日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


なでしこが、リンと一緒にキャンプに行くお話でした。

前回のキャンプの後、リンはなでしこにお土産を渡しそびれていました。恵那にそれをいじられますが、そのやり取りを偶然居合わせたなでしこが聞いていました。・・・とはいえ、なでしこは出て行くタイミングがつかめず、そのまま寝落ちしていたのですが。(^^;

リンは、通販でコンパクトなたき火ストーブを購入していました。それを使えば、キャンプ場で熱々の焼き肉とか作れそうです。そんなリンの希望をかなえるために、なでしこが野クルのみんなに相談して、適当なキャンプ地を探してきました。

それが、四尾連湖でした。四尾連湖は、いつか野クルでもキャンプに行こうと思っていて、その視察もかねてなでしことリンがキャンプに行くことにしたのです。そして2人は、なでしこのお姉さんの車でキャンプ場まで送ってもらいました。なでしこのお姉さん、前にもなでしこを迎えに来てくれたりして、とっても親切な人ですね。

こうしてやって来たキャンプ場は、湖の対岸にある静かなところでした。荷物を抱えて、いざキャンプ場へと乗り込もうとしたなでしこに、リンがここにはある言い伝えがあることを教えました。どうやらここは、お化けが出ると言われているようです。そういう方面が苦手ななでしこは、いきなりへこんでます。

なでしこ&リンのキャンプは、果たして無事に終了するのでしょうか。

今回は、なでしこ&リンがメインでしたが、その裏で別のキャンプ地の視察に行った千明が、ナイスなおじさまからお肉を食べさせてもらう場面も印象的でした。・・・これ、夜中に見ると絶対にお肉が食べたくなりますね。(^^;