日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


死の婚礼―グイン・サーガ(10)グイン・サーガ第10巻、「死の婚礼」を読み終えました。第6巻から続いてきた陰謀篇も、今回でいよいよ終了です。

この巻では、グインたちの出番はなく、ナリスとアムネリスの婚礼の様子、そしてその背後で蠢く数々の陰謀が描かれました。その中でも、最も悲惨だったのはヴァレリウスに操られて、ナリスを暗殺させられたアストリアスでした。
彼は毒の塗られた剣を持たされて、婚礼の場へと潜り込みました。そして、ナリスとアムネリスの婚礼の誓いが署名されようとしたその時、ナリスに斬りかかったのです。その剣には、体を腐らせてしまう恐ろしいダルブラの毒が塗られていたのでした。

しかし、リーナス伯とヴァレリウスの計画では、その剣に塗られているのはナリスを一時的に仮死状態にする毒のはずでした。彼らはナリスが殺された混乱に乗じて、クリスタルに反乱勢力をまとめて一気にモンゴールに対抗しようとしていたのでした。
ところが、この計画に何者かが横槍を入れてきたのです。

アストリアスは捕らわれて、以前ナリスが拷問されていたランズベール塔で激しい拷問を受けることになりました。しかし、操られて行動していたアストリアスが口を割るはずもなく、そこにはモンゴールの白騎士と黒騎士の対立という火種が残されたのでした。

ナリスを失い、心からナリスに心酔していたアムネリスは心が壊れてしまったかのようでした。そんな彼女の本来の弱さに気がついて、アムネリスを支えてくれたのは、侍女のフロリーだったのでした。
ようやく元気を取り戻したアムネリスの元に、弟であるミアイル公子が殺されたという知らせが届きます。そこでアムネリスは、急遽モンゴールへと引き返すことになったのでした。

陰謀の犠牲になって死んだかと思われたナリスでしたが、このしたたか者が簡単に死ぬはずもなく、次女の姿に身を変えて生き延びていました。彼はアストリアスを牢獄から救い出しましたが、まだ彼を利用するつもりなのでしょうか!?
ともあれ、表面的にはナリスは死亡して、パロとモンゴールの統合はならず、ミアイル公子の死でケイロニアとモンゴールの関係も危うくなっています。周辺からはスカールとベックの率いる軍勢も近づいていますし、パロと同盟関係にある沿岸諸国も動き始めました。パロの占領から一転、モンゴールに危機が近づいているようですね。

作者はお気に入りのキャラだったようですが、ナリスは本当に黒いですね。魔導士を駆使して、何手も先まで相手の動きを見透かし、もしかしたら黒竜戦役でのモンゴールのパロ奇襲成功の裏には、ナリスの手引きがあったのでは!?と疑いたくなりました。
エドの義手を直すために、ウィンリィがやって来ました。そしてアルは、前回感じた不安をとうとうエドにぶつけてしまったのでした。

これまでそれなりに面白くはあるのですが、今ひとつ物足りないところがある作品でしたが、今回のエピソードはエド、アル、ウィンリィの気持ちがうまく描かれていて、とてもよかったです。(^^)

壊れたエドの義手を直すために、ウィンリィが呼び出されました。ウィンリィはヒューズ中佐のところにやっかいになりながら、エドの義手のメンテに通うことになりました。
そんな中、アルは自分の心が作られたものではないかという疑問を、とうとうエドの前で口走ってしまいました。アルはエドが以前言った、どうしてもアルに聞けないことがあるという言葉がひっかかっていたのです。

その言葉を聞いて、エドは病室から飛び出してしまいました。取り残されたアルを、ウィンリィはスパナで殴りつけました。(^^;
そして、ウィンリィはエドの本当の思いをアルに伝えたのでした。アルの魂を鎧に定着されたあの日、エドはそんな体にした自分をアルが恨んでいるのではないかと怯えていたのでした。

そんなウィンリィの言葉を聞いて、ようやくアルは自分が最も信じている人を傷つけてしまったことを知りました。そして、自分を鎧の体であるとはいえ、生きながらえさせるためにエドがどんな代償を支払ったかということを・・・。

揺らぎかけたエドとアルの絆でしたが、ウィンリィのおかげで、より強く絆が結ばれたようですね。
そして、エドたちは何かあった時は、自分たちだけで突っ走らずに、周囲の大人を頼ることも学んだのではないかと思います。

最後はちょっとスカーが登場しました。ラストとグラトニーに襲われたスカーですが、同じイシュバールの民によって生きながらえていました。スカーの過去にも、何か壮絶なものがありそうですね。
いよいよ一軍とプレハブ組の試合が開始されました。

