日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


今期は好みのアニメが少なそうなので、プライムビデオで面白そうな作品を探して見ています。(^^;
この作品は、荒魂と戦う力を持つ女の子たちの物語みたいです。

冒頭では、強力な力を持った荒魂を、1人の少女が倒しました。そこから場面は一転、美濃関学院の中等部では、御前試合の出場者を決める試合が行われていました。それに勝ったのは、衛藤可奈美でした。可奈美は準優勝した柳瀬舞衣と共に、御前試合へと出発します。

御前試合の会場には、各地から強豪が集まっていました。その中でも可奈美の目をひいたのは、平城学館の十条姫和という女の子でした。可奈美は姫和から、何か特別なものを感じたようです。しかし姫和は、頑なな様子で誰にも心を許さない雰囲気です。

そして御前試合が始まりました。可奈美も姫和も、強豪たちの中でさらに抜きん出た存在でした。そして2人は、折神家の当主である紫の前で、決勝戦を戦うことになりました。ところが、その試合の最中に姫和は可奈美ではなく、いきなり紫に刀を向けました。

姫和の攻撃は、あっさりと阻まれて、逆に姫和が窮地に陥りました。そんな姫和を、可奈美は何となく助けてしまいました。そのせいで、姫和だけでなく可奈美も追われる身に・・・。
姫和はなぜ、紫に刀を向けたのでしょうか。そして紫の護衛に追われる2人の運命は!?

単純に女の子が荒魂と戦うお話かと思ったら、いきなり姫和が反逆するのが意外で面白かったです。