日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


キマイラ12 曼陀羅変 (朝日ノベルズ)夢枕獏さんのキマイラ・シリーズ第12巻、「キマイラ 12 曼陀羅変」を読み終えました。

パワーダウンが著しいキマイラ・シリーズですが、やはり新作が出ると気になるので読んでしまいます。(^^;

物語は、九十九三蔵と久鬼麗一が西城学園に入学したばかりの頃のお話です。この頃、既に久鬼麗一は自分の本当の父が玄造ではないこと、自分の母が心を病んで鎌倉で療養生活をしていること、後の大鳳吼となる弟がいることなどを知っていました。凄まじい美貌の持ち主でクールだけれど、唯一心を開いてみせるのは九十九三蔵だけ。でも、大鳳と初めて出会った時のような凄みはまだ感じられません。

この巻で2人以外にスポットが当たったのが、やがて空手部の主将になる阿久津でした。後の阿久津は、腹の据わった人物という印象ですが、この時は体は大きいけれど気の弱い少年で、中学時代には同級生から嫌がらせを受けたりもしていました。そんな阿久津が、西城学園に入学して空手部に入部したことで変わっていきます。

そんな中、西城学園には「もののかい」と呼ばれる謎の組織があるらしいことがわかってきます。その組織の思惑によって、柔道部や剣道部、相撲部は廃部となり、残ったのは空手部だけです。そんな空手部を支配するのが、3年で主将の黒堂、青柴とマネージャー的な役割の赤城と黄奈志、やがて阿久津が慕うようになる2年の白井と、五行思想を思わせるような登場人物たち。

久鬼麗一と九十九三蔵は、そんな空手部とは無関係の存在でした。ところが、夏休みに2人が箱根にある久鬼の別荘を訪れたことが原因で、同じく箱根で合宿を行っていた空手部の問題に関わることになってしまいました。

空手部の合宿は、普通では考えられない異常なものでした。単に練習が厳しいのではなく、わざとメンバーの中から脱落者を出して、"狩り"と称してそのメンバーを他の者が捕まえるのです。捕まった者がその後どうなったのか、阿久津たちには知らされません。そして、毎日この狩りが繰り返されるのです。

中学時代に阿久津をいじめていた竹村という少年は、粗暴な性格から最初は狩りを楽しむ側にまわります。しかし、状況のあまりの異常さに、阿久津を仲間に引き込んで、黒堂たちから空手部の支配権を奪い取ろうと目論みます。

しかし黒堂は、そんな竹村の目論見を遙かに超えた恐るべき存在でした。逃げ出した竹村は、久鬼の別荘の存在を知ってやって来ます。また、空手部の異常な状況を知った九十九は独自に合宿先を調べようとします。

そして自分の強さに自信を持ち始めた阿久津は、真相を知るために行動を開始しました。しかし、事態は阿久津の想像を超えたものでした。事件の背後にいるのは、どうやら吸血鬼の一団のようです。真相に触れた阿久津は、彼らの仲間に加えられそうになりますが、駆けつけた白井に救われました。

しかし、逃げようとする彼ら2人の前には、黒堂が立ちふさがります。白井が黒堂に痛めつけられる中、黄奈志に招かれた久鬼と竹村、安室由魅が合宿所に到着します。そして九十九もまた、そこに姿を現しました。九十九は黒堂と戦う気満々ですが、なんとその激闘は12巻では描かれませんでした。(;_;)

というわけで、今回はどこまで物語が進むのかと思いきや、いきなり時間をさかのぼって、久鬼麗一と九十九三蔵の過去が描かれました。2人の過去はそれなりに興味はありますが、外伝的な内容だったことにがっかりしました。
現在も継続的に作品は書き続けられているようですが、シリーズの迷走ぶりに悲しくなりました。
バルツの大公を探すグランたちは、地下の秘密工場を発見するのでした。

鎧のようなロボットから、イオは大公の気配を感じました。しかしイオが呼びかけても、鎧ロボットは一瞬動きを止めただけで襲いかかってきます。鎧ロボットに退路をふさがれたグランたちは、さらに廃坑の奥深くへと進むのでした。

そこには、不思議な秘密工場がありました。どうやら大公は、そこで何かを作っていたようです。そしてグランたちは、ついに大公を見つけました。しかし大公は、何者かに操られていたのか、正気を失っていました。そして先ほどグランたちを襲った鎧ロボットの強化版のようなものを使って、グランたちを攻撃してきたのでした。

そのロボットには、カタリナの剣やラカムの銃も通じません。ルシアの力を借りたグランも、鎧に斬りかかりますが、鎧はまったくダメージを受けた様子がありません。そんなグランたちの戦いを、黒騎士たちが見物していました。黒騎士たちの目的や行動も、なんだかよくわかりませんね。(^^;

