日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


あかりたちがヴァンパイアをテーマにしたドラマに出演するお話でした。

あかりたちが出演したドラマが完成しました。今回は、それをあかりたちが視聴するという形の、いつもとはちょっと違った雰囲気の内容でした。

嵐の夜に、謎の声に呼び出されたスミレは、そのまま姿を消してしまいました。同室のあかりはスミレのことを心配して学園長を頼ります。そんな中、ヴァンパイア・ハンターの珠璃が学園にやって来ました。今回の事件はヴァンパイアのせいだと、学園長は確信していました。しかし、その理由をなぜか珠璃には話してくれません。

そんな中、ひょっこりスミレが帰ってきました。しかし、スミレは今までとは雰囲気が違います。ユリカ様に血を吸われたスミレは、ヴァンパイアの仲間になっていたのでした。スミレは、あかりやひなきをヴァンパイアにするために、秘密のパーティーへと呼び出しました。そこにはスミレ以外にもヴァンパイアにされたアイドルが大勢いたのでした。

珠璃はあかりたちの後を追いますが、スミレに逆襲されてしまいました。そんな珠璃を助けたのは、学園長でした。そして学園長は、学園の秘密を珠璃に話しました。学園長は、永遠のアイドルを作り出そうと、アイドルたちをヴァンパイアにしたのでした。しかし、ヴァンパイアになったアイドルは、スポットライトの強い光の前に立つことができません。(^^;

アイドル記念館に呼び出されたあかりとひなきは、そこでヴァンパイアにされそうになりました。そこへ珠璃と学園長が駆けつけました。あかりたちは、四ツ葉さんが作ったニンニクドーナツを使って、ヴァンパイアにされたアイドルたちを元の姿に戻したのでした。こうして学園に平和が戻ったのでした。

いつもと趣向が違って面白かったです。でも、最後のあかりたちの変身シーンは、ちょっと余計な気がしました。プリキュアがアイカツを意識しているように、アイカツも変身ヒロインであるプリキュアを意識しているのでしょうか。(^^;
公生の演奏を聴いて、かをりは前に進むことを決めました。そして公生たち他の演奏家たちも、前に向かって歩き続けます。

公生の演奏は、かをりを突き動かしました。かなりリスクは高い手術を受けることを決めたのでした。手術を受けても、再びバイオリンが弾けるようになるかはわかりません。それでも、そこに少しでも可能性があるのなら、かをりはそれに賭けることを決意したのでした。そしてかをりは、筋力を落とさないように、リハビリにも真剣に取り組むようになったのでした。

そして公生もまた、1つの試練を迎えようとしていました。音楽学校に進学するためには、コンクールでの実績が必要です。そのために公生は、東日本ピアノコンクールに出場することを決めたのでした。そんな公生の少しでも側にいたいと、椿も勉強をがんばっています。そしてかをりに叱責されながらも、公生の練習には熱が入るのでした。

そして、いよいよコンクールの予選がやって来ました。演奏前のプレッシャーで、ライバルの相座や絵見もガチガチです。そんな2人に、公生はお気に入りのサンドイッチを勧めるのでした。一時的に公生が抜けたことで3人のライバル関係も消えていましたが、それがまた復活していました。お互いに競い合う気持ちもありますが、それ以上に今の3人はお互いに高め合って、より高い場所を目指しています。こういう関係って、いいなあ。

3人の中で最初にステージに立ったのは、相座でした。演奏するのは、ショパンのエチュード「革命」です。
その曲を演奏しながら、相座は昔のことを思い出していました。幼い頃に、あまりに乱暴なことを心配した親は、相座にいろいろな習い事をさせました。その中にピアノもあったのでした。幼いながら抜群の才能をみせた相座でしたが、どうしてもかなわないのが公生でした。

そんな公生の背中を追いかけるように、相座はピアノを続けてきました。そして今、公生は再び彼の前にいます。しかし、そこにいる相座は公生の後を追い続けていた彼ではありませんでした。公生とは違う、自分独自の道を、相座は歩み始めたのでした。そんな兄の姿が、凪には幼い頃のように輝いて見えました。

最後がちょっと回想なのか、現在なのかわかりづらかったですが、とりあえず3人とも予選は突破ということでいいのでしょうか。続く本戦で、公生が好成績を出すことができるのか楽しみです。そして、手術を終えて元気になったかをりと、また一緒に演奏する姿が見たいです!

かをりの病気がはっきりしてから、重たい展開が続いて苦しかったです。でもようやく、みんな前に進み始めました。最近のかをりは、暗い表情を見せることが多かっただけに、目標を持った今のかをりは久々に輝いて見えました。やっぱりかをりは、こんな風にまっすぐ前に進んでいる時が一番魅力的ですね!(^^)
セカイとイノセの戦いが決着。そしてグラナダ学園のルーカス・ネメシスが動きます!

イノセとの戦いでバーニングバーストを発動させたセカイ。しかし、イノセも同じ技でセカイに対抗してきます。
そのまま2人は、拳と拳の戦いに突入しました。互角かと見えた勝負でしたが、イノセの攻撃にトライバーニングの右腕が破壊されてしまいました。

これで終わりかと思ったところに、フミナとユウマが現れました。2人はセカイを支援するのではなく、あくまでセカイとイノセの2人だけで決着をつけさせようとしたのでした。そんな2人の気持ちに応えて、セカイは再び立ち上がりました。

そんなセカイを、イノセは容赦なく攻撃します。圧倒的な猛攻の前に、セカイはついに倒れます。これで終わりかと思った時、セカイは燃える太陽のような光を見ました。それはトライバーニングの心でした。まだ戦えると、トライバーニングは告げていたのでした。

それを知ってセカイも歯を食いしばります。そしてセカイとトライバーニングは、新たな技を放ちました。プラフスキー粒子で5色のトライバーニングが生み出されました。5体のトライバーニングは、さまざまな技でイノセに襲いかかります。そして最後は、なんと左腕でのシャイニングフィンガーでした!

その攻撃の前に、ついにイノセは敗れたのでした。苦しい戦いでしたが、セカイは何とか兄弟子のイノセに勝つことができました。そしてセカイとの戦いに敗れたイノセは、自分が間違っていたことを悟るのでした。そしてイノセに、ミライは次元覇王流には奥義はないことを教えたのでした。

後半では、セカイの戦いに触発されてグラナダ学園のルーカス・ネメシスが動きました。我梅学院との戦いに出場したルーカスは、圧倒的な強さで我梅学院を撃破したのでした。そのガンプラ、クロスボーンガンダムはガンプラ学園のものをも上回る完成度を持っていました。次回は、そんなルーカスとガンプラ学園が激突するようです。

セカイとイノセの戦いは、もう少し盛り上がるかと思ったのですが、意外とあっさり終わりましたね。(^^;
フミナとユウマが援護せず2人の戦いを見守る展開はよかったですが、2人のバトルはもう少し時間をかけて欲しかったです。
例によってバイト仕事に手間取っているので、今日の感想はお休みです。
赤司と緑間の戦いも終わり、続いては誠凛と海常の戦いです!

