日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


チャイカたちが、ガズ帝国の復興を目指す集団と出会うお話でした。

旅を続けていたチャイカたちは、怪しげな一団に呼び止められました。彼らはガズ帝国を復興しようとしている一団だと名乗りました。そして、彼らの中には偽のチャイカまでいたのでした。(^^; 今度は黄チャイカですか。(笑)

トールたちは、旅芸人の一団だと名乗ってその場を切り抜けようとしました。そしてトールたちは、彼らが実は山賊だということを知るのでした。彼らは近隣の村を荒らしては、金目のものを奪い取っているようです。そんな時、チャイカを名乗っていた少女ユリアが兵士に捕らえられてしまいました。

ユリアを救うために、チャイカたちは力を貸すのでした。そのおかげで、無事にユリアは救出されたのでした。ユリアたちは、こんなことはそう長く続けられないことは承知していました。しかし、ガズ帝国がなくなった今、彼らには目的がないのでした。チャイカと出会ったことで、彼らは本気で帝国の復興に動き出しそうです。

一方、ジレットはガズ皇帝について調べていました。しかし、六カ国連合が押収した資料の中にも、詳しい皇帝の資料は残っていなかったのでした。現在、この世界で使われている魔法技術のほとんどは、ガズ皇帝が作り出したものなのだそうです。非人間的な人体実験も行っていたようですが、本当にガズ皇帝は悪人だったのでしょうか!?
エスカたちが、みんなで温泉に行くお話でした!

ウィルベルは、修行の状況を報告してないことを大婆様から責められていました。それを解決するために、ウィルベルはある作戦を思いついたのでした。ちょうどその頃、エスカたちはすべての仕事を片付けて手が空いていました。ゆっくり休養をとろうとしたところに、ウィルベルが温泉に行こうと誘いに来たのでした。

最初はマリオンは乗り気ではありませんでしたが、ウィルベルが温泉には若返りの効能もあると教えられて、一気にやる気になりました。こうしてエスカとロジー、ルシル、マリオン、リンカ、ウィルベルとニオ、アウィンはみんなで気球に乗って出かけたのでした。

ようやく温泉までたどり着いたと思ったら、ウィルベルの目的が明らかになりました。ウィルベルは、この地にいる火の王の精霊を従えようとしていたのでした。しかし、火の王はとても不機嫌で、エスカたちを攻撃してきたのでした。どうしたのかと思ったら、かって人間が火の王をたたえるために奉った宝玉が何者かの手によって奪い去られていたのでした。

火の王をなだめるために、エスカはウィルベルに教えられて錬金術で宝玉を作ることにしたのでした。無事に宝玉が完成して、火の王も穏やかになりました。そしてウィルベルは、いつか自分1人の力で火の王と契約してみせると決意したのでした。

今回は温泉回だったせいか、温泉以外の場面では手抜きが目立ちましたね。(^^;
Logitec ポータブルDVDドライブ ネイティブドライブ採用 書込みソフト付属 アルミデザイン ブラック LDR-PMH8U2LBK新しく買ったiMacには、DVDドライブが内蔵されていません。利用頻度が低かったので、なければなくてもいいと思いましたが、いざという時にドライブがないと困るので、持ち運びもできるポータブルDVDドライブを購入しました。

DVDにするか、いっそのことBlu-rayにするか迷いましたが、MacでBlu-rayを使うことは今のところ全くないので、割安なDVDドライブにしました。お店に行って調べたら、USB2.0の製品とUSB3.0に対応した製品がありました。規格的に考えたらUSB3.0の方が速いですが、パソコンからDVDドライブへの転送速度を考えると、8倍速くらいなら2.0で十分だと思いましたので、割安な2.0対応モデルを買ってきました。

購入したのはロジテックの製品です。お値段3,000円くらいとあまりに安かったので、信頼性にちょっと不安がありましたが、iMacと接続するとDVDの読み込み、書き込みともに全く問題ありませんでした。動作音も、前のiMacに内蔵されていたDVDドライブよりも静かでいい感じです。

ということで、iMacを買い換えてからのバタバタした日々も、ようやく終わりそうです。(^^;
2014.05.29 23:08 | Mac | トラックバック(0) | コメント(0) | .
今回の主役は、ダブルエムの夏樹みくるです!

衝撃的なデビュー以来、ダブルエムは大人気です。そのため、美月とみくるは大忙しです。そして発表されたアイカツランキングで、ダブルエムは見事ユニット部門の第1位に輝いたのでした。そして、個人部門では美月は1位です。しかし、みくるは21位とまだまだ人気を獲得できていません。

そこで美月は、みくるに試練を与えました。アイカツランキングの個人部門で、10位以内に入ってみせろというのです。いろいろ考えたみくるは、単独でライブをすることを思いつきました。しかし、ダブルエムとしての活動だけでも忙しいのに、この他にみくるは単独ライブの準備、ガーデニングショップの経営と、たくさんの仕事を抱えています。しかしそれでも、みくるはこの試練を受けることにしたのでした。

ライブを成功させるには、プレミアムドレスが必要だという美月のアドバイスがありました。しかし、みくるの愛用しているヴィヴィッドキスのデザイナー・KAYOKOさんは今アメリカにいて連絡を取ることができません。それでもみくるは、単独ライブの準備を進めるのでした。そんなみくるを、美月は陰からサポートして、KAYOKOに内緒で連絡をつけたのでした。

単独でライブをすると決めて、初めてみくるは今までの自分がどれだけ美月に助けられていたかを知りました。そして、そんな美月に負けないためにも、もっともっとがんばろうと思うのでした。そんな時、ガーデニングショップの経営に金色のミラクルフラワーを欲しいという依頼が入りました。金色のミラクルフラワーは、他の花に比べて、育てるのにとても手間がかかります。それでもみくるは、あえてこの試練に挑戦することにしたのでした。

みくるは必死でがんばりました。しかしテレビの収録が長引いて、予定していた時間にミラクルフラワーに水をあげることができませんでした。そのことをお詫びしようと、みくるは注文主のところに訪れました。するとそれは、KAYOKOさんだったのでした。みくるは、KAYOKOさんに金色に咲かせられなかったことを謝りました。しかしKAYOKOさんは、虹色に咲いたミラクルフラワーを見て、その花がとても大切に育てられたことを理解してくれたのでした。そして、みくるはKAYOKOさんからプレミアムドレスをもらうことができたのでした。

そして、いよいよ単独ライブの日がやってきました。みくるはすばらしいステージを繰り広げて、お客さんたちを笑顔にしました。その甲斐あって、みくるはアイカツランキングの個人部門で10位以内に入ったのでした。そして、美月はみくるにダブルエムの大きな目的を明かしました。それはなんと、伝説のアイドル・マスカレードを抜くことだったのでした!

今回は、いちごたちは完全に脇役で、みくるがメインのお話でした。それにしても、美月は本当に試練が好きですよね。(^^;
ダブルエムと平行して単独ライブをするのはいいとして、ガーデニングショップは他の人に任せてもいいんじゃないかと思いました。・・・っていうか、これだけの有名人がお店をやっていたら、ファンが詰めかけてきて収拾がつかなくなりそうな・・・。(笑)
つぐみが、アーニャとめめのどちらをパートナーにするか、決断を迫られるお話でした。

魔女に操られたエターナルフェザー先輩は、病院へと運ばれました。衝撃的な場面を目にして気絶していたつぐみは、アーニャの膝枕で目覚めたのでした。エターナルフェザー先輩の治療をしているのは、シュタイン博士でした。医者としての腕の良さをシド先生から買われたからです。そのおかげで、エターナルフェザー先輩は一命を取り留めたのでした。・・・つぐみたちを驚かす仕掛けはいろいろと用意されていましたが。(^^;

幸い、エターナルフェザー先輩は事件の記憶は全くありませんでした。しかし、エターナルフェザー先輩の体を詳細に調べたシュタイン博士は、彼女が何者かに操られた可能性があることを指摘したのでした。このまま魔女とつぐみたちの戦いになるとちょっと嫌だな〜と思いましたが、物語は再びつぐみたちの日常に戻りました。

季節は暑い夏を迎えていました。そんな中、ジャクリーンが落ち込んでいます。どうしたのかと思えば、しばらく距離を置きたいとキムから言われたというのです。パートナー解消かと思いきや、どうやらそんなに深刻な問題ではなく、感情が高ぶると炎を出すジャクリーンの体質が原因みたいです。

そして、つぐみは1人で武器としての修行を続けています。これまでの経験が、つぐみに武器としての自覚を促したのでした。自分が武器として、もっとしっかりしていればアーニャたちを守ることができたとつぐみは考えていたのです。しかし、アーニャたちは、そんなつぐみの甘い考えをあっさり打ち砕きました。強くなるのは、そんなに一朝一夕でできるものではないのです。

そしてつぐみは、ハロウィンまでにアーニャかめめのどちらかをパートナーにするか選ぶことになりました。女の子3人で、和気藹々とやっている関係があってもいいと思うのですが^^;、つぐみはアーニャとめめのどちらを選ぶことになるのでしょうか!?

