日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


修平の転校が決まり、ピアノコンクールの本選が開催されるお話でした。

予選を突破できなかった海は、表面上は平気なそぶりです。しかし、今の海はもう大勢の観客の前でピアノを弾く喜びを知ってしまいました。そんな自分の本当の気持ちに、海はなかなか向き合うことができません。

そんな中、思いがけない知らせが海を待っていました。海にとって、ピアノのよきライバルである修平が、再び転校することになってしまったのです。修平の前では、やはり平静を装い日本一になれと送り出した海でしたが、ピアノという共通の目標を持つ友人が側からいなくなることは寂しいことでした。

そして修平や誉子が出場するピアノ・コンクールの本選が行われました。残念ながら、海は仕事を押しつけられて、それを聴きに行くことさえ許されませんでした。その頃、コンクールでは前回の海のピアノが思わぬ影響を表していました。

海のピアノを聴いた参加者が、海のような演奏を目指していたのです。しかし、それは海という天才だからこそできることで、凡人が簡単にまねできるものではありませんでした。

そして修平の出番がやって来ました。彼は海のピアノの素晴らしさを知りながらも、自分の演奏スタイルを崩しませんでした。その完璧な演奏に、審査員も満足します。ところが、続いて登場した誉子が、海の思いを受け継いだかのような、楽譜よりも自分の感性を重視した演奏をしました。

それを聴いた審査員は驚きましたが、観客はそんな誉子の演奏に聴き惚れたのでした。そして審査結果が発表されました。
予想通り、優勝したのは修平でした。入賞すらできなかった誉子は、落ち込んで帰ろうとします。ところが、今回は誉子に思いがけない出来事が待っていました。

審査員の中の有力者が誉子の演奏を認めたことで、誉子は審査員特別奨励賞を受賞したのです!
こうして誉子は、前回海のピアノを認めなかった審査員に、海の演奏スタイルを力尽くで認めさせたのでした。

そんな誉子とは対照的に、森のピアノの手入れを怠った海は、大好きなピアノを弾くことができずにモヤモヤしています。

というわけで、修平の転校という海の環境の変化。そして誉子のかっこよさが見応えがあるお話でした。
特に演奏しようとする誉子に、海の姿が重なる演出がよかったです。(^^)
レンが1人で、決勝の相手チームと戦うお話でした。

エムに殺されそうになったレンでしたが、態勢を逆転してエムに銃口を突きつけました。そしてレンは、なぜエムが自分を殺そうとしたのか聞き出しました。エムは、ピトフーイとはリアルでも知り合いでした。ピトフーイからの手紙で、エムはこの戦いを生き延びなかったら、リアルでピトフーイに本当に殺されると思ったのです。

決戦の相手は強敵で、レンと2人のエムが生き延びられる確率は高くありません。そこでエムは、レンを殺して自分がチームのリーダーになり、相手に降参することで生き延びようと考えたのでした。

エムの事情を知ったものの、レンはこのまま勝負を諦める気はありませんでした。そしてレンは、エムに頼らず、たった1人で相手チームに立ち向かいます。レンの優位は、俊敏さです。それを活かして、レンは相手の攻撃をくぐり抜けます。しかし、愛用しているP90・ぴーちゃんからの言葉がレンに聞こえました。

ぴーちゃんの言葉を聞いて、レンはこのままでは敵に勝てないことに気づきました。そして危険を覚悟で、積極的に戦うことを選びました。途中までそれは上手くいきましたが、相手はそんなレンの行動を見抜いていました。そしてレンは、敵のボスに追い詰められました。

しかし、絶体絶命な状況になっても、レンは諦めませんでした。そこにエムからの援護射撃がありました。激しい戦いの中、レンは愛用しているぴーちゃんを破壊されてしまいました。それでもレンは、戦い続けます。勝負を決めたのは、大会前にエムから渡されたナイフでした。

そしてレンとエムの2人だけのチームが、スクワッドジャムに勝利したのでした。この戦いでの勝利は、アバター・レンを操る香蓮にも心境の変化をもたらしました。長かった髪を切り、ショートにした香蓮は背が高いことに悩んでいた自分を吹っ切ったのです。

そんな香蓮に、女子高生たちが話しかけてきました。彼女たちは、前からすらりとした姿の香蓮に、憧れていたのです。そして彼女たちこそが、スクワッドジャムで決戦を戦った相手でした。彼女たちは、背がちっちゃいことがコンプレックスで、GGOでは大柄のキャラでプレーしていたのです。

というわけで、たった1人でも戦うレンのかっこよさと、香蓮の成長が描かれたお話でした。(^^)