最後まで闘志は失わなかったものの、赤司の完璧な作戦の前に秀徳は敗れました。次は必ず勝つという思いを込めて、緑間は赤司に握手を申し込みますが、それは断られました。次に戦う時も絶対に負けないという、赤司の自信なのでしょうか。そして氷室の言葉が正しければ、赤司は完全に手の内をさらしたわけではないようです。どこまでも深く強い、さすがは奇跡の世代のリーダーですね。

そして、いよいよ黒子たちの試合です。練習試合では油断した海常に勝利することができましたが、今度は海常も本気です。練習の時から火神と黄瀬による大技の見せ合いが続きます。そして試合前、黒子は黄瀬が嫌いだったと告白しました。(^^;

大ショックを受ける黄瀬でしたが、それは黒子が真剣に黄瀬のことをライバルとして考えるようになっていたからでした。そんな黒子の言葉に、黄瀬はさらに闘志を燃え上がらせるのでした。

そして、いよいよ試合開始です!
今回の試合では、誠凛には珍しく最初からガンガンいけという指示がリコから出ていました。黄瀬が身につけた、奇跡の世代の完璧なコピー。それを破る力は、今の誠凛にはないという判断からです。パーフェクトコピーには制限時間があることから、リコはその投入は試合の後半になると読みました。そして、その前に大量得点をゲットして、海常を突き放す作戦です。

そして黒子は、いきなりバニシングドライブとファントムシュートを炸裂させました。しかし、それに応えるかのように、黄瀬はいきなり緑間をコピーした超ロングシュートを決めてみせたのでした。そしてその後も、黄瀬は奇跡の世代をコピーした技を出しまくります。青峰、緑間、紫原のコピーに加えて、なんと黄瀬は赤司のエンペラーアイまでコピーしてみせたのでした。

しかも、黄瀬の力は単なるコピーにとどまりません。エンペラーアイで黒子のシュートコースを読み、紫原のブロックでシュートをとめるという、複合技までみせたのです。この圧倒的な力の前に、誠凛はなすすべがありません。誠凛はどうやって勝機をつかむのでしょうか。ここからの展開が楽しみです!
ドロンボー一味が、海辺でリュウという青年と出会うお話でした。

ヤッターマンに追われつつ、ヤッター・メトロポリスを目指すドロンボーでしたが、食料を手に入れられずヘロヘロ状態です。そんな彼らは、海辺でヤッターマン兵に襲われていた青年を助けました。しかし、その時の様子を監視鳥に知られて、ゴロー将軍の計略で竜宮城とみせた海底発電所へとドロンボーたちは連行されてしまったのでした。

そこで牢屋に閉じ込められたドロンボーは、眠りガスで眠らされてしまいました。そんな中、オダ様にかまれて目覚めたガリナは、リュウを励ましつつ、ここから逃げ出す作戦を考えるのでした。いつの間にかガリナは、ボヤッキーに教わってメカを作っていました。まだ未完成ですが、どうみてもオモッチャマですね。(^^;

そして目を覚ましたドロンボーと共に、彼らは発電所から逃げ出しました。そしてヤッターキングダムの閉ざされた海ではなく、広い海に行きたいというリュウの望みをかなえるためにドロンボーはがんばります。そして、ついにリュウは外の世界へと脱出することができたのでした。

前回で少し持ち直したかと思ったら、今回はまだぐだぐだでしたね。(^^;
気になるのは、アルエットの姿を見てゴロー将軍が動揺していたことと、ガリナがどんどん賢くたくましくなっていることです。この調子で成長したら、ガリナが真のヤッターマンになれるかもしれませんね。
アセイラム姫がついに目覚めました。皮肉なことに、それと同時にスレインは火星騎士を掌握して、地球侵攻を進めるのでした。

偽のアセイラム姫のレムリナ姫と、スレインは結婚することになりました。それと同時に、スレインはアセイラム姫の代行者としての立場を得ました。火星騎士全てを束ねると同時に、アルドノアの起動因子もスレインは手に入れたのでした。そんな中、アセイラム姫が目を覚ましました。スレインは、レムリナ姫にはその事実を隠して、状態が悪化したと報告します。そして別の場所で、アセイラム姫の治療は続けられたのでした。

そしてついに、アセイラム姫が目を覚ましました。目は覚ましたものの、アセイラム姫の状態は完全ではありません。どうやら、これまでの記憶も完全には蘇っていないようです。地球と火星との友好を願っていたアセイラム姫が目覚めるのと同時に、スレインが地球への攻撃を強化することになったのは皮肉なことですね。

スレインはハークライトに命じて、彼に反抗する火星騎士を掌握することにしました。偽のアセイラム姫の後ろ盾もあるので、力で相手をねじ伏せるのではなく、必要とあれば反抗する者に罪を着せて、火星騎士の地位を剥奪することもできるようになったのです。そして、そんなスレインの下に火星騎士は結束してゆくのでした。

その頃、地上ではデューカリオンは相変わらず遊撃任務だけを行っていました。地球側で最強の戦力のはずなのに、火星の技術が使われているということで上層部はデューカリオンを信頼していないのでした。そして同時に、地球側には火星を見下す気持ちも根強くあったのでした。

そんな中、伊奈帆たちは姿の見えない敵との戦いを繰り広げていました。巧妙な光学迷彩の力を持ったカタクラフトは、伊奈帆の左目の力を使っても捕らえることができません。しかし、存在しているからには攻撃することは可能だと伊奈帆は考えていました。物体がそこにある以上、必ず空気の流れに影響を及ぼします。伊奈帆はそれを利用して、姿の見えない敵を捕らえようとしていました。

その時、新たなカタクラフトが戦場へと現れました。また軌道上からは、新たな揚陸城が地球へと飛来したのでした。これまで個々に戦っていた火星騎士たちが、スレインの命令で連携攻撃を開始したのでした。単独でも地球側の兵器より超越した力を持つ相手が、今度は複数で襲ってきたのです。この攻撃に、伊奈帆たちはどう対応するのでしょうか!?
バイトでやっている仕事と、それがらみの勉強が予想外に忙しいので、アニメ感想の量を減らします。(^^;

 日曜 Go! プリンセスプリキュア
 月曜 アルドノア・ゼロ
 火曜 夜ノヤッターマン
 水曜 黒子のバスケ
 木曜 ガンダムビルドファイターズトライ
 金曜 四月は君の嘘
 土曜 アイカツ!

・・・で、いきたいと思います。「SHIROBAKO」「純潔のマリア」「デュラララ!!」「DOG DAYS″」「クロスアンジュ」は録画は継続しますが、視聴&感想を書く時間の確保が難しいので、リタイアします。(^^;
余裕ができたら、その時に追加で感想を書きたいな〜と思ってます。
交換留学の1ヶ月もあっという間に終わり、みやびが京都に帰ることになりました。(;_;)

みやびの交換留学も、あと3日で終わりです。そんなみやびに、学園長からステージの依頼がありました。てっきりあかりたちと楽しくステージで盛り上がって終わりかと思ったら、なんとみやびは対決ライブがやりたいと言い出したのでした。対戦相手としてみやびが指名したのは、さくらでした。

そんな中、あかりたちはみやびとのお別れ会の準備を進めていました。しかし、何をしていてもみやびとの楽しかった日々が思い起こされます。そしてあかりは、みやびを送る横断幕に何を書いたらいいのか迷っていました。そんなあかりに、珠璃たちはみやびのところへ行ってこいと言ってくれたのでした。

みやびは、さくらと一緒に長刀の稽古をしていました。いつもフワフワした感じのさくらですが、なんと長刀の経験があったのでした。あかりはそんな2人の練習を見学させてもらったのでした。その後で、あかりはさくらから、いちごが留学していた時のことを教えてもらいました。それを聞いたあかりは、横断幕に何を書いたらいいのか気がついたのでした。

そして対決ライブの日がやって来ました。みやびとさくらは、一緒にステージに立ちました。そして投票の結果は、さくらの勝利でした。しかし、負けたとはいえ、みやびも晴れやかな顔をしています。こうしてみやびの、スターライトでの最後のステージは終わったのでした。

そして、みやびは京都へと帰ります。そんなみやびを見送るあかりたちからの言葉は、さよならではなく、またねでした。同じアイドルという道を歩いている限り、どこにいてもあかりたちとみやびはつながっているのでした。

というわけで、珠璃に続いてインパクトの大きかったみやびが、とうとう京都に帰ってしまいました。(;_;)
最後の最後で、みやびはスターライトの制服を着てくれました。こんなレアな姿をチェックするために、あおいがその場にいないのがちょっと不思議でした。
京都へ帰ったみやびですが、これで終わりにしないで、これからも登場させて欲しいです。今度はあかりたちが京都に遊びに行くお話とかが見てみたいなあ。
タイタニア5 <凄風篇> (講談社ノベルス)田中芳樹さんの「タイタニア」第5巻、凄風篇を読み終えました。4巻が22年ぶりに発売された後、続きは1〜2年の間に出るといいな〜と感想を書いたのですが、本当に1〜2年の間に続編が出て驚きました。しかも、この第5巻が完結編となります。

