシェスが出会った時は戦いにはなりませんでしたが、今回は激しい戦いが待っていそうですね。

物語がじょじょに暗く重たくなる中で、唯一楽しませてくれたのはパトリック・コーラサワーの復活でした。カティ・マネキンに止められていたにもかかわらず、マネキンを慕ってとうとうアロウズに入隊してしまいました。相変わらずのお調子者ですが、彼が登場する場面はまた楽しくなりそうですね。

そうそう。以前に少しだけ触れられたアロウズへの出資者ですが、いくつかの感想サイトで予想されたようにルイスでしたね。その左手の治療に、どんな形でイノベイターが関わっているのか、薬漬けになっているルイスの様子を見ていると気になります。
うららの歌声が、シビレッタに盗まれてしまうお話でした。

うららに大チャンスがやって来ました。インペリアル劇場で行われるミュージカルの2次予選を通過したのです。次の最終審査を通過すれば、そのミュージカルに出演することができます。
みんなはうららの緊張を解こうと、肩の力を抜いて気楽にやればいいと勧めますが、今回のうららは妙に気合いが入っています。

それは、そのミュージカルがうららのお母さんが最後に出演したものだったからです。しかも、うららが演じる役はお母さんと同じ役です。もう2度とないかもしれないチャンス。お母さんが舞台で見たものを自分も同じように見てみたい。最終審査に受かれば、うららの夢の根源が実現するかもしれないのです。

そんなうららをシビレッタが狙っていました。シビレッタはうららから歌声を奪うと、みんなを人魚姫の世界へと連れ込んでしまったのです。そのせいで、のぞみたちはみんな人魚の姿になってしまいました。でもなぜか、ココはタコ、ナッツはフグ、シロップは亀にされてしまいました。(^^;

シビレッタは、うららの歌声を返して欲しければ、代わりにローズパクトを寄こせと迫ります。
その申し出をうららは断固として拒否しようとしますが、のぞみはうららの歌声を守るためにローズパクトを差し出すことを決意したのでした。

しかし、シビレッタにローズパクトを渡しても、シビレッタはうららの歌声を返そうとしません。
そんな卑怯なシビレッタからローズパクトと歌声を取り戻したのは、ココとシロップの連係攻撃でした。
タコに変わったココをくるみに投げつけさせ、ココが墨を吐いたところで、シロップがローズパクトと歌声を取り返しました。

その後は、プリキュアに変身して反撃です。今回はみんな人魚の姿に変えられていたので、プリキュアに変身しても足はお魚のままかと期待しましたが^^;、さすがにそれは無理だったようです。(笑)
プリキュアとミルキィローズの攻撃に、ホシイナーは倒されて、シビレッタは撤退してゆきました。

ツイン・テールの魔法そして、いよいようららのオーディションです。審査員の前で、うららは「ツインテールの魔法」を熱唱しました。そして、それが審査員に認められて、とうとううららはミュージカルへの出演を決めたのです。
その喜びの中で、うららはシロップに空へ連れて行ってくれるように頼みました。うららとシロップ、2人の関係はどんどん深まっていきますね。(^^)
愛天使伝説ウェディングピーチ DVD BOX(1)先日「エヴァンゲリオン」を見る機会があったのですが、それを見たらなぜか久しぶりに「ウェディングピーチ」が見返したくなってしまいました。(^^; 同時期に放映されていたからかなあ。

そこで、DVD-BOXを引っ張り出してきて、久しぶりに第1話を視聴してみました。
「セーラームーン」と比べると、もう少し大きな子供向けアニメ、というか大きなお友達をターゲットにした作品というイメージがあったのですが、意外なくらい第1話ではギャグも多くて驚きました。

主役の3人、ももこ、ひなぎく、ゆりを、それぞれ氷上恭子さん、宮村優子さん、野上ゆかなさん(現在のゆかなさん)が演じているのですが、3人ともまだ演技が初々しいですね。そしてリモーネ役に三木眞一郎さん、ようすけが上田祐司さんと豪華ですね。

第1話では、聖サムシング・フォーの1つであるももこの指輪を狙って、悪魔族のプリュイがももこに襲いかかってきます。その危機を救ったのは、天使界からやって来たリモーネでした。
プリュイは、悪魔族のペット・じゃ魔ピーを使って、ひなぎくとゆりを操ります。そんな2人を救うために、ももこはリモーネから渡されたセントミロワールを使って、愛天使ウェディングピーチに変身するのでした。

お話的には、物語の導入部としていい感じなのですが、作画や演出が微妙にそれに追いついていないのが残念ですね。もっとも作画も演出も、この後微調整を繰り返して、じょじょにウェディングピーチらしいスタイルを確立してゆくのですが・・・。

第1話では、戦いが終わって気絶したももこが、目を覚まして全てを夢だったのかと思いますが、ポケットに入っていたセントミロワールを見つけて、あれは夢じゃなかったと確信する場面で終わるのが印象的でした。(^^)
お母さんに頼まれて、蘭たちは雪山に雪女の取材にやってきました。そこで蘭たちは、雪女ならぬ雪少女と出会うことになるのでした。

冒頭はいきなり蘭たちのスキーの場面から。翠は華麗なスノボテクニックを披露します。意外と翠は運動神経がいいんだなあと思ったら、超能力を使ってずるしていたのでした。(^^;
蘭たちは締め切りに追われて取材に出かけられないお母さんに代わって、雪女が出るという村に取材に来ていました。

村の土産物屋で話を聞くと、どうやら目撃されているのは雪女ではなく、雪少女のようです。それも人を襲ったりするのではなく、道に迷った人を助けてくれたりしているようです。
そんな時、例によって蘭が不思議な声を聞きました。その声は、のんちゃんという少女を探しているようです。

その声が気になるまま眠りについた蘭は、のんちゃんという少女が現れる夢を見ました。どうやらのんちゃんは、昔このあたりで誰かを助けたことがあるようです。夢の内容が気になった蘭は、翠と一緒に夜の散歩に繰り出したのでした。

すると夜中にも関わらず、森の中に誰かいます。それは典子という東京からやって来た女性でした。
彼女は幼い頃にこのあたりの別荘で過ごしたことがあるらしいのですが、最近このあたりの夢を頻繁に見て、気になって現地を訪れにきたのでした。

典子と出会った蘭が、さっそく誰かのテレパシーをとらえました。それは真っ白な着物を着た幼い少女でした。その子の声に導かれるまま後を追いかけた蘭たちは、突然雪崩に巻き込まれてしまいました。雪崩の力は凄まじく、蘭と翠が力を合わせても防ぎきるのは苦しそうです。そこに、その少女が突然現れて、力を貸してくれたのでした。

その少女は、典子=のんちゃんが幼い頃に助けた子狐が姿を変えたものでした。典子は傷ついた子狐を助けてあげたのですが、その時にお母さんの形見のペンダントをなくしてしまっていたのです。
典子と別れた後、子狐はそのペンダントを探し出してくれたのです。そしてそれを典子に返したくて、ずっとテレパシーで典子を呼び続けていたのでした。

今回も、前回と同じくほろっとさせられるいいお話でした。お母さんのペンダントを失っても子狐を助けた典子と、子狐の絆がいい感じでした。
ただちょっと突っ込みを入れたくなったのは、典子が東京に帰る時子狐は置き去りにしちゃったんですね。(^^;
自宅に連れて行けないなら、せめて代わりに世話してくれる人を探してあげるとかできなかったのでしょうか。可愛がるだけ可愛がって捨ててゆくのは、ちょっと無責任な気がしました。