日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装Pythonを使って、ディープラーニングと理論と実装を学ぶ本です。

ディープラーニングの本では、この本が一番とっつきやすそうだったので手に取りました。ディープラーニングには、GoogleのTensorFlowなどフレームワークもありますが、この本ではそれらを使うことなく、本当に1からディープラーニングの基本を学ぶことができます。

本編で使われるコードは、途中までは文中で示されますが、高度な内容の章ではコードが長すぎるため文中には記載されていません。利用するコードは、Githubで公開されていますので、それを事前にダウンロードしておくことは必須です。

第1章は、実習で利用するPython3の簡単な解説と、そこで利用するNumpyとMatplotlibの基本的な説明でした。Python3は以前に少し勉強したことがあったので、軽く流し読みしました。Matplotlibは少しだけ使ったことがありますが、Numpyはほぼインストールしただけ状態だったので^^;、実習で必要となる行列計算を実際に動かして試しました。

第2章から、いよいよ本格的な実習の開始です。第2章では、パーセプトロンというアルゴリズムを学びます。AND,OR,NANDなどの論理回路について、最初はその解説、次にそれをPythonで実装と続きます。本書の他のところでもそうですが、簡単なところから難しいものと説明されるので、とてもわかりやすかったです。

第3章では、ニューラルネットワーク。第4章では、ニューラルネットワークの学習。第5章では、ニューラルネットワークの学習に関わる誤差逆伝播法について学びます。このあたりから数式も示されますが、仮に数式の意味がわからなくても、それに続く解説や実装例を読めば何が行われているのか理解できるので、数式が苦手な人はそこは読み飛ばして^^;、どんどん先に進んでOKだと思います。

第6章からは、応用的な内容になります。学習パラメータの更新、適切な初期値の設定、学習時間の短縮化、過学習対策、ハイパーパラメータの最適化など、様々な手法が広く浅く紹介されています。7章、8章もそうですが、ここからの章は、それぞれについて詳細な解説まではありません。なので、より詳しくそれぞれについて知りたい人は、巻末の参考文献等にあたる必要があります。

第7章では、畳み込みニューラルネットワークが解説されています。6章までは、手を動かしつつ学んでいましたが、7章からは内容が込み入ってきたので、今回は概要をつかむ程度で終えることにしました。ダウンロードしたサンプルデータ程度の実習でも、家のマシンスペックだと機械学習が完了するのにかなり時間がかかることもありますが。(^^;

最後の第8章では、ディープラーニングの歴史や高速化の取り組み、利用例などが広く浅く紹介されていました。この章を読むと、ディープラーニングの研究はまだこれからなんだなあと感じました。

全体を読み終えての感想は、説明がわかりやすいことに感動しました。数式、図、コードとさまざまな方法で解説されているので、読んでいてイメージがつかみやすかったです。また著者が日本人ということもあり、オライリーの翻訳書と比べて、文章が自然でとても読みやすかったです。(^^)
人間さまお断り 人工知能時代の経済と労働の手引き最近、なにかと話題の人工知能に関する本ということで読んでみました。

この本ではまず、人工知能を人間に変わって意思決定を行うことができる合成頭脳と、労働を行うことができる労働機械とにわけて説明しています。その過程で明らかになるのは、そのどちらも人間のような姿をしている必要はなく、それぞれの仕事に最適化された形になるということです。・・・人型ロボット好きとしては、ちょっと残念かも。(^^;

合成頭脳であれば、答えが得られるのならば、その場所にある必要すらないこと。労働機械の場合は、目的とする作業に応じて、ドローンに作業用アームを取り付けたり、その作業を最も効率的に行う形が選択されることが、わかりやすく解説されていました。

その後も、さまざまなケースで、人工知能の進化が人間の生活にどのような変化をもたらすかが語られていくのですが、本の中盤以降ではその問題に対する著者の提言が鼻につくようになり、あまり面白くなくなりました。

著者の提言を否定するつもりはありませんが、こういった問題ではAIの専門家は問題点を指摘するにとどめて、さまざまな視点から広く問題点を検討することが必要なのではないかと思いました。
キラキラ プリキュアアラモード まぜまぜ変身!スイーツパクトDXプリキュア・シリーズの新作、「キラキラ☆プリキュアアラモード」を視聴しました!

これまでのプリキュア・シリーズとは違い、かなりポップな雰囲気ですね。昔みた「こどものおもちゃ」とか、「ふしぎ魔法ファンファンファーマシィー」を思い出しました。・・・と思ったら、この作品「ファンファンファーマシィー」の貝澤幸男さんが参加されているんですね。

主人公の宇佐美いちかは、スイーツが大好きな女の子です。特に幼い時に、お母さんが作ってくれたケーキが、いちかは大好きだったのでした。でも、いちかのお母さんはお医者さんで、世界中の小さな村をまわって診察をしています。なので、いちかは時々しかお母さんと会うことができません。

そんないちかたちの世界に、不思議な妖精ペコリンとガミーが現れました。ガミーは悪い妖精で、スイーツの中にあるキラキラルを集めています。ペコリンは、それを止めようとしますが、ガミーを止めることができません。そんな中、ペコリンはいちかの家へと迷い込みました。そこでは、いちかがケーキのスポンジ作りで苦労していました。

何度やっても、スポンジがうまく膨らんでくれないのです。それは、いちかが材料を混ぜすぎていることが原因でした。
ペコリンのおかげでそれに気づいたいちかは、ようやくふっくらしたスポンジを焼き上げることに成功したのでした。

ところが、そこに残念な連絡がはいります。帰宅する予定だったお母さんが、急患が出たために帰ってくることができなくなってしまったのです。お母さんのために、はりきってケーキを作ろうとしていたいちかは落ち込みます。そこに、ガミーが現れました。ガミーは、いちかの作ったスポンジにあるキラキラルを奪おうと現れたのです。

ペコリンは、それを必死で守ろうとします。いちかは、そのために傷つくペコリンを見て、スポンジをガミーに差しだそうとします。しかし、そのスポンジは、いちかのお母さんへの思いが込められた大切なものでした。そしていちかは、思い出しました。昔お母さんが作ってくれたケーキがおいしかったのは、いちかを喜ばせたいというお母さんの気持ちが込められていたからだと。

今日作ったスポンジは、残念ながらお母さんに食べてもらうことはできません。しかし、そこに込められたいちかの思いは、とても大切で誰かにあげられるものではありません。いちかがそれに気づいた時、スポンジが光を放ちました。ペコリンに言われるまま、いちかがケーキを完成させると、そこに込められた思いが1つの力になりました。

そして、いちかはその力でプリキュアに変身しました。うさぎをモチーフにしたスタイルの、キュアホイップの誕生です!
今回のプリキュアは肉弾戦はなしということでしたが、クリームのような力でガミーを包み込んで戦い、今までのプリキュアとは違った形で戦いました。

こうしてキュアホイップは、ガミーを撃退しました。そんないちかの前に、新製品の玩具^^;・・・もとい不思議な鞄(?)が現れました。みるみる大きくなかった鞄は、お店のような形になりました。

というところで、第1話の終了です。第1話では、テンポの良さが印象的でした。驚いたのは、いちかのお料理の場面で、実写映像が入っていたことと、番組の最後に1分間クッキングというコーナーが用意されていて、お話に登場したスイーツの作り方を教えてくれることでした。
そして、いちかの自宅の電話が、黒電話だったのも驚きでした。作品の雰囲気に合っていて、とってもよかったです。

いちかを取り巻く人間関係。スイーツ作りへの思い。アクション以外の部分に、予想外に力が入っていました。プリキュア要素なしでも、十分に楽しめる作品ですね。(^^)