校長代理を相手に、一軍監督の大門は余裕の表情です。最初からエースが登板したのでは、一軍の守備を見せられないからと、マウンドにはなんと千田があがったのでした。
千田相手なら、不良先輩3人組も活躍できるかと思いきや、一軍昇格を目指して力が入りすぎて、凡打に終わります。

しかし、赤石の計算通り光が打席に立ってからは、プレハブ組が優勢に試合を進めることになるのでした。月島のバッティングセンターでトレーニングに励んでいたとはいえ、いきなり光がホームランを打ったのには驚かされました。

そして、いよいよ光と東の対決です。青葉の話では、東を打ち取れるピッチャーは全国にもそういないという話ですが、そんな東にいきなり光はど真ん中勝負を挑むのでした。それを東は、あっさり場外ホームランにしてみせます。やはり一軍の中でも、東の実力はずば抜けているようですね。

今回笑ったのは、千田の扱いでした。プレハブ組相手に使い物にならないとわかると、あっさりと試合中にも関わらずプレハブ組に降格されてしまいました。今までプレハブ組相手に威張りまくっていたのに、何事もなかったかのようにショートの守備に入っていたのは千田らしいですね。(^^;
そして、プレハブ組の監督が言ったように、目立ちたがり屋でフットワークが軽く、肩のいい千田は、ショートに最適だったようです。

思わぬプレハブ組の快進撃に、校長代理から責任を問われそうな大門ですが、このままあっさり一軍が負けてくれることはなさそうですね。まだ3回しか投げていないのに、光はもうばててしまったようです。もしかしてして、光は持久力に難があるのでしょうか!?
プリキュアたちが、もうすぐ手術をする千香ちゃんを励ましてあげるお話でした。

前回ブルンを手に入れた美希ですが、ブルンの特殊能力はシフォンにいろんな衣装を着せられることでした。モデル志望の美希らしい力ですが、シフォンを着替えさせて3人が喜ぶくらいしか使い道がない能力ですね。(^^;

そんな時、美希は弟の和希が倒れて病院に運び込まれたと知りました。慌てて病院へ駆けつけた美希たちでしたが、幸い和希は軽い貧血だったようでたいしたことはありませんでした。しかし、ラブたちはそこでぬいぐるみのふりをしているシフォンに興味津々な千香ちゃんという女の子と出会ったのでした。

その頃、ウエスターは大いに悩んでいました。プリキュアたちとの戦闘の様子が雑誌に取り上げられていたのですが、彼はほんのちょっぴりしか写っていなかったのです。(^^;
雑誌でも大々的に取り上げられたりして、今やプリキュアたちは子供たちに大人気のようです。それを利用してFUKOのゲージをあげる作戦を、イース様やサウラーがウエスターに仄めかしました。
でも、ウエスターは具体的にどうしたらいいのかすぐには思いつかなかったようですね。相変わらずウエスターはお笑い担当としてがんばってますね。(笑)

千香ちゃんは、プリキュアの大ファンでした。雑誌などに紹介されたプリキュアの写真を集めて、アルバムにしている程です。・・・プリキュアの正体は秘密なのに、いつの間にかこんなに写真に撮られていたんですね。(^^;
そんな千香ちゃんですが、もうすぐ手術を受けることになっていました。手術を怖がる千香ちゃんでしたが、プリキュアに励ましてもらいたくて手紙を出していました。しかし、千香ちゃんのお母さんは、それをどこに送ったらいいのか、途方に暮れていたのでした。

そんな千香ちゃんを励ますために、ラブたちはプリキュアの姿で千香ちゃんの前に現れることにしました。おまけにプレゼントとして、千香ちゃんへの励ましのメッセージを書いた色紙まで用意しました。
しかし、プリキュアたちが千香ちゃんのところに向かう途中で、ウエスターが召喚したナケワメーケが現れてしまいました。

今回のナケワメーケは、東京タワーという巨大ナケワメーケでした。プリキュアとの戦いをテレビで放送して、プリキュアが倒されるのを見た子供たちが嘆くのを利用してFUKOのゲージを増やそうというのです。
今までにない巨大な敵に苦戦するプリキュアでしたが、自分たちの戦いが子供たちに見られていると知って励まされました。応援してくれている子供たちのためにも、負けるわけにはいきません。

ベリーのキュアスティックが加わったことで、今回は3人揃った必殺技が披露されました。その圧倒的な力で、あっという間にナケワメーケは退治されてしまったのでした。そしてプリキュアたちは、手術前の千香ちゃんに顔を見せてあげることができました。そのおかげで、千香ちゃんは無事に手術を終えることができたのでした。

今回は「ふたりはプリキュア Splash Star」の時にもあった、青山充さんの1人原画でした。SSの時もそうでしたが、青山さんが1人で原画を担当される回はお話のクオリティが高いですね。
そして、SS8話でもそうでしたが、今回も千香ちゃんの表情が生き生きと描かれていてよかったです。