つぐみが特訓している場面は、なんだかベストキッドを思い出しました。それにしてもつぐみは、アーニャといいめめといい、いい友達に恵まれましたね。単なる仲良しなのではなく、本気でつぐみが悩んでいる時には、あえて厳しいことも言ってくれる友達なんてなかなかいませんからね。
機龍警察 未亡旅団月村了衛さんの機龍警察シリーズ・第4弾、「機龍警察 未亡旅団」を読み終えました。

5月のゴールデンウィークを前に、警察はある難題を抱え込んでいました。チェチェン紛争で家族を失った女性のみで構成されたテロ組織「黒い未亡人」が日本で活動を開始しようとしていたのです。その前哨戦として、警察は別件の捜査中に彼女たちと接触。交戦状態に陥ったのでした。彼女たちの戦い方は、自ら死ぬことをいとわず自爆するものでした。そのために、警察官だけでなく、近隣の住民にも被害が出たのでした。

そんな中、特捜部の捜査員・由起谷は、偶然その構成員である少女カティアと知り合いました。容疑者として確保されたカティアから情報を引き出そうと、由起谷の必死の尋問が始まるのでした。最初はかたくなだったカティアでしたが、自らの過去の痛みをカティアの前にさらけ出す由起谷に、カティアはずっと以前から心の中に引っかかっていた痛みを思い出すのでした。

それと平行して、特捜部の理事官である城木は、警察内部に潜む「敵」の正体に迫ることになりました。それはなんと、彼の実の兄・亮太郎と彼の父が絡んでいたのでした。そんな中、城木はカティアの証言から、亮太郎と「黒い未亡人」のリーダーであるシーラとの間に、過去に関わりがあったことを知るのでした。

そして警察に協力することにしたカティアは、黒い未亡人の攻撃目標を明かしました。その上で、少しでも多くの仲間を救うために、カティアは自らスパイとなって黒い未亡人の動向を伝える役を買って出るのでした。
沖津に率いられた特捜部は、テロを阻止することができるのか。そして、亮太郎とシーラの関わりとは何だったのか。謎とアクションがいい感じでミックスされて、物語はクライマックスを迎えるのでした。

第1作からハイクオリティだったこのシリーズですが、第4弾となる今作も期待を裏切らないできでした。内容的に衝撃的だったのは、チェチェンで行われているさまざまな非道な行為でした。特にテロの制圧という名目で、徹底的にチェチェン人を追い詰めるロシアのやり方には吐き気がしました。
テロリストの犯罪は許されることではありません。しかし、国家を後ろ盾にしてそれ以上の非道を行っている者たちは、それ以上に許されない存在だと思いました。
祐樹たち4人が、海へ行くお話でした。

夏休み、祐樹は香織と楽しい毎日を過ごしていました。そんなとき、突然香織が海に行きたいと言い出しました。実は祐樹も前から一緒に海に行きたかったのですが、なかなか香織に言い出せなかったのでした。てっきり2人だけでかと思ったら、やっぱり桐生と沙希も一緒でした。(^^;

でも祐樹と香織は、沙希の連絡先を知りません。そこで祐樹は、桐生に頼んで沙希に連絡してもらうことにしたのでした。桐生は祐樹たちにつきあうだけでもたいへんなのに、沙希にモーニングコールまで頼まれて本当にご苦労様です。

こうして、祐樹たちは海へと向かいました。電車の中でも楽しく過ごし、ようやく海に着いたと思ったら、雨が降っていて泳ぐことはできません。・・・この作品で水着回か〜と思っていたのですが^^;、思いっきり拍子抜けしてしまいました。作品の雰囲気的に、水着回は似合わないと承知しているものの、香織と沙希の水着姿が見られなかったのはやっぱり残念でした。(笑)

意外だったのは、ぼんやりしている感じの沙希が恋愛関係には敏感だということです。桐生も祐樹に気を遣って、香織と2人きりになれる時間を作ってくれたりして、本当にいい友達ですね。こうなると、祐樹がいつ香織に告白するのかが楽しみになってきました。香織も一応、祐樹が他の女の子と仲良くしているとモヤモヤしているみたいなので、着実に関係は深まっているとは思うのですが・・・。

こうして、祐樹と香織にとって大切な思い出の1日がまたできました。夏休みはまだ続くようですので、せめて香織の浴衣姿は見たいなあ。(^^;

そうそう。本編の最後で北海道から引っ越してきた男の子がいましたが、彼は何者なのでしょうか!?
APPLE iMac 21.5/2.9GHz Quad Core i5/8GB/1TB/NVIDIA GT 750M ME087J/A今メインで使っているiMacは、今年で購入して5年目に入りました。買った当時と比べると、OSだけでも Snow Leopard → Lion → Mountain Lion → Mavericksと変化しています。ちょっとWebを見たり、軽い作業ならこれでも十分なのですが、このところプログラミングしたり、Adobeのグラフィック系のツールを使ったりと、重い処理をすることも多くなりました。そこで思い切って、新しいiMacに買い換えてしまいました。(^^;

iMacは5〜6月に新型が出るという噂もあったので迷いましたが、今回もCPUの変更などのマイナーチェンジではないかと予想しましたので、それなら買ってすぐに新モデルが出てもいいかと割り切って、現在発売されているモデルを購入しました。

購入したのは、モニタサイズが21.5インチのタイプです。21.5インチモデルには、グラフィックにIntelのIris Proを使うものと、NVIDIA GeForce GT 750Mのものとの2種類がありました。最初は安いIris Proモデルにしようかと思いましたが、この先グラフィック系の処理をすることが増えるかもしれないと思い、GeForce GT 750Mが搭載された方にしました。

で、早速これまで使っていたデータをコピーしたり、必要なソフトをインストールしたりして、新しいiMacの環境を整えました。音楽データや写真データのコピーに時間がかかったので、結局一通りのセットアップが終わるまでに半日くらいかかりました。これまで使っていたiMacの初期化も平行してやっていたので、けっこうたいへんでした。(^^;

そして、ようやく環境が整いました。以前はブラウザのブックマークの移動とか面倒でしたが、今ではiCloudを使えばシステムが勝手にやってくれるので便利ですね。ついでに古いiMacから新しいiMacへのデータ移行に、移行アシスタントを使おうと思ったのですが、なぜかファイルの転送が行えず、手作業でファイルをコピーすることになりました。移行アシスタントを使うと、いらない設定ファイルなどもコピーされてしまうようなので、結果的にはこれでよかったのかもしれませんが、せっかくのツールが使えないのはもったいないなあ。

マシンパワーも上がり、メモリも増えて、グラフィックも高速になったので、すべての作業が今までよりキビキビと反応してくれて気持ちいいです。試しにUNIX系のツールをコンパイルしてみたら、予想外に早くコンパイルが終わって驚きました。

日本語入力は、最初は「ことえり」を使っていましたが、やっぱり使い慣れたATOKの方がいいと、ATOKを入れました。使っているバージョンが、ATOK 2011とかなり古いのですが(しかも、今年の夏くらいでサポートが切れるらしい)、6月に2014が発売される予定になっているので、できればこちらに買い換えたいですね。

というわけで、今までお世話になったiMacさん、ありがとうございました。そして、新しいiMacさん、これからよろしくお願いします。
2014.05.28 15:42 | Mac | トラックバック(0) | コメント(2) | .
バルド将軍の部隊と、ボルキュス将軍の部隊が激突するお話でした。

