日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


グイン・サーガ第5巻、「辺境の王者」を読み終えました。この第5巻は、第1部辺境篇の完結篇でもありました。

ラゴンの捕虜となったグインは、ラゴンの指導者である2人、勇者ドードーと賢者カーの前へと引き出されました。そこでグインは、自分は彼らの神の使いであると言い放ちました。そして、それを証明するために、勇者ドードーと戦うことになってしまったのでした。

その戦いの最中、グインはラゴンの地へやって来るまでに手に入れていた不思議な棒を手にします。
それを見たラゴンたちは、たちまちグインを神の使いであると信じて、彼と共にモンゴールと戦うことを誓ったのでした。

しかしその頃、セム族の潜むオアシスには危機が訪れていました。アムネリスの放った偵察隊によって、セム族の本拠地が知られてしまったのです。これまでとは逆に、夜の闇をついてモンゴール軍がセム族に襲いかかります。
持ち前の察知能力で1人難を逃れたイシュトヴァーンでしたが、戦いの中リンダとレムスは再びモンゴールの手に落ち、囚われの身となってしまったのでした。

これまでの鬱憤を晴らすかのように、セム族を追ってモンゴールの執拗な虐殺が続きます。大きな被害を出したセム族は、モンゴールに追われてグインの向かった狗頭山の方向へと逃げのびたのでした。しかし、それすらもモンゴール軍の罠でした。狭い岩場へセム族を追い込んで、彼らを殲滅しようとしていたのでした。

体勢を立て直す前に再びモンゴールの奇襲を受け、セム族の運命もここに尽きるかと思われました。
そんな時、狗頭山を貫く鍾乳洞を抜けて、ラゴンを引き連れたグインがようやく現れたのでした。
ラゴンの奇襲を受け、モンゴール軍は敗走しました。その混乱に乗じて、イシュトヴァーンはリンダとレムスを救い出すことに成功しました。そして、セムとラゴンの共同部隊は、モンゴール軍をノスフェラスから追い出すことに成功したのでした。

今回も前巻と同様、モンゴール軍とセム族が激しい戦いを繰り広げました。グインの予見したとおり、セム族たちが次々と虐殺されてゆく場面では、いつになったらグインが援軍を引き連れて現れるのかハラハラしました。

今回で、一応ノスフェラスを舞台とした戦いは終わるようですが、次巻以降どんな展開が待っているのか楽しみです。(^^)
暇をもてあましたハルヒが、町内の野球大会に出場すると言い出しました。

前回の事件以来、平和な日々が続いていました。しかし、再びハルヒがそれをかき乱したのでした。
なんと突然SOS団が町内野球大会に出場すると言い出したのです。そこで優勝して、SOS団の名前を世間に広めることが目的らしいです。

しかし、SOS団のメンバーは5人。足りない人間をどうするのかと思ったら、適当に調達することにしたようです。結局、キョンやみくるの知り合いをメンバーとして加えることになってしまいました。
試合に出場するとなったら、早速練習です。ハルヒはいつもの傍若無人さを発揮して、いきなり野球部の練習していたグラウンドを奪い取ったのでした。

そして、試合当日。参加したメンバーはSOS団の他は、キョンの友人の谷口に国木田、そしてみくるの友人の鶴屋さん。そして、小学5年生のキョンの妹です。
そんな彼らの対戦相手は、優勝候補の大学生チーム。そんなチームを相手に、寄せ集めのチームがかなうわけがありません。あっという間にSOS団は大差をつけられてコールド負けの危機です。

しかし、そんな状況にハルヒの機嫌が悪くなっていました。イライラが募ったことが原因で、前回発生したような閉鎖空間が生まれかけていました。やむなくキョンは、状況を打破するために、有希の力を借りることにしたのでした。
そのおかげで試合には勝利しましたが、さすがにこれ以上は戦えないということで、SOS団は2回戦への参加を棄権したのでした。

今回笑ったのは、有希の能力と行動でした。情報統合思念体の能力を利用すれば、どんなイカサマでもやりたい放題なんですね。しかし、本人は積極的に物事と関わる気がないようで、千本ノックをした時も、自分に当たるボールだけを的確にキャッチしていましたね。(^^;

それから、今回のみくるはナース姿とチアガール姿でサービスです。こちらは、本当に毎度毎度お疲れ様ですと言いたくなりますね。(笑)