藩王の陰謀により、ジュスランと共に戦っていたアリアバートは、イドリスの12歳の弟ゼルファの手で暗殺されました。これを受けてアリアバート・ジュスラン連合は、一時的に茫然自失の状態になります。この時、イドリスが手を打てば、ジュスランたちを壊滅させることも用意でしたが、イドリスは溺愛する弟がジュスランの手に落ちたことに動揺して動けませんでした。

そんな中、藩王の命を得て、イドリスのもう1人の弟・ラドモーズが黒太子と呼ばれる超弩弓戦艦でウラニボルグから出撃しました。その戦いで、ラドモーズは味方を犠牲にして敵を討つという、常識では考えられない作戦に出ました。そんな中、流星旗軍からジュスランにある申し入れがありました。なんとジュスランの手にあるゼルファと、ヒューリックを交換しようというのです。

こうしてファン・ヒューリックは、アリアバート亡き後のジュスランに手を貸すことになったのでした。そしてヒューリックは、黒太子に苦しむジュスラン艦隊を、その奇計で救うことになるのでした。そしてジュスランとイドリスは、藩王に立ち向かうことを決めました。時を同じくして動いた2人は、藩王府で対面することになるのでした。

またジュスランの元にいるヒューリックのところには、いつもの流星旗軍の面々が合流しました。こうして最後は、ジュスランたち自身が藩王に立ち向かうことになったのでした。結果的に藩王は、ジュスランに殺害されることになるのでした。また、その戦いの中で、一時的にジュスランと手を結んだイドリスは命を落としたのでした。

こうして長い戦いは終わりました。しかし、世界は藩王が不在という、かってない混沌の中にあります。藩王を殺害したものの、藩王位に執着がないジュスランは、フランシアと共に表舞台から姿を消しました。そして、バルアミーも、エルビング王国の王女リディアの元へと帰りました。そしてヒューリックもまた、セラフィンと共に去りました。こうして1つの時代が終わり、新しい時代が始まろうとするところで物語は完結しました。

まさか、これだけの短期間で続刊が発売されるとは思いませんでしたので、本当に驚きました。(^^;
とりあえず、物語は完結しましたが、5巻の後半はかなり急ぎ足の展開で、雑な部分が目についたのが残念でした。できれば藩王との戦いは、肉弾戦ではなく、ヒューリックも加えた艦隊戦で決着をつけて欲しかったです。
3人目のプリンセスプリキュア、キュアトゥインクルの登場です! ・・・と思ったら。(^^;

はるかたちのプリンセスパフューム探しは続いています。そんな時、はるかが大好きなモデル・天ノ川きららが、プリンセスパフュームを持っていることがわかりました。はるかとみなみは、早速きららと話をしようと思いました。しかし、きららはかなりマイペースで、はるかたちの話を聞いてくれません。そこで2人は、放課後で直すことにしたのでした。

放課後はきららは、モデルの仕事で街へと出かけていました。それを追いかけて、はるかたちも街へと向かいました。そこで再び、クローズがゼツボーグを生み出しました。プリキュアに変身した2人は、あっという間にゼツボーグを撃退したのでした。そしてようやく、きららと話をすることができました。しかし、プリキュアになって欲しいという頼みを、きららはあっさり断りました。そしてプリンセスパフュームを返してくれたのでした。

それでもはるかは、きららのことをあきらめられません。そこではるかたちは、きららが出演するファッションショーに出かけたのでした。途中の休憩時間に、はるかはきららにドーナツの差し入れをしました。それをきららは、とても喜んでくれるのでした。そんなきららの化粧道具の中に、いつの間にかドレスアップキーが入り込んでいました。

そしてショーの後半が始まりました。そこに再び、クローズがゼツボーグを送り込んできました。はるかたちはプリキュアに変身して戦いますが、ゼツボーグに苦戦することになるのでした。そんな2人を助けてくれたのは、ショーをめちゃくちゃにされて腹を立てていたきららでした。そしてきららは、ドレスアップキーを使ってプリンセスプリキュアに変身しました。

初登場のプリキュアは強いの法則は健在で^^;、キュアトゥインクルはあっという間にゼツボーグを倒してしまったのでした。3人目のプリンセスプリキュアが見つかって、はるかは大喜びです。ところが、きららはショーを邪魔されたことに腹を立てただけで、プリキュアになるつもりはないのでした。きららが正式な仲間になるには、もう少し時間がかかりそうです。

ついに3人目が登場と思ったら、自分の夢をしっかりと持っているきららは、プリキュアになることよりも自分の夢を追求することを選びました。この潔さとサバサバしたところが、きららの魅力ですね。(^^)
今日の更新はお休みします。(^^;
凪の学園祭で、公生と凪は連弾します。2人はそれぞれに思いを届けたい人がいました。

ついに学園祭で凪と公生の出番がやって来ました。演奏するのは、チャイコフスキーの「眠れる森の美女」をラフマニノフが編曲した連弾版です。ステージに立つ前は緊張でガチガチだった凪でしたが、いい感じで公生が緊張を解きほぐしてくれました。そのおかげで、凪は最高の出だしで演奏をスタートすることができたのでした。

順調に演奏を続けていた2人でしたが、途中で公生はまだピアノの音が聞こえていることに気づきます。それは公生がまだ、演奏に集中していない証拠でした。そこで公生は、メインであるはずの凪をくうかのような伴奏を始めたのでした。そんな公生に驚きつつも、凪はそんな公生の挑戦を受けて立つのでした。

そして演奏する2人の脳裏にはさまざまなことが思い浮かびます。凪は敵視していた公生の思わぬ優しさ、そしてこれまでに必死で積み重ねてきた練習の日々。これまではお兄さんの背中を追いかけていただけの凪でしたが、苦しい練習の中で見えてきたこともありました。かっては黙って悩み苦しむお兄さんを見守ることしかできなかった凪でしたが、今の凪は同じ苦しみを共有しているのでした。

そして公生もまた、演奏しながらかをりの姿を追い求めていました。そんな公生たちの演奏を、渡は携帯でかをりの病室へと届けていたのでした。そして、それを聴いていたかをりは、いつしかバイオリンを弾く動きを始めていたのでした。公生が届けたかった思いは、きちんとかをりに届いたのでした。

こうして2人の演奏は、大喝采を浴びることになりました。そして公生は、ようやく凪が相座の妹だということを知るのでした。凪もかなりのブラコンですが、相座もそれに劣らないシスコンだということが判明しました。(^^; そして、そんな2人の演奏を聴いたことで、相座もまた走り始めました。

そして公生は再び、病院のかをりの元へとやって来ました。公生からのメッセージを受け取ったかをりは、再びバイオリンと向き合う覚悟を決めたようです。かをりの病は重いようなので、いつまで演奏を続けられるのかわかりませんが、きっとかをりは最後の最後まで演奏家でいてくれると思えました。(^^)

このところ重い展開が続いていましたが、やはり演奏シーンがあると作品が華やかになりますね。
サリアに撃たれたアンジュは、エンブリヲに捕らわれるのでした。

タスクの機転のおかげで、アウローラから脱出したアンジュたち。そのアウローラを狙って、サリアたちが攻めてきます。アンジュはやむなく、アウローラを守るために戦うことになるのでした。なんとかエルシャやクリスを撃退したと思いきや、サリアの奇襲攻撃を受けたアンジュは撃墜されてしまうのでした。

アンジュが目を覚ますと、そこは懐かしいミスルギ皇国でした。しかし、そこにエンブリヲがいることを知っていたアンジュは、戦うことをやめようとはしません。そしてアンジュは、サリア、エルシャ、クリスがそれぞれの求めていたものをエンブリヲから与えられて、彼に心酔していることを知るのでした。

そしてアンジュは、ついにエンブリヲの前に立ちました。そんなアンジュを、エンブリヲはサラたちが助け出そうとしているアウラの元へとアンジュを連れて行きました。そこでアンジュは、ためらうことなくエンブリヲを撃ち殺したのでした。ところが、頭を打ち抜かれたはずのエンブリヲは、何度でも平然と蘇ってアンジュの前に現れます。

そんなエンブリヲに、アンジュは心を支配されそうになりました。しかし、エンブリヲにキスされたアンジュは、タスクのことを思い出して正気に戻るのでした。あくまでも自分に屈しないアンジュが現れたことで、エンブリヲはうれしそうです。アンジュはどうすれば彼を倒すことができるのでしょうか!?

