日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


蒙古軍に夜襲を仕掛けた迅三郎は、国府へと撤退します。

夜襲をかけようとした味方の中に、蒙古軍への内通者が混じっていました。その男は、妻や子供を人質に取られて敵の言いなりになっていたのです。その男の刀を受けて傷ついた輝日姫でしたが、命を落とさずにすみました。

敵に夜襲を察知された迅三郎たちでしたが、ここで引くことはせず、蒙古軍へと襲いかかりました。そんな迅三郎たちに、蒙古軍内にも動揺が広がります。しかし高麗軍の金方慶は、冷静に敵の戦力を把握していました。そこに蒙古軍の副元帥をつとめる劉復亨が現れました。彼は戦いを求めて、やって来たのです。

それなりの戦果を上げて、迅三郎たちは退却を開始します。ところが、人質になった女子供が、敵の兵士に追い立てられていく現場を目撃してしまいました。それでも迅三郎は、ここにとどまるのは危険と判断して、あくまで撤退を急がせます。

そんな迅三郎の判断は、戦略的には正しくても兵士たちには不満でした。そこに思わぬ援軍が現れました。刀伊祓(といばらい)と呼ばれる防人の一族が、再び蒙古軍に襲いかかったのです。そのおかげで、迅三郎は人質となった女子供を救い出す機会を得ました。

刀伊祓は、ある高貴な人物の指示で迅三郎たちに力を貸してくれたようです。蒙古が襲来するこの時期に、迅三郎が対馬に流罪になったことといい、刀伊祓の派遣といい、この戦いには本土の思惑がからんでそうな感じですね。

そして迅三郎は、劉復亨と戦っていた鬼剛丸を助ける形で刃を交えることになりました。劉復亨はかなりの武術の使い手のようです。今回の戦いは、迅三郎と劉復亨の小手調べといった感じでしたが、2人が再び戦場で戦うこともあるのでしょうか。

こうして夜襲を終えた迅三郎たちは、撤退していきました。輝日姫はかなりの深手を負ったようですが、気丈さは失っていません。味方の中には、裏切った男の子供を責め立てる者もいましたが、迅三郎はその子に父親が残した刀を託しました。

そして対馬軍は、ようやく国府まで退却してきました。ところが、彼らが到着した時、国府には異変が起きていました。
なんと国府は蒙古軍の手によって、すでに焼き払われていたのです。体制を立て直すための拠点を失い、迅三郎たちはこれからどう戦うのでしょうか。
ユッキーとドージが、共同でミッションに挑戦するお話でした。

前回手に入れたフォースネストは、リクとユッキーの手でさらに快適な場所になっていました。そんな中、なぜかユッキーがちょっと暗い表情です。どうしたのかと思えば、どんどんレベルを上げてゆくリクと比べて、自分が成長してないと感じていたのでした。

そこでユッキーは、どうしたら強くなれるかをマギーさんに相談しました。するとマギーさんは、ミラーミッションという特別なミッションを教えてくれました。それはクリアしても、得られるのはそれを証明するバッヂだけというミッションでしたが、なんとマギーさんやキョウヤなども挑戦してきた重要なミッションなのだそうです。

そのミッションに、ユッキーはドージと一緒に参加することになってしまいました。ドージもまた、ユッキーと同じように兄のオーガに憧れながらも追いつけない焦りを感じていたのです。ガンプラは持っていませんが、サラとモルもユッキーたちと行動を共にします。

ミッションはいくつかのフェーズからなっていますが、最初からドージとユッキーは苦戦しています。しかもミッションの中には、ガンプラを使わず千本ノックを受けたり、知恵の輪をしたり、アスレチックに挑戦したりと、よく分からないものも含まれていました。(^^;

ミッションをこなす中、ユッキーとドージは同じ悩みを抱えていることを知りました。そして自分たちを変えるために、最後のミッションでは2人はそれぞれの戦闘スタイルを変えて、ユッキーは近距離攻撃、ドージは遠距離攻撃で戦うことにしました。

しかし、自分のスタイルを変えたことで、2人は今まで以上に苦戦します。さらにサラの前に現れたもう1人の黒いサラの影響で(?)、システムにトラブルが発生しました。そのせいでユッキーたちの戦っていた相手が合体して、さらに2人は苦戦することになったのでした。

そんな中、2人はようやく自分のスタイルを貫くことが大切だと気づきました。そしてユッキーの遠距離から援護を受けて、ドージが敵に接近して攻撃を仕掛けます。その戦いの中で、2人はミッションをクリアしてきたことで、自分たちの力がさらに高められていることに気づきました。一見無関係に思えたミッションも、2人の基礎能力の向上に役立っていたのです。

こうして2人は、力を合わせてミッションをクリアしました。戦いの後、ビルドダイバーズの前に顔を出したドージは、これまで卑怯な手段を使ったり、ブレイクデカールを使ったことを謝りました。そしてこれからは、正々堂々と戦っていくことを約束しました。

というわけで、ユッキーとドージがメインという珍しいお話でした。今回のお話で、ドージが今までのことをリクたちに謝る展開が、いい意味で子供向け番組らしくてよかったです。そして気になるのは、サラを見張っていた(?)不思議な鳥の存在です。そしてサラの前に現れた、もう1人のサラは何だったのでしょうか。