前線では、バルド将軍とボルキュス将軍の戦いが始まろうとしていました。ボルキュス将軍は、自分の周りには少数の兵力だけを残して、残りを左右に分割して挟撃させようとしていました。あまりに無防備な敵の将軍に、エルザは少数部隊で突撃をかけました。しかし、そんなエルザたちをボルキュス将軍とその精鋭はあっという間に粉砕したのでした。

クリシュナの兵を恐れさせるため、ボルキュス将軍はあえてエルザのゴーレムをさらし者にしました。それを見たバルド将軍は、エルザの敵をとると兵士たちを激励して、ボルキュス将軍の元へと突撃を開始したのでした。しかし、その動きは左右の部隊に把握されて、周囲を敵に囲まれてバルド将軍の部隊は苦戦します。

そこへ重装甲に身を固めたライガットが、敵の一角を崩しました。ライガット1人の前に、敵は次々と倒れていきます。しかし、いくら重装甲とはいえ、いつまでも持ちません。そこでライガットは、装甲をパージして敵部隊から逃れたのでした。

さらに、別方面ではナルヴィに率いられた部隊が攻撃をかけようとしていました。しかし、戦いを前に急にジルグがへたれました。なんと、実戦は初めてだから怖いというのです。仕方なくナルヴィは、ジルグ抜きで攻撃を開始しました。しかし、突入のタイミングがわずかに遅れて、敵は撤退を始めたところでした。

ボルキュス将軍の部隊が撤退していくところに、1台のゴーレムが現れました。なんと、先ほどまでへたれていたジルグです。ジルグは、へたれたふりをしてナルヴィたちから離れて、単騎でボルキュス将軍を狙っていたのでした。そのすさまじい操縦技術に、さすがのボルキュス将軍の精鋭も翻弄されます。
この戦い、勝のはどっちなのでしょうか!?
新たなデザイナーズチャイルド、ジンが登場するお話でした。

ピッツが新たなマシングッドフェローの出現を予知しました。それに対応するため、ダイチたちは東京へと向かったのでした。アカリが遠足気分だったり^^;、若干不安もありましたが、ダイチたちはカジノへと潜り込みました。本当は未成年は入れないらしいですが、アカリが裏でいろいろ工作して支配人に見学を了承させたのでした。

そこでダイチたちは、ジンという少年と出会いました。彼は自分がデザイナーズチャイルドだということを知りません。そして、ジンは今の自分に物足りないものを感じていたのでした。せっかく学校時代の女友達が訪ねてきてくれたのに、ジンはあまりうれしそうではありません。それは彼女の存在が、面白くない経験を思い出させるからでした。

学生時代から、ジンは周囲から浮いた存在だったようです。そんなジンに、ある友人が声をかけてくれました。彼に誘われてカメラを貸してもらったジンでしたが、ジンが撮った写真がコンテストでグランプリを取ってしまいました。すると、その友人はジンにその写真を自分が撮ったことにしてくれと頼み込んだのでした。こうしてジンは、再び面白くない生活に戻ったのでした。

そんなジンの現在の仕事は、カジノのディーラーでした。彼は自由にルーレットの目を出すことができるので、カジノでも重宝されていました。しかし、それもジンにとっては面白いことではありませんでした。そんなジンの前に、アマラとモコが現れました。モコがジンにキスすると、ジンは本来の自分の記憶を取り戻したのでした。

ジンはマシングッドフェローに乗って行動を開始しました。それを阻止するために、ダイチはアースエンジンで出撃したのでした。アースエンジンって、宇宙でしか使えないのかと思ったら、合体する前の機体は地上でも活動できるんですね。マシングッドフェローをハッキングしたアカリは、あと少しでキルトガングが出現してしまうことをダイチに教えました。

ハッキングをジンに気づかれて、逆にアースエンジンのシステムをダウンさせられてしまいましたが、ダイチもライブラスターの力でアースエンジンを再起動したのでした。そして、ギリギリのところでダイチはジンの行動を阻止したのでした。
達也はエンジニアとしても優秀なのでした。

入学式以来のゴタゴタも終わり、学園の中は九校戦に向けて盛り上がっています。魔法科学校同士の対抗戦が行われるようですが、深雪はその選手に選ばれました。そんな深雪が達也と共に忍術使いの八雲のところで練習をしていると、気配を隠して小野先生が現れました。小野先生も、八雲の弟子だったのでした。その上、小野先生は公安のスパイでもあったのでした。

達也が生徒会室でお昼を食べていると、九校戦に必要なエンジニアが足りないことを七草生徒会長が嘆いていました。そこで生徒会長は、達也が深雪のCADを調整していることを思い出しました。エンジニアを引き受けて欲しいとお願いする生徒会長に、二科生で1年生の達也がエンジニアになることは問題があるのではないかと達也は生徒会長をたしなめます。

そこで、みんなの前で達也の実力を示すことになったのでした。実験役に立候補したのは、剣術部の桐原でした。高性能なCADから低スペックなCADに能力を移植するという難しい課題でしたが、達也はあっさりそれをクリアしたのでした。そして桐原だけでなく、達也に反目していた服部副会長の賛成もあって、達也は九校戦のエンジニアに選ばれたのでした。

その夜、達也のところに風間少佐から連絡が入りました。なんと達也は、特尉という階級を持つ軍人だったのでした。少佐は、達也に国際シンジケートの勢力が九校戦を目的に侵入していることを教えました。まだその目的はわかりませんが、また達也たちがトラブルに巻き込まれそうですね。

そして、その夜達也はある装置の開発に成功しました。それまで不可能だと言われていた、飛翔魔法の安定した利用に成功したのです。これだけのことをあっさりやってのける達也って、一体何者なんでしょう!?(^^;
なんと烏野には、守護神の他にエースまでいたのでした!

突然影山のジャンプサーブをレシーブしてみせた男、それが西谷でした。西谷は身長こそ日向より小さいですが、レシーブ技術は随一でした。これでバレー部の戦力アップと思いきや、西谷は東峰がバレー部に帰ってこなければ自分も戻らないと宣言しました。そして、その東峰こそが烏野のエースと呼ばれた男だったのでした。

東峰は、ある試合で徹底的にマークされてスパイクを決めることができませんでした。それに責任を感じて、バレー部から遠ざかってしまったのでした。東峰に部活に帰ってきて欲しくて、菅原は何度も東峰のところに足を運びました。しかし、東峰はどうしても復帰してくれません。

そんな時、東峰のところに日向と影山が現れました。自信をなくしてしまった東峰に、日向はバレーの楽しさを熱く語りました。そして、それまで1人で戦っていた影山は、バレーはチームスポーツだと東峰に指摘したのでした。そして東峰は、偶然日向と影山の練習を目撃しました。それを見た東峰は、何か心を動かされるものがあったようです。

その一方で、顧問の武田先生は坂ノ下商店へと通っていました。先生の目当ては、名称と呼ばれた鵜養監督の孫なのでした。鵜養監督は、烏野を強豪チームへと導いた人でした。武田先生は、その鵜養という名前が今の烏野には必要だと考えていたのでした。

ゴールデンウィークには合宿、そして最終日には練習試合が組まれました。そこに西谷と東峰は参加することになるのでしょうか!?

今回は、日向の前向きさが光ったエピソードでした。運動神経もいいけれど、日向の最大の持ち味はムードメイカーだということですね。頑なな西谷も日向には心を許していますし、日向の語ったスパイクの楽しさが東峰の心を動かしました。ほんと、日向っていい奴ですね!
黒組の生徒数も、かなり少なくなってきました。嵐が迫る中、伊介と番場が晴を暗殺しようとするのでした。

ミョウジョウ学園出身の鳰は、理事長に状況を報告しています。報告を受ける理事長は、なんと黒組の出身者だったのでした。出身者の1人として、理事長は今回の黒組の戦いに興味を持っています。単なる暗殺ゲームに見える黒組の存在ですが、もしかしたらそれ以上の意味があるのでしょうか!?