そしてエンブリヲは、かってジル=アレクトラとも関係を持っていました。なんかエンブリヲって、手あたし次第に女性をたぶらかすとんでもない奴ですね。(^^;
セカイとイノセ、同じ次元覇王流を学んだ者同士の運命の闘いです!

イノセは不良たちに命じて、トライバーニングの修理のためのパーツを手に入れたユウマを襲わせました。しかし、それはギリギリのところで阻止されました。フミナがセカイと共にその場に駆けつけ、ラルさんとミライもやって来ました。さらには、メイジン・カワグチとレディーカワグチも現れました。

イノセの気配に気がついたメイジンは、出てくるように言いました。しかし、不良たちを前にイノセは、自分には全く関わりのないことだと白を切ったのでした。突然のイノセの登場に、セカイとミライは激しく動揺しました。イノセはセカイの兄弟子だったのでした。

かってイノセは、セカイと共に次元覇王流の修行をしていました。その中でセカイは、イノセから多くのことを教わったのでした。しかし、ある日をさかいにイノセは変わってしまいました。次元覇王流の奥義を求めたイノセに、師匠はそれを与えてくれなかったのです。それ以来、イノセは変わりました。次元覇王流だけでなく、あらゆる武道を学び始めたのです。

そんなイノセと、セカイたちトライファイターズがついに激突します。その前に、ユウマのライバルであるサカイやガンプラ学園も圧倒的な強さで準々決勝を勝ち抜いていました。それに続こうと、セカイたちも気合いを入れて試合に挑みます。

それまでは天山学園の補欠というポジションにいたイノセですが、ついにセカイと決着をつけるために闘いの場に登場しました。その強さは圧倒的なようですが、イノセは仲間との連携は全く考えていません。自分だけが強ければそれでいい、そうイノセは考えているようです。

セカイをイノセとの闘いに集中させるために、フミナとユウマが他の2人の相手をします。そしてこちらは、無事にイノセの仲間たちを撃破したのでした。そしてセカイとイノセの激闘は続いてます。どちらも同じ次元覇王流の技を繰り出しますが、その練度という点では兄弟子のイノセに分があるようです。そればかりか、イノセは次元覇王流を離れてから、合気道にボクシング、中国拳法とあらゆる技を学んで身につけていたのでした。

そんなイノセを相手に、セカイはついにバーニング・バーストを発動させました。ところが、同じようにイノセもバーニング・バーストを使ってきました。同門同士がぶつかり合ったこの試合、勝利を勝ち取るのはセカイなのでしょうか。それともイノセなのでしょうか。

前回に続いて、今回も熱い展開でした!!!
本格的なセカイとイノセのぶつかり合いは次回になりましたが、あくまでも師匠の教えを貫こうとするセカイと、それを見限って自分なりの強さを追い求めるイノセのぶつかり合いは、本当に燃える展開ですね!
洛山対秀徳、ついに決着です!

赤司のエンペラーアイの前に、秀徳の全ての攻撃と防御は無力化されてしまいました。しかし、緑間たちはまだ闘志を失っていません。ここで緑間が秀徳に入部したばかりの頃の回想に入ります。その頃から高尾は緑間にからんできていました。そんな高尾のことを、緑間は疎ましく思っていたのでした。

緑間はすっかり忘れていましたが、中学時代に2人は対戦したことがあったのでした。その時に緑間に徹底的に敗れた高尾は、高校でのリベンジを誓っていました。しかし、なんとリベンジを誓った相手は同じ高校の仲間でした。それでも高尾のバスケに対する気持ちは揺るぎませんでした。緑間に張り合うように練習して、その存在を示したのでした。

厳しい練習の中、入部した多くの者はやめていきました。しかし、緑間と高尾はそれに耐え抜きました。そして、その過程でそれまでの緑間にはなかった、仲間に対する信頼感が生まれていたのでした。そうして完成したのが、ボールをもらう前に緑間がシュートモーションに入り、そこに高尾がパスするという連係攻撃でした。この攻撃なら、いかに赤司のエンペラーアイでも防ぐことができません。

連続してこのシュートを決めた秀徳、あっという間に洛山との差を詰めます。これなら逆転もありうるかと思った時、赤司が意外な行動に出ました。なんと自分のゴールにシュートしたのです。この赤司の行動は、追い詰められて動揺している味方を落ち着かせるためでした。赤司は緊張感が切れていることを指摘しました。そして、大差で気が緩むならと、わざと自殺点を決めたのです。その上、もしもこの試合に負けたなら退部するだけでなく、自らの目をえぐり出すとまで宣言しました。

そんな赤司の叱咤を受けて、洛山の選手たちの目の色が変わりました。動揺から立ち直った洛山は、点を取られれば取り返し、秀徳に差を詰めさせません。そして赤司は、緑間に宣言しました。この試合の残りは、もう緑間にボールに触れさせないと!

その言葉通りに、赤司は緑間と高尾が生み出した連携シュートを攻略します。2人がかりのガードを高尾が振り切り、緑間にパスを出したその瞬間、そこには赤司がいました。赤司は、この連携シュートの弱点を見抜いていました。左利きの緑間がシュートするためには、高尾は緑間の左側からパスする必要があります。さらに赤司は、高尾のイーグルアイまでも見切っていました。全ては完全に赤司の手の中にありました。

こうして秀徳は奮闘したものの、ついに洛山に敗れたのでした。(;_;)
赤司の力はとんでもないですね。エンペラーアイの力も凄いですが、それ以上に状況判断や勝利のための戦略が凄いです。さすがは奇跡の世代を率いてきたリーダーですね。
ドロンジョが、ボヤッキーとトンズラーとケンカしてしまうお話でした。

ヤッターキングダムの秩序を乱すドロンボー一味を、ゴロー将軍は絶対にお仕置きすると心に決めています。そして、どこまでもしつこくドロンボー一味を追いかけてくるのでした。そんなゴロー将軍から逃げる中、ドロンジョが負傷してしまいました。それを見たボヤッキーとトンズラーは、一度ヤッターキングダムから撤退しようと言い出すのでした。

それを聞いたドロンジョは怒り出します。今も多くの人たちがヤッターキングダムで苦しんでいます。ドロンジョはそれを放っては置けないのでした。しかし、今回は珍しくボヤッキーとトンズラーも譲りません。そんな2人から離れて、ドロンジョは1人で行動しようとするのでした。

そんな中でも、ゴロー将軍の追跡はやって来ます。独りぼっちのドロンジョも、ボヤッキーたちもゴロー将軍の部下のヤッターマン兵に追われて大苦戦しました。そしてガリナがゴロー将軍に捕まってしまったのでした。
ガリナの顔を見たゴロー将軍やその下部のロボット犬が、なんだか妙な反応をしていましたが、これは何かの伏線なのでしょうか!?

