日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


アフリカなんて二度と思い出したくないわっ!アホ!!―…でも、やっぱり好き(泣)。 (幻冬舎文庫)さくら剛さんの「アフリカなんて二度と思い出したくないわっ!アホ!!…でも、やっぱり好き(泣)。」を読み終えました。

先に読んだ「アフリカなんて二度と行くか…」がアフリカ大陸を縦断と言いながら、大陸の半分くらいまで進んだところで終わっていて「あれ!?」と思ったら、その続きは別の本として発売されていたのでした。(^^; 元々の単行本では1冊にまとめられていたようですが、文庫化にあたり内容が分割されたみたいです。

「さくら通信」を聴いていると、汚いトイレについての話が時々あるのですが^^;(正直、聴いていてゲロゲロとなります)、アフリカ大陸縦断の旅の後半では、トイレネタが炸裂していました!(^^;
特にエチオピアのトイレ事情は、かなり凄まじいものでした。これから食事をしようという前には、この本は読みたくないなと固く決意したほどです。

そして旅は、エチオピアからスーダンへと移ります。ここで著者は、年下なのに著者よりもたくましくしっかりしている青年と出会ったり、エチオピアでの反動から食べたステーキが原因で食中毒になったり、相変わらずなとほほな日々を送っています。

さらにスーダンから、エジプトそしてアフリカを抜けて、イスラエルへと入ります。この間に、著者は何人かのアラブ人と知り合うことになりますが、なんだかよくわからない不審者のような著者も、彼らは温かく受け入れようとしてくれます。
そして、イスラエルで知ったパレスチナ人の死と隣り合わせの生活。著者の出会ったパレスチナ人がいい人ばかりだったせいか、イスラエル兵の横暴さ残虐さが際立っていました。

歴史的な経緯と政治的な都合。そしてテロとの戦いを名目にした殺人。この混沌とした悲惨な状況を解決する方法はないのかと、本を読んでいて心が痛くなりました。(;_;)

というわけで、基本はお笑い路線の旅行記ですが、最後にイスラエルの話があったことで、平和な日常の外側にあるものについて、考えさせられました。
トールたちが、老人ホームで演劇を披露するお話でした。

小林さんたちの世界は、クリスマスを迎えようとしていました。そんな中、商店街に買い物に出かけたトールは、お店の主人から老人ホームで何か出し物をやって欲しいと頼まれました。ご主人は余興の練習中にケガをしてしまい、余興をすることができなくなってしまったのです。お年寄りも楽しみにしていると聞いて、トールはこの話を引き受けました。

かくして小林さんの自宅に、トールに呼び寄せられた仲間たちが集まりました。カンナとリコ、翔太君とルコアさん、ファフニールさん、そしてなぜか小林さんの会社で働いているはずのエルマ。小林さんは仕事が忙しくてたいへんそうなのに、なぜと思ったら、新人のエルマは今ひとつ役に立たなくて年末の忙しい時期は戦力外通告されていたのでした。(^^;

そして才川の提案で、トールたちは「マッチ売りの少女」を演じることにしました。何はともあれ、主役のマッチ売りの少女を決めなくてはなりません。かなり有望なのは、女装した翔太君でしたが^^;、本人が泣いて落ち込んだので却下されました。結局、カンナがマッチ売りの少女を演じることになりました。

そして劇の練習が始まりました。しかし、普通にマッチ売りの少女を演じても面白くないという意見があり、傘を売る少年として翔太君が、忠臣蔵の大石内蔵助としてエルマが登場することになりました。当日、老人ホームで行われた演劇に駆けつけた小林さんは、この改変に驚かされるのでした。

舞台ではランプの精のように現れたファフニールさんが、本物の魔法を使ってカンナと翔太君を魔法少女に変身させました。さらに魔法使いのルコアさんが登場したり、大石内蔵助のエルマが登場したり、ラスボスのようなトールが登場したり、舞台はしっちゃかめっちゃかです。

でも意外にも、お年寄りたちはそんなお芝居を楽しんでくれました。こうしてトールたちは、無事に役目を果たすことができたのでした。その後は、みんなで小林さんの家に集まって、ちょっとしたクリスマス・パーティーが開かれました。

パーティーが終わったあと、珍しく小林さんがドラゴンの姿に戻ったトールと一緒に空のお散歩へと出かけました。そこで小林さんは、マフラーをトールにプレゼントするのでした。愛する小林さんからのプレゼントに、トールは驚喜するのでした。

さらに小林さんは、サンタクロースの代わりにカンナにプレゼントを届けようとします。しかし、小林さんのちょっとした気配にカンナが目を覚ますので、こっちはかなり苦労しそうです。(^^;

というわけで、かなり季節外れなクリスマスのお話でした。(^^;