そして、番場真夜が晴の暗殺を決意しました。それと共に、伊介も動き始めました。なんと伊介は、番場の名前をかたって予告状を送りつけてきたのです。寸前で兎角は、予告状に偽名を書いてはいけないルールがないことに気がつきました。

晴を教室の1つに隠した兎角は、伊介との戦いを始めました。しかし兎角がまだ人を殺したことがないことを、伊介に見抜かれていました。そのため、兎角の攻撃は全て伊介に見抜かれて、伊介を倒すことができません。そんな中、真夜も動きました。晴の隠れている教室をつきとめた真夜は、晴の暗殺にかかります。

2人の暗殺者に命を狙われる中、晴は生き延びることができるのでしょうか。そして、兎角は今までになかったこの状況で、どう行動するのでしょうか!?

物語もクライマックスにはいってきた感じです。黒組という暗殺ゲームの裏側には、何か隠された目論見がありそうですね。それが何なのか気になります。そして、鳰の存在も不気味ですね。
伊介は両親に虐待されてたところを、暗殺者である「ママ」に救われたようです。そして真夜は、心の中に閉じこもる真昼のために動いているようです。そして最後まで様子を見るつもりの英は、どんな目的でこのゲームに参加したのでしょうか。
空手大会に出場する誠司を、ひめたちが応援するお話でした。

もうすぐ誠司が空手大会に出場します。めぐみとゆうこは、その応援をするために学ランを着て張り切っています。でも、ひめはどうして2人がそんなに熱心に応援しようとしているのかわかりません。しかし、めぐみはそんなひめを、強引に応援に巻き込むのでした。

こうして、ひめは誠司を応援するためにお弁当を作ってあげることになりました。でも料理が苦手なひめは、失敗ばかりです。その上、材料を調達するために買い出しにまで行かされました。そんな不機嫌なひめは、川原で練習している誠司と出会ったのでした。

誠司ががんばるのは、めぐみの影響のようです。何日も練習を積み重ねてきた誠司は、あちこち傷だらけです。それは料理を作るために傷だらけになった、ひめと同じでした。なんだか誠司とひめの間にフラグが立ちそうになった時、オレスキーが現れてサイアークを生み出しました。

ひめはプリキュアに変身して戦います。しかし、サンドバッグのようなサイアークは、打たれ強くてプリンセスがいくら攻撃しても倒すことができません。そして追い込まれたプリンセスを助けてくれたのは、めぐみたちを呼びに行ったはずの誠司でした。チョイアークを誠司にまかせて、プリンセスは再びサイアークと戦います。

しかし、2人が協力してもサイアークを倒すことができません。そこにようやく、ラブリーとハニーが到着しました。ラブリーとハニーが加わったことで、プリンセスは勢いに乗りました。そのままの勢いでプリキュアは、チョイアークを粉砕して、サイアークを浄化したのでした。

そして、いよいよ誠司の出場する空手大会の日がやって来ました。その日、ひめはたくさんの卵焼きを作ってきました。最初はうまく作れませんでしたが、何度も練習して上手に作れるようになったのでした。そして、みんなに応援された誠司は、見事大会で優勝したのでした。がんばる誠司とがんばるひめ、2人の間には共通する気持ちがありました。それは、がんばるめぐみのように自分もがんばろうという気持ちでした。
前回の出撃の真相が明かされました!

病室で星白の戦士を知った長道。そして、その状況が明かされました。
巨大ガウナに対して、長道たち岐神班は、巨大ガウナの尻尾を切断する任務を与えられました。4機が連携して、ガウナの各所に爆薬が設置されました。しかし、いざ爆破を行おうとした時、岐神は長道だけ先に爆弾を爆発させたのです。そのせいで尻尾の切断には失敗。さらに呆然とする長道を助けるために、星白が犠牲となったのでした。

星白の死に衝撃を受けた長道は、そのショックを引きずっています。そんな長道をイザナは心配しますが、長道は部屋から出てきません。そんな長道を、ヒ山さんが強引に引きずり出したのでした。しかし、長道のことを知る者は、長道にひどい言葉をかけます。そればかりか、長道に投石してくるのでした。

そして長道は思い出しました。祖父である斎藤ヒロキに厳しく指導されていた時のことを。
どんなに泣いてもガウナは攻撃をやめてくれません。ガウナをとめるには、彼らに勝つ以外に方法はないのです。それを思い出した時、長道は立ち直っていたのでした。

その頃、シドニア司令部では組織の改編が行われていました。それまで艦長の補佐をしていた勢威が衛人に搭乗することになり、その後任として緑川が着任することになったのでした。最初、緑川は衛人に乗って自らの手でガウナを倒すことを望んでいました。しかし、情報の分析に長けた緑川には、パイロットよりも司令部の方が向いていたのでした。

そして、新たな作戦が決行されました。ガウナ本体が潜んでいると思われる惑星に、シドニアが攻撃を加えたのです。その攻撃は、惑星を破壊する激しいものでした。しかし、そんな中でもガウナは死なずに生きているのでした。そして長道には、再び出撃命令が下されました。長道に岐神への怒りがないとは思えませんが、今はそれよりもガウナを倒すことが長道の目標でした。今回の戦いで、長道は汚名を返上することができるのでしょうか!?

どうして長道が失敗したのかと思ったら、岐神の嫉妬が原因だったんですね。命がかかったこんな場所で、自分の鬱憤を晴らすことを優先させた岐神は最低の男ですね。
皇帝の遺骸を探して、チャイカたちは還らずの谷へと赴くのでした。

チャイカたちの前に、謎の情報提供者ギイが現れました。ギイは、八英雄の1人であるシモン・スカニアが近くにいることを教えてくれました。トールたちはギイの目的に疑問を持ちつつ、情報のあった場所を訪れるのでした。その前に、近くの街に寄って情報収集です。トールたちが目指している場所は、還らずの谷と呼ばれて、そこに踏み込んで帰ってきた者はいないのだそうです。その帰り道、トールたちはジレットたちと遭遇するのでした。

ジレットたちは、トールたちを捕まえようとしました。それに対抗して、トールたちはジレットたちと戦うことになったのでした。精鋭が揃っているだけあって、さすがのトールも苦戦します。そんな時、フレドリカが現れました。フレドリカは、殺し合いが心底好きなんですね。(^^;

フレドリカがドラグーンになってくれたことで、トールたちはその場から逃げ出すことができました。こうしてトールたちは、還らずの谷を目指すのでした。谷は魔法でも見通せない不思議な霧に覆われていました。強引に谷に踏み込もうとしたチャイカを助けようとして、トールたちは谷底へと落ちてしまったのでした。

そして谷底で生き残ったのは、トールとチャイカだけでした。そして2人は、ラブラブな生活を送ります。なんか変だと思ったら、それはトールの妄想を霧が具現化したものでした。最後にジレットにチャイカを奪われて、トールが涙目になったところで、ようやくアカリたちに助けられたのでした。アカリは、トールが自分ではなくチャイカといちゃいちゃしていたことで不機嫌です。

どうやら、この霧にふれた者は魔法で幻影を見せられてしまうようです。そこでチャイカたちは、魔法で結界を広げながら移動しました。そうして、ようやく魔法の発生源へと到達したのでした。プラネタリウムのような装置が、この谷の霧を発生させていたのでした。それが壊れたことで、谷の様子がわかるようになりました。

そこには、かっての八英雄シモン・スカニアがいました。しかし、皇帝を倒したものの仲間や妻に裏切られたシモンは、それ以来たった1人でこの谷で暮らしていたのでした。遺骸を渡して欲しいというチャイカを願いを、あっさりシモンは承諾してくれました。遺骸の魔力を使い、魔法の霧を発生させてたった1人で暮らしていましたが、シモンの心の傷が癒えることはなかったのです。

こうしてチャイカたちは、新たな遺骸を手に入れることができました。トールが自分とのラブラブ生活を妄想していたと知って、チャイカは動揺しています。でもトールは、チャイカが思っているほどチャイカのことを好きではないようです。う〜ん、男女の仲は難しいですね。(^^;
リンカの偽物が現れるお話でした。

中央から監察官がやって来ることになり、マリオンたちは書類の整理で大忙しです。エスカとリンカは、整理では役に立たないので、掃除やら休憩で時間を潰しています。そんな中、コルセイトではある事件が起きていました。リンカが、レイファーやウィルベルにケンカをふっかけていたのです。しかし、その話を聞いてもエスカは今ひとつ納得できません。

