日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


魔法つかいプリキュア!  ボーカルアルバム リンクル☆メロディーズはーちゃんの部屋を作るために、屋根裏部屋をリフォームするお話でした。

はーちゃんは夜はみらいと一緒に寝ています。でも、かなり寝相が悪くて、みらいは寝不足気味です。そこでお祖母さんの提案で、これまで使っていなかった屋根裏部屋を片付けて、はーちゃんの部屋にすることになりました。自分の部屋ができるということで、はーちゃんは大喜びです。

でも、ず〜っと物置としてしか使われていなかった屋根裏部屋は、たくさんの物とホコリでいっぱいでした。これを片付けるのはたいへんと思いきや、はーちゃんの信じられない魔法の力であっという間に部屋を片付けてしまうのでした。
その上、何もない空間からベッドや棚まで作り出してしまい、リコは思いっきりへこんでいます。

モフルンがいないことに気づいたみらいは、モフルンを探します。モフルンもはーちゃんのために、何がしてあげようとがんばっていました。でも、モフルンには大きな物を動かしたり魔法で何かを作り出すことはできません。そんなモフルンに、みらいはモフルンはいてくれるだけで力になると言ってくれました。そして2人は、昔のことを思い出しました。
みらいがまだ小さかった頃、モフルンのためにアクセサリーを作ってあげたことがあったのです。

それはモフルンにも、うれしい思い出でした。そしてモフルンは、自分にできることに気づきました。あの時みらいが作ってくれたようなアクセサリーなら、今のモフルンには作ることができます。こうしてモフルンとみらいは、屋根裏部屋を飾るアクセサリー作りを始めたのでした。

その頃、リコとはーちゃんはお父さんの仕事を手伝っていました。最初は魔法でお父さんの役に立とうとしたはーちゃんでしたが、リコから他の人には魔法を見せないこと、そして何でも魔法で解決すればいいのではないことを教えました。
家具作りのお手伝いをするのは、魔法を使うよりもたいへんでしたが、魔法を使わないからこそ得られる喜びがあることに、はーちゃんは気づいたのでした。

お昼からは、みらいたちはお部屋の飾り付けに使う材料を買いに出かけました。そこへ再び、ヤモーが現れました。
ヤモーはドクロクシーを復活させるために、執拗にリンクルストーン・エメラルドを狙ってきます。ヨクバールを生み出したヤモーに、みらいとリコはプリキュアに変身して戦います。今回はルビースタイルでプリキュアは戦います。

戦いの中、ヤモーはプリキュアを倒すためなら手段を選ばないところをみせました。それを聞いたはーちゃんは、自分の欲望のためなら何かを壊しても平気な人達にはエメラルドは渡さないと、強い決意をみせました。その思いに反応するかのように、はーちゃんはプリキュアへと変身しました。

今回のキュアフェリーチェも、圧倒的な力をみせつけました。ミラクルやマジカルがようやく止めたヨクバールの攻撃を、あっさりと片手で受け止めました。そればかりか、腕に巻き付いた布さえも、あっという間に粉砕しました。
その隙を突いて、ミラクルとマジカルが攻撃を仕掛けます。最後はフェリーチェがヨクバールを浄化して、街には再び平和がもどりました。

そして、みんなの協力で、ようやくはーちゃんのお部屋が完成しました。何だかデコレーションが過剰な気もしますが^^;、おもちゃの販促の影響なのかなあ。(笑)

というわけで、今回もはーちゃんがメインのお話でした。すっかり成長して、魔法の力もリコを上回り、もう教えてあげられることは何もないように見えたはーちゃんですが、まだまだ心は幼いままでした。はーちゃんのお母さんとして、みらいとリコはこれからもがんばらないといけませんね。
今回は、成長したはーちゃんを見て思わずため息をもらすリコの姿も印象的でした。(^^;