日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


連携した7チームを、ピトフーイたちが殺戮するお話でした。

ピトフーイとの戦いを目指すレンでしたが、その前にピトフーイの近くにいたチームが連合して、優勝候補のピトフーイたちをつぶしにかかります。圧倒的に戦力差がある状況ですが、ピトフーイはこの状況を楽しんでいます。

そして敵の一団がピトフーイやエムたちに迫ります。連合チームは、数の優位を活かしてピトフーイたちを倒そうとします。しかし、そんな彼らの予測を超えた、恐るべき強さをピトフーイたちは持っていました。・・・というか、ピトフーイは完全に殺戮を楽しんでます。(^^;

連合チームは圧倒的に優位だったはずなのに、あっという間に壊滅させられてしまいました。ピトフーイは、様々な武器を使いこなせるスキルがあるみたいです。こんな相手に、本当にレンは勝つことができるのでしょうか!?

そしてレンとフカ次郎も、思わぬ苦戦を強いられていました。ピトフーイを取り囲んだチームより数が少ないですが、やはり複数のチームが結束して、レンたちを待ち構えていたのです。弾薬の心配をしつつ、レンはここで倒されるとは全く思っていません。

しかし、ピトフーイ打倒のために用意した秘策を、ここで使うことになってしまいました。それはフカ次郎がピンク色の煙幕を張り巡らせ、それを隠れ蓑にしてレンが敵を殲滅するというものでした。レンのピンクの戦闘服は、普通では単に目立つだけです。しかし、ピンクの煙幕の中では、それがレンの姿を隠してくれるのです!

そしてレンたちも、敵チームを倒しました。生き残った敵は、レンが使う銃の弾丸を所持していました。それを奪おうとするレンでしたが、その敵はその代わりにレンにキスして欲しいと言い出しました。・・・なんかGGOの世界って、病んでる人が多いような・・・。(^^;

これで戦いはひとまず終わりかと思えば、次の敵がレンたちを狙っていました。今度の敵は強そうで、これまでのように簡単には倒せそうにありません。レンたちは、そんな相手を突破してピトフーイと戦うことが出来るのでしょうか。