そして監察官がやって来ました。監察官は、まだ若いミーチェでした。そんな時、リンカが街で物を壊したとカトラが届け出ました。それを聞いたリンカは、自分の偽物がこの街にいることを知ったのでした。リンカは、元々は8人のリンカだったのだそうです。かっては悪いことをしていたようですが、今のリンカはマリオンに助けられて一緒に生活するようになったのでした。

そのおかげで、マリオンは出世コースを外れて、地方へと飛ばされてしまったようです。今回、街にやって来たのは大酒飲みの3番目のリンカと、荒っぽい1番目のリンカでした。エスカたちが知っているリンカは、末っ子の8番目のリンカみたいです。

リンカの嫌疑を晴らすために、エスカたちは偽物探しを始めました。そして1番目と3番目のリンカを見つけ出したのでした。リンカに存在を知られたことで、1番目と3番目は街から出て行きました。1番目は、リンカに嫌がらせをしていましたが、それは愛情の裏返しみたいです。3番目は、みんなの母親を探して旅を続けているのでした。

こうして再びリンカは1人になりましたが、彼女たちが残した請求書はしっかりマリオンのところに届けられました。

今回は、性格違いのリンカが登場して面白かったです。リンカ役の小清水亜美さんのいろいろな声のバリエーションが聞けて楽しかったです!
おとめちゃんの過去が明かされるお話でした。

パートナーズカップは終わりましたが、おとめとマリアの友情は続いています。今日はおとめちゃんと一緒にお茶しようと思って、マリアがスターライト学園までやって来たのでした。でも、運悪くおとめちゃんは出かけた後でした。いちごたちに居場所を聞いて、マリアはおとめちゃんのところまでやって来ました。

それはなんと、幼稚園でした。なんとおとめちゃんの実家は、幼稚園だったのでした!
おとめちゃんは、昔から歌ったり踊ったりするのが好きな子供でした。それは小学生になっても変わりませんでした。なので、小学生のおとめちゃんは、幼稚園のお手伝いをしていたのでした。

そんなある日、幼稚園の学芸会でオズの魔法使いが上演されることになりました。主役のドロシーに決まったのは、なぎさちゃんという女の子です。でも、なぎさちゃんはみんなの前でお芝居をするのが怖くて逃げ出してしまいました。そんななぎさちゃんに、おとめは自分の秘密を打ち明けました。なんとおとめちゃんは、高いところが苦手で滑り台が滑れなかったのです。

そこでおとめとなぎさちゃんは、約束をしました。おとめは練習して滑り台が滑れるようになること、そしてなぎさちゃんは逃げずにお芝居をすることでした。2人の練習は順調に進みましたが、いよいよ本番の前日、なぎさちゃんはやっぱりお芝居に出るのが怖くなってしまいました。

そんななぎさちゃんを励ますために、おとめは滑り台に挑戦します。そして、とうとう滑り台にのぼりきったおとめは、滑り台を滑ることができたのです。そんなおとめちゃんに励まされて、なぎさちゃんも立派にドロシーを演じることができました。

後半は、そんなおとめちゃんのステージです。ハッピーレインボウのデザイナー・マコトさんは、舞台デザインに悩んでいましたが、おとめちゃんとマリアが滑り台で遊ぶのを見てインスピレーションがわきました。そして、おとめちゃんは星座ドレスを着て立派にステージをつとめました。ステージの後、楽屋にはなぎさがやって来てくれました。幼稚園時代におとめちゃんに励まされて以来、なぎさはおとめちゃんのファンなのでした。

というわけで、久々のおとめちゃんメインのエピソードでした。おとめちゃんの実家が幼稚園だったのは驚きでしたが、とってもおとめちゃんらしいと思いました。滑り台を滑れなかったのか意外な感じでしたが、もしかしたら優しいおとめちゃんはなぎさちゃんに勇気をあげたくてお芝居をしてくれたのかもしれませんね。
デスバザーが開催されるお話でした。

以前のつぐみたちが襲われた事件は、その後もシド先生やクレイ、茜によって調査が続けられていました。その結果、犯人は魔女に操られていたことが判明しました。それまで普通の人間だったのが、魔女に洗脳+ドーピングされて超人的な力を持つようになったらしいです。多数の候補の中から、クレイは最も疑わしい容疑者を絞り出しました。シャウラ・ゴーゴンという魔女が、その最有力容疑者なのでした。

それとは無関係に、つぐみたちは相変わらず脳天気な学園生活を送っています。今日は一緒に勉強会をする途中で近道をして、学園の中で迷子になっていたのでした。幸い、クレイたちと出会うことができたので、つぐみたちは無事に地下から脱出することができました。そして3人は、デスバックスカフェで勉強会をするのでした。

勉強するのは、3人だけではなく、キムとジャクリーンも一緒でした。相変わらず暇そうな店ですが、リズとパティは何とか仕事を続けているようです。ところが、なぜか急に店が混み合いました。そこでつぐみたちは、久しぶりにメイド姿でお店の手伝いをすることにしたのでした。1人だけ恥ずかしがってメイド服を着なかったキムでしたが、みんなが帰った後でこっそり試着しようとするのが可愛かったです。

そして別の日。今日は朝からアーニャが落ち着きません。何かと思えば、デスバザーと呼ばれるフリーマーケットがデスシティーで開催されるのです。あまり興味がなかったつぐみでしたが、あまりにアーニャが行きたそうなので、めめと共につきあいでデスバザーに行くことになりました。

そこには、いろいろなお店が出店していました。その中の1つに、エターナルフェザー先輩のお店がありました。そこでは、エターナルフェザー先輩がキムにだまされて買わされた残念な服がたくさん売り出されていました。でも、あまりに残念なデザインなので、誰も目を留めてくれません。(^^;

そしてつぐみは、本を売っていたマカと出会いました。マカはソウルに言われて、大量の本の一部を販売していたのでした。しかし、愛着があるようで、なかなか売ることができません。でも、つぐみにはマカが死武専に入学したばかりの頃に読んでいた本をプレゼントしてくれました。

その時、会場で異変が起きました。シャウラに操られたエターナルフェザー先輩が暴れ始めたのです。魔女に洗脳されてしまったエターナルフェザー先輩には、つぐみたちの声も届きません。そこへマカとソウルが現れました。実力的には、魔女に操られているとはいえエターナルフェザー先輩はマカたちの敵ではありません。でも、傷つけずに取り押さえるのに苦心しているのでした。

そんな中、実験の一定の成果を見届けたシャウラは、最後の指令をエターナルフェザー先輩に与えました。それはなんと、自殺しろというものでした。さすがにその命令には、エターナルフェザー先輩も抵抗しましたが、魔女に抗いきれずに、エターナルフェザー先輩は自らの首に刃を突き立ててしまったのでした。
果たしてエターナルフェザー先輩は助かるのでしょうか!?
夏休みになったら香織に会えなくなると、祐樹が思い悩むお話でした。

沙希という同性の友達もできて、香織はますますクラスの中で自然な雰囲気になってきました。しかし、その一方で祐樹は、香織と2人だけの時間が減ってしまったことを寂しく思うのでした。桐生も言ってましたが、祐樹って本当にめんどくさい奴ですよね。(^^;

沙希の友達の藍と舞子は、香織と祐樹の関係が気になっているようです。香織本人には全く彼氏彼女という自覚はありませんが、2人から見たら香織と祐樹の関係はどう見ても彼氏彼女なのでした。この恋愛関係に無自覚なところが香織の魅力ではありますが、高校生なのにここまで恋に疎くて大丈夫なのかと心配になります。(^^;

そして祐樹は、勇気を振り絞って香織にマンツーマンで勉強を教えて欲しいとお願いしました。ちょっと意外そうな香織でしたが、それでも快く引き受けてくれました。そして放課後、2人は教室で勉強しています。でも、祐樹は香織に見とれてばかりで、ちっとも勉強が進んでいるようには見えません。

そんな時、先生から時間割を貼るように頼まれた沙希がやって来ました。沙希は祐樹が思わず言ってしまった、香織が可愛いという言葉も聞いていたのでした。でも沙希はマイペースです。時間割を貼るのを、祐樹に手伝わせました。そこへ藍と舞子が現れて、沙希を連れて行ってくれました。香織が思わず「ほっ」としたのは、やっぱり香織も祐樹と2人きりでいたいという気持ちがあったからでしょうか!?

