日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


幽霊なんて怖くない BISビブリオバトル部山本弘さんのビブリオバトル部シリーズ第2弾、「幽霊なんて怖くない」を読み終えました。

今回はビブリオバトル部の夏合宿と、図書館で行われる戦争をテーマにしたビブリオバトルのお話でした。

夏休み中に空たちビブリオバトル部のメンバーは、武人の家に集まっていました。大きな武人の家を利用して、部の夏合宿を行なっていたのです。最初は冗談のような話から始まった合宿話でしたが、家計が厳しい空は本格的な夏合宿に参加できる余裕がありません。そこで武人の家で合宿することになったのです。

夏合宿でのビブリオバトルのテーマは、怖い話でした。空は当然のように、SF本を紹介しました。ジョン・ウィンダムの「時間の種」に収録されている短編「強いものだけ生き残る」です。

ミーナは小野不由美さんの「魔性の子」、部長は「死ぬほど怖い噂100の真相」というコンビニ本、武人は「生活保護ー知られざる恐怖の現場ー」というノンフィクション、銀は「びっくりモンスター大図鑑」、明日香は「七時限目の怪談授業」です。

この中では、私は明日香が紹介した「七時限目の怪談授業」が読んでみたくなりました。

図書館のビブリオバトルでは、戦争をテーマにした本が取り上げられました。
これが今回のメインで、このバトルで空は筒井康隆さんの「馬の首風雲録」を取り上げました。

銀は宗田理さんのぼくらシリーズから、「ぼくらの太平洋戦争」。明日香は「戦場における人殺しの心理学」、部長は「特攻 空母バンカーヒルと二人のカミカゼ」、武人は「戦争を取材する 子どもたちは何を体験したのか」、ミーナは「軍靴のバルツァー」というマンガでした。

この中では、私は部長が紹介した「特攻 空母バンカーヒルと二人のカミカゼ」が気になりました。

今回は戦争がテーマだったこともあり、少し重めでした。でも、フィクションだからこそ伝えられることがある。どんな不謹慎な考えでも、それを抱くのは止めることはできない。この2つが深く心に残りました。
深い因縁のあるアルベールと、ルパンが顔を合わせる覚悟を決めるお話でした。

ルパンに仕事を依頼したガストンは、すでに亡くなっていました。彼の墓を訪れたルパンは、そこでカミーユという老人と出会いました。カミーユは元は優秀な捜査官でした。彼は何かを一目見ただけで、その内容を写真に撮影したように完璧に覚えてしまう特技を持っていました。

そしてルパンは、カミーユから黒い手帳の経緯を知りました。ガストンが残した絵の中に隠された手帳は、カミーユの記憶に基づいて作られた、オリジナルの手帳のコピーでした。捜査官時代、カミーユは事件の暗部を垣間見ることがありました。

しかし、その時はそれを公に出来ませんでした。いつか隠された事実が公に出来る日が来た時のために、カミーユはもう1冊の黒い手帳を用意したのでした。その事実をカミーユが語った時、治安総局が差し向けた殺し屋がルパンたちに襲いかかりました。彼らはルパンだけでなく、真相を知るカミーユも一緒に抹殺しようとしていました。

カミーユの手引きで、ルパンたちは殺し屋から逃げます。ところが、その途中でルパンを助けようとしたカミーユが命を落としました。そしてルパンは、ついに自らアルベールの元を訪れる決意を固めました。

アルベールの身辺を調べ上げたルパンは、アルベールを呼び出しました。しかし、そんなルパンの手の内は、すべてアルベールに見抜かれていました。銃を偽物とすり替えたことも、車に爆弾を仕掛けたことも、アルベールには見抜かれていたのです。

そんなアルベールの銃弾を受けて、ルパンは重傷を負ったのでした。しかも余裕たっぷりのアルベールは、ルパンを殺すこともできたのに、あえて致命傷は与えませんでした。こんなアルベールに、ルパンは再び挑むことができるのでしょうか。

ルパンがアルベールに撃たれたのは、最初フェイクかと思いました。ルパンとアルベールはお互いの手の内を知り尽くしているようですが、どうしてルパンがあんなに簡単にアルベールを出し抜けたと思ったのか不思議な気がしました。(^^;