日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


蕨矢集落の独立問題が解決するお話でした。

成り行きで由乃は、蕨矢集落のチュパカブラ王国からの独立運動に協力することになりました。とはいえ日々やっているのは、集落の生活をビデオで紹介したり、みんなで集まって宴会をしたりでしたが。(^^;

最初は独立運動に巻き込まれただけの由乃でしたが、集落の実情を知るにつれ、本気で何とかしないといけないと思うようになりました。そして、その思いは集落へのバスを運転し続けてきた高見沢や、鈴原教授からITをもっと活用しろとあおられた早苗も同じでした。

実は高見沢は、ここまで問題が大きくなる前に会社に意見書を提出したことがありました。しかし、コストの部分がネックになって、その意見書は受け入れられませんでした。今回、事前に早苗を中心に集落の老人たちにタブレット端末の講習を開いていたことが、状況を打破する決め手となりました。

需要があった時だけバスを派遣する、小型バスを運行する案は以前からありました。しかし、バスの依頼方法を電話にすると、対応する人間を用意しなければならないず、人件費がばかになりません。そこで早苗は、間野山の町名を集めて、オンラインでバスの依頼ができるシステムを作り上げました。これなら専任の人間を用意する必要もなくなり、なんとか運用できる見込みが立ったのでした。

今回、鈴原教授がこんな騒動を起こしたのは、いずれ消えてゆく蕨矢集落のことを、せめてビデオという形でこの世に残そうと考えたからでした。路線バスの廃止阻止は、あまり期待していなかったようですが、結果的に小型バスの運用が決まり予想以上の成果をあげられたのでした。

これで後は、教授の家の蔵にある祭具を由乃たちに手渡すだけかと思ったら、それが実現する前に教授は急病で亡くなってしまいました。(;_;)

亡くなった教授の家には、この村についての驚くほど多くの記録が残されていました。それを目にした早苗は、自分も教授と同じように間野山に腰を据えようと決意したのでした。そして教授の家にあった祭具の1つも、無事に発見されました。
残された祭具は、あと2つです。それは一体どこにあるのでしょうか。

今回はEDまで本編という、とても力の入った内容でした。前回、教授が訴えていた真面目に地道に生きてきた人たちが、老後になって住み慣れた土地から離れざるをえなくなる世界は何か間違っているという問いかけが、より強く心に残るような内容でした。
夏だ! 海だ! 水着回だっ!(^^;

いちかたちは、みんなで海に行くことになりました。海について早々、いきなりキラパティオープンです。いきなりお店が出現したのに、周囲の人たちが誰も驚いてないのがなんだかなあ。(^^;

そして海といえば、水着回です。中学生チームは、惜しげもなく水着姿を披露してくれましたが、高校生チームはさすがにガードが堅いです。

そんな中、キラキラルを集めたいちかが何かやっていると思ったら、キラパティを浮かすことができるほどの浮き輪を作り上げました。そのおかげで、キラパティは海にぷかぷか浮いています。でも、遊び疲れてお昼寝した間に、お店は見知らぬ無人島に流れ着いていたのでした。

浮き輪は穴が空いて使い物になりませんし、キラキラルで修理しようにも、いちかが使い切ってしまって在庫がありません。でもスイーツがあればキラキラルが復活すると長老から聞いて、島にある材料を使ってスイーツ作りをすることになりました。

そしていちかたちは、食材を求めて島を探検します。その途中で、まだ新しい足跡を見つけました。いちかたちより先に、この島に流れ着いた人がいたようです。誰かと思えば、以前の戦いでプリキュアに敗れたビブリーでした。ビブリーは、相棒のイルの力も失い、ノワールからも見捨てられて、島で落ち込んでいたのでした。

そんなビブリーを、シエルは救いたいと思いました。島の洞窟で見つけた氷を使って、いちかたちはかき氷を作りました。シエルはそれを、ビブリーにも届けます。しかし当然のことながら、ビブリーはそれを食べるはずがありません。それどころか、かき氷のキラキラルを奪ってイルを復活させたのでした。

シエルに襲いかかったイルは、なぜかビブリーも攻撃してきました。そんなビブリーを救ったのは、シエルでした。シエルは、ビブリーの寂しさを理解していました。そしてビブリーの力になりたいと思いました。キュアパルフェに変身したシエルは、イルと戦います。そこにホイップたちも合流してきます。

戦いの中、ビブリーは断崖から落ちそうになりました。それを救ったのは、パルフェでした。パルフェはビブリーを救いたいと思っていますが、その思いはビブリーには届きません。それでも6人のプリキュアの活躍で、イルは元の姿に戻りました。

そしてシエルは、あらためてビブリーにかき氷を食べてもらおうとします。しかし、やはりビブリーはそれを拒否しました。再びキラキラルを奪ったビブリーは、その力を使ってシエルたちの前から立ち去りました。

というわけで、夏休みということでプリキュアも海でのお話でした。シエルがビブリーを救おうとする展開は、なんとなく唐突な気がしました。