そんな間にも、夏休みが近づいています。祐樹は夏休みになったら、香織と会えなくなると気が気ではありません。悩みに悩んで、桐生にうっとうしがられて^^;、桐生に背中を押さされてようやく香織に声をかけることができたのでした。するとなんと、香織は夏休みも当然祐樹と会えると思い込んでいたのでした。

これで一気に話が進み、夏休みも2人は会うことになったのでした。そして夏休みが来ました。ところが祐樹はたいへんなことを忘れていました。なんと会う場所を決めてなかったのです。香織の家に行ってみると、香織は友達と会うために出かけたということです。それを聞いた祐樹は、学校のいつもの屋上へと行きました。すると、そこにはちゃんと香織がいたのでした。

そして夏休みの前に、なんと祐樹の誕生日に香織がプレゼントをくれました。桐生が気を利かせて、事前に祐樹の誕生日を香織に教えてくれていたのでした。いつも面倒をかけられているのに、こういうところが桐生のいいところですよね。

そして、うれしいことがもう1つ。1週間が経過したのに、香織はおぼろげに祐樹のことを覚えていたのでした。祐樹と友達になれたことで、香織の心の中で友達の記憶を阻害していた部分がほぐれてきたんでしょうか。それとも、香織が祐樹のことを友達じゃなくて彼氏と認識し始めたからこうなったのかな。
ライガットが出陣するお話でした。

いよいよアテネスとの本格的な戦いが始まろうとしています。戦いを前に、ナルヴィはトゥル将軍の部隊から外されました。そしてナルヴィは、第一独立戦隊の隊長に任命されたのでした。部下は、ナイルとロギン、そしてライガットです。そしてさらに、彼らの部隊にはジルグが加わることになりました。ジルグは、訓練中に仲間を殺した罪で服役していたのでした。そしてなんと、バルド将軍の息子でした!

戦いを前に、シギュンの心は揺れていました。かってライガットが士官学校から去ったように、戦場に赴いたライガットがそのまま帰ってこないのではないかと心配したのです。しかし、その間にもライガットたちの訓練は続けられました。そして、いよいよ出陣の日が来たのでした。

その頃、前線では異変が起きていました。ボルキュス将軍に率いられた部隊が、クリシュナ深部まで入り込んでいたのです。トゥル将軍の部隊がそれと戦いましたが、巨大なハサミのような武装を持ったゴーレムの前に、トゥル将軍は戦死してしまったのでした。

今回は、妙にお話が飛び飛びな感じでした。OVAとして発売されたものを編集したシリーズとは知っていますが、ジルグがライガットたちの部隊に加わるあたり、もう少しその状況を丁寧に描いて欲しかったです。
パワーアップするために、ノブナガにケンシン、ジャンヌはヨモツヒラサカへと向かうのでした。

圧倒的な力を持ったアレキサンダーの前に、ノブナガは敗れました。アレクサンダーを倒し、天地を統一する力を得るために、ノブナガはヨモツヒラサカへ行くことを決めるのでした。前回、アレクサンダーに引き裂かれたヒデヨシは、なんとかギリギリ生き延びていました。ヒデヨシを生き延びさせるために、ヒミコたちはその力を注ぐのでした。

そしてノブナガは、ヨモツヒラサカへと向かいます。それに同行するのは、アレクサンダーに勝つ力を欲するケンシン、そしてノブナガを守りたいジャンヌでした。船でヨモツヒラサカへたどり着いた3人でしたが、なんとジャンヌはヨモツヒラサカへ入ることができませんでした。ジャンヌの中に、天啓を恐れる気持ちがあったからです。

ジャンヌを残し、ノブナガとケンシンはヨモツヒラサカへと入りました。そこで2人は、シンゲンをはじめとする死者たちと対面することになるのでした。そして、意外とあっさり^^;ノブナガは力を得ることができました。アレクサンダーへの勝利の執念では、ケンシンの方が上でしたが、何が2人の差なのでしょうか。

そして残されたジャンヌもまた、ヨモツヒラサカの試練を受けていました。・・・ってジャンヌ、なんだかエロエロな姿で拷問されているんですが。(^^; 本当にジャンヌは、この作品のエロ要員として揺るがないですね。(笑)
そんなジャンヌも、ノブナガの呼びかけにより、天啓への恐れを克服することができました。

その頃、ミツヒデもまた迷いの中にいました。アケチの家を再興したいという思い、イチヒメへの思い、天下統一への思いなどにミツヒデは揺らぎます。今ひとつよくわかりませんでしたが、最後にミツヒデが鬼の面を選んだということは、自らの目的のためには非情になることを決意したのでしょうか。

というわけで、意外とあっさりノブナガがパワーアップするお話でした。う〜ん、なんだか西の星の侵攻が始まってから物語の進行が早すぎて、今ひとつな感じですね。何より致命的なのは、主人公のノブナガの魅力が引き出せていないことです。なんかノブナガって、いつも手袋をクイクイしているキャラというイメージしかないんですよね。(^^;
ミッドサマーズナイツが結成されるお話でした。

マクベス・エンタープライゼスの久部社長は、グローブに同情していました。キヴォトス計画のメンバーは、マクベス・エンタープライゼスのAIであるパックが選び出したものだったからです。そしてアマラとモコは、久部社長に同情していました。パックは、アマラたちの指示に従って久部社長に指示を出していたからです。
・・・って、鈴村夫妻。なんて格好で会話しているんですかあ!!!(^^; リアルでも、鈴村夫妻がこんな感じだったら笑えますが。

そしてグローブの西久保司令たちは、リタの調査の結果アマラとモコがマクベス・エンタープライゼスに入り込んでいることを調べ上げていたのでした。さらに、アマラたちがどうして頻繁に攻撃してこないのかも推測していました。彼らは絶対的な力を持っていますが、その力を使うにはかなりのエネルギーを消費するようです。

そんな中、ダイチたち4人はスイカを食べて和んでいました。ところが、ハナのペットのピッツが、キルトガングの出現を予知しました。なんとピッツは、キルトガングがどこに出現するか、事前にわかるのでした。それに対抗するために、ダイチは再びアースエンジンに乗り込みました。西久保司令は不安そうですが、遊星歯車装置と戦って勝たないことには、人類には未来はないのです。

今回の出撃までの間、ダイチはシミュレータで訓練を重ねて、今まで以上にうまくアースエンジンを動かすことができるようになっていました。しかし、今回はモコだけでなく、アマラもキルトガングで出動してきたのです。2体のキルトガングに襲われて、ダイチは大ピンチです!

そんなダイチを救うために、ハナはテッペイに出撃をお願いします。しかし、テッペイは再びアルビオンの姿になったら、テッペイとして存在していられなくなるのを恐れていました。そんなテッペイに渇を入れたのは、アカリでした。みんなで交わした、一緒にメロンを食べようという小さな約束。それを守るためには、今テッペイが戦うことが必要なのです。

アカリに怒られて、ようやくテッペイは気がつきました。自分たちにとっては、その小さな約束がどれだけ大切なものであるかということを。そしてテッペイは、アルビオンでアースエンジンを援護するのでした。しかし、モコはアルビオンもろともアースエンジンを破壊して、ダイチを殺そうとします。そんなダイチを守るため、テッペイは自らのエゴブロックでモコの攻撃を防いだのでした。

エゴブロックがあれば、遊星歯車装置のデザイナーズチャイルドは永遠に生きていることができるようです。今回、エゴブロックが破壊されたということは、テッペイは永遠の命を失ったということでしょうか!?

