日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


二階堂が復活するお話でした!(^^)

零は悪天候のために、宗谷名人と仙台で一緒にホテルに泊まることになりました。・・・って書くと、なんかあらぬ誤解を受けそうな。(^^;

そして零は、会長からの電話で宗谷名人の病のことを知りました。宗谷名人は、時々耳が聞こえなくなることがあるようです。昔は病院に通ったりもしていたようですが、原因もはっきりせず治療法もなく、そのうちに宗谷名人は病院に行かなくなってしまいました。彼の生活は、それでも全く困らなかったのです。

時に対局前のインタビューでトンチンカンな応答をしてしまうこともありましたが、それも天才ゆえの言動だと周囲には思われていました。将棋の世界であまりにずば抜けていたために、宗谷名人が何か病気を抱えているとは誰も思わなかったのでした。そのことを知っているのは、タイトル戦などで対戦した一部の棋士たちだけのようです。

翌日は、前日の嵐が嘘のように快晴になりました。宗谷名人は、零より一足早くホテルから出発していました。しかも、零の分の宿泊費まで先払いしてくれていました。見た目は少年のような印象の宗谷名人ですが、このあたりはさすがに大人だなあと思いました。

東京に帰ってからも、零は宗谷名人との対局が忘れられません。あの対局は、零にとってそれまでのどの対局とも違う、特別なものだったのでした。そして、そんな思いを対戦者に抱かせたのは、零だけではありませんでした。島田さんも、宗谷名人との対局を特別なものだと思っていたのでした。

零が将棋に集中しているので、川本家にはなかなか足を運んでくれません。その間に、川本家ではおいしい煮豚や煮卵が作られていたのでした。おいしい半熟卵の作り方を、あかりやひなたが研究していたのには笑ってしまいました。ちほちゃんからも、ひなたに写真が送られてきていましたし、川本家は今日も平穏だったのでした。(^^)

そして、病気で入院していた二階堂が、将棋会館に帰ってきました。零との対局を実現できなかったことで落ち込んでいるかと思いきや、病床にありながらも将棋の研究を怠ることはありませんでした。二階堂をどうやって元気づけようか思い悩んでいた零は、そんな二階堂の姿に思わず笑い出してしまうのでした。

二階堂も復帰して次回が楽しみと思ったら、なんとオリンピック放送のため次は3月3日まで放映がありません。(;_;)
ようやく二階堂の元気な姿が見られたと思ったのに・・・。(涙)