そしてドロンジョは、雪の中独りぼっちで逃げるうちに崖から転落してしまいました。そこでドロンジョは、1人の村人に助けられたのでした。しかし、その村人はヤッターマンに怯えながら暮らしていました。それを知ったドロンジョは、こういった人たちのためにもヤッターマンを倒そうと誓うのでした。

そんな中、ゴロー将軍が捕らえたガリナを利用して、ドロンボー一味をおびき出そうとしました。夜が明けた時、ガリナは処刑されてしまうのです。そのことを知ったドロンジョでしたが、ボヤッキーたちの助けがなければ何もできません。そんな時、ドロンジョは助けてくれた村人が教えてくれたラベンダーの花言葉を思い出しました。

そしてドロンジョは、たった1人でガリナを救うために処刑場へと乗り込んだのでした。しかし、すぐにヤッターマン兵がドロンジョに迫ります。そこに絶妙のタイミングで、ボヤッキーたちがメカに乗って登場したのでした。ドロンボー一味は、ヤッターマン兵をなぎ払い、ヤッターパグは落とし穴に落として、その間に逃走したのでした。しかし、ドロンジョを助けてくれた村人は、ヤッターマン兵の銃撃を受けて命を落としたのでした。

今回ドロンジョは、信じることの大切さを学びました。そして、ヤッターマンにデコピンするだけではなく、ヤッターマンを倒そうと決意したのでした。そしてボヤッキーとトンズラーも、ドロンジョが望むように行動させることこそが大切だということに気づきました。こうしてドロンボー一味の結束は、ますます深まったのでした。
セルティはヴァローナに狙われて、新羅の元にはセルティが探すように依頼された幼女を連れて静雄たちがやって来ます。そして帝人は、正臣からの忠告があったにも関わらず青葉に誘い出されようとしています。

時間は再び少し前に戻りました。粟楠茜を探すように頼まれたセルティは、それとは別に澱切陣内を見つけたら知らせるように頼まれました。そんな澱切陣内が、ヴァローナとスローンに粟楠茜を誘拐して欲しいと依頼しました。そのための障害として、澱切はセルティの存在をヴァローナに教えたのでした。ヴァローナがセルティを狙ったのは、このためだったのでした。

まんまとヴァローナにやられたセルティでしたが、もちろんこれくらいで死ぬはずがありません。ワイヤーで首を切られながらも、セルティはヴァローナのバイクに印をつけて後を追えるようにしていたのでした。そしてセルティは、首なしのまま街を駆け抜けます。

その頃、セルティが探している幼女・粟楠茜は、セルティと新羅のマンションにいました。静雄とトムが、茜の扱いに困って新羅のところへと連れてきたのでした。そこで茜は、熱を出して倒れてしまいました。新羅は茜の診察をすることになるのでした。

一方、来良学園では委員会に出席して遅くなった帝人と杏里に、青葉が出会いました。青葉は連休中にまた街を案内して欲しいと帝人に頼みました。正臣の忠告を聞いていた帝人はそれを断ろうとしますが、青葉が強引に杏里だけを誘おうとするのを見て帝人も青葉につきあうことになってしまうのでした。

その夜、チャットをしていた帝人は、何者かがダラーズの名を借りて埼玉の暴走族を痛めつけたことを知りました。ネットで情報を調べた帝人は、正臣が伝えようとしていたのはこれだったのかと気がつきました。そんな帝人のところに、臨也から電話がかかってきました。臨也は帝人を挑発するような話をするのでした。

そして夜遅く、杏里のアパートを何者かが訪れました。呼び鈴を鳴らしたその相手は、いきなりペンチでチェーンロックを破壊しました。誰が杏里を狙ってきたのでしょうか。

またいろいろな事件が同時に起きて、ややこしいことになってきましたね。(^^;
前半は伊奈帆たちと地球の火星騎士セルナキスの戦いが、後半ではスレインとマリルシャンの決闘が描かれました。

マリルシャンとの決闘を受けたスレインは、彼を支持してくれるゼブリン伯爵たちにその決意を示しました。スレインは、今の火星騎士にはおごりがあると指摘しました。それが地球攻略に手こずる原因だというのです。確かに今の火星騎士の戦いは、能力的に優れたカタクラフトの力による、力押しの戦いばかりですね。それを示して、火星騎士を1つにまとめるためにも、今回の決闘が必要だと説明したのでした。

その頃、地球では伊奈帆たちがセルナキスのカタクラフト・ソリスとの戦いを始めようとしていました。長距離で強力なレーザー砲を放てるソリスに、地球連合は苦戦していたのでした。ソリスに近づこうとするものは、すべてその長距離砲でやられてしまうのです。そんな敵に対して、伊奈帆は近距離まで敵に接近する作戦を立てました。そしてなんと、伊奈帆の左目の能力を使って、超遠距離からデューカリオンにソリスを砲撃させたのでした。

それに気づいたソリスは、デューカリオンを狙います。しかし、レーザー光線は直進するため、水平線の向こうに隠れている相手には砲撃を当てることができません。一方、デューカリオンの砲撃は重力に引かれて放物線を描くため、水平線の向こうの相手を狙えるのです。作戦の途中で、伊奈帆の姉のユキが被弾して危ないところでしたが、伊奈帆の的確なサポートでついにソリスを撃破したのでした。

その頃、月面基地ではスレインとマリルシャンの決闘が始まろうとしていました。先読みの力を持つスレインのタルシスに対して、マリルシャンのハーシェルは多数のファンネル(?)を搭載していました。その集中砲火を浴びて、スレインはひたすら逃げることしかできません。そしてスレインは、資材搬入用の通路へと逃げ込みました。マリルシャンは勝ちほこりましたが、そこへ逃げ込んだのはスレインの作戦でした。

狭い通路の中では、ハーシェルの多数のファンネルも動きを制限されます。そこをスレインに狙い撃たれたのでした。そして反撃に出たスレインは、マリルシャンのハーシェルを破壊しました。この時にコクピットがむき出しになり、マリルシャンは宇宙空間へと放り出されて命を落としたのでした。

こうしてスレインは、マリルシャンとの戦いに勝利しました。マリルシャンの持っていた財産は、勝者の権利によってスレインが受け継ぐことになりました。立会人となったバルークルスは、黙ってこれを受け入れるしかありませんでした。

驚いたことに、このスレインの月面での戦いを、地上に居ながらにして伊奈帆は見ていました。伊奈帆の左目に装着された装置は、どこまで高性能なのでしょうか。(^^;

これで終わりかと思ったら、EDの後にレムリナ姫が昏睡状態のアセイラム姫の生命維持装置を止めようとしていました。アセイラム姫の身代わりという形ではありますが、スレインとの婚約を発表したレムリナ姫は、スレインの心がいまだにアセイラム姫にあることを知っていました。アセイラム姫を殺して、その立場を奪おうとしたレムリナ姫でしたが、寸前でそれを止めました。でも、その行動が引き金になったのか、アセイラム姫が一瞬だけ目を開けました。本物のアセイラム姫が目覚めた時、レムリナ姫はどうするのでしょうか!?
ガレットでレオ様とお見合いできる権利が得られる興行が行われるお話でした。

ガレットでは近々大きな興行が行われます。それはレオ様とお見合いする権利を賭けての、武芸大会でした。毎年この大会には多くの参加者が集まります。今年も大勢の参加者が、レオ様とのお見合いをかけてエントリーしていたのでした。シンクたちは、その興業を見物に行くことになりました。

そして、いよいよ大会が始まりました。多くの出場者の中から、選りすぐりの勇者たちがレオ様と直接対決することになりました。どの参加者も強そうなのですが、レオ様にかかると瞬殺されてしまうのでした。(^^;
そんな参加者の中に、フードで顔を隠した謎の人物がいました。その者は、名前や出身地さえも明かさずに大会に参加していたのでした。

そんな謎の対戦者とレオ様は戦うことになりました。その参加者は、これまでの相手と比べると恐るべき強敵でした。なんとレオ様と互角に渡り合っています。その対戦者にレオ様は覚えがあったようです。そこで戦いの中、相手の衣装をはぎ取りました。するとそれは、まだ小さな少年でした。その少年は、ジェノワーズのベールの遠縁にあたるハルヴァー王国のリーフ王子でした!