何はともあれ、ダイチたち4人の活躍で地球は救われました。そして西久保司令は、そんな4人にミッドサマーズナイツという名前を与えました。彼らこそが、地球を守る希望なのです!
達也たちは、ブランシュの日本支部を壊滅しました。そして、入学編の完結です。

ブランシュの日本支部に向かった達也たちは、作戦を決めて支部へと突入しました。達也と深雪が正面から突っ込み、十文字と桐原が敵の逃げ道を断ちます。そして達也たちの前に、支部のリーダーが現れました。司一は、魔法科高校の司の血縁みたいですね。最初は余裕をかましていた司でしたが、その洗脳能力が達也に通じないと知って焦ります。

そんな司を、達也は冷酷に追い詰めます。残りのテロリストは深雪に任せて、達也は司の後を追います。そんな達也に手をかけようとしたテロリストは、あっという間に深雪に凍結されてしまったのでした。(^^; ・・・って、これ絶対にテロリストたち死んでるような気がするんですけど。(笑)

司を追い詰めた達也でしたが、司は魔法を無力化するジャミング装置を用意して待ち構えていました。しかし、なぜかジャミングは達也には通じませんでした。そこへ十文字と桐生が合流して、これまたあっさりとテロリストは倒されてしまったのでした。・・・桐生先輩、司の腕を切り落としていましたが、これって絶対に過剰防衛ですよね。(^^;

こうして達也たちの活躍で、支部は壊滅しました。そして学校側のはからいで、今回の事件にかかわった学園生徒の処分は不問となりました。そして、いつの間にかちゃっかり壬生先輩と桐生先輩は付き合っていました。
壬生先輩は、達也に憧れる気持ちもあったようですが、驚異的な実力を持った達也に恐れも感じていたようです。そして壬生先輩は、永遠に追いつけないであろう達也よりも、一緒に歩いてくれそうな桐生を選んだのでした。

そして、達也は壬生先輩のお父さんと会いました。風間少佐と呼ばれる人物と旧知の間柄でした。風間少佐と達也には、何やら因縁があるようですね。達也の驚異的な戦闘力は、軍隊に関わっていたからなのでしょうか!?

こうして達也の入学から続いた一連の事件は、一応の完結を迎えました。しかし、達也と深雪の平穏な日々が、いったいいつまで続くのでしょうか。

そして、第三高校の一条将輝が登場しました。彼もまた、かなりの戦闘能力を持っているようです。そんな彼は、仲間からクリムゾン・プリンスと呼ばれていました。こんな一条と、達也は戦うことになるのでしょうか!?
烏野と青葉城西との試合が決着。しかし、それは新たな始まりでしかありませんでした。

試合も終盤になって、ようやく主将の及川が現れました。彼は捻挫して、今まで練習を休んでいたようです。しかし、そんな及川がいよいよ試合に参加します。及川は影山の先輩で師匠でした。日向の言うところの、大王様ですね。(^^;

及川は影山と同じくセッターですが、今回はサーブで試合に参加です。そのジャンプサーブは、影山以上のパワーとスピードがありました。おまけに及川は、日向と月島がレシーブが苦手なことを見抜いていました。そして及川は、月島を狙い撃ちにしてくるのでした。

それに対して烏野は、レシーブの得意なキャプテン・澤村の守備範囲を広げることで対応します。そして、ようやくボールがあがりました。しかし、それは相手コートへのパスになってしまいました。再び青葉城西の優位です。ところが、それを日向がブロック。いい感じでボールがあがりました。今度は青葉城西の金田一が、日向をマークします。

ところが、あっという間にコートの端から端まで移動する日向のスピードに、金田一はついていません。そして、影山の狙い澄ましたようなトス! これを見事に日向が決めて、この練習試合についに烏野が勝利したのでした。しかし、青葉城西は、完璧な状態で戦っていません。エースの及川がフルセット出場した時、どんなチームになるのでしょうか。

そして、今回の試合をしたことで、少しだけ影山と金田一の間のわだかまりが解けました。昔は、ただ一方的に影山を批判していただけの金田一でしたが、日向という存在を目の当たりにして、自分の実力が足りなかったという現実に直面することになったのです。

こうして、1つの試合は終わりました。しかしそれは、これから始まるインターハイ予選に向けての戦いの序章でしかなかったのでした。現在の烏野に決定的に不足しているのは、レシーブ力です。でも、それは補うことができるようです。何か問題を起こして、しばらく停学になっていた選手がいたのです。・・・この都合良く新たなメンバーが現れる展開・・・どこかで見たようなと思ったら、黒子のバスケでした。(^^;

さらに顧問の武田先生もまた、バレー部のために指導者を探してくれているようです。電話のメモを見た感じだと、日向たちが買い食いしている坂ノ下商店の店番のお兄ちゃんがその人みたいですね。でも、今のところお兄ちゃんは武田先生の話が迷惑そうです。本当にこの人が、すごい指導者なのでしょうか!?

そして、ついに日向たちの前に、新たな選手が現れました。その選手は、影山のジャンプサーブをあっさりレシーブしてみせたのでした。日向よりもちっこいこの選手が、澤村の言う守護神なのでしょうか!?

紅白チャイカの激突です!

紅白チャイカの交換をすることになったトールたち。しかし、彼らの動きはクリーマン機関のマテウスとレオナルドに知られていたのでした。トールたちが取引を始めたその時、マテウスの操る魔獣が襲ってきました。この混乱で取引は中止となり、トールたちと紅チャイカ一味は撤退することになったのでした。

この時の戦いで、紅チャイカはトールに興味を持ちました。そして紅チャイカは、トールを買収しようとします。しかしトールは、サバターは最初に雇われた者を裏切ることはないと、この提案を退けるのでした。そんな中、街に出向いたアカリに、紅チャイカの一味が連絡をとってきました。

今度は街の中で、白チャイカと紅チャイカを交換することになりました。2人のチャイカの交換は無事に終わりました。すると、さっそく紅チャイカの一味が攻撃を加えてきました。しかし、トールたちもその動きを予測して作戦を立てていました。今トールと一緒にいるアカリは、フレドリカの変身した姿だったのでした。

こうして白と紅の戦いは、今回も引き分けに終わりました。しかし、紅チャイカ一味はこのまま引き下がりません。再び皇帝の遺体を狙って戦いを仕掛けてきました。白チャイカの魔法の支援もあり、なんとかトールたちはこれを撃退したのでした。しかし、2人のチャイカのどちらが本物なのでしょうか。レオナルドが言っていたように、2人とも本物の皇帝の娘なのでしょうか。それとも、両方とも偽物なのでしょうか。

トールたちが戦っている間に、ジレットたちの状況が変化しました。六国会議の席上でチャイカを追うことが無駄だと判断されて、別の任務を与えられてしまったのです。この時の会議の面々を見ると、あまり有能そうには見えませんが^^;、こんな奴らに支配されていてこの国は大丈夫なのでしょうか。
ハピネスチャージプリキュア! ハッピーメロディマイク増子美代が、ハピネスチャージプリキュアの秘密に迫ろうとするお話でした。

増子美代が担当するプリキュア情報番組「プリキュアウィークリー」では、毎週さまざまなプリキュアを紹介しています。そんな美代の次のターゲットは、ハピネスチャージプリキュアの正体に迫ることでした。それを知っためぐみたちは、大慌てです。

今回のOPプリキュアは、キュアベリーでした。大人びた雰囲気のベリーですが、タコが苦手というのが強烈に記憶に残っています。(^^;

めぐみたちが登校しようとすると、学校の周囲に美代がうろついていました。何かと思えば、手当たり次第にハピネスチャージプリキュアらしき女の子に声をかけていたのでした。そして美代は、めぐみたちに目をつけました。美代が調べたハピネスチャージプリキュアの特徴が、めぐみたちと一致していたからです。さらにハピネスチャージプリキュアは、このぴかりが丘中学を中心に現れていることを調べ上げていたのです。

しつこくめぐみに食い下がる美代は、なんとめぐみの自宅まで押しかけてきました。そこをフォームチェンジを使ってレポーターになっためぐみが、逆に美代を取材します。すると美代は、なぜプリキュアのことをそんなに知りたいかを話してくれました。昔、美代はサイアークに襲われそうになっているところを、プリキュアに助けられました。それ以来、美代はプリキュアに憧れて、自分のプリキュアになりたいと思うようになったのでした。

そんな美代の秘密を知っためぐみは、あっさり美代に正体をばらしてしまいました。(^^;
めぐみは、美代をブルーのところまで連れてきました。そして美代もプリキュアにして欲しいと頼んだのでした。真剣な美代の願いに応えて、ブルーは愛の結晶を授けました。しかし、どんなに美代が願っても、美代はプリキュアになることはできないのでした。

