日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


漆黒の人魚と呼ばれる、謎のダイバーにまつわるお話でした。(^^;

ダイバーたちの間で、漆黒の人魚と呼ばれる謎のダイバーのことが話題になっています。ダイバーが困っていると、どこからともなく現れて助けてくれるのだそうです。でも、その正体は誰も知りません。

てこたちは、ダイビング部の練習をしています。今回は、ダイビングスーツの空気量を調節する訓練です。それに向けて、てこはぴかりに教わりながら、たくさん勉強してきました。いつも以上に気合いを入れて、てこはダイビングに挑みます。

それは途中までは大成功でした。しかし、途中でぴかりたちに遅れそうになったてこは、慌てて一番やってはいけないことをしてしまったのでした。訓練の後、そのことでてこは落ち込んでいます。しかし、誰よりもてこが頑張ってきたことを知っているぴかりが、てこを応援してくれて元気になれました。

再びダイビングしたてこたちは、ウミガメを見たりして楽しんでいます。ところが、今度はちょっとしたミスから火鳥先生がピンチです。それを救ったのは、どこからともなく現れた漆黒の人魚でした。・・・とはいえ、実物は人魚というより風船みたいな感じでしたけど。(^^;

そのダイバーに連れられて、てこたちは竜宮城のようにきれいな景色を見ることができました。そして現れた時と同じように、漆黒の人魚はあっという間に消えてしまいました。その正体は、実はぴかりのお祖父さんでした。(^^;

そういえば今回は、ぴかりの妹こだまちゃんも登場しました。こだまは、ぴかりと一緒にダイビングしたことがあり、ダイビングではてこの先輩です。

というわけで、失敗しながらも成長していくてこと、大家族だったぴかりの家庭事情が垣間見えたお話でした。(^^;