リーフがまだ小さかった頃、レオ様はリーフと会っていたのでした。そしてレオ様は、リーフに武道の手ほどきをしてあげたのでした。その時の教えを守り、修練を続けてきたリーフは恐るべき武術者へと成長していたのでした。とはいえ、まだレオ様にはかないませんでした。ギリギリのところで、リーフはレオ様に敗れてしまったのでした。

かろうじてリーフ王子に勝ったものの、なんとレオ様の衣装が粉砕されるサービスつきです。(^^;
結局、いろいろあっても最後は裸で終わるのがこの作品らしいですね。(笑)

そんなリーフは、レオ様に恋心を抱いているのかと思いきや、単にゆっくりレオ様とお話したかっただけでした。リーフはお見合いの意味をよく知らずに、レオ様と2人きりでゆっくりお話しできることだと思い込んでいたのでした。(^^;
Go!プリンセスプリキュア カンバッジ キュアトゥインクル消えたプリンセスパフュームはみつかりません。そんな中、寮にパフがいることがみんなに知られてしまいました。

最後のプリンセスプリキュアが見つからないのに、プリンセスパフュームが消えてしまいました。はるかとみなみは必死にそれを探しますが、結局見つけることができませんでした。そして翌日は、はるかは他の1年生と一緒に寮のさまざまな仕事をこなします。上級生がそれを指導してくれますが、如月先輩はちょっと怖い感じです。

お風呂場の掃除をしたり、切れた電流を取り替えたり、ゴミ出しをしたりと、仕事はたくさんあります。その間も、みなみはパフたちと一緒にプリンセスパフュームを探しています。ところが、そんなパフが如月先輩に見つかってしまいました。ノーブル学園の規則では、寮でペットを飼うことはできません。そこではるかは、新しい規則を作ることを提案しました。しかし、飼いたいという人と反対する人で意見が分かれています。

寮で起きた問題は、みんなで解決しなければなりません。問題解決のリーダーは、生徒会長のみなみに託されました。みなみはペットを飼うことの利点を認める一方で、生き物を世話することのたいへんさも指摘しました。そして、寮の規則を変えるには寮生全員の賛同が必要だと指摘しました。こうしてパフを飼うか飼わないかを判断するために、1週間の猶予期間が設けられたのでした。

その間にはるかは、みんなにパフの魅力を伝えようとがんばります。そして少しずつ、反対していた人たちもパフのかわいさや賢さに意見を変えていきました。しかし、そんな中如月さんだけはどうしても意見を変えてくれません。なんと如月さんは、犬が嫌いだったのでした。

そんな時、ディスピアの新たな三銃士が現れました。シャットは、クローズがプリンセスプリキュアの誕生を阻止できなかったので、今度はシャット自身が行動を起こすことにしたのです。こうして再びゼツボーグが現れました。それを知ったはるかとみなみは、プリキュアに変身してゼツボーグと戦うのでした。

しかし、シャットに横やりを入れられたクローズは面白くありません。そこでクローズは、もう1体のゼツボーグを生み出したのでした。クローズの生み出したゼツボーグは、パフと一緒に逃げていた如月さんを襲おうとしました。パフは必死で、それを阻止しようとするのでした。

それを知ったフローラとマーメイドは、二手に分かれて2体のゼツボーグを浄化しました。そして封じ込められていた夢を、解放したのでした。

そして、いよいよパフを飼うか飼わないかを決める日がやって来ました。飼うことに反対しているのは、如月さんだけでした。パフに助けられたことで、如月さんもパフを飼うことを認めてくれました。こうしてパフは、正式に学園の寮で飼われることになったのでした。

でも、パフの騒動があったせいで、プリンセスパフューム探しは進んでいません。そして消えたプリンセスパフュームは、天ノ川きららが拾っていたのでした。次回はいよいよ3人目のプリンセスプリキュアが登場するようです。楽しみですね。(^^)

今回は、3人目の登場ではなく、パフをテーマにしたお話でした。すぐにみんなが飼うことに賛成するのではなく、はるかがそれを説得していく流れがよかったです。そして、犬が嫌いという如月先輩の存在もよかったです。たくさんの人がいれば、いろいろな事情を抱えた人がいます。規則を変えるには、みんなの賛成が必要というルールは、みんなが快適に生活するために大切なことですね。
そして、同じプリンセスプリキュアという仲間ですが、みなみがはるかに同調するのではなく、あくまで生徒会長としての公正さを保っていたのもよかったです。(^^)
サンクスバレンタインというイベントがスターライト学園で行われることになりました。そしてあかりは、学園のシェフ四ツ葉さんが元アイドルだということを知るのでした。

もうすぐバレンタインデー、スターライト学園にはファンからたくさんのチョコレートが贈られてきました。そのチョコを使って、ファンに感謝の気持ちを伝えるためのサンクス・バレンタインというイベントが企画されました。学園のシェフ・四ツ葉さんは、たくさんのチョコを使って大きなツリーを作ろうと考えていました。

そんな中、学園の外をランニングしていたあかりたちは、校門の前で見知らぬ女性たちと出会いました。それはなんと、四ツ葉さんのファンの人たちでした。四ツ葉さんは、元はアイドルだったのでした。あっという間に人気者になった四ツ葉さんでしたが、かなえたい夢があるからと引退してしまいました。彼女たちは、その時からずっと四ツ葉さんを応援していたのでした。

それを知ったあかりは、今回のサンクス・バレンタインの中で、四ツ葉さんのシェフ姿を見たいというファンの願いをかなえてあげられないか考えました。そんな時、あかりはイベントのMCをするいちごと出会いました。あかりから話を聞いたいちごは、イベントの途中でチョコタワーの制作者として四ツ葉さんを紹介してくれたのでした。

こうしてあかりたちのファンだけでなく、四ツ葉さんのファンにも感謝の気持ちを伝えることができました。
その後は、珠璃とひなきによるステージでした。こうしてサンクス・バレンタインのイベントは、大成功に終わったのでした。

次回は、交換留学生としてやって来たみやびが、母校に帰ってしまうお話みたいです。ついこの間やって来たばかりなのに、もう京都に帰っちゃうんですね。ちょっと寂しいです。(;_;)
かをりの病気が重いと知って、公生はかをりの姿と亡くなった母親の姿が重なります。そんな中、公生は凪の学園祭で一緒に演奏させて欲しいと言い出すのでした。

夜、かをりの病室を訪れた公生は、そこでかをりの病気が重いことを知りました。かをりは一緒に心中しようと言ってみたり、私のことを忘れてと言ってみたり、悲しいことばかり言います。そして公生には、そんなかをりの姿が、亡くなった母親と重なるのでした。

そんな中、公生は椿にかをりのお見舞いに行こうと誘われました。しかし、公生はどんな顔をしてかをりの前に立てばいいのかわからなかったのでした。そんな公生に思いを寄せる椿は、公生がかをりに会いに行かないと言ったことで残念な反面ほっとしてみたり、公生への思いで揺れています。そして椿は、公生が進学する音楽学校の近くの学校に進学することを決めていました。少しでも公生の近くにいたくて、志望校のランクを上げたのでした。

かをりのことが気になる公生は、練習にも身が入りません。そんな公生を心配して、凪が励ましてくれました。
そんな凪は、公生を追いかけている兄をいつも見つめてきました。必死にがんばっているのに、公生に追いつけない兄。そんな兄に、凪はかけられる言葉がありませんでした。この時、お兄さんに無責任にがんばってという言葉をかけない凪のやさしさがよかったです。

そして凪との会話の中から、公生は誰かのために演奏することの大切さを思い出しました。しかし、公生の母親の死というトラウマは重たくて、それでもかをりのところにお見舞いに行くことができませんでした。そんな公生に、渡がかをりのお見舞いに行こうと声をかけました。そして公生は、ようやく渡に自分の弱さをさらけ出すことができたのでした。そのおかげで、ようやく公生はかをりのお見舞いに行くことができました。

そして公生は、ある決意をしました。なんと凪の学校の学園祭で、公生も一緒に演奏をしたいと言うのです。そんな無茶なお願いを、凪は意外とあっさりと承知してくれました。そして、その日から学園祭に向けての練習の日々が始まりました。そんな中、凪は次第にプレッシャーに押しつぶされそうになっていくのでした。

無遠慮に周囲からかけられる期待。そして、ついに凪はそれに押しつぶされそうになりました。そんな凪に、紘子さんは誰だって演奏の前は怖いと教えてくれました。それは本気で必死にやっているからこそ生まれてくる苦しみでした。しかし、今も演奏を続けている紘子さんや公生は、その先にある素晴らしいものを知っていました。その言葉に励まされて、凪は再びピアノに向かうことができたのでした。

かをりのお見舞いの帰り道、公生は渡にお願いをしました。それを渡は、内容も聞かずに引き受けてくれました。椿といい渡といい、公生は本当にいい友達に恵まれましたね。

そして、ついに学園祭の日がやって来ました。凪は本番前の緊張でガチガチです。そんな凪の緊張をほぐそうとする公生でしたが、公生の手も震えていることに凪は気がつきました。そして凪は紘子さんの言っていたことを思い出しました。本番前は、公生でも怖かったのでした。そして、いよいよ2人の出番です。2人はこのステージで、どんな演奏を聴かせてくれるのでしょうか。病室でかをりがパソコンの前にいましたが、演奏の様子をビデオ中継するつもりなのでしょうか!?