しかし、今回のシリーズではプリキュアの存在が広く世間に知られているんですね。(^^;
テレビの前で子供たちが戦うプリキュアを応援している場面や、必殺技を放つプリキュアを真似して千香ちゃんがキュアスティックのように棒をくるくる回す場面が可愛かったです。

次回は久しぶりのイース様回です。今回もウエスターをさげずんだ目つきが最高でしたが^^;、次回はどんな表情を見せてくれるのか楽しみです。そして、いよいよ4人目登場が近いようですね。その姿はまるでミユキさんの後ろ姿ようです。果たして4人目の正体は誰なのでしょうか!?(笑)
ついにサイヤ人が地球へとやって来ました。

東の都へと到着したベジータとナッパでしたが、ナッパのちょっとした挨拶で東の都は壊滅してしまいました。そんな彼らが次に目指したのは、ドラゴンボールの情報を知っているピッコロを探し出すことでした。彼らはスカウターを使って、ピッコロと悟飯の元へとやって来たのでした。

ベジータとナッパがピッコロと出会ったことで、意外な事実が明らかになりました。なんとピッコロ(と神様は)は、地球人ではなくナメック星人だったのでした。神様のくせに、自分がナメック星人だと知らなかった神様がダメすぎるような気もしますが^^;、そのおかげでピッコロは自分の正体を知ることができたのでした。

いきなりベジータとナッパとの戦いになるかと思いきや、余裕の2人は6匹の栽培マンを生み出しました。栽培マンがピッコロたちに襲いかかった時、クリリンや天津飯、餃子、そしてヤムチャが集結したのでした。

それを見たベジータは、ゲームをしようと言い出しました。栽培マンと地球の戦士を1人ずつ戦わせようというのです。最初は、天津飯が栽培マンに挑みました。栽培マンは、戦闘力1200ということでラディッツに近い戦闘力を持っているようですが、それをあっさりと天津飯は倒してしまいました。

次はクリリンが戦おうとしましたが、それをヤムチャが止めました。ドラゴンボールで一度蘇っているクリリンは、もし戦いで命を落としても蘇ることができません。そこでヤムチャが先に戦うことにしたのです。

そんなヤムチャの悪い予感が当たってしまいました。栽培マンを倒したと思ったら、なんとその栽培マンは自爆してヤムチャもろとも吹き飛んだのでした。(;_;)
まだベジータやナッパが戦ってさえいないのに、もう1人の戦士が死んでしまいました。これから先の壮絶な展開を予想させる凄まじい展開でした。
前回の戦いから数ヶ月。甲児はマジンガーを操って、あしゅら男爵の機械獣と戦い続けています。

マジンガーは圧倒的な強さで、迫り来る機械獣を倒していました。しかし、それはアフロダイAやマジンガー軍団との連携を無視した、甲児のスタンドプレイだったのでした。さやかはそんな状況に危機感を持ちつつも、機械獣に対する有効手段がマジンガー以外にないことから甲児の暴走を止めることができませんでした。

度重なる失敗に、あしゅら男爵はDr.ヘルから激しい制裁を受けます。このままでは自分の立場が危うくなると悟ったあしゅら男爵は、今までにない規模の機械獣と自らの娘たちを戦いに参加させたのでした。
しかし、そんなあしゅら男爵の暴走も、Dr.ヘルやブロッケン伯爵の思惑通りだったようですね。

一方、甲児はいつまでたってもバードス島の位置を教えてくれない女将に苛立っていました。女将は、今のようなマジンガーの武器に頼った戦い方では、甲児がバードス島へ行っても勝ち目はないというのです。
それでも食い下がる甲児に、女将は1つの課題を与えました。くろがね屋の仲居をしている菊ノ助婆さんの肩を叩くことができたら、マジンガーで出撃してもいいというのです。

甲児は何度も菊ノ助婆さんに挑みますが、抜きん出た技量の持ち主ばかりのくろがね屋でも菊ノ助婆さんは一番の技量の持ち主だったのでした。最初は簡単に考えていた甲児でしたが、軽やかな婆さんの体術に手も足も出ません。

そんな時、あしゅら男爵の引き連れた複数の機械獣が日本に襲いかかってきました。機械獣は各地に分散して、東京、大阪、名古屋とそれぞれの都市で暴れ回っています。それを止めるために甲児は出撃しようとしますが、女将はそれを許しませんでした。

さらに、くろがね屋にはあしゅら男爵の放った刺客・ガミアQ3が甲児の命を狙って迫っていました。
この危機に甲児は、どう立ち向かうのでしょうか!? そして、くろがね屋にずっと滞在していたボスたちに女将が依頼した仕事とは何なのでしょうか!?