日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


スイスのロビンソン (上) (岩波文庫)アニメ「ふしぎな島のフローネ」の原作、「スイスのロビンソン(上)」を読み終えました。

「ふしぎな島のフローネ」の原作ですが、原作にはフローネは登場せず、ロビンソン一家は男兄弟ばかりです。(^^;
兄弟は、上からフリッツ、エルンスト、ジャック、フランツです。エルンストはアニメだと、お父さんの名前になってるようですね。一番年下のフランツは、アニメには登場しません。一番上のフリッツと名前が似ていて紛らわしいから削られたのかな!?(実際、本を読んでいる時に2人の名前が出てくると一瞬どっちだっけ!?と思いましたし^^;)

オーストラリアに向かって航海していた船が難破して、ロビンソン一家だけが船に取り残されてしまいました。船が座礁した側にある島で、ロビンソン一家は暮らしていくことになりました。普通なら、かなりサバイバルな状況になりますが、この作品ではロビンソン一家にとって都合のいい環境が整っています。

座礁した船にあった大量の日用品や武器、火薬などが利用できた上に、上陸した島にはジャガイモはあるわ、椰子の木はあるわ、ゴムの木、大量の岩塩など、生活に必要になりそうなものがそろっています。船に積まれていた鶏や豚、ロバなどの他に、忠実な犬たち、そして猿や鷲など次々と一家の仲間が増えていきます。

ロビンソン一家は家族で協力して、島での生活を快適に過ごすために働き知恵をしぼります。物語のメインは、その様子が克明に描かれていくことです。この本を読んでいるだけで、南の島での暮らしを垣間見ているような気がして、とても楽しむことができます。(^^)

ただ1つ気になるのは、本文に旧字体が多用されていることです。現在の漢字と似ている字は、すぐに読むことができますが、「昼」が「晝」だったり読んでいて戸惑う字も多かったです。作品の内容的が子供も楽しめるものだけに、旧字体ではなく、現在の漢字を使って再刊して欲しかったところです。

とはいえ、わkらない旧字体を漢和辞典で調べながら読み進めるのも、暗号を解読して宝探しをしているようで楽しかったですが。(^^;
チセに友人ができて、エリアスが嫉妬するお話でした。(^^;

前回の約束通り、ステラは本当にお菓子を持ってチセのところにやって来ました。チセとステラが2人きりになれるようにエリアスは席を外しますが、なぜかウナギ犬(?)みたいな姿で逃走していくのをチセに目撃されました。(^^;
それを知ったチセは、すぐにエリアスの後を追います。そして今回も活躍する、灰の目にもらった毛皮。そのおかげで、チセはエリアスに追いつきましたが、エリアスの作り出した藪の中に閉じ込められてしまいました。

チセを心配して、ステラを送ったルツがチセを探します。しかし、チセの気配は微弱でルツにもチセを見つけることができません。そんなルツに力を貸してくれたのは、クリスマスの時に見かけた精霊の娘でした。そのおかげで、ようやくルツはチセを見つけ出したのでした。

エリアスに捕まりながら、チセは想像以上にエリアスが子供なのだと実感していました。あんな大きな体で、何百年も生きているのに、困った坊やですね。(^^;

こうしてチセは、エリアスと共に家に帰りました。ところが、その夜にチセと一緒に寝たエリアスは、なぜかそのまま目を覚まさなくなってしまいました。エリアスを救うために、チセはアンジェリカを頼ります。アンジェリカからもらった薬のおかげか、チセの手洗い起こし方のおかげか^^;、何はともあれエリアスは目を覚ましました。

というわけで、エリアスがどうしようもなく子供だと判明するお話でした。その裏で気になるのは、カルタフィルスがまた何やら動き始めていることです。ステラに接触したり、リンデルのところの竜を狙ったり、彼が灰の目と一緒にいるのも気になります。カルタフィルスは、何を企んでいるのでしょうか!?