ここ数話、ちょっとクオリティが落ちている気がしていましたが、今回は久々に作画もきれいでよかったです。
そして公生が凪に励まされて、凪が公生に励まされるという展開もよかったです。そんな中気になるのは、かをりの病状です。もうバイオリンの弓を持つこともできなくなっているようですし、なんだかどんどん透明になっているみたいで、あまりの痛々しさに悲しくなります。(;_;)
WordPressレッスンブック HTML5&CSS準拠お仕事がらみでWordPressを使うと便利そうな部分があったので、この機会に勉強してみました。

WordPressの解説本はたくさんありますが、どれを選んだらいいのかで迷いました。現在のWordPressの最新バージョンは4.1なのですが、書店に並んでいる本をみると3.xを対象としたものばかりでした。多少の違いはネット情報を参考にすれば何とかなると思ったので、HTML5%CSS3準拠の「WordPressレッスンブック」を購入することにしました。選ぶ決め手になったのは、以前同じ著者の「HTML5&CSS3レッスンブック」が読みやすかったことと、サンプルとして用意されたテーマをカスタマイズするのではなく、自分の手でindex.phpなどを作成していく方式だったからです。

勉強するためのローカル環境として、本ではBitnamiが紹介されていましたが、導入事例が多いMAMPを使ってローカル環境を用意しました。この環境でも、特に問題なくレッスンを進めることができました。

とりあえず、WordPressを使ってのサイト構築の流れを押さえたかったので、3〜4日くらいで一気にレッスンを終えました。かなり駆け足な感じでしたが、それでも大きな流れと、困った時はどこを参照すればいいかを把握することができました。

最初はレッスンに従って、WordPressの管理画面で作業を行っていました。しかし、管理画面でコードを入力すると、シンタックスのハイライトやテキスト補完機能が使えないので、途中からコンソール画面で必要なファイルを開いて、vimでファイル編集をする方式に変えてしまいました。(^^;
vimでのWordPressシンタックスハイライトには、wordpress-vim-syntaxを利用させていただきました。また、vimでのWordPressの関数の補完には、vim-dict-wordpressを利用させていただきました。便利なツールを公開してくださった作者さんに感謝です!
ジルたちと合流したアンジュは、ドラゴンとの共闘を提案します。しかしジルは、アンジュたちをリベルタスを成功させるための道具としか考えていなかったのでした。

アルゼナルの廃墟で、アンジュは懐かしいモモカやヒルダたちと再会することができました。アンジュたちがドラゴンの世界に行っている間も、ジルたちは潜水艦アウローラでエンブリヲとの戦いを続けていたのでした。しかし、味方だったはずのサリアたちはエンブリヲの手下となり、ヴィルキスを操るアンジュも消えたことで苦戦していたようです。

そこでアンジュは、ジルにドラゴンと手を組んで戦うことを提案しました。しかし、ジルはこれまで敵だったドラゴンと手を組むことに反発するのでした。とはいえ、ジルたちの戦力だけでは、エンブリヲを攻略することは難しい状況です。そこでジルは、戦いにドラゴンを利用することを思いつきました。ドラゴンにエンブリヲの戦力と戦わせておき、その間にアンジュにエンブリヲを倒させようと考えたのです。

しかし、こんな戦い方をアンジュが受け入れるはずがありません。命令を拒否したアンジュに、ジルは減圧室に閉じ込めたモモカを人質にして脅迫しました。もしアンジュが命令に従わなければ、モモカを殺すというのです。追い詰められたアンジュでしたが、タスクが昨晩のうちに艦内に細工をしていました。通風口に人を麻痺させるガスを仕込んでいたのです。

ジルたちが倒れている間に、アンジュはモモカを助け出してアウローラから脱出しようとします。その前に、ジルが立ちふさがりました。そしてアンジュは、ジルと勝負して決着をつけることにしました。ジルは強敵でしたが、アンジュは何とかジルを屈服させました。そしてアンジュたちは、アウローラから離脱しました。

そんなアンジュたちの前に、今度はエンブリヲに従うサリアたちが立ちふさがりました。この先アンジュたちは、どうなってしまうのでしょうか。

ようやく元の仲間と再会したと思ったら、またまた慌ただしくアウローラから離脱してしまいましたね。
帰ってきたアンジュに、憎まれ口を叩きながらもすり寄ってくるヒルダがなんだか可愛かったです。(^^;
トライファイターズと統立学園の戦いの決着です! 今回はいつも以上に盛り上がりました!

アバンは、統立学園のシキ3兄弟の辛い過去から。長男のトシヤは、小学生の頃からガンプラビルダーとしての腕も優れ、ガンプラ学園への進学を希望していたのでした。しかし、トシヤは不合格となり、ガンプラ学園への入学を許されませんでした。それ以来3兄弟は、ガンプラ学園への復讐を誓ったのでした。

仕事を終えたミライが、ガンプラバトルの会場へ駆けつけると、会場は異様な雰囲気です。3台のSDガンダムが合体して、3つの首を持ったドラゴンの姿をしたスナイバル・ドラゴ・ギラへと変形していたのでした。スナイバル・ドラゴ・ギラは、それまでにセカイやユウマのガンプラから奪った粒子エネルギーも使って、トライファイターズを攻撃してきます。その圧倒的な力に、トライファイターズは追い込まれるのでした。

このまま狭い場所で戦っていては勝機はないとみたセカイは、無茶な作戦に出ました。地底洞窟の天井を破壊して、そこから脱出しようというのです。フミナのサポートもあって、トライファイターズはなんとか洞窟から脱出することができました。そして今度はその抜け出した洞窟を攻撃しました。これでスナイバル・ドラゴ・ギラも地底に埋もれたかと思いきや、これくらいではスナイバル・ドラゴ・ギラには傷一つつけることができませんでした。

こうしてトライファイターズと3兄弟は、再び真っ正面から戦うことになりました。セカイは次元覇王流の技を使って、スナイバル・ドラゴ・ギラへと突撃します。しかしスナイバル・ドラゴ・ギラの攻撃は、そんなビルドバーニングガンダムの拳を破壊する威力がありました。アシムレイトでビルドバーニングと同化していたセカイもまた、この攻撃でダメージを受けたのでした。

3兄弟は、これでセカイは倒したと確信しました。しかし、なんとセカイはまだ立ち上がってきました。そして右腕を破壊された状態から、渾身の必殺技を放ちました。その力は、スナイバル・ドラゴ・ギラの強力なシールドすらも破壊する力がありました。しかし、さすがにここでセカイは力尽きて、後はフミナとユウマに託しました。

そんなセカイの志を引き継いだかのように、フミナが戦います。なんとフミナのスターウィニングガンダムは、リアルモードにも変形することができたのでした。そして戦いの中、フミナは3兄弟に問いかけます。憎しみのためにガンプラバトルをして楽しいのかと。

そしてユウマは、少ない粒子残存量を集めて、スナイバル・ドラゴ・ギラに必殺の一撃を放ちました。最後はフミナがトシヤをたたき伏せて、ついにトライファイターズが勝利したのでした!

戦いに敗れはしましたが、3兄弟はこの戦いを通してガンプラバトル本来の楽しさを思い出したようです。そして、そんな3兄弟にキジマ・ウィルフィリッドは彼らと戦ってみたかったと敬意を表したのでした。

こうして戦いは終わりましたが、まだ次の戦いが待っています。ユウマは壊れたガンプラの修理を行います。自分のガンプラはあらかじめ補修部品が用意してありましたが、セカイのビルドバーニングを元の状態に戻せるか自信がありません。そんな時、お姉さんのチナから電話がかかってきました。なんとチナは、セイからの伝言を持って日本にやって来ていたのでした。

そしてチナは、ユウマにビルドバーニングの補修部品を手渡しました。かってのレイジと同じように戦うセカイに、セイも心を動かされたようです。そしてユウマが宿泊先に帰ろうとすると、不良たちに取り囲まれました。どうやらセカイと同じ次元覇王流を学んだイノセ・ジュンヤの仕業のようです。イノセは不良を使って、ユウマからビルドバーニングの部品を奪い取ろうとしました。ケンカはからっきしのユウマですが、ここは引くわけにはいきません。

今回は、3兄弟との戦いの決着ということもあって、これまでになく盛り上がりました!
お互いに傷つきながら、死力を尽くして戦い合う。やっぱりこういうバトルは燃えますね。そしてフミナの戦いぶりを見たシアは、フミナをライバルだと認めました。フミナとシアのバトルがどうなるのかも楽しみです。
そして次回は、同じ次元覇王流を学んだセカイとイノセの戦いになるようです。イノセは、戦いに勝つためなら手段を選ばない卑劣な男のようです。そんな相手と、セカイがどう戦うのか気になります。
洛山と秀徳の戦いが続いています。そんな中、ついに赤司がその実力を見せました!

秀徳の宮地は洛山の葉山の信じられないくらい高速なドリブルに翻弄されていました。ここで緑間による回想シーンが入りました。先輩の宮地は、厳しくて後輩から恐れられていました。しかし、宮地は他人に厳しい以上に、自分に厳しい人でした。そんな宮地を、緑間や高尾は慕っていたのでした。

洛山の選手は、緑間以外の選手はいてもいなくても同じだとあざ笑いました。それに怒った緑間は、自らがパスを出すことで宮地の実力を証明してみせたのでした。こうして試合は、第2クォーターも同点のまま終わりました。そして、第3クォーターに入った時、ついに赤司が動きました。

赤司の力は、その眼にありました。エンペラーアイと呼ばれるその力は、相手の動きを見抜くことができるのでした。その力の前では、あらゆる攻撃も防御も無力化されてしまいます。攻撃の時には、相手の動きを誘導することで、アンクルブレイクと呼ばれる状態を作り出し、ディフェンスしている人間をこけさせることができます。そして防御では、シュートもパスも全ての動きを見抜かれてカットされてしまうのでした。

それまでは同点が続いていた試合が、ここにきて一気に洛山に傾きました。しかし、緑間たちはまだ闘志を失ってはいません。緑間たちは、どうやって赤司の驚異的な力に対抗するつもりなのでしょうか!?
ドロンジョたちは、タケシという少年と知り合いました。彼は格闘大会に出場して、病気の母親のために商品を手に入れようとしていました。

アバンは、ドロンジョの過去から。雪の日に雪だるまを作ったドロンジョは、それをお母さんに見せました。そんなドロンジョの手を、お母さんは自分の息で温めてくれたのでした。

ドロンボー一味たちは、お祭りが開催されているところへとやってきました。そこでドロンジョは、タケシという少年と出会いました。タケシのキャラ、どこかで見たことがあるようなと思ったら、「戦闘メカ ザブングル」のジロン・アモスでした。(^^;

タケシは、格闘技大会に参加しようとしていました。それに優勝すれば、賞品の羊とお小遣いをもらえるのです。それを知ったドロンボー一味も大会に参加しようとしますが、参加できるのは未成年だけでした。そこでガリナが参加することになりました。でもガリナは、格闘技の経験はまるでなく、ようやくドロンジョに勝てるレベルでした。

そして大会が始まりました。ガリナはトンズラーから仕込まれた技で、相手を倒して勝ち抜きました。そしてタケシも、見かけに合わない怪力で勝ち進むのでした。そして準決勝では、ガリナとタケシが戦うことになりました。正面から激しくぶつかり合った2人でしたが、タケシの圧倒的な実力の前にガリナは敗れたのでした。

そして、ついに決勝です。ところが、決勝戦にはヤッターマン側のメカが出場してきました。人間とメカでは、勝負になるはずもありません。タケシはがんばりましたが、ヤッター小結の前に敗れるのでした。そして相撲以外の競技でも、ヤッターマン側はメカを投入して優勝していました。それに怒ったドロンボー一味は、メカを繰り出してヤッターマンのメカを倒すのでした。

こうして賞品とお小遣いは、気絶していたタケシに譲られました。そしてドロンボー一味は、再びゴロー将軍に追われる身となったのでした。

前回もそうですが、今回も最初の頃と比べるとちょっとパワーダウンしてきた感じです。毎回ドロンボーがメカを作ってヤッターマンと戦いますが、その資金の出所がはっきりしないのも気になります。
そんな中、ささやきレポーターが登場していたのは懐かしかったです。
「夜ノヤッターマン」の感想を書こうと思ったのですが、今日は公私ともにいつになく多忙だったので、感想は明日以降に・・・。(^^;
ベルナールは、イギリスとの戦いを有利に進めるために、マリアを利用することを叔父である領主に勧めます。そして、貴族の女に手を出したガルファは、その貴族と決闘することになるのでした。

マリアの様子をうかがっていたベルナールですが、自分の利益のためにマリアを利用するつもりです。そのために彼は、叔父である領主にイギリスとの戦いにマリアを利用することを勧めたのでした。そして、その上でマリアを排除すれば、叔父の利益にもなり、教会の威信を強めることにもなると考えたのでした。

そのための手段として、伝令であるジョセフが利用されることになりました。そしてマリアとジョセフの関係は、端から見ていると本当にイライラする進展のなさです。(^^;

その頃、傭兵と騎士の間で騒動が起きていました。傭兵のガルファが、騎士が連れていた女性と寝てしまったのです。それを知った騎士は怒り狂い、ガルファをボコボコに痛めつけました。そして面子を潰された騎士と、傭兵たちの間の緊張が高まっています。それを知った領主は、事態を収拾させる方法をベルナールに相談します。それに対してベルナールは、2人を決闘させることを提案したのでした。

こうしてガルファは、騎士と決闘することになってしまいました。しかし、騎士にボコボコにされた時、左腕を負傷してしまったガルファには不利な戦いです。そして仲間が戦うのに、傭兵たちはそれを賭の対象にしていたのでした。決闘の立会人に選ばれたジョセフは、そのことをマリアに相談しました。でもマリアも、それにきちんと答えることはできません。

そして決闘が始まりました。ケガをしているガルファを侮った騎士は、馬から下りて装備もかなり外した状態で戦うことにしました。戦いはガルファが一方的に騎士に追い詰められる展開になりました。これでガルファも最期かと思いきや、なんとここまでの行動は全てフェイクだったのでした。ガルファはケガをしたとみせた左腕に、ソードブレイカーと呼ばれる武器を隠していたのでした。

これで形成は一気に逆転して、騎士はガルファに敗れたのでした。この戦いの賭けに、なんとガルファも参加していました。そこで得た金で、ガルファはジョセフに借りた金を返したのでした。しかし、ガルファと戦った騎士は、敗れた屈辱から自決していました。そしてガルファと寝た女は、故郷へと帰ったようです。

今回は、マリアを利用しようとするベルナールの陰謀あり、ガルファと騎士の決闘ありで、面白かったです。