そんな中、戦いの突破口となったのは、ルリアの力を借りたイオの魔法でした。ルリアの力を借りたことで、イオの魔法は凄まじいほどに増大していました。イオの中の人が、某リリカルでなのはな人なので^^;、そのうち「・・・少し・・・頭冷やそうか・・・?」とか言い出すんじゃないかと、別の意味でハラハラしました。(^^;

イオの魔法の前に、無敵と思えた鎧ロボットも倒れました。そして大公は、ようやく正気を取り戻したのでした。大公は大公なりに考えて、国を守るために鎧ロボットを作っていたのでした。しかし、それはイオが知っている大公が本当に求めていたものではありませんでした。

ようやく師弟が再会したところに、壁が崩れ落ちてきました。そんな2人を救ったのは、鎧ロボットでした。2人を守った鎧ロボは、自らが持っていた空図をルリアに託しました。こうしてグランたちは、何とか大公を助け出し、星の島へと続く新たな手がかりを得たのでした。

そしてグランたちは、次の目的地を目指します。そして、新たな旅の仲間としてイオが加わることになりました。

というわけで、意外とあっさりグランたちは大公を助け出しました。
今回一番驚いたのは、イオの師匠である大公の姿でした。子供を喜ばせるのが好きで、手品や魔法が得意ということだったので、てっきりもっと華奢な人をイメージしていたら、予想外にごっつい大男で驚きました。(^^;
間野山で、映画の撮影が行われることになるお話でした。

間野山が、ふたたびの森」という映画のロケ地に選ばれした。そのお手伝いで、由乃は大忙しです。映画がらみなら、元女優の真希が活躍するのかと思いきや、キャストを知った真希は協力を拒否するのでした。

そんな中、助監督の藤原さんという人がやって来て、撮影の準備が始まりました。撮影ポイントの選定や、お弁当の手配、エキストラの確保など、由乃たちの仕事は山ほどあります。その上、映画の監督がかなり気まぐれな人で、思いつきで台本が変更されるので、そのたびに周囲が振り回されることになるのでした。

その監督は、挨拶する由乃も無視して、周囲が自分に従うのは当然と考えているような嫌な奴でした。その上、その場の思いつきで、空き家になっていた家をクライマックスに燃やしたいと言い出しました。でも、監督が指定したその家は、しおりにとって何かいわくがあるようです。

家の所有者は、費用を負担してくれるなら自由に燃やしてくれと言いましたが、しおりはその話を由乃たちには伝えずにいました。あの家は、しおりにとってどんな意味があるのでしょうか!?

その間にも、撮影の準備は続きます。映画の撮影場所の1つとして、凛々子の実家のお菓子屋が選ばれました。しかし、藤原が不用意に元国王のことを口にしたために、凛々子の祖母の逆鱗に触れてしまいました。しかし凛々子の機転で、何とか撮影を許可してもらうことができました。

そしてキャストも到着して、いよいよ撮影が始まりました。どんな映画なのかと思ったら、田舎にゾンビが出現するホラー映画みたいです。撮影開始後も、監督の気まぐれは続き、それに付き合うスタッフはどんどん消耗していきます。

そんな中、真希が映画を避けている理由が判明しました。なんと、映画の主演女優は真希の後輩だったのです!
真希は、後輩の萌と顔を合わせるのが嫌だったようです。萌はおっとりとした感じですが、前に真希と一緒に深夜番組に出演した時、蝉を食べたことがありました。

しかし真希は、そうすることができませんでした。蝉を食べたことがきっかけで、それから萌はブレイクしました。同じ状況にありながら、そうできなかった自分は、萌ほど女優になりたいという覚悟がなかったと真希は考えていたのでした。

そして真希は、事情を知られた早苗を前に、ブラックな業界だと気づいて足を洗うことができてよかったと毒づきます。
それを早苗はたしなめました。夢に向かう途中で迷ったり、悩んだりすることはいい。しかし、自分が目指して憧れた場所を悪く言うのは卑怯だと。

様々な問題を抱えつつ映画の撮影は続いていますが、果たして映画は無事に完成するのでしょうか!?
しおりが気にする空き家にどんな意味があるのか。真希はケガをした女優の代役を務めることになるのか。この先も気になります。

今回、由乃は裏方的な役回りでしたが、たいへんな業界で働く藤原さんの仕事に対する思いを聞いたことは、由乃にとって収穫でしたね。どんな仕事も、大なり小なり、たいへんなんですよね。それでも仕事を辞めないのは、お金のためかもしれないし、夢のためかもしれません。でも、踏みとどまれる何かがあれば、仕事は続けられるものだと思いました。