がっかりして落ち込んでいる美代は、ナマケルダにサイアークに変えられてしまいました。それを知っためぐみたちは、プリキュアに変身して立ち向かいます。ところが、プリキュア情報に詳しい美代から生まれたサイアークだけに、ラブリーたちの攻撃を知り尽くしていました。そのために、ラブリーたちの攻撃はサイアークに通じないのでした。

しかし、それならとハニーが新しいフォームを披露しました。見たこともないその攻撃に、サイアークは翻弄されてしまうのでした。サイアークが弱ったところに、ラブリーとプリンセスが必殺技を決めてサイアークは浄化されたのでした。しかし、美代の気持ちは晴れません。そんな美代に、子供たちが声をかけてきました。毎週プリキュアの情報を伝えてくれる美代を、子供たちは尊敬していたのでした。

自分の使命はプリキュアになることではなく、プリキュアのことをみんなに伝えることだと気づいた美代は、ようやく元気になったのでした。

今回は、美代の登場でにぎやかなお話でした。ちょっと気になったのは、昔美代を助けてくれたプリキュアです。後ろ姿だけで誰だかわかりませんでしたが、その正体が明かされる時が来るのでしょうか!?
まさかの水着回!(^^; そして、首藤涼が爆弾ゲームを仕掛けてくるお話でした。

千足や柩が黒組から去って、黒組はますます寂しくなってきました。そんな時、首藤涼がある提案をみんなにしたのでした。なんと学園に用意されている、リゾートホテルのようなプールで遊ぼうというのです。そこで、みんなそろってプールに行くことになりました。そこに用意されていたのは、なぜか各種水着。・・・お約束ですね。(^^;

みんなが水着に着替えたその時、いきなり涼が晴の首に爆弾を仕掛けました。無理に爆弾を外せば、爆発してしまいます。そして、その爆発力は小規模だけれど、確実に晴の命を奪うものでした。それを回避する方法は、ただ1つ。爆弾を解除する4桁のパスワードを入力することです。晴を救うため、兎角はプール内に隠された4つの手がかりを探すのでした。

最初のカードは、スイカの中に隠されていました。そして2枚目のカードは、涼が用意したダミーのカードの中に隠されていたのでした。さらに3枚目は、照明の中に。しかし、最後の1枚のカードがどうしても見つかりません。そんな時、兎角は隠されているカードの場所に気がつきました。巨大な滑り台の中に、それは隠されていたのでした。

しかし、カードを手に入れた兎角は、それを引き替えに頑丈な檻の中に閉じ込められてしまいました。檻を開けるには、カードキーを使わなければなりません。しかし、そのキーを使えば、キーの中に仕込まれている4つめの手がかりのカードが消えてしまうのです。兎角は自分の命を引き替えにしても、晴にカードを渡そうとしますが、晴はカードが消えることを承知でキーを使ったのでした。

こうして、4つめのカードは消えてしまいました。わかっているのは、7,0,1の3つだけです。そんな時、兎角は7月14日が涼の誕生日だと気がつきました。兎角はそれを入力しようとします。しかし、入力の途中で晴がそれを止めました。晴は、最後の番号は4ではなく、涼の年下の恋人だった彼氏の誕生日の5だと気がついたのです。

晴の推理が的中して、無事に晴の爆弾は解除されました。こうして涼は学園から去ることになりました。しかし、涼は永遠に年を取らない病に冒されていたのです。普通に年を取って死にたいという涼の願いが叶う日はくるのでしょうか!?

今回は、水着のお色気回かと思ったら、爆弾解除という緊張感のある展開で面白かったです。
シドニアへと帰還した長道は、英雄としてたたえられます。そして、再びシドニアはガウナと遭遇するのでした。

衛人操縦士全員の救助活動のおかげで、長道と星白はシドニアへと帰還することができました。そこで長道は、ガウナを倒した英雄として称えられていたのでした。それまで冷たかった周囲も、今回の出来事で長道への態度を一変させました。そんな中、赤井班の一員だった緑川の妹が長道へと接近してきました。彼女はなんとか長道と2人きりになろうとしますが、その目論見は見事に失敗してしまったのでした。

そのおかげで、長道と星白は再び2人きりになることができました。そんな時、シドニアは再びガウナと遭遇しました。今回のガウナは、1体ではなく複数のガウナが連結されたタイプでした。非常招集を受けた長道たちは、すぐさま出撃しました。しかし、ここで物語は大きく飛びました。長道が気がつくと、病室に横たわっていたのです。

いったい長道に何が起きたのでしょうか。そして、テレビの報道によれば、今回の出撃で長道はなにかとんでもない行動を取ったようです。その結果、多くの衛人操縦士が犠牲になったようです。その中には、長道といい感じだった星白の名前もあったのでした。次回、真相が明らかになるのが楽しみです。

本編の裏側では、長道を巡る艦長との微妙な問題もあります。艦長の周囲は、長道を衛人操縦士として登用することに反対だったようです。それは長道の祖父と艦長との間の確執が影響しているらしいのですが、過去にいったい何があったのでしょうか。
大食いコンテスト&デザートコンテストが開催されるお話でした。

お父さんから呼ばれたエスカは、りんご園の収穫を増やす方法を考えて欲しいと依頼されました。ちょうど仕事も暇な時期だったので、ロジーやルシルも加わってあれこれ考えました。しかし、簡単には良い知恵が浮かびません。そこで、実際にりんご園を見学に出かけたのでした。

そこでエスカたちは、リンゴの間引きが行われているのを知りました。生育の良いリンゴだけを残して、小さなリンゴを先に摘み取ってしまうのです。こうすることで、残ったリンゴにより栄養が行くようにして、なおかつ気の負担を減らすことができるのでした。

その時に間引いたリンゴは、大きさも小さいですし苦くて食べられません。しかし、これをうまく料理することができれば、新たな収入源になるかもしれないとエスカたちは研究を始めました。そんな時、エスカは村の居酒屋の「竜の拳」で大食いコンテストが開かれることを知りました。マスターのデュークは、お店の客が男性ばかりなので、少しは華やかさが欲しいと考えていました。そんな時、エスカたちの取り組みを知ったデュークは、同時にデザートコンテストを開催することにしたのでした。

そしてコンテストの当日がやって来ました。まずは大食いコンテストからです。ロジーやアウィン、レイファー、そして女剣士のリンカが参加しました。大盛りの料理を平らげて優勝したのは、なんと女性のリンカでした。朝食を抜いてきたそうですが、いったいリンカは普段どれだけ食べているのでしょうか。(^^;

そして、いよいよデザートコンテストが始まりました。エスカたちは、それぞれに腕をふるっておいしそうなデザートを作り上げました。審査するのは、先ほど大食いコンテストで優勝したリンカです。大食いした後でもおいしく食べられるデザートというのが、今回の審査のポイントでした。でも、リンカは大食いの後とは思えない食べっぷりでデザートを食べたのでした。

リンカの審査の結果、優勝したのはウィルベルでした。1つ1つのクッキーに違った味付けをして、食べ飽きないのが優勝の理由でした。なんとウィルベルは、魔法で1つ1つのクッキーに違った味付けをしていたのでした。こうして無事にコンテストは終わりました。しかし、みんながそれぞれに独自の個性をだしあったコンテストから、エスカはりんご園の収穫を増やすアイディアを思いつきました。

それは、あちこちから土を集めて、普通の土以上に栄養のある培養土を作ることでした。土を完成させたエスカは、それを早速りんご園に届けました。するとクローネが、今回の仕事をエスカに依頼したわけを教えてくれました。エスカのりんご園では、代々錬金術師が収穫を増やすためにいろいろと知恵を絞ってきた一角があったのでした。錬金術師としてエスカが一人前になってきたので、お父さんはエスカにこの仕事を依頼してくれたのでした。

今回もほっこりしたいいお話でした。アバンに登場した幼いエスカが可愛かったです。小さな頃から憧れていた未踏遺跡、そこにエスカは行くことになるのでしょうか。そしてCパートに出てきた、人間が嫌いだという女の子は何者なのでしょうか!?