日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


今期の異色作、「坂本ですが?」もついに最終回です。

あっちゃんの心の隙間を利用して、深瀬はある計画をあっちゃんに吹き込みました。それは、卒業式の日に坂本が在校生代表として送辞を読んでいる時に実行されたのでした。金属バットを持って現れたあっちゃんは、ステージに立つ坂本に襲いかかりました。先生や生徒たちは、その様子に騒然となりました。しかし坂本は、そんなあっちゃんの行動さえ、演出だと周囲に思わせたのでした。

しかし、あっちゃんの攻撃はとまりません。執拗に坂本を追いかけます。そんな中、坂本を追っていてバランスを崩したあっちゃんは、高いところから転落しそうになりました。それを坂本が助けました。しかし、あっちゃんは自分を助けてくれた坂本を痛めつけて、自ら転落することを望みました。

それでも坂本は、あっちゃんの手を離しませんでした。坂本はその行動で、あっちゃんが大切な友達であることを示したのです。そんな坂本の行動に、ついにあっちゃんの心も解放されたのでした。

こうして深瀬の企みは失敗しました。しかし、今年も深瀬は卒業せずに学校に残るつもりのようです。先ほどのあっちゃんの行動を見た8823たちは、このまま深瀬が残ることに危機感を持ちました。そして強制的に深瀬を卒業させてしまうことを決めました。そんな8823たちの作戦に、坂本も力を貸すことになりました。

卒業生が在校生に見送られる中、深瀬も卒業生を見送っています。そんな深瀬の前に、8823たちが現れました。そして8823と坂本の連携によって、人の波にのまれるかのように深瀬は卒業させられてしまったのでした。(^^;

そして終業式の日がやって来ました。その日、1年2組は暗い雰囲気に包まれていました。なんと坂本が、宇宙開発に関わるためにアメリカに留学することになったのです。この話もどこまで本当なのかわかりませんが、最後にクラスメイト全員で坂本の顔にケーキをぶつけようとします。それを坂本は、あくまでもクールにかわしてみせました。

しかし、坂本が校門を出る時、その顔はケーキでまみれていました。1年2組の生徒たちが坂本と別れるのが悲しかったように、坂本もやはり彼らとの別れが辛かったようです。(;_;)

こうして坂本は、最後まで謎の存在のまま視聴者の前からも消えていきました。坂本は今、どこにいるんでしょうね!?

というわけで、「坂本ですが?」の最終回でした。最初からぶっ飛んだ設定の物語でしたが、最後まで楽しく視聴することができました。作品を支えたスタッフやキャストの皆さん、楽しい作品をありがとうございました!(^^)