日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


キラキラ プリキュアアラモード ふわふわペコリンぬいぐるみペコリンの過去が明らかになるお話でした。

キュアショコラが加わったことで、プリキュアは5人になりました。今日はパティスリーで、みんなでスイーツ作りをしています。作業はいちか、ひまり、あおいの中学生チームが担当。ゆかりとあきらの高校生チームは、それを見守っています。ゆかりとあきらは、同じ高校に通っていました。ゆかりはやはり、あきらが女性だと最初から知っていたのでした。(^^;

今回はドーナツ作りにチャレンジしています。ドーナツが大好きなペコリンは、とてもうれしそうです。
しかし、ようやく完成したドーナツは、ふっくらと膨らんでくれません。いちかが、ベーキングパウダーを入れ忘れてしまったのが原因でした。

そしてドーナツがきっかけで、ペコリンは悲しい記憶を思い出しました。ペコリンは、仲間の妖精と一緒に長老のもとでスイーツ作りに励んでいました。ところが、そこにキラキラルを狙って、悪い妖精が現れました。長老はキラキラルを守るために戦いましたが、戦いの途中でクリームが大爆発を起こして、ペコリンたちを吹き飛ばしてしまったのでした。

それ以来、ペコリンの仲間は行方不明になってしまいまいた。第1話でいちかが目撃した不思議な爆発。それは、この時のいちご山の爆発だったのです。その爆発でペコリンは吹き飛ばされ、長老は体が透明になってしまったのでした。

そのことを思い出したペコリンは、仲間のことを心配して元気がなくなってしまいました。そんなペコリンを励ますために、いちかはちょっとした作戦を思いつきました。ドーナツ作りの再挑戦に、ペコリンに協力してもらうことにしたのです。
そのために、他の仲間は陰に隠れて2人の様子を見守ります。

ペコリンの助けもあり、今度はちゃんとドーナツを完成させることができました。そのドーナツに、いちかはペコリンに見立てたデコレーションをするのでした。そしてペコリンは、他のドーナツを自分の仲間の妖精に見立てたデコレーションをしました。

そのドーナツを持って、いちかとペコリンはいちご山へと行きました。そこはすっかり、荒れ果てていました。しかし、いちかはそこでペコリンたちが元気にスイーツ作りをしていた時の幻を見たのでした。

そこへドーナツのキラキラルを狙って、悪い妖精・フエールが現れました。フエールはドーナツのキラキラルを奪って、巨大化しました。そして1つだけ残された、ペコリンのドーナツを狙います。それを守るために、いちかはプリキュアに変身しました。しかしキュアホイップは、分身したフエールに囲まれて大ピンチです!

そこに、仲間たちが応援に駆けつけました。今回もあきらは、吹き飛ばされたホイップをお姫様だっこして、王子キャラぶりを発揮していました。5人のプリキュアがそろったことで、フエールを撃退してドーナツを守り抜くことができました。

戦いの後、いちかはパティスリーの空いたスペースを利用して、お店を開くことを思いつきました。お店の名前は、キラキラパティスリーに決まりました。そのお店で、いちかたちはどんなスイーツを作ることになるのでしょうか。

というわけで、すっかり忘れていた第1話の爆発の謎が明かされました。(^^;
今回は、ペコリンを気遣ういちかの姿が丁寧に